ブック カバー チャレンジ。 7日間ブックカバーチャレンジ①

ブックカバーチャレンジ、成功!

ブック カバー チャレンジ

もう一度書きます。 「七日間ブックカバーチャレンジ」というものは、他人の著作物である本の表紙の写真を7日間に渡って何の本人の説明も付けずに自分の投稿として公開するというのをルールにしており、それは著作権者の公衆送信権の侵害になります。 本の表紙でたとえば単にタイトルと著者、出版社が印刷されているだけ、といったものは保護の対象になる著作物とは認められない可能性があります。 しかし何らかの意匠としてデザインがあったり、絵・イラスト・写真を使っているものは明らかに著作物です。 (これまで私が見た範囲ではほぼすべて著作物と認められるようなものでした。 わかりやすい例ではコミックの表紙{当然絵入り}を上げた人もいました。 ) そんなことを言ってもお前も普段やっているじゃないかという人もいるでしょうが、個人が自分の責任で勝手にやっているのと、不特定の集団が著作権侵害そのものをルールにしてチェーンメール的にやるのは意味が違うと思います。 それに私がやっているのは本の紹介が主で写真は従であり、もし著作権者から写真を削除しろと言われたら従うつもりでやっています。 (その場合はA mazonなどの販売サイトへのリンクに変えますが。 ) それからフェースブックで友達限定だから私的使用の範囲内と言う方もいらっしゃいますが、フェースブックの設定はいつでも変更出来ますし、また友達限定といっても実際にはフェースブック側の人間も目にしているため、私的使用にはあたらないと判断しています。 (証拠としては、フェースブックで他人の著作物の動画を友達限定で上げても、すぐフェースブック側から削除されます。 )この手のものは多くの人がアクセス出来るサーバーに上げた瞬間に侵害になると理解しています。 このチェーンメールの目的に「読書文化の普及に貢献する」とありますが、本当に嘘くさいですね。 こういうのをThe road to hell is paved with good intentions. (地獄への道は善意で舗装されている。 )と表現するんでしょうね。 Facebookの規約に 以下の行為、または以下のコンテンツの共有を目的として弊社製品を利用することを禁止します。 本規約、コミュニティ規定、およびFacebookの利用に適用されるその他の規約やポリシーに違反する行為や情報。 違法行為、誤解を招く行為、差別的行為、または不正行為。 知的財産権などの他者の権利を侵害する行為。 とありますので、Facebookが削除しなくても規約違反です。 それをFacebook側がきちんと管理出来ていないのはFacebook側の問題です。 著作権に関する犯罪は親告罪なので、著作権者がアクションしなければ何も起きませんが、現在それを親告罪では無くそうとする動きがあります。 ともかくそういう違法行為をルールとするようなものに参加しないのが一番賢明なことだと思います。

次の

7日間ブックカバーチャレンジ

ブック カバー チャレンジ

Facebookの親友から「7日間ブックカバーチャレンジ」なるものがまわってきました。 7日間ブックカバーチャレンジとは「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、好きな本を1日1冊、7日間投稿する」という企画だそうです。 バトンの類はあまり興味関心がないのでスルーしてしまうのですが、本となるとちょっとやってみたくなります。 ルールは「本についての説明はナシで表紙画像だけアップ」&「その都度1人のFB友達を招待しこのチャレンジへの参加をお願いする」というものです。 スルーOKで、次の人を指名するかどうかも気分次第でOK、というものです。 しかも自宅にずっといるので時間もあるし。 と言うことで、本棚をひっかきまわし7冊集めてみました。 Facebookでは、毎日1冊ずつ紹介しましたが、こちらではまとめて7冊一度に。 アート系に偏らないようにしました。 簡単なコメントも付けておきますね。 「7日間ブックカバーチャレンジ」 1日目 『線路の果てに旅がある』(小学館) 宮脇俊三(著) 1994年刊 鉄道ファン(乗鉄)にとって宮脇氏は神以外の何者でもありません。 歴史的な洞察なども含まれ鉄道旅行の面白さを教えてもらいました。 2日目 『 日本古典文學体系 竹取物語 伊勢物語 大和物語』(岩波書店) 昭和32年刊 学生時代のバイブル。 『源氏』よりも断然『伊勢』。 歌物語最高!! 3日目 『羊男のクリスマス』(講談社)1985年刊 村上春樹 著 , 佐々木マキ イラスト 村上春樹を外すことは出来ません、ちょっと変化球的にこの一冊を。 「羊男世界がいつまでも平和で幸せでありますように」 4日目 『古地図の博物誌』(今昔書院)1998年刊 織田武雄 著 古地図を対象として人文地理学的考察がなされています。 フェルメールの絵画に登場する古地図にも言及! 5日目 『GREATARTISTS 大芸術家(上)』(アドアンゲン株式会社)1974年刊 ドロシー・アイチソン 作 、マーチン・アイチソン(絵)、敷地松二郎(訳) 自分が知る限り、フェルメールの自画像がこれだけ堂々と描かれている本はこれ一冊です(笑)。 6日目 『KLEIN L'ARBRE GRANDE EPONGE BLEUE』(Centre Georges Pompidou )1994年刊 ポンピドー・センターがこども向けに現代アーティストを紹介すりシリーズの一冊。 イヴ・クライン大好き! 7日目 『百年前の私たち 雑書から見る男と女』(講談社)2007年 石原千秋(著) 最後は尊敬する石原千秋先生の数ある本の中から少し変わり種の一冊をチョイス。 早稲田教育学部の学生さんが羨ましい。 Facebookから始まった「7日間ブックカバーチャレンジ」も、TwitterやInstagramでも展開されています。 ハッシュタグ 7日間ブックカバーチャレンジ でみると実に様々な本が紹介されています。 チェーンメールのようだと危惧する人もいるようですが、そうかな〜 自分にバトンを回してくださったJNさんありがとうございました!とっても楽しく一週間を過ごせました。 またバトンを引き受けてくれた7人の親友のみなさんにも感謝です。 やっぱり本は素敵な存在です。 【おまけ】 Twitterの流行りにのって、「虹の本棚」を展覧会図録で作ってみました。 虹の本棚 赤:シンディー・シャーマン展 橙:Noguchi and Hasegawa in Postwar Japan 黄:ピーター・ドイグ展 緑:日本国宝展 水色:ジャン・コクトー展 青:ミュシャ展 紫:六本木クロッシング2019 Twitter: Facebook: Instagram: mail:taktwi(アットマーク)gmail. jugem.

次の

#7日間ブックカバーチャレンジ。完走しました。

ブック カバー チャレンジ

 一週間前、FacebookでFJ仲間からお誘いがありました。 7日間ブックカバーチャレンジ どなたが始めたチャレンジが分からないのですが、主旨とルールの説明がありました。 「7日間ブックカバーチャレンジ」とは「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」というもの。 【ルール】は、以下の通り。 本好きな私にはもってこいの企画。 どの本をアップしようかなーと考える日々は、わりと楽しかったです。 でも、自分で買って読んで面白かった本は「出会った人にプレゼントするのが趣味」なので、意外に手持ちの本がなかったり。 私が紹介した本は次のとおり。 又、「次の友達を招待する」というのがハードル高く感じられ、バトンを落とす傾向がありました。 「チェーンメールみたい」といった批判も。 そんなことを含めて、最終日に感想を載せました。 7日間ブックカバーチャレンジ、7日目これにて完走。 感想は、友人がアップする本で好みが伝わるのが面白いなーと。 その人らしい本が続いてナルホド!と思えたり、変化球な本が登場して意外な一面を知ったり。 最後はパスなし、クセ球のスパイクでゲームセットといたします。 読書文化に貢献する、という目的であれば自己完結でよいですね。 また続けてみたいと思いました。

次の