セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ。 洗えない布製イスのシミをきれいにする方法!セスキ炭酸ソーダを使った掃除のやり方

襟汚れはセスキ炭酸ソーダが最強に落ちる!?実際に洗ってみた!

セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ

今話題のセスキ炭酸ソーダとは? セスキ炭酸ソーダは、セスキ炭酸ナトリウムと呼ばれる無機化合物です。 主に家庭用洗剤や入浴剤として使われている成分で、界面活性剤を使用した有機物の家庭用洗剤よりも環境に優しいことから、近年注目を集めています。 ナチュラルクリーニングの初心者にとっても使いやすいアルカリ剤です。 さらさらした結晶状のため扱いやすく、常温で長期保存しても変質しません。 重曹と炭酸ソーダの中間のような物質で、安全性も高いため、赤ちゃんがいるご家庭にもおすすめの洗剤です。 大型の100円ショップやホームセンター等で入手することが出来ます。 重曹との違いは? セスキ炭酸ソーダも重曹も同じアルカリ性の無機化合物ですが、セスキ炭酸ソーダの方が重曹はより高いアルカリ性です。 重曹に比べて水に溶けやすいため、洗濯にも使えます。 たんぱく質や油汚れに対する洗浄力が重曹よりも上回ります。 しかし、鍋の焦げ付きや水垢をとる力はセスキ炭酸ソーダより重曹の方が強いです。 重曹はクレンザー代わりとして使うのが良いでしょう。 それぞれの性質をきちんと理解し、掃除内容によって使い分けることで、家中をきれいにすることが出来ます。 セスキ炭酸ソーダはなぜ掃除に効果的? セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい特徴があるため、掃除に効果が期待できます。 水に溶けやすい特徴から スプレーなどにしても使いやすく、さまざまな場所の汚れを取ることが出来ます。 そして自然由来で環境に優しいため、安心して使用でき重宝されています。 苦手な汚れもありますが、 得意な汚れにはとても大きい効果を発揮します。 しかし、弱性のアルカリ性のため、頑固汚れは落とすことが難しいです。 強アルカリ性の洗剤や薬品は扱うのが危険なため、酷い汚れを落とすにはプロのクリーニングにお願いしましょう。 セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方 必要なもの• 水500ml• セスキ炭酸ソーダ小さじ1• スプレー容器 作り方 スプレー容器に水を入れ、セスキ炭酸ソーダを入れて容器を軽くふれば、簡単に出来上がります。 濃度は汚れの程度にあわせて加減が必要です。 作り置きの液は直射日光や高温を避けて保存してください。 換気扇・ガスレンジ・魚焼きグリルの掃除方法 油でベトベトの換気扇やガスレンジ、魚焼きグリルなどをきれいにしたい場合の掃除方法です。 汚れに直接スプレーを吹きかけます。 汚れが浮いてくるまで放置します。 その後、きれいに拭き取ってください。 拭いた後はさらに水拭きをします。 汚れがひどくてなかなか落ちない場合は、上記1. 2を、 セスキ炭酸ソーダを染み込ませたキッチンペーパーなどを汚れた部分に置き、しばらく放置してから拭き取る、 に変更します。 それでも落ちにくい場合、セスキ炭酸ソーダの 濃度を濃くしてもう一度試してみてください。 ステンレスの曇り取り ステンレスの曇り取りをしたい場合は、• 水3リットルに大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かします。 そこにステンレス製のカトラリー類を入れて煮沸します。 その後、ブラシでピカピカになるまでこすります。 アルミ製品は黒ずむ性質があるため、注意が必要です。 プラスチック製品のベタつき取り プラスチック製品のベタつきやにおいが気になる場合は、• 水3リットルに大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かします。 そこにベタつきが気になるプラスチック製品をつけこみます。 その後スポンジやブラシでこすります。 洗濯 セスキ炭酸ソーダは掃除だけでなく、洗濯にも使うことが出来ます。 水洗いだけでは落ちにくい汚れなどに便利で、 消臭効果もあります。 水30Lに対し、小さじ2杯~大さじ1杯程度のセスキ炭酸ソーダを入れ、通常よりも洗い時間を長めに設定します。 洗濯槽の掃除方法 セスキ炭酸ソーダは掃除しにくい洗濯槽の 黒カビにも効果的です。 必要なものはセスキ炭酸ソーダ500gにゴミ取りネット、古い歯ブラシにぬるま湯だけなので、手軽に挑戦できます。 まず洗濯槽の高い部分にまで40度から50度程度のお湯を入れます。 このとき使うお湯は、前日のお風呂の 残り湯でも効果はあります。 そこにセスキ炭酸ソーダを投入します。 通常の洗濯コースを選んで3分から5分ほど運転させます。 洗濯機によっては洗濯槽のお掃除コースが備わっているものもあるので、説明書を確認してみてください。 そのまま1時間以上放置するのですが、 放置時間は長ければ長いほど汚れが落ちます。 しばらく経つとゴミやカビが水に浮いてくるので、ゴミ取りネットなどで丁寧に取り除きましょう。 その後何度か洗濯コースを運転し、 汚れが浮いてこなくなればお掃除完了です。 もっと隅々まで綺麗にしたい場合は 部品を取り外し、歯ブラシで磨いてください。 セスキ炭酸ソーダの作用で洗濯槽から剥がれやすくなっているため、簡単にお手入れすることができます。 壁紙の掃除方法 いつの間にか手垢で黒ずんだりホコリで汚れてしまう壁紙も、セスキ炭酸ソーダを使えば驚くほど綺麗になります。 必要なものはセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯程度と水500mlだけです。 水500mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を霧吹きやスプレーボトルに入れます。 ボトルを振って よく混ぜます。 混ざりが甘いと効果が均一に得られず、壁紙を傷めてしまうこともあるので注意しましょう。 よく混ざったら、柔らかい布や眼鏡拭きなどに一拭きスプレーし、汚れが気になる部分をそっと拭き取ります。 できるだけ繊維が柔らかい布を使った方が壁紙の形にフィットして綺麗に掃除できますし、壁紙を傷める心配も低いので便利です。 お風呂の掃除方法 セスキ炭酸ソーダは皮脂汚れに高い効果を発揮するので、 お風呂のザラザラとした汚れ落としにも最適です。 しかも嬉しいことに抗菌作用も持っているため、定期的に使用することで 黒カビや赤カビの発生を予防することもできます。 セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を500mlの水に溶かします。 よく混ぜたスプレーを汚れに吹きかけます。 【浴槽の掃除に使う場合】 汚れに直接吹きかけた後で掃除用スポンジでこすります。 普通の洗剤と違って泡立たないので汚れが落ちているのか気になりますが、実際に触ってみるとツルツルになっています。 泡が無い分、すすぎも簡単ですし環境にも優しいです。 力いっぱい擦る必要はなく、 優しく撫でるように洗うだけで十分に綺麗になります。 【浴室の壁や床の掃除に使う場合】 壁や床には、皮脂だけでなくシャンプーやボディーソープが多く付着しているので、カビが生えやすいです。 セスキ炭酸ソーダを まんべんなくスプレーし、洗い残しが無いように掃除しましょう。 洗い残しがあると、そこからカビが広がってしまうのでせっかくのお掃除が無駄になってしまいます。 汚れは意外な場所にまで飛んでいるので、 できれば天井も掃除しておきましょう。 この時、上を見ながらスプレーするとセスキ炭酸ソーダが目や口に入ってしまう危険があるので、顔は下を向いておくかゴーグルなどで守っておくと安心です。 ソファ・ベッドの掃除方法 ソファやベッドは丸ごと洗えないので汚れが溜まりがちですが、セスキ炭酸ソーダは 皮脂汚れを分解する効果があるため、これら大型家具でも簡単に掃除が可能です。 薄汚れてしまった場所にセスキ炭酸ソーダを 粉末のまま、まんべんなく振りかけます。 そのまま2時間ほど放置します。 その後、掃除機でセスキ炭酸ソーダを一気に吸い取ります。 セスキ炭酸ソーダの作用は非常に強力なので、粉末を振りかけただけでも一定の効果が得られます。 より確実に綺麗にしたい場合は、小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを500mlの水に溶かし、スプレーしてから拭き取りましょう。 基本的には全ての素材に使用可能ですが、本革は変質する可能性もあるので目立たない場所で試してから使ってください。 セスキ炭酸ソーダに向いている汚れ・向いていない汚れ セスキ炭酸ソーダは、 皮脂や垢などの軽い汚れの洗濯、油汚れの下処理に向いています。 血液汚れや台所のベタベタ汚れ、取っ手やスイッチ、手垢汚れなどにも向いています。 血液汚れに強いため、経血で汚れてしまった下着や布ナプキンなどの付け置きにも効果を発揮します。 しかし靴下やユニフォームなどの激しい泥汚れなどには向いていません。 機械油や口紅などの頑固な油汚れ、衣類のしみなどにも向いていません。 アルミ素材のもの、畳やカーペットの汚れも苦手です。 頑固な汚れ!口紅のしみを落とす方法 セスキ炭酸ソーダが得意とするものは油汚れや皮脂汚れです。 色素は落とせない しかし、同じ油汚れでも口紅などの油汚れを落とすことは難しいと言われています。 セスキ炭酸ソーダを使用しても完全に落とすことができず、色が残ってしまう場合が多いです。 その理由としては、 油分だけでなく、色素が配合されているからです。 この色素を溶かすためにはセスキ炭酸ソーダだけでは溶かすことが出来ないのです。 クレンジングオイルを併用 そこで、口紅のしみなどを落とすためには クレンジングオイルがおすすめとされています。 クレンジングオイルは化粧を落とすために活用されるものですが、化粧品も色素が配合されていますので、 クレンジングオイルを口紅のしみの部分に1円玉くらいの大きさを垂らして、もみ洗いするだけで色素が落ちていきます。 セスキ炭酸ソーダで取れない衣類の汚れを落とす方法 セスキ炭酸ソーダでは落としづらい衣類のシミをキレイに落とすためにはどのような方法があるのでしょうか。 セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性でできています。 ほとんどのものがセスキ炭酸ソーダを使用してシミを落とすことが出来るようになりますが、弱アルカリ性に強いシミの場合は落とすことが困難になります。 食器用洗剤が使える そこで紹介したい洗剤が中性洗剤です。 中性洗剤とは身近にあるものだと、食器洗い洗剤が当てはまります。 衣類の上に1円玉くらいの大きさの食器用洗剤を垂らし、使い古した歯ブラシなどを使用してゆっくりこすっていきます。 注意点 この時の注意点は外側から内側に向けてゆっくり円をかくようにこすっていくことです。 仕上げにタオルで 軽く叩くように拭きとっていきましょう。 この工程でシミ抜きをすることができます。 セスキ炭酸ソーダで落としづらい畳やカーテンの汚れを落とす方法 畳やカーテンにシミが出来てしまった場合、基本となる お掃除方法は乾拭きになります。 水ぶきをしてしまった場合は後にカビの繁殖に繋がる可能性がありますので気をつけましょう。 お酢を使う 乾拭きを行うときに必要になるものは、ぞうきん、お酢です。 だいたい、お酢をマグカップに1滴垂らしたらマグカップ8分目までの水を入れるくらいの濃度になるまで薄めます。 そして、薄めたお酢をぞうきんに浸み込ませます。 浸み込ませすぎず、軽くお酢の臭いがするくらいで十分です。 しみの部分に軽く押し当てるように拭いていきます。 塩を使う それでもシミが落ちない場合は塩を使用するのも良いでしょう。 塩は 自宅にある食塩で代用できます。 塩をまいて軽く叩くようにぞうきんで拭き取っていきます。 これらの方法を使用することによりシミを無くすことが出来ます。

次の

セスキ炭酸ソーダを使ってキッチンの換気扇を簡単に掃除しよう!

セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ

セスキ炭酸ソーダとは? あまり聞きなれない名前ですが、化学式はNa2CO3・NaHCO3・2H2Oと表されます。 化学式内のNa2CO3は炭酸ソーダ、NaHCO3は重曹を表しています。 このように 2種類以上の塩が結合した化合物のものを複塩といい、ミョウバンなんかもこんな性質があります。 わかりにくいので 炭酸ソーダ と 重曹 のどちらの性質も併せ持ったものとか両者の中間的な性質をもったものというイメージを持って下さい。 その他にもセスキ炭酸ソーダはトロナ鉱石と呼ばれる天然鉱物に含まれている成分で炭酸ソーダ ガラスの原料や食品添加物など様々な用途で使用されています。 を製造する原料になります。 セスキ炭酸ソーダで落とせる汚れ それではどのような汚れに対して効果を発揮するのでしょうか? セスキ炭酸ソーダの液性は弱アルカリ性です。 アルカリ性と反応するものは酸性ですので、酸性の汚れに対して効果を発揮します。 酸性の汚れは次のようなものがあります。 油汚れ• 皮脂汚れ• タンパク質汚れ 例:血液やアカなどといった人体からの汚れ これらは身近な所で見られる汚れの一例です。 ギトギトした汚れやニオイを嗅ぎたくないような汚れを想像されると思いますが、その中でも今回は「こびりついた油汚れ」に注目して洗浄を行ってみました。 実際に汚れを洗浄してみる その1. 洗浄液を作ります セスキ炭酸ソーダを水に溶解します まずはトリガースプレーを用意して下さい。 次に使用方法に従って 水300mlにセスキ炭酸ソーダを3g溶かします。 トリガースプレーに入れて良く振って溶かしてください。 その2. 油汚れを用意します ガスの元栓に付着している茶色の汚れが油汚れです。 さわるとギトギトしています。 先程の 水に溶かしたセスキ炭酸ソーダ 洗浄液 を汚れにスプレーしていきます。 その3. 洗浄開始 軽い汚れの場合は油が洗浄液と一緒に流れ落ちていくのですが、 結構ガンコな汚れでしたので このまましばらく放置します。 放置させることで汚れが柔らかくなり拭き取りやすくなります。 それでは少し拭き取ってみましょう。 ガスの元栓の根元部分 丸い所 をタオルで軽く拭き取った状態です。 力を加えることなく拭き取れ、光沢が出ています。 これは未使用のタオルです。 上の写真にあるガスの元栓の根元部分 丸い所 を拭き取ってみると・・・ こんなに汚れが取れました。 一部分を拭き取っただけですが結構汚れが付着していたことがわかります。 最後に汚れを全部拭き上げていきましょう。 その4. 洗浄終了 完成です。 最初に比べて汚れも除去されて光沢も出ました。 もっとガンコな汚れについてはセスキ炭酸ソーダの濃度を倍にして洗浄液を作り、汚れに吹きかけて30分〜60分放置した後に洗い流すと効果的です。 天井や顔よりも高い位置の汚れにスプレーを使って使用する場合は、保護メガネを使用するかタオルに洗浄液を染み込ませて汚れを拭き取ると安全です。

次の

キッチンの壁紙や換気扇の油汚れの落とし方!掃除はセスキ炭酸ソーダ水で?

セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ

平素はkirehapi(キレハピ)を ご利用いただき、誠にありがとうございます。 キレハピでは、日々皆様が安心して ご利用いただける場を提供させていただくため、 感染予防対策を実施しております。 スタッフの体調管理の徹底 ・発熱 37. 5度以上 、喉の痛み、咳、強い倦怠感などの症状が見られる場合はスタッフを現場に派遣しない 2. 作業へ向かう際、公共交通機関を利用しない 3. 作業中のマスクを着用 ・サービス提供時はマスクを着用する 4. アルコール消毒の徹底 ・お客様宅に着いたら、手をアルコール消毒する 5. 作業中定期的に換気をする ・濃厚接触を避けるため、30分毎の換気を推奨 -------------------------- 多くの事業者様にご賛同いただき、 「ウイルス対策済み」事業者様として ご紹介させていただいております。 あらかじめご了承ください。 わたしが換気扇掃除をするときに、いつも迷うのが洗剤選び。 レンジフードの周りにつくのは軽い油汚れだけど、換気扇のファンには頑固な油汚れがつきますよね。 同じ油汚れでも軽いか重いかで汚れ落ちが違い掃除に差があるので、洗剤は使い分けるべきなのか。 そもそも洗剤を変えた方がいいのかなどと考え始めると、結局いつも使う洗剤を買っていました。 換気扇の洗剤は種類がたくさんありますが、大きく分けると家庭用と業務用の2つです。 家庭用はそのまま使えるようにあらかじめ洗剤の原液を薄めてあるもので、業務用は洗剤の原液です。 業務用の原液は洗浄力が高くマスクや手袋をして換気をしながら掃除をする必要があるので、家庭用なら手軽に使うことができます。 家庭用でもおすすめなのが重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸ですが、使ったことがないと扱い方が分からず、きちんと汚れが落ちるのかも心配ですよね。 そこで今回は、重曹やセスキ炭酸ソーダ、クエン酸の正しい使い方をご紹介します。 正しい使い方をすると、換気扇のガンコな油汚れもキレイに落ちるんです。 換気扇におすすめなのはセスキ炭酸ソーダですが、重曹やクエン酸はキッチン周り以外にも使えて便利な洗剤です。 換気扇の掃除が大事な理由 換気扇を掃除しないで放っておくと、レンジフードの周りについた油汚れは落ちにくくなり、ファンにホコリや油汚れが溜まると、回転が鈍くなって空気を吸い込む力が低下してしまいます。 部屋の空気を吸い込まなくなると、匂いがこもって空気が悪くなったり、キッチンの壁やコンロなどに油がつきやすくなってしまいます。 さらに放置すると換気扇本体からイヤな匂いが発生したり、ホコリが舞いやすくなり部屋が不潔な状態になってしまいます。 レンジフードの周りは内部のファンよりも掃除がしやすいので、こまめにお手入れしているかもしれませんが、レンジフードや換気扇のファンは部屋を清潔な状態を保つためにも敵的な掃除が必要です。 換気扇が汚れる理由 換気扇は部屋のホコリや調理時の油を吸い込むため、使えば使うほど汚れが蓄積していきます。 家庭にある換気扇が汚れる理由は、大きく分けると3つあります。 空気中のホコリ どんな家庭でも必ず当てはまる汚れ。 調理をしないキッチンでも、換気扇を回すことで空気中のホコリを吸いあげ、使う度にホコリが蓄積されていきます。 調理するキッチンは、油汚れにホコリが重なりさらに汚れが蓄積されます。 揮発した油汚れ 油を使った調理が多い家庭につきやすい汚れ。 換気扇を回すと、空気と一緒に揮発した油を吸い込むため汚れがつきやすくなります。 油を使った調理中と、調理後に換気扇周りについた油も揮発するため汚れが蓄積します。 タール汚れ 換気扇の下でタバコを吸う家庭につく汚れ。 タバコの煙に含まれているタールは黄色く粘着質で、換気扇の周りにも内部にもつきやすい汚れです。 タール汚れにホコリが重なると、さらに汚れが蓄積されていきます。 換気扇汚れの性質と落ちる原理 汚れは、汚れによって性質が異なるため落ちる原理も異なります。 汚れの性質と原理について知っておくと、汚れが落としやすくなって掃除が楽になりますよ。 換気扇の汚れの性質 換気扇汚れの空気中のホコリは中性、揮発した油汚れとタール汚れは酸性です。 汚れの種類 汚れの性質 空気中のホコリ 中性 揮発した油汚れ 酸性 タール汚れ 酸性 汚れが落ちる原理 汚れを落としやすくするには、汚れのと反対の性質で中和をする必要があります。 換気扇の汚れの中でもホコリは付着しづらいので、洗剤選びは油汚れとタール汚れに重点を置くとよいでしょう。 汚れの性質 中和できる性質 中和できる洗剤 酸性 アルカリ性 重曹・セスキ炭酸ソーダ アルカリ性 酸性 クエン酸 料理をする家庭なら油汚れで酸性なのでアルカリ性の洗剤。 料理はしないけどタバコを吸う場合は、タール汚れで酸性の汚れになるのでアルカリ性。 料理もしてタバコも吸う場合は、油汚れとタール汚れどちらも酸性なので、この場合もアルカリ性の洗剤が適しています。 このように換気扇の汚れは酸性が中心になるため、アルカリ性の重曹かセスキ炭酸ソーダがもっとも適しています。 台所用洗剤が良いと聞いたことがあるかもしれませんが、換気扇の掃除には不向きです。 台所用洗剤は、手肌に直接触れたり落とし切れなかった洗剤が口に入ることが考慮され、洗浄力が弱く中性です。 換気扇の汚れは酸性が中心なので、中和することができません。 換気扇掃除の頻度 換気扇掃除の頻度は、家庭の生活環境や油料理をするかによって変わってきます。 換気扇が汚れやすい生活環境• キッチンをこまめに掃除せずホコリが舞っている• 油料理をすることが多い• 換気扇の下でタバコを吸う これに全て当てはまる家庭なら、3ヶ月に一度を目処に掃除をしましょう。 複数当てはまるなら3〜6ヶ月、全く当てはまらない場合は最低でも6ヶ月に一度の掃除を心がけましょう。 換気扇掃除に適している洗剤の説明と使い方 換気扇の掃除には専用洗剤をはじめマジックリンやオキシクリーンなど、多種多様な洗剤が市販されていますが、生活手帖のイチオシは重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸です。 重曹とセスキ炭酸ソーダ、クエン酸は安価で気軽に試すことができて、使い方によっては洗浄力の高い洗剤になります。 まずはそれぞれの特徴を知っておきましょう。 重曹 アルカリ性の洗剤で、1kgあたり300〜400円。 酸性の汚れが多い 換気扇掃除に適しています。 家庭ではキッチンの油汚れを落としたり、料理の膨らまし粉として代用したり、肉や魚の匂いを消す脱臭効果など幅広く使われています。 水洗いできない靴などの消臭剤としても使うことができます。 水に溶けにくいので、40〜50度のお湯に溶かして使いましょう。 水だと弱アルカリ性、お湯だと強アルカリ性になります。 セスキ炭酸ソーダに比べて洗浄力は低く、研磨力は強い洗剤です。 注意点 研磨力が高い重曹で天然素材のものを掃除すると傷をつけたり変色したり、電化製品は粉が残ると不具合を起こしたりする可能性があります。 以下のものは、重曹を使った掃除は避けましょう。 重曹のアルカリ性で腐食するもの• アルミや銅や真鍮 天然素材で削れたり変色するもの• 大理石や宝飾品などの石• 畳やい草・ジュート素材のラグ• 白木やフローリング• 漆器や竹製品 粉が残ると不具合や故障の原因になるもの• テレビやパソコンなどの電化製品と通電部 重曹を使った掃除方法 粉末のまま使う 重曹の粉末は汚れに直接ふりかけたり、全体にまんべんなくふりかけると、汚れを吸着して落とす効果があります。 換気扇フィルターを水で濡らさずに、全体に重曹を全体にたっぷりとふりかけて2時間放置します。 古い歯ブラシでこすり洗いをすると油汚れに吸着して、汚れが落ちやすくなります。 水洗いできない小物類は粉末の重曹を汚れにふりかけて、スポンジや古い歯ブラシでこすり洗いをします。 汚れが落ちたら粉末をよく払い落としましょう。 重曹水スプレーを作る 重曹をぬるま湯に溶かしたものをスプレーボトルに作っておくと、換気扇をはじめキッチンなどの軽い掃除に使えて便利です。 換気扇の周りや調理台に吹きかけて拭き掃除をすると、軽い油汚れならキレイに落とすことができます。 ペースト状にして使う 重曹を少量の水に混ぜてペースト状にすると、頑固な汚れを落とすことができます。 小皿などに重曹大さじ2(30g)を入れて水を大さじ1杯(15g)加えてよく混ぜると、重曹ペーストができます。 基本の割合は2(重曹):1(水)です。 換気扇のファンなどについた頑固な油汚れに直接塗って、古い歯ブラシでこすり洗いするとキレイに落ちます。 セスキ炭酸ソーダ アルカリ性の洗剤で、1kgあたり400〜500円。 セスキ炭酸ソーダは、酸性の汚れが多い換気扇掃除に適しています。 水にも溶けやすい洗剤ですが40〜50度のお湯に溶かすと洗浄力が上がります。 水に溶かすと重曹よりも強いアルカリ性、お湯に溶かすと強アルカリ性になります。 重曹と比べると洗浄力が高いですが、研磨力は劣ります。 注意点 セスキ炭酸ソーダも重曹と同様に天然素材のものを掃除すると変色したり、電化製品は粉が残ると不具合を起こしたりする可能性があります。 以下のものは、セスキ炭酸ソーダを使った掃除は避けましょう。 セスキ炭酸ソーダのアルカリ性で腐食するもの• アルミや銅や真鍮 天然素材で変色するもの• 大理石や宝飾品などの石• 畳やい草・ジュート素材のラグ• 白木やフローリング• 漆器や竹製品 粉が残ると不具合や故障の原因になるもの• テレビやパソコンなどの電化製品と通電部 セスキ炭酸ソーダを使った掃除方法 粉末のまま使う セスキ炭酸ソーダの粉末は汚れに直接ふりかけたり、全体にまんべんなくふりかけると、汚れを吸着して落とす効果があります。 換気扇フィルターを水で濡らさずに、全体にセスキ炭酸ソーダを全体にたっぷりとふりかけて2時間放置します。 古い歯ブラシでこすり洗いをすると油汚れに吸着して、汚れが落ちやすくなります。 水洗いできないソファやベッドなどの大物類にも、セスキ炭酸ソーダをまんべんなくふりかけ2時間放置してから掃除機で吸い取ると、汚れを吸着してキレイになります。 水に混ぜ沸騰させて使う セスキ炭酸ソーダを水に混ぜて沸騰させることで、強アルカリ性の洗剤ができます。 水200mlに対して大さじ1杯(15g)のセスキ炭酸ソーダを鍋に入れて混ぜ、調理台の五徳を入れて10分程度沸騰させながら煮ます。 2時間程度放置して冷ますと、頑固な油汚れがキレイに落ちます。 セスキ炭酸ソーダスプレーを作る セスキ炭酸ソーダを水に溶かしたものをスプレーボトルに作っておくと、換気扇をはじめキッチンや家具の頑固な汚れに使えて便利です。 スプレーボトルに水500mlとセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯(5g)を入れてよく混ぜ合わせると、セスキ炭酸ソーダスプレーができます。 油汚れがひどい換気扇の周りや調理台に吹きかけて、拭き掃除をするとキレイに落ちます。 クエン酸 酸性の洗剤で、1kgあたり500〜600円。 クエン酸は酸性のため換気扇掃除に適していません。 キッチンのシンクやお風呂についたアルカリ性の水垢汚れなどに適しています。 換気扇を重曹やセスキ炭酸ソーダで掃除したあとに白く成分が残っていたら、クエン酸を水で薄めてもので拭き取ると中和されてキレイになります。 水に溶けやすい洗剤ですが、お湯や重曹と合わせて使うと二酸化炭素が発生して汚れを浮かせる効果があります。 注意点 クエン酸は塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生します。 クエン酸を使うときは、塩素系洗剤が近くにないか確認してから掃除をしてください。 また以下のものは、クエン酸を使った掃除は避けましょう。 クエン酸と混ぜると有毒ガスが発生するもの• 塩素系漂白剤や塩素系洗剤 クエン酸の酸性で劣化が早まるアルカリ性の素材• コンクリート 天然素材で変色したり輝きがなくなるもの• 鉄など錆びやすい金属類• 大理石や宝飾品などの石材 クエン酸を使った掃除方法 クエン酸スプレーを作る クエン酸を水に溶かしたものをスプレーボトルに作っておくと、キッチン周りやお風呂、トイレ、洗面台の水周りに使えて便利です。 スプレーボトルに水500mlとクエン酸小さじ2杯(10g)を入れてよく混ぜ合わせると、クエン酸スプレーができます。 換気扇で重曹やセスキ炭酸ソーダを使って掃除をしたあとに白い粉が浮き上がってきたら、クエン酸スプレーをかけて拭くと中和されてキレイになります。 ペースト状にして使う クエン酸を少量の水に混ぜてペースト状にすると、頑固な汚れに吸着して落とすことができ、クエン酸大さじ3(50g)に水小さじ1杯(5g)を混ぜると、クエン酸ペーストができます。 クエン酸スプレーで取れなかったシンクの水垢やお風呂のシャワーヘッド、トイレの黄ばみなどに直接塗って30分放置します。 古い歯ブラシでペーストをそぎ落としたら水で洗い流しましょう。 ペーストの洗い残しがあると傷みやサビの原因になるため、しっかり落としてください。 重曹水・セスキ炭酸ソーダ水の作り方 換気扇の汚れを落としやすくするには、重曹やセスキ炭酸ソーダを加熱して作る洗剤が最適です。 換気扇の分解したあとに、ファンなどのパーツをつけおき洗いするときに活用してください。 材料(1L分)• 1L以上の水が入る鍋もしくはヤカン• 厚手のゴム手袋• 真水 1L• 鍋もしくはヤカンに真水を入れる• 真水に重曹もしくはセスキ炭酸ソーダを入れて混ぜる• 火にかけて加熱する• シュワシュワと気泡が出るまで煮立てる• 気泡がなくなったら火を止める 重曹水とセスキ炭酸ソーダ水は、熱に反応すると気泡とともに二酸化炭素が発生して炭酸ソーダになります。 炭酸ソーダは非常に強いアルカリ性なので、頑固な油汚れを落とすには最適です。 重曹水とセスキ炭酸ソーダ水を加熱することで炭酸ソーダに変化するため、熱湯に直接セスキ炭酸ソーダや重曹を加えてもアルカリ成分が強くなりません。 あらかじめ真水に溶かしたものを沸騰させるのがポイントです。 炭酸ソーダは非常に強いアルカリ性なので直接触れると手荒れの原因になり、ヤケド防止のためにも厚手のゴム手袋をつけて作りましょう。 重曹水・セスキ炭酸ソーダ水を使った換気扇掃除の流れ• 換気扇のパーツを取り外します。 外し方は を参考にしてください。 炭酸ソーダ水を作ります。 作り方はを参考にしてください。 炭酸ソーダ水に取り外したパーツを入れて、1〜2時間つけおき洗いをします。 長時間つけ置き洗いをするとパーツのコーティングが剥がれる原因になるので、2時間を限度にしてください。 つけおき洗いが終わったらパーツを取り出して、溶け出している油汚れを割り箸や古い歯ブラシなどでこすり落とします。 汚れがキレイになったら洗い流して、自然乾燥させるか水気を拭き取ります。 外したパーツを元通りに取り付けたら完了です。 まとめ 換気扇掃除にセスキ炭酸ソーダを使ってみると、今まで取れなかった汚れが落ちてとってもキレイになりました。 蓄積した油汚れが多い我が家の換気扇掃除は、重曹だとつけおき洗いの時間を含めて4〜5時間以上、セスキ炭酸ソーダだと3時間程度で終了。 全体的にキレイにはなりましたが、長年放置した汚れは部分的に残ってしまいました。 頑固な汚れは力任せに落とそうとすると傷になる恐れがあるので、無理をせず換気扇クリーニングのプロにお任せしましょう。 長年蓄積した汚れもプロならキレイに落としてくれますよ。 お住まいの地域の換気扇クリーニングを検索 北海道• 甲信越・北陸• 九州・沖縄•

次の