トリス ウイスキー。 【楽天市場】【正規品・限定ラベル】サントリー ウイスキー トリス クラシック オリジナルラベル700ml 37%SUNTORY WHISKY TORYS CLASSIC WHISKY 700ml 37%:うきうきワインの玉手箱

〖驚嘆〗トリス・エクストラはハイボールにすると味が激変する

トリス ウイスキー

今回はトリス・エクストラをご紹介します。 安ウィスキーの代名詞的存在のトリスはこれまで飲んだ記憶がまったくなく、税込みでも900円台前半という価格は逆の意味で買うのに勇気が必用でした。 通常の飲み方では全くお話になりませんでしたが、トニックウォーターで割ってハイボールにすると味が激変します。 サントリーで最も安いウィスキーであり続けた トリスの販売が開始されたのは戦後すぐの昭和21年で、現在まで残る銘柄としては昭和12年に販売開始となった角瓶に次ぐ歴史があります。 当時は等級製があったため高級なウィスキーの価格は高く、その中で安価だったトリスは大人気となり、比較的社会が豊かになった後も若者を中心に幅広く飲まれ続けました。 当時の人たちはいったいどのような酒を飲まされていたのでしょうか。 酒税法改正によりウィスキーの等級制が廃止され、ブレンド用アルコールを混ぜることもなくなってトリスの品質は著しく向上しますが、それでもサントリーで最も安価なウィスキーであることは変わっていません。 トリスウィスキーのパッケージやCMにも登場するキャラクターは「アンクルトリス」という名前で昭和33年に生み出されました。 小心者のサラリーマンでハイボール好きという設定なのだそうです。 買うのに格別の勇気が必要だった トリスは安ウィスキーの代名詞的存在で、私の近所の店では税込みでも900円台前半で購入可能です。 当ブログでは主として1本1000円~2000円台の比較的安価なウィスキーを中心にご紹介してきましたが、ひょっとしたら最も安いウィスキーかもしれません。 うっかり不味い酒を買ってしまうと飲みきるまでが大変であり、1日で最も楽しいはずの酒を飲む時間が辛抱と我慢で埋まってしまうのはなるべく避けたいものです。 1本1000円以下のウィスキーを買う際はいつもそれなりに勇気が必要なのですが、トリスの場合は格別のものがありました。 ブラックニッカ・クリアとサントリー・レッドは糞不味かったことをはっきり憶えているため絶対に買わないのですが、トリスに関してはそもそもこれまで飲んだ記憶がありません。 ともかく一度試してみようということで今回初めて購入しました。 (飲んでみて気に入らなかった酒はこれまで投稿していません。 ) ストレート スカスカだったブラックニッカ・クリアやレッドと違い、意外にも味は強めでした。 甘みが強いのですが雑味も多く、全体的に荒っぽくコクはほとんどありません。 ロック 氷を入れることにより雑味が強まったように感じます。 それでも強めの甘さのおかげでするっとのどに流れました。 水割り 次いで水で割ります。 合わせる水は大山阿夫利神社でお水取りしてきた「大山名水」です。 トワイスアップ(1対1で氷を入れない) 水で割ると完全に腰砕けになりました。 ハーフロック(1対1で氷を入れる) もはや何も感じられません。 ハイボール 本来なら「記事にする価値なし」ということで終了なのですが、現行のトリスはハイボール向きということを聞いており、今回はトニックウォーターも併せて購入しておりました。 味のついたもので割るとウィスキー本来の味が損なわれるような気がして避けていたのですが、今回に限りハイボールも試してみることにします。 ハイボールにするとあの雑な味わいがすっかり影をひそめ、トニックウォーターのレモン風味が加わることによって異様なほどバランスの取れた味わいに変化しました。 ハイボールにすると味が激変する 通常の飲み方ではどうしようもなかったトリスですが、ハイボールにした時の味の変化には驚くべきものがありました。 「ハイボールでしか味わえないウィスキーの味もある」というご指摘を元バーテンダーの方から頂いたことがありますが、なるほどこういうことを言うのかと大いに納得させられました。 これまで飲んできた酒も改めてハイボールを試してみても良いのかもしれません。 未成年の飲酒は法律で禁止されています。 健康のため飲み過ぎに注意しましょう。 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

次の

4Lのペットボトル ウイスキーおすすめ16選

トリス ウイスキー

私が普段飲むウィスキーは、普通に安酒のニッカブラックです。 貧乏人の私には、まあ、ぴったりです。 さて、最近、ちょっと離れたディスカウント酒屋で、サントリー・トリスがバーゲンしたので、買ってみました。 最初は大瓶や紙パックで割安にしようと思ったのですが、飲み過ぎちゃうのを心配して、結局は普通の瓶のを選びました。 ところが、これが私にはすごく飲みにくい。 安酒なのでがぶがぶ飲もうかと思ったのですが、不味すぎるというか、変な味で飲みにくいのです。 私は、紙パックの100円日本酒(当然、アルコール混合のもの)を飲める、安酒のみなんですが、これには参った。 さて、どうしてトリスは飲みにくいのでしょうか。 たんに、私がなれていないからなのでしょうか?あるいは、トリスは、日本一マズイ特殊な酒なのでしょうか。 みなさんのご意見をお願いします。 私も普段はニッカのウイスキーを愛飲しています。 値段に関係なくどのウイスキーもまろやかな感じがします。 サントリーはレッドや角、オールド共々多少辛口なような気がします。 ただ響や山崎はマイルドなので、値段が安いのだけが辛いのでしょうか。 でも角瓶はグラスが付いてくることが多いのでつい買ってしまいます。 トリスもあまりおいしいと思わないのでめったに買わないのですが、いま携帯に連動して光るトリス瓶をかたどったストラップが付いている 角、オールドにも のでつい買ってしまいました。 さてトリスに関してですが、このウイスキーはかなり昔から大衆用としてあると聞いています。 まだ日本が貧乏な頃から安いので飲まれていました。 専用の「トリスバー」という店もあったと聞いたことがあります。 場末のバーといった感じがするのですが、いまのトリスの味も当時の懐かしさ、いかがわしさが感じられるような酒なのではないかと思います。 よく年を召された方が具も何にも入っていないような「すいとん」を懐かしがるのと同等なニュアンス、というのは言い過ぎでしょうか。 Q こんにちは。 私はお酒を飲み始める歳になってから間もないのですが、 普通どれくらいから強いという部類に入るのでしょうか? 私の家は両親共に酒に滅法強く、多分私も強いのではないかと思ったのですがいまいち一般的にどうなのかとか、いろいろな他の人から見てどうなのかということが知りたくて投稿しました。 ちなみに私の強さの基準? というか、度合いの目安になるかもという情報 お酒の量・種類 ですが、 日本酒、ビール、ワイン、焼酎、ウォッカ、ウィスキー、シャンパン、チューハイ、紹興酒……およそ一通りいける口です。 料理に合わせても美味しいですし、香りなどの強いものは単体でもいけます。 この前自分でもどれくらいで自分が酔うのか知りたくて少し大目に家で飲んだところ…… あ、料理はそこそこお肉などもある魚中心の料理です。 サラダなどの野菜もありました。 料理の合間合間に飲んだり、ひと段落してからはウィスキーを焼き魚とサラダを肴にずっとストレートで飲んでました。 えーっと、 ・日本酒 Al. ・ビール……ロング缶一本 ・サントリーのウィスキー Al. 目安としてはウィスキーは満杯だったボトルの半分くらいまで飲んだのかな。 ウィスキーは2,3杯を水で軽く割って、あとはストレートで割らずに飲んでました。 (割るときの割合は1:1か、酒2:水1程度。 もちろん、先に酒を半分近くまで注いでからです) 良い酒をプレゼントされる機会があって、ちょうどいい機会だと思い楽しみ味わいながら飲んでいましたが、全然酔わなくて……。 両親は酔うと段々顔が赤くなるんですが、それもならず。 酔うということ自体まだ無いので、体にも変化は無く、そのまま。 同じ席で飲んでいた人が一人いましたが、その人は私のことを相当強いなと笑ってました。 頭痛は無く、二日酔いもせず、気持ち悪くも目の前がくらっときたりも、よく聞くふわふわしたりというのも特にありません。 その後急に運ぶ荷物があって運んだり小走りしたりもしましたが、それでも変化なし。 普通、皆さんはどのくらいで酔うのでしょうか? また、私はかなり強い方なのでしょうか? そして強いと酔う人よりも悪いところというのはあるのでしょうか? たくさんの質問になってしまいますが、よりお酒を飲む場に行くようになる前に聞きたいので、 多くの意見、どうぞよろしくお願いします。 こんにちは。 私はお酒を飲み始める歳になってから間もないのですが、 普通どれくらいから強いという部類に入るのでしょうか? 私の家は両親共に酒に滅法強く、多分私も強いのではないかと思ったのですがいまいち一般的にどうなのかとか、いろいろな他の人から見てどうなのかということが知りたくて投稿しました。 ちなみに私の強さの基準? というか、度合いの目安になるかもという情報 お酒の量・種類 ですが、 日本酒、ビール、ワイン、焼酎、ウォッカ、ウィスキー、シャンパン、チューハイ、紹興酒……およそ... Q ウイスキーで割ると美味しい飲み物を教えてください! という質問はよくあると思うのですが、逆に、不味い飲み物を教えてください。 出来ればお茶関係が良いので自分でも調べてみたのですが、 検索すると「ウーロン茶割」「麦茶割」「緑茶割」「ほうじ茶割」などが ヒットしてきて、もうウイスキーに合わない飲み物なんて無いんじゃないか とさえ思いつつあります。 出来ればお茶関係がよいですが、別の飲み物でも構いません。 ただできるだけメジャーな飲み物にしてください。 また、炭酸飲料はやめてください。 味覚なんて人それぞれですが、「これで割ると美味しいという話は聞いたことがない」 というような飲み物があれば教えてください。 よろしくおねがいします。 A ベストアンサー こんにちは。 開栓してから20年とはすごいですね。 それくらいの時が経っていると味に変化はあるかもしれませんが、体に害が出ることはありません。 お酒が酢になるのは空気中の酢酸菌が作用した場合の話ですが、それはアルコール度数が少なく、また不純物の多い醸造酒に限った話で、ウイスキーのようにアルコール濃度の高いお酒の中では酢酸菌は活動できないので酢になることはありません。 また、ウイスキーは樽につめる前に最低でも2回の蒸留を経ていますので、酵母に限らず全ての菌類は死滅しています。 当然、酢酸菌に限らず酵母や乳酸菌なども死滅していますので、樽の中でもボトルの中でも菌類の働きによる変化はまったく生じません。 また、そういった心配が無いからウイスキーには賞味期限の設定がありません。 A ベストアンサー 昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。 そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。 お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。 現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。 接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。 お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。 生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。 付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。 好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。 私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。 ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。 そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。 お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。 現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま... A ベストアンサー アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。 ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。 これは、他の「麻薬」と一緒です。 ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。 一応、目安となるアルコール依存症の症状を以下に列記してみます。 ・飲まないと眠れない。 ・飲んだ翌日、手が震える。 または指先がこわばったようになり、字が書きにくい。 ・飲んだ翌日、汗が出る。 これらは、離脱症状といって、アルコール依存症の重要な徴候だそうです。 これに ・2日 48時間 以上に渡って、飲んだら寝るを繰り返す という症状が加わると、完全にアルコール依存症と診断されるようです。 もちろん、これらの症状に当てはまる=アルコール依存というワケではありません。 ただ、可能性は高いと思われますので、ご心配でしたら専門医を受診してみてください。 もし、アルコール依存であるなら1人で脱却するのは無理ですので、、、。 痛風に関しては、「何とも言えない」というのが答えでしょうか。 たしかに「アルコールが原因だ」という研究結果もありますが、まだまだ「研究段階」であり、因果関係は解明されていないと言えます。 取り合えず、毎日の飲酒をやめ2~3日事に休刊日を入れることをお薦めします。 アルコール分解の為の肝臓をいたわってください。 ask. html アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。 ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。 これは、他の「麻薬」と一緒です。 ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。 一応、... Q 日本酒とウィスキーのアルコール量は、 倍以上もウィスキーの方が多いのに、 日本酒は、悪酔いして、 ウィスキーは、悪酔いしないのは、なぜなのですか? 私は、毎日、ウィスキーをストレートで、50ccから70ccを飲みますが、 酔わないし、気持悪くなったりしません。 でも、日本酒は、1合程度飲んだだけなのに、 頭が痛くなったり、気持悪くなったり、 次の日に残ったりします。 ウィスキーを飲んでも酔わないので、みんなからお酒が強いねと言われますが、 でも、日本酒1合でまいってしまう私は、 お酒には弱いということなのでしょうか? 「日本酒は悪酔いするよね」って方、多いと思うのですが、なぜなんでしょうか? お酒のアルコール自体にいろいろ種類があるということ? それともアルコール以外の成分が、体に悪影響を与えているの? 教えてください。 (余談ですが、ビールと日本酒のちゃんぽんは最悪ですよね?) A ベストアンサー 直射日光下でなければほぼ無いと考えていいです。 何年も寝かせると芋焼酎の香りが薄くなることは考えられます。 芋の場合は強い風味が逆に売りになるのであまり貯蔵熟成をしませんが、寝かせたほうが価値の出る他の焼酎(沖縄の泡盛など)は基本的にカメやタンクの中で空気に触れながら熟成します。 ですから開封後でもよほど環境が悪くなければ劣化はしません。 杏露酒の場合は糖度が高く、1の方の仰る梅酒と同じような状況でやはりすぐに劣化するような性質のものではありません。 酒類で賞味期限表示があるのはビールや発泡酒ぐらいなんです。 開けたら早く飲まなくてはいけないのは一般的に日本酒、ワイン、ビール・発泡酒類、果実系リキュール、缶リキュールぐらいです。 他は長持ちします。

次の

安いウイスキーのおすすめ|格安ウイスキーが安い理由

トリス ウイスキー

出典:サントリーサイト 「トリスバー」は60年代サラリーマンが集う社交場 「トリスバー」は、日本が戦後の復興を果たし、高度経済成長を遂げつつあった1950年代、仕事帰りのサラリーマンたちが気軽に立ち寄れる酒場として、全国の盛り場に登場しました。 まだ高級品のイメージが強かったウイスキーを、炭酸水で割った「ハイボール」で飲むことを提案するなど、日本にウイスキー文化を浸透させるうえで大きな役割を果たしました。 「トリスバー」は今もなお、レトロな老舗バーとして健在! 「トリスバー」は、手頃な値段でたのしめる庶民の酒場として人気を博し、ピーク時の1960年代には全国で2千軒を数えるほどでした。 その後、お酒や酒場の多様化を背景に、「トリスバー」は次第に減少。 もはや、お父さんたちの記憶にしか残っていないと思われるかもしれませんが、ロングセラー銘柄「トリス」とともに、今も何軒かの「トリスバー」は健在です。 「ちょっぴり洋風」という当時のコンセプトは、今では貴重な「昭和レトロ」な雰囲気がたのしめる空間として、かつてを懐かしむ年配世代はもちろん、若者からも注目を集めています。 「トリスバー」を生んだサントリー2代目社長の戦略 出典:サントリーサイト 「トリスバー」で日本にウイスキー文化を根づかせたい! 「トリスバー」の生みの親は、サントリーの創業者である鳥井信治郎氏の次男で、2代目社長(当時の社名は「寿屋」)を務めた佐治敬三氏です。 佐治氏は、国産ウイスキーの発展に情熱を注いだ父の跡を受け、ウイスキーの普及に尽力。 サラリーマン層をターゲットに、おいしいウイスキーを低価格で提供する「トリスバー」を全国の盛り場に展開し、第一次洋酒ブームを牽引しました。 「トリスバー」は、今も続く人気キャラクター「アンクルトリス」や、PR誌「洋酒天国」などとともに、日本にウイスキーをたのしむ文化を広く浸透させたのです。 「トリスバー」の魅力は、お洒落さと居心地のよさ、そして安価でおいしいウイスキー 「トリスバー」の基本的なスタイルは、カウンターの前に「止まり木」と呼ばれる腰掛けが並び、バーテンと客が気軽な会話を交わしながら、安価で上質なウイスキーをたのしむというもの。 さほど広くない店内をダウンライト照明が照らし、おつまみも軽いものだけでしたが、これまでの酒場になかった雰囲気は、西洋文化に憧れる当時のサラリーマンたちに癒しと活力を与え、日本の経済成長を陰から支えてきたとも言えるでしょう。 「トリスバー」を象徴する「トリス」とはどんなウイスキー? 出典:サントリーサイト 「トリスバー」の定番ウイスキー、トリスの魅力 「トリスバー」の主役は、「トリハイ」の愛称で親しまれた「トリス」のハイボール。 戦後間もない昭和21年(1946年)に誕生した「トリス」は、深刻なモノ不足のなかで、「安くてもしっかりした品質のウイスキーを飲んでもらいたい」という想いから開発された銘柄です。 その後も、時代の変化に合わせてリニューアルを重ね、現在も広く愛されるロングセラーです。 「トリスバー」の歴史をしのびつつ、「トリスハイボール」を味わおう! 「トリスバー」で提案されたハイボールは、アルコール度数の高いウイスキーを気軽にたのしめる飲み方として、当時のサラリーマンたちに絶大な人気を博しました。 近年のハイボール人気を受けて、伝統の「トリハイ」をたのしめる缶入り飲料「トリスハイボール」も発売されています。 若者同士でたのしむのもよいですが、時には、かつて「トリスバー」に親しんだお父さん世代とともに、「トリスハイボール」を酌み交わしてみてはいかがでしょう? 高度成長期のサラリーマンを支えた「トリスバー」は、数こそ少なくなったものの、今も「トリス」とともにウイスキーを愛する人々の訪れを待っています。 機会があれば、昭和レトロな雰囲気をたのしんでみましょう。 おすすめ情報• 関連情報.

次の