えま わ と そん。 エマソン

エマ・ワトソン(えま・わとそん)とは

えま わ と そん

フェミニストに対する批判と偏見や性の役割が固定化している現状を問題視する女優のエマ・ワトソン氏の国連スピーチ。 現在ではフェミニストに対して、「権利を求めて騒ぎすぎる、男嫌いで魅力的ではない女性」というイメージが強く持たれています。 エマ・ワトソン氏は「フェミニズム」という言葉自体ではなく、女性の権利についての考え方が重要であるということ。 男性も「男性とはこうであるべきだ」「攻撃的・アグレッシブであるべきだ」というジェンダー・ステレオタイプに囚われており、彼らがそこから自由になれば、女性も性のステレオタイプから自由になれると語ります。 (男女平等を目指したキャンペーンに1人でも多くの人々が参加することを願ったスピーチです) 女性が権利を主張すると、男性が嫌悪感を抱くという現状 エマ・ワトソン氏:今日、私達はというキャンペーンを発足します。 今日私がここに立っているのは、皆さんの力を借りたいからです。 私達は男女差別撤廃を目的としています。 その目的を達成する為には皆さんの力が必要なのです。 UN(国際連合)でこのようなキャンペーン運動が立ち上がるのは初めてのことです。 出来るだけ多くの男性、そして少年達に性差別撲滅の為に動いて欲しい。 そして、この問題についてただ語るだけではなく、目に見える結果に繋げたいのです。 半年前、私はGoodwill Ambassador for UN Womenとして任命されました。 フェミニズムについて話す機会が多くなるにつれ、女性の権利を主張することが男性嫌悪に繋がってしまうことが問題であるとひしひしと感じています。 女性の権利主張=男性嫌悪、という世の中の意識を変える必要があります。 フェミニズムの定義とは、男性も女性も平等に権利と機会を与えられるべきであるという信念です。 つまり、男女は政治的、経済的、そして社会的に平等であるべきであるという考え方です。 性の固定観念についてはずいぶん昔から疑問を感じていました。 8歳の時、保護者に見せる劇を監督しようとして「偉そうに威張っている」と批判され、困惑しました。 14歳の時には、私はメディアから性の対象として見なされ始めました。 15歳の時、女友達の多くが「男らしく」見られたくないから、という理由でスポーツを辞め始めました。 私が18歳になると、男友達の多くが感情を表に出さないことに気が付きました。 いつからか「フェミニズム」は死語になった 私は自分をフェミニストであると認識するようになりました。 そして、これはとても自然なことに思えました。 しかし、どうやら「フェミニズム」とは死語のようです。 自身をフェミニストである、と認識する女性の数がどんどん減っています。 当然、私は「強すぎる、攻撃的すぎる、権利を求めて騒ぎすぎる、そして男嫌いな魅力的ではないフェミニスト」な女として疎まれる種類の女性の1人となります。 なぜ「フェミニズム」はこれほどにも嫌悪される言葉になってしまったのでしょうか? 私はイギリス人です。 成し遂げた仕事に対して男性と同じ金額の報酬を受ける権利があると信じています。 私自身の身体についての決定権は私にあると信じています。 そして、政治の世界には女性政治家が必要であると信じています。 社会的にも、男性と同じようにリスペクトされる権利があると信じています。 しかし、残念なことにすべての女性国民がこのような権利を当然のこととして受け止めている国は世界にひとつもありません。 私達の国は完全に男女平等である、と言い切ることが出来る国は世界にひとつもありません。 これらの権利は人間として当然の権利だと信じています。 しかし、このようなことを主張する私は恵まれていることも理解しています。 フェミニズムの問題に男性がもっと関与すべき 私の両親は私が女の子であるからといって、愛することをおざなりにしませんでした。 私の通っていた学校でも、「あなたは女の子なのだから……」などと学ぶ機会を奪うことはありませんでした。 私のメンター達も、「どうせいつかは子供を産んで母親になるのだから」などと理由づけて、私のキャリアでの成功を応援することを止めたりはしませんでした。 このように育ってきた環境が、今日の私を男女平等について皆さんにお話する大使にしたのです。 このように私を応援してきてくれた人々は、必ずしも彼ら自身が「フェミニスト」であると認識していません。 しかし、彼らは世界に影響を与える立派なフェミニストです。 このような人々がより多く必要です。 「フェミニズム」なんて……と思う方もいるでしょう。 しかし、「フェミニズム」という言葉の重要性を説いているわけではありません。 女性の権利についての考え方が重要なのです。 なぜなら、私が持っている権利を多くの女性が持っていないからです。 統計的に見ると、私はとても恵まれた数少ない女性の1人です。 1997年、ヒラリー・クリントンが北京で女性の権利についてのスピーチをしたことは有名です。 残念ながら、当時彼女が問題にしていたことの大半が現在でも問題として残っています。 世界全体人口の半分が男性であるにも関わらず、「女性の権利」「フェミニズム」という会話に男性が参加しない。 「フェミニズム」に男性が参加せずに、または歓迎されていないと思っているままでは、この状況が変わることはありません。 ジェンダー・ステレオタイプによって苦しむ男性 男性の皆さん。 今ここで、この機会をお借りして正式に「フェミニズム」の世界へご招待します。 男女平等は男性の皆さん1人1人の問題でもあるのです。 今日、子供にとって母親の存在が必要であるのと同じくらいに父親の存在も必要であるにも関わらず、社会は父親の役割を軽視しています。 「弱いと思われるのが嫌だから」と言って、男性は心が弱っているのに助けを求めようとしません。 その結果、イギリスの20歳から49歳の男性は、交通事故、ガン、心臓疾患よりも自殺によって命を落とす方が圧倒的に多いのです。 「男性とはこうあるべきである」「仕事で成功しなければ男じゃない」という社会の考え方が浸透している為に、自信を無くしている男性がとても多くいるのです。 つまり、男性も女性と同じようにジェンダー・ステレオタイプによって苦しんでいるのです。 男性がジェンダー・ステレオタイプに囚われていることについては、あまり話されることがありません。 しかし、男性は確実に「男性とはこうであるべきだ」というステレオタイプに囚われています。 彼らがそこから自由になれば、自然と女性も性のステレオタイプから自由になることが出来るのです。 男性が「男とは攻撃的・アグレッシブであるべきだ」という考え方から自由になれば、女性は比例して男性に従う必要性を感じなくなるでしょう。 男性が、「男とはリードし、物事をコントロールするべきだ」という考え方から自由になれば、女性は比例して誰かにリードしてもらう、物事をコントロールしてもらう必要性を感じなくなるでしょう。 男性と女性は別物という考えをやめるべき 男性も女性も繊細であって良いのです。 男性も女性も強くあって良いのです。 男性と女性というジェンダーを2つの全く異なった両極端のものであるという考え方から自由になり、男性と女性をひとつのものとして考えるのです。 私達は私達自身以外の何者でもない、私は私であると受け入れることで、私達はもっと自由になることができるのです。 これがHeForSheの考え方です。 HeForSheとは自由を求めるキャンペーンです。 男性の皆さん、皆さんのお嬢さん、お姉さん、妹さん、そしてお母様の為に、彼女達がより偏見から自由になれるよう力を貸してください。 そして同時に皆さんのご子息にも弱さを見せて良いことを教えてください。 それによって、世界は私達が私達自身で居られる場所になるのです。 「ハリー・ポッターの女の子が何を言っているんだ? どうして今このUNでこんな話をしているんだ?」と思われる方もいるでしょう。 わかります。 私も今ここにいることを不思議に思っていますので(笑)。 確実に言えるのは、私が男女平等について真剣に考えていること、そして状況を良い方向に変えたいと思っているということです。 これまで経験してきたことから、そしてこの機会が与えられことで、私には私の考えを皆さんにお伝えする義務があると思い、今この場所にいます。 男女平等を目指すキャンペーン「HeForShe」 エドマンド・パーク(イギリスの哲学者)は言いました、「人々が何も行動を起こさなければ、悪の力が勝つのは当然だ」と。 今回ここでスピーチをすることになり、緊張してナーバスになっていた時、そしてそれ以外でも自分に自信がなくなった時、「私がやらずに誰がやるの? 今やらなくてどうするの? 今やらないならいつやるの?」と自分に言い聞かせます。 「チャンスが訪れたけれども、怖い、不安だ」という瞬間が皆さんにもあるでしょう。 そんな時はこの言葉を思い出していただければと思います。 私達が何も行動を起こさなければ、女性と男性が同じ仕事をして同じ給与を得るまでに75年もかかるのです。 100年近く待たなくてはなりません。 これから16年の間に、まだ子供であるにも関わらず結婚していくことになる少女の数は約1550万人。 このまま何もしなければ、アフリカの少女たち全員が中等教育を受けられるようになるのは2086年です。 あなたが平等を重んじる方であれば、きっとあなたは「自分では自覚していないフェミニスト」の1人です。 女性の平等を願う気持ちを、皆が必ずしも「フェミニズム」という言葉で表現するわけではありません。 「フェミニズム」という言葉には偏見があります。 言葉の表現に差異はあれども、目指すところは同じです。 男女平等を目指す活動、それがHeForSheです。 皆さん、勇気を出して立ち上がってください。 そしてご自身の心に問いかけてみてください、「私がやらずに誰がやるの? 今やらなくてどうするの? 今やらないならいつやるの?」。 ありがとうございました。

次の

【ツバキエマソン誕生】株式会社ツバキエマソン様

えま わ と そん

スーザンの家にはカシミアちゃんという猫がいます。 早速食いつく えま~そん。 「いい子、いい子」のつもりなんだけど、バッシバッシやっちゃうからぁ(ーー;) ごめんね、カシミア。 「あ~、忙しい、忙しい。 手荒で手抜きな育児でも、元気に育ってくれている えま~そんに感謝。 生まれたとき、病院に見に行った子だけど覚えてる? 猫や犬だと、ガンガン行くくせに、赤ちゃんは眺めてるだけでした。 興味なさそーーに。 なにはともあれ、「いい子、いい子」という名のバシバシをしなくてよかったです。 みんなが、今日はえま~そんの誕生日会ということを忘れて、 飲んで盛り上がってきたとこで、 忘れちゃいけない、今日の主役。 バースデーガールの出番です。 そして、自分へのプレゼントだと思い込んで、持って帰ろうとしていました(笑) えま~そんは、オモチャで遊び始めようとしたブリアナから オモチャを奪い返そうと、 「キーキー」怒りながら、3歳児相手にやりあってました。 末恐ろしい奴です。 いつものショッピングモールで。 な たかお  ̄ー ̄ かわいすぎたわぁ~。 たかお、何回も笑ってごめん。 一緒に遊べるようになったんだね。 成長です。 でも、キャーキャー、女の子っぽく逃げるのはいいけど、なりはオムツ一丁・・・みたいな。 えま~そんは、引き笑いです。 私がいつも「踊るさんま御殿」のビデオばっかり見てたから、さんま笑いになっちゃったのかしら? だんだん、男の子と女の子の動作の違いがはっきり出てきたような気がします。 「これ、ちょーだーーい!!」 ・・・女には負けねーぞ。 やっぱり男の子は骨太で、力強いです。 でも、えま~そんの、「キーキー」うるさい奇声は苦手のようです。 やっぱり男は女のヒステリーが苦手ですね。 子供の頃から。 暑い我が家に来てくれてありがとう。 口を固くつぐんで、絶対開けません。 とにかく自分で食べたいんだそうで。 なので、ご覧のとおり、食後の片付けが大変。 2階でエアコン無しの我が家は、軽く35度超え。。。 `;;;)激暑!! 去年は、えま~そん生まれたてだったのに、よくこの暑い家で夏を乗り越えたよねー。 ごっつぁんですっ! 「メタボじゃないのよ。 メタボじゃないのよ。 幼児体系なだけ。 子供がたくさんいるので、ただでさえハイなテンションが、更にググーーンと上がります。 昨日も。 みんな、やさしく?遊んでくれます。 えま~そんは、ご機嫌のときの定番、「タッタッタッタッターーー(高音)!!」連発で、お姉さん、お兄さんたちと同じ気になって、相変わらずのGOGOぶり。 テンポはずれてますが。 優しい子、乱暴な子、面倒見のいい子、シャイな子、いろんな子がいて、見ていて飽きません。 いろんな人にもまれて、協調性や社会性を身に付けてください。 打たれ強くなれよ。 窓全開なのに、えま~そん汗だくで髪グッショリ。 暑いよ~(-O-;)まぁ、寒いよりいいか。 じゃね~。 みなさん、お元気ですか? 今日は、突発の発疹が、顔に広がってきました。 写真じゃ分かりにくいけど、顔が赤くまだらで、気持ち悪めです。 そんな、顔がまだらで ふてぶてしい1歳児は、1日中 キーキー、キャーキャー何かっつーーと、奇声をあげて叫んでいます。 「私がなにか?」 いろいろ伝えたいこともあるんだろうけど、 もう少し、トーンを下げていただきたく思います。 じゃね~。 ぶっぶ~~。 「なんだろ?」と思ったけど、相変わらず元気だし、用事もあるし、今日もあちこち連れまわしていたわけですが、ちょうど電話をくれた たかおママにそのことを話していたら、それは 「突発性発疹」だと。 」と、勝手に思い込んでました。 熱が下がったときに湿疹が出るのね。 まぎらわしい病名だな。 少しご無沙汰している間に、えま~そんもめでたく1歳を迎えることが出来ました。 うるさい人が帰ってしまい、何だか静かで寂しいです。 38度~39度が続いていますが、本人いたって元気です。 少し様子をみてみようと思います。 「元気っていったって、そりゃ、だりーよ。 」 そんなパワーダウン気味のえま~そんですが、1歳になってから相槌を打つようになりました。 いつも、「ぐにゃぐにゃぺにょぺにょ」真剣な顔で話しかけてくる えま~そんに、「うんうん、そうなのー。 うん、うん。 」と適当に相槌していたので、その真似をしているんでしょうか? ものすごい小刻みで高速にうなずきながら、「んー。 」という相槌をしてくれます。 小刻みに頭を振ってうなずくので、最初は「熱で頭がおかしくなったのか?」と思いましたが、正真正銘の相槌のようです。 まったく、人の話を聞いてない人の相槌なのが気になりますが、言ってる意味も分かってないくせに、ぴったりなタイミングで返事をしてくれるので、いい話し相手が出来た気がして嬉しいです。 そんな えま~そんとママの会話。 「ねぇ、えま~そん。 」 「ん。 」 あーちゃん、明日日本に帰っちゃうねー。 」 「んー。 」 「寂しくなるねー。 」 「んー。 」 パパに続き、話を聞いてるようで聞いてない人が、我が家にひとり増えたようです。 「聞いてまシェーーーん!!」 またゆっくりシカゴの写真でもアップしまーす。 じゃねー!! 昨日、今日、とLAは30度超え。 物凄い日差しと、暑さです・・・ お陰で、えま~そんも私も、こんがりしてきました。 ホント、暑い (=。 =;) この後、顔から落ちて、また擦り傷。 今度はおでこ。 本人も、慣れたもんです。 気を取り直して、ランチにしましょう。 静かに食べてるな。 と思ったらZZZZZ・・・ さっきは寝ちゃったから、たくさん食べないと!! ところで、明日から3泊4日でシカゴへ行ってきます。 LAはこんなにも暑いのに、シカゴの準備をするために天気調べたら、雪マークとかあったけど・・・ 「あったかい服を持ってかなきゃ。 」と思いつつ、今、暑すぎて寒いことが想像できない。 シカゴ楽しむ気満々なのに、飛行機で疲れ果てるのはイヤーー(><)。 そんなえま~そんも、あと数日で1歳を迎えるわけですね。 去年の今頃は、予定日も過ぎ、えま~そんは生まれてくる気配もなく、お手伝いにきてくれたお母さんたちと、LA観光を楽しんでいました。 すごく... ( - -) デブ妊婦はいいとして(笑)、子供が生まれてからがスタートなわけですが、大変ながらも、新しい経験がたくさんで、面白い1年でした。 きっと、そう思ってるのは親だけ。 分かってる、分かってる。 ちょっと目を離して、戻ってみると、この体勢。 何やらかわいいけど、何してんの???と思ったら、 どうやらパソコンの中の、あーちゃん相手に 「いない、いないばぁ」をしているようで(笑) こんなやり方の「いない、いないばぁ」は教えてないのに、 いつのまにやら、アレンジ能力がついていたんですね。 今日、めちゃイケのビデオ見よう!と思って、ビデオをセットし始めたら、私の後方から、ハイテンションウキウキな空気が流れてきまして。 あいつよ、あいつ。 あいつしかいないわ。 喜んで待っちゃってるよ。 めちゃイケなのに。 こんな姿があるから、大変でも頑張れるんだな。

次の

エマ・ワトソンがフェミニズムについて国連スピーチで語る

えま わ と そん

近年、フェミニズムに関する取り組みや発言で注目を浴びている エマ・ワトソン。 彼女は2014年に、男女平等を呼びかける国連のキャンペーン「HeForShe」を発足。 その一環として、「芸術における男女平等を目指す」という目的の下、3月には「HeForShe Arts Week」を開催。 コスモポリタン アメリカ版では、NYの国連本部で行われた開会式での記者会見で、エマがした自身の体験について紹介しているのだけど…その内容の酷さにビックリ! 「私の18歳の誕生日パーティーでのことです。 私がパーティー会場から出たとき、カメラマンが突然道路に横たわり、 私のスカートの中をカメラに収め、次の日の朝、その写真が ゴシップ紙に掲載されました」と振り返るエマ。 「写真の掲載が24時間前だったら違法でした。 ところが、 18歳に達した瞬間、その行為は合法となったのです」。 さらに、イギリス版『エスクァイア』誌のでも、同様の体験をシェア。 「部屋を出たときに、誰かに(お尻を)平手打ちされたわ。 家に着くまでの間、とても怖かった…。 でも、私がこういう話をすると大ごとになるから、積極的には話題にしてないの。 それに、これは自分だけに起こっている問題だという印象を与えたくない。 知り合いの女性のほとんどは、同じような、またはもっとひどい体験をしているのよ。 残念だけど、これが現実。 私たちが認識している以上に、このような出来事がはびこっているの。 女性が恐怖心を持ちながら生活することが、為す術のない現実であってはならないのよ」 このような行為を目にしたら、私たちは全員、その行為をした本人に立ち向かう必要がある、とエマは強調。 さらに、男性は「フェミニズム」を単なる忌まわしい流行語としてではなく、 今ここにある現実問題として捉えるべき、とも。 『エスクァイア』誌に対しては、「このインタビュー記事を読んだ後、(男性には)自分のまわりにいる女性たちに対して、彼女たちの体験に耳を傾けて欲しい」と語っている。 すると、インタビュアーは単刀直入に「そもそもなぜ、男性が男女平等について関心をもつべきなのですか?」と質問。 エマはすかさず、完璧な答えで対応。 「"自分に関係があるかもしれないから、男女平等はみんなが関わるべき問題だ"と説得したいわけじゃないの。 肝心なのは、 これが人類にとってどんな問題なのか、と問いかけること。 マーティン・ルーサー・キング(ジュニア)牧師は、『どこかに不正があれば、それはいかなる場面においても、正義に対する脅威となる』と訴えたわ。 私はこの考えに100%賛成してるの。 それ(男女平等)が実現すれば、これからを生きる子どもたちはより幸福と健康を得て、成功することができるのでは? 男性も育児休暇をきちんと利用して子どもと過ごせるようになるのでは? 男性だって気分が最悪なときに、他人に相談できるようになるのでは? そして、ありのままの自分になれるのでは? 女性からデートに誘われるようになるのでは? より良いセックスができるようになるのでは? 真のパートナーシップが築ける結婚が実現するのでは? 芸術、文化、ビジネス、政治の分野でさらなる多様性と型にはまらない考え方が実現するのでは? 革新的技術や才能の持ち主に対して世界的なクラウドソーシングができるようになるのでは? 世界中の人々、とりわけ女性がより安全に、自信を持ち、充実して生きられるようになるのでは? 世界平和が実現するのでは? 真剣に考えてみて。 世界平和よ!」 また、インタビューの後半では、このようにコメント。 「私のことをディーバでも、フェミナチでも、堅物でも、世界的な初のフェミニストとでも、好きに呼べばいい、どうぞご自由に。 たとえそう呼ばれても、私は断固として正しい信念を貫き、 正しいことを現実のものにする覚悟 をしているもの」 「HeForShe」キャンペーンの活動に専念するためにエマが1年にわたって女優休養宣言をした背景には、こんな理由があったようです(ちなみに、彼女は休養期間を思い切り堪能しているんだとか)。 Translation:Rubicon solutions.

次の