バッテリー 充電 器。 車用バッテリー充電器おすすめ10選!選び方のポイント・充電時の注意点とは

車用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【初めての方も安心!】

バッテリー 充電 器

車のエンジンの始動や電装品(ヘッドライトやルームランプ、エアコンなど)で使われる電気を供給するために欠かせない部品が「バッテリー」です。 バッテリーに蓄えられている電気の量が低下すると、電装品が作動しにくくなったり、「バッテリー上がり」によってエンジンがかからなくなったりといったさまざまな不具合が生じます。 いざというときに困らないようバッテリーのしくみを知り、「いつ、どのようなタイミングで電気の容量が足りなくなるのか?」を学んでおきましょう。 蓄えられている電気の容量が不足している場合は、充電を行わなくてはなりません。 今回はカーバッテリー充電器を用いる方法を中心に、バッテリーを充電する方法も詳しく解説します。 バッテリーのしくみ バッテリーとは? バッテリーをひとことでいうと、「車内の機器に電気を供給する装置」です。 車に積まれているバッテリーは主にエンジンの始動、ライト・カーステレオやカーナビ、その他制御機器を動かすための電気を供給するのに必要とされます。 バッテリーから電気が供給されるしくみ バッテリーはエンジンの始動時から機能し始め、次のような流れで電気の供給を行っています。 エンジンが止まっている間や、エンジンの始動時には電気を供給しているバッテリーですが、エンジン始動後や走行中はオルタネーター(発電機)から使った分の電気をバッテリーに充電しています。 走行中に電気を蓄えておくことによって、必要なときにいつでも電気を供給できるしくみになっているのです。 このように、バッテリーからの電気はエンジンの始動に不可欠なものなのです。 以後、エンジンがかかっている間に車内で必要になる電気は、基本的にオルタネーターから供給されることになります。 バッテリーはこの他「エンジン停止中に使用する電装品」、および「走行中、オルタネーターだけでは電気の供給が不足したとき」にもそれぞれ電気の供給を行っています。 バッテリー充電が必要になるタイミング バッテリーは通常、エンジンの稼働中にオルタネーターから供給される電気で充電を行っています。 そのため、本来であれば改めて充電を行う必要はありません。 しかし、以下のような状況に該当するタイミングでは充電が必要になる場合もあります。 バッテリーの電圧低下を示す兆候には次のようなものがあります。 ・セルモーター(エンジンをかけるときのモーター)の音が弱く、遅くなる• ・パワーウィンドウの動きが遅くなる• ・ヘッドライトが暗くなる これらの兆候が見られる場合はバッテリーを充電しましょう。 6V以下を示しているとき 車のバッテリー電圧の標準値は、エンジン停止時で12. 6V、エンジン始動直後で14Vといわれています。 電圧計でバッテリー電圧を測定し、これらの値を下回るようならバッテリーが弱っていると考えられるので充電したほうがいいでしょう。 バッテリーがそろそろ寿命を迎えるようなら、充電だけでなく交換も検討してください。 バッテリー電圧の測定には、カー用品店などで販売している外付けの電圧計などを使用します。 カーバッテリー用の電圧計はシガーソケットに装着して使用するタイプが一般的です。 バッテリーを充電する方法 バッテリーを充電する方法は大きく分けて3つあります。 それぞれ順番にご紹介していきましょう。 このしくみを利用すると、「ある程度の距離を、一定以上の速度で走り続けること」でバッテリーを充電することが可能です。 その際、エンジン回転数が大きいほど効率的に充電できます。 この方法でバッテリーに不足した電気を効率的に充電するには「1週間に1回・20〜30分程度・時速50〜60kmで走行すること」が一つの目安になります。 このような条件で走行しバッテリーを充電することが困難な場合には、アイドリングによる充電を試みましょう。 しかし、アイドリング中はエンジン回転数が1,000回転以下になるため、エンジンの始動に必要な程度の電気しか充電することができません。 あくまで緊急時の対応策としておくのがよいでしょう。 ただし、劣化が進んだバッテリーの場合には、これらの方法で完全に充電するのは困難です。 バッテリーの交換を考えたほうがいいでしょう。 バッテリー上がりなど緊急時の対策に役立つ他、バッテリーが劣化している、寿命が近いと疑われるようなケースにも適しています。 料金は発生しますが、車の点検を兼ねることにもなるためしばらくメンテナンスを怠っているような場合にはおすすめです。 具体的な手順については、次の章で詳しく解説します。 自分でバッテリーを充電する方法 カー用品店などで購入できる「カーバッテリー充電器」があれば、自分でバッテリーを充電することも可能です。 今回は一般的なカーバッテリー充電器を使ったバッテリーの充電方法をご紹介しましょう。 実際には機種により充電の仕方が異なるため、マニュアルを確認しながら作業を進めてください。 普通乗用車の場合は12V。 複数の電圧に対応したカーバッテリー用充電器もある。 充電が終わったら充電器の電源を切り、コンセントからプラグを抜いてブースターケーブルを外してください。 バッテリーを充電する際の注意点 バッテリーを充電する際によくある疑問点をまとめました。 ・プラスとマイナスを間違えて繋いだ場合、車内の電子機器が故障する• ・バッテリーを過充電してしまった場合、水素ガスの飛散や液漏れが起こる そのため、充電時だけに限るなら、バッテリーを取り外してから充電するほうが安全といえるでしょう。 しかし、バッテリーを取り外すこと自体も非常に危険な行為です。 マニュアルを確認して推奨されているやり方を選び、不安があれば、無理をせずメーカーや業者に連絡したほうがいいでしょう。 完全充電とは、ゆっくり時間をかけてバッテリーを充電する方法です。 所要時間は10時間程度。 過充電を防ぐためにタイマー付きの充電器を使って行ったほうがいいでしょう。 タイマーがない場合は数時間程度の充電にとどめておくほうが無難です。 急速充電とは、バッテリー上がりなどの際に短時間でエンジンを始動可能にするための充電です。 こちらは素人が行うのは危険なので、近くの自動車ディーラー、自動車整備工場などのプロに依頼して任せたほうがいいでしょう。 バッテリー内部に一度に大量の気泡が発生すると、圧力によって爆発が起こる危険性があるからです。 「一般社団法人 日本電池工業会」によれば、キャップは開放して充電するのが望ましいとされています。 ただし、機種によってはキャップが無い、キャップを外せないなどの製品がありますので、キャップをしたままで充電ができるのかマニュアルなどで確認し、必要によっては専門業者に相談してください。 参考: 普段からバッテリーをしっかり充電しておけば、バッテリー上がりなど不測の事態に備えることができます。 ある日突然困ってしまわないように、日頃からの備えを万全にしておきましょう。

次の

バッテリー 充電 器 スターター 付きの販売特集【通販モノタロウ】

バッテリー 充電 器

レビュー: 46 【特長】原付、オートバイ、軽自動車、小型自動車など様々なバッテリー充電に対応。 バッテリーを外さず、つないだまま安全に充電できます。 過充電防止だから安全! 超簡単・超安心! 8段階自動充電制御 ソフトスタート ノーマル・スノーモード ・パルス充電・パルク充電・アブソプション充電 定電圧 ・アフター充電・テスティング・フロート充電・サイクル充電 バッテリーの状態を診断しながら、最適な充電をおこないます。 従来のバッテリー充電器と異なり、バッテリーの状態を診断しながら、バッテリー容量に応じた適正な充電をおこなうので、バッテリーを痛めることなく、常に最適なコンディションに保つことができます。 壁掛けなど収納に便利な紐通し穴つき。 軽量・コンパクトボディで使いやすさと安心安全設計。 バッテリーに適合する充電電流を自動選択。 充電完了後は、フローティング充電 DC13. 6V維持充電。 充電選択ボタンで自動・2A・6A・10Aに充電電流の設定が可能。 充電クリップと充電ケーブル、電源コードを本体底面の収納フックに巻き取り収納が可能。 軽乗用車から農機・建設機械まで、幅広いバッテリーの容量に対応。 充電クリップ逆接時の表示など、保護回路を搭載。 オープン 開放型 バッテリー、シールド 密閉型 バッテリー、ドライセルバッテリー ドライバッテリー に対応。 【質量 kg 】1. 電流選択ボタンで2A・5A・12A・25Aに充電電流の設定が可能。 セルスタート エンジン始動補助 機能搭載。 オープンバッテリー 開放型 、シールドバッテリー 密閉型 、AGMバッテリー、ディープサイクルバッテリーに対応。 バッテリーターミナルを外さずに充電できます。 充電完了後、充電器をつないだままでも過充電の心配がありません。 充電クリップと充電ケーブル、電源コードを本体裏面の収納フックに巻き付けが可能。 バッテリー活性化機能搭載。 スイッチング電源の採用により、充電器の軽量・小型化を実現。 軽自動車から農機・建設機械など、幅広いバッテリーの容量に対応。 充電クリップ逆接続時のエラー表示など、各種保護回路を搭載した安全設計。 【質量 kg 】1. 9【消費電力 W 】450【コード長さ m 】 充電 1. 8、 電源 1. 4 STANDARD 、DC14. 8 AGM 、DC15. 8 STANDARD 、DC29. 6 AGM 、DC30. バッテリーターミナルを外さず充電できます。 充電完了後、充電器をつないだままでも過充電の心配がありません。 充電クリップと充電ケーブル、電源コードを本体裏面のフックに巻き付けが可能。 充電電流選択ボタンで0. 8A・2A・5A・8Aに充電電流の設定が可能。 スイッチング電源の採用により、充電器の軽量・小型化を実現。 オートバイから農機・建設機械まで、幅広いバッテリーの容量に対応。 充電クリップ逆接続時の警告ランプなど、各種保護回路を搭載した安全設計。 【質量 kg 】1. 25【消費電力 W 】145【出力電圧 V 】DC14. 7 8Aモード時 DC14. 7 8Aモード時 、DC15. 7 iSHモード時 、DC15. 車のバッテリーを外さず繋いでコンセントを差し込むだけで誰にでも簡単充電。 バイク〜ミニバン・小型船舶・大型トラック・建設建機に対応。 バッテリー接続時火花がでない安全仕様。 充電完了後も長期つなぎっぱなしや自然放電も自動検知し最善の充電を行い過充電の心配なしのトリクルパルス充電。 セレクト式自動充電でバッテリーの容量や状況に応じて電流を流し、2A・8A・12A・25Aと4つの充電電流もセレクトにて選べる。 液晶表示にて充電状況が確認できる。 2段階のバッテリー診断で充電初期段階で充電可、不可を診断し充電後半にてバッテリーの充電状態を分析しバッテリーをきっちり診断でバッテリー不良を見逃さない。 ダブルパルス充電で劣化したバッテリーを長寿命にする。 7つの保護回路 逆接続・クリップ接続・バッテリー不良・電圧確認・高温・タイムオーバー・短絡 で安全・安心。 小さなバイク用バッテリー充電用のアタッチメントクリップ付き。 DC12V・24Vバッテリー対応。 あがりかけのバッテリーのエンジン始動に不足分を補うセルスタート補助機能付。 【用途】バッテリー充電器【付属品】バイク用アタッチメントクリップ【幅 mm 】285【質量 kg 】2. 車のバッテリーを外さず繋いでコンセントを差し込むだけで誰にでも簡単充電。 バイクから普通乗用車・ミニバン・小型トラック・小型船舶に対応。 バッテリー接続時火花がでない安全仕様。 充電完了後も長期つなぎっぱなしや自然放電も自動検知し最善の充電を行い過充電の心配なしのトリクルパルス充電。 全自動充電でバッテリーの容量や状況に応じて電流を流し、2A・10A・15Aと3つの充電電流もセレクトにて選べる。 液晶表示にて充電状況が確認できる。 2段階のバッテリー診断で充電初期段階で充電可、不可を診断し充電後半にてバッテリーの充電状態を分析しバッテリーをきっちり診断でバッテリー不良を見逃さない。 ダブルパルス充電で劣化したバッテリーを長寿命にする。 7つの保護回路 逆接続・クリップ接続・バッテリー不良・電圧確認・高温・タイムオーバー・短絡 で安全・安心。 小さなバイク用バッテリー充電用のアタッチメントクリップ付き。 【用途】バッテリー充電器【付属品】バイク用アタッチメントクリップ【質量 kg 】1. 4【コード長さ m 】電源コード…約1. 7充電コード…約1. 電流選択ボタンでAUTO・2A・8A・15Aに充電電流の設定が可能。 寒冷地モード搭載。 オープンバッテリー 開放型 、シールドバッテリー 密閉型 、AGMバッテリー、ディープサイクルバッテリーに対応。 バッテリーターミナルを外さずに充電できます。 充電完了後、充電器をつないだままでも過充電の心配がありません。 充電クリップと充電ケーブル、電源コードを本体裏面の収納フックに巻き付けが可能。 バッテリー活性化機能搭載。 スイッチング電源の採用により、充電器の軽量・小型化を実現。 軽自動車から農機・建設機械など、幅広いバッテリーの容量に対応。 充電クリップ逆接続時のエラー表示など、各種保護回路を搭載した安全設計。 【質量 kg 】1. 3【消費電力 W 】300【コード長さ m 】 充電 1. 8、 電源 1. 8【出力電圧 V 】DC14. 4 STANDARD 、DC14. 8 AGM 、DC15. 軽量・コンパクトなボディーに、使いやすさや安全性を考慮した数々の機能をプラス。 いざというときに一台あれば安心です。 トランスタイプだからできるフル充電! 【用途】ファミリーバイク・オートバイ・軽自動車・普通自動車【付属品】AC100V電源コード、充電コード【質量 kg 】約1. セルスタートでエンジンを再始動。 バッテリー上がりでエンジン始動ができない場合、3ステップでエンジン始動を行うことができます。 安全に使えて、壁掛け収納もできる。 滑り止めクッションつき。 壁掛けなど収納に便利な紐通し穴つき。 超簡単安心・安全。 8段階自動充電制御で最適な充電をおこないます。 従来のバッテリー充電器と異なり、バッテリーの状態を診断しながら、バッテリー容量に応じた適正な充電をおこなうので、バッテリーを痛めることなく、常に最適なコンディションに保つことが出来ます。 DC24V充電時は7段階自動充電制御になります。 ブースとモードの機能はありません。 0V、出力電流 最大 :15A【定格電流 A 】10【出力電圧 V 】 ノーマルモード DC14. 4、 スノーモード 15. 0、 ブーストモード DC18. コンパクトタイプ。 パナソニック製アモルファス太陽電池使用。 逆流防止回路内蔵。 こんな方にオススメ。 お車のご使用が週に1から2回程度の方。 盗難防止装置を装着されている方。 エアコンを1年中、使用されている方。 4【液晶パネル】シングルタイプ 【アモルファス素子】【出力電流 mA 】 太陽電池 動作電流18. 7 AM-1. 3W【保護回路】逆流防止回路付き ヒューズ1A ヒューズホルダー 【充電器機能】赤色LED表示【動作電圧】DC15. 5V バッテリー充電器 【特長】どこでも電気が持ち運べる コンパクトで持ち運びラクラク キャンプ・車中泊・緊急時に! バッテリーあがり時のエンジン始動に非常用予備電源としても! ポータブル電源とジャンプスターターの2WAY! 【用途】ポータブル電源・ジャンプスターター【付属品】AC100V充電アダプター・DC12V充電コード【質量 kg 】2. バッテリーに優しい新4ステージパルス充電方式。 進化した第二世代パルスで充電を効率化。 充電電流 最大出力電流 を簡単選択。 バッテリー簡易診断機能。 スイッチング電源方式採用で省エネルギー設計。 アイドリングストップ車用、ハイブリッド車 補機 用バッテリー対応。 車のバッテリーを外さず繋いでコンセントを差し込むだけで誰にでも簡単充電 バイクから普通乗用車・ミニバン・小型トラック・小型船舶・大型トラック全般に対応 バッテリー接続時火花がでない安全仕様 充電完了後も長期つなぎっぱなしや自然放電も自動検知し最善の充電を行い過充電の心配なしのトリクルパルス充電 全自動充電でバッテリーの容量や状況に応じて電流を流し、2A・8A・12Aと3つの充電電流もセレクトにて選べる。 デジタルモニターにて充電状況が確認できる。 2段階のバッテリー診断で充電初期段階で充電可、不可を診断し充電後半にてバッテリーの充電状態を分析しバッテリーをきっちり診断でバッテリー不良を見逃さない。 ダブルパルス充電で劣化したバッテリーを長寿命にする。 7つの保護回路 逆接続・クリップ接続・バッテリー不良・電圧確認・高温・タイムオーバー・短絡 で安全・安心【用途】バッテリー充電器【質量 kg 】1. バイクのバッテリーを外さず繋いでコンセントを差し込むだけで誰にでも簡単充電 バイク各種に対応 バッテリー接続時火花がでない安全仕様 充電完了後も長期つなぎっぱなしや自然放電も自動検知し最善の充電を行い過充電の心配なしのトリクルパルス充電 全自動充電でバッテリーの容量や状況に応じて電流を流す 2段階のバッテリー診断で充電初期段階で充電可、不可を診断し充電後半にてバッテリーの充電状態を分析しバッテリーをきっちり診断でバッテリー不良を見逃さない ダブルパルス充電で劣化したバッテリーを長寿命にする。 3〜20【保証期間】ご購入日から3年間 ただし、消耗品を除く 【保護機能】逆接続・クリップ接続・バッテリー不良・電圧確認・高温・タイムオーバー・短絡 バッテリー充電器 レビュー: 4 【特長】アウト・ドアでも使い方いろいろ。 走行中に常時サブ・バッテリーに充電。 電気製品はサブ・バッテリーを使用、車載メイン・バッテリーの負担を軽減。 マナーを大切に、地球に優しい省エネ設計。 使いやすい2系統の出力端子を採用。 電圧低下を光りとブザーで警告。 サブ・バッテリー用チェッカーを装備。 取り付け・配線がとっても簡単。 携帯ターミナルとしても使えて便利。 【用途】大出力のカー・オーディオに。 工事現場や屋外作業に。 ガレージセールや野外イベントに。 静かな夜のキャンプ場に。 アウトドアーでのレジャーに。 車のバッテリーを外さず繋いでコンセントを差し込むだけで誰にでも簡単充電。 バイクから普通乗用車・小型農機までに対応。 バッテリー接続時火花がでない安全仕様。 充電完了後も長期つなぎっぱなしや自然放電も自動検知し最善の充電を行い過充電の心配なしのトリクルパルス充電。 全自動充電でバッテリーの容量や状況に応じて電流を流す。 デジタル表示、LEDインディケーターで表示が見やすい。 2段階のバッテリー診断で充電初期段階で充電可、不可を診断し充電後半にてバッテリーの充電状態を分析しバッテリーをきっちり診断でバッテリー不良を見逃さない。 ダブルパルス充電で劣化したバッテリーを長寿命にする。 7つの保護回路 逆接続・クリップ接続・バッテリー不良・電圧確認・高温・タイムオーバー・短絡 で安全・安心。 【用途】バッテリー充電器【幅 mm 】210【質量 kg 】1. 8、通常モード:0.

次の

車用バッテリー充電器のおすすめ人気ランキング10選【初めての方も安心!】

バッテリー 充電 器

車のバッテリーは充電器でカンタンに復活! 車の整備やメンテナンスはしたことのない人にとっては、車用バッテリーの充電はとても難しいことのように感じられるのではないでしょうか? 実は、 車のバッテリーは注意点を守って行えば初心者の方でも簡単に充電することができます。 カーバッテリーを充電する仕組み カーバッテリーは乾電池の使い捨てタイプのようなものではなく、充電することが可能です。 通常、車は走りながらオルタネーター(発電機)から供給される電気で、バッテリーに充電をしています。 そのため、そもそも車のバッテリーの充電は必要なのか?という疑問を持つ方もいるかもしれません。 バッテリーが使えなくなるたびに新品で購入していては余計な出費になってしまいますので、バッテリーを充電して回復させるという方法も検討してみましょう。 カーバッテリーを充電器で充電したほうが良い場合とは? 車に取り付けてあるバッテリーは、電気容量が減ってくると、車のエンジンが掛からなくなってしまうことがあります。 次の2つようなパターンの場合は充電器を使ってバッテリーに充電しましょう。 車を走らせずにバッテリー充電したい場合• エンジンがかからなくなってしまった場合 短い距離しか走らない場合は、車での充電では不十分なことがあるので充電器での充電をしたほうが良いです。 また、バッテリーが過放電(使い切った)状態になると走りながらの充電ができないので充電器が必要です。 ただし、バッテリーそのものの破損が原因でエンジンがかからない場合には充電をしてもダメなので、整備工場などで見てもらう必要があります。 バッテリーあがりによってエンジンが掛からなくなった程度のことであれば、充電すれば再び元気なバッテリーに戻ってくれるでしょう。 カーバッテリーを充電する方法 車のバッテリーを充電する方法としては大きく2つあります。 カーディーラー・ガソリンスタンド・修理工場などで充電してもらう• カーバッテリーの充電器で自分で行う 初心者の方でも安心、安全な充電器がありますので使用方法や選び方を紹介します。 自分でバッテリーの充電に挑戦してみましょう。 参考: 車用バッテリー充電器の使い方 車用バッテリー充電器の使い方や使う際に注意しておきたいことを、ご紹介していきます。 バッテリーは車から取り外しておく• 充電器の電圧(電流)をバッテリーに合わせる• 端子を間違えないように取り付ける• 充電器の電源を入れる• 充電時間を決める• 充電が終わったら電源を先に切る• 端子を外して片付け 基本的には以上の順番で充電を行っていきます。 ただし、 充電器によって使い方も様々ありますので、詳しい使い方や注意点は購入したバッテリー充電器のマニュアルに従ってください。 さらには、充電中のバッテリーはガスが発生したり、熱くなります。 万が一破裂や火災が発生してしまうと、車への引火など被害が広がってしまいますので、車から取り外して充電しましょう。 取り外したバッテリーを置く場所にもポイントがあります。 バッテリー液の容量を確認するために、できるだけ平坦な場所で行ってください。 このどちらで充電するかによって、電流を設定しないといけません。 バッテリーの端子を良く見て、端子を間違えないように取り付けてください。 作業前の準備として• バッテリー液は希硫酸となっていますので、ゴム手袋を着用してください。 万が一、バッテリー液が肌や衣服についた場合は速やかに水で洗い流してください。 準備が完了したら電源を入れて充電開始です。 バッテリー液を補充する蓋のネジ(通常6箇所)、緩めて外しておいてください。 充電中にはガスが発生しますので、蓋をしたままだと破裂してしまう恐れがあります。 ただし、蓋がないタイプのバッテリーは、MF(メンテナンスフリー)のバッテリーですから外さなくも大丈夫です。 メンテナンスフリーバッテリーは急速充電はできません。 普通充電の場合は約12時間で、急速充電の場合は30分となります。 急速充電の時間は必ず守るようにしてください。 まずは充電器の電源を落として、それから端子を外すようにします。 もしもこの時点で、充電器側の電源を入れたままだと危険です。 くれぐれもプラス端子とマイナス端子を、充電器の電源が入ってる状態でくっつけたりしないでください。 ショートして火花が飛んでしまいます! 車用バッテリー充電器の選び方 カーバッテリーの充電器を選ぶ際に注意しておきたい 2つのポイントがあります。 バッテリーの容量に合わせた充電器が必要• 過充電を防ぐためにタイマー付きが良い 詳しく説明していきます。 バッテリーの容量に合わせた充電器が必要 バッテリーの容量よりも小さい出力でしか充電しかできないものを買ってしまっては、充電にとても時間が掛かってしまいます。 小さい出力しかない充電器だと、12時間以上の時間が掛かってしまいます。 充電時の注意 時間が掛かるからと充電したまま放置して、 必要以上のバッテリーの充電をするのは危険です。 過充電で ガスが発生し、引火して火災が起きてしまう可能性もあります。 充電するバッテリーの容量に合わせて、カーバッテリーの充電器を選ぶようにしましょう。 参考: 2. タイマー付き充電器で過充電を防ぐ 通常12時間ほどかかるような、長い時間の充電となると、ずっとそばで見ているわけにもいきません。 かといって、そのまま放置してしまうと火災を引き起こしてしまう可能性もあり、非常に危険です。 そんな場合には、 カーバッテリー充電器にタイマー機能がついている物を選ぶようにしましょう。 タイマー付きなら時間になれば自動で充電を停止して、過充電を防ぐことができます。 急速充電の場合、充電時間は30分以上はしないようにしましょう。 急速充電で30分以上の充電をする場合も、長時間の充電同様に過充電となります。 すると、過度なガスが発生して火災が発生してしまったり、バッテリーの容器が破裂する事故につながったりもします。 いたしかたなく 急速充電をする場合にも、タイマー付きが安心ですね。

次の