東村山 日本酒。 日本酒蔵のエンタメ化が加速する! 豊島屋フェスタで東村山に人が殺到するわけ|クリーミー大久保(日本酒)|note

日本酒蔵のエンタメ化が加速する! 豊島屋フェスタで東村山に人が殺到するわけ|クリーミー大久保(日本酒)|note

東村山 日本酒

秋〜冬といえば蔵開きの季節。 東京は東村山にある豊島屋酒造の蔵開きにいってきました。 チケット完売!東村山駅がパンク! 豊島屋フェスタは午前11:00に開場。 最寄りの東村山駅からは徒歩20分(!)。 東村山駅からバスでもいけます。 という情報をもとに、10:00すぎくらいに東村山駅に到着しました。 東京の西のほうの、はっきりいうと田舎です。 そこが…改札がパンク寸前になっている。 東京公演時の水道橋駅のように、人人人が。 酒蔵の人なのか、必死に出口へ誘導する男性。 その手には「豊島屋フェスタのチケットは完売です!」のプラカード。 …予想をかるく上回っていました。 当然バスなんか乗れません。 でも大丈夫。 駅から蔵に向かう列が自然とできていたので、流れに乗ればいけます。 コンサートとか、Jリーグのスタジアムにむかうそれでした。 田舎道を20分。 いよいよ豊島屋酒造の近くにたどり着いたとき、歩みが止まります。 開場(蔵開き)を待つ行列です。 蔵が…見えない! 皆が向かっているのは「蔵」です。 お酒を造るいち企業です。 そこにいま、1500人(チケット完売)が列をなしています。 午前から酒を飲むためにこんなたくさんの人が並んで…大丈夫か。 午前11:00、ゆっくり列がすすみ、ついに蔵の中へ。 「地方のしょぼいフェスタ」のイメージは吹き飛んでいます。 予備知識なしに、すごいところにきてしまった。 緑のユニホームはチーム豊島屋酒造。 ぜんぜん列すすまない。 日曜の午前から…本当におつかれさまです。 入場時にいただけるグラス。 本日1日、これでお酒を楽しみます。 限定ガチャもあり、やりました。 屋守(おくのかみ)のピンバッチ欲しい人はメッセージを。 食べて、飲んで、のクオリティが高い! あらためて言いますが、豊島屋酒造は東村山の酒造です。 そんな蔵の敷地内でお酒を楽しむというのが「蔵開き」。 だからメインは豊島屋のお酒。 フェスタ限定酒の無濾過生原酒をはじめ、新酒搾りたて、亀口(つまり槽口、上槽時にそのまま瓶詰め)など「新酒お披露目会」らしいお酒を中心に9種類。 200円〜からいただけます。 蔵から一度も出ていないできたてのお酒、これはおいしい。 また、「おつまみ」のブースもでていました。 「お酒のおとも」だと気軽にのぞいて驚きました。 すごかった。 (…最高でした) 行列に並んでいる時、近くに並んでいた方(常連ご夫婦)から「人気の食べ物やお酒は午前で終わる。 また、テーブルも争奪戦。 ゆっくりお酒とおつまみを置けるスペースを確保した方がいい…」とアドバイスをいただきましたが、やっとわかってきました。 肉フェスとかラーメンフェスとか、そんな 食イベントに近いノリがあるみたいです。 個人的におかわりを重ねたのが「たる酒」(奥)。 木の香りがいい。 落語にクラブにサンバに映画!蔵開きなのに「催し」がすごい! おいしい料理とお酒があって、豊島屋フェスには音楽もある。 生演奏で。 蔵の中央に「特設ステージ」があり、1日を通してさまざまなアーティストが登場します。 別の場所では落語も!! 東村山出身の三遊亭兼太郎さんの「お酒にちなんだ落語」を楽しみました。 もちろん飲みながら。 日本酒と落語って、またとてもよく合います。 さらにクラブブースもあり!!豊島屋の人気銘柄「屋守」は軽くフレッシュな味が多いので、こういう雰囲気にも合います。 映画!?全国を旅する移動映画館の「キノ・イグルー」による特設上映。 お客さんの酔い具合をみつつ、この日にあった短編映画とセレクトしてくれました。 (トムとジェリー、おもしろかった) まだまだあります! ステージに戻るとサンバが!日本酒なにも関係ない。 けどお酒入っているので愉快になります。 ラップまで!!ステージ上はこちらも東村山出身のラッパー・バケラッタさん。 「SAKE が 好き!(SAKE が 好き!)」「飲み干せ!」のコールアンドレスポンスに、東村山がひとつになりました。 まだまだほかにもありますが、見れたのは以上。 これらが1日中、蔵内で同時多発的におこなわれるのです。 昼から酒ってどこか背徳感があるのですが、それを吹き飛ばすほどの充実感。 そして、その催しも日本酒(そして酒)とまたよく合うのがいいです。 「飲酒のエンタメ化」は酒蔵のあるべき姿? (映画館ブースで提供されていたソルティドッグ風SAKE。 場所ごとに異なるお酒の提案もあっておもしろい!) 「豊島屋フェスタ」の存在を聞いたとき(この時点では「やたらおもしろい蔵開き」程度)は、「酒蔵」がそこまでやることに、あまりピンときていませんでした。 お酒を製造する企業が、なぜ? と。 (燗つけ名人だそうで、めちゃくちゃおいしかったです。 あまりの燗のレベルがすごく誰も交代できないため、この方だけ休憩なしなのだとか…) 敷地内には、忙しそうに(そして楽しそうに)走りまわる緑色のユニホームの人たちがあちこちに(そこらのテーマパークより全然多い)。 酒蔵の機能 これは醸造センターの先生に聞いたのですが、かつて日本酒蔵は地域の中心地であり、「自分たちの地域の酒」という意味で「地酒」といわれていたのではないかとのこと。 たしかに、日本のあらゆる行事の中心には「お酒」があります。 酒蔵とはそれだけ影響力があり、人と人をつなぐ「社会」の役割をになっていたのかもしれません。 酔うから飲む。 というのは当然ですが、これだとライバルは他のお酒すべて。 ワインとかストロングとか。 コミュニケーション。 と見てみると、同じ役割を果たすのはライブやコンサートなどの娯楽施設かもしれない、カフェ、習い事、ネトフリ、NOTEなどなど。 いまいろいろなところで「お酒離れ」といわれていて、また飽和状態にある多くの業界で似たうごきがありますが、改めて思いました。 お酒とはエンタメなのです。 酒蔵が「楽しい時間」をまるごと提供してくれるというのは、 変化ではなく回帰なのではと思います。 昔は今みたいな楽しみ(エンタメ的な)が少なかったことを考えると、なおさら。 とにかく、酒蔵の「蔵開き」を、ただのお酒お披露目ではなく、参加者にとって(待ちに待った休日)を一大エンタメショーに昇華させてくれた「豊島屋酒造」は、 「次世代的かつ本質的な日本酒蔵」だと思います。 酔いながらですが。 参加後改めて、豊島屋フェスタとは?(豊島屋酒造さまより) 従来の蔵開きをアップデートし、「フード」「クラブ」「ステージ」「シネマ」「和物」などを用意してさまざまなカルチャーを通して日本酒と出会い、また日本酒を通してさまざまなカルチャーと出会える「カルチャーの交差点」となるイベントとして開催しています。 おまけです。 謎のおじいさんが「人間国宝の酒器で飲んでみろ!」と高価な器を出して(がたがたのテーブルの上に)、それで飲ませてもらいました。 どなたかわかりませんが、最高においしかったです。 「屋守」、(ここ2〜3年ずっと好き)いちおしのお酒です!.

次の

屋守 おくのかみ 豊島屋酒造 東京東村山市の地酒 日本酒 地酒専門店 東京池袋 升新商店 やもり

東村山 日本酒

日本酒好きなら是非とも行きたいのが酒蔵見学。 お邪魔させていただいた酒蔵さんをこちらではご紹介していきます。 今回はこちら! <豊島屋酒造> なんとなく知ってはいたものの、行ったことがなかった都内の酒蔵に行ってきました。 東京都東村山市にある豊島屋酒造さん、まさかの自転車圏内! それを知った時は恥ずかしながら「東京で美味しい日本酒が造れるんだろうか?」と思っていました。 そんな理由でお店などで「金婚」や「屋守」という銘柄を見ても、頼むモチベーションが上がりませんでした。 いや、全くもってお恥ずかしい!!そんな先入観を持ってしまっていたことが如何に勿体無いことか、今回蔵見学に伺うことでハッキリしました。 つまり、美味しい水があればよい日本酒ができる。 東京でもきちんと美味しい水はある。 だから東京でも美味しい日本酒が造れる。 考えてみれば当然のことですよね。 そして大事なことを思い出しました。 生まれ育った土地の水はカラダに合いやすい。 だからこそ、東京都民の方には是非この日本酒を飲んでもらいたい。 きっと素直に美味しいと思えるのではないでしょうか。 豊島屋酒造さんが創業したのは今から約420年前!元々は神田にあったが、より美味しい水を求めて東村山に来たとのこと。 ちなみに酒蔵から少し行けばトトロの森の狭山丘陵もあります。 月に1回ある「夜の酒蔵見学」倍率は高いようですが、行って見る価値ありのイベントです! 今回の見学では搾りたての大吟醸あらばしりの試飲、蔵全体や発酵タンクの見学、そして各銘柄の試飲と盛りだくさん。 あっという間に何時間も経ってました笑 ここがそのエリア。。。 酒蔵で肝試しするのも、、いいのでしょうか? 首都圏からも電車で1時間以内!都内のお住いの方、是非一度足をお運びください。 見学後は500円で豊島屋酒造さんの日本酒テイスティングし放題です。 肝心の直売所&テイスティングスペースや日本酒の銘柄たちを撮り忘れてしまいました。。。 一生の不覚。 豊島屋酒造さんの日本酒を飲み、自分の生まれ育った土地に酒蔵があるという誇りと感謝の念を抱くようになりました。 toshimayasyuzou. jp ・蔵見学:HPより問い合わせ(要予約) それでは本日今宵はこの辺りで。 皆さんも良い日本酒をお楽しみください。 〜日本酒に愛を、酒飲みに幸せを〜.

次の

[東村山]日本酒充実の居酒屋の予約・クーポン

東村山 日本酒

屋守 ・・・ おくのかみ (豊島屋酒造 ・・・ 東京都東村山市) 今や注目度ナンバーワン、酒好きなら一目置く、東京東村山の地酒「屋守」 横浜では当店が初見参! 「屋守」は10年前に 「東京発の旨い酒を全国に発信したい」 との思いから四代目 「田中孝治氏」 が自ら立ち上げたブランド。 その 甘美な味わいに着実にファンは増え続けてます。 「東村山」といえば「志村けん」、 同様に日本酒ファンの間では 「東村山」 といえば 「屋守・・・おくのかみ」 、 こういわれる日がすぐそこにせまっているのかもしれません。 家(蔵)を守るという思いを込めてつけられました。 奇跡の果実味&果実香ともいえる、旨甘の極上酒でした。 出迎えてくれたのは四代目「田中孝治氏」。 蔵の中を見学させていただき、じっくりとお話しをさせていただく事なんと4時間半。 酒造りに対する思い、蔵に対する思い、人に対する思い、その真剣な眼差しに、 お酒の味わい以上に惹かれたのは彼の人柄でした。 「全ての人に感謝の思いを忘れずにいたい」 その言葉がとても印象的で、 また私自身が「田中さん」の酒をますます扱いたい。 こう思った瞬間でもありました。 「屋守」は日本酒が初めての方でも「日本酒っておいしい」っていってもらえるような酒、 「屋守」を飲んで日本酒が好きになってもらえたらとても嬉しいです。 「初恋の人って忘れないじゃないですか!屋守もそんな酒でありたいんですよね。 」 ・・・なんかこの感じ、「とってもいいなあー」とますます思ってしまいました。 そして念願かなって2012年4月に取り扱う事が出来るようになりました。 酒の味はもちろんのこと、人として、蔵として、魅力たっぷりの豊島屋酒造。 ぜひ皆様ご賞味下さい。 当時、神田橋付近は、神田川を利用した水運の要所として栄え、多くの武士、職人、商人が集まっておりました。 そこで江戸での草分けとなる白酒の醸造を始めたといわれ、現在の豊島屋酒造の礎となってます。 昭和の初期、現在の地、東京都、東村山に醸造元として豊島屋酒造を設け、「金婚正宗」を醸造、また明治神宮、神田明神の御神酒をも醸しております。 富士山からの伏流水を地下150mから井戸から汲み上げ、仕込水として用い、酒造りに好適な国産米を厳選し、ひとつひとつ丁寧に酒を醸し、その実力は確かで全国新酒鑑評会でも幾多の金賞を受賞。 ブルーボトルの夏酒がご好評のうちに完売、 「なにか夏向けのお酒?」と蔵に問い合わせましたら 蔵にこっそり取っておいた、 夏の季節にぴったりの、直汲みタイプ(微発泡)のお酒を 特別に出していただきました 屋守 純米生 無調整生「直汲み」 (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 「あらばしり」の部分を直接瓶詰めした特別バージョン。 「直汲み」は1タンクから約120本しかとれません。 搾ったお酒をダイレクトに瓶詰。 まさに「直汲み」だからこそできる、口に入れた瞬間シュワっと感じる微発泡タイプ。 屋守の中ではすっきりめに仕上がってます。 1800ml 3175円 (税込) 本 【2886円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +440円) を 使用させていただきます。 食中に是非楽しみたいお酒です。 1800ml 3157円 (税込) 本 【2870円 税抜】 720ml 1606円 (税込) 本 【1460円 税抜】 待望の新酒(1BY)入荷! 奇跡の果実味&果実香・・・まさにミラクルジューシー「旨甘の極上酒!」 屋守 純米中取り 無調整生 (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 日本酒度+1.5 酸度1.3 爽やか&フレッシュな香り、お酒を搾る際に一番味わいのった部分のみを詰めた「中取り」の純米。 滓引きや濾過はしてないので、お米本来に由来する芳醇な旨味が口中いっぱいに広がります、心地よい酸がとてもバランス良く調和しており、旨甘の極上純米です。 若干感じる苦が後口をスッキリさせるアクセントになりキレの良いお酒に仕上がってます。 1800ml 3157円 (税込) 本 【2870円 税抜】 720ml 1606円 (税込) 本 【1460円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +440円) を 使用させていただきます。 ご了承下さい 待望の新酒(1BY)入荷! 奇跡の果実味&果実香・・・まさにミラクルジューシー「旨甘の極上酒!」 屋守 純米吟醸 無調整生 (東京都東村山市) 使用米 八反錦50% 日本酒度+1.5 酸度1.4 お酒を搾る際に一番味わいのった部分のみを詰めた「中取り」の純米吟醸酒です。 滓引きや濾過等はしてないので、お米の旨味を120%感じることが出来る、まさにミラクルジューシー!!! 華やかな吟醸香に加えて、お米の甘味、キリッとした酸が口ひっぱいに広がります。 後口はドライでクリア、すっと喉を通りすぎます。 1800ml 3630円 (税込) 完売 【3300円 税抜】 720ml 1760円 (税込) 完売 【1600円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +440円) を 使用させていただきます。 お米の甘みをたっぷりと感じさせてくれるジューシー感は、やっぱり「おくのかみ」の醍醐味!これにフレッシュ感が加わり、この上ない飲み心地を体験させてくれます。 今年の屋守もやっぱり旨い!!! 1800ml 3285円 (税込) 季節限完売(冬) 【2986円 税抜】 720ml 1645円 (税込) 季節限定品(冬) 【1495円 税抜】 「ヤモラー」ファンの皆様、「純米」の直汲みが入荷 人気の屋守の限定酒 ! シュワっと感じる微発泡タイプ 屋守 純米生 無調整生「直汲み」 【仕込1号】 (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 日本酒度+2 酸度1.4 「あらばしり」の部分を直接瓶詰めした特別バージョン。 「直汲み」は1タンクから約120本しかとれません。 搾ったお酒をダイレクトに瓶詰。 まさに「直汲み」だからこそできる、口に入れた瞬間シュワっと感じる微発泡タイプ。 屋守の中ではすっきりめに仕上がってます。 「直汲み」は 1タンクから120本しかとれません。 まさに「直汲み」だからこそできる、 口に入れた瞬間シュワっと感じる微発泡タイプ。 屋守の中ではすっきりめに仕上がってます。 1800ml 3630円 (税込) 季節限定品(春) 【3300円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +440円) を 使用させていただきます。 ご了承下さい 搾ったお酒をダイレクトに瓶詰め、まさに直汲みだからこそできる 口に入れた瞬間シュワっと感じる微発泡タイプ。 屋守 純米中取り 「直汲み」 【生】 (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛)日本酒度+0.5 酸度1.5 搾ったお酒をダイレクトに瓶詰め、まさに直汲みだからこそできる、口に入れた瞬間シュワっと感じる微発泡タイプ。 屋守の中ではすっきりめに仕上がってます。 食中に是非楽しみたいお酒です。 1800ml 3157円 (税込) 季節限定 【2870円 税抜】 720ml 1606円 (税込) 季節限定 【1460円 税抜】 食中にばっちり合うお酒に仕上がってます! 屋守 純米吟醸 無調整 (火入) (東京都東村山市) 使用米 八反錦50% 日本酒度+1〜1.5 酸度1.4〜1.6 通年商品の生を一回火入れの生詰めでリリース! お米の旨みをたっぷりと感じるボリューム感はそのままに・・・ 一度、火入れをすることで、落ち着いた、穏やかな飲み口になっております。 食中に是非楽しみたいお酒です。 食中に是非楽しみたいお酒です。 1800ml 3410円 (税込) 季節限定品(夏) 【3100円 税抜】 720ml 1705円 (税込) 【1550円 税抜】 9月、10月とご好評を頂いた「ひやおろし」のタンク違い。 屋守 純米調整生詰 (仕込み22号) (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 日本酒度+1 酸度1.3 こちらの仕込み22号は「ひやおろし」でご案内してたロッドより 落ち着いた仕上がり。 お米の旨みをたっぷりと感じるボリューム感はそのままに・・・ ひと夏寝かすことによって味わいの幅をより一層広げてます。 食中にはこちらの22号がばっちり合います。 1800ml 2937円 (税込) 季節限定品(11月) 【2670円 税抜】 720ml 1458円 (税込) 季節限定品(11月) 【1325円 税抜】 今期は ひやおろし の表記は ありません 「おくのかみ」の秋の色 屋守 純米無調整生詰 (火入) (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 日本酒度+0.5 酸度1.4 奇跡の果実香は健在! お米の旨みをたっぷりと感じるボリューム感はそのままに・・・ ひと夏寝かすことによって味わいの幅をより一層広げてます。 まさに旨甘の極上酒。 1800ml 2937円 (税込) 季節限定品(秋) 【2670円 税抜】 720ml 1458円 (税込) 季節限定品(秋) 【1325円 税抜】 ミラクルジューシー&ミラクル雄町でボリューム感120%! ミラクルなお酒ができました。 屋守 純米吟醸無調整生 「雄町」 (東京都東村山市) 使用米 雄町50% 日本酒度+1.0 酸度1.5 今や当店の人気BEST3の一角をなす「おくのかみ」から10年目の節目にリリースしたのがこちらです。 通常の「おくのかみ」は全て八反錦で仕込んでおりますがこのお酒は屋守のなかで唯一「雄町」で仕込んでおります。 雄町のボリューム感を最大限感じることのできるお酒に仕上がっております。 お米の甘味、キレいい酸は心地よく開けたてよりも、むしろ時間が経過してからの方がボリューム感がUPしこちらのお酒の魅力を最大限に感じます。 1日目よりも2日目、3日目と時とともに味が変化していく様はまさに魔性の酒 1800ml 3740円 (税込) 季節限定品(4月〜) 【3400円 税抜】 720ml 1870円 (税込) 季節限定品(4月〜) 【1700円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +440円) を使用させていただきます。 「直汲み」は 1タンクから120本しかとれません。 まさに「直汲み」だからこそできる、 口に入れた瞬間シュワっと感じる微発泡タイプ。 屋守の中ではすっきりめに仕上がってます。 1800ml 3850円 (税込) 季節限定品(4月〜) 【3500円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +324円) を 使用させていただきます。 ご了承下さい 火入れをして秋までじっと飲み頃を待ちました。 屋守 純米吟醸無調整 「雄町」 (東京都東村山市) 使用米 雄町50% 日本酒度+2.5 酸度1.6 3年前、10年目の節目に新たなる挑戦として田中氏が挑戦したのがこの雄町。 通常の「おくのかみ」は全て八反錦で仕込んでおりますが、 こちらは「雄町」で仕込んでおります。 ひと夏じっくり寝かせてさらなる「魔性の酒」として登場です。 雄町のボリューム感を最大限感じることのできるお酒に仕上がっております。 お米の甘味、キレのいい酸が口の中にふわっと広がり、その柔らかな口当たりは「クリーミー」という言葉がぴったりです。 この口当たり・・・マジやばい・・・まさに魔性の酒です。 1800ml 3740円 (税込) 季節限定品(10月〜) 【3400円 税抜】 720ml 1870円 (税込) 季節限定品(10月〜) 【1700円 税抜】 純米と同じもろみの搾る際の 最初 あらばしり と最後 せめ の部分を特別に瓶詰め。 コストパフォーマンス抜群の1本!この時期だけの限定品 屋守 純米無調整生 「荒責」 (東京都東村山市) 使用米 八反錦50%(麹)55%(掛) 日本酒度+1〜1.5 酸度1.5 純米と同じもろみの搾る際の 最初 あらばしり と最後 せめ の部分を(通常は下のクラスにブレンドしてしまいますが)これを特別に瓶詰め。 名前の通りまさに荒責。 屋守の魅力でもあるジューシーな旨味は健在。 かつスッキリ感が増しておりスイスイ入ってしまうお酒に仕上がってます。 1800ml 2992円 (税込) 季節限定品(2月〜) 【2720円 税抜】 720ml 1496円 (税込) 季節限定品(2月〜) 【1360円 税抜】 こちらの商品を含んだご注文の場合は クール便 +440円) を使用させていただきます。 ご了承下さい 日本酒• 梅酒&和リキュール• ワイン• その他の商品• 通販法表記• 【送料について】 をご覧ください。 【着日について】 指定可能です 余裕を持ってご指定下さい。

次の