クロア ビール。 ダニエルハウス(創作料理)のドリンク

群馬の地ビールの世界観がSNSで話題 作っている人に話を聞いた

クロア ビール

大変食事に合わせやすいビールでレストランで一番人気です。 リッチでモルティーな飲み口です。 2種のホップでドライホッピングしています。 のどを潤す最初の一杯に最適です。 ほのかな酸味をまとい、ガス圧高めで非常にドライで爽快、軽快、痛快な飲み口です。 4種のホップでドライホッピングしております。 深遠な飲み口と慎み深い苦みが特徴。 掲載メニューは一部です。 季節によりメニューや金額は変わる場合がございます。 詳しくは店舗にお問い合わせください。

次の

クロア タンバリン

クロア ビール

810円 税込891円• 880円 税込968円• 1,045円 税込1,150円• 630円 税込693円• 1,030円 税込1,133円• 1,030円 税込1,133円• 872円 税込959円• 930円 税込1,023円• 680円 税込748円• 960円 税込1,056円• 680円 税込748円• 680円 税込748円• 930円 税込1,023円• 798円 税込878円• 980円 税込1,078円• 845円 税込930円• 1,630円 税込1,793円• 1,630円 税込1,793円• 1,630円 税込1,793円• 980円 税込1,078円• 598円 税込658円• 598円 税込658円• 598円 税込658円• 598円 税込658円• 620円 税込682円• 1,260円 税込1,386円• 1,290円 税込1,419円• 1,340円 税込1,474円• 680円 税込748円• 1,230円 税込1,353円• 1,230円 税込1,353円• 1,498円 税込1,648円• 1,080円 税込1,188円• 890円 税込979円• 616円 税込678円• 2,400円 税込2,640円• 2,630円 税込2,893円• 632円 税込695円• 630円 税込693円• 630円 税込693円• 630円 税込693円• 630円 税込693円• 598円 税込658円• 646円 税込711円• 630円 税込693円• 630円 税込693円.

次の

ダニエルハウス(創作料理)のドリンク

クロア ビール

話題のキャッチコピー• 「口紅は落ちる過程にこそドラマがある」• 「男は最初の男になりたくて女は最後の女になりたい」• 「さあ浮気の時だ」 一緒の文章に「ホップ」や「麦芽」という単語がなければ、とてもビールのキャッチコピー・紹介文とは思えないですね。 この奇抜なキャッチコピーと世界観で、「クロア」は注目を集める地ビールの1つとなっています。 クロアは味も高評価でお土産・ギフトにもオススメ もちろん、「クロア」ブランドの地ビールは味でも高評価を受けていますよ。 現在「クロア」公式のオンラインショップで購入できるのは、エールタイプの5種類のビールと、新商品の「タンバリン」です。 もちろん、各商品オリジナリティあるキャッチコピーがついています。 このミステリアスなキャッチコピーに、「どんな味のビールだろう?」と想像をかきたてられますね。 各ビールを詰め合わせたギフトセットなどもあるので、太田市を訪れた際のお土産はもちろん、ビール党の方へのギフトにもオススメです! 新商品は「ツンデレビール」のタンバリン 6月26日から販売されている「クロア」新商品が、クラシック・セゾンビールの「タンバリン」です。 やはりこのビールも、なかなか斬新なデザインとキャッチコピーがつけられています。 一見かわいいクマがデザインされているのですが、このクマのキャラクターの名前は「マティ」。 「クロア」の公式サイトでは、 耳の安全ピンは脱着可能でいつ攻撃を仕掛けるか分かりません。 皆様のお問い合わせなどで頂く「可愛い!」「また何かのコラボですか?」とは異なり クロアビールから生まれたオリジナルキャラクターです。 と紹介されています。 柔かな酸味と慎みのある苦みで、キュートな感覚ながらアルコール度数が高めという「タンバリン」。 この特色を、「ツンデレビール」と表現しているのも、なかなか面白いです。 片岡達也は太田市出身のタイヤホイールデザイナー この「クロア」の世界観を考えているのが、太田市出身の片岡達也さん。 本職はタイヤのホイールをデザインする、ホイールデザイナーという存在です。 ホイールデザインでは世界的に知られるすごい方で、日本では松戸市で「保育ロボ」のデザインをするなど、かなり幅広い分野で活躍しています。 ビール嫌いなのにビールをプロデュース 片岡達也さん、実はビールが好きではないというので驚きです。 ホイールデザイナーなのに、「車にも興味がない」とも言い、かなり面白い方ですね。 逆に、片岡さんに興味がない分野だからこそ、今までの固定観念にとらわれないプロデュースができたという「クロア」。 確かに、ビールの紹介で「タブー」「浮気」「罪」といった単語を並べるのは、ビールが好きな方には思いつかない発想ですね! 型破りすぎる地ビール「クロア」、今後の展開にも注目! 地域活性化目的で作られているのに、お堅いところを感じない、むしろ型破りすぎるところが「クロア」の魅力です。 片岡達也さんプロデュースになってから、さらに話題性もアップしています。 今後の展開にも注目ですね。 「クロア」は太田市にある道の駅や、ブルワリーレストランで購入できますが、オンラインショップもあります。 気になる方は購入してみてはどうでしょうか。

次の