ウィークエンド シトロン。 爽やかレモンは初恋の味。フランス菓子「ウィークエンド」が買えるお店6選

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

ウィークエンド シトロン

ウィークエンドシトロンとは、ガトーというフランスの焼き菓子のことです。 ガトーとはマドレーヌやビスケットなどの焼き菓子のこともさしますが特にケーキのことをさします。 簡単に言うとフランス発祥のレモン風味のパウンドケーキのことです。 柑橘系の香りとさっぱりした味が美味しい焼き菓子です。 ケーキの上部表面にかかっているアイシングが特徴のケーキで、このアイシングはグラス・オ・シトロンと呼ばれています。 シャリシャリとした食感としっとりしたケーキがよくマッチしています。 シトロンは柑橘系のフルーツのことで、酸味のあるフルーツを加えたバターケーキというイメージをすると分かりやすいと思います。 焼き菓子が乾燥してパサパサになってしまうのを防ぐために、このようにグラス・オ・シトロンというアイシングをしたといわれています。 アイシングをすることで見た目も可愛くなり、乾燥から守ることもできるのです。 ウィークエンドシトロンの意味 ウィークエンドとは、その名の通り週末のことです。 シトロンとは、柑橘系の酸味のあるフルーツのことです。 この名前には、週末を一緒に過ごす大切な人と食べるお菓子という意味が込められています。 とてもロマンチックで可愛い名前で、手土産にもぴったりです。 日持ちもするので、フランスでは時間のある平日に作っておいて、週末にお出かけする際やピクニックなどに持って行って食べるそうです。 また、親せきの家などを訪れる際にも手土産として持っていく、国民から大変慕われているお菓子です。 また、別名としてケーク・オ・シトロンやガトー・ウィークエンドとも呼ばれています。 日持ちもするので、フランスでは時間のある平日に作っておいて、週末にお出かけする際やピクニックなどに持って行って食べるそうです。 また、親せきの家などに行く際にも手土産として持っていく、国民から大変慕われているお菓子です。 また、別名としてケーク・オ・シトロンやガトー・ウィークエンドとも呼ばれています。 プロが作るウィークエンドシトロンのケーキのレシピは? お菓子のプロが作るウィークエンドシトロンのケーキの材料 お菓子のプロが作るウィークエンシトロンのレシピを紹介します。 見た目も綺麗で美しく、フランスの味わい深いバターケーキを楽しむことができます。 お菓子のプロが作るからと言ってものすごく難しいわけではないので、時間と余裕があるときにぜひ試してみてくださいね。 プロが作るウィークエンドシトロンの材料• 無塩バター 50グラム• サワークリーム 20グラム• 全卵 1個• グラニュー糖 60グラム• VIRONフランス産小麦粉 60グラム• アプリコットジャム 適量• 粉砂糖 50グラム• レモン果汁 10㏄ お菓子のプロが作るウィークエンドシトロンのレシピ お菓子のプロが作るウィークエンドシトロンのレシピ• 細かく刻んだバター、サワークリーム、レモンの皮のすりおろしを湯煎にかけます。 ボールに卵を割り入れてほぐします。 ボールにグラニュー糖を加え、泡だて器でもったりとするまで泡立てます。 ふるった粉を加えてゴムベラでツヤが出るまできるように混ぜます。 型にケーキ用敷き紙を引きます。 生地を型に流し入れ、180度に予熱したオーブンで35~40分焼きます。 15分経過したら表面に膜が張るので、中央にナイフで切れ目を入れます。 焼きあがったらすぐに型から外し、さかさまにして冷まします。 粗熱が取れたら大き目のビニールに入れて一晩寝かせます。 アプリコットジャムを小鍋に入れて弱火で煮詰めます。 トップの山のように盛り上がっている部分を水平にカットし、アプリコットジャムを塗ります。 粉砂糖とレモン果汁を混ぜたグラスをケーキの上面にかけ、パレットナイフですべての面に塗ります。 完全に固まる前にレモンの皮などをお好みでトッピングして、コーティングが乾いたら完成です。 コーティングをするときは、手早くパレットナイフで整えることが大切です。 触りすぎると、筋がついたりケーキのクラムが出てきてしまいます。 また、皿にウィークエンドシトロンを移動させるのは、コーティングが完全に乾くのを待ってからにしないと、コーティングにしわが寄ってしまいます。 通常15~30分で固まります。 簡単なウィークエンドシトロンのケーキのレシピは? 簡単なウィークエンドシトロンのケーキの材料 簡単なウィークエンドシトロンのケーキのレシピ• 常温に戻したバターをボールに入れて白っぽくなるまで泡だて器で混ぜます。 砂糖を加えてふんわりするまで泡だて器で混ぜます。 溶き卵を2. 3回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。 レモンの皮をすり下ろします。 すり下ろしたレモンの皮とレモン果汁をボールに加えてよく混ぜます。 小麦粉とアーモンドプードルを入れてヘラでさっくりと切るように混ぜます。 型にバターを塗って、ボールの中身を流し込み、空気抜きをします。 180度に予熱したオーブンで35~40分焼きます。 焼きあがったらすぐに型から外して粗熱をとります。 粉砂糖にレモン果汁を加え、混ぜてグラス・オ・シトロンを作ります。 トロリとした感触になるまで水を少しずつ加えながら混ぜます。 冷めたケーキにグラス・オ・シトロンを刷毛で塗ります。 グラス・オ・シトロンが乾いたら完成です。 ウィークエンドシトロンのケーキのアレンジレシピは? レモン型、クグロフ型のウィークエンドシトロン レモンの風味が特徴のウィークエンドシトロンですが、レモンの酸味が苦手な方にぜひおすすめしたいのがオレンジを使ったウィークエンドシトロンです。 オレンジの甘さが美味しい、さっぱりとしたケーキです。 レモンの代わりにオレンジを使って作るだけの簡単なレンジレシピなので、すぐに挑戦することができます。 オレンジウィークエンドシトロンのアレンジレシピ• バター 45グラム• 砂糖 45グラム• 卵 1個• 薄力粉 45グラム• オレンジ果汁 小さじ2• マーマレード 80グラム• レモン汁 小さじ1• 粉砂糖 70グラム• オレンジ果汁 小さじ1• オレンジ 輪切り2枚• オレンジキュラソー 大さじ3• 砂糖 50グラム• 水 適量 オレンジウィークエンドシトロンのアレンジレシピ• オレンジの皮をすりおろし、果汁を絞ります。 オレンジ、オレンジキュラソー、砂糖、水を火にかけ、皮に火を通します。 常温で戻したバター、砂糖、卵、オレンジの皮を湯煎をしながら、泡だて器で泡立てます。 薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜます。 オレンジ果汁を加えてさらに混ぜます。 バターを薄く塗ったパウンド型に生地を流し入れて160度に予熱したオーブンで30~35分焼きます。 焼きあがったらすぐに型から外してさかさまにして粗熱をとります。 マーマレードとレモン果汁を小鍋で温め、刷毛でケーキに塗ります。 ケーキにグラス・オ・シトロンを刷毛で塗ってオレンジをトッピングして完成です。 ハニーレモンのウィークエンドシトロンのアレンジレシピ こちらは砂糖の代わりに蜂蜜をいれてウィークエンドシトロンを作ったアレンジレシピです。 蜂蜜を入れることで、さらにしっとりとした食感になります。 少ない量ですむので、砂糖と同じ甘みを感じるのにヘルシーです。 ハニーレモンウィークエンドシトロンの材料• 卵 2個• 蜂蜜 60グラム• 小麦粉 60グラム• バター 20グラム• グラス・オ・シトロン (粉砂糖100グラム、水20㏄、レモン汁数滴) ハニーレモンウィークエンドシトロンのレシピ• 卵に蜂蜜を加えて白っぽくもったりするまで泡だて器で混ぜます。 すり下ろしたレモンの皮とレモン汁を加えて混ぜます。 小麦粉をふるいながら入れ、ゴムベラで素早く切るように混ぜます。 溶かしバターを回し入れて混ぜます。 バターを薄く塗った型に生地を流し込みます。 180度に予熱したオーブンで15分焼きます。 焼きあがったらすぐに型から外してさかさまにして粗熱をとります。 レモンピールの材料を小鍋に入れて弱火で5分温め、千切りにします。 グラス・オ・シトロンをケーキに刷毛で塗って、レモンピールを飾り付けて出来上がりです。 ウィークエンドシトロンドーナツのアレンジレシピ こちらは、普段のドーナツにレモンカードとレモン汁を練りこんで揚げたドーナツです。 ドーナツを揚げて粗熱が取れたら、グラス・オ・シトロンを刷毛でドーナツ上部に塗り、レモンピールをトッピングして完成です。 とても簡単にできるアレンジレシピで、しっとりとした食感が美味しいドーナツです。 ウィークエンドシトロンドーナツの材料• ホットケーキミックス 250グラム• 砂糖 15グラム• 卵 1個• レモンカード 10グラム• レモン汁 大さじ3• サラダ油• グラス・オ・シトロン (粉砂糖100グラム、レモン汁20㏄、水適量)• 卵に砂糖、レモンカード、レモン汁、サラダ油を入れて泡だて器で混ぜます。 ホットケーキミックスをふるいながら加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。 ある程度混ぜたら、手でまとめます。 手にくっつくようなら、ホットケーキミックスを足します。 深めのフライパンに揚げ油を170度に温めておきます。 厚さ1センチに生地を伸ばし、丸い形にくり抜いて、真ん中に穴をあけます。 深めのフライパンに入れてこんがりきつね色になるまで揚げます。 レモンピールの材料を小鍋に入れて弱火で5分温め、千切りにします。 ドーナツの粗熱が取れたら、グラス・オ・シトロンを刷毛で塗って、レモンピールを飾り付けて出来上がりです。 ウィークエンドシトロンのケーキの保存方法は? ウィークエンドシトロンは、砂糖やバターを使用した焼き菓子なので、痛みにくく日持ちのするお菓子です。 水分を逃がさないように常温保存をすると、1週間ほどは保存できます。 しっとりとした食感にするために、ビニール袋に入れたり、ラップでくるんで常温保存するといいです。 ただし、常温とは25度以下の気温のことを言います。 夏場は気温が高く、傷みやすいので常温保存は避けたほうがいいでしょう。 ウィークエンドシトロンを切るとカットしたところから痛んだり乾燥したりするので、1本丸ごとラップなどにくるんで保存するといいです。 型に入れたまま保存すると型についた水分がカビの原因にな 型に入れたまま保存すると型についた水分がカビの原因になってしまうので、必ず方から外して保存するようにしてください。 冷蔵庫に入れて保存するとバターが固まってしまい、パサパサとした食感になってしまうので、冷蔵保存をする場合には早めに食べきるようにしましょう。 ウィークエンドケーキは冷凍保存も可能 ウィークエンドシトロンは乾燥するのを防げば、冷凍保存することも可能です。 冷凍の場合にはしっかりと密閉容器に入れて保存しましょう。 食べるときには、自然解凍をするのがおすすめです。 解凍すると味が損なわれてしまうため、再び冷凍はできないので、一回分ずつに切ってラップにくるんで密閉容器に入れましょう。 電子レンジなどで加熱しすぎると乾燥の原因となり、パサついたケーキになってしまいます。 きちんと密閉して冷凍保存すれば、1か月は持ちますが、密封がしっかりされていないとだんだんとパサついてきますので注意してください。 きちんと密閉して保存することが大切ですので、密閉容器をお探しの方は、こちらに関連記事がありますのであわせてチェックしてみてください。 100均で買える実用性抜群の密閉容器の記事ですので、何個か買って上手の保存しましょう。

次の

bbbhaus サブレ・ウィークエンド・シトロン(期間限定販売)

ウィークエンド シトロン

レモンを良く洗い、皮の外側の黄色い部分だけ摺りおろします。 れもんは国産レモンの使用をおすすめします。 バターを常温にもどしてハンドミキサーで白っぽくなるまでよく混ぜます。 2に砂糖を加えてふんわりするまでよく混ぜます。 3に溶き卵を少しずつ数回に分けて加えながらよく混ぜます。 すりおろしたレモンの皮と果汁を加えます。 振るった薄力粉とアーモンドプードルを加えて、ゴムベラで切るように混ぜます。 型に流し入れ、180度に予熱したオーブンで30分くらい焼きます。 竹串で刺して何もついてこなければ焼き上がりです。 途中、焦げそうなときにはアルミホイルを被せましょう。 焼きあがったら粗熱を取って、ラップやビニール袋に入れてしっかりと冷まします。 アプリコットジャムをレンジで温めて表面全体に塗ります。 好みでアラザンを飾りましょう。 下準備をします。 卵とバターは室温に戻しておきます。 薄力粉、ベーキングパウダー、塩は合わせて振るいにかけておきまう。 オーブンは170度に予熱しておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 レモンは飾り用に皮をむいて、残りはすりおろし、レモン果汁を絞ります。 ボウルにバターを入れ、クリーム状になるまで空気を混ぜ込みながら泡立て器でよく練ります。 グラニュー糖を加えて、白っぽくふんわりしてくるまで泡立て器でさらによく混ぜます。 溶きほぐした卵を4回に分けて加え、その都度、泡立て器でよく混ぜます。 一気に卵を入れてしまうと生地が分離していまうので、卵は少しずつ加えて、完全に混ざってから次を加えるようにしましょう。 振るっておいた粉類、すりおろしたレモンの皮を加えてゴムベラでさっくりと切るように混ぜ合わせます。 生地を型に流し入れたら、型を2、3回軽く台に落として、中の空気を抜きます。 中心部分は火が通りにくいので、側面に生地を寄せて中心がへこむようにしておきます。 レモン汁のうち、大さじ1だけ別にして、残りのグラニュー糖大さじ1を加えて、電子レンジで1分過熱して、レモンシロップを作ります。 型から外したケーキが温かいうちに表面にシロップを刷毛で塗ります。 粉砂糖に大さじ1のレモン汁を加えてよく混ぜレモンアイシングを作ります。 完全に冷めたらアイシングをスプーンで上からかけ、レモンの皮を飾ればできあがりです。 バターとピスタチオの準備をしたら、クリスティアンを作ります。 バターは常温に戻し、ピスタチオは熱湯で1分茹で、冷水で色止めをしてみじん切りにします。 しっかり水けをきっておきましょう。 レモンのクリスティアンは、オーブンを100度に予熱しておきます。 レモンはキレイに洗い、真ん中から2mm程度に4~5枚薄くスライスします。 グラニュー糖をまぶして10分ほど置くと水分が出てくるので、ペーパーでしっかり水分を取り除きます。 さらに両面にグラニュー糖をまぶしたら天板に並べて100度のオーブンで50分焼きます。 途中25分で裏返して両面焼きます。 生地作りをしましょう。 クグロフ型にバターを薄く塗っておきます。 薄力粉をアーモンドプードルを合わせて振るっておきます。 残りのレモンともう一つのレモンは黄色い皮の部分をすりおろし、果汁も絞り、茶こしなどで濾しておきます。 果汁は大さじ4使用します。 常温に戻しておいたバターをハンドミキサーでクリーム状になるまで混ぜたら、グラニュー糖を加えてさらにふわっとなるまで混ぜます。 溶き卵を少しずつ加えて、その都度よく混ぜ合わせます。 レモン果汁大さじ2とすりおろしておいたレモンの皮を全て加えます。 合わせて振るっておいた薄力粉とアーモンドプードルを加えてゴムベラで切るように混ぜます。 180度に予熱したオーブンで40分焼きます。 竹串を刺して生地がつかなければ焼き上がりです。 すぐに型から外し冷まします。 粉糖にレモン汁大さじ2を加えてとろりとなるまで混ぜ、刷毛でケーキの表面に塗ります。 乾かないうちに刻んだピスタチオとクリスティアンを飾り、アイシングを乾燥させたらできあがりです。 下準備をします。 型にクッキングシートを敷いておきます。 バターは、室温に戻しておきます。 レモンの皮は摺りおろしておきます。 レモン汁を絞り、果汁と同量の粉砂糖 分量外 を混ぜ合わせておきます。 レモンピールはみじん切りにします。 ピスタチオはローストしてみじん切りにします。 ボウルにバターを入れて、ハンドミキサーでホイップします。 砂糖を入れてさらにホイップします。 よく溶いた卵に1を少しずつ加え、その都度よくホイップします。 ふわふわのクリーム状になったら、次の卵を足すの作業を繰り返します。 2にレモンの皮を加えて混ぜ、さらに振るったホットケーキミックスを加えて、ゴムベラでよく混ぜます。 型に生地を入れて、上をゴムベラなどで綺麗に平らにします。 170度のオーブンで35分位焼きます。 焼けたら型から外して網の上におき、レモンシロップをまわりにたっぷりと塗ります。 粗熱がとれたら、溶かしたレモンチョコを上からかけます。 レモンピールとピスタチオを散らします。 チョコが固まったらできあがりです。 下準備をします。 型にオーブンシートを敷いておきます。 バター、卵は常温に戻しておきます。 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるいにかけておきます。 柔らかくしたバターをボウルに入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てます。 グラニュー糖を加えて、馴染ませ、ふわっとなるまで混ぜます。 卵を4回に分けて加えます。 その都度、しっかりと混ざるようにハンドミキサーで泡立てます。 ふるっておいた粉を加えてゴムベラでさっくりと混ぜます。 粉っぽさがなくなって生地も滑らかになるまで混ぜます。 刻んだレモンピールを加えて混ぜます。 好みでグランマニエを加えても美味しいです。 型に生地を流し入れ、180度のオーブンで35~40分焼きます。 焼きあがったら方から取り出し粗熱をとります。 オーブンを180度に予熱して、粉糖にレモン汁と水を加えてよく混ぜます。 刷毛でバターケーキに塗ります。 底以外全体に塗れたら、180度のオーブンに2分ほど入れて乾かせばできあがりです。 好みでピスタチオやれもんの皮を飾ります。 下準備をします。 バターと卵は常温に戻しておきます。 パウンド型に、クッキングシートを敷いておきます。 オーブンを170度に予熱しておきます。 バターと砂糖を大きめのボウルに入れます。 ハンドミキサーでバターが白っぽくふわふわになるまで泡立てます。 別のボウルに卵を割り入れ、ハンドミキサーで均一になるまでよく混ぜます。 バターと砂糖のボウルに少し加えて都度混ぜ合わせます。 これを数回繰り返します。 薄力粉を加え、ボムベラで切るようにさっくりと混ぜます。 レモンの皮とレモン果汁、紅茶の茶葉を加えさらに混ぜます。 パウンド型に生地を流し入れ、表面をならしてオーブンに入れ、170度で45分焼きます。 途中15分くらい経ったら一度取り出して、中心に切り込みを入れると綺麗に焼きあがります。 焼きあがったら、冷ましておきます。 飾り用のレモンを作ります。 レモンの真ん中の部分を薄くスライスして砂糖と一緒にレンジで3分加熱します。 バットに広げて乾かしておきます。 ケーキが冷めたら、フラスアローを作ります。 粉糖にレモン汁を加えて混ぜ、レンジで30分温めます。 ケーキの上から刷毛で塗ります。 乾く前に飾り用のレモンをのせればできあがりです。 BのみかんスライスにBの砂糖をまぶしラップしてレンジで2分加熱します。 オーブンは180度に予熱しておきます。 Aを合わせてふるいにかけておきます。 Dを合わせて白っぽくなるまでよく混ぜ合わせます、• Cを混ぜておきます。 4を数回に分けて3に入れその都度よく混ぜ合わせます。 5に2の粉を合わせてゴムベラで切るように切るようにさっくりと混ぜます。 バターを薄く塗ったパウンドケーキ型に生地を流し入れ、数回、台に打ち付けて生地の中の空気を抜きます。 真ん中をへこませるように整形したら、1のみかんスライスを4枚並べ、オーブンで40分焼きます。 焼きあがったら刷毛で1の残りのシロップを塗り、のこりの4枚のスライスみかんを上に乗せてラップに包んでシロップを馴染ませればできあがりです。 すだちのはちみつ漬けとシロップを作ります。 すだちを輪切りにスライスしてはちみつに漬けて冷蔵庫で一晩寝かせます。 無塩バターをボウルで混ぜて、滑らかになったらグラニュー糖を加えさらに混ぜ合わせ、Aの粉を加えてゴムベラでさっくりと混ぜます。 3の生地に艶が出てきたら、無塩バターを塗ったパウンドケーキ型に生地を流し入れます。 平らにならして1のすだちのスライスを2列に並べます。 型を台に数回打ち付けて生地の中の空気を抜きます。 180度に余熱しておいたオーブンiDえ40分焼きます。 竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がりです。 熱いうちに型から取り出します。 1で作ったシロップを刷毛で全体に塗りしみ込ませます。 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいます。 パウンド型にオーブンシートを敷いておきます。 オーブンは170度に予熱しておきます。 ボウルにバターと砂糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくふんわりするまで混ぜます。 溶き卵を数回に分けて加えて都度、よく混ぜます。 アーモンドパウダーを加えて混ぜます。 マーマレードとブランデーを入れて混ぜます。 ふるった粉類を加えて、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。 パウンド型に生地を流し入れ、真ん中を少しへこませるように表面をならします。 表面にスライスアーモンドをちらして、170度のオーブンで40~50分焼きます。 途中、焦げるようならアルミホイルを被せます。 竹串を刺してなにもつこなければ焼き上がりです。 熱いうちにマーマレードを塗ります。 デコポンの皮は白いワタを少し残して取り除き、細かい千切りにします。 ボウルに入れて水を注いで、ギュッギュッとしっかりもみ洗いします。 水がオレンジ色になったら捨てて、また新し水を入れてもみ洗い。 水が透明になるまで3~4回繰り返します。 2をたっぷりの湯ディスプレイ1~2回茹でこぼし、水気を絞っておきます。 デコポンの実は小房に分け、4つくらいに切ります。 3で絞った皮と4の実を合わせ重さを量ります。 その重さの6パーセントの砂糖を用意します。 ホーローなどの鍋に3の皮と実、砂糖を入れ、ひたひたに水を加え火にかけます。 煮立ってきたらアクを丁寧にすくいとります。 全体に水分が少なくなり、とろみがつくまで煮詰めます。 最後に好みでブランデーを加えて、アルコールを飛ばしたらできあがりです。 煮沸消毒した瓶などに保存します。

次の

シトロン

ウィークエンド シトロン

【目次】レモンケーキといえば「ウィークエンドシトロン」!名前の由来やレシピを大公開 レモンケーキといえば「ウィークエンドシトロン」 ウィークエンドシトロンは、フランスで古くから親しまれてきたレモンを代表とする柑橘系のケーキです。 レモンをたっぷり使ったバターケーキと表面を覆う甘いグラスアローのバランスが絶妙で、食べてみて初めて感じる甘酸っぱさが人気の秘密。 日持ちするケーキなので、何日かに分けていただくと楽しみが増えますね。 ウィークエンドシトロンは、別名「ウィークエンド」「ケーク・オ・シトロン」とも呼ばれています。 名前の由来をご存知ですか? ウィークエンドシトロンという名前の意味は諸説ありますが、一番有名なのは「週末に大切な人たちと食べるケーキ」という意味。 平日は学校や仕事ですれ違いが多くても、週末はケーキを食べながらゆっくりおしゃべりをしましょうという気持ちが込められているんです。 家族を大切にするフランスならではの素敵な発想ではないでしょうか。 他にも、週末だけ郊外で過ごすライフスタイルが流行した時期に、ウィークエンドシトロンを持って行っていたという説もあります。 どちらにしても「週末に大切な人と食べるケーキ」という意味には変わりないのですね。 ウィークエンドシトロンの特徴 ウィークエンドシトロンの特徴といえば、ケーキの表面にたっぷりとかかった甘く爽やかな風味のグラスアローです。 表面を全て覆うのが一般的ですが、最近ではあえて側面はたらしたままだったりポイントで乗せたりと、グラスアローのかけ方にもバリエーションが出てきました。 また、バターケーキにもグラスアローにもたっぷりのレモンが使われており、口いっぱいにレモンの風味を感じられるのも特徴のひとつです。 見た目はとても甘そうですが、レモンの爽やかさが勝るケーキと言っても良いでしょう。 ウィークエンドシトロン作りで用意するもの ウィークエンドシトロンを作る際に欠かせないのが、パウンドケーキ型とグラスアローを手早く塗り伸ばす為のパレットナイフです。 本記事内でも使用しているおすすめのパウンドケーキ型とパレットナイフをご紹介します。 選び方の参考にしてみてくださいね。 iwaki パウンドケーキ型 おすすめのパウンドケーキ型は「ガラス製」です。 パウンドケーキ型には、ステンレス、鉄(テフロン加工)、ブリキ、ガラス、シリコン…など様々な素材があることをご存知ですか? 筆者はガラス製以外にも使用してきましたが、以下の理由から今ではガラス製のパウンドケーキ型しか使用していません。 丁寧にお手入れしないと角にケーキの生地が残りやすい• 焦げなどで変色してくる 鉄(テフロン加工)もお手入れが楽で焼き上がったケーキを取り出しやすいことから人気がありますが、何度も使用しているうちにテフロン加工が剥げてきてしまうのが難点です。 ガラス製は内側に紙を敷かなくても薄くバターを塗るだけで簡単に型から外れますし、お手入れも簡単で汚れが残ることもなく衛生的的に使えるのがポイント。 また、水分にも強いので、パウンドケーキ以外にもゼリーやプリンなど冷菓での使用が出来るのも魅力のひとつです。 5cm) パレットナイフ ケーキの表面全体にグラスアローを塗る場合は、パレットナイフを用意しておくと良いでしょう。 パレットナイフには様々な形や長さがありますが、ナイフの持ち手側が段差になっているものを選ぶとグラスアローやクリームが塗りやすいのでおすすめです。 ご紹介するパレットナイフは長さの違う3本セットになっており、小さなケーキから大きなホールケーキまでサイズに合わせて使い分けられます。 パレットナイフの商品情報 価格:880円(税込) 内容:6インチ、8インチ、 10インチ ウィークエンドシトロンの材料とレシピ それでは、ウィークエンドシトロンのレシピをご紹介していきます。 材料の分量感がイメージしやすいように、写真にそれぞれ名前を入れてみました。 材料だけではなく、必要な道具も事前に準備しておくとスムーズに作れるので、はじめに手順に目を通しておくのがおすすめです。 材料(パウンドケーキ型18cm) <バターケーキ>• レモン・・・小さめ4個(レモン皮・・・1個分、レモン汁・・・大さじ1、グラスアローのレモン汁・・・30g)• 薄力粉・・・90g• 強力粉・・・10g• アーモンドプードル・・・20g• バター・・・100g• グラニュー糖・・・80g• 卵・・・2個 <グラスアロー>• 粉砂糖・・・150g• レモン汁・・・30g(バターケーキのレモンに含まれています)• 飾り・・・ピスタチオ、レモン皮、レモン輪切りなどをお好みで 事前準備• バターと卵は冷蔵庫から出し、室温に戻しておく• 小麦粉、強力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく• パウンドケーキ型に薄くバターを塗っておく• とても簡単なので、事前準備さえしておけばオーブンに入れるまで30分もかかりません。 レモンを絞って皮をすりおろす レモンはよく洗ってしぼり、汁を濾しておきましょう。 市販のレモン汁を使用してもOKです。 皮はおろし金でレモン1個分すりおろします。 少し力が要りますが、バターケーキのポイントとなるので頑張りましょう。 この時、ケーキの上部に飾りとしてレモンの皮を使用する場合は、飾り用に皮を細くカットしておいてくださいね。 バターとグラニュー糖を白っぽくなるまで混ぜ、卵を少しずつ入れる 常温に戻しておいたバターとグラニュー糖をボウルに入れて、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜていきます。 白くもったりとしてきたら、溶き卵を少しずつ加えましょう。 卵を一気に入れると分離してしまう可能性があるので注意してくださいね。 ふるっておいた粉を2割ほど、レモン汁、レモン皮を入れる 粉を一度に入れてしまうとダマになってしまうので、まずは生地にならすために2割ほど入れます。 一緒にすりおろしておいたレモン皮とレモン汁も入れて、よく混ぜましょう。 残りの粉を入れてさっくり混ぜる 3で粉が生地に馴染んだら、残りの粉を入れてゴムベラでさっくりと混ぜます。 練らないように気を付けてください。 粉っぽさが無くなったら完了です。 型に流し入れて表面を平らにする バターを塗っておいた型に生地を流し入れていきます。 ゆっくり優しく流し込んだら、ゴムベラで表面を平らにならしましょう。 表面は自然にパックリ開いて割れ目が出来るのですが、焼き始めて15分ほど経った時に一度取り出して真ん中にナイフで優しく切り込みを入れると、とても綺麗な割れ目が出来るのでおすすめです。 型から取り出して冷まし、上部をカットする 焼き上がったら温かいうちに型から取り出し、逆さまにして網の上で冷ましましょう。 冷めたらてっぺんの山の部分をカットすることで四角形のウィークエンドシトロンになります。 緩すぎても固すぎても上手くいかないので、様子を見ながら少しずつレモン汁を入れるのがポイントです。 粉砂糖にレモン汁を加え、しっかり混ぜる 粉砂糖を入れたボウルにレモン汁を加えてよく混ぜます。 レモン汁の量でグラスアローの固さが変わるので、「少しずつ入れて固いようならレモン汁を足す」を繰り返すのがおすすめです。 ホイッパーですくえるくらいの固さがベスト ホイッパーですくい上げた時にしっかりと絡みつくくらいの固さがベストです。 緩いとケーキにかけた時に薄い仕上がりになりますが、仕上がりを想像しながらお好みで調節してみてくださいね。 固めだとグラスアローの層が厚くなり、お砂糖の味がしっかりとした甘いケーキになります。 バターケーキを網の上に乗せ、グラスアローをかける バターケーキはカットした方を下にして網の上に乗せ、一気にグラスアローをかけましょう。 全面に伸ばさない場合はこのまま固めてしまいます。 パレットナイフで手早く全面に広げる グラスアローは時間が経つと共に固まるので、パレットナイフを使って手早く全面に塗り広げます。 何度もパレットナイフを当てていると筋が出来てまだらになってしまうので、少ない回数で仕上げるのがコツです。 グラスアローが固まる前に飾りを乗せる 均等に手早く塗り広げたら、グラスアローが固まる前に飾りを乗せてしまいましょう。 固まってから乗せるとポロポロと落ちてしまうので忘れずに乗せてくださいね。 飾りを乗せたらウィークエンドシトロンの完成です! 30分程おいて完全に固まったらお皿に移動しましょう。 みんなのウィークエンドシトロン ウィークエンドシトロンは型を変えたりグラスアローのかけ方を変えたりすることで全く別のイメージに仕上がります。 食べる人数やプレゼントなど、状況に合わせて色々なバリエーションで作ってみてはいかがでしょうか。 キューブ型を使って.

次の