バステン show。 Youtuberの赤髪のともさんのメンバーについてです。

赤髪のともの炎上まとめ!原因はshowの脱退?メンバーの不仲?

バステン show

僕らは,これといってあまり関わりがない。 どちらかというと仕事以外のことは喋らないほうだ。 掴めないというか、他のメンバーと仲良さそうに話しているから自分が入ることもないと思っている。 かといって、別にお互いが嫌いで仲が悪いってわけじゃない。 なんというか俺とあの人は話があまり膨らまないと考えている。 メンバーのために表や裏で黙々と働いているから俺が首を突っ込んだらなんだか悪い気がした。 正直、自分が出来ないことをこなす彼には/あの人には心のどこかで憧れを抱いていたのかもしれない。 でも、僕は/俺はあの日本当の彼のことを知った。 * と「それじゃあshowさん、後の事はよろしくね?」 ク「私達もそろそろ行く」 ソ「なるべく早く帰るようにするから?」 s「はい、家の事とバステンさんの事は俺に任してください」 とも達は申し訳なさそうにshowに謝り、家を出ていった。 s「さてと…バステンさんの様子でも見てくるか」 そういうとshowは頭をかきながら階段を上り、2階のバステンの部屋へと入った。 s「バステンさん、具合どうや?」 バ「ゴホッ…ゴホッ…あ、showさん」 そこには、ベッドから起き上がろうとしているバステンがいた。 バステンは顔が赤く、とても具合が悪そうにしていた。 s「ほらほら、だめやないか?起き上がらんでちゃんと寝てな?」 バ「でも…」 s「39度も熱あるんやから無理したらあかんよ!」 バ「…うん、そうだね?ありがと」 s「っ!」 バ「ん?どうしたの?」 s「いや、バステンさんにお礼を言われたことなんてあったかなと思ってさ」 バ「はは、そうかな?そういえばこんな状況だから言えるけどshowさんとはあまり話した事なかったね」 2人の間に少しだけ気まずい空気が流れた。 すると、バステンが口を開く。 バ「それじゃあ僕はまた眠ろうかな?」 s「お、おお、そうか!おやすみ」 無理に笑顔を作り、布団に入るバステン。 showはそれを見て少しだけ複雑な表情をした。 彼が無理をしているのがわかっていたからだ。 だからこそ、彼の力になりたかった。 そもそもこんな状況になったのは、昨日のことだ。 * それは、昨日の夕方のこと。 それをwatoなどが見ていた。 w「バステンさん、大変そうやなーw」 よ「あの人何でも知ってるから頼りにされてんだろ」 ソ「そうね、頼もしいわ!」 ク「みんなバステンさんに頼りすぎ。 少しは自分で考えたり、調べないと」 バ「クミさん、この間頼まれたエンチャント付きの剣できましたよ!」 w・よ「クミさん!?w」 ク「………。 スッ」 ソ「あら、逃げちゃったw」 s「すげーな…バステンさんは」 常に自分以外の人の役に立とうと努力などが欠かせないバステンの人柄をshowは素直に尊敬していた。 どうやったらあんな知識が身に付くのか正直気にはなっていた。 w「なんや~?showさんも「このブロックはね?」とか言ってみたいん?w」 s「いや!俺は別に…」 と「『このハヌマーンはね?』とかだったら言いそうだけどね?w」 s「それ容姿だけでしょ!?w」 全「あはは!w」 バ「…」 時は流れ、深夜に。 なかなかすぐに寝つけないshowは水を飲みにハウスのリビングへと向かう。 するとリビングには1つの灯りがあった。 そっと覗くとそこには色んな本を読んでいるバステンがいた。 s「バステンさん?」 バ「ん?あーshowさん!どうしたんだい?こんな夜中に」 s「ちょっと寝つけなくてさ!」 バ「そうだったんですね…ゴホッ」 他愛もない話をしたあとshowは、台所の冷蔵庫から水を取り出し、それを一口飲んだ。 そして、再びバステンに話しかける。 s「バステンさんは…いつもこの時間帯まで調べものしてんのか?」 バ「ん?ああ、そうだね。 いつの間にか習慣みたいになっちゃってw」 s「そうなんか…大変やな」 バ「全然!みんなの役に立てるならこれくらい」 s(やっぱりこの人はすげーな…) バステンは台所にいるshowのほうを向き、笑顔でそう返した。 showも少しだけ笑みを浮かべた。 s(そうだ!こういう時こそ話すチャンスや!何か…何かないか?あっ!) s「バステンさん、コーヒー淹れようか?」 バ「えっ?本当ですか?それは助かりますよw」 s「ちょっと待っとてな!」 そういうとshowはコーヒーカップを取り出す。 s「俺も少しでもバステンさんの役に立ちたいからな」 バ「そんな…showさんは…いつもみんなの為に…っ…」 s「いやいや!バステンさんと比べると俺なんてw」 そんなことを言ってるうちにコーヒーが淹れ終わりバステンのほうへ持っていこうとした。 s「ほれ、バステンさんでき…っ!?」 その瞬間showは思わず、コーヒーカップを落としてしまった。 目線の先には、荒い呼吸をし、苦しそうにしているバステンがいたからだ。 showはすぐにバステンへと近づく。 s「やっぱり、凄い熱や…」 バ「ハァ…ハァ…」 ソ「ん~どうしたの?showさん、大きな声を出して?」 すると、showの声に反応したのか、ソーラが眠たそうにリビングに入ってきたのだ。 s「ソーラさん!ちょうど良かった、バステンさんが凄い熱なんや!?」 ソ「えっ!?ちょっと見せて!!」 ソーラは眠気なんぞ吹っ飛び、すぐにバステンへと近づく。 ソ「これはもしかして…っ…最近流行りのウィルスかも」 s「ウィルス?」 ソ「隣町でも最近このウィルスが出回り始めてね、お医者さんの間でもどう対応していいか分からないみたいなの」 s「そんな…っ…」 ソ「とりあえずバステンさんを部屋に!」 s「ああ!」 バ「ゴホッ!?ゴホゴホッ!?」 showはソーラの指示に従い、バステンを部屋へと運ぶ。 ソーラも冷蔵庫から氷や水など色々持ち、2階へと上がっていく。 バ「さ、寒い…っ…」 s「待ってろ、今暖房と毛布持ってくるから」 showは急いで自分の部屋から毛布を持っていこうとする。 その途中上からも下からもドタバタする音が聞こえ、ゾクゾクとメンバーが集まってくる。 大丈夫だよね?」 よ「な、何言ってんですか?大丈夫に決まっているでしょ?」 ア「でも、治療法がなければこのままだとバステンさん…」 s「俺が…もっと早くバステンさんの異変に気づいていたら…」 showはうつむきながら悔しそうに拳を握る。 メンバーも段々と暗い雰囲気になっていった。 すると、 バ「なんだなんだ…皆さん。 …暗い雰囲気になって…あかがみんクラフトらしくありませんよ?w」 バステンはそう力なく笑い、メンバー達のほうを見た。 バ「僕なら…もう…っ…ゴホッゴホッ!?」 s「バステンさん!?」 ソ「動いちゃダメよ!?まだ熱も下がってないんだから」 バ「はは…まさか僕が皆さんに迷惑をかけちゃうなんて…ゴホッ!」 ク「何言ってんですか、いつも迷惑をかけてるのは私達ですよ」 w「そうやで、バステンさんはなんも悪くないやんか!」 バ「僕にはもったいないお言葉ですよ…ゴホッゴホッ…」 ア「バステンさん、もう少しの辛抱です」 よ「夜が明けたらみんなで色んなとこの病院に行くので」 あ「それまで頑張って!」 バ「ありがとうございます、皆さん…」 そういうとバステンは再び眠りについてしまった。 ソーラがバステンの額の濡れタオルを代えてるうちにメンバーは部屋から出た。 と「状況はかなり最悪だな。 バステンさん、迷惑をかけないように強がってたけど凄い辛いはずだ」 ク「とも、朝が明けてからではたぶん遅いと思う。 今からここを出れば隣町には朝イチで着く」 よ「俺もクミさんの意見に賛成です。 あんな辛そうなバステンさん見ていられません」 あ「あたしもそれに賛成」 w「確かにそのほうが対処が早まることになるからな」 ア「ともさん」 と「うん、そうだね。 ここはクミの意見で今から隣町の病院に行こう」 ソ「でも誰かここに残らないといけないわね?」 s「俺が残ります!俺が残ってバステンさんの看病をします」 と「showさん」 s「俺はあんま医療に関してはわからんけど…けど…っ…バステンさんの力になりたいんや」 showのそのまっすぐな瞳にともは思わず笑みを浮かべ、showの胸にトンっと拳をつけた。 と「それじゃあ頼むよ、showさん」 s「はい、任せてください!」 と「ここのハウスから左右の町の病院に向かう。 俺とソーラとクミは左の町。 watoさんとちゃみんとアイクさんと鳥ちゃんは右の町をお願い!」 w・あ・よ・ア「はい!」 と「よし!それじゃ、行こう!」 * s「…ん?…朝か…」 バステンの部屋でいつの間にか寝ていたshowは朝日の光によって起きた。 少し垂れたよだれを拭いた。 パッとバステンを見ると、昨日の夜よりは安らかに寝ていた。 濡れタオルを代え、額に戻したあと彼が起きないようにゆっくりと扉を閉じ、台所へ向かった。 s「さて、朝飯…お粥作ろうか」 そういうと、showはおもむろに冷蔵庫を開けた。 バ「…っ…ん、んー…」 1時間後、朝日の光が目に入り、バステンも目が覚めた。 ダルい身体を起き上がらせ、頭を触るとまだ熱がある。 咳をすると喉も痛い。 バ「一晩寝れば治ると思ったんだけどな…」 そんなことを呟き、少し寂しい表情をする。 すると、コンコンッとノックがし、入ってきたのはshowだった。 s「お、起きとったんか!」 バ「showさん…皆さんは?」 s「みんなは夜遅くから隣町に行って病気の治療法を聞きに行ったよ」 バ「僕のために…ほんと申し訳ありません…」 s「何言っとんのや!仲間が辛かったら助けんのが仲間やろ?」 バ「…そうだね。 ありがとう、showさん」 s「どういたしまして!ほら、卵が湯作ったから食べな?」 showは持ってきた茶碗を開けると、そこには美味しそうな卵ののったお粥があった。 バ「これ…showさんが?」 s「おお、前にソーラさんとともさんから作り方教えてもらっとたんよ。 味なら保証できるぜ?w」 showはニヤッと笑い、バステンを見る。 バステンもクスッと笑みを浮かべ、お粥を一口食べる。 バ「あつっ!…うん、おいひぃ…」 s「お!それは良かったよ!」 バ「showさん、意外と器用なんですね?w」 s「意外は余計やね?w」 それからバステンはお粥を残さず食べ、少しだけshowとお喋りをした。 全く接点のなかった2人の間は、少しだけ近づいた気がした。 * バ「………」 時刻は既に夕日が見える時間だった。 バステンは窓から見える真っ赤な夕日を眺めていた。 コンコンッとノックがし、showがスープを持って入ってきた。 s「ともさん達、遅いな!」 バ「showさん…」 s「心配いらんよ、あの人達なら大丈夫よ」 バ「そうですね…」 バステンは少しだけ不安そうな表情をし、そう呟いた。 バ「showさんは…皆さんのことを信頼しているんですね?」 s「ん?当たり前やんか」 バ「だからこそ皆さんもあなたを信頼しているんですよね…」 s「ちょっ、どうしたんすか?いきなり…」 バステンは夕日を眺めた後、showの方向き、クスッと切なそうに笑う。 バ「僕は今までずっと皆さんの役に立ちたいと思っていた。 そうすれば…僕だけの居場所が見つかると思っていたから。 ただ…必要な存在になりたくて」 s「バステンさん…」 バ「でも、僕のやり方は間違っていたのかもしれない。 ただ無茶ばかりして結果的には皆さんに迷惑をかけてしまった。 ほんと…不甲斐ないよ」 バステンを下を向いて悔しそうに拳を握る。 showはその姿を見てなんとも言えなかった。 バ「僕ずっとshowさんに憧れていたんだ。 みんなの中心にいて君の周りには笑いが耐えなかった。 僕もみんなのそんな顔が見たくて頑張ろうとした。 でも…僕じゃshowさんにはなれなかったみたいだ…」 s「バステンさんは俺には一生なれんよ?」 showはそう食い気味に会話に入る。 s「けど…俺もバステンさんになることもできん。 それはバステンさんには俺にないものがあるからや」 バ「僕にあって…showさんにないもの?」 s「ああ、なんとも言えんけどそれだけは言えるんや。 例えばバステンさんには凄い知識がある。 それは俺だけやなくて他のみんなの役にも立っとる」 showは必死に悩み、考える。 バステンはそれを見て、ポカンとした表情をする。 s「あ!例えばともさんはバステンさんから解読してもらったあのあとポーションをさっそく活用して嬉しそうにしていました!あとクミさんはエンチャント付きの剣で大量の食料を取ってきましたし、ちゃみんは教えてもらった食べ物を調べてソーラさんに褒められてたし、アイクさんはあのブロックを使って新しい家を建てて、みんなに褒められっとた!」 showは、嬉しそうにまるで自分の自慢話をするようにバステンに話す。 バステンていうあかがみんクラフトのメンバーをな?」 バ「僕…とても嬉しいです…っ…!」 少しだけ涙を流すバステンにshowは、その震える肩に手をかけた。 部屋の前には、他のメンバーがその光景を見ていた。 切なそうに。 嬉しそうに。 * それから数日が経った。 w「おはよー!バステンさん!!」 バ「たくっ、相変わらずwatoさんは朝から元気だね?w」 ア「おはようございます、バステンさん」 バ「おはよう、アイクさん。 熱測りに来たのかな?」 w「そうやで?ささっと早くせんと!」 バ「わっ!?ちょっ、ちょっとw」 ア「ふふw」 * あ「お腹減ったよ~…」 よ「まだなんですか?」 ク「まだだ」 ソ「決めたでしょ?熱が下がったら一緒に食べるって」 s「お、足音が聞こえてきましたよ?」 と「どっちかな?」 wato、アイク、バステン以外のメンバーはダイニングに集まり、朝の朝食を目の前に待っていた。 すると、2階からドンドンと降りてくる音が聞こえてくる。 watoとアイクがぴょこっと顔を出す。 その顔は、とても嬉しそうだった。 ソ「ふふ、その顔はもしかして?w」 と「だね?w」 w「へへ、それではご登場していただきましょう!」 ア「さ、どうぞ!」 watoとアイクに背中を押され、現れたのは元気そうなバステンだった。 バ「とっと!なんですか?朝から…っ!?」 バステンの目の前には『おかえり』と書かれた自分のカラーの黄色い文字だった。 バ「皆さんには多大なご迷惑をおかけしました!これからは用心します!…って前の僕ならこう言いました」 戸惑うメンバーだったが、バステンが顔をあげるとその表情にびっくりした。 バ「これからも皆さんに迷惑をかけると思います!そのときは頼りにしてますからね?w」 その顔はニカッと子どもが笑うような笑みで今まで見たことがないバステンの顔にメンバーは笑っていた。 w「な、なんやその顔!!w」 ア「ちょっと…watoさん…笑っちゃ失礼…ぷぅー!w」 ソ「ん…ぷっぷぷ…w」 あ「あーだめだwお腹痛いw」 ク「…っ…w」 よ「クミさん、めっちゃ笑ってんじゃないすかw」 と「ははwいいね!新しいバステンさん気に入ったよ!w」 s「これでいんやな?」 バ「ええ、僕は…僕ですから!」 s「うし!これからもよろしくな!バステンさん!」 バ「うん!よろしく!showさん!」 2人はパンっと手を取り合い、握手をした。 これから新しい自分が待っている。 2人の友情は、まだまだ続いて行くのかもしれない。 ~END~ [newpage] ども、コブラです。 第3作目どうでしたでしょうか?ぜひ、これからよろしくお願いします! リクエストをくれた桜吹雪さん、ありがとうございました!.

次の

赤髪のともの炎上まとめ!原因はshowの脱退?メンバーの不仲?

バステン show

「…バステンさん」 「…ん」 「お酒、飲んだんですか」 「…あなたに関係ないですよ」 「…まだ拗ねとるんですか」 「なんのことですか~」 「さっきのことですよ」 「…別に、showさんに関係ない…」 「おおありです。 …なにか言って俺に嫌われるのが嫌なんでしょ、バステンさん。 だからこうやってお酒使って逃げてる。 」 「……俺は、showさんの隣にいたいだけなのに」 「はい」 「あちゃみさんが隣にいた方が、showさんはきっと幸せだから」 「…はい」 「…もう俺に、構わないでいいよ」 「俺に構ってもらいたくてたいして強くもない酒飲んでるのに?」 「…そんなことないです」 「ありますよ。 俺はちゃみんも好きですけどそういう、好きじゃない」 「…」 「バステンさん、あんたが好きなんですから」 「うそ」 「嘘じゃない」 「だったら、ずっと俺のそばに居てくださいよ…不安になる。 それともこんな面倒くさい男は嫌?」 「たしかにいちいち酒飲んで酔っ払ってから本音で話す面倒くさいひとですけどあんたは。 」 「ん…」 「けど、そこが好きなんですよ、俺は。 」 「showさん」 「なんですか」 「好きです」 「知ってます」 「抱きしめて、ください」 「はい」 「…好きです」 「はいw」 「なんで笑うんですか」 「面倒臭いなぁってw」 「嫌い?」 「好きですって」 「ほんとのほんと?」 「好きです。 誰よりも。 」 「…今日はもう、このまま、」 「隣にいますから」 「おやすみなさい、また明日…」 「おやすみなさい、バステンさん」 本当は誰よりもshowさんを好きなのにみんなに平等に接するshowさんが自分から1番遠くにいるようで寂しくなって酒を飲んでしか本音で話せない弱虫なバステンさんと心はずっと、バステンさんだけを愛している優しいshowさんのお話。 「ん…」 「あ、起きましたかshowさん」 「バステンさん、おはようございます」 「おはようございますshowさん。 」 「な、なんで抱きついて…」 「ふふ、好きですよ~、ずっと」 「…ははっwはいはい俺も好きですバステンさん」 次ページあとがきです [newpage] おはようございますこんにちはこんばんはMary Kakoと申します!! 今回ふとshowさんとバステンさんのお話が書きたくなってしまったのでバーンと書いてしまいましたw Daysのほうも後ほど載せていきます! showさんとバステンさんは採掘王から一緒なのに1番絡みが無いような気がして裏でなにかあったらなぁという妄想です 個人的にはいつかの回の、みんながメッサメッサ言ってわとさんがメッサ!!って言い切った後のshowさんの「完璧勢いだろ」が好きです。

次の

赤髪のともさんのファンの方に質問です!

バステン show

皆が待っていたあの3人がついに登場! セガゲームスより配信中の、スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』(以下、『サカつくRTW』)。 基本能力も高く、年間最優秀選手を3度も獲得した生粋のストライカーのプレーを体験できるはず。 世界を魅了した自由奔放なプレーを『サカつくRTW』でも見せてくれるだろう。 中盤の底に起用すれば攻守両面においてチームを支える活躍が期待できるぞ。 ぜひ3人揃えて起用したいところだ。 バランスの取れた基本性能を持っており、攻守に優れたプレーを披露してくれるだろう。 基本能力もパス寄りの性能となっており、ディフェンスラインの深い位置から攻撃を組み立てることができるLSBだ。 サイドアタック戦術のバランスSBとしては最高峰の基本性能を持っており、ぜひとも押さえておきたい選手。 バランスの良い基本能力を持ち、ボールを最終ラインで奪取したあと前線の攻撃に繋げることができるぞ。 もちろんスタメンとして起用するのに十分な能力も持っているが、チームの編成に厚みを加えることができる貴重な選手だ。

次の