子供 おろす 金額。 子供をおろすお金がない!中絶費用が足りないときにできること

千葉県勝浦市の中小消費者金融|子供おろす費用の分割払いでお金借りるなら【即日OK】

子供 おろす 金額

子供をおろすことができるのはいつ頃まで? まず、中絶手術が可能な時期はいつ頃までなのかについてご説明します。 中絶が可能な期間は、おおよそ22週(妊娠5. 5カ月目)までといわれています。 おおまかにいえば「妊娠中期頃まで」と考えておくと良いでしょう。 また、中絶手術をするならなるべく時期は早めにするに越したことはありません。 中絶の時期が遅れれば遅れるほど、ご自身の身体への負担は重いものになってしまいます。 身体的・精神的なダメージを最小限に抑えるためにも、中絶する決断は早いうちに行うべきです。 なお、妊娠後期になってからの中絶自体は不可能ではないものの、法律で許可されていません。 身体的な面でリスクが高くなることはもちろんですが、生命保護という観点から、倫理上問題があるとみなされているためです。 妊娠後期の中絶は、産まれてからの生存が困難と考えられる重篤な疾患や障がいが胎児に見つかった場合などに限られています。 あるいは、そのまま妊娠し続けることで母親の生命にかかわるリスクが発生するなど、例外的な事情がある場合でなければ認められません。 中絶手術について ここでは、中絶手術はどのように実施されるのかについてご説明します。 一口に中絶手術といっても種類はいくつかあり、その内容によってかかる費用も異なってきます。 中絶手術の種類 まず、中絶手術にはどのようなものがあるのかご紹介します。 最初期から初期、初期から中期に至るにつれて、その難易度やかかる時間も変化してきます。 妊娠初期で中絶する場合の手術の種類 【1】掻爬(そうは)法 妊娠12週までに用いられる中絶手術の方法で、器具などを用いて子宮内の内容物をかき出し、取り除く方法です。 麻酔をするため強い痛みの心配はなく、順調に施術できれば数十分で終わります。 出血など身体へのダメージが少ないことが多いため、予後が良好であれば手術当日のうちに帰宅できるケースもあります。 【2】吸引法 掻爬法と同じく、妊娠12週までに行える中絶手術の方法です。 こちらは専用の器具を用いて、子宮の内容物を吸い取ることで除去を行います。 また施術の手順や予後については、掻爬法とほぼ同じです 【妊娠12週~22週までの中絶手術の方法】 妊娠中期での中絶手術は、入院を伴う大がかりなものになります。 子宮口を拡張させて準備するところまでは妊娠初期のケースと変わりありませんが、その後 子宮収縮剤を用いて人工的に流産を起こさせる方法をとることになります。 数日間ほどの入院を伴う場合が多く、 この方法で妊娠12週以降に中絶を行うと死産と同等に取り扱われるため、役所へ届け出る必要が出てきます。 また、届け出を済ませたら埋葬の許可証を受け取らなければなりません。 中絶後のさまざまな負担について 中絶手術には、 身体的負担以上に精神的なダメージが大きくなる場合も多いといわれています。 手術後深い悩みを抱えてしまうことになり、しばらくの間は精神科や心療内科での治療を選択することになるケースも少なくありません。 もちろんその治療にも費用がかかりますから、 手術費用のほかにもさまざまな付帯費用を考えておく必要があるといえそうです。 中絶手術に必要なもの 中絶手術を受けるためには、事前に必ず準備しておかなければならないものがいくつかあります。 ここでは、中絶手術を受けるために必要なもの・用意すべきものについてご紹介します。 中絶手術の同意書 手術当日には、必ず 本人とパートナーの方の署名が入った同意書を提出しなければなりません。 当日に慌てないよう、事前にきちんと用意しておきましょう。 中絶手術の費用 中絶手術にかかった費用は、帰宅時の会計や退院時に病院に支払う必要があります。 かかる費用の目安を把握し、余裕を持ってお金を用意しておくのが安心でしょう。 中絶費用の相場 ここからは、気になる中絶手術にかかる費用についてご紹介します。 なかなか周りの人には聞けないことですし、ご存じない方のほうが多いはず。 診察時におおまかな費用について教えてもらえる場合もありますが、妊娠中絶に伴うお金の問題をクリアにするためにも事前に知っておいた方が良いでしょう。 自費診療なので健康保険は適用外となる 「保険証を持っているので中絶手術になっても何とかなるのでは」と思っている方もいるかもしれません。 しかし、 基本的に妊娠中絶は保険外診療にあたるため、すべて実費での請求となってしまいます。 妊娠初期で中絶する場合の費用相場 妊娠初期(12週未満)での中絶手術は、多くのケースで入院を伴わず、手術そのものもそれほど大がかりではありません。 そのため費用もそれほど高くつかず、 診察・手術・通院を合わせて10万円ほどから、多くなっても20万円ほどの範囲内には収まるでしょう。 妊娠中期で中絶する場合の費用相場 妊娠中期の中絶手術は、出産に近い処置を行うこととなるため、かなり大がかりになります。 数日間の入院も必要になりますので、初期の中絶と比較するとかなり高額な費用を負担する覚悟が必要かもしれません。 手術前~手術後の付帯費用や入院費を含めると、30万~50万円ほどの費用がかかってくると考えましょう。 ただし、 妊娠から12週1日以降の中絶手術は、中絶の理由を問わず健康保険における「出産育児一時金」の対象となります。 具体的な支給額ですが、産科医療補償制度に加入している病院で手術した場合には、1児あたり42万円、それ以外の病院なら40. 4万円となっています。 とはいっても、すぐに支給されるわけではなく、退院時の会計ではまとまったお金を支払う必要があります。 会計の時点で数十万円の現金は用意しておかなければなりません。 中絶できず出産することになった場合の費用相場(出産費用の相場) 中絶を行わず、出産する場合にかかる費用も念のため見ておきましょう。 出産費用も保険適用外となるため、あとで出産育児一時金が支給されるとはいえ一時的にはまとまったお金が必要になります。 また、出産に伴う費用は、入院費や分娩にかかる費用だけではありません。 妊娠中の検診や出産準備の費用、ベビー用品の準備などを考えると総額で50万円~100万円ほどはかかってしまうといわれています。 子供をおろす費用がない場合の対処法 ここまで述べてきたように中絶費用は、初期の場合であっても最低10万円以上は見ておかなければならないことが分かりました。 「10万円~20万円程度なら自己資金で何とかできる」という方も多いかもしれませんが、いかんせん高額ですから、すぐには用意ができないという方も少なくないでしょう。 そこでここでは、中絶にかかるお金をすぐに用意しなければならないときの資金調達の方法についてご紹介します。 はじめに確認しておくべきこと 中絶する理由によっては、費用を軽減させることができる場合もあります。 自分自身があてはまるかどうかまずは確認しておきましょう。 子供をおろす理由として、 病気や医師が妊娠継続は危険と判断した場合も挙げられるかもしれません。 母体保護のために中絶をせざるを得ない場合は、医療保険の給付金がおりる可能性があります。 例えば、医師が中絶をしなければ母体の命にかかわるなど医療的に中絶を診断した場合です。 医療保険に加入していて母体保護のために中絶をせざるを得ない方は、一度医療保険に確認をしてみましょう。 経済的な理由で産めないなどといった自己都合は、もちろん、医療保険対象にはなりません。 また、自己都合には性的暴行による妊娠も含まれます。 医療保険の対象にはなりませんが、性的暴行など犯罪によって望まない妊娠をしてしまった場合は、警視庁による 「犯罪被害者に対する公費支出制度」が適用される場合があります。 これは被害届を出すなど一定の条件が満たされれば、 中絶費用やカウンセリング費用などの全額または一部の費用を受け取れる制度です。 性犯罪などに巻き込まれて妊娠をしてしまった場合、話しにくい部分もあるかと思いますが、早めに警察に相談しましょう。 上記の理由にあてはまらない自己都合で中絶する場合は、手術費用は全額負担になります。 お金の用意が難しいという方は、下記の方法で資金調達していきましょう。 家族や友人から援助を受ける プライベートな事情での資金調達で頼りになるのは、やはり身近な方でしょう。 もし、中絶しなければならない事情を家族や親戚、友人などに説明できる状況であれば、正直に伝えるのも手です。 両親にお金を借りたり、友人にカンパを集めてもらったりして調達するという方法を検討しましょう。 もちろん、お金を用立ててくれた方々の善意にはきちんと感謝の気持ちを示し、お礼を忘れないことが大切です。 不用品を売ってお金に替える 自力で何とかお金を集めたい!という場合や、資金が少しだけ足りないからすぐに用立てたい!というときに手っ取り早いのは、 ネットオークションやフリマアプリで洋服やブランド品などの不用品を売却する方法です。 自分ではいらないと思っていたものでも、それなりの値段をつけてオークションやフリマの市場に出せば、欲しがる人が現れる場合があります。 カードローンなどでお金を借りる 成人していて安定した収入のある方なら、カードローンでスピーディーにお金を借りるという方法もあります。 カードローンの種類によっては、最短で即日融資を実行してもらえる場合もあるので、とにかく早くお金が必要!という場合には頼りになるかもしれません。 カードローンを利用してお金を借りる方法は、人に相談せず解決できる手段です。 家族や友人には妊娠や中絶のことを話したくないという方には良い方法かもしれません。 ただし、カードローンを利用する場合は金利や返済期間などをよく考え、返済計画をしっかり立てた上で利用することをおすすめします。 「中絶しない」という選択肢もある もちろん、中絶せず出産を選択する方法もあります。 せっかく授かった命ですから、世に産み出してあげたいという親心には逆らえないという方も多いでしょう。 特別養子縁組を利用して、お子さんを求めるご家庭へ養子に出すこともできますし、 乳児院やシングルマザーの支援制度などの助けを借りて自身の力で育てることも選べます。 勇気を出して出産するなら、それらの各制度を活用しましょう。 その過程ですぐにお金が必要なときなどには、 融資スピードの速いカードローンを利用すると便利です。 中絶費用がない場合はまず身近な人に相談しよう 今回は、妊娠中絶にかかる費用に関する情報や、実際に中絶手術を受ける場合の種類・手順などについて詳しくご紹介しました。 中絶費用は、妊娠してからの期間によって金額にかなり差が生まれます。 また、健康保険適用外であることから、病院によっても差がある上、10割の金額を自身で負担しなければなりません。 そのため、中絶費用をすぐに用意することが難しいというケースもあるでしょう。 そのような場合は1人で悩まず、配偶者やパートナー、親兄弟や友人など、身近な人に相談することをおすすめします。 ローンキャッシング会社絞り込み検索 借入額• 指定なし• 5万以上• 10万以上• 30万以上• 50万以上• 100万以上• 300万以上• 500万以上• 800万以上 借入方法• 口座振替• コンビニATM• 店舗窓口• インターネット 審査時間• 指定なし• 30分以内• 1時間以内• 3時間以内• 当日中 融資スピード• 指定なし• 3時間以内• 当日中• 1週間以内 金融機関種別• 都市銀行• 地方銀行• ネット・流通・信託銀行• 信用金庫• 信販会社• 消費者金融• その他 利用可能な コンビニ• セブンイレブン• ローソン• サンクス• ファミリーマート• ミニストップ 特徴• 即日融資可能• 全国利用可能• 女性専用• 初心者向け• おまとめ・借り換え• 土日祝も可• 収入証明不要• 来店不要• 低金利• 無利息期間あり• 専業主婦OK• 総量規制対象外• 審査スピード重視• お試し審査あり• 保証人不要• コンビニ払いOK.

次の

コンビニのATMっていくらまでおろせるの? 銀行によって違うの?

子供 おろす 金額

「望まない妊娠をしてしまった」「望んでいたけれど経済的に厳しくなってしまった」「病気になってしまった」など、 中絶の決断にはさまざまな思いがあるかと思います。 出産を考えていたならば出産用の貯金があるかもしれませんが、そうでない場合は用意できていないことが多く、 お金がないと焦ってしまう方もいるかもしれませんね。 しかし、日本は 保険がしっかりとしていますし、ローンも組むことができるのでお金の面は安心してください!それよりもまずは診断を受けることが大事ですので、受けていない方は 今すぐに病院へ行きましょう。 では今回は、 中絶のしくみや費用の工面方法をご紹介します。 あなたの体を大切にするためにも、しっかりと学び活かしてくださいね。 どうしても緊急の場合はを参考にしてください。 \ どうしても費用が工面できない場合はこちら / 中絶費用の平均相場 中絶にはいくらかかるのでしょうか?初期と中期では手術方法も違いますし、入院の有無もあるので費用はそれぞれ異なります。 共通する費用や各時期の費用をみていきましょう。 原則として健康保険は適用外 自己都合による中絶は 原則として自費です。 もし保険が適用されてしまうならば「妊娠しても中絶すればいいや」などと軽々しく非道なことを思う人が出てくる可能性があります。 その予防策ともいえますね。 性犯罪による中絶も保険の面では自己都合に含まれてしまいますが、これでは被害者を救済できません。 そこで警視庁は 「犯罪被害者に対する公費支出制度」を設置し、中絶に関わるものの一部または全部を公費で適用できるようにしています。 犯罪による中絶の場合は警察にも相談しましょう。 では自己都合ではない場合はどのようなものかというと、中絶をしなければ 健康被害がでると医師の判断が下されたときです。 この場合は、手術や入院費などの保険を受けることができます。 中絶以外にかかる費用 中絶以外に費用がかかる項目としては以下3つ。 初期中絶にかかる費用 初期中絶は基本的に日帰りなので、 手術費用は10万円〜15万円程度です。 初期の中でも週によって料金が変わる産婦人科もあり、週を重ねるごとに料金もあがっていきます。 中期中絶にかかる費用 中期中絶は出産のような処置を受けるため、 費用も30万円〜50万円かかります。 体の負担や手術や管理も大変になるため、どうしても高くなってしまいます。 中絶を望んでいるならば、 早めの対応が必要ですね。 中期中絶は手術費用以外にもお金がかかる 手術以外にもかかるものは下記の通り。 入院費 2〜5日ほど入院します。 全体料金に含まれていることがほとんどですが、 1日1万円ほどかかります。 火葬や霊園への埋葬費 1万円〜3万円。 自分たちで火葬場に予約を入れ手続きを行う場合は1万円ほど。 葬儀屋に頼むのならば2万円以上かかります。 死産の場合、 ほとんどの方が自分たちで手配をしているようです。 埋葬は、手元で供養するか霊園へ頼むかどちらでも可能です。 死産といえど遺体にあたりますので、 法的に決められた埋葬方法にしたがってください。 中期中絶に利用できる医療制度 中期中絶は、出産とみなされるので、 医療制度を利用することが可能です。 賢く利用し、経済的な負担を減らしてくださいね。 出産育児一時金 分娩の費用として「42万円」給付される制度です。 産科医療保障制度に加入していない医療機関を利用する場合は40. 5万円と下がってしまうので、事前に確認しておきましょう。 出産育児一時金の受け取り方法は2つあります。 直接払制度 本人に代わって医療機関が健康組合に出産費用を請求してくれます。 一時金の額以上になってしまった場合は、その 差額分を受付で支払えばOKです。 一時金より少ない場合は、申請をすれば差額分を受け取ることができますよ。 受取代理制度 直接払制度を行っていない医療機関でも、受取代理制度を利用すれば直接払制度と同じように、差額分の支払いや受け取りをすることができます。 出産予定日の一ヶ月前に申請をする必要があるので忘れないようにしましょう。 出産手当金 出産によって収入が減ってしまう女性を救済する 休業補償です。 出産育児一時金とは別制度なので両方の給付を受けることができます。 しかし対象者は、会社の健康保険加入者ですので、 自営業や専業主婦の方は残念ながら当てはまりません。 出産手当金額は個人の収入によって変動します。 高額療養費制度 年齢や所得状況によって設定される自己負担限度額を超えた場合に、後ほど払い戻されるものですが、 中絶や正常な出産の場合は対象外です。 帝王切開のによる中絶の場合は対象になりますが、ごく稀なケースです。 中絶費用が払えない時の対処法 初期中絶は全額負担になってしまうので、お金が用意できない場合もありますよね。 中期中絶は給付金がありますが、その前に 「分娩予約金」の支払いがあるのです。 病院により費用は違いますが 3万円〜10万円ほど。 分娩予約金とは、出産育児一時金よりも金額がオーバーしてしまったときのために、 病院側があらかじめ費用(分娩予約金)をもらうことです。 手術中に処置の変更や術後のケアなど、当初予定していたよりも費用がかさむ場合があります。 しかしオーバーしてしまったとき、 病院側に支払いをせず連絡がとれなくなる患者もいるそうです。 それを防ぐためにの病院側がとっている対策なのです。 もちろん、 使われなかった場合は返金されますのでご安心ください。 この分娩予約金が払えない場合は、中絶を断られてしまうこともあります。 初期だけでなく中期も自分で用意するお金は必要です。 ではどのように費用を工面すれば良いでしょうか?対処法をご説明します。 未成年であれば親に相談する 一人で悩まず親に相談しましょう。 初期の中絶でさえ、多大なリスクを伴います。 法律上、親の同意書が必ず必要ではありませんが、 ほとんどの病院で同意書を求められ、書面がない場合は手術を断られます。 さらにご説明したように、多額な費用がかかります。 親としても、知らなかった方がショックを受けますし 心配する親がほとんどでしょう。 自分や親のためにも必ず相談しましょうね。 分割払いを設けている病院に行く 高額な医療費の場合は分割払いを設けている病院もあります。 最寄りの病院に相談してみましょう。 病院側での分割なので利子がつきませんが、回数が少なく 月々の支払額も高くなる場合もあります。 クレジットカードで払う 最近はクレジットカードの対応している病院が増えています。 クレジットカードが世の主流になってきたことや分割払いと同じく、医療費が高額という理由もあるでしょう。 しかし 一括支払いの場合が多いので、いったんは一括にしておき、 後から分割やリボ払いに変更しましょう。 通院前に自身のクレジットカードを確認しておいてくださいね。 カードローンでお金を借りる 20歳以上で安定した収入がある人ならば、派遣社員やアルバイトでもカードローンの利用が可能です。 フリーローンなので、中絶にかかる手術費や入院費にも使用ができます。 初めての利用ならば借り入れのできる 上限はよくても50万円ほど。 最初から多額な融資を行わないカードローンがほどんどですが、中絶費用ならば50万円でもまかなえそうです。 ただし、他社にローンがあったり収入が少なかったりする場合は上限額も低くなり、初期中絶費用の15万円も厳しい可能性もあります。 審査は無料なので、一度受けてみましょう。 ここでおすすめのカードローン会社を3つご紹介します。 プロミス レディースキャッシング 金利 4. 5%~17. 8% 無利息条件 初めての利用 無利息期間 30日間 無利息期間は短いものの、 金利上限が他2つよりも低くお得に借り入れができます。 さらにプロミスではレディースキャッシングがあり、 専用ダイヤルにかければ必ず女性のオペレーターが対応してくれます。 中絶の相談、男性よりも女性の方が話しやすいですよね。 女性の味方になってくれるだけです。 レイクALSA 金利 12%〜18% 無利息条件 1:初めての利用 2:初めての利用(WEB登録) 無利息期間 1:180日間(5万円まで) 2:60日間(全額) は、 無利息期間が180日間もある点がポイントです。 分娩予約金が5万円以内ならば、レイクALSAで借り入れ、出産育児一時金が余ったり、出産手当金が給付されたタイミングで返済することができますね。 5万円を超える額や180日間を超える場合は、利子がついてくるので注意が必要です。 SMBCモビット(WEB完結) 金利 3. 0%~18. 0% 無利息条件 なし 無利息期間 なし 一見、他の2つよりも条件がよく見えませんが、SMBCモビットは WEB完結なら電話連絡なし。 在籍確認とは、あなたが申請した勤務地で 本当に働いているか確認するために職場へ電話をかけます。 審査担当者がカードローンを名乗ることはしませんが、 勘のいい人ならば気づく可能性もありますし、営業で外に出ている・電話が取れないなど都合が悪い場合もありますよね。 そのような方におすすめするカードローンです。 闇金に注意! ここでカードローンの利用時に注意すべきことは、 審査がないカードローンは存在しないということ。 「審査なし」と甘い言葉で誘ってくるのは闇金です。 一度闇金で借りてしまえば、 高額な利子と借金に悩まされますし、個人情報も流出します。 絶対に借りてはいけません。

次の

子供をおろすのにかかる費用っていくらなのでしょうか?

子供 おろす 金額

中絶費用の相場平均は? ではさっそく、中絶費用の平均相場から調べていきましょう。 中絶手術は、「人工妊娠中絶手術」という手術の略称。 人工妊娠中絶手術にかかる金額は、妊娠期間がどれくらいかで変わってきます。 妊娠してから8周目までを「妊娠初期」と呼び、この頃に子供をおろすことで、中絶費用を安く済ませることができます。 しかしそれ以降は妊娠中期に差し掛かります。 中絶費用もどんどん高額になっていくことを覚悟してください。 妊娠期間 中絶手術費の平均額 妊娠8周目まで 12万6千円 妊娠10周目まで 15万5千円 妊娠12周目まで 18万9千円 妊娠12周目以降 40万円弱 妊娠期間が長くなればなるほど、手術は大掛かりなものになり、費用もかさんでいくのです。 ですから、子供をおろすなら少しでも早いほうが良い…と言われるのですが。 中絶費用は保険適用外 原則として、中絶費用は保険の適用外です。 手術費はもちろんのこと、中絶に関する検診にかかるお金もすべて、実費で賄う必用があります。 父親がいる状態ならまだしも、母親一人の場合は中絶で大きな負担がのしかかります。 もちろんクリニック、病院によって費用は変わります。 事前にしっかり費用を比較しておくのも大切です。 中期以降の中絶手術には出産一時金が支給される 多くの母親が、「子供をおろす」という決断をくだせないまま妊娠中期に入ってしまいます。 しかし上の表にもあるように、妊娠中期以降は中絶にかかるお金がどんどん高くなっていきます。 しかし妊娠12週以降が経った、 妊娠中期以降ならば、国から出産育児一時金という助成金の支給を受けることができます。 この出産育児一時金は、12週を迎えると等しく「出産」として扱われるため、このお金を中絶費用にあてることも可能なのです。 出産育児一時金は最高42万円。 中絶にかかる検査から手術費用すべてあわせても40万円に収まることがほとんどですから、妊娠中期以降の中絶は出産育児一時金だけでまかなえる場合が多いです。 中期以降の中絶手術にはリスクもある 妊娠中期以降の中絶には、お金の問題以外にも多くのリスクがあります。 妊娠中期以降に中絶するリスクも、今一度見返しておきましょう。 子供をおろすのは、なにも「お金さえあればオールオッケー」というわけにもいかないようです。 子宮穿孔のリスク 妊娠初期の中絶手術は基本的に支給内部を掻き出す「掻爬法」がメインになります。 この 掻爬法を行った際、手術で用いた器具によって支給内部が傷ついて孔があいてしまうのが、「支給穿孔」です。 この孔が小さければ自然とふさがることも多いですが、孔が大きくなると別途縫合手術を受けることになります。 子宮破裂 妊娠中期以降の中絶手術は、薬を使って強制的に陣痛を引き起こして、流産を促すというものです。 人工的に流産させるのはやはりリスクが高く、最悪子宮が破裂してしまう可能性もゼロではないのです。 陣痛がひどいと腹部から大量の出血、激痛、母体はそのショックで死に至るケースも確認されています。 子宮破裂のリスクはかなり恐怖です。 事前にしっかり医師と相談の上、中絶を行ってください。 子宮頚管の裂傷 中期以降の中絶は、 赤子の体がすでに出来上がりかけているので、陣痛促進剤を使って子宮頸部を開かなければなりません。 この時固くなった頚管を広げるためにラミナリアをいう器具を使いますが、この時頚管に裂傷が残ってしまう場合があるのです。 傷が大きくなれば大量出血の危険性もあります。 中期以降の中絶は多くのリスクが伴うのです。 妊娠中期後の精神的なダメージも大きい 妊娠中期以降の中絶は、多くの身体的なダメージを負うリスクがあります。 しかし実は、妊娠中期以降の精神的なダメージも無視できないのです。 中絶後遺症候群 バーナード大学の研究では、およそ中絶した人の2割が中絶後心的外傷後ストレス障害を抱えているという研究結果を報告しました。 今回は2割の人でしたが、実際にはもっと多くの母親がPTSDに苦しんでいるだろうと言われています。 ナイーブな人が多いとされる日本人なら、さらに多くの人が中絶後精神を病んでいるのではないでしょうか。 こうした中絶を原因にしたPTSDをPASと呼びます。 PASに苦しむと、体にわかりやすく症状が出ます。 性的機能不全• 自殺未遂• アルコール中毒• 摂食障害• 育児放棄 など。 PASの症状は怒りが爆発する「過剰反応」、中絶を思い出して悪夢を見る「侵害行為」、子供のことを感がないためにアルコールに溺れたりする「抑圧」に分けられると言います。 中絶による精神的なショックを緩和するためには、誰かの助けが必須です。 専門家に相談して助けを仰いでください。 「出産」という選択肢は本当に無い?もう一尾検討を 中絶というのは、金銭的に大きな負担がのしかかるだけでなく、精神的にも後遺症を残しかねません。 確かに、一度出産してしまうと、その後育児の責任がついてまわるとはいえ、私は「出産」という選択肢がないかもう一度考え直してもらいたいです。 自分の中で「出産」で育児の責任を負うのと、中絶でその後ずっと後悔の念に苦しめられるかもしれないリスクを、しっかり天秤にかけて自分にとってどちらが幸福な未来につながっているかを決めてください。 決めるのはすぐですが、それによって影響を受ける未来は大きなものです。 「子供をおろす」選択は善か悪か? 例えばキリスト教では、初代教会から一貫して中絶を殺人とみなしています。 その他宗教でも同じく中絶を罪と扱うところが多いです。 しかし女性は、例えばレイプされて身ごもった子供も産んで育てなくてはいけないのか、という話になりますし、女性の妊娠の負担は大きいです。 確かにカジュアルな中絶はあってはならないことですが、 必用ならば中絶もやむなし…という判断を下すのが一番合理的ではないでしょうか。 この中絶に関する議論は終わりが見えません。 アメリカでは「中絶禁止法」なるものができるという話があるくらいです。 入院助産制度なら少額負担で妊娠、出産が可能 中絶には大きな負担が伴うものです。 肉体的、経済的、そして精神的にも負担が大きい中絶。 できれば中絶しなくて済む未来のために、できれば「出産する」という選択肢を選ぶのはいかがでしょうか。 本当は産みたいけどお金がないので厳しい…という方のために、「入院助産制度」という制度があります。 入院助産制度の対象者は以下の通り。 1 生活保護世帯、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付受給世帯 2 住民税非課税世帯 3 前年度に支払った所得税の額が8,400円以下の世帯(ただし、健康保険等から給付を受けることのできる出産一時金等の額が40万4千円以上の場合を除く) 引用: この制度によって、経済的に出産が厳しい妊婦が助成を受けることができます。 入院助産制度の対象者は各市町村によって変わります。 どんな人がこの入院助産制度を利用できるのか知りたい方は、事前に自分の市町村の情報を調べておきましょう。 シングルマザーを助ける制度もある 父親が費用を負担してくれない方でも大丈夫です。 シングルマザーを助けてれくれる助成制度がありますから、制度を利用しながら子供を育てることができます。 シングルマザー助成の制度は、児童手当や児童扶養手当、母子家庭向けの住宅手当など数多く存在します。 日本国内にも123万世帯いるというシングルマザー世帯、その平均年収は243万円とも言われています。 助成を受けないと、とてもじゃないですが子供を育てることなんてできません。 しかし逆を言えば、制度を活用すればシングルマザーでも子供を産んで育てることはできる、ということです。 お金がない時中絶にかかる費用を調達する方法 「お金がない…出産は厳しいのでおろしたい」 そんな方は多いです。 お金の問題もあり出産を諦めても、それ以前の中絶にもお金を取られてしまう現実があります。 どうすればお金に困って中絶もままならない現実、これを打破できるか、お金を調達する方法を調べていきましょう。 クレジットカードを活用する もし中絶費用をクレジットカードで支払えるなら、クレジットカード払いを行いましょう。 そうすることで最短でも1ヶ月、支払いまでの猶予を得ることができます。 そしてもし 、クレジットカードで支払う際分割払いが許されるなら、中絶費用を分割払いで支払いましょう。 これで、お金が足りない状況でもなんとか支払いが可能になるでしょう。 クレジットカード払いで病院やクリニックが分割払いを許さなかったとしても、「あとからリボ」など、あとから支払い方法を変更できる場合もあります。 クレジットカードをしっかり使うことで、中絶費用の支払いは十分可能になるのです。 カードローンでお金を借りる 現在手持ちのお金でおろすことができないなら、「借りる」というのも現実的に必用になってきます。 消費者金融のカードローン、銀行カードローンで借りたお金は、原則借りた人の自由に使うことができます。 カードローンで借りたお金を中絶費用に回すことができるのです。 即日融資に対応したカードローンがおすすめ 中絶を行うタイミングは、早ければ早いほどいいのは言うまでもありません。 お金がないことが理由で中絶できないのなら、即日融資でお金を借りられるカードローンでお金を借りて、すぐにでも中絶手術を行ってください。 即日融資で借りたいならば、審査や契約などの手続きで時間がかかる銀行カードローンより、即日審査、即日融資で借りられる消費者金融のカードローンがおすすめです。 身近な家族や友人から借りる カードローン、その他キャッシングを利用してお金を借りることに抵抗があるなら、身近な家族や友人からお金を借りるのも一つの手です。 家族や友人からお金を借りれば、 面倒な審査などの手続きもなく、金利で多くの利息が請求されてしまうこともありません。 過去のキャッシングで信用情報が傷ついているとしても、家族や友人はあなたを見捨てないでしょう。 しかし身近な人からお金を借りて、そのお金を返せないとなると、その人間関係に多大な悪影響を及ぼしかねないのです。 身近な人からお金を借りる場合は、事前にしっかり返済計画を立てるなどしてください。 【お金がないけど子供をおろす】体験談 お金がなくて中絶できないと思っていたけど、人に相談したら「産んだあとはもっとお金がかかるよ」と言われて、おろすのを決意しました。 妊娠中期に差し掛かっていたので、中絶費用は40万円ほどかかったけど、手当などを活用してなんとかしました。 後悔はしてません。 お金がないけど子供をおろす まとめ ここまで読んでいただいてありがとうございました。 多くの予定外の妊娠をしてしまった妊婦が、「子供をおろしたいけどお金がない」ことで悩んでいます。 確かに中絶にかかる費用は、保険が効かないこともあり高額になります。 しかし助成金などを上手に活用すれば、妊婦の負担をかなり少なくすることが可能になります。 中絶には身体的、精神的にも多くのリスクがあります。 それらをしっかり考えて、出産という選択肢も含めて検討してください。

次の