ノーナレ 今治 タオル。 NHK「ノーナレ」報道についてのご報告|NEWS|今治ライフ|今治タオル公式ブランドサイト

【今治タオル不買運動】ベトナム人が過酷労働で意識不明。ひどすぎる。今治タオルが公式発表し謝罪するもどうなる?

ノーナレ 今治 タオル

NHK「ノーナレ」(6月24日放送より) 今回の件ですが、産地として大変重い課題だと受け止めています。 希望をもって来日した実習生が、あのような法令を無視した過酷な条件下で労働している実状があることに胸が痛みます。 その啓発として、この度の放送は大変意義のあるものだったと個人的に思います。 同時に、企業人・業界人としては頭を悩ませています。 ツイッター等で起こっている今治タオルの不買運動についてです。 業界として真摯に受け止めるべき点もあると感じつつ、誤解も生じていると思います。 今治のタオル産業は、タオルの完成品を造り上げるまでのプロセスを様々な加工業者が担うことで、成り立っています。 今回問題となった企業は、中間の一部工程の加工業者であり今治タオルのブランドライセンスそのものの権利をもつメーカーではないと聞いています。 懸案の業者が産地の中で操業をしていたことは紛れもない事実であり、重く受け止めるべき問題です。 一方で、実習生の労働環境含め法令を遵守し誠実な経営を志している企業もあるなかで、「今治タオル」という統一化された消費者意識の元、真っ当な企業まで不買運動による不利益を被る状況となってきています。 弊社は、労働環境はもちろん実習生と日本人従業員で懇親会を行うなど、企業として当たり前のことを当たり前にやっています。 実習生参加の懇親会の様子(池永氏提供) また、弊社だけでなく公正な経営を志している企業は産地に多数あります。 放送翌日の6月25日には取引先や消費者の方から多数の電話のお問い合わせがありました。 他社も同様だと思います。 テレビ・メディアとSNSの負の相乗効果というものは計り知れず、このままでは「今治タオル」のブランドそのものの価値が不当に毀損され続ける致命的な状況に陥りかねない、実際に陥っていると危惧しています。 なぜこのような現象が起こるかということですが、製造メーカーが無数にあることや、タオル組合が保持する今治タオルのライセンスを許諾された複数のメーカーのみが使用していることをご存知ない消費者の方が多いことが理由として挙げられると思います。 それらの方は「今治タオル」を全て同一のものと認識されています。 また、今治のメーカーのほとんどが放送のような劣悪な環境で実習生を労働させているような誤解も生じているものと思います。 放送を直接確認したのでなく、2次情報、3次情報を元に「不買運動」を発信されているネットユーザーの方も少なくないと推察しています。 今治タオル(国土交通省今治港案内HPより:編集部) とにかく、私が声を大にして言いたいのは、 正しいことを正しくやっている会社もある、ということです。 そして、産業構造的に連鎖的な倒産や操業停止が今治産地で発生します。 そうなると、大量の日本人の雇用が失われますし、報道とは異なり働きがいをもって日々従事している実習生の仕事も消滅してしまいます。 産業としても立ち直るのに膨大な時間を要するでしょう。 そのような事態は何としても避けたいと考えています。 では、どうするべきか。 こういったSNSでの草の根的な活動も重要だと考えていますが、ブランドが失地を取り戻すためには、再度メディアの力を持って別の切り口から両面的な報道・放送がなされるべきだと考えています。 それしかないです。 昨日から番組制作者の方に連絡を取らせていただいたり、NHKの問い合わせ窓口に連絡させていただいている状況ですが、あらゆるメディアのお力をお借りしたいと考えています。 弊社の技能実習生の状況を取材いただくでも、別の形でご相談させていただくことも可能です。 正しい情報が再度テレビ・新聞・ネットを通して流通することが必要です。 技能実習生がブレストで会社の課題を考える(池永氏提供) どうかご協力いただきたいのですが、本記事を読んでいただいた方は是非シェア・拡散いただけると嬉しいです。 メディアの方につきましては、昼夜かかわらず連絡をお待ちしておりますので、下記まで連絡いただけますと幸いです。 どうぞ、よろしくお願い致します。 (編集部より追記:26日午前)本記事の反響を受けて池永氏の続報コラムです。 未読の方は合わせてお読みください。 池永 将成 株式会社ハートウエル代表取締役 大学で卒業後、シンガポールに渡り、現地企業でWEBコンサルティングに携わる。 アクセンチュア株式会社を経て、独立し、株式会社MIDIOを創業し、新規事業開発などを支援。 2018年9月より業務委託としてハートウエルの経営支援を開始。 19年4月からハートウエルの代表取締役。。 池永氏連絡先:.

次の

NHK「ノーナレ」ネット上の憶測否定 別の今治タオル企業に中傷「番組で取り上げた会社ではない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ノーナレ 今治 タオル

劣悪な住環境、厳しいノルマを課され、低賃金労働を強いられる日常。 訴えは、絶望的な現実を変えることができるのか。 番組制作者のもとに、あるベトナム人の女性から「助けて」とSOSが来たことで事態が発覚。 外国人技能実習制度は、日本で技術を学び母国へ帰って活躍する人材を育成するための制度ですが、この番組で挙げられた会社はそれを悪用。 28人の女性が小さく窓もない部屋に押し込まれ、月180時間の残業を強いられていました。 75万円の借金をして日本に来たため、母国へ逃げ帰る事もできません。 ベトナムの平均年収は20万円。 年収3年半分ほどの借金です その他にも、ベトナム人女性たちが置かれてた環境がこちらです。 ・残業は月180時間も、支払いは40時間分のみ ・朝7時から夜23時まで働かされる ・長時間労働で指は変形し、痛む ・寮のシャワーは4つのみ ・休みはほぼ無し ・役所の査察のときはタオル作りの事実を隠させる ・1人の女性は脳出血で倒れてしまった 本来は縫製工場で洋服作りなどを学ぶはずが、タオルの製造のみを強いられているようでした。 行政の視察がある時のみタオルを隠させ、洋服作りをしているように見せかけるという劣悪な環境です。 「婦人子供服製造」が職種の技能実習生にタオル製造だけをさせてる屑会社の寮 家賃3万円。 窓がない暗く狭い部屋に大勢の実習生が暮らし、長雨の時は生乾きの服を着て仕事。 「28人のためのシャワールーム」は「むきだしのシャワーが4つ」と、技能実習生制度は現代の奴隷制度ですね。 しかし、これはデマ情報であった事がのちに発覚。 デマが流れた原因がこちらでした。 ちゃんと確認してください。 — 千 hako1000acm しかし 映像に映し出されていた工場は、 大家 親元の企業 が別の会社に貸し出していただけと判明。 槍玉にあげられた企業は日本人のみの従業員で運営され、外国人技能実習生は雇っていないようです。 番組制作サイドも、デマ情報が拡散されている事に対して異例の注意喚起を行いました。 関係のない会社が炎上してしまい、公式HPも非公開にせざるをえなかった状況を鑑みたようです。 昨夜の「ノーナレ」でバリバラに出演してくれた技能実習生たちをあらためて取材しました。 ただ、取り上げた会社とは無関係な会社がネットに出ています。 問い合わせや苦情が殺到し、困っておられます。 控えて下さいますようお願いします。 ですが、デマ情報の拡散が止まらないのが現状のようです。 【拡散希望】 今回の技能実習生の件、マップで会社が特定済と騒がれてるけど、あれは大家さんの会社で、日本人だけ雇って真っ当にやってるらしい。 問題の会社はその真っ当な大家さんの会社から工場借り、コソコソやってるらしいです。 なので、映像に出た会社には電凸しないであげて。 — Dr. Freeman 識別名: 狼臥 Cougar1Lover ・本当の悪徳企業の社名や社長の名前は? ノーナレに映し出された工場を大家から借りている企業こそが、ベトナム人女性の奴隷労働を強いている会社です。 いったいどのような社名で、どんな社長が運営しているのでしょうか? 調べてみましたが、残念ながらこの企業の社名や経営者の情報は出てきませんでした。 おそらくですが、グーグルなどで検索をしても会社情報が出てこないなど、正規の登録をしていない会社なのではないでしょうか? 一部では、騒動を放送したNHKが問題企業の社名を明らかにしない姿勢に疑問の声が寄せられています。 そのせいで今治タオルのブランドも傷つき、風評被害や不買運動に発展している状況です。 追記:問題の企業は タオル工業組合に加入していない事が判明 不買運動がはじまってしまいました。 風評被害で取材外の今治の縫製会社、関連会社で働く人たち全ての今後の生活にも関わります。 しまいには過労で倒れて意識不明の子まで出してしまって。 外国人技能実習機構も行政も今治タオルの業界もヌルすぎんだろ!仕事しろや。 関係ない会社まで問い合わせ殺到してるし、今治タオルの不買運動に繋がるよこれ。 報道された会社はさっさと潰れるべきだけど、真面目に今治タオルを作ってる他の会社が不利益被るのはさすがにおかしい。

次の

NHKノーナレのタオル工場で製造は”今治タオル”!タオル工業組合員が非組合員に外注

ノーナレ 今治 タオル

Contents• そこには劣悪な住環境の中、厳しいノルマを課され、低賃金労働を強いられる日常が映し出されていた。 「こんばんは」「たすけてください」。 送り主は一人のベトナム人女性。 技能実習生として縫製工場で働いているという。 雇い主の目をかいくぐり、次々と送られてくる動画。 そこには劣悪な住環境の中、休みもほとんどなく、低賃金で長時間の労働を強いられる日常が映し出されていた。 ある日、工場を抜け出した女性にカメラは密着。 その訴えは、絶望的な現実を変えることができるのか。 引用: 今治タオル工場で働くベトナム実習生の悲惨な実態がNHK「画面の向こうから」で放送され波紋を広げています。 劣悪な労働環境は• 残業は月に180時間以上で休日はほぼ無し• 残業代の支払いは40時間分しか支払われない• 窓のない部屋で共同生活• 寮には粗末なシャワーが4つ・28人で生活• 低賃金・長時間の労働• ノルマを達成しないとベトナムに返すぞと上司からの叱責・脅迫• 家畜扱いで一日中怒鳴られている このような内容です。 あり得ないですよね、酷すぎます。 ベトナムの農村では年収が僅か20万円程しかないということで、故郷の暮らしを助ける為帰ることもできず実習生達は苦しくても耐えながら、仲間と抱き合って泣きながら毎日を過ごしているという内容が放送されました。 希望を抱いて日本にやってきて、今日本に対してどのような印象を持っているのか考えると胸が痛みます。 今の虐げられている環境=日本のイメージ と直結していると思うと、日本人として情けなく悔しい気持ちになりますね。 ベトナム実習生が働く今治タオルの工場は? 6月25日のNHK「画面の向こうから」の放送終了後から、sns上ではどの工場なのか特定しようとする憶測が立っており、このような声明文を出した企業もありました。 2019年6月24日放送のNHKの番組を受け、タオル製品の製造・販売を行う「オルネット」(愛媛県今治市)が声明を出した。 番組では、日本の縫製工場で働くベトナム人技能実習生を取り上げ、劣悪な状況で働いている実態を伝えた。 ネット上では、この工場がオルネットではないかと憶測が上がっている。 「技能実習生の雇用をしておりません」 24日放送のドキュメンタリー番組「ノーナレ」では、劣悪な住環境の中、休みもほとんどなく、低賃金で長時間の労働を強いられるベトナム人技能実習生が特集された。 番組終了後、SNSでは工場への批判が相次ぎ、オルネットだと断定する向きがあった。 同社は25日、公式サイトで、「当社ではないかという問い合わせが何件が寄せられていますが、当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません」との声明を出し、疑惑を否定。 末尾にはNHKの公式ツイッターの投稿リンクが貼られており、 「昨夜の『ノーナレ』でバリバラに出演してくれた技能実習生たちをあらためて取材しました。 ただ、取り上げた会社とは無関係な会社がネットに出ています。 問い合わせや苦情が殺到し、困っておられます。 控えて下さいますようお願いします」 とツイートで呼びかけている。 引用 関係ない企業からすると本当に迷惑な話ですよね。 今回の一件では、「今治タオル」ブランドにも傷がついてしまいました。 正規品の今治タオルには組合に入った会社の製品タグがついている 今回放送された工場は、正規のタグがついている今治タオルではないタオルを生産している工場です。 組合に入っている企業は様々な検査に合格している健全な企業なので、今治タオルを買う時は正規タグを確認してから買うのが良さそうです。 タグ表記の確認はから 今回、工場や会社名までは特定できなかったのですが、上記urlに記載されている会社は少なくともNHKで放送された工場(会社)ではないので安心です。 この写真に写っているプレハブが劣悪な環境下で働かされているベトナム実習生の寮です。 住所は今治市内ということしかわかっていないのですが、正確な住所が特定できれば工場まで特定できるかもしれません。 もしこの建物を知っている地元の方がいれば情報提供をお願い致します。 — ちきりん InsideCHIKIRIN は地域団体商標でしかない上に、件の事業者は非公式。 今治タオル工業組合は、ブランドを守る為にも不買運動を逆手に、こういった悪質な事業者の摘発・排除、ブランドの厳格化を含めて、労働者保護も明確な形で表明していって欲しい。 全部がそうじゃないだろうけど安けりゃ疑うよ。 販売会社は「工場外注だからよく知らない」って言うだろうけど、そんなん嘘ってバレバレだわ。 にしてもラストが胸糞すぎ。 — メリーズさんの密事 ScrtMERRIEsPan 今治タオルとかもそうだけど日本って何故こうも人間をこき使おうって精神が染み付いてるのか疑問でしかない 人手不足で外国人労働者に頼るしかない。 で、その外国人をも苦しめる。 先日しまなみ海道を走った時、 沢山の外国人とすれ違った。 愛媛にも沢山の技能実習生が いるんやなぁ。 知らなかった。 あまりにも内容が衝撃的過ぎた。

次の