千葉 雄大 伊藤 沙莉。 千葉雄大 伊藤沙莉が残念!?

千葉雄大 『いいね!光源氏くん』で共演の伊藤沙莉に感動!?

千葉 雄大 伊藤 沙莉

4月4日からNHK総合で放送がスタートする『いいね!光源氏くん』より、千葉雄大と伊藤沙莉のコメントが公開された。 本作は、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 』など意欲作が続くNHKよるドラ枠第6弾となる、えすとえむの同名コミックを実写化したラブコメディ。 『源氏物語』の中で、雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織と同居生活を送る模様を描く。 主人公・光源氏を千葉、沙織を伊藤が演じるほか、桐山漣、入山杏奈、神尾楓珠らがキャストに名を連ねている。 千葉は自身が演じる役柄について、「目の前で起こったことを素直に楽しんでいて、鈍感な部分もあるけど、柔らかさをもって、切なさもありつつ。 僕はそこがすごく好きで、本当に純な人物だなと思いました」と、これまで数々の作品で描かれてきた光源氏像とは異なると語る。 そんな光源氏を自宅に招き入れることになる沙織を演じる伊藤は、「沙織は自分に自信がないし、美人の妹がいて、自分は脇役人生って勝手に思い込んで勝手に辛くなっている女性」と解説し、共感する部分が多々あったと振り返る。 劇中、光源氏が突然和歌を詠むというシーンがあるという。 千葉は、「(共演者やスタッフに)多々ご迷惑をおかけしたなと思いますけど(笑)、そういう誇張されがちなところを、いかに真剣にやるかということが、楽しくて印象に残っています」とそのシーンを振り返る。 一方、伊藤は奇抜なシーンではなく、日常描写が印象に残っているようで、「歯磨きを教えてる時間とか、スマホのいじり方を教えてる時間とか、そういう些細なシーンが自分の中では濃かったなと思うし、すごく楽しかったです」と語った。 コメディ作ということで、千葉は「笑いすぎてNG」という役者人生の中でも初めての経験をしたという。 物語の中に急に差し込まれる恋愛シーンがツボにハマってしまったようで、「お芝居だから当たり前なんだけど、『なにやってるんだろう、我々』って思ったら笑いが止まらなくなって、困りました。 面白いんだろうなっていうところを、真剣にやればやるほどこらえるのが辛かったり」とコメント。 伊藤も、「撮影現場でこんなに自分でいたことあるのかなっていうくらい、シンプルに楽しかったですし、一生ふざけてたので(笑)」と現場の様子を明かした。 nhk.

次の

伊藤沙莉、春ドラマでも増す存在感 千葉雄大の“あざと可愛い”演技をけん引する女優としての実力

千葉 雄大 伊藤 沙莉

俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第5話が2日に放送され、涙を流す伊藤沙莉の両頬を千葉が手で包み込むシーンにネットでは「切ない... 」「ドキドキしちゃう」とさまざまな声が寄せられた。 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。 「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。 職場の後輩の結婚式に参加していた沙織(伊藤)は、同僚との会話の中で「光と同居している」とつい口を滑らせてしまう。 既婚者である光との同居に「不倫はないわ。 人としてのモラル捨てない方がいいよ」と指摘された沙織は、光との関係について思い悩むようになる。 平安貴族でない一般人との恋愛を真剣に考えなければならないと思った沙織は、同僚とともに婚活パーティーに参加。 しかし沙織は、男性との会話を楽しみながらも、自分が男性を光と比較してしまっていることに気づき、自己嫌悪に陥る。 帰宅後、沙織は自身について「人を見かけで判断する醜い人間なんだよ」とポツリ。 光が「沙織殿は美しい心を持っている」と励ますも、沙織は「いいって無理に励まさなくても」と素直に受け止められない。 すると光は沙織の両頬を手で包み込み「私の言葉が信じられんのか。 あの夜、誰ともわからぬ私を招き入れてくれた。 かように優しい心の持ち主が、醜いなどということがあろうか」と力を込めた。 ここで沙織が涙を流すと、光はプッと吹き出してしまう。 すかさず沙織が「いま人の顔見て笑ったでしょ」と指摘すると、光は「愛らしさに頬が緩んでしまったのだ」と慌てて弁解するのだった。 このシーンにネット上では「切ない... 」「顔が近い。 ドキドキしちゃう」「切なすぎて胸キュンすぎてどうしたらいいの」とさまざまな反響の声が寄せられた。

次の

千葉雄大 X 伊藤沙莉 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

千葉 雄大 伊藤 沙莉

コロナ禍で楽しいことがお預けだった毎日で、キュンとできるドラマとして人気だった、千葉雄大主演のドラマ「いいね!光源氏くん」がとうとう最終回を迎えました。 立場が違いすぎる光源氏(千葉雄大)と現代の会社員・沙織(伊藤沙莉)。 違いを尊重しつつ成長した二人はどんな結末を迎えた?• 記事末尾でコメント欄オープン中です! 全8話完走、最終回を迎えた「いいね!光源氏くん」 光源氏「気がついたらここにいたのだ。 いつの間にか、沙織どのと見る景色が、私の最も大切なものになっていたのだな」 5月23日(土)に最終回を迎えた よるドラ「いいね!光源氏くん」(NHK総合)。 撮影は今年1月から2月にかけておこなわれており、新型コロナウイルスの影響を受けずに無事に最終話が放送された。 放送された8週間、現代にやってきた 光源氏(千葉雄大)にすっかり癒されていた。 物理学者の フィリップ(厚切りジェイソン)が次元ジャンプの謎を解き、光がもとの世界に戻れる方法を見つける。 その方法を聞いた沙織は、光を「源氏物語」の世界に帰すことを決意していた。 一方で、光もまた決意をしていた。 それは、もとの世界に戻ることにこだわるのではなく、いま目の前にいる一人を大切にすること。 現代で、沙織と一緒に暮らしていこうと心に決めていた。 相手の文化を「矯正」しない沙織 前回、京都で光は沙織に厳しいことを言われていた。 沙織「これだけは話しておく。 源氏物語の中であなたが愛した女の人は、誰一人幸せになんかなってないから! 愛した人たちを同じとこに住まわせて、別の人が産んだこどもの世話までさせて、それで幸せにできたって? 馬鹿みたい!」 京都の「源氏物語ミュージアム」に、光の将来住む屋敷の模型があった。 ひとつの屋敷で、光と愛する女性たちが一緒に暮らす。 それを幸せだと言って満足そうにする光に、沙織が苦言を呈したのだ。 沙織をはじめ現代の女性の感覚では嫌だと感じる人が多いだろう。 平安時代ならその点おおらかだったかというとそうではなく、沙織が言うように「源氏物語」に登場する女性たちもそれぞれに悩んだり苦しんだりしていた。 それも、光にとってはそれが当たり前であり幸せの形だと信じていたものだ。 現代に来たからといって、光の考え方や人生を「矯正」してしまうのだろうかと、ドラマを見て心配もしていた。 沙織は、光の考え方を完全に理解はしなかったようだ。 妻がいる光と恋愛関係になることを選ばなかったし、女性に目移りする光を見て不機嫌そうにもしていた。 ただ、理解はしなかったが、光の文化を尊重していたからこそ一緒にいることよりももとの世界に帰すことを選んだ。 京都ではどうしても我慢ならず厳しいことを言ってしまった沙織。 だけど、最後まで光を無理に「矯正」しようとはしなかった。 未来が楽しみになるドラマ 誰かに矯正されたからではなく、光は自ら一人の女性を大切にすることを選ぶ。 頭中将(桐山漣)と居酒屋で酒を飲みながら、光はこんなことを呟いた。 光「我らはここへ女心を学びに来たのだろうか」 中将「だとしたら、難儀な旅であるな」 光の耳が痛いこともはっきりと言ってくれる沙織と過ごして、光は、自分も一人ひとりの女性と向き合えるのではないかと少し自信をつけた。 一方で、いま目の前にいる女性、沙織を大切にしていきたいとも考えるようになっていた。 「源氏物語」の主人公と現代の会社員、立場が違い過ぎるからこそ「尊重」と「歩み寄り」がわかりやすく浮き上がってくる。 「いいね!光源氏くん」の設定は、異文化のドタバタを生むためだけではなかった。 違い過ぎる二人がどんな風に相手を受け入れ合うのかを、全8話という長さでもはっきりと色濃く描き出すのにぴったりの設定だったのだ。 7話で 詩織(入山杏奈)が言った「みーんなが幸せになれたらいいね」という台詞どおりのハッピーエンド。 中将もまた、この言葉通りに カイン(神尾楓珠)たちと幸せにやっているように思える。 とはいえ、いま中将は何をしているのか? 光がもとの世界に置いてきた女性たちはどうなるのか? フィリップは無事なのか? と、もうちょっと見たかった!点も多々残されている。 制作統括の管原浩が続編の可能性について触れていたというニュースもあった。 いまの状況では、今作と同じように撮影を始めるのは難しいかもしれない。 でも、光が沙織と見る花火を楽しみに待っていたように、また光や沙織たちに会えるのを待っていたい。 そんな風に、日々や未来を楽しみに思えるドラマだった。 よるドラ「いいね!光源氏くん」(NHK総合)土曜よる11時30分放送.

次の