尼崎 市 ゴミ の 日。 尼崎市プリンター処分方法

ゴミの分別情報:尼崎市のゴミ収集日(ゴミカレンダー尼崎)

尼崎 市 ゴミ の 日

概要 [ ] の南東端に位置する。 のを除いてに隣接する唯一の自治体で、も大阪市と同じ「06」である()。 のを中心に工業都市へと発展を遂げ、中核市の指定を受ける以前の1948年からに指定されている。 ・・に次いで兵庫県下第4位の規模の人口を有しており、2018年には9年振りに人口増加に転じた。 沿岸部および・沿いの工業地域、・周辺の商業地域の他は住宅地が大半を占め、兵庫県の自治体のうちが最も高い。 ただし、大阪市への通勤率は20. 近年は、や沿線を中心とした市中南部の再開発事業にも力を入れており、これらの地域でも高層マンション群や巨大商業施設が多くみられるようになった。 JR尼崎駅北側では大規模な再開発地域(、)が整備されている。 また、昭和初期に地下水の汲み上げによるで市域の3分の1がとなり、による浸水被害に見舞われた経験から建設されたは、後から補強工事が行われている。 地理 [ ] 尼崎市中心部周辺の空中写真。 1985年撮影の18枚を合成作成。 を基に作成。 南はに面し、西は、北は、北東は、東は(及び)に接しており、市域はに含まれる。 隣接する自治体・行政区• (、、)• 水系()• (さもんどがわ)• 中島川• (しょうげがわ)• (庄下川上流部)• (武庫川の水を農業用水路に引くための取水口、六つの用水路に分かれる)• (よもがわ、二級水系)• 浜田排水路(上流部) 歴史 [ ] 尼崎は、・の河口に頃形成されたが陸地化した土地である(地名にも「長洲(ながす)」や「杭瀬(くいせ)」という地名があることからもそれは伺える)。 市域の大半はで、左岸地域がとなる。 が水陸交通の要所として、大物浦が海上交通の拠点として古くから栄え、江戸時代にはによって大物浦に隣接する地に尼崎城下が整備された。 なお、城下の東端を流れ、大阪府との府県境となっている左門殿川は、左門と通称された氏鉄が河川改修を手掛けたことによる。 頃、、上ノ島で稲作がはじまり、この頃から田能で人々の生活が始まる。 頃、、池田山古墳(4世紀後半)、御園古墳(5世紀後半)、伊居太古墳(5世紀末)など塚口古墳群が築かれる。 頃 猪名県主などの豪族が支配した。 東大寺の荘園として猪名荘が成立する。 長岡京遷都に際して、平安時代後期には、現尼崎市域の神崎・浜崎・今福・杭瀬といった港が栄える。 頃 (大物町付近、河口の要港)が繁栄する。 大物浦から率いる源氏軍が四国に撤退した平氏を追撃するため出航。 が日恩により創建される。 性曇上人により塚口城が築かれる。 が日隆により創建される。 によって市街地が焼き討ちにあう。 薬師寺氏により富松城が築かれる。 敗れたがで自害。 によって市街地が焼き討ちにあう。 尼崎藩が設置され、によりが築かれてとなる。 によりとなる。 兵庫県に編入。 市内最初の小学校、常松小学校(後の)が開校。 とを結ぶ官設鉄道(後の、)が開通し、神崎ステーション(現・JR)が設置される。 尼崎紡績(現・)が発足。 この頃から工業が発展しはじめる。 尼崎市と伊丹市を結ぶ(のち・を経て、現・、旧国鉄尼崎港支線)が開通し、尼ヶ崎駅(後の)、大物駅、長洲駅、が設置される。 大阪と神戸間を結ぶ日本初の本格的都市間電気鉄道、が営業開始。 、、、、が設置される。 阪鶴鉄道福知山線の大物駅、長洲駅が廃止。 帝国鉄道庁福知山線尼崎港支線にが設置される。 - 初代の市章を制定する。 (後、京阪神急行電鉄を経て、現・)・が開通。 当初、市内にはのみを設置(は1936年、は1937年の設置)• 阪神国道(現・)が開通。 国道上の交通機関として(後・)開業。 東海道本線 - 間電化開業にあわせてが設置される。 2代目の市章を制定する。 ・ 米軍のによるによって大きな被害をうける。 (尼崎市バス)発足。 として阪神本線武庫川駅 - 出屋敷駅間にが設置される(1963年に常設駅化)。 尼崎の海岸部全域を覆う大防潮堤建設が完了する。 市庁舎竣工。 設計は。 日本初の都市間高速道路として、 - 間(71. 1km)が開通。 阪神国道線を廃止。 福知山線 - 塚口駅間にが設置される。 尼崎港支線旅客営業廃止、貨物線となる。 これに伴い、金楽寺駅が廃止となる。 国鉄福知山線尼崎港支線が廃線となり、尼崎港駅が廃止。 市内での死者49人、負傷者7145人。 4月1日 県下で初となるの指定を受けて移行。 が発生。 阪神西大阪線(尼崎駅 - 西九条駅)がに線名変更されまで延伸開業。 4月1日 県下で3番目となるへ移行。 3月20日 尼崎市交通局の路線バス運行をに移譲。 これにより、兵庫県内の公営バスはとのみとなる。 行政区画の変遷• 22年 施行によりが発足。 (5年) - およびの一部(東難波・西難波)が合併して 尼崎市が発足。 合併時の尼崎市の面積は7. 兵庫県下では、・に次いで3番目に市制を施行。 (11年)4月1日 - 尼崎市・川辺郡が合併し、改めて 尼崎市が発足。 (昭和17年) - ・・川辺郡を編入。 (昭和22年) - を編入。 (昭和44年)4月1日 - 西岸の西昆陽字田近野をに編入。 同東岸の西宮市平左衛門町を編入。 地域 [ ] 市内には御園町(中央地区)と御園(園田地区)という似た地名がある。 人口 かつてはに次いで県下2位であったが、人口減によりおよびに抜かれた。 ただしは兵庫県内の市町村で最も高く、日本国内においても30位以内に入る。 度の554,155人から減少を続けていたが、徐々に減少傾向は緩やかになり、は37年ぶりに人口増加に転じた。 平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、1. 尼崎市と全国の年齢別人口分布(2005年) 尼崎市の年齢・男女別人口分布(2005年)• 開明町• 神田北通• 神田中通:• 神田南通• 北城内• 北竹谷町• 北大物町• 北初島町• 玄番北之町• 玄番南之町• 昭和通• 昭和南通• 竹谷町• 大物町(1丁目の一部を除く)• 建家町• 中在家町• 西海岸町• 西桜木町• 西高洲町• 西大物町• 西難波町• 西本町• 西本町北通• 西松島町• 西御園町• 西向島町• 東海岸町• 東桜木町• 東高洲町• 東大物町(1丁目の一部を除く)• 東難波町• 東初島町• 東浜町• 東本町• 東松島町• 東御園町• 東向島西之町• 東向島東之町• 扶桑町• 船出(東海岸町地先より分離)• 御園町• 南城内• 南竹谷町• 南初島町• 宮内町• 蓬川荘園 小田地区 おおむね旧域。 JR尼崎駅を中心とした南東部。 「」も参照 初代の市歌は(大正15年)に歌詞を一般公募して制定された。 作詞・福武周夫、作曲・小部卯八。 現行の2代目市歌は小田村との新設合併後、(昭和15年)の記念事業の一環で作詞を、作曲をに依頼して制定され、が(M1730)を製造した。 大時代的な歌詞だが、戦後もしばらく歌詞の一部を省略して小学校の運動会などの行事において演奏されていた。 この他、(昭和44年)に市政広報番組の主題歌として作成された「きょうちくとうの願い」、(昭和61年)に市制70周年を記念して作成された「ああ尼崎市民家族」 、地元の女性デュオが制作した(平成27年)発表の市制100周年記念PRソング「あまがすき」 などの愛唱歌が存在する。 木・花など 市の木は、市の花は、市の草花はが選定されている。 市の花は(昭和27年)選定で、市の木と草花は(平成3年)に選定された。 市の鳥は選定されていない。 行政 [ ] 政策 [ ] まちかどチャーミング賞 都市美化と景観への取り組み かつてはの中核を担う工業都市として「 工都」と号し、立ち並ぶ煙突が町の誇りとされる一方、の都市として有名であった。 近年では、工業用排水・生活排水による汚染が著しかった市の中心部を流れるが、魚の住める状態にまで改善されたとして、2000年度の賞「蘇る水100選」を受賞するなど、美化事業に力を入れている。 2010年まで行われた、NGO主催の「」には2001年開催の第1回より毎年参加しており、特に2004年開催の第4回においては総合で4位、人口規模別で1位、防止部門の人口規模別で1位 となるなど、総合ランキングでトップ10の常連として名を連ねた。 2013年には国によりに選定されている。 また、尼崎市では1986年(昭和61年)から、景観に対する優れた取り組みを表彰する「まちかどチャーミング賞」を実施している。 歴史的建造物の保存のみならず、新規建造物も対象としており、2016年(平成28年)まで計9回行われた。 尼崎21世紀の森構想 尼崎市内の以南の約1,000ha を対象区域とし、21世紀を時間軸とした長期的な取り組みで行なう一大プロジェクトとして、兵庫県は、水と緑豊かな自然環境の創出による環境共生型のまちづくりをめざして、平成14年3月に構想を策定した。 市民をはじめあらゆる主体の参画と協働により尼崎21世紀の森づくりを進めるために、平成14年8月に「尼崎21世紀の森づくり協議会」が設置されている ほか、パイロットプロジェクトとして(わんがんの森)の整備が進められている。 また、構想区域内にあるは、国土交通省が支援する「運河の魅力再発見プロジェクト」の第1次認定を受けている。 インターネット監視 尼崎市は、やにかかわる人権啓発と差別防止のため、2010年よりインターネットのモニタリング制度を始めた。 これは、尼崎市に関連する差別的な書き込みを、市人権課の職員がパソコン5台を使って監視するシステムで、万一該当発言を確認した場合には、プロバイダーに連絡して削除の要請を行う、というものである。 運用開始後一か月強で25件の差別的な書き込みを発見したが、個人名特定には繋がっておらず削除が必要と判断されるケースはなかったとされる。 中核市移行 尼崎市は2007年(平成19年)5月21日、正式にへの移行を表明し、同5月23日に白井市長を本部長とする第1回中核市推進本部会議を開催した。 過去、人口要件は満たしていたものの、市域面積が約50と要件(人口50万人に達していない都市は面積100km 2以上)に満たなかったが、第28次地方制度調査会で「面積要件については廃止することが適当」とされ、2006年(平成18年)6月7日にの改正・施行により正式に中核市都市候補となった。 のちに2008年(平成20年)10月16日付けのによりのがなされ、(平成21年)4月1日に中核市となった。 隣接する西宮市は4月1日に中核市に移行しており、兵庫県下ではと合わせ3市が中核市である。 中核市への移行で県から多くの権限が委譲されたことに伴い、(平成26年)には兵庫県の出先機関である阪神南県民局(尼崎市・西宮市・芦屋市を管轄)が規模を縮小したに改組された。 暴力団排除活動支援 市内にの本部事務所などがあることから、2019年、市は独自に「市暴力団排除活動支援基金条例」を制定。 同年、が、事務所の使用差し止め請求を神戸地方裁判所に行った際に、条例による基金から一部援助を行った。 櫻井忠剛(旧・尼崎町長、1916年8月11日〜1922年5月18日)• 上村盛治(1922年6月20日〜1928年1月22日)• 櫻井忠剛(1928年2月2日〜1934年10月15日)• (1935年6月11日〜1936年3月31日)• 有吉實(1936年6月3日〜1943年3月17日)• (1943年7月12日〜1946年11月20日)• 六島誠之助(1947年4月6日〜1951年4月4日)• (1951年4月25日〜1954年11月13日)• 薄井一哉(1954年12月14日〜1966年12月11日)• 篠田隆義(1966年12月12日〜1978年12月11日)• (1978年12月12日〜1990年12月11日)• 二代目・六島誠之助 (1990年12月12日〜1994年12月11日)• 宮田良雄(1994年12月12日〜2002年12月11日)• (2002年12月12日〜2010年12月11日)• (2010年12月12日〜)• 市長職代理者• 櫻井忠剛(市長臨時代理者、1916年4月1日〜1916年8月10日)• 古城林(市長職務管掌地方事務官、1936年4月1日〜1936年6月2日)• 寺畑春雄(市長職務代行者市事務吏員、1954年11月14日〜1954年12月13日) 警察 [ ] 市内に・・の3警察署が置かれている。 このうち、尼崎南署はに、尼崎中央署と尼崎西署が統合したもので、中心市街地に近い中央署庁舎を南署とし、旧西署は南警察署西分庁舎に格下げとなった。 消防 [ ] が管理する。 中・東・西・北の4消防署と、中署に三和分署、東署に常光寺出張所、西署に武庫分署と大庄出張所、北署に園田分署と塚口出張所がある。 水道 [ ] が管理する。 市役所近くに別の庁舎を設けている。 ゴミ [ ] 尼崎市経済環境局環境部の管理で、市湾岸部に2つの(クリーンセンター)を設置し、処理を行っている。 より家庭系ごみではを採用している。 指定ゴミ袋制度の4つの根拠は次のようなものである。 中身の見える袋に統一して、分別の徹底を図る。 ごみ減量・リサイクルのシンボルと位置づけ、その促進を図る。 家庭系ごみと事業系ごみの区分の明確化を図る。 収集・処理作業中の事故防止。 ゴムや皮革類・プラスチック類を含む「燃やすごみ」、主に食品系の缶を含む「びん・缶・ペットボトル」、「紙類・衣類」、小型家電・刃物類・ガラス類・スプレー缶などを含む「金属製小型ごみ」、みぞのどろ、し尿などの区分があり、地区ごとに設定された指定日に戸別収集が行われる。 動物の死体や、大型家電などリサイクルシステムのないごみの収集は、別途の申し込みと処理にあたっての処理券の購入が必要である。 クリーンセンターへの持ち込みも可能。 国の機関 [ ]• 尼崎支部• 西宮区検察庁• 尼崎拘置支所• 神戸保護観察所尼崎駐在官事務所• 神戸地方法務局尼崎支局• 尼崎税関支署• 尼崎税務署• 尼崎労働基準監督署• 尼崎公共職業安定所• 兵庫支部• 尼崎年金事務所• 猪名川河川事務所園田出張所 兵庫県の機関 [ ]• 尼崎港管理事務所• 兵庫県旅券事務所 尼崎出張所• (とを統合し、跡地に開設)• 兵庫県動物愛護センター 議会 [ ] 市議会 [ ] 「」を参照• 定数:42名• 任期:(29年) - (3年)• 議長:真鍋修司(まなべ しゅうじ 公明党 6期)• 定数:7名• 任期:(令和元年) - 氏名 会派名 当選回数 小泉ひろき 公明党・県民会議 1 公明党・県民会議 4 4 徳安淳子 維新の会 4 2 5 自由民主党 4 衆議院 [ ]• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (尼崎市) 3 選挙区 裁判所 [ ]• 尼崎支部• 尼崎支部• 交通 [ ] 市内は鉄道網・道路網ともに充実しており、港湾も有するほか、近隣には空港も立地している。 鉄道 [ ] (JR西日本)• (大阪市淀川区) - - - (西宮市)• 尼崎駅 - - - (伊丹市)• 尼崎駅 - (大阪市淀川区)• (大阪市淀川区) - - - - (西宮市)• 塚口駅 - (伊丹市)• (大阪市西淀川区) - - - - - - - (西宮市)• (大阪市西淀川区) - 大物駅 - 尼崎駅 この他、市の北部をが通り抜けている(駅はない)。 直通するを含めが最寄駅となる。 市の中心駅:尼崎駅、阪神尼崎駅(商工会議所などのある繁華街は阪神尼崎駅を中心に広がっている)• 市役所最寄り駅:立花駅 JR尼崎駅は、・・・・・方面からと・・・・・・方面からの列車が交わり接続する(=ジャンクション)駅としての役割を担っている。 阪神尼崎駅も2009年春の開業により大阪の()と()に接続され、大阪難波駅からはへ乗り入れ方面にもつながっている(大阪難波駅やその先の・での乗り換えにより、や方面へも行ける)。 関西私鉄で・の2大ターミナル両方に乗り入れる鉄道は阪神が初めてである。 また西についても・方面の他、を介して・方面に直通運転を行っている。 道路 [ ] 国道2号線 (十間交差点の歩道橋より大阪方面を望む)• 北東部の園田地区では隣のにあるが最寄りとなる地域もある。 (・)• (・)• (阪神国道)• (第二阪神国道)• (西国街道)• (玉江橋線もしくは産業道路)• (一部・園田橋線、山手幹線、近松線および田能通り)• (尼宝線)• (玉江橋線の国道2号〜43号間および五合橋線の国道43号以南)• (長洲線)• (五合橋線)• (尼宝線の国道2号以南)• (山幹通りの一部)• (大物線の一部)• (出屋敷線)• その他の広域幹線道路• (山幹通り)• 主な(上記記載外の通り名)• 弥生線• 食満(けま)通り• 田能通り• 波洲通り• 道意線• 七松線• 琴浦通り(旧国道) バス [ ]• :かつてはが市内を運行していたが2016年3月19日に廃止され、残存路線は譲渡先の阪神バスが翌3月20日より尼崎市内線として運行。 その他阪神国道(国道2号)、尼宝線(県道42号)を中心に運行。 :、発着の一部路線を運行。 :が阪神電車 - 阪急電車間の連絡路線や、尼崎市内から・方面を運行する主に縦断路線で、のが西昆陽地区の国道171号上の路線を担当する。 このほかから方面や南部の西川から方面はが担当する路線もある。 かつては「尼崎営業所」として市内に営業所を持っていたが、県立尼崎稲園高校の開校を受けて1979年8月に伊丹市に移転して伊丹営業所となった。 :伊丹市域より阪急塚口駅またはJR猪名寺駅に乗り入れる路線を運行。 市内の停留所は同じ箇所でも事業者で異なる場合も見られたが、2009年に一部停留所の名称統一を行うなど改善を行った。 港湾 [ ]• (通称:尼崎港) 空港 [ ] 隣接する・はを擁する。 尼崎市は空港地元自治体連合の(10市協)の一員である。 ただし、市内からの交通アクセスは、阪急伊丹線やJR宝塚線で・まで移動して空港行の伊丹市営バスに乗車するか、阪急電車で大阪市内のを経てまで行きで空港に入る大回りを強いられるなど、全般に不便である。 一時期、JR尼崎・阪神尼崎と空港を結ぶリムジンバスもあったが廃止された。 なお、へはJR尼崎駅・阪神尼崎駅から直通のリムジンバスがある。 経済 [ ] 市場 [ ]• 商店街 [ ]• 立花商店街• 杭瀬商店街• 武庫元町商店街• 塚口商店街• 園田商店街• 武庫川中市場• 新浜田市場• 大和市場• 西ナニワ商店街• 武庫之荘一丁目 本通り商店街• 上坂部商店街• 長栄市場 ちょんの間 [ ]• ショッピングセンター [ ]• 寺社・旧跡・文化遺産 [ ]• — 国の。 前期から前期まで続いた遺跡で、弥生やのが見つかっており、埋葬施設としてはや、などが見つかっている。 に選ばれている。 墓 — 国の史跡。 の境内にあり、隣接して近松記念館や近松公園がある。 — 城跡の一部に天守、石垣および土塀が模擬復元されている。 隣接するの南に面して尼崎城の棟瓦を保存するがある。 — 市の史跡。 — 禅師ゆかりのの古刹、興禅護国論が有名。 (法華宗の大本山。 開山堂、三光堂、の3棟が国の)• の護持刀。 の一つ)• 大尭山(本堂、多宝塔の2棟が国の重要文化財)• 月峯山(の名刹。 本堂東側に狂言堂を設け、の折りには、とともに、念仏狂言が執り行なわれる)• 瑞雲山(唱聞師)• 補陀洛山慈眼院(三丁目(奥ノ坊)。 真言宗善通寺派。 (兵庫県指定重要文化財)• 道慧山()- 尼崎藩主の菩提寺であるが、本堂は明治になり、尼崎城の本丸御殿の一部を移築したものだが、戦災にて焼失している。 ユニチカ記念館 - 1900年竣工の、• 東洋精機株式会社本館事務所 - 1941年竣工、設計、国の• - 1937年竣工、設計、国の登録有形文化財• 阪神電鉄旧尼崎発電所 - 1904年竣工のレンガ建築、現在はの倉庫として利用されている• — 市内にある5つの運河の総称、(北堀運河、西堀運河、東堀運河、中掘運河)• - 日本最大の• 登記上の本店 文化施設・スポーツ施設 [ ] 博物館・史料館 [ ]• - 1931年竣工、設計、旧尼崎信用組合新本店• 尼崎市立地域研究史料館• 尼崎市立田能資料館• 近松記念館• シャレコーベミュージアム ホール・宿泊施設 [ ]• アルカイックホール - のに選ばれている。 (ピッコロシアター) - の本拠地でのに選ばれている。 尼崎リサーチ・インキュベーションセンター• エーリックホール 図書館 [ ]• 上記2館のほか、市内の各生涯学習プラザに図書室が設置されている。 公園・緑地 [ ]• 猪名川公園• 武庫川河川敷緑地• 上坂部西公園・尼崎緑の相談所 - 下車の緑地公園• - 1963年に開設された日本国内初のが前身 スポーツ施設 [ ]• テニスコート• 尼っ子リンリン・ロード - を起点とし、を終点とする全長6kmの自転車道路。 寺町、蓬川緑地、北堀運河、であい橋、尼ロックなどを結ぶ。 公営競技場 [ ]• 尼崎研究開発センター• 技術研究所• 尼崎研究所• 本社 阪神事務所 阪神工場• 尼崎工場 油化学研究所• 特機エンジン事業本部 尼崎工場 塚口工場• (創業地でもある)• 先端技術総合研究所• (登記上の本店)• 神崎工場 先端材料研究センター• 杭瀬事業所 CMC研究本部• 研究センター 尼崎工場• 尼崎研究所• 尼崎工場• 関西統括支店• 尼崎事業所• 関西支社• 中央研究所• 尼崎テクノセンター• 尼崎工場 フィルム・シート研究所• 関西地域本部• 尼崎油槽所• 大阪工場 臨床検査薬研究所・ライフサイエンス研究所• 尼崎研究開発センター• 関西支社• 本部センター ・ギフト工場• 阪神主管支店• 西日本支社• 技術センター• 西日本技術研修センタ 兵庫総合技術センタ• ジャパン 関西支社• ナガセアプリケーションワークショップ• 西日本支社• 西日本支店• 大阪支店• 西日本ロジスティクスセンター• 関西事業所 西日本支社• ジャパン(旧日本法人) イノベーションセンター• 大阪支店 西日本物流センター 尼崎市に縁のある企業• - 一時期尼崎に本社を設置• - 尼崎紡績を前身とする。 登記上の本店。 - 前身企業のが本社を設置していた• - 市内南武庫之荘に本社工場を置いていた• - 市内水堂町に本社工場があった• - 現・。 ヤンマー時代は尼崎市の本社工場直属のチームで工場敷地内に練習グランド が、また試合は主にやの神戸中央球技場(現:)を使用していた• - の近畿地方エリアフランチャイジーでに事業本部をより移転• - 1956年に前身の株式会社三和シヤッター製作所が設立された• - 1937年に個人企業の長谷川工務店が創業された• - 1974年に前身のリード電機株式会社が設立された• - 1968年に前身の株式会社尼崎すし半本店が設立された 外郭団体など• 尼崎市• 尼崎市文化振興財団• 尼崎市• 尼崎人権啓発協会• 尼崎市社会福祉事業団• 尼崎健康医療財団• 尼崎口腔衛生センター• 尼崎環境財団• 尼崎市• 尼崎中高年事業株式会社• 尼崎地域産業活性化機構• 近畿高エネルギー加工技術研究所• 株式会社エーリック• 尼崎都市開発株式会社• 尼崎緑化公園協会• 尼崎市スポーツ振興事業団• あまがさき観光局 マスメディア [ ]• FMaiai(えふえむ あいあい)- 局• もとは「チャンネルウェーブあまがさき」として開局。 周辺のケーブルテレビ局と合併し現在に至る。 教育 [ ] に尼崎計算教育特区(特区)の認定を受けた。 大学 [ ] ちっちゃいおっさん• () - 近松が、現在の尼崎市にあった広済寺の再興に際し寄進したゆかりをもつ。 近松の町として様々な活動を行っている。 近松賞 - 近松門左衛門を記念して尼崎市が主催している公募賞• - エフエムあまがさきが主催しているお笑いコンクール。 (尼崎市で栽培される農作物)• - もとは(市バス)のキャラクターであったが、交通局廃止に伴い尼崎市シティープロモーションマスコットになった。 - 市は 非公認だが、大阪弁をしゃべるゆるキャラとして人気上昇。 様々なメディアに出演する。 - 混沌とした三和市場のシャッターを破壊する為に生まれたゆるくないゆるキャラ。 (忍たま乱太郎) - 原作者の尼子騒兵衛が尼崎出身で、登場人物名が尼崎の地名に由来する。 - 大物ゆかりのや富松薪能が毎年行われている。 市民まつり - 毎年十月に行われる市内最大のお祭り。 - 参加者がセンセイにもセイトにもなれる学校ごっこの催し。 人物 [ ] 難波七姓 、南部の尼崎を拠点として西摂津を支配したが配下としたを「 難波七姓」と称した。 7家の数え方は文献により若干相違があるが、概ね、、、、、、、、等のことをいう。 を通して同地域に勢力を保つ尼崎市のである。 出身人物 政治・経済・法曹• (:)• (ミュージシャン:)• (歌手)• (元日本テレビ放送作家・兵庫県尼崎市非公認ご当地キャラクター「ちっちゃいおっさん」生みの親・創業者)• 池田寅次郎(との実弟。 株式会社アップライト2代目代表取締役)• (の実妹でありの実姉、元劇団四季ダンサー、プロ振付師)• 石原加奈子(:)• (お笑いタレント:)• (喜劇俳優:)• (お笑いタレント)• (歌手)• (テレビプロデューサー・ディレクター)• 梅原淳(ミュージシャン・作曲家・編曲家)• (・アイドル:元)• (喜劇俳優:元吉本新喜劇)• アナウンサー• (タレント、俳優)• (ダンサー・歌手:)• (ジャーナリスト)• (軍事ジャーナリスト)• 後藤悦治郎(歌手:)• (ジャズピアニスト)• (コメディアン)• (お笑いタレント)• (タレント)• (放送作家)• (俳優)• (お笑いタレント:)• (タレント、元)• (声優・タレント・女優、元)• 冨好真(お笑いタレント、元)• 中井英行()• (声優)• (アナウンサー・元アナウンサー)• (アナウンサー)• (お笑いタレント)• (モデル・タレント)• (JAZZ演奏家)• (俳優)• (俳優)• (歌手・NPO法人理事・松本人志実兄)• (ダウンタウン)• (女優)• (ミュージカル俳優)• (アイドルグループ:)• (お笑いタレント:)• (ミュージシャン)• (シンガーソングライター)• (男役)• (歌手) スポーツ• (元)• (代表)• (北京五輪ソフトボール代表)• (プロ選手、所属)• (プロ選手)• (元選手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球投手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (日本スナッグゴルフ協会理事)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球審判)• (元プロ野球投手)• (投手)• (プロサッカー選手、所属)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (投手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手、市内に銅像と手形がある)• (元)• (元大相撲力士)• (元)• (元)• (元)• (プロレスラー)• (女子・選手)• (元プロ野球選手)• (ラグビー選手)• (ラグビー選手)• (ラグビー選手) ゆかりの人物• (、生まれ)• (の・作者、市内に墓所あり)• (・解説者、生前市内に在住)• (、生前武庫之荘在住)• 米朝の長男であるも市内で育ち、ではも在住 するなどゆかりがある。 (作曲家、などので知られる。 生まれ当市育ち)• (・:、等のデザイナー) 市外局番 [ ] 兵庫県に属するが、市全域が大阪市、、、などと同じ、「06」になっていて、通話料金も大阪府扱いである。 ただし、の事業区域では兵庫県扱いになっている。 この理由は、との経済的な結びつきが強い尼崎市が、(29年)にが適用された際に、尼崎市も大阪市内と同じ通話料金で利用できるようにとの配慮で、尼崎市がに、工事費の一部として約2億円のを引き受け、大阪市と同じ市外局番になったという経緯がある。 当時は市外局番が同じ場所へ通話をする際の料金()が、市外局番が違う場所の半分で済んでいたことから、尼崎市は大きな恩恵を受けた。 また、かつて大阪市までしか通っていなかった電話を、どうしても尼崎まで通してほしいということで、有限責任尼崎紡績会社(現在の)がに自費で尼崎市まで電話線をひいたという逸話もある。 ナンバープレート [ ]• 尼崎市は、神戸ナンバー()を割り当てられている。 割り当て地域は以下の通り。 神戸市・尼崎市・明石市・西宮市・洲本市・芦屋市・伊丹市・西脇市・宝塚市・三木市・川西市・小野市・三田市・丹波篠山市・丹波市・南あわじ市・淡路市・加東市・川辺郡・多可郡 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 先代市長の六島誠之助の子息• は武庫川にかかる橋脚上に在る国内でも大変珍しい駅であると同時に、武庫川の中間にとの境界がある。 東側駅舎と本線ホームは尼崎市側、西側駅舎と武庫川線ホームは西宮市側にある。 大物駅と尼崎駅の間は本線との重複区間。 阪神電鉄より分離して開業。 阪神電鉄直営バスを統合。 やなどの均一運賃地域で主流の方式。 関西では他にの堺シャトルやの奈良市内の一部などで見られるが、均一運賃を取り入れているや(後者は区間制運賃の路線もあり)は「後乗り前降り・後払い」である。 現本社は神戸市にあるが実質的な本社・工場。 創業も尼崎市。 現在もセレッソの下部組織が練習に使っている• にと経営統合し、法人格解消。 とを統合 出典 [ ]• 図典 日本の市町村章 p158• 、2013年7月20日(2016年3月5日閲覧)。 - 『南部再生』第30号、尼崎南部再生研究室、2008年。 (・レファレンス協同データベース)• 、尼崎市、2015年12月25日、2頁。 - 尼崎市• 毎日新聞、2010年6月26日• 神戸新聞 2019年10月31日. 2019年11月2日閲覧。 尼崎市 2018年5月10日. 2018年7月16日閲覧。 , 尼崎市2016年6月15日• withnews. 2015年10月12日. 2015年10月12日閲覧。 ユニチカ百年史. ユニチカ 1991年6月1日. 2012年12月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 に関連するメディアがあります。 その他• に関連する地理データ - 西宮市 尼崎市 大阪湾 大阪市.

次の

車止めに乗り上げ「脱線」 阪神電鉄尼崎車庫

尼崎 市 ゴミ の 日

引越し時や大掃除、結婚や転勤など、一時的に多量のゴミが出る時にゴミをクリーンセンターへ直接ゴミを持ち込みたい(自己搬入したい)と考えた事はありませんか? また、同じ市・区・町村でも居住する地区や、ゴミの種類によっても持ち込みできる施設が異なる場合がありますので、注意が必要です。 事前にご確認ください。 家庭から出されたごみと事業所や商店から出されたごみでは、持ち込みが出来るごみの内容が異なりますので、ご注意ください。 家庭から出たいらなくなったごみを、自分で持ち込まれるときは、事前に申し込みをして、クリーンセンターへ持ち込んでください。 搬入予定日の前日までに電話での予約が必要です。 タイヤ、消火器、プロパンガスボンベ、自動車部品、パソコン・二輪車、家電リサイクル法対象品目などは持ち込む事ができません。 テレビ(薄型含む)・洗濯機・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・衣類乾燥機・パソコンは 粗大ごみとして収集できません。 お住まいの地域を担当するごみ持込施設の電話番号(かけ間違いにご注意) ごみの発生地域 担当施設 問合TEL (かけ間違いにご注意) 尼崎市 クリーンセンター 06-6409-0101 施設名称|尼崎市クリーンセンター 所在地 〒660-0843 兵庫県尼崎市東海岸町16番地の1 電話 06-6409-0101 予約受付曜日 月曜日から金曜日(祝日を含む。 ただし、年末年始は除く) 予約受付時間 午前8時30分から午後5時15分 持ち込み日時 月曜日から金曜日(祝日を含む。 ただし、年末年始は除く) 午前9時から午前10時までと午後2時から午後3時までの間 尼崎市のごみ持込施設の周辺地図 尼崎市クリーンセンター 尼崎市と町域について.

次の

兵庫県の尼崎市、伊丹市、西宮市の中で一番ゴミ捨てがめんどくさいのはどこですか? ちなみにマンションに入居予定です! 共益費払うからあんまり関係ないんですかね?

尼崎 市 ゴミ の 日

兵庫県尼崎市のゴミ収集日程表(ただ今、情報作成中) 尼崎市くらしの情報 「ごみの出し方」「 ごみの減量・リサイクルへの取り組み」「 ごみ処理施設(クリーンセンター)」「 カラスによるごみの被害状況」「 使用済み携帯電話の回収について」「 不法投棄について」・・・などについての情報が掲載されています。 1916年(大正5)市制施行。 1936年(昭和11)小田村、1942年大庄(おおしょう)、立花、武庫(むこ)の3村、1947年(昭和22)園田(そのだ)村を編入。 JR東海道本線・福知山線・東西線、阪神電鉄本線・なんば線、阪急電鉄神戸本線・伊丹線、名神高速道路、阪神高速道路3号神戸線・5号湾岸線などが通じる。 面積49. 97平方キロメートル、人口45万3748(2010)。 掲載後の自治体での出し方の変更等により、必ずしも最新・正確な情報であると保障致しません。 参考程度にお考え下さい。 また、個人の自己責任でご利用頂きます。 正しい最新の情報は尼崎市役所ホームページ、及び担当部署にご確認をお願い致します。 city. amagasaki. hyogo.

次の