皮膚科 川崎。 川崎駅の皮膚科一覧|ドクターズ・ファイル

皮膚科

皮膚科 川崎

私達は、患者さんをあらゆる方向から総合的に診察し治療する、総合皮膚科学を実践します。 皮膚科では、皮膚および爪、毛髪、口腔粘膜に変化を生じるすべての疾患を対象にします。 皮膚疾患の原因や悪化要因を明らかにし、疾患に応じて標準から先端的なレベルで治療に取り組みます。 当科で診療する疾患は多岐に渡りますが、特に皮膚腫瘍、自己免疫、感染症とアレルギー性疾患に力をいれています。 皮膚腫瘍治療センターとして、形成外科と共同で良性腫瘍と悪性腫瘍の診断から治療まで幅広く対応します。 急性感染症、発疹症など、急性疾患に随時対応しています。 他科診療科と綿密に連携をとりながら総合的な診療を行います。 主な対象疾患• 1皮膚腫瘍 皮膚に生じる腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。 皮膚には、様々な腫瘍が発生するので、ダーモスコピーや皮膚生検などで診断します。 2自己免疫性水疱症 天疱瘡・類天疱瘡 皮膚や口の中に水疱や口内炎ができやすくなります。 体の中に自己抗体という皮膚や粘膜の接着装置を障害する成分ができることによって、水疱が生じます。 副作用を少なく再発しないように、抗体価を測定しながら、きめ細やかに治療します。 3アトピー性皮膚炎 皮膚のバリア機能の低下と過剰な免疫反応(アレルギー)が原因で発症する疾患です。 それぞれの患者さんによって、異なる悪化要因があります。 スキンケアと適切な外用療法を主に、環境の整備や生活習慣を見直すことも時に必要になります。 前向きに治療に取り組む患者さんを応援します。 4尋常性乾癬 免疫の異常と表皮細胞の増殖の結果、全身に皮疹が生じます。 関節炎を合併することもあります。 外用療法が治療の基本で、症状に応じて光線療法、免疫抑制剤などの内服治療を組み合わせます。 治療抵抗性の人には、生物学的製剤という注射製剤を使用しています。 治りにくい乾癬でお悩みの方はどうぞ相談ください。 5蜂窩織炎 顔面や四肢に突然発症し、境界不明瞭な紅斑と腫脹が、急速に拡大し局所の熱感、発熱と痛みを生じます。 時に壊死性筋膜炎や敗血症になりますので、早期に抗菌剤の点滴投与を行う必要があります。 迅速な入院に対応しますので、御相談ください。 6帯状疱疹 水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し、神経領域に沿って水疱形成し、神経に沿った疼痛を伴うのが特徴です。 早期に抗ウイルス剤を内服もしくは点滴投与します。 特に頭頸部の帯状疱疹は皮膚症状や神経痛が強く辛い上に耳鼻かや眼科の診察も必要ですので、入院して点滴治療をお勧めします。 7急性ウイルス性発疹症・中毒疹・薬疹 全身に紅斑が生じ、発熱や粘膜症状が出現します。 原因は、ウイルス感染症、細菌感染症、薬剤アレルギーなどが考えられます。 ウイルス感染症と薬剤アレルギーは区別が難しく、ステロイド剤を安易に使用するのは好ましくありませんので、検査を行い慎重な治療を行います。 脱毛症治療 詳しい検査を行い、ダーモスコピー所見と組み合わせて脱毛の状態を検討し、治療を選択します。 積極的に治したい場合は、ステロイドパルス療法、非特異的免疫療法 SADBE,DPCP ,ターバンPUVA療法、ステロイド局注療法などを駆使して治療にあたります。 育毛剤、漢方やマイルドな光線療法も行っています。 また、予約のない患者様の診療も受け付けておりますが、予約優先になりますので、当日の混み具合からおおよその待ち時間を受付でお伝えします。 時間にゆとりをもち来院ください。 発熱や急性期症状のある患者様は症状に応じて対応いたしますので、電話や受付でお申し出ください。 薬剤アレルギー外来 薬剤アレルギー以外の、原因不明の全身に生じる発疹症、急性蕁麻疹に幅広く対応しています。 発症初期には、感染症とアレルギーの区別がつかない症例ほとんどですが、様々な可能性を考慮しながら治療に当たることが肝要です。 当院は重症薬疹の診療拠点病院であり専門病院間で情報交換をしながら重症症例の診断治療を行っています。 重症薬疹、薬剤アレルギー、原因不明の急性発疹症は診療時間内であれば優先的に診察します。 時間外は救急外来で皮膚科医以外の救急担当医が対応します。 担当日時:月曜~金曜午前 担当:山本、杉山、岡本 お電話で「薬剤アレルギー外来」とお伝えください。 その他、光線外来やフットケア外来を行っています。 こちらの外来は初診担当医に相談の上、外来予約をいれますので、どの曜日でもご相談いただければ幸いです。

次の

川崎駅の皮膚科一覧|ドクターズ・ファイル

皮膚科 川崎

月曜日と木曜日は 「午前・午後」診療を行っております。 ・ 火曜日の診療は「休診」となります。 ・木曜日午後の担当医は「松本 美緒」医師となります。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 パッチテストは皮膚 背中 に各種アレルゲンのパネルを貼って反応をみる検査です。 計24種類のアレルゲンを検査することができます。 全てのアレルゲンが対象ではありませんので、お問い合わせ下さい。 <完全予約制> ・パッチテストに関しては、まず一度受診していただき、パッチテストが必要かどうかを医師が判断後、実施となります。 十分説明をしますので、説明に患者様が納得の上で行います。 ご希望の方は受付まで、お申し出下さい。 抜け毛や薄毛、発毛が気になる方、お悩みの方は早めに当院にご相談ください。 適応症例は、、、、、乾癬、類乾癬、菌状息肉腫(症)、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹の皮膚疾患など。 *保険診療で治療が受けられます。

次の

川崎市川崎区の皮膚科の病院・クリニック 31件 【病院なび】

皮膚科 川崎

皮膚科 皮膚科は皮膚の病気を診察・治療するところです。 手足、顔、身体から、耳・鼻・口の中、さらに爪や毛髪まで、器具を使わずに肉眼で見える範囲が 皮膚科の診察対象です。 症状はかゆい、痛がゆい、腫れる、赤くなる、青黒くなる、黒褐色に膨れる、硬化 硬くなる する、出来物ができる、白斑 白くなる など様々です。 皮膚自体の病気である場合以外に、内臓に病気があって、それが原因で皮膚にも病変を起こすこともあります。 母斑 ほくろ 、 イボ、 しみ、 そばかす、 ニキビ、 あざ、 ワキガ・ 多汗症、 医療レーザー脱毛、 しわ、 たるみの除去治療・手術なども行います。 代表的疾患として、 湿疹・ 接触性皮膚炎、 アトピー性皮膚炎・ 乾癬、 角化症、 皮膚固形腫瘍、 成人性T細胞白血病、 膠原病、 先天性代謝異常症、 リソチーム蓄積症、 慢性湿疹、 老人性掻痒症、 老人性疣贅、 尋常性疣贅、全身 他臓器 疾患に基づく 皮膚病変、 全身性広汎性狼瘡、 皮膚筋炎、 強皮症など。 川崎大師駅周辺の その他の診療科• 川崎大師駅の脳神経内科 0• 川崎大師駅の腎臓内科 0• 川崎大師駅の血液内科 0• 川崎大師駅の気管食道科 0• 川崎大師駅の皮膚科 7• 川崎大師駅の美容皮膚科 0• 川崎大師駅の性病科 0• 川崎大師駅の心療内科 0• 川崎大師駅の精神科 0• 川崎大師駅の神経科 0• 川崎大師駅の乳腺外科 0• 川崎大師駅の美容外科 0• 川崎大師駅の心臓血管外科 0• 川崎大師駅の血管外科 0• 川崎大師駅の胸部外科 0• 川崎大師駅の呼吸器外科 0• 川崎大師駅の消化器外科 0• 川崎大師駅の小児外科 0• 川崎大師駅の麻酔科 0• 川崎大師駅の内分泌内科 0• 川崎大師駅の漢方・東洋医学 0• 川崎大師駅のペインクリニック 0• 川崎大師駅の乳腺外来 0• 川崎大師駅の頭痛外来 0• 川崎大師駅の物忘れ外来 0• 川崎大師駅の禁煙外来 0•

次の