遺族厚生年金 早見表。 会社員・公務員の遺族年金 支給額はいくら?|会社員・公務員の年金【保険市場】

厚生年金の受給額早見表!計算式と簡単試算表をチェック [年金] All About

遺族厚生年金 早見表

突然ですが年金の受給年齢や受給額の計算、大変だと思いませんか? そういったものを軽減するために、早見表があるのご存知でしょうか? 日本年機構やJAバンク等の、公式サイトで見る事ができます。 自分が今どの位置にあるのか、老齢基礎年金や老齢厚生年金等入っている年金によっても変わってきます。 細かな部分もあるので、年金の早見表について説明していきたいと思います。 早見表を見る前の注意点 早見表を見る前に、見るにあたり注意点があります。 国民年金など納付時期が、10年以上あること。 老齢基礎年金は、65歳以降から受給できる。 厚生年金に1ヵ月以上加入している場合は、老齢基礎年金に上乗せし老齢厚生年金が受給可能。 厚生年金に20年以上加入されて、65歳未満の配偶者または18歳未満のお子様がいる方は、加給年金が加算されます。 滞納期間が多くなるにつれ、年金を貰えないリスクが増える事もあり得ます。 以上のことを、自分に当てはまるか確認してから見るようにしましょう。 加入している・してないによって、年金金額の計算等が変わってくる可能性が考えられます。 年金早見表に載ってる額は1ヵ月、それとも1年? 年金早見表を初めてみる方は、分からない事あるかと思います。 一番気になる金額ですが、1年間の金額になります。 年金も老齢厚生年金や、老齢基礎年金があります。 なので見る場所を、間違えないようにして下さいね。 年金早見表は、加入期間と保険料納付状況という文字が表示されてます。 まず自分の加入期間を、知っておく事が大事ですね。 そうでないと早見表を見ても、どれが自分の状態なのかが分からないと思います。 次に全額納付・半額納付・全額免除・滞納期間が明記されてます。 こちらも自分の年金の状態がどうなのかを知ってないと、分かりません。 まず自分の年金の加入期間や納付状態を知ってから、見るようにしましょう。 早見表で、受給額をチェックしよう。 人により、加入している年金・貰える年金・生まれた年等様々だと思います。 まず全額納付について、説明します。 満期は、40年間です。 これは、覚えておきましょう。 満期で全額納付なら、全額受け取れる仕組みになってます。 次に平成21年以降は、免除額が増えます。 なぜならば、税金投入が引き上げられたので免除額が多くなったのです。 ここが分かれる線引きなのですが、平成21年の3月までの方の金額です。 全額免除20年間で、約13万3000円なのです。 しかし平成21年4月以降は、同じ全額免除20年間でも20万円にあがっているのです。 ここの違いは、ご了承いただきたく思います。 ちなみに未納機関がある場合、その期間は加入期間に含まれません。 ということは、年金額もゼロということになります。 厚生年金受給開始の早見表 厚生年金受給開始の早見表をみたい。 という声がありました。 日本年機構のHPから、みることができます。 厚生年金についてですが、以前は60歳から支給されてました。 しかし現在は、65歳以降からとなってます。 男性は、昭和36年4月2日以降。 女性に関しては、昭和41年4月2日以降が対象です。 遺族厚生年金受給額の早見表 老齢年金の資格を満たし、その方が死亡した時に遺族厚生年金が発生します。 遺族厚生年金の受給資格は、以下の通りとなります。 遺族厚生年金の受給資格は、老齢年金の資格を満たした方が死亡した時です。 その他、被保険者が死亡した時です。 次に国民年金加入の人が亡くなった場合です。 国民年金の遺族年金受給資格は、次の通りとなります。 老齢年金の資格を満了した人が、亡くなった時。 ですが死亡した人に対し、保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上ある事が必須です。 遺族年金の受給額は、加入している社会保障制度や家族構成により受け取れる金額が変わってきます。 そして遺族年金の計算は、難しいと言われてます。 この早見表で、少しでも参考になればと考えます。 年金早見表を見て、これからできる事とは? 見た方はお分かりかもしれませんが、年金額の割には生活が厳しい。 そう感じる人、いるのではないでしょうか? 実際定年退職をしてからも、仕事をしている人が年々増加傾向にあります。 年金だけで、生活するのは難しい時なのかもしれません。 定年を迎えて仕事がしたいと思うのならば、やっても良いと感じます。 逆に体調が悪いのに、無理して仕事をする必要は、ありません。 無理して仕事をして体調が悪化して、病院通いになってしまった。 そうなってしまっては、マイナスになってしまいますからね。 それで少しでもコツコツと、貯蓄をするようにしていくのです。 だから年金が入る以外の銀行口座など、すぐに解約しない方が良いかもしれません。 確かにその時にまた、新規で契約すれば良い話です。 ですがまた新たに契約するのも、面倒ですよね。 それに契約するにも、条件があったりします。 だから少しの間は、そのままにしておいた方が無難かと感じます。 そして働いたお給料と年金で、少しずつ貯蓄をしていきましょう。 よっぽどの贅沢や荒いお金の使い方をしなければ、少しずつ貯まっていくと思います。 それで老後の生活を、困ることなく生活してほしいと考えます。 まとめ 1. 加入している保険を、確認しよう。 年金早見表に載っている額は、1年です。 平成21年の3月までと4月以降で、貰える額が変わります。 遺族年金を貰える条件。 年金だけでなく、貯蓄していくことが大切。 年金受給額の早見表を見る前に、自分の年金の加入期間であったり保険納付状態を把握しておく必要があります。 そうしないと自分がどこにあてはまるのかが、分からなくなってしまうからです。 そして早見表は、国民年金・厚生年金・遺族年金等の種類があります。 それぞれ、掲載されている内容が似ているようで違います。 見るときにどの早見表なのか、あとどの項目を見るのかを間違えないよう気をつけて下さい。 早見表を見ることで、自分がどのくらい年金が貰えるかが予想できると思います。 それにより今後どう生活していくか、夫婦または親子で話し合ったりしてみてはいかがでしょうか?そして計画を立て、老後の生活に役立ててほしいですね。 sa0o4i8.

次の

年金受給額目安を早見表で簡単確認!老後の生活費と不足時の対策も解説!

遺族厚生年金 早見表

遺族年金の種類と対象者一覧 遺族年金は、「遺族基礎年金」、「遺族厚生年金」、「遺族共済年金」の3種類で構成されていましたが、2015年10月に、「遺族共済年金」は「遺族厚生年金」に一元化されたため、現在は「遺族基礎年金」、「遺族厚生年金」の2種類となっています。 なお、2015年9月末までに亡くなった被保険者のご世帯では、引き続き「遺族共済年金」を受け取っています。 一方、上記以外の年金を受給できない方への遺族給付制度として「寡婦年金」や「死亡一時金」が支給されるケースがあります。 また、勤務中の事故等でお亡くなりになるケースについては、別途、労災保険の「遺族補償年金」が支給対象となります。 遺族年金といっても、これらのように様々なケースがありますので、それぞれについて分かりやすく解説いたします。 遺族年金の種類と対象者 被保険者(死亡者) 受給対象者 遺族年金の種類 自営業 18歳未満の子供がいる「妻」 遺族基礎年金 子供がいない「妻」 寡婦年金または死亡一時金 会社員・公務員 18歳未満の子供がいる「妻」 遺族基礎年金+遺族厚生年金 子供がいない「40歳未満の妻」 遺族厚生年金 子供がいない「40歳から65歳の妻」 遺族厚生年金+中高年齢寡婦を加算 (1)遺族基礎年金 遺族基礎年金とは、国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格を満たしている方が亡くなったときに支給されるもので、自営業者や会社員の方々も支給される遺族年金の1つです。 但し、遺族基礎年金は、18歳未満の子供を支えることを目的としていますので、子供がいない世帯には支給されません(受給条件の詳細は以下の通り)。 これまでは、主に会社員の方が対象となる年金でしたが、遺族共済年金との一元化されていますので、現在では公務員の方も対象となります(受給条件の詳細は以下の通り)。 これを「中高齢寡婦加算」といい、受給条件は以下の通りです。 (支給条件) ・夫がなくなったときに妻の年齢が40歳以上65歳未満であり、生計を同じくする18歳未満の子供がいない場合 ・遺族基礎年金や遺族厚生年金を受給する子供が18歳を超え受給資格がなくなった場合 (3)遺族共済年金 遺族共済年金とは、公務員を対象にした遺族年金制度です。 但し、先ほど説明した通り、現在は遺族厚生年金に一元化されていますので、新規での受給は行っていません。 現在、遺族共済年金を受け取っている方は、2015年9月30日までに亡くなった被保険者のご世帯に限られます。 受給条件は遺族厚生年金の箇所をご確認ください。 遺族給付制度の種類と受給条件 遺族給付制度とは、国民年金や厚生年金保険の保険料を支払っていたものの、遺族年金の受給条件に満たないため、遺族年金の受け取りが出来ない場合の救済策として、「寡婦年金」と「死亡一時金」の2種類が設けられています。 但し、どちらかしか受け取ることが出来ないので、それぞれの受給条件を確認してみましょう。 (1)寡婦年金 寡婦年金とは、第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以上あり、以下の受給条件を満たした場合、妻の年齢が60~65歳までの間に受給できる制度となっています。 勤務中の事故等により亡くなった場合に、遺族の人数(受給権者および受給権者と生計を同じくしている受給資格者)に応じて年金を受け取ることができる制度です。 遺族補償年金の受給額 遺族人数 遺族補償年金 遺族特別支給金 遺族特別年金 1人 給付基礎日額の153日分 300万円 算定基礎日額の153日分 2人 給付基礎日額の201日分 算定基礎日額の201日分 3人 給付基礎日額の223日分 算定基礎日額の223日分 4人以上 給付基礎日額の245日分 算定基礎日額の245日分 遺族年金の目安 遺族基礎年金と遺族厚生年金の大まかな受給額が分かる早見表を作成しておりますので、確認していただければと思います。 (1)遺族基礎年金 先にも説明させていただきましたが、子供のいない世帯は受給対象外となっています。 遺族基礎年金の受給額目安 平均標準報酬月額 遺族基礎年金 妻のみ 妻と子1人 妻と子2人 妻と子3人 20万円 ~ 62万円 0円 年額1,012,800円 (月額84,400円) 年額1,239,100円 (月額103,258円) 年額1,314,500円 (月額109,542円) (2)遺族基礎年金+遺族厚生年金(会社員) ・自営業の世帯は受給対象外となります。 ・公務員の世帯は、旧遺族共済年金に沿って受給されますので、以下(3)をご確認下さい。 遺族基礎年金+遺族厚生年金(会社員)の受給額目安 平均標準報酬月額 遺族基礎年金+遺族厚生年金(年額) 妻のみ 妻と子1人 妻と子2人 妻と子3人 20万円 324,911円 1,337,711円 1,564,011円 1,639,411円 25万円 406,139円 1,418,939円 1,645,239円 1,720,639円 30万円 487,366円 1,500,166円 17,226,466円 1,801,866円 35万円 568,594円 1,581,394円 1,807,694円 1,883,094円 40万円 649,822円 1,662,622円 1,888,922円 1,964,322円 45万円 731,050円 1,743,850円 1,970,150円 2,045,550円 50万円 812,277円 1,825,077円 2,051,377円 2,126,777円 55万円 893,505円 1,906,305円 2,132,605円 2,208,005円 60万円 974,733円 1,987,533円 2,213,833円 2,289,233円 62万円 1,007,224円 2,020,024円 2,246,324円 2,321,724円 (3)遺族基礎年金+遺族厚生年金(公務員) 会社員の世帯に比べて、受給額が多くなっています。 遺族基礎年金+遺族厚生年金(公務員)の受給額目安 平均標準報酬月額 遺族基礎年金+遺族厚生年金(年額) 妻のみ 妻と子1人 妻と子2人 妻と子3人 20万円 377,192円 1,389,992円 1,616,292円 1,691,692円 25万円 471,490円 1,484,290円 1,710,590円 1,785,990円 30万円 565,788円 1,578,588円 1,804,888円 1,880,288円 35万円 660,086円 1,672,886円 1,899,186円 1,974,586円 40万円 754,384円 1,767,184円 1,993,484円 2,068,884円 45万円 848,682円 1,861,482円 2,087,782円 2,163,182円 50万円 942,980円 1,955,780円 2,182,080円 2,257,480円 55万円 1,037,278円 2,050,078円 2,276,378円 2,351,788円 60万円 1,131,576円 2,144,376円 2,370,676円 2,446,076円 62万円 1,169,295円 2,182,095円 2,408,395円 2,483,795円 まとめ 遺族年金は、一家の大黒柱がお亡くなりになった場合、今後の生活に不安を感じるご世帯の方々をサポートする制度ですが、これまで説明してきましたように制度は非常に複雑となっています。 しかしながら、ご加入の年金制度(国民年金、厚生年金)やお子様の人数によって、受給額に大きな格差が生じます 教育資金などを含めたお子様を育てる費用、今後の生活資金等を考えると、ご家族の不安な気持ちは全て解消される訳ではありません。 そのような不安を解消するための1つの方法として、近年、お給料や遺族年金と同じように毎年保険金を受け取ることができる「収入保障保険」を取扱っている生命保険会社が多くなっています。 これは、給与保障保険とも言われ、定期保険と比べてとても格安な保険料となっているため、ご加入される方が年々増えています。 (一般的にお子様の成長や住宅ローンの残債が減ることで必要保障額は年々減少していきます。 収入保障保険の保障額もそれに合わせて年々減少するため、格安な保険料となるのです) 具体的には、収入保障保険加入時の保険金設定は「夫が65歳になるまで毎月15万円」というように契約しますので、 【ご遺族の毎月必要生活費=遺族年金の受給額+収入保障保険金】というように合理的に考えることが可能となるのです。 一度ご検討してみるのもよいかもしれません。

次の

年金の受給額を計算する方法とは?厚生年金や遺族年金・障害年金の受給額について解説

遺族厚生年金 早見表

遺族厚生年金とは、会社の厚生年金に加入していた方が亡くなってしまったときに、遺された家族が受け取れる公的年金のことです。 国民年金から支給される遺族基礎年金とは別に、上乗せとして受け取ることができます。 受給するための条件や給付額の計算方法などは、遺族基礎年金と比べると多少難しく感じる部分もあるかと思いますが、いざという時には家族の大きな支えとなる、非常に重要な制度です。 ここでは、受給に関する被保険者の要件から、遺族の範囲や年齢要件、順位などを、分かりやすく解説していきたいと思います。 さらには受給額の計算方法や期間、支給停止となる事由までご紹介しますので、遺族厚生年金の概要をしっかりと整理していきましょう。 スポンサーリンク 遺族厚生年金の受給要件とは まずは、亡くなった被保険者に関する受給要件を見ていきましょう。 遺族厚生年金では保険料納付要件と死亡日要件が定められており、さらに死亡日要件には短期要件と長期要件の2種類があります。 それぞれの詳細は以下の通りです。 保険料納付要件• 死亡日要件 【短期要件】• 厚生年金に加入している人が死亡した• 厚生年金加入中に初診日がある傷病により5年以内に死亡した• 1級または2級の障害厚生年金の受給権者が死亡した の、いずれかを満たす方 【長期要件】• 短期要件と長期要件で大きく異なる点は、年金額の計算方法です。 短期要件では被保険者が加入していた期間は問わず、1月しか加入していなくても支給の対象となります。 さらには最低保証として300月は加入していた、とみなして計算してもらえるのです。 しかし長期要件では300月のみなし期間がありませんので、実際の加入期間を基に計算されます。 期間が短い場合には、年金額がごく少額しかないケースも起こりえるのです。 300月のみなし期間については、後ほどさらに詳しくご紹介します。 ちなみに、働きながら老齢厚生年金を受給しており、短期・長期どちらの要件も満たしている人が亡くなったときは、いずれか有利な方を選ぶことが可能です。 誰が受給できるの?遺族の範囲と順位を解説 遺族厚生年金は、原則として「厚生年金に加入していた方に生計を維持されていた遺族」が受給対象です。 子供のいない妻や夫または父母や祖父母なども受け取ることができるなど、遺族基礎年金よりも対象範囲が広がっており、その中で優先順位が設けられています。 以下の表は順位ごとの対象者と諸要件をまとめたものです。 妻以外の遺族には、年齢要件がある点もチェックしておきましょう。 子どもがいて、遺族基礎年金を受給している場合でも、遺族厚生年金の支給対象は夫ではなく子どもになります。 また、55歳以上60歳未満の夫では、子どもがおり遺族基礎年金を受給している場合のみ、60歳前であっても遺族厚生年金が支給されます。 夫の受給に関しては、妻とは異なり細かな要件が多くなりますので、しっかりと認識しておきましょう。 遺族厚生年金はいくら貰えるのか 次に、遺族厚生年金で貰える年金額は、どのような計算に基づいて決定するのでしょうか。 そこに、職種や家族構成による加算額が上乗せされて、最終的な支給額が決定されます。 報酬比例部分の年金額の算出は、以下の計算式を使用します。 これにより、実際の厚生年金への加入期間にかかわらず、遺された家族がある程度まとまった年金を受け取れるように考慮されているのです。 629円 今回のモデルケースでは、約43万円が遺族厚生年金の額になります。 もし長期要件の場合には300月のみなし期間ではなく、120月で計算することで求められます。 300月に満たない場合は300月加入していたとみなして計算するため、一定額以上の給付を受けられる 遺族厚生年金は、実際に加入していた月数と報酬額に応じて算出されますが、短期要件に該当する方が25年未満の期間中に亡くなった場合には、300月とみなして計算する、という決め事があります。 その理由としては、まだ比較的若い世代の方が加入期間の短いうちに亡くなってしまうと、年金とは言い難いほどの少ない支給額となってしまいます。 そこで、一定額以上の年金を最低保証するために、300月に繰り上げて計算して給付しましょう、という制度なのです。 先ほど受給例として挙げた給付額の計算ですが、300月のみなし期間がなかったとして計算してみましょう。 300月みなし期間で算出したときの約43万円と比べてみると歴然とした差となり、みなし期間は遺族への保障が大きく底上げされていることがわかりますね。 遺族厚生年金はいつまで貰えるのか それぞれの遺族厚生年金の支給期間について、以下の表にまとめてみました。 対象者 受給できる期間 子供 死亡した日の翌月から18歳到達年度末まで (障害等級1・2級の場合は20歳年度末まで) 妻 30歳未満の子のない妻は死亡した日の翌月から5年間のみ 30歳以上または子のある妻は死亡した日の翌月から一生涯支給 夫 60歳から開始、一生涯支給 父母 60歳から開始、一生涯支給 孫 死亡した日の翌月から18歳到達年度末まで (障害等級1・2級の場合は20歳年度末まで) 祖父母 60歳から開始、一生涯支給 子どもや孫は定められた年齢に到達するまでの支給となりますが、夫・父母・祖父母では60歳から支給が開始され、要件から外れない限りは一生涯年金を受け取ることができます。 妻は年齢による要件もありませんが、要件が緩くまだ働ける若いうちから年金を受給し続けることが問題視されたこともあり、30歳未満で子どもがいない妻に関しては5年間だけの有期支給となっています。 本当に困った状況を救済するための年金、という本来の目的に沿ったルールということなのでしょう。 続いて、受給している遺族厚生年金が支給停止となる共通事由は、以下の通りです。 受給者が死亡したとき• 婚姻(事実婚を含む)したとき• 直系血族及び直系姻族以外の養子になったとき• 離縁によって、死亡した被保険者との親族関係が終了したとき また、遺族年金を受給しながら65歳を過ぎると、老齢年金を受給する権利が発生します。 しかし基本的に「1人1年金」と決められていますので、同時に受け取ることはできません。 どちらの金額が多いかを比較して、有利な方を選択受給することとなります。

次の