カラーレーザー複合機。 A4カラーレーザー複合機 おすすめはこれで決まり!

カラーレーザープリンター カラーレーザー複合機 おすすめランキング!

カラーレーザー複合機

業務用におすすめは「カラーレーザー複合機」!その理由とおすすめ機種紹介 最近のオフィスで欠かせない事務機器となっているのが「複合機」ですよね。 ひと昔前はモノクロのコピー機だったのが、今では様々な機能が満載の複合機を利用するオフィスが大半を占めています。 基本的にオフィスで利用される複合機は「業務用」として導入されるため、選ぶ機種は「カラーレーザー複合機」がおすすめ! 稀に、インクジェット複合機は導入されているものの、 業務用としてフル活用するならカラーレーザー複合機の方が断然お得なのです。 そこで今回は、なぜカラーレーザー複合機が業務用におすすめなのかの理由と、合わせてOFFICE110で人気の機種をご紹介いたします。 まず、複合機はカラーとモノクロの機種から選択でき、それぞれの価格に差はほとんどありません。 しかし、1枚でもカラーコピーやカラー印刷を利用する可能性があれば、カラー複合機を選ぶことをおすすめします。 そこで、 導入するカラー複合機でおすすめは「カラーレーザー複合機」。 このレーザー複合機とは、ドラムと呼ばれる感光体にレーザー光をあてて印刷内容を描き、それから静電気を使ってトナーと呼ばれる粒子を付着されて紙に転写する方式の複合機です。 ちなみにインクジェットは、インクを直接紙に吹き付けて文字などを印刷するタイプ。 熱や圧力かけてインクを微粒子に変え、それを紙に吹き付けて印刷しています。 なぜ業務用でカラーレーザー複合機がおすすめなのか? その大きな理由は、B5、B4、A4、A3といった 全てのサイズの用紙に対応でき、何といっても印刷速度が速いこと。 この印刷速度のことを「連続複写速度」と呼び、1ヶ月の印刷枚数によって判断されます。 複合機を導入するとき、最も重要視するポイント。 この連続複写速度によって本体価格が大きく変わってきます。 また、 大量に印刷するときの印刷コストが安いのも大きなメリットではないでしょうか。 特に一般的な会社で頻繁に行われている会議資料など、大量にコピー・印刷するときはその効果は絶大ですよね。 その他にも、基本的な印刷機能だけでなく、コピーやFAX、スキャナといった機能が複合機1台に集約されることで、それぞれ導入する必要がなくなるわけです。 さらに、現在の機種はネットワーク経由で共有できるので、自席に居ながらFAXやスキャナデータの転送も可能。 地球環境にも優しい、ペーパーレス化の実現にも一役担っています。 このように、業務用で複合機を導入するとき、 頻繁にA4~43を大量に印刷・コピーすることを考慮すれば、機能・コスト面からカラーレーザー複合機が最適なのです。 OFFICE110でおすすめカラーレーザー複合機紹介 多くの企業・会社ではカラーレーザー複合機を導入していただいております。 弊社OFFICE110で提供している以下の主要6メーカーの複合機は、新品・中古すべてレーザー複合機。 Canon(キャノン)• RICOH(リコー)• SHARP(シャープ)• KYOCERA(京セラ)• KONIOCA MINOLTA(コニカ)• TOSHIBA(東芝) ここでは、その中から厳選しておすすめのカラーレーザー複合機を3台ご紹介いたします。 iR-ADV C3530F(Canon) 2017年3月発売の。 連続複写速度(A4):カラー/モノクロともに30枚/分 10. 1インチタッチパネル液晶を搭載。 操作も簡単で、初めての人もスマートフォンのような感覚で快適にご利用できます。 また、新開発の機能「シフトソーター」を内蔵。 コピー機本体が出力した紙を自動で仕分けて整列してくれるので、資料作成などの時間を大幅に削減。 さらに、片面80ページ/分というスピードスキャンが可能、嵩張る書類のデータ化が一気に行えます。 TASKalfa 2552ci(KYOCERA) 2016年7月発売の。 連続複写速度(A4):カラー/モノクロともに25枚/分。 京セラの複合機の大きな特徴は、独自のセラミック技術を感光ドラムに搭載していることから、とにかく丈夫ということ。 その強さを表すような黒ボディ、一般的な複合機にはないデザインを採用しています。 操作タッチパネルは9インチ。 スッキリしフォルトで、角度を90度から15度まで調節できるので、利用する環境に合わせて簡単に変更可能。 MX-2517FN(SHARP) 2015年2月発売の。 連続複写速度(A4):カラー/モノクロともに25枚/分。 A4用紙6枚分のスペースで設置できるコンパクトサイズ。 SOHOなど小規模オフィスで好評。 また、SHARPの商品の中では、低価格で初心者にも扱いやすいエントリーモデルの機種です。 多彩な機能が直感的に使えるように、9インチカラー液晶タッチパネルを搭載。 簡単に操作で様々な業務をサポートします。 以上、人気最新機種を3台ご紹介しましたが、その他にも多彩な機能を搭載してカラーレーザー複合機を多数ラインナップしております。 基本的に連続複写速度は25枚/分が目安になりますが、御社の1ヶ月の印刷枚数によって選ぶ機種も変わってくるので、機種選びで分からないことがあれば、OFFICE110まで電話がメールでお気軽にお問い合わせください。 まとめ.

次の

HP レーザープリンター & 複合機

カラーレーザー複合機

最近ではカラーレーザープリンター・複合機の価格が どんどん下がってきて、 今まではオフィスでのみ使われていた カラーレーザープリンター・複合機も、 最近では家庭でも使われ始めているようです。 カラーレーザー複合機には興味があるが、 何を買ったらいいのか迷っている! そんなあなた、ご安心ください。 業界人「M」が、 おすすめのカラーレーザープリンター・複合機を ご紹介しちゃいます! 印刷枚数目安 おすすめ対象 おすすめ機種 詳細ページへ ~500枚/月 程度 家庭で使いたい方 個人事業主・SOHOの方 A4カラー複合機 500枚~2,000枚/月 程度 中小企業の方 企業の一部門で使いたい方 A4カラー複合機 2,000枚/ 月 以上 中小企業で多く印刷する方 大企業の方 A3コピー機 家庭やSOHO・個人事業主の方におすすめのカラーレーザープリンター 世界中で愛されるコンパクトプリンターメーカーは伊達じゃない! カラーレーザープリンターを家庭使いたい、 あるいは、 SOHO・個人事業主の方が仕事で使いたい、 という方におすすめなのが、 ブラザーのカラーレーザーFAX複合機MFC-9340CDWです。 ブラザー?どこの会社? と思う方もいるかもしれませんが、 実は世界中でプリンター、 特に コンパクトでリーズナブルなプリンターを展開している グローバルプリンターメーカーなんです。 価格が安いのに、スペックがしっかりしていることで定評があり 例えばビックブランドのキャノン製品に比べても 仕様上そん色のないつくりになっていたりします。 おすすめのMFC-9340CDWは、 カラーレーザー複合機なのに、 超コンパクトなのが特徴的です。 そのくせ印刷速度も速く、 SOHOや個人事業主の方が 仕事で使用するにも十分なスペックのプリンターです。 従業員数目安 1~5人(個人でもおすすめ) 月間印刷枚数目安 ~500枚程度 FAX機能 あり コピー・スキャン機能 コピー:あり/スキャン:あり 注目!トナーを安く購入したい人はリサイクルトナーがおすすめ! ブラザーのカラーレーザー複合機MFC-9340CDWは とっても安い機種で、ランニングコストも比較的安いプリンターです。 それでも、純正トナーは高い! と思う方は多いはず。 そんな方には リサイクルトナーがおすすめです! リサイクルトナーなら、 純正品の半額以下で購入できてしまうので ランニングコストを一段と安く抑えることができます。 () しかし、世の中で売られているリサイクルトナーには 粗悪品や、知的所有権を侵害したものが溢れています。 そうしたものを購入してしまうと プリンターが故障する可能性もありますし トラブルの原因になりかねません。 ですので、リサイクルトナーを選ぶなら、 信用できるところから購入すべきです。 中小企業の方や大企業の部門購入におすすめのカラーレーザープリンター シェアNo. 1のプリンターメーカー キャノンはファーストプリントが速い! 中小企業の方や、 大企業のサブプリンターとしておすすめなのが キャノンのカラーレーザー複合機MF733Cdwです。 ブラザーのMFC-9340CDWと比較すると ややコンパクトさには欠けますが、 その分 高速・高耐久を実現しているので、 大量にカラー印刷をする中小企業の方や、 あるいは大企業の一部門での利用に最適です。 また、キャノンのカラーレーザー複合機の特長は ファーストプリントが速い!ということです。 定着部分を瞬時に加熱するセラミックヒーターを採用しているので スリープ状態から 殆ど待つことなく最初の一枚目を印刷できます。 しかも必要な部分のみ加熱するので 省エネ構造でもあります。 従業員数目安 5人~20人 月間印刷枚数目安 500枚~2,000枚程度 FAX機能 あり コピー・スキャン機能 コピー:あり/スキャン:あり キャノンのMF733Cdw用トナーを激安購入する裏技 キャノンのカラーレーザー複合機MF733Cdwのトナーを 激安購入したい方は、 前述のインク革命で リサイクルトナーを購入することをおすすめします。 純正トナーの価格の半額以下で買えますから、 とっても経済的です。 しかもしっかりとした画質でカラー印刷が可能ですよ! カラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機 おすすめ機種は? 過去の記事はこちら カラーレーザープリンターや カラーレーザー複合機は 年々スペックや価格が変わってきています。 過去に掲載した記事も カラーレーザープリンター決定の 参考にしてみてください カラーレーザープリンターとカラーレーザー複合機のおすすめ機種は何か? 数十万円から百何十万円するカウンター式のカラーレーザー複合機も含めれば様々な機種がありますが、 今回はお手頃に購入できる10万円以下、のモデルに限って比較、紹介してみます。 おすすめ!10万円以下のカラーレーザープリンター、カラーレーザー複合機は? 10万円以下のカラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機となるとある程度機種は限られてきます。 まずは主要メーカーの主要な商品を比較しながら見てみましょう。 10万円以下で買えるカラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機はこれだ! MF726Cdw PR-5650F SP C250SFL MFC-9340CDW メーカー キヤノン NEC リコー ブラザー サイズ(W. 1円 3. 3円 3. 7円 3. 7円 印刷コスト (カラー) 16. 0円 18. 1円 16. 4円 17. 安いか高いか、確かに重要なポイントですが、 実は他に 絶対に忘れてはいけないポイントがあるんです。 それは、 印刷コスト・ランニングコストです。 カラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機は、 もちろんカラーを印刷したいという要望があるから購入されると思いますが、 インクジェットプリンターに比べ、カラーレーザープリンターのカラー印刷単価は高いのが一般的です。 例えば、上記4機種のカラーの印字コストは10円以上となっていますが、 インクジェットプリンターの場合、10円を切るモデルがいくつもあります。 たくさんカラー印刷をしたい!という方はカラーのランニングコストに必ず注意してカラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機をお選びください。 カラーレーザープリンター カラーレーザー複合機 ランニングコストを抑える裏技! インクジェットプリンターと比べてカラーの印刷コストが高いカラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機ですが、ランニングコストを抑える方法があります。 それは、リサイクルトナーや互換トナーをうまく活用することです。 インクと異なり、互換トナーはあまり世の中に出ていなかったり、或いは知的所有権を侵害しているケースが見られがちですので、カラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機の場合、リサイクルトナーがあるかないか探してみましょう。 上記4機種のトナーは既にリサイクルトナーが世の中にリリースされていますので、純正トナーが高い!という方はリサイクルトナーを購入してみてはどうでしょうか? キヤノンMF726Cdw NEC PR-5650F リコー SP250SFL ブラザー MFC-9340CDW カラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機 おすすめ機種は?その1 価格やスペックのバランスで考えるなら、 リコーのカラーレーザー複合機SP C250SFがおすすめです。 非常に安い価格であるのにも関わらず、両面印刷もでき、印刷スピードもまずまずです。 ランニングコストも悪くありません。 C250SFで残念なのは、両面印刷には対応しているのですが、ADFの両面には対応していないという点ですが、この価格帯でしたらまあ仕方がないでしょう。 また、コンパクトさにも欠けますが、これはNECのMultiWriter 5650Fが小さすぎるだけで、A4カラーレーザー複合機であれば、こちらも仕方がないサイズだと思います。 ただ、家庭用として自宅で使うには少し大きすぎるかもしれませんので、サイズには十分注意しましょう。 を激安購入する カラーレーザープリンター・カラーレーザー複合機 おすすめ機種は?その2 お手軽!ということでおすすめなのは NECのカラーレーザー複合機MultiWriter 5650Fです。 カラーレーザー複合機とは思えない超低価格!そして、カラーレーザー複合機とは思えないほどのコンパクトで軽量なので、ビジネスでの使用はもちろん、ご家庭で使っていただいても問題ないと思います。 残念なところは印刷単価の高さと印刷速度ですが、あまり印刷をしないという方であればそれほど気にする必要はありません。 また純正トナーにこだわらないようでしたら、MultiWriter 5650Fの場合リサイクルトナーが世の中に出回っていますからそちらを購入してランニングコストを抑えるという方法をとってもいいでしょう。 を激安購入する カラーレーザープリンター カラーレーザー複合機 おすすめランキング!関連ページ A3プリンターやA3複合機で何を買ったらいいかわからない方は必読です! モノクロ文書印刷におすすめのプリンターでおすすめモデルをプロがご紹介します! 名刺印刷なら業者に頼む必要はありません。 名刺印刷におすすめのプリンターを業界人「M」がお教えします! A4カラーレーザー複合機のおすすめを業界人Mがわかりやすく解説します! モノクロプリンターというと企業で使うイメージがありますが、家庭でもモノクロプリンターを使いたい人は多いはず!そんなあなたにおすすめの家庭用モノクロプリンターをご紹介します キャノンの人気プリンターピクサス PIXUS) MG7530用のインクって高いですよね!業界人「M」がインクをお買い得に購入する方法、おしえちゃいます。 プリンターってたくさんあって何を選んでいいかわからないあなた!年賀状作りにおすすめのプリンターや、年賀状ネット印刷サービスについて、業界人「M」が徹底解説します! プリンターブランドで一番売れているところってどこなの?人気のプリンターメーカーならここ!プリンターメーカーのシェアについて説明します コンパクトなので持ち運びにも便利、限られた場所にもおけちゃうモバイルプリンター。 キヤノン、エプソン、hpから発売されているモバイルプリンターで一体どれがオススメなのか?業界人「M」が徹底解説! 2015年プリンターの新機種でおすすめは一体どれか?業界人「M」が注目するプリンターラインナップを一挙にご紹介します カラリオの人気モデルEP-707Aのインクを買うときに思うこと、それはインクが高い! でも半額以下で購入できるのなら、うれしくないですか?そんな方法をお教えしちゃいます ビジネスインクジェットプリンターって耳にしますが、おすすめ機種って何かご存知?業界人「M」がお教えします! キャノンのインクBCI-350って高くないですか?業界人「M」なら安く買う方法、知っていますよ。 キヤノンの人気プリンターiX6830を激安で購入する方法を、業界人「M」がこっそりお教えします 【極秘】 パナソニックのFAX用インクフィルムKX-FAN190って、ちょっと高いと思いませんか?そんなあなたに朗報!激安で購入する得ワザを、業界人「M」がご紹介します! エプソンから2014年に新発売されたプリンターEP-807と旧機種EP-806とはどこが違うのか?実際に見て触った業界人「M」が新プリンターを徹底比較! エプソンの人気プリンターEP-806対応のインクを激安で手に入れる方法、ご存知でした? キャノンから2014年に新発売されたプリンターMG7530と旧機種MG7130とはどこが違うのか?実際に見て触った業界人「M」が新プリンターを徹底比較! エプソン(EPSON のColorio(カラリオ)EP-807とキャノン(Canon のPIXUS(ピクサス)MG7530。 どちらも2014年新発売で人気No. 1になり得るプリンターですが、業界人「M」がおすすめするのは、実はこっちです! 時々A3でおなじみのエプソンから新しく発売されたA3対応プリンターEP-977A3。 旧機種EP-976A3と比べて一体何が変わったのか!?業界人「M」が徹底比較します! 年賀状印刷に便利なカシオ(CASIO プリン写ルPCP-2300PCP-2300。 旧モデルPCP-2200と比べてどこが変わったのか??業界人「M」が徹底比較してみました! 2013年秋より新発売のエプソンのプリンター・EP-806 これまでのEP-805と比べて何が違うの? 人気の両ブランド・キャノン(CANON と エプソン(EPSON) 2014年新機種のオススメはどっちだ!? 2014年新機種キャノンインクジェットプリンターPIXUS MG7130 MG6330の後継として期待されていたが、一体何が変わったのか!?業界人がわかりやすく解説! 顔料インク、染料インク… キャノン、エプソンなどプリンター各社によってインクの特長もさまざまです ここではインクについて解説しています。 プリンターのインクで、リサイクルインクと互換インクの違いについて、業界人「M」がわかりやすくご説明します 各メーカーの切磋琢磨により、プリンターの機能は日々進化している!プリンターの機能を知ることで、自分にあったプリンター選びの参考にしよう。 2014年の新機種としてエプソンから新たに登場したColorio(カラリオ)シリーズのEP-976A3がとにかくすごい!業界人「M」をうならせた驚きのA3プリンターの実力とは!? ときどきA3でお馴染み、エプソンColorio(カラリオ)の新機種EP-976A3の魅力をブラザーPRIVIO DCP-J4215Nと比較検証してみよう パソコンを使わなくても、年賀状が簡単に印刷できる優れもの、カシオ プリン写ル PCP-2200ってご存知でしたか?同じく年賀状作成に便利なエプソンのカラリオME E-840と比較して、魅力に迫る! キヤノン、エプソンの2014年新シリーズで、廉価機種のMG3530とPX-046。 シンプルで安いのに、それぞれ機能も超充実!買うならどっちのアイテム?業界人「M」が徹底比較し、コメントします。 プリンターといえば思い浮かぶのはキャノン、エプソン。 ちょっと待ってください!大切なメーカーを忘れてはいませんか? パソコンなしで年賀状を簡単に作成できるカシオ(CASIO プリン写ル。 業界人「M」がPCP-2200、PCP-800、PCP-80を徹底比較することでその魅力に迫ります 出かけた時に綺麗な画像をすぐ写真にプリントアウトしたい!って思ったことありませんか?友達と一緒にいった旅行先で、あるいはパーティ会場の記念などなど。 そんな時はコンパクトで持ち運びに便利なLGのポケットフォトPD233が便利です! いつでもどこでも手軽にプリント。 持ち運びができる人気のコンパクトプリンター、LGのポケットフォトPD233に、ついに後継機種が新登場。 その名もLGポケットフォト「PD239」!その違いは?? キャノンから人気A3プリンターPIXUS iP8730とiX6830、どちらがいいのか、業界人「M」が徹底比較して魅力に迫る! 富士フィルムからチェキのモバイルプリンター版、「スマホ de チェキ instax SHARE SP-1」がついに登場。 わざわざカメラを買わなくてもスマホさえ持っていれば簡単にその場で写真がプリントできちゃいます! エプソンの人気プリンターカラリオ(Colorio EP-807のインクを半額以下で購入できる方法、ご存知でしたか?.

次の

A4カラーレーザー複合機 おすすめはこれで決まり!

カラーレーザー複合機

そもそもインクジェット複合機とは、 インクを直接用紙に噴きつけることで印刷やコピーをします。 インクの種類やインクを噴きつける方式はメーカーによって様々ですが、インクに圧力や熱を加えて「微粒子」に変えることで噴きつけによる印刷方式になります。 インクジェット複合機といえば一般家庭でも多く流通しており、大半の機種ではA4対応の機種が多く出回っています。 ですが、今では A3まで対応できる機種も数多く販売されるようになってきています。 また、さまざまな機能が備えられて大変便利になりました。 コピー、スキャン、プリントーはもちろん、FAXや電話機まで搭載しているものまであります。 このイングジェット複合機の大手メーカーとして「エプソン」や「ブラザー」、「キャノン」が有名です。 そこで、エプソンのA3対応インクジェットプリンター複合機 PX-M5040Fの機能を見ておきましょう。 ビジネス向けのA3対応のインクジェットプリンター複合機になり、印刷コストがとにかく安くなっています。 A4カラー印刷が約7. 6円、A4モノクロ印刷が2. コピー、スキャン、プリントアウト以外にFAXも搭載しているので、ビジネスにはうってつけのモデルとなっています。 コスト的には、本体価格が安いことや消費電力が少なくなりランニングコストは安いものの、一方で、印刷枚数が多くなるとインクを蓄えるカートリッジが小さいことで交換頻度が多くなり、コスト効率が悪くなってしまいます。 このような理由で、 A3インクジェット複合機はご家庭やSOHO(小規模オフィス)向けだと言えるでしょう。 A3カラーレーザー複合機の特徴 A3カラーレーザー複合機に関しては、皆さま日頃から使われているのではないでしょうか。 一般的な企業や会社で導入していただいているレーザー複合機に関しては、B5、B4、A4、A3がすべてを搭載しているタイプになります。 まず、レーザー複合機とは、感光体(用紙にトナー)を転写させる筒(ドラム)にレーザーを使って印刷イメージを描き、トナーを付着させて印刷するものになります。 さらに、プリンターとして利用するだけでなく、 基本的に印刷機能以外に、コピー、FAX、スキャナなどの機能を搭載しているため、それぞれの用途別に機器を導入していたものが、複合機1台に集約されているのです。 そのことで機器の運用管理コストが抑えられ、さらに、1台にすることでスペースを有効活用することが可能となります。 現在では、ネットワーク共有機能により、各席のパソコンへFAXやスキャナデータを転送でき、内容を確認後プリントアウトすることもできますので、ペーパーレス化の実現のために共有機能が有効活用されています。 0FFICE110で販売している複合機に関しては、すべてレーザー複合機となり、• Canon(キヤノン)• RICOH(リコー)• SHARP(シャープ)• KYOCERA(京セラ)• KONIOCA MINOLTA(コニカミノルタ)• TOSHIBA(東芝)• FUJIxerox(富士ゼロックス) という 主要7メーカーの機種を新品・中古を数多くご用意しております。 レーザー複合機を導入のご検討の際は、をご覧ください。 様々な情報をご用意してお待ちしております。 A3複合機の比較 ここまで、「A3インクジェット複合機」と「A3カラーレーザー複合機」の特徴についてご覧いただきましたが、どのような面に違いがあるのか比較しておきましょう。 これはインクを直接噴きつける方式だからこそできるメリットになります。 しかし、普通用紙を使ってカラー原稿を印刷すると色が滲む場合があり、印刷にかかる時間もレーザー複合機と比べて時間を要してしまいます。 レーザー複合機 何といっても印刷速度が速いことです。 また、基本的に色が滲まないのでカラー印刷でも普通用紙を使うことができます。 さらに、噴きつけたインクよりも転写したトナーの方がその定着性が高いことから印刷の耐久性が良いこともメリットの一つです。 ですが、インクを直接噴きつけるインクジェットに比べて繊細な色の再現性は低くなりますが、印刷設定で繊細な印刷も可能となっています。 ですが、印刷枚数が多くなる場合は、コストが逆に高くなる傾向があり、これはインクカートリッジが小さいため、交換頻度が多くなることが大きな理由となっています。 レーザー複合機 大量に印刷をする場合は、印刷コストが割安になることがメリットとなります。 特に、日常の業務で多く利用するモノクロ印刷の場合は、その効果は絶大です。 一方で、本体価格が高いこと、トナーカートリッジといった交換部品が高額であることからメンテナンスの際のコストが高くなることがデメリットになりますが、リース契約の際にカウンター保守契約を結んでいただくことが解消されます。 結果、機能・コスト面を考慮して、 A4~43を大量に印刷することがある企業や会社においてはカラーレーザー複合機、A3印刷をあまり必要としていないSOHO(小規模オフィス)においてはインクジェット複合機がそれぞれ最適かと思われます。 まとめ.

次の