はなし 語源。 「はなし」の語源、有力なものは?【ことば検定プラス】

「まんこ」の語源について(まじめな質問)

はなし 語源

A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 「かりゆし」は検索で調べると、一杯出てきます。 「沖縄かりゆしFC」の名前にも使われ、沖縄地方で、幸せ・縁起がよいこと・めでたいこと、などの意味だそうです。 他方、語源的には、参考URLの説明では、与論島の言葉で、「軽石(かるいし)」で、船出する時、軽石は沈まないので、「かりゆし」と声をかけて、船の安全を祈ったそうです。 縁起のよいこと・幸福をもたらすことの意味だそうです。 これは、沖縄では「最高の物」「究極の物」という意味になるそうです。 いずれにしろ、縁起のよいことでしょう。 s-direct. html A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 年間の入場者数がだいたい1800万人前後ですから、単純に考えれば一日平均約5万人ですね。 もちろん、5万人が朝から晩までずーっとパーク内に滞在しているわけではないでしょうから、瞬間滞在者数はもうちょっと少ないでしょう。 当然、休日はもっと多く、平日は少ないでしょう。 噂ですけど、パーク内の滞在人数が6万人になったら入場制限になる、と聞いたことがあります。 いちど、入場制限で2~3時間待たされたことがありますが、やっと中には入れたもののやはり混んでました。 というわけで、公式でもなんでもないですけどめちゃめちゃ混んでて6万人くらいと考えれば、15000人しかパーク内に入れないのであれば、すいていると感じられるのではないでしょうか。 Q 国産のオートマ車なんですけど、 今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。 表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。 普通に走行はできるのですが。 そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。 それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。 (現在は77000キロくらいです) 遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。 新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが もう今はぜんぜんで・・。 今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。 できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら すぐに行きたいと思うのですが。 私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 既に良い回答が出ていますね。 vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、 参考になればと思い、私の経験を記します。 私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。 テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。 エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。 音も気になっていました。 信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。 (回転数4500~5000rpmを越えてところでした。 ) 車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。 今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、 使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。 今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。 別の話ですが、 エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。 これは簡単に直ります。 既に良い回答が出ていますね。 vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、 参考になればと思い、私の経験を記します。 私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。 テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。 エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。 音も気になっていました。 信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...

次の

symptomの意味とその語源 〜 神父トムのはなし

はなし 語源

語源が面白い言葉 30 それぞれの言葉に対して一般的に語源とされているもの、語源として有力なものを記載してあります。 青二才 あおにさい 【意味】年が若く経験の乏しい男をののしって言う言葉 【語源】 未熟なことをいみする「青」と、 年が若いことを意味する「二才」を組み合わせた言葉です。 赤ちゃん、赤ん坊 【意味】生まれて間もない子 【語源】 生まれたばかりの子の 肌の色が赤いことに由来します。 赤の他人 【意味】何の関係もない人 【語源】 「赤」は「 はっきりした、まったくの」といった意味で、他の言葉 この場合は「他人」 を強調することがあります。 あくび 欠伸 【意味】眠くなったりしたときに自然に行われる深い呼吸 【語源】 口を開ける動きを示す「欠」と、 体を伸ばす意味の「伸」を組み合わせたものです。 あっぱれ 天晴 【意味】すぐれて見事な様子をほめるときに言う言葉 【語源】 感情を表現する「 あはれ」が語源で、この音がつまったものです。 スポンサーリンク 油を売る 【意味】無駄話をして時間を費やすこと、なまける 【語源】 油売りの動作から出た表現です。 阿保 あほ、あほう 【意味】ばか、低能 【語源】 中国の秦の始皇帝 しこうてい が建設した「 阿房宮 あぼうきゅう 」が語源で、その広さは常識を越えたものでした。 行燈、行灯 あんどん 【意味】照明器具の一つ 【語源】 もとは 持ち運ぶものであり、「行 あん=持ち歩くの意 」と「燈 ともしび 」の文字が使われました。 いかさま 如何様 【意味】いんちき、不正 【語源】 「どんなふう」を意味する「如何 いか 」と、「様子 ようす 」を意味する「様 さま 」を組み合わせた言葉です。 もとは「 どのように」という意味で使われていましたが、次第に「いんちき」といった意味合いを持つようになりました。 一か八か 【意味】運を天に任せる、のるかそるか 【語源】 博打 ばくち の用語で、漢字の「 丁」と「半」の上の部分を取ったものです。 いらっしゃい 【意味】人が来たときに迎える挨拶の言葉 【語源】 「来る、行く、居る」の尊敬語である「 いらっしゃる」の連用形と、丁寧の助動詞「 ます」の命令形を組み合わせたのが「いらっしゃいませ」で、簡略化した「いらっしゃい」も使われるようになりました。 うんともすんとも 【意味】全然返事をしないこと、何も言わないこと 【語源】 「 うん」は返事の言葉で、これに語呂が良い「 すん」を組み合わせたものです。 えこひいき 依怙贔屓 【意味】一方の肩を持ったり、特定の者を可愛がること 【語源】 「 頼りにすること」を意味する「依怙」と、「 気に入った者に目をかけて助けること」を意味する「贔屓」を組み合わせた言葉です。 おせっかい お節介 【意味】出しゃばって世話をやくこと 【語源】 すり鉢などに付いたものを掻き落とすための道具である「 せっかい 切匙、狭匙 」が語源で、「節介」は当て字と考えられています。 おやつ お八つ 【意味】午後の間食 【語源】 昔の「 八つ時 やつどき=現在の午後 2時頃 」に食べることから スポンサーリンク かかし 案山子 【意味】田畑の作物を荒らす鳥、獣などを防ぐための人形 【語源】 動物や魚の焼いたものを使って田の雀を追い払う「 嗅がし かがし 」が語源です。 菓子 【意味】食事以外に食べる嗜好 しこう 性の食べ物 【語源】 古くには「 果物 くだもの 」を意味していました。 江戸時代からは果物を「水菓子 みずがし 」と呼ぶようになり、「菓子」は果物以外のものをいうようになりました。 かなめ 要 【意味】最も大切な部分、要点 【語源】 「かなめ」は扇の骨を閉じるための穴があいた「くぎ 釘 」で、この形が 蟹 かに の目のようにみえることが語源です。 ごまかす 誤魔化す 【意味】人目をあざむいて不正を働くこと 【語源】 「 胡麻菓子 ごまかし=江戸時代の菓子・胡麻胴乱:ごまどうらん、中身がないために見掛け倒しの代名詞とされた 」が語源で、「誤魔化す」は当て字です。 さくら 【意味】大道商人の仲間で、客のふりをして普通の客が買う気を起こすようにしむける役の者 【語源】 ただで見るの意で、「桜」から出た言葉です。 老舗 しにせ 【意味】長く続いて信用のある店 【語源】 「似せる、真似て行なう」を意味する「 仕似せ しにせ 」が語源で、「老舗」は当て字です。 図体 ずうたい 【意味】体 からだ 、体のなり 【語源】 「 胴体 どうたい 」がなまったものとする説が最有力です。 図星 ずぼし 【意味】目当ての所、急所 【語源】 的 まと の中心の黒い部分を図星といい、ここを狙って矢を射ることから「目当ての所」を意味するようになりました。 ちんぷんかんぷん 【意味】わけがわからないこと 【語源】 外国語の発音を真似てつくられた言葉で、「珍紛漢紛」「珍糞漢糞」などと表記されることもあります。 豆腐 とうふ 【意味】大豆を原料とした食品 【語源】 豆腐は中国から伝わったもので、名前は 漢名をそのまま使用したものです。 「腐」の文字は液体に近いものを表します 南無三 なむさん 【意味】失敗したときなどに発する言葉 【語源】 仏・法・僧の三宝の力にすがるという意味の「 南無三宝 なむさんぽう 」を略したのが南無三です。 部屋 【意味】家の中を仕切ってつくった間、室、座敷 【語源】 別々の家、隔てた家を意味する「 戸屋、隔屋」が語源です。 まずい 【意味】味が悪い 不味い 具合がよくない、下手だ 拙い 【語源】 不十分な、乏 とぼ しいを意味する「 貧し まづし 」が語源です。 八百長 やおちょう 【意味】真剣に勝負をするように見せかけ、実は前もって決めたとおりに決着をつけること 【語源】 相撲社会から起こった言葉で、 八百屋長兵衛 やおやちょうべえ という人の名によるといわれています。 ろくでなし 碌でなし 【意味】役に立たない者、しょうのないのらくら者 【語源】 「平なこと、水平なこと」を意味する「陸 ろく 」を否定した「 陸でなし」が語源で、「碌でなし」とするのは当て字です。

次の

英単語は語源で覚えろ! 効率が良くて二度と忘れないという話

はなし 語源

こんにちは!Pacalla編集部です。 皆さんは『これじゃ埒があかないよ』『人気に拍車がかかっている』なんて口にしたことはありませんか?これ、実はどちらも語源は馬に関係しているんです。 埒(ラチ)は競馬場のコースや馬場のまわりに設置されている柵のこと。 柵は境界のような役割を持っているため、それが転じて『物事の区切り』としての意味を持つようになったそう。 拍車とは乗馬をする人が履くブーツのかかとに装着して、馬のお腹に当てて馬を制御する金属の道具です。 拍車を使用することで、馬が元気よく前に進む様子から、このような言葉が生まれました。 このデッドヒートという言葉は、もともと競馬や競走などで二者以上が同着のときや、無効試合の場合に使われていました。 それが転じて現在のように使われるようになり、競馬だけでなくスポーツ全般に用いられるようになりました。 羽目(ハメ)とは馬を制御するために馬の口に噛ませる馬具「馬銜(ハミ)」が転じたものだそう。 この馬銜はハメとも読むことができ、馬銜を外すと馬が自由に走りまわって、手がつけられなくなったことからこの言葉が生まれました。 昔、旅というのはとても危険なものでした。 そのため、遠方へ旅立つ人に向けて、無事と安全を祈願するために、馬の鼻先を旅先の方向に向けるという習慣があり、転じて現在のような「はなむけ」という言葉ができたようです。 後塵とは馬車などが通った後に舞い上がる土埃のことを指し、拝するとはありがたくお受けするということ。 そこから中国で「先に行く人の土埃をありがたく拝む」といった意味で使われるようになり、それが転じて日本では遅れをとるという意味になったそうです。 語源は江戸時代にさかのぼり、当時の権力者の付き人が下馬先(馬を降りる場所、現代でいう駐車場)で、自分の主人が到着するまで、主人の評判(噂話)をして待っていたことに由来するそうです。 ですがこの言葉、どうやら戦前から競馬で使われていたようです。 競馬での『バテる』は馬が力走した末に、ゴールの手前でいっぺんにスピードが落ちてしまう状態をいいます。 これが人間にも使われるようになり、現在の形になりました。 語源が馬にまつわる言葉、皆さんはいくつ知っていましたか? 普段、何気なく使っている言葉の中にも『馬』に関するものがこんなにたくさんあるんですね!Pacallaでは引き続き調査を続け、第2弾をお届けできたらと思っています!お楽しみに!.

次の