その日 が 来る まで。 小田和正、2011年に行われた全国ツアーが、CS「MUSIC ON! TV」で 6月20日 (土) にアンコール放送! M

static.worldphoto.org: いつか、その日が来る日まで…(通常版): 音楽

その日 が 来る まで

こんばんは。 そこに 「戦後最大のカリスマ、矢沢永吉のいつか、その日が来る日まで」を書く。 というタイトル記事が掲載されております。 短く紹介します。 去年の5月に矢沢音楽事務所の藤田氏より電話があり、 矢沢が先生にアルバムタイトル曲を是非書いてほしいと電話。 なかにしさんは、びっくり、 タイトルを聞いて、「日本語的に少し変ですね」と藤田氏に 言ったところ、藤田氏曰く、 本人も分かっていますが、どうしても「その日が来る日」 と言いたいといってまして、、、 そこでなかにしさんは、何度もタイトルをつぶやく、、、、 そして思ったそうです、さすが矢沢さん、ロックしてるな、、、 ふつうは「その日が来るまで』 「来るまでは」となるが それでは、丸くなる「その日が来る日まで」とすると 丸みに歪みができる、この歪みが良い、と書いています。 全部をここに紹介すると長くなるの、、この辺で、 他に書き直しを要請されたことや、 永ちゃんの事務所で初対面の時のこと NHKのドキュメントを観た時のこと そのほか、いろいろ記してます。 是非、ご一読を。 最後に 自分を含めて、 想像で勝手に決めつけるものです。 私も、そう思いましたが この楽曲の作詞は なかにし礼さんであり なかにし礼さんは矢沢永吉氏の楽曲に 作詞をするのは初であり、 今回のアルバムの作詞家はスタッフ等に 誰かいい作詞家はいないか?と尋ね 馬渕大成さん以外は全員 初であり その中で なかにし礼さんの名が挙がり オファーし 年齢も、なかにし礼さんの方が上であり もし仮に矢沢さんの中で 言葉的に「いつか、その日が来るまで」とかの方が良いのでは?と感じても 作詞家の大御所であり、こっちから以来し 出来上がった原稿のタイトルに直してくれないか?とは言えない所もあるんじゃないですかね? よく分からないが。 でも、やはり「日」は2つ要らない。 「いつか、その日が来るまで」がいいと思う。

次の

矢沢永吉 初のバラードベスト『STANDARD~THE BALLAD BEST~』2020年10月21日発売!

その日 が 来る まで

こんばんは。 そこに 「戦後最大のカリスマ、矢沢永吉のいつか、その日が来る日まで」を書く。 というタイトル記事が掲載されております。 短く紹介します。 去年の5月に矢沢音楽事務所の藤田氏より電話があり、 矢沢が先生にアルバムタイトル曲を是非書いてほしいと電話。 なかにしさんは、びっくり、 タイトルを聞いて、「日本語的に少し変ですね」と藤田氏に 言ったところ、藤田氏曰く、 本人も分かっていますが、どうしても「その日が来る日」 と言いたいといってまして、、、 そこでなかにしさんは、何度もタイトルをつぶやく、、、、 そして思ったそうです、さすが矢沢さん、ロックしてるな、、、 ふつうは「その日が来るまで』 「来るまでは」となるが それでは、丸くなる「その日が来る日まで」とすると 丸みに歪みができる、この歪みが良い、と書いています。 全部をここに紹介すると長くなるの、、この辺で、 他に書き直しを要請されたことや、 永ちゃんの事務所で初対面の時のこと NHKのドキュメントを観た時のこと そのほか、いろいろ記してます。 是非、ご一読を。 最後に 自分を含めて、 想像で勝手に決めつけるものです。 私も、そう思いましたが この楽曲の作詞は なかにし礼さんであり なかにし礼さんは矢沢永吉氏の楽曲に 作詞をするのは初であり、 今回のアルバムの作詞家はスタッフ等に 誰かいい作詞家はいないか?と尋ね 馬渕大成さん以外は全員 初であり その中で なかにし礼さんの名が挙がり オファーし 年齢も、なかにし礼さんの方が上であり もし仮に矢沢さんの中で 言葉的に「いつか、その日が来るまで」とかの方が良いのでは?と感じても 作詞家の大御所であり、こっちから以来し 出来上がった原稿のタイトルに直してくれないか?とは言えない所もあるんじゃないですかね? よく分からないが。 でも、やはり「日」は2つ要らない。 「いつか、その日が来るまで」がいいと思う。

次の

矢沢永吉 初のバラードベスト『STANDARD~THE BALLAD BEST~』2020年10月21日発売!

その日 が 来る まで

こんにちは。 マエダサチコです。 今日は月曜日でお店はお休みですが、連日の海で月末の事務仕事が全く終わっておらず、お店で鳥たちと遊びながら仕事を片づけています。 週5日。 こんなに海に行った夏は、港町で育った私も生まれて初めてかもしれません。 しかし、39歳、体は元気なことに驚いています。 モチベーションや気力がいつまで続くかが重要なんでしょうね。 体力は持ったしても、気力が70歳までもつでしょうか…? つい先日、仕事を終えて帰宅し、TVをつけると『矢沢永吉』さんの70歳を目前にしたドキュメンタリーが流れていました。 『いつか、その日が来る日まで』のタイトルで。 70歳になっても、全力で物作りに励み、ハーレーに跨り、船を操り、酒を飲んで、ロックを歌う。 そんな想像を絶するエネルギーはどこから湧いてくるのか…? 『諦め』ではなく『もういい!』『やり切った!』と思えるその日が来るまで、すべてをロックンロールに捧げるんだそう。 その熱意がどこからくるのか、なにがそうさせるのか、、、 その答えは『ロマン』でした。 女には理解できない『男のロマン』というやつ。 『一生カッコつけるのが男だぜ!』と、えいちゃん。 それはもはや、矢沢永吉だからカッコいいのではないか?とも思いますが、ロマンのない私は、きっとそうはいかない。 現実的な私は、些細な体調や自然の変化を敏感に感じ取り、僅かな楽しみを見出し、その日が来るまで疲れない様にやっていくのだと思います。 少しの寒さもストレスも感じたくない私は、風吹く昨日はドライスーツを選択。 てるちゃんもギリギリまで迷った挙句、ドライスーツをチョイス。 (結果正解) はじめての白瀬、初めてのサンライズの梶さんは、まだウエットスーツです。 (こちらも正解) 昨日は週末なのに3人という少人数でのダイビングでした。 どんどんカメラが大きくなるテルちゃん。 いくら防水とは言え、電子機器を海水(水深10m)に浸す勇気のある梶さん。 2人のカメラの違いがなんか面白い。 テルちゃんのカメラに狙われるタツノオトシゴ。 生き物であることがバレないように、なかなか目を見せてくれません。 枝に成りすまそうと必死。 そんな擬態名人たちをじっくり観察。 その後、最近のお気に入り、白瀬の東側P9エリアに足を運びました。 広い砂地と大きな岩。 そこには大きなコロダイがついています。 群れも多い。 冬は何も居ないけど、夏の東側は意外と面白くて、お気に入り。 お気に入りの宿で卵を守るニジギンポの姿も。 サザエの宿がいいのは、ニジギンポだけではないのです。 にょきっ。 にょきにょき。 そう、ニジギンポからサザエを奪う天敵はヤドカリ。 卵を襲う小魚は撃退できても、自分より大きて、怖い鋏を持つヤドカリにサザエごと奪われたらもう最後。 サザエは殻になっても、かけがえのない大事な存在なんですね。 と、じっくりと2ダイブ、少人数の白瀬を満喫していまいりました。 明日からもまた連日海が続きます。 あなたは今、何を基準にダイビングショップをお探しでしょうか?料金?立地?施設の豪華さ?Cカード発行枚数?どれが一番大事ですか?未経験であればことさら迷いますよね。 実はこのショップ選びには大きな「落とし穴」があります。 なぜなら、カルチャースクールなどを探す際に使用される一般的な指標は、濃密な人間関係を有するダイビングスクールでは「そこまで重要ではない」からです。 ダイビングでは一緒に潜る人と過ごす時間が格段に長いため「ショップ全体の空気感が自分に合って」いないと、低価格だろうが、店が綺麗だろうがあんまり意味がないのです。 だって結局は人がすべてなんですから。 なかなか見えづらいショップの空気感を知る第一ステップは、日々更新されている「 」をご覧になるのがいいかもしれません。

次の