コンパイル エラー。 Excel64ビット非対応コンパイルエラー!?|Excelシステム開発やデータベース化ならセルネッツ

定番のVBA関数でコンパイルエラーが出たときの対処法:Excel VBA|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

コンパイル エラー

C言語のコンパイルエラー 再定義されています。 異なる基本型です。 C言語を勉強しています。 現在、簡単なコマンドゲームを作ろうとしています。 しかし、新しく関数のプロトタイプ宣言をしたところ、C2371 'act 関数名 ': 再定義されています。 異なる基本型です というエラーが出て実行できなくなってしまいました。 ネットで検索したところ、変数名を別の型で2度定義したり、構造体で同じ変数名に2度定義してしまったりするとこのエラーが発生することがわかりました。 しかし、私が作ったのは関数で、変数ではなく、他の場所で同じ名前で定義してしまったかな?と思いソリューション全体から関数の名前のactを検索しても、四つしか出てきません。 内約 プロトタイプ宣言、関数の定義、関数の呼び出し二回 構造体はまだ勉強していないので、すこしも使っていないです。 関数名を変えてみても、同じエラー 関数名の部分だけが変更したものになっている が出てしまいます。 このエラー以外はエラーはありません。 また、actを定義した. cファイルと. hファイルで同じファイル内で定義した関数の内部でactを呼び出すとエラーになるらしく、actを呼び出すのをmain の中だけにしてみたところ、エラーが起こらなくなりました。 しかし、同じファイル内で宣言した関数を関数の中で呼び出せないなんてことありませんよね? プログラムをそのまま載せると、とても長くなってしまうので、掻い摘んだものになってしまっていますが、このエラーは関数のプロトタイプ宣言の際にも出るものなのでしょうか。 他にどのような可能性が考えられるでしょうか。 C 言語では宣言が無い関数は int 型の値を返すものと内部的に宣言される格好となり、その後に void act ; が現れると、初めは int 型を返すと言っていたのに、今度は void っておかしいじゃないか…という趣旨でエラーとなってしまうわけです。 《再現コード》 以下の再現コードでは include の類は一切書きません。 異なる基本型です。

次の

VBA 「コンパイルエラー:型が一致しません」の対処方法

コンパイル エラー

C言語のコンパイルエラー 再定義されています。 異なる基本型です。 C言語を勉強しています。 現在、簡単なコマンドゲームを作ろうとしています。 しかし、新しく関数のプロトタイプ宣言をしたところ、C2371 'act 関数名 ': 再定義されています。 異なる基本型です というエラーが出て実行できなくなってしまいました。 ネットで検索したところ、変数名を別の型で2度定義したり、構造体で同じ変数名に2度定義してしまったりするとこのエラーが発生することがわかりました。 しかし、私が作ったのは関数で、変数ではなく、他の場所で同じ名前で定義してしまったかな?と思いソリューション全体から関数の名前のactを検索しても、四つしか出てきません。 内約 プロトタイプ宣言、関数の定義、関数の呼び出し二回 構造体はまだ勉強していないので、すこしも使っていないです。 関数名を変えてみても、同じエラー 関数名の部分だけが変更したものになっている が出てしまいます。 このエラー以外はエラーはありません。 また、actを定義した. cファイルと. hファイルで同じファイル内で定義した関数の内部でactを呼び出すとエラーになるらしく、actを呼び出すのをmain の中だけにしてみたところ、エラーが起こらなくなりました。 しかし、同じファイル内で宣言した関数を関数の中で呼び出せないなんてことありませんよね? プログラムをそのまま載せると、とても長くなってしまうので、掻い摘んだものになってしまっていますが、このエラーは関数のプロトタイプ宣言の際にも出るものなのでしょうか。 他にどのような可能性が考えられるでしょうか。 C 言語では宣言が無い関数は int 型の値を返すものと内部的に宣言される格好となり、その後に void act ; が現れると、初めは int 型を返すと言っていたのに、今度は void っておかしいじゃないか…という趣旨でエラーとなってしまうわけです。 《再現コード》 以下の再現コードでは include の類は一切書きません。 異なる基本型です。

次の

Excel2019 非表示モジュール内でコンパイルエラー

コンパイル エラー

「いつも使っているVBA関数が、エラーになって動かない!」という現象が起こったときの対処方法についてご紹介します。 たとえば、Excel 2010で作成したマクロをExcel 2002で実行すると、Date関数やMid関数などのいわゆる定番の関数でコンパイルエラーが発生することがあります。 Date関数はVBA(Visual Basic For Applications)ライブラリの中のメンバです。 「ライブラリが見つかりません。 」というエラーが出ていますが、Excel 2010にもExcel 2002にも、VBAライブラリは存在します。 では、Excel 2010とExcel2002ではこれらの関数に互換性がないのでしょうか? いえ、そんなハズはありません。 このような現象が起きたときは、[参照設定]ダイアログに「参照不可のライブラリ」がないか、確認してみてください。 参照不可のライブラリとは、参照設定のチェックがオフになっているライブラリのことではありません。 ダイアログ内に「参照不可: ライブラリ名」となっているライブラリのことです。 もしあったら、チェックを外してください。 エラーが出ていたDate関数とは関係のないライブラリですが、多くの場合、これでコンパイルエラーはなくなります。 ライブラリが参照不可になる理由は、マクロを開発した環境で参照設定されたライブラリが、実行する環境には存在しない、あるいはパスが異なる、といったことが主な原因です。 OSやExcelのバージョンが異なると、VBAが参照するライブラリのパスも変わります。 そのほとんどは、自動的にその環境に合わせて読み変えられますが、一部のライブラリは元のパスのままになっているため、参照不可になります。 ここで例に挙げたRefEdit(Ref Edit Control)ライブラリは、RefEditコントロールをユーザーフォームに貼り付けると自動的に参照設定されます。 フォームデザイン時に、コントロールをうっかりクリックして貼りつけただけで設定されてしまい、その後コントロールやフォームモジュールごと削除したとしても参照設定が残ってしまうので、注意が必要です。 ライブラリに関するトラブルは、開発環境と実行環境が異なる場合に起こりがちです。 参照設定をよく確認しておきましょう。 拡張した機能に下位互換性がないので、予期せぬエラーを起こさないために、Excel 2002以前の下位バージョンのライブラリしかない環境では「参照不可」となる仕様になっています。 また、マルチインストールの場合、最後にインストールしたライブラリが参照設定として保存されるので、注意が必要です。

次の