任天堂 の 株価。 任天堂 (7974) : 株価チャート [Nintendo Co.,]

任天堂 (7974) : 株価診断・理論株価 [Nintendo Co.,]

任天堂 の 株価

分割をしないからです。 なぜ、分割しないかというと、簡単に言えば経営哲学の違いです。 ファーストリテーリングや任天堂。 キーエンス、ファナックは、分割を行いません。 分割しても企業業績があがるわけではなく、むしろ、株主数が増えることでコストが増えます。 コストが増えれば既存株主にとって、マイナスです。 株価の上昇は、業績によってと考えるからです。 また、巨大会社で、投資家のほとんどが機関投資家、売買が億単位ですので、6万円の株かも、600円の株価もさほどかわりません。 時価総額は、結果であって、目的ではないという考え方ですね。 ソフトバンク、およびSBG、分割に熱心です。 これは、孫さんの経営哲学、時価総額至上主義、あるいはポピュリズムによるものです。 分割したり、親子上場したり、現在のルール上認められているもので、時価総額が増えるものならなんでもやるという考えです。 どちらが、正解とか、正しいとかはありません。 経営者の考え方の違いです。 機関投資家が、株主の大多数をしめる大企業にあって、孫さんの考え方は異端です。 しかし、個人投資家にフレンドリーであり、それがソフトバンクの魅力でもあります。 小さい会社であれば、あるていど、一般投資家に向いた経営が必要ですから、分割には前向きです。 小さい会社であれば、分割すると、株価が騰がることがあります。 これは、分割のよる流動性の向上、分割の目的が市場変更を狙ったものであるためです。 また、分割によって、事実上、増配や優待利回りの改善があったりするからです。 値がさの大企業のほとんどは、優待を実施していません。 つまり、零細な個人投資家を無視しているのです。 ファーストリテーリングの柳井さんは、そのあたりをはっきり言っています。 うちの株主数は十分、機関投資家が買う株と。 おそらく他の値がさ大企業も事情は同じです(はっきり言わないだけ)。 分割して買いやすくなれば、零細な個人投資家が増えます。 孫さんは、個人投資家を重視しています。 (借金が多すぎるので、機関投資家が積極的に買わないというのもあります)。

次の

任天堂(株)【7974】:掲示板

任天堂 の 株価

現在は【買い】 予想株価 53,211円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「任天堂の2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

任天堂【7974】の株価予想!ゲーム業界の巨人は2019年どう動く?

任天堂 の 株価

追記 ~ 2018年9月4日 本記事は2016年12月12日に公開したもので、既に2年近く経過しておりますが、私の主張は現在も変わりません。 新ハードのニンテンドースイッチが、2017年末くらいまで品切れになるほどヒットしたことによって、市場は大いにこれを好感、2018年1月24日には49,980円まで株価は上がりましたが、ひと段落したのか2018年9月4日現在は39,750円と、7か月で株価が1万円も下がりました。 2007年、08年のWiiの例を見るに、まだ下がるのかもしれません。 若しくは、もう下げ止まったのかもしれません。 私の主張するところは、 この任天堂という銘柄は非常に扱いづらく、投資初心者は投資を控えた方が無難、ということです。 それでは、本篇をご覧ください。 任天堂株に手を出すべきではない4つの理由 ポケモンGOに沸いた7月、任天堂株は急騰しました。 15,000円前後だった株価が、一気に30,000円近くまで上昇したのです。 出来高 売買数 も跳ね上がり、一気に大人気銘柄として脚光を浴びました。 SBI証券では、の7月の1位が、任天堂でした。 つまり初心者さんが、任天堂株を信用取引で売買したということですね。 ですが、 投資初心者はこの銘柄に触るべきではないと思うのです。 うかつに触ったら大怪我をするでしょう。 信用取引ではなおさらです。 手を出さない方が良いと思った理由は、4つあります。 単元株価格が高い• 値動きが荒い• 配当金が少なく・株主優待がない• PERが高い 一つ一つ見ていきます。 単元株価格が高い 単元株数とは、売買に必要な最低株数のことです。 単元株価格とは、売買に必要な最低価格のことです。 任天堂の単元株数は100株、2016年12月22日現在の任天堂の株価は23,595円です。 240万くらいないと、原則任天堂株を手に入れることができないのです。 一つの銘柄にこれほどの大金を投じることができる投資家は、いったいどれだけいるのでしょうか。 10銘柄ぐらいに分散投資しているとして、1銘柄に稼働資金の1割以下しか割り当てることができないルールを設けていれば、2400万円もの稼働資金が必要です。 3銘柄ほどに集中投資していても、720万円必要です。 これは非常にハードルが高いと思います。 値動きが荒い 任天堂の株価の値動きはとても荒いです。 上図は任天堂の月足チャートです。 ご覧の通り、2007年付近に山ができていて、2008年から急降下しています。 Wiiが大ヒットしたおかげか、2007年11月には何と70,000円の大台を突破しました。 それがリーマンショックもあり、2年後の2009年には22,000円まで急落しました。 2009年から7年経過した今も、途中で紆余曲折あったものの、あまり株価は変わっていません。 株価70,000円の時に買って、現在まで塩漬けにしていた場合、最低株数である100株を保有していただけでも約460万の含み損になります。 2010年以降は平たんに見えるかもしれませんが、それは2007年の山のおかげでそう見えるだけで、激しい値動きを見せています。 例えば2011年3月には24,000円あった株価が、2012年3月には12,000円と たった1年で半分になっています。 この値動きはまるでマザーズ銘柄のようです。 うまくいけば大儲けもできるかもですが、そういった銘柄は大怪我をする可能性も高く、扱いが非常に難しいでしょう。 配当金が少なく・株主優待がない 日本の株の素晴らしさに、株主優待というものがあります。 1年に1回or2回届く株主優待をもらうと、何となく優越感を感じます。 ですが、この 任天堂株に株主優待はありません。 マリオグッズとかを株主優待に使えばいいのになぁと個人的には思うのですが。 配当金も渋いです。 2016年12月22日現在の 配当利回りは0. 株主優待は無く、配当金も少ないため、長期で持ち続ける楽しみが少ない銘柄といえるかもしれません。 追記 2018年9月4日現在の予想配当利回りは1. PERが高い 任天堂はPER 株価収益率 が高いです。 2016年12月22日現在のPERは56. 69倍です。 他の銘柄の平均PERは業種によってちがうのですが、大体10倍~30倍でしょうか。 ライバル銘柄のPERは、• コナミホールディングス:40. 48倍• スクウェア・エニックス・ホールディングス:21. 20倍• バンダイナムコホールディングス:18. 14倍• カプコン:16. 56倍 このように任天堂のPERを下回っています。 50倍を超えるPERの任天堂株価は、それに見合うポテンシャルを秘めているのか、或いは単なる過大評価なのか、それは未来になってはじめて分かることで、そういった中で新規購入するのは勇気のいる銘柄といえます。 追記 2018年9月4日現在の予想PERは28. 94倍です。 常識的な範囲内に収まっています。 しかし、ニンテンドースイッチによって利益が例年よりも大きく、2015年度の実績EPSが137. 40円だったのに対して、2018年度の予想EPSは1,373. 56円と何と10倍に跳ね上がっていることに、注意が必要でしょう。 おわりに 上述の通り、以下4つの理由により、任天堂株の購入は投資初心者は控えるべきと考えます。 単元株価格が高い• 値動きが荒い• 配当金が少なく・株主優待がない• PERが高い 私はファミコン世代ど真ん中で、ファミコンやスーパーファミコンと共に育ったと言っても過言ではありません。 任天堂が大好きです。 しかし、応援の気持ちを込めて投資をしようにも、とても手がでる銘柄ではありませんでした。 任天堂株は高嶺の花、 投資経験が浅く、種銭も少ない投資家がおいそれと手を出して良い銘柄ではなかったのです。 投資経験も資産も十分な投資家以外は、この銘柄の購入は見合わせた方が賢明でしょう。 ゲームは子供に十分配慮しているけど、株は完全に大人向け、それが任天堂なのです。 ほんとにゆ〜ていさんの言われる通りだと思います。 100株240万円は高すぎですよね。 庶民が気軽に投資できる金額ではありません。 利回り低すぎるし。 そもそもゲーム業界はヒット商品を継続して世に出していかないとすぐ売上が落ち込んでしまいますからね。 スーパーファミコンの時代ならともかく今はスマホアプリで素人でもゲームが作れる時代だから昔に比べて参入障壁が低く競合相手も増えてます。 一人勝ちしにくい業界ですよね。 ちなみに自分は日本株買う場合の一義的なフィルターとしてPERはTOPIXのPER以下 今だと17. これのおかけで今のところ大火傷はまだしてないです。 Author:ゆ~てい 30代。 2015年8月から本格的に資産運用を考え始めました。 米国株メインで資産運用中です。 他にも先進国株インデックス iDeCoのみ 、日本株に投資しています。 スイングトレードもやってましたが、現在は休業中です。 アーカイブ• カテゴリー• 176• 129• 最近のコメント• に yutei より• に SSS より• に yutei より• に kama より• に ダラサガ より• 相互リンク.

次の