ラインモバイル ラインビデオ通話。 ラインモバイルとは?お得な乗り換えキャンペーン情報と料金・通信速度比較!

2020年の「オンラインのビデオ通話」アプリのおすすめと比較

ラインモバイル ラインビデオ通話

こんにちは。 『ペコ』です。 本日のテーマはこちらについて。 『LINEモバイルの音声通話(電話)が聞こえない!不具合の原因と対策方法まとめ』 いくら 格安SIM に乗り換えたからといっても通話機能は重要です。 めっきり受話専用になった方も10分電話かけ放題を上手に使いこなす方も 突然おちいるトラブルといえば突然 『音声通話が聞こえなくなってしまう』こと。 実はこの現象は意外とありがちってご存知でしたか? 普段と変わりなく使っていてもいきなりこのようなエラーが起きることもあるんです。 通話機能は重要な連絡をする際にも大事なツールになりかねないので、すみやかに解決しておきたいですよね。 ということで今回は、 LINEモバイルの音声通話が突然聞こえなくなってしまった時の 原因とその解決方法をご紹介します。 LINEモバイルの音声通話で相手の声が聞こえない時の原因とは? LINEモバイルで通話をしていたら 突然相手の声が聞こえなくなってしまったことはありませんか? 実はこれ、よくあるトラブルです。 大手キャリア同士の通話でも遭遇したことがある方が多いのではないでしょうか。 LINEモバイルも同じように時々このようなトラブルが発生することがあります。 音声通話が聞こえなくなってしまうトラブルには大まかに以下の3つの原因が考えられます。 音声通話が聞こえないときの3つの原因• 受話音量が小さすぎる• 電波が悪い• 回線が混み合っている• 回線に障害が起きている それぞれの原因について、もう少し詳しくご紹介してきますね。 受話音量が小さすぎる 初歩的なことではありますが、そもそも 受話音量が小さすぎることも相手の声が聞こえない原因のひとつです。 殆どのスマホの音量ボタンは端末本体の左右どちらかのサイドについていることが多いのではないでしょうか。 自分で操作した覚えがなくても、通話中に誤って押してしまっている可能性も。 通話中に じわじわと相手の声が聞こえなくなったならこちらが原因の可能性があります。 電波が悪い 当然ながらLINEモバイルを利用するには電波が入る場所で通信を行う必要があります。 電波が悪い場所では思うように通信・通話ができません。 アンテナが少ない山間部などの圏外エリアはもちろん、 オフィス街や高層マンションなど電波が反射する場所も電波が入りにくい場所です。 実は 家の中にも電波が入りにくいが場所があります。 それは 『トイレ』や『お風呂』です。 基本的に家の中というのは電波が良い場所とはいえないのですが、中でもトイレやお風呂は 扉を締め切って入ることが多いですよね。 扉が電波を遮ってしまい、結果的に『相手の声が聞こえない』ということになってしまうのです。 回線が混み合っている 回線が混み合っているときも、相手の声が聞こえなくなることがあります。 年明けの瞬間の『あけおめコール』による回線の混雑が有名ですよね。 大手キャリアが『控えて!』と注意を出したこともあるくらいなので1年間でもっとも混み合うタイミングかも知れませんね。 お正月に限らず回線が混み合う人が集まる場所・時間帯では音声通話がうまく使えないことがあります。 回線に障害が起きている 滅多にあることではありませんが、 回線自体に障害が起きていることもあります。 この場合は自分や相手に原因があるわけではないですし、対処のしようがありません。 回線に障害が起きているときは、で報告があるのでチェックしてみましょう。 他にもTwitterなどのSNSをチェックすると、同じようなトラブルを報告している人がいるかも知れません。 LINEモバイルの音声通話で声が聞こえない時の不具合を解決する方法 LINEモバイルの音声通話が聞こえない時の原因には様々なものがあり、自分で解決できるものもあればできないものもあります。 その中でも 自分で不具合を解決できることとその方法をまとめてみました。 音声通話が聞こえない時の4つの解決方法• 受話音量を上げる• 通話をかけなおす• 電波の良い場所に移動する• 改善の要望を出す 以上の解決方法のやり方を詳しく解説していきますね。 受話音量を上げる まず確認したいのは 受話音量です。 受話音量を適切な状態まで上げるには、通話中にボリュームボタンを操作します。 端末によって操作する位置が異なりますが、 大抵の場合は端末本体の左右どちらかの横側についていて上をプッシュすれば音量が上がり下をプッシュすれば音量が下がります。 このように音量調節画面が表示されるので適切な音量に調節しましょう。 通話をかけなおす 通話中に急に相手の声が聞こえなくなったときは 通話をかけなおすことで改善されることもあります。 一旦通話を終わりにして、同じ相手にかけなおすだけです。 音量調節と同じようにこちらも簡単な解決方法なので、音声通話が聞こえなくなったときはまずこの2つの解決方法を試してみましょう。 回線混雑が原因のときは 時間をおいてかけなおすと回復します。 すぐに通話しなきゃいけないのに! というときは LINE通話などの データ通信を利用した無料通話アプリを利用してみるのも良いかも知れません。 電波の良い場所に移動する もし可能であれば 電波の良い場所に移動するのもおすすめです。 電波の良い場所の探し方• コンクリートやガラス窓が少ない地上• 山間部ではない• 人混みではない 外にいるときは上記のポイントに当てはまる場所を探してみてはいかがでしょうか。 室内にいる時は、できれば 窓を開けた窓際で通話するのが望ましいです。 改善の要望を出す 自宅周辺や職場・学校周辺がいつも電波が悪く基本的に通話がうまくいかないことが多い方は、 土地自体が電波の入りにくい環境にあるかも知れません。 このような場合は LINEモバイルに改善要望を提出して今後の改善に期待しましょう。 改善要望はから簡単に行なえます。 できるだけ詳しい状況や情報を記載すると、相手に伝わりやすく対応されやすいかも知れません。 まとめ 突然音声通話が聞こえなくなってしまうのはとても困りますよね。 プライベートな通話内容ならともかく、仕事や大事な用事のお話のときにこのようなトラブルに巻き込まれるのは厄介です。 まずは自分でできる解決方法を試してみて改善されるかどうかチェックしてみてくださいね。

次の

LINEモバイルの通話料金を徹底解説!|「いつでも電話」と10分かけ放題でお得

ラインモバイル ラインビデオ通話

「LINEモバイルでビデオ通話をしてみたらスムーズに動画が見れず、 カクカクしていた」 「止まってしまってうまくビデオ通話が出来なかった」 というお悩みはございませんか? ビデオ通話に限らず、動画がカクカクと止まってしまうという状態は かなりストレスですよね。 昨今の感染症の影響で、ビデオ通話やテレビ電話が、テレワークでも 取り入れられたり、 オンライン会議やオンライン講義、オンライン面接、 オンライン面談など様々な状況で ビデオ通話というものが重宝される ようになりました。 仕事以外でもオンライン飲み会も流行っており、ビデオ通話をする機会も 増えてきた方も多いと思います。 そんな中、「LINEモバイルでビデオ通話をすると止まる」 という噂があるようです。 LINEモバイルでビデオ通話をすると止まるのか、 止まってしまった場合の原因と対策について、こちらの記事を 読んでいただければ スッキリ解決すると思いますので、ぜひご覧ください。 もくじ• LINEモバイルでビデオ通話をすると止まってしまうのか 結論からいうと、「LINEモバイルだからビデオ通話中に止まってしまう」 のではなく 通信環境が悪いから 止まってしまうというのが真相のようです。 LINEモバイルでは、データフリー(カウントフリー)オプションを 実施 しており、 LINEデータフリーならLINEのみ、 SNSデータフリーならLINEとTwitter、Facebookの3つ、 SNS音楽データフリーならLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの5つの利用時にデータ使用量を 消費しません。 つまり、LINEのアプリでビデオ通話をいくらしても、データ消費量は 減ることはありません。 そのうえ、データ消費量を使い切って通信制限がかかっていても、 データフリーの対象なので高速通信のままなのです。 それをふまえると、 LINEモバイルは格安SIMの中で ダントツでビデオ通話に向いている と言えるでしょう。 そんなLINEモバイルでスムーズなビデオ通話をするために知っておきたい、 カクカクと止まってしまうことのない使い方をご紹介します。 LINEモバイルでビデオ通話をしていたら止まってしまった時の原因と対策 【原因1】4Gではなく3Gなど回線を遅い設定してしまっている 間違って3Gなど設定してしまっていると、回線が遅くなってしまいます。 一番早い設定できているか端末で確認してみましょう。 【原因2】山奥など電波が届きにくい場所にいる 山奥など電波が届きにくい場所では、LINEモバイルであるかどうか関係なくビデオ通話をするのは難しいです。 電波の届きやすい場所に移動してみましょう。 【原因3Wi-Fiのルーターから遠い場所にいる こちらはWi-Fiを使用している場合なのですが、ルーターから遠い場所で スマートフォンを使用していると、うまく電波を拾うことができず、 回線が遅くなってしまうことがあります。 その場合は移動するか、ルーターの位置を変えてみましょう。 【原因4】電子レンジやBluetooth搭載の端末などを近くで使用している こちらもWi-Fiを使用している場合なのですが、電子レンジや Bluetooth搭載の端末、コードレス電話機などを 近くで 使用していると 同じ周波数帯を使用することが多いため 電波干渉を 受けて インターネットが つながりにくくなること が あります。 その場合は近くでの使用を控えるか、 もしくは、 ルーターの周波数帯 (チャンネル)を変更すると解消すること も ありますので 一度 試してみましょう。 チャンネルを変更をすることで、逆に通信速度が落ちて しまう場合や、うまくいかない場合もありますので 変更をする際は注意してください。 【原因5】遅いWi-Fiにつないでしまっている(移動中など) 移動中によくあるのが、公共のWi-Fiを自動でつないでしまっていた ということです。 特に無料のWi-Fiスポットはかなり速度が遅いもの も多いので、 無料のWi-Fiに繋いでいる状態に気づかずスマホ側の 故障を疑ってしまうということもあるかもしれません。 その場合には、公共Wi-Fiをつながない設定にしておく、 移動中はWi-Fiをつながないよう設定するなどを試してみましょう。 【原因6】アプリが最新の状態になっていない アプリが最新の状態でないと、動作が重くなってしまうことがあります。 アップデートをしてアプリを最新の状態にしてみましょう。 【原因7】キャッシュがたまってしまっている キャッシュとは、簡単に言うと「よく使うデータを、すぐに取り出せる 場所に一時的に保管しておく仕組み」のことです。 よく使うデータにも かかわらず、毎回呼び出していては、読み込みに時間がかかって しまいます。 定期的にキャッシュを削除するようにしてみましょう。 【原因8】裏で動いているアプリがある ビデオ通話の裏で、他のアプリが起動していると、そのアプリが邪魔をして動作を遅くさせてしまうことがあります。 使用していないタブを消したり、裏で起動しているアプリを 終了してみましょう。 【原因9】これら全て試してみたけど回線速度が戻らないときは… 充電が十分にないと、スマートフォンがうまく機能しない場合が あります。 充電が十分にあるか確認してみましょう。 それでも回線が遅い場合は、端末を再起動をしたり、SIMを 抜き差ししてみましょう。 LINEモバイルでビデオ通話をする際の注意点3つ 【注意点1】LINEのアプリでビデオ通話をしよう LINEモバイルでは、前述したように、LINEデータフリーであれば LINEのみが、 SNSデータフリーであればLINEとTwitter、Facebookが、 音楽SNSデータフリーであれば LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがデータフリーで使用できます。 言い換えると、それ以外のアプリはデータフリーではありません。 なので、それ以外のアプリではデータを使用してしまい通信制限に かかってしまうと 速度が遅くなり、ビデオ通話がカクカクと 止まってしまってスムーズにできなくなります。 (通信制限にかかっても、LINEのビデオ通話は高速回線で使用できます) ですので、ビデオ通話をするときはLINEのアプリでビデオ通話を するようにしましょう。 【注意点2】外部リンクに気を付けよう LINEモバイルのデーターフリーは、主要SNSのアプリ内の何をしても データが 使用されないというわけではありません。 特に外部リンクと呼ばれる、LINE以外のリンクが表示されているものは タイムラインなどで多く見かけます。 こちらを閲覧するとデータが使用 されてしまいます。 その他にも、オープンチャットやグループ内Liveの 使用はデータが使用されます。 (詳しくは ) 【注意点3】データフリー内でも、データ通信を大量に行うと通信制限がかかることがある LINEモバイルの公式ページには 「データフリー機能の利用により、他のお客様の迷惑となるような、大容量のデータの継続的な送受 信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。 」 公式サイトより引用( と書いてあり、あまりにも大量にデータ通信をしてしまうと制限が かかってしまうことも あります ので、不用意なビデオ通話の 繋ぎっぱなしはやめておきましょう。 ビデオ通話をするならLINEモバイルがおすすめな理由 LINEでビデオ通話をどれだけしてもデータフリー LINEモバイルでは、LINEのアプリでビデオ通話をしてもデータが 一切使用されません。 なので、たとえ他のアプリを使い過ぎて 通信制限がかかっていたとしても、 LINEのアプリでビデオ通話を する ときには通信制限が関係がなく、高速通信ができます! これなら気楽にビデオ通話を楽しめそうですよね。 LINEモバイルならデータSIMでもビデオ通話ができる LINEモバイルでは、音声通話ができる「音声通話SIM」と、音声通話が できない「データSIM」からSIMのタイプが選べます。 データSIMだと 音声通話が出来ないのですが、 その分料金が低くなっています。 「音声通話ができない」と聞くと、「ビデオ通話もできないんでしょ」と 思われる方も 多いかもしれませんが、データSIMを選んでいる場合でも、LINEのアプリから ビデオ通話をすることができます。 データSIMを選んでしまっている場合でも安心ですね。 まとめ• LINEモバイルはLINEでのビデオ通話がデータフリーで使い放題• データSIMでもLINEのアプリでビデオ通話ができる• LINEのアプリでビデオ通話をしよう• 過度なビデオ通話の繋ぎっぱなしと、外部リンクに気を付けよう LINEモバイルだからビデオ通話が止まるのではなく、 通信環境が悪いから ビデオ通話が止まってしまうというのが真相でした。 それどころか、LINEモバイルではデータフリーでLINEのアプリから ビデオ通話が出来るので、格安SIMでビデオ通話をするなら ダントツでLINEモバイルがおすすめです。 外出自粛要請をうけて、実家への帰省も控えるよう呼びかけられている 現在では、 おばあちゃんやおじいちゃんの家に行くこともできないので、 ビデオ通話をすれば 簡単かつ安心して、お互いの家にいながら、近況を話し合ったり、自分やお子さん の元気な姿を見せてあげることもできます。 皆さんも、ぜひこの機会にLINEモバイルで通信制限を気にすることなく ビデオ通話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

UQmobile(UQモバイル)でLINEを使うための全知識!MNP時の連絡先・トーク履歴の引き継ぎ方法、年齢認証(ID検索)等

ラインモバイル ラインビデオ通話

LINE無料通話の仕組み LINEは日本人のメッセージをやり取りするアプリとして絶対的な人気を誇っており、スマホユーザーであれば、ほとんどの人が利用していると言っても過言ではないと思います。 元々は若者のユーザーが多かったようですが、最近は年配の人も、家族や仕事先の人とのやり取りにも使っているようで、広い年代に利用者が多いのもLINEの特徴です。 LINEには音声通話の機能があるプランも準備されているので、電話回線を利用しての通話も可能です。 また、LINE無料通話を最大限活用することで、LINE無料通話をメインの電話として利用することも十分可能だと思います。 LINE無料通話で使う回線は電話回線ではなく、モバイル通信やWi-Fiなどのインターネットを通して行われます。 一般的に格安SIM携帯から電話回線を使って他の携帯電話へかけると、30秒20円程度の通話料がかかりますが、LINE無料通話であれば、通話料が必要なくなりますし、LINEモバイルの場合は、LINE無料通話時にカウントフリーというデータ通信容量も必要が無くなりますので、通信容量も不要です。 LINE無料通話を使ったことがない人は、その通話品質がどの程度か心配をしている人も多いでしょうが、LINE無料通話の通話品質はかなり良いです。 これはLINEモバイルが他の格安SIMの会社に比べて通信速度が速く、安定しているというデータからも分かる通り、インターネット回線が良好なため、音声品質も良くなっています。 さすがに大手キャリア各社のVoLTE通話などと比べると差があると感じることもあるようですが、電話としての機能はLINE無料通話でも十分に果たしているといえるレベルのようです。 大事なことは、通話する人達の通信環境が良好であるかで、自宅のWi-Fi環境など、お互いの通信状況が良い環境であれば、問題無く音声通話の品質も保つことが出来ます。 LINEモバイルではLINE無料通話もカウントフリーなの? LINEモバイルにはカウントフリーと呼ばれる機能があり、一定のサービスに対して、データ通信容量が不要となっています。 カウントフリー機能とは、一定のデータ通信をデータ通信利用容量の対象外とする機能をいいます。 分かりやすくいうと、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの基本通信容量がかからずに利用することが出来るというものです。 また、各プランのカウントフリー対象サービスの詳細は、下記の通りとなりますので、確認しておいてください。 月額500円~利用出来るLINEフリープランでも、LINE無料通話は適用されていますのでカウントフリーとなります。 テキストや音声メッセージの送受信、スタンプ、画像、動画などのファイル送受信、無料通話、ビデオ通話も全てカウントフリーです。 他にもタイムラインの閲覧や投稿、スタンプなどのダウンロード、アカウント設定などの利用もカウントフリーで利用可能となります。 LINEフリープランは、月々の基本通信容量が1GBなので、スマホの利用方法が、LINEをメインに利用しているというユーザーや、家ではWi-Fiを使うので、外出時に少しだけ利用できれば十分というユーザーにはぴったりのプランです。 なにより格安な値段設定なので、2台目のスマホや、子どもに持たせる初めてのスマホにももってこいのプランになっています。 コミュニケーションフリープランでは、LINEのカウントフリーに加えて、Twitter、Facebook、Instagramの利用がカウントフリーとなります。 Twitterであれば、メッセージの送信や、タイムラインの表示や、投稿、Facebookであればタイムラインの表示、投稿など、Instagramであれば、タイムラインの表示、投稿、ストーリーの画面表示、投稿、ダイレクトメッセージの利用なども全てカウントフリーとなります。 LINE MUSICのカテゴリや検索の画面表示、音楽・音声の視聴、オフライン再生のための音源保存などがカウントフリーとなります。 「音質-高」で長時間利用した場合、帯域を長時間占有する他のお客様の迷惑となる利用と判断され、通信を制限される場合があります。 また自身の通信利用状況に合わせて毎月の通信容量を選ぶことが出来ますので、ライフスタイルに合わせたプランの契約が可能となります。 カウントフリーは上手に使うことで月々の通信コストと通話コストが大きく改善できますので、LINEモバイルを使っているのであれば、これらの機能をフル活用することをおすすめします。 LINE無料通話の利用方法 2017年現在、格安SIMを使う人の割合も増えてきており、インターネット経由でのIP電話というものの認知度も高まってきています。 今までは電話回線のみでしたが、これからは、電話回線と、IP電話の両方を状況に合わせて使い分けていくような形が一般的になるのではと考えています。 LINEモバイルのLINE無料通話機能は多くのユーザーにとって利用価値のとても高いものになっていますが、今まで使ったことのない人の為に使い方を説明しておきます。 まず、条件として、相手とLINEの交換を行っていないとLINE無料通話することは出来ません。 相手がLINEアプリを入れていなかったり、ガラケーであった場合はLINE無料通話は出来ませんので、他の方法(通常の電話回線利用など)で対応してください。 1.LINEの画面から友だちリストを選び、通話したい相手をタップします。 2.選んだ相手の画面下にある「トーク」「無料通話」「ビデオ通話」を選ぶ画面から、「無料通話」をタップします。 通話の手順は以上です。 非常に簡単に利用が出来るので、通信機器に疎い年配者でも使うことが出来ます。 LINE無料通話はLINEアプリ利用者がこれだけ多い現在、とても使い勝手のよいサービスとなっています。 格安SIMは料金が安いだけでなく、サービス面でも日々進化して行っているので、これから新しく格安SIMを契約しようと思っている人にもおすすめです。 LINE無料通話が便利になる得ワザ LINE無料通話機能はシンプルな設定なので、誰でも簡単に利用することが出来ますが、更に便利にするような得ワザも多く存在します。 利用頻度が多いと思われる代表的な得ワザを紹介します。 LINE無料通話をメインの通話手段とすることも十分可能ですので、これらの得ワザをフル活用してください。 ホーム画面にショートカットボタンを作成しておくことで、直ぐにトークや無料通話が始められるので、便利です。 作成する方法は、トーク画面の右上のメニューから「トーク設定」を選び、「トークショートカットを作成」か、「無料通話ショートカットを作成」をタップすればOKです。 料理中や、作業中でも両手を使いながら電話が出来るので、利用頻度は高いです。 やり方は、通話中にスピーカーのボタンをタップするだけです。 そうすることで、音がスピーカーから流れますので、スマホを耳元に当てなくても通話することができます。 ブロックとは異なりますので、着信履歴があったことは通知されます。 やり方は、LINEの「その他」から「設定」「トーク・通話」をタップし、「通話の着信許可」の設定をオフにすればOKです。 相手が着信拒否中のあなたに通話を発信すると、通常時と同じく「発信しています」と表示されて呼出音が流れます。 その時も、相手のトーク上には「着信がありました。 通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません」と出ますが、自分には着信しません。 一方、相手のトーク画面には「応答なし」との表示がなされます。 LINEモバイルでLINE無料通話を利用する際に注意することはある? とても便利で多くの人に支持されているLINE無料通話ですが、何点か利用する際に気を付けたいところがあります。 そのため、会話中に音声が途切れたり、ノイズが入ってくることもあります。 特にお互いの通信状態が悪い場所の場合は、電話回線に比べると、音質が落ちると感じるでしょう。 マナーとして、仕事で相手先へかける電話や、音声が不安定になるのを避けなければいけない場面では、やはり電話回線の方が信頼度が高いのは事実です。 対処方法としては、通信状態の良い場所から電話する、通常の電話回線を利用した電話へと切り替える。 等の対応をするなどが考えられます。 特に企業の重要な情報や、個人情報を取り扱いする場合には、情報流出を防ぐ意味でも、LINEを利用するよりは、電話や書面で伝える方が望ましいこともあるでしょう。 手軽にメッセージが送れたり、情報が発信できるので、うっかりミスで誤送信などの可能性もあるので注意が必要です。 相手がスマホの場合は、LINEアプリを入れてもらうことが出来ますが、ガラケーの場合は、こちらが電話回線を使った連絡に変える必要があるでしょう。

次の