殿 利息 で ござる キャスト。 殿、利息でござる!ネタバレ感想!キャストがすごい!穀田屋の現在は?

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

殿 利息 で ござる キャスト

『殿、利息でござる!』は 2016年に公開された、日本映画です。 『國恩記(こくおんき)』という古文書に残されたお話を基にして書かれた評伝、 『穀田屋十三郎』(磯田道史著『無私の日本人』に収められた一編)が、原作です。 脚本は、監督の中村義洋と鈴木謙一が、共同執筆しました。 江戸中期の仙台藩を舞台に、小さな宿場町で暮らす人々を中心として描かれた、笑って泣ける情味豊かな物語です。 造り酒屋の穀田屋さん(阿部サダヲ) 穀田屋十三郎(こくだや じゅうざぶろう)さん。 映画の序盤、藩のお代官に 訴状を突き付けようとしました。 居合わせた菅原屋さんの機転で、なんとかその場は収まります。 が、お代官や肝煎の剣幕から察するに、事態は相当ヒリヒリしておりましたね。 菅原屋さんから「死ぬつもりですか?」と問われるのですが・・・。 穀田屋さんを見ていると、 目は口ほどに物を言うという成句を思い浮かべてしまいます。 「伝馬」をなんとか出来ないか。 菅原屋さんの知恵を借りようとする時の、十三郎さんの 目の輝きと言ったら・・・! まるで、小さな子供が目をキラキラさせているかのようなのです。 その後、その目は何度も輝きを失い、そしてまた、何度でもキラキラと輝きます。 十三郎さんには、事情がありました。 葛藤や誤解の おおもとでもあった 冥加訓。 『殿、利息でござる!』の、重要なキーワードのひとつだと思います。 宿場のためになることを 誠心誠意話せば、きっと分かっていただけるはずと、心を尽くす十三郎さん。 阿部サダヲさんの、抑えた演技が絶妙でした。 茶師の菅原屋さん(瑛太) 菅原屋篤平治(すがわらや とくへいじ)さん。 「町一番の知恵者、切れ者、ご意見番、などと言われております」と、 京から迎えたばかりのお嫁さんに自称します。 うぬぼれ屋さんなのかと思いきや・・・。 風のように自由な気性の、頭脳派。 私は、老若男女このタイプにめっぽう弱いので・・・。 菅原屋さんには、ついつい注目してしまいました。 あの手この手で策を練りますが、意外にも 意に沿わない状況にハマったりもするのです。 (お嫁さんの) なつさんとのコミュニケーションも、実に微笑ましくて。 好きだなあ。 頭脳派ですが 熱血漢でもある、菅原屋さん。 瑛太さんの持ち味も光る、熱演でした。 造り酒屋でもあり質屋でもある、浅野屋さん(妻夫木聡) 浅野屋甚内(あさのや じんない)さん。 穏やかな口調で、貸した金を利息共々むしり取る、守銭奴と陰口されている人です。 浅野屋さんは、吉岡宿の人たちから「ケチ、しみったれ、守銭奴」と呼ばれていることを知っていました。 親子二代の金貸しで、お父さんの言葉をしっかりと受け継いでいる、二代目の甚内さん。 浅野屋さんのことを思うと泣けてきます。 妻夫木聡さんが、巧妙すぎる演技で魅せてくれました。 肝煎(寺脇康文) 遠藤幾右衛門(えんどう いくえもん)さん。 肝煎(きもいり)とは、いわゆる庄屋さん。 村民を代表する村役人のことですが、お上からのお触れを民に徹底させたり、伝馬役や年貢の取り立てなど、お上の業務の下請けも担っていました。 十三郎さんも「あの男こそ、お上の手先」と敬遠していたのですが・・・。 肝煎の奥様も素敵な人でした。 ユーモラスであったかい肝煎を、寺脇康文さんが好演しました。 大肝煎(千葉雄大) 千坂仲内(ちさか ちゅうない)さん。 村を代表するのが 肝煎ならば、その上の、約40ほどの村々を束ねるのが、 大肝煎(おお きもいり)と呼ばれる村役人です。 お百姓さんの中で、最もお上に近い存在でした。 肝煎は「お上に ご注進でもされたら、首が飛ばされるぞ」と、ひとまず思い止まるよう提案します。 「ならば、なんとしてでも説き伏せねば」 覚悟を決めた十三郎さん。 肝煎も大肝煎も、今でいう 中間管理職だと思うのです。 もしかしたら、もっとキビシイ立場かも知れません。 大肝煎にも、名場面がたくさんありました。 菅原屋さんから ある言葉を突き付けられる場面や、嘆願にまつわるあの場面この場面。 千葉雄大さん。 とても素晴らしい演技でした。 相役のお代官、橋本さま(堀部圭亮) 橋本権右衛門(はしもと ごんえもん)さま。 相役(あいやく)とは、一人でできる役職を二人以上が担当すること。 つまりこの時代、武士が余っていたのでした。 意を決した大肝煎は、みんなで相談した上でまとめ上げた 嘆願書をたずさえて、代官所へ出かけます。 序盤で、十三郎さんが直訴しようとした、あのお代官。 嘆願書に目を通し、真剣な面持ちの大肝煎を見て、「相役の橋本どのに相談せい」と、まさかの丸投げです。 お代官とはいえ、言葉を選ばすぶっちゃけるなら、藩の中では、しょせん下っ端。 板挟みの苦しい立場なのは、わからないでもありません。 うーん。 やりきれない。 相役の橋本さまがいる代官所は、とても遠かった。 嘆願書に目を通し、大肝煎に「面を上げられよ」と、声を掛ける橋本さま。 「さてさて。 これは古今、聞いたことがない願いじゃ。 だが、私が必ず、上へ取り計らおう」 と、請け合ってくれるのですが・・・。 世の中は、トントン拍子には行きません。 二転三転、紆余曲折。 いろんな事が起こります。 橋本さまの数ある名台詞を、ひとつ。 「なんということか。 これは放ってはおけぬ。 よし、嘆願を書き直そう」 そして、萱場さまに直談判するのです。 なんと気持ちのいい人でしょう。 藩の行く末、民の行く末を案じるお代官、堀部圭亮さんの力演が光ります。 出入司の萱場さま(松田龍平) 出入司(しゅつにゅう つかさ)とは、藩の財政を司る役職ですが、時には奉行衆以上の権限を与えられており、その権力は絶大でありました。 萱場杢(かやば もく)。 切れ者なのですが、血も涙もないイヤな人です。 心持ちの悪~い、イヤ~なキャラクターを、感じ悪く演じるのって、実に難しい事だと思うんです。 これでもか、と無理難題を押し付ける、悔しくて腹立たしい萱場杢を演じきった、松田龍平さん。 最高でした。 お殿様(羽生結弦) 仙台藩七代藩主、伊達陸奥守重村(だて むつのかみ しげむら)さま。 言うまでもなく、藩内で一番偉いお方です。 夢物語をした翌年、同志が集まりはじめた明和四年(1767年)。 その年、お殿様は25才。 「 従四位上・左近衛権中将という官位が、どうしても欲しかった」と劇中ナレーションがありました。 行政のトップである奉行衆たちが、頭を悩ませているシーンが続きます。 他藩への対抗意識から生ずる、江戸の老中への付け届け。 ご機嫌取りのお手伝い。 仙台藩の財政は、火の車だったようです。 吉岡宿の人たちを苦しめている伝馬役。 悪いのは仙台藩にも見えますが、仙台藩だけが悪い訳ではありません。 世の中の仕組みが悪いのです。 江戸幕府が悪いようにも感じますが、幕藩体制が崩壊した現代でも、よく分からない仕組みは存在しています。 室町時代のあと、戦乱の世を経て、戦のない泰平の世でもあった江戸時代。 その辺りの矛盾が、なんだか悔しくもあり、やりきれない気持ちが悩ましい、この作品。 若くして藩主になった、伊達のお殿様も、もしかしたら葛藤を・・・、なんて深読みしてしまいます。 そんなお殿様を、見事に演じた羽生選手は、やっぱりすごい。 先代の浅野屋さん(山崎努) これから『殿、利息でござる!』をご覧になるなら、浅野屋さんの事は秘密にしますね。 さすが、山崎努さん。 迫真の名演技でした。 浅野屋きよさんを演じた、草笛光子さんも、とても素晴らしかったです。 仙台藩でのお話ですが、きっと他にもあるのでは!? あったらいいな、と心から思いました。

次の

殿、利息でござる!

殿 利息 で ござる キャスト

あらすじ [ ] (明和3年)の領内の宿場町・。 仙台藩の宿場町には宿場町間の物資の輸送を行う「」が課せられており、通常は藩より宿場町に助成金が支給されているのだが、吉岡宿は藩の直轄領ではないため助成金が支給されていなかった。 このため、伝馬役にかかる費用は全て吉岡宿の住人が負担して町は困窮し、破産者夜逃げ者が相次ぐ有様であった。 このような町の有様を案じていた造り酒屋の当主・は、町の窮状を訴えるため、代官に訴状を渡そうとするが、京から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治に命が危険であると止められる。 ある日の晩、未亡人ときが営む煮売り屋「しま屋」で篤平治と偶然一緒になった十三郎は、吉岡宿を救う手立てが何かないか相談する。 篤平治が出した策は、吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、それを伝馬役に使うという奇策であった。 百姓がお上にお金を貸すなど、案を出した当の篤平治ですら夢物語と言うほど現実味がない策のように思われたが、十三郎は策の実現のため、同志集めと銭集めに動き出す。 十三郎と篤平治は吉岡宿の実力者である遠藤幾右衛門と千坂仲内を説得して同志に引き入れ、秘密裏に銭集めを進めていくが、十三郎たちの行動は次第に吉岡宿の人々の関心を集めるようになり、周囲に諭されて銭を出す者や名誉欲に駆られて銭を出す者も現れ出した。 また、私財を売り払ってまで銭集めに奔走する十三郎に対し、息子の音右衛門が反発するなど問題が山積していた。 そんな中、十三郎の弟で実家の造り酒屋浅野屋を継いでいた甚内が協力を申し出て、目標額の千両に相当する5千貫文を集めた。 出資する商人が尊敬を集める一方で出資しない商人が蔑まれるなど宿場内に出始めた不和を心配した千坂は銭を出した商人たちに徹底的に慎みを求め、子々孫々にいたるまで出資を自慢せず、上座に座る事もなく慎ましい生活を送る事などを誓わせる。 しかし、十三郎たちの申し出は、代官橋本権右衛門、郡奉行・今泉七三郎を経て仙台藩庁に提出されるが、出入司の萱場杢に却下されてしまう。 人々は策を諦めかけるが、守銭奴と悪評が立っていた先代・浅野屋甚内が、伝馬役の免除のために銭を貯めていたことが分かり、吉岡宿のために動いてくれていた先代甚内に感銘を受けた吉岡宿の人々や代官・橋本の活動により、萱場は申し出を受け入れる。 しかし、「藩は銭 貫文 は取り扱わないので、金 両 で納めるように」と言われる。 藩は財政難で銭を乱発していたため交換比率が下がっており、さらに銭が必要となった。 吉岡宿の人々が各々銭を工面するが銭が足りず、最終的に甚内が酒屋である浅野屋を潰すほど出資したり、音右衛門が仙台に奉公に出て10年分の給料を前借りするなどして千両を揃えた。 十三郎たちは萱場から報奨金を受け、浅野屋のために銭を渡そうとするが甚内はその銭さえも宿場の人々に分け与えようとして固辞。 そこへ藩主・が現れ、3つの酒名を与えて浅野屋を潰さぬよう命じた。 登場人物 [ ] 造り酒屋・穀田屋• - :穀田屋の当主。 生まれは浅野屋で、穀田屋には幼少期に養子に出された。 吉岡宿の窮状を見て、その行く末を案じている。 加代 - :穀田屋十三郎の娘。 穀田屋音右衛門 - :穀田屋十三郎の息子。 私財を売り払ってまで吉岡宿を救おうとする父に反発する。 茶師・菅原屋• 菅原屋篤平治 - :茶師。 自称吉岡宿一の知恵者。 なつ - :菅原屋篤平治の妻。 京の都の生まれ。 造り酒屋・両替屋 浅野屋• 浅野屋甚内 - :吉岡宿一の大店である浅野屋の当主。 穀田屋十三郎の弟。 先代同様の守銭奴と思われていたが、十三郎の計画に協力する。 きよ - :穀田屋十三郎と浅野屋甚内の母。 先代・浅野屋甚内 - :浅野屋の先代主人。 穀田屋十三郎と浅野屋甚内の父。 吉岡宿の住人からは守銭奴であると思われている。 その他吉岡宿関連の人物• とき - :煮売り屋「しま屋」の女将。 遠藤幾右衛門 - :吉岡宿の• 千坂仲内 - :吉岡宿他40か村をまとめる大肝煎。 穀田屋十兵衛 - :味噌屋。 穀田屋 十三郎の叔父。 早坂屋新四郎 - :雑穀屋。 穀田屋善八 - :小物問屋。 遠藤寿内 - :両替屋。 栄洲瑞芝 - :龍泉院の住職。 事の顛末を後世に伝えるため、「国恩記」を記す。 利兵衛 - :伝馬人足• 卯兵衛 - :伝馬人足• 伝五郎 - :伝馬人足• 幸右衛門 - :伝馬人足• 平八 - :伝馬人足 仙台藩• - :仙台藩第7代藩主。 萱場杢 - :仙台藩の出入司(財政担当者)• 橋本権右衛門 - :代官• 八島伝之助 - :代官• 今泉七三郎 - :郡奉行 スタッフ [ ]• 原作 - 『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」刊)• 監督 -• 脚本 - 、• ナレーション -• 音楽 -• 主題歌 - 「」• 撮影 -• 照明 - 岡田佳樹• 録音 - 松本昇和• 音響効果 - 伊藤瑞樹• 美術 - 新田隆之• 編集 -• 助監督 - 佐和田恵• 特殊メイク -• 所作指導 - 、清家一斗• アクションコーディネーター -• ロケ協力 - 、、せんだい・宮城フィルムコミッション、ながのフィルムコミッション、新潟県フィルムコミッション協議会 ほか• スタジオ -• 企画協力 -• アソシエイトプロデューサー - 稲垣竜一郎• ラインプロデューサー - 湊谷恭史• エグゼクティブプロデューサー - 武田功、安達英雄• プロデューサー - 、三好英明、鎌田恒幹• 製作総指揮 - 大角正、両角晃一• 制作・配給 -• 企画・製作幹事 - 松竹・東日本放送• 制作プロダクション -• 製作 - 『殿、利息でござる!』製作委員会(松竹、、、、、、、、、、、ザフール、、) 制作 [ ] 映画『』を観たの元町議会議員・吉田勝吉が、原作者の磯田道史に「この話を本に書いて広めて欲しい」と手紙で託したのをきっかけに「穀田屋十三郎」を含めた『無私の日本人』を出版。 2014年、が開局40周年記念事業の一環で、映画製作をに依頼。 「無私の日本人」を読んだ京都の読者が東日本放送に勤務している娘に送り、感動した娘が同社勤務の同僚に薦め、同僚が元同僚に薦めた。 その元同僚が中村義洋の妻で「無私の日本人」を中村に見せた。 「無私の日本人」に感動した中村が東日本放送に映像化を掛け合うが、最初に難色を示す。 映画化した決め手は、東日本放送社長が「無私の日本人」に感動して映像化を許可したことだった。 磯田はこの流れを「感動のドミノ」と称した。 この作品はから5年目を意識した地方再生もテーマにしている。 クランクインは7月6日、宮城県とを中心に8月末まで撮影された。 役を演じた、仙台出身の選手の特別出演は、中村が「役者陣を圧倒するのはもはや役者ではない」と言い出したのがきっかけ。 羽生は故郷の仙台に実在した人物の感動秘話に出演を快諾。 撮影当日まで羽生の特別出演は極秘扱い、リハーサルで現れた羽生の姿に役者陣は歓声をあげた。 公開 [ ] 3月16日にで完成披露プレミア試写会を開催 から宮城県内7館で先行公開。 宮城県内先行公開期間(5月7日から5月13日まで)は、動員2万9,199人、興収3,488万3,200円を記録。 5月14日に全国308スクリーンで封切られ、公開初週2日間で観客動員15万9,690人、興行収入1億9,488万1,200円を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場2位にランクインした。 5月29日に行われたの社長定例会見の時点では、75万6,000人、興行収入が9億200万円と発表。 宮城県内にあるでは、公開1か月以上経ってもからも見に来るなど、平日でも1回の上映で100人超の入場者数が出ることもあった。 に初めて来る年配者も少なくないという。 6月20日、東日本放送で放映されている『』で観客動員100万突破を発表。 東日本放送公式ツイッターでも公表。 9月7日、文化通信で興行収入が13億突破。 あわせて宮城県のシェアが13%と公表。 9月7日、台湾で放映、地元の名前は「殿下萬萬稅」 脚注 [ ]• 2017年1月30日閲覧。 東日本放送 2016年2月1日. 2016年6月7日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年7月4日. 2015年11月10日閲覧。 「」音楽ナタリー2015年10月3日• 映画ナタリー 2015年12月24日. 2015年12月25日閲覧。 映画ナタリー 2016年1月7日. 2016年1月7日閲覧。 com 2015年11月10日. 2015年11月10日閲覧。 お笑いナタリー 2015年11月10日. 2015年11月10日閲覧。 スポニチアネックス 2016年2月4日. 2016年2月4日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月8日. 2016年3月8日閲覧。 磯田道史 2012年11月6日. 本の話WEB. 自著を語る. 文藝春秋. 2016年5月20日時点のよりアーカイブ。 2019年3月8日閲覧。 , 「製作記」• 東日本放送 2015年7月. 2016年6月7日閲覧。 シネマカフェ 2016年2月4日. 2016年6月7日閲覧。 映画ナタリー 2016年3月17日. 2016年6月7日閲覧。 文藝春秋 2016年5月7日. 2016年6月7日閲覧。 シネマトゥディ 2016年5月17日. 2016年6月7日閲覧。 テレビ朝日 2016年5月29日. 2016年5月29日閲覧。 河北新報(石巻かほく) 2016年6月12日. 2016年6月12日閲覧。 文化通信 2016年9月7日. 2016年9月7日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

羽生結弦のNGシーンも解禁!阿部サダヲ&瑛太は撮影秘話を語る 映画『殿、利息でござる!』公開直前トークイベント

殿 利息 で ござる キャスト

視聴はお控えください Openload や9tsu、無料ホームシアターなどの海外動画共有サイトで配信されている動画は、著作権法や象徴権を侵害している恐れがあります。 法律に触れることはもちろん、フィッシング詐欺やウイルス感染によるスマホ・パソコントラブルの原因となります。 こうした動画共有サイトでの動画の視聴は控える事をおすすめします。 また、著作権については、保護の・違反に対しての厳罰化の法改正がされました。 (詳しくは「」WEBサイト参照) 著作物の取り扱いについては注意喚起が「」と「」からもされています。 以下で紹介する動画配信サイトは安全に作品を視聴することができます。 U-NEXTは通常登録の場合、月額2189円(税込)動画配信サービスですが、U-NEXTに初めてのお申し込みの場合、登録から31日間無料で利用することができます。 画像出典:U-NEXT 作品は登録時にもらえる無料ポイント(600ポイント)を利用するか、または、見放題作品であればポイントを利用せずに視聴することができます。 また、U-NEXT経由からの登録するメリットとして、U-NEXTで配信されている見放題作品も視聴することが可能。 ポイントは電子書籍の購入も利用できるので、新作作品をご覧にならない方は、電子書籍購入にポイントを利用するのもおすすめです。 *無料視聴比較は調査時点の情報となります。 過去にU-NEXTへ登録・解約をした方はTUSTAYA TV U-NEXTに過去に一度でも登録をされた方は、31日間の無料お試しを利用することができません。 (再登録の時点で月額料金が発生します) ですが、ご安心ください。 この ポイントで新作映画2本の視聴が可能です。 もちろん、見放題作品も充実しています。 ただ、U-NEXTの配信数には敵いませんが…。 映画は自宅の大画面で見たい!などの、こだわりのある方にもおすすめのサービスです。 金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。 さびれ果てた小さな宿場町・吉岡藩で、故郷の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。 それは、吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、それを伝馬役に使うという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。 計画が明るみに出れば打ち首確実。 千両=三億円の大金を水面下で集める前代未聞の銭戦が始まった。

次の