医療 費 控除 還付 金。 医療費控除による還付金はいくらになるのか?

初めてでも簡単!医療費控除の方法☆還付金はいつ戻る?

医療 費 控除 還付 金

24年度に出産したので、医療費控除で確定申告しました。 還付金が2カ月たっても入っていないので、税務署に問い合わせたところ、 還付する金額がないとのことでした。 確定申告書Aを作成したときに、医療費控除の欄には36万ほどが記入されたので、 てっきりその額が還付されると思っていたのですが・・・ 税務署の方の話では、住宅ローン減税もあり、すでに給与として還付されているので、 という話なのですが、お恥ずかしい話ですが、今まで税金のことも職場任せにしていたので 全く意味がわかりません。 ちなみに住宅ローン減税の還付金も今年はありませんでした。 (1年目の昨年は住宅ローン減税の還付金はありました) 以下の源泉徴収票の情報から、どうしてそうなるのか詳しく教えていただけないでしょうか? 給与所得控除後の金額 2903200円 所得控除の額の合計額 1104954円 源泉徴収税額 0円 住宅借入金等特別控除額 89900円 住宅借入金等特別控除可能額 249000円 医療費控除額(確定申告書Aより) 363913円 情報が足りなければ追記します。 よろしくお願いします。 残念ながら、すでに引くべき源泉徴収税額が0円となっているため、所得税の還付はありません。 還付があるのはあくまで源泉徴収税額がある場合の話であって、そもそも0円となっている場合は、返しようがありません。 逆にきっちり年末調整で計算をしていただいるので、良かったのでは。 ただ、ひとつ言えることは、質問者の方の場合、医療費控除を申請したことによって25年の住民税がほぼなくなると思いますので、申告はしておいて得になるとおもいます。 0円から返してもらうお金(還付金)はありません。 年末調整による還付は、恐らく12月の給与と一緒に支給されているでしょう。 給与明細などで確認して見て下さい。 還付金とは、払いすぎていた所得税を返してもらう事です。 源泉徴収は推測の金額であり、正しくは一年の収入が確定するまで分かりません。 年末最後の給与が確定した際に、会社は年末調整として今まで支払った源泉所得税と、正しい算出所得税との精算をします。 基本的に多めに徴収されるようになっていますので、ほとんどの方が払いすぎていた分を還付されます。 ご質問者さまは年末調整時、住宅借入金特別控除によりすでに今まで支払った源泉所得税の全額を還付されている為、医療費控除をしても還付するべき所得税がありませんでしたという説明を受けたのだと思われます。 ナイス: 0 細かい計算できませんが、いろいろな控除を既に受けていて、すでに所得税がゼロなんじゃないでしょうか? 所得税の還付は、支払いすぎた所得税に対しての払い戻しなので、 支払った所得税が既にゼロ円の人には、それ以上払い戻しはないです。 源泉徴収税額 0円 ってのは、そういうコトだとおもいます。 ちなみに医療費が36万円かかった場合には、36万円から10万円を引いた値を必要経費として、課税対象の所得から差っ引いて所得税の計算をおこなうとういう意味です。 36万円戻ってきません。 26万円でもありません。 出産にかかわる費用は、医療費として扱っていいんでしたっけ? 簡単に式で表すと: 1: (収入) - (法律上認められている必要経費 = (所得) 2: (所得) x (所得に応じた計算式に基づく所得税率) = (所得税の金額) 上記の 1 の式で、所得がゼロの場合や、2の式で所得税率がゼロの場合は、所得税がゼロです。 いくら、医療費がかかっても、還付金はありません。 ナイス: 0.

次の

医療費控除でいくら戻る?実際に戻った還付金7,000円に唖然とした話。

医療 費 控除 還付 金

ふるさと納税と医療費控除を両方使う人の注意点 ふるさと納税の上限額は医療費控除と一緒に申告することで、いくら変わる? ふるさと納税の上限額は、を使うとどう変わることになるのでしょう? 2つのケースを比較してみます。 上記金額はあくまでも試算(目安)となりますので、実際に寄付を行う場合には、寄付先に確認するようにしてください。 ふるさと納税の上限額ぎりぎりの寄付をしたいという場合には、課税される所得金額に影響を及ぼす各種所得控除の適用可否も忘れずに検討するようにして下さい。 ふるさと納税ワンストップ特例制度は使える? 確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みをといいます。 特例の申請にはふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。 医療費控除は確定申告するしかない! 14種類の所得控除のうち、年末調整で控除できないものは、3つあります。 1つは、雑損控除、もう1つは、ふるさと納税の対象にもなる寄附金控除、そして、残る1つは、です。 つまり、 確定申告不要な給与所得者等で、ふるさと納税のワンストップ特例制度を申請した場合でも、医療費控除を適用するには、確定申告をしなければならなくなります。 確定申告をしなければならない場合の注意点 を申請していた場合でも、 後に確定申告をする場合には、ワンストップ特例制度の申請をしなかったものとして、確定申告書を提出しなければなりません。 つまり、確定申告書には、ふるさと納税の適用を受けたい寄附金をすべて記載しなければなりませんので注意が必要です(確定申告を行うと、ワンストップ特例制度の申請が自動的に無効になります)。 ・ふるさと納税の上限額が減少する点 ・ワンストップ特例制度の申請をした場合における確定申告書への全ての寄附金の記載が必要 【関連記事をチェック!】.

次の

【医療費の還付】「高額療養費」と「医療費控除」は併用できる! 2つの違いと還付までを事例つきで解説

医療 費 控除 還付 金

24年度に出産したので、医療費控除で確定申告しました。 還付金が2カ月たっても入っていないので、税務署に問い合わせたところ、 還付する金額がないとのことでした。 確定申告書Aを作成したときに、医療費控除の欄には36万ほどが記入されたので、 てっきりその額が還付されると思っていたのですが・・・ 税務署の方の話では、住宅ローン減税もあり、すでに給与として還付されているので、 という話なのですが、お恥ずかしい話ですが、今まで税金のことも職場任せにしていたので 全く意味がわかりません。 ちなみに住宅ローン減税の還付金も今年はありませんでした。 (1年目の昨年は住宅ローン減税の還付金はありました) 以下の源泉徴収票の情報から、どうしてそうなるのか詳しく教えていただけないでしょうか? 給与所得控除後の金額 2903200円 所得控除の額の合計額 1104954円 源泉徴収税額 0円 住宅借入金等特別控除額 89900円 住宅借入金等特別控除可能額 249000円 医療費控除額(確定申告書Aより) 363913円 情報が足りなければ追記します。 よろしくお願いします。 残念ながら、すでに引くべき源泉徴収税額が0円となっているため、所得税の還付はありません。 還付があるのはあくまで源泉徴収税額がある場合の話であって、そもそも0円となっている場合は、返しようがありません。 逆にきっちり年末調整で計算をしていただいるので、良かったのでは。 ただ、ひとつ言えることは、質問者の方の場合、医療費控除を申請したことによって25年の住民税がほぼなくなると思いますので、申告はしておいて得になるとおもいます。 0円から返してもらうお金(還付金)はありません。 年末調整による還付は、恐らく12月の給与と一緒に支給されているでしょう。 給与明細などで確認して見て下さい。 還付金とは、払いすぎていた所得税を返してもらう事です。 源泉徴収は推測の金額であり、正しくは一年の収入が確定するまで分かりません。 年末最後の給与が確定した際に、会社は年末調整として今まで支払った源泉所得税と、正しい算出所得税との精算をします。 基本的に多めに徴収されるようになっていますので、ほとんどの方が払いすぎていた分を還付されます。 ご質問者さまは年末調整時、住宅借入金特別控除によりすでに今まで支払った源泉所得税の全額を還付されている為、医療費控除をしても還付するべき所得税がありませんでしたという説明を受けたのだと思われます。 ナイス: 0 細かい計算できませんが、いろいろな控除を既に受けていて、すでに所得税がゼロなんじゃないでしょうか? 所得税の還付は、支払いすぎた所得税に対しての払い戻しなので、 支払った所得税が既にゼロ円の人には、それ以上払い戻しはないです。 源泉徴収税額 0円 ってのは、そういうコトだとおもいます。 ちなみに医療費が36万円かかった場合には、36万円から10万円を引いた値を必要経費として、課税対象の所得から差っ引いて所得税の計算をおこなうとういう意味です。 36万円戻ってきません。 26万円でもありません。 出産にかかわる費用は、医療費として扱っていいんでしたっけ? 簡単に式で表すと: 1: (収入) - (法律上認められている必要経費 = (所得) 2: (所得) x (所得に応じた計算式に基づく所得税率) = (所得税の金額) 上記の 1 の式で、所得がゼロの場合や、2の式で所得税率がゼロの場合は、所得税がゼロです。 いくら、医療費がかかっても、還付金はありません。 ナイス: 0.

次の