アジサイ 花色調整。 アジサイ(紫陽花)の育て方。コツとお手入れ、植え替えなどを一挙公開します

アジサイの花色調整:栽培ガイド:栽培ガイド 『園芸ネット』本店 通販 static.worldphoto.org

アジサイ 花色調整

アジサイの花色と土壌のPH 酸性度 の関係 アジサイの花色が土壌のPH 酸性度 によって変化するというのは、よく知られている事です。 酸性土壌だと青い花、中性~アルカリ性だとピンクの花。 栽培環境によって色んな花色を見せてくれるのもアジサイの魅力の一つです。 ではそのメカニズムはどうなっているのでしょうか? アジサイの花色変化のメカニズム アジサイの花の発色には、花に含まれるアントシアニンという色素と、土壌に含まれるアルミニウムが深く関係しています。 もともと日本の土壌にはアルミニウムが豊富に含まれています。 土壌が酸性だと水に溶けやすくなったアルミニウムが根から吸収され、アジサイが持つアントシアニンと結合。 青色を発色します。 中性~アルカリ性だとアルミニウムは溶けにくく、アジサイはアントシアニン本来の色味である赤色を発色します。 …というのが花色変化の基本メカニズムですが、実際にはもっと多くの要素が関係しています。 土壌の酸度調整だけで思う色に発色する場合もあれば、そうでない場合も多々ある、というのが現実です。 アジサイの花色変化に影響するその他の要素 品種が持つ花色 写真のアジサイは「アナベル」 花房が大きいものだと30㎝にもなる、人気の白花品種です。 このアナベルのような白花品種は、色素のアントシアニンを持っていないので土壌のPH 酸性度 に影響を受けることなく、常に白い花を付けます。 また品種元来の花色が青いものをアルカリ土壌で育てても、綺麗なピンクを発色する場合は少なく、どうしてもブルーが混ざり紫色を発色します。 逆に、元来の花色がピンクのものを酸性土壌に植えても、ピンクが混ざって紫色を発色します。 従って、元来の花色に合った土壌で育てることで、美しい青、鮮やかなピンクを発色させることが出来ます。 水分量 アジサイは地中に存在するアルミニウムをそのまま吸収することは出来ません。 水に溶け出して初めて、根から吸収します。 そのため、土壌の水分量が少ないと酸性土壌であっても綺麗な青色を発色することはできません。 土に残った肥料の成分 生理的酸度 植物は、与えた肥料のすべての成分を吸収できる訳ではありません。 残った肥料の成分が土壌のPHに大きく影響を与えます。 これを生理的反応と言い、肥料自体のPHとは別に分類されています。 生理的酸性の肥料を続けて使っていると土壌は酸性に傾き、生理的アルカリ性の肥料だと土壌はアルカリ性に傾いていきます。 肥料に含まれるリン酸 土の中にリン酸が多いと、アルミニウムが吸収されにくくなります。 そのため、リン酸を多く含む肥料を使い続けると青い色は発色しにくくなってしまいます。 肥料に含まれるリン酸にも注意が必要です。 他にも花色に影響を与える要素はいくつかありますが、土壌のPH、品種元来の花色、肥料、水切れ、この3点に注意すればアジサイの花色をコントロールすることもある程度は可能だと言えます。 アジサイの花色調整 難しい話はここまでにして、具体的なアジサイの花色調整について書いてみたいと思います。 青い花をキレイに咲かせたい…! 日本の土壌は酸性土壌が多いので、多くは青い花が咲くと思われます。 青花品種の発色が悪い、最初は青かったのに徐々に赤みを帯びてきた…という場合に次の方法を試してみて下さい。 土壌を酸性に傾けます。 春先から用土にピートモスを混ぜ込んだり、土の表面に敷き詰めたりして下さい。 ピートモスには「酸度調整済み」のものと「酸度無調整」のものがありますが、この場合は「酸度無調整」のものを使用します。 酸度が調整されたものは中性になっているので、効果がありません。 表記が無い場合は店員さんに聞いてみて下さい。 肥料はリン酸の少ないものを使い、水切れに注意して管理します。 ピンクの花をキレイに咲かせたい…! 土壌を中性~アルカリ性に傾けます。 春先に消石灰や苦土石灰を株元にすき込んで下さい。 量は30~50g程度を1回です。 肥料はリン酸の多いものを使います。 ちなみに花色調整をするためのアジサイの培養土や肥料も販売されています。 簡単に花色を調整したいのであれば、このような商品を使うもの一つの方法ですが、庭植えにしている場合はなかなか難しいですね。 まとめ アジサイの花色は様々な要素が影響して変化します。 上には書いていませんが、花の老化もその一つで「アナベル」は白から緑へ、「紅」は白から深紅へと花色が変化していきます。 そんな所もアジサイの魅力の一つですよね。 さてさて、我が家の裏庭のアジサイなんですが。 一昨年から無調整ピートモスをばらまいて、何とか青花を咲かせようと頑張っています。 …とは言うものの、本数が多くなかなか「敷き詰める」という事が出来ない現状で。 さらに深刻なのが水不足。 水やりはほぼ天に任せている状態で、思うようにはなりません。 それでも来年か再来年あたりには青花が咲くのではなかろうかと希望的観測。 その折には、またここに写真をアップする予定です。

次の

アジサイにぴったりな植木鉢!アジサイの育て方からかんたん剪定まで

アジサイ 花色調整

ヤマアジサイとアジサイの違い ヤマアジサイ(学名: Hydrangea serrata)は福島県から四国・九州に分布する落葉低木。 そして一般的なアジサイは日本に自生するガクアジサイ。 (学名 Hydrangea macrophylla)がヨーロッパで改良されて逆輸入されたもの。 ヤマアジサイと一般的なアジサイの大きな違いは大きさ。 特に園芸品種の西洋アジサイは花も株も大型に改良されているので1mを超える大株に育つが、ヤマアジサイは枝も細くそれほど大きくならないので1mを超えることはほとんどありません。 ですが、ヤマアジサイは花苗と同じようなサイズでもかわいらしい花を咲かせることができるので、アレンジや寄せ植え素材としても優秀です。 ガク咲き• てまり咲き アジサイはもともと、中央の両性花(雄しべ雌しべを持ち、種をつける花)と装飾花(雄しべ雌しべは持たず豪華なガク片で虫を呼ぶ花)をつける植物。 装飾花だけでは種が作れず繁殖できないので、自然界では生きていくことができません。 お店で販売されている花付きのアジサイはすでに『開花』している状態。 中央の部分が蕾であってもそこから装飾花が咲くことはありません。 ヤマアジサイも同じ。 開花状態で販売されているヤマアジサイはそれ以上、装飾花が開くことはないので現状の姿が完成形と思って購入しましょう。 ヤマアジサイは野生の雰囲気を残しているものが多く、多くの品種がガク咲きであることが多いです。 ヤマアジサイは花色が変わる? アジサイといえば、植え付ける土の酸度で色が変わることで有名。 これはヤマアジサイでも同じなので、花色に合わせて土の酸度を調整しましょう。 「紅なのに白?」と思うかもしれませんが、紅の面白いのはここから。 ヤマアジサイは一般的に白系、白系からピンク~赤に色変わりするものは土の影響を受けにくく、青花を咲かせるヤマアジサイはアルカリ性の強い土だと紫がかってしまうことが多いです。 ヤマアジサイの好む環境 普通のアジサイと同様、強い日差しが苦手です。 半日陰に植えましょう。 また、水切れに弱いので、乾燥しやすい鉢植えは特に注意。 夏場は越水(受け皿に水を張って管理すること)を行っても構いません。 ヤマアジサイは別名「サワアジサイ」とも呼ばれ、川の近くの水が潤沢にある場所を好む植物です。 ただし、水が温まると逆に根を痛めるので日差しの強い時間は水をためないようにしましょう。 青系の花は酸性の土にするため、培養土に無調整のピートモス・鹿沼土などを混ぜて植え付けます。 ピンク系のヤマアジサイは培養土に有機石灰を混ぜて弱アルカリ性にした培養土で植え付けます。 専用の土もあるので鉢植えの場合は専用土を利用するのがおすすめです。 植え替えの適期は、落葉期の冬の間。 鉢植えのものは1~2年に一度植え替えを行いましょう。 地植えの場合は冬に寒肥と一緒にたい肥や腐葉土を株の周りにすき込んでおくと、土がふかふかによみがえり生育がよくなります。 ヤマアジサイの肥料 冬場の寒肥と花後のお礼肥えに固形の油粕などを与えます。 山の植物なのでそれほど大量に与えなくても大丈夫です。 ヤマアジサイの剪定 ヤマアジサイの花芽は、開花した花の下二節目以下につきます。 そのため花後の剪定(花がら摘み)は花がらとその下の葉を一節つけて切り取ります。 8月ごろには来年の花芽の準備に入るので、剪定は花の後7月ごろまでには終わらせましょう。 大きくしたくない場合は深く切り詰めることもできますが、必ず芽のある部分を残して切り詰めます。 冬にも剪定できますが、すでに花芽が準備されているので、枯れ枝を外すぐらいにとどめて、刈込などは行わないようにしましょうね。 藍姫 深い藍色が人気のヤマアジサイ。 花付きもいい。 アルカリ性の土だと色が濁るので酸性土壌で育てましょう。

次の

アジサイの花色調整:栽培ガイド:栽培ガイド 『園芸ネット』本店 通販 static.worldphoto.org

アジサイ 花色調整

スポンサーリンク アジサイの鉢の植え替え時期はいつが良いか 母の日に贈るアジサイの鉢植えは、ここ最近ずっと人気がありますが、植え替え時期をいつにするのか? これに悩むお母さん、以下に紹介する時期で植え替えてください。 一般的に花木は落葉してから植え替えするのが基本になります。 下の画像は5号サイズから7号サイズに、4月16日に植え替えしているところです。 3月は過ぎていますが、慣れてくれば根を崩さずに根鉢のままで植え替えすれば枯れることはありません。 園芸店や花屋でアジサイの品種が多く出まわるのは、母の日前です。 生産者も母の日が最大に売れる時期なので、それに合わせて出荷されます。 よくプレゼントされたアジサイの鉢が小さかったから、咲いてたまま1サイズ大きな鉢に植え替えをして、枯らす方がいます。 この場合に考えられるのは、根を傷つけたか、植え替えする時間、その後の置き場所、水やりなどによる原因が考えられます。 アジサイなどの鉢植えの生産者は鉢を市場に出荷する際には、生産時や輸送時のコストダウンのために小さいサイズの鉢で出荷します。 それは花を咲かせやすくもします。 市場には鉢のサイズとアジサイの大きさが合わないタイプも多く出荷されます。 花好きの方ならそれを見て大きなサイズに植え替えしようとする気持ちは分かりますが、注意して植え替えする必要があります。 鉢植えのアジサイの植え替えは花が咲き終わったあとか、葉が落葉したあとでの植え替えが基本です。 上の写真は一番上の画像のアジサイで、植え替え後の6月ごろの咲いた状態です。 アジサイの鉢を地植えに移植する時の注意 地植えのアジサイも植え替えは、鉢植えと同じですが、枝は全体の半分ぐらいを目安にしてカットし植え替えします。 カット(剪定)して植え替えするのは、葉の大きなアジサイはそれだけ水分を多く蒸散しますので、それを抑えるために剪定してから植え替えします。 なるべく植え替えの移植先は半日陰なところか、午前中は陽が当たっても、午後からは日が陰るところで西日を避けた場所に植え替えします。 それと植え替え後の8月以降はなるべく剪定はしません。 花芽をつける花芽分化が8月以降から始まるので、アジサイの剪定は遅くも8月に入る前までに行ないます。 基本地植えのアジサイは自然に放っておいても、株全体はきれいに丸く整います。 株が大きくなりすぎて問題の時には剪定の必要がありますが、アジサイの株の大きさに問題がなければ剪定はしなくて良いです。 スポンサーリンク アジサイは植え替えの土で色を鮮やかにする! アジサイは有機質に富んで、肥沃な土が好きですが、鉢植えでの植え替えに必要な土は、アジサイ専用の土か、一般の用土に腐葉土や堆肥を混ぜて植え替えします。 地植えの場合は腐葉土か堆肥をねのまわりにほどこして、植え替えするのが最適です。 また、アジサイの本来の色を強く出すには、その色によって土壌を変える必要があります。 肥料や培養土も色合いによって専用のものが販売されています。 青色系の色を強く出す色や、ピンク系を強くする肥料や用土が園芸店やホームセンター、通販などで販売されています。 額アジサイの「城が崎の雨」という種類があります。 ピンク系の「城が崎」と青紫系の「城が崎の雨」に分かれます。 これが中々ハッキリと色が違う年と、微妙に青紫がピンクに近かったり、あいまいな中間的な色合いの年があります。 これは生産者が土の調整で、うまく配合が出来なかった年があるからです。 大量に生産するから個別に調整できずに、いっぺんに色合いが微妙なピンクや青紫だったりするときがあります。 アジサイは土の酸性度によって、雨などによって土中の金属が溶けてイオンになり、根から吸収されてアジサイの色素と反応して色が変わっていきます。 酸性が強いと土壌のアルミニウムがとけて、アジサイの色素が青くなったり、鉄分が多いと濁った緑色に変化していきます。 土壌がアルカリ性が強いとアルミニウムが吸収されにくくなり、花はピンク色を帯びていきます。 アジサイのこの性質を利用して青色に咲かせるには、青色系の品種に酸性度の強い赤土や、ピーとモスを主体にした用土で植え替えします。 またピンク系の赤みを強くするには、赤ピンク系の品種には用土に石灰を入れて中性にすると良いです。 肥料によっても色合いが変わってくるので、青色系を濃くするにはカリ肥料を多くし、ミョウバンや硫酸アルミニウムを与えます。 赤ピンク系を強く出すには先の用土に、窒素とリン酸肥料を多く施します。 アジサイの色合いをハッキリと出すには、専用の肥料で色を変えていくことができます。 以上、書いておりますが実際には微妙なさじ加減で色は変わります。 プロでも思い通りの色が出ないのですから。 しかし上記を参考にして、毎年試していきましょう。 記録に残していけば貴重なデータになります。 また、専用の用土や肥料を使用してみるのが良いですね。 まとめ アジサイは植え替えする時期があります。 花が終わった後と、葉が落ちた後での二通りの植え替えです。 この時期での植え替えは根がつきすいので、ガーデニングが初めての方にはおすすめです。 ただ、注意点がいくつかあるので、本サイトをお読みになってから植え替えしてください。 アジサイはもともと日本在来の植物ですから、日本の風土には適しています。 培養土や肥料もそれぞれの色に適したものを施していくようにして下さい。 来年にはきれいな思い通りのアジサイの色になることが期待できます。 人気記事• 母の日のプレゼントにアジサイの鉢は人気がありますが、花後の植え替えや移植のタイミングで悩む方は多いです。 203,082ビュー• 梅酢の作り方は意外と簡単にできます。 梅とお酢に砂糖があれば誰にでもできますが、さらにまろやかで香り高くしたりフ... 197,593ビュー• 人気のオリーブの鉢植え、植え替えする際の土はオリーブの土専用がありますが、代用して使用できる 土もあります。 190,559ビュー• オリーブをバルコニーで15年以上育て、毎年実を付けています。 品種の組み合わせで、実が付きやすくなったり... 172,925ビュー• 卒業式に贈る花束のプレゼント。 花束を送った経験がない人は、 1本の値段がわからないですよね。 157,741ビュー• アジサイは季節感が感じられる育てやすいお花です。 初心者でも挿し木で簡単に増やす事ができ、ガーデ... 150,583ビュー• 手や足の指先のしもやけ、非常にかゆいですよね。 毎年この時期になると恒例のしもやけ。 139,281ビュー• 魚の目の治療を会社近くの皮膚科で受診したところ、 そこのクリニックでは靴の選び方と歩き方を指南され、 魚の... 121,482ビュー• ハイビスカスの花はトロピカルをイメージさせ そばにあると南国のリゾート気分になります。 一番の... 116,518ビュー• ユリの花粉が付いたからといって、クリーニングに出したり染み抜きを頼まなくても、ほとんどの花粉はお落とせます。 104,402ビュー.

次の