しら こい 関西 弁。 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい

他にもある「○○こい」の方言

しら こい 関西 弁

「あなたが感じる大阪人の特徴を一つあげて下さい!」 と質問されると、おおくの方がコテコテの関西弁をイメージするのではないでしょうか?そのような誰もが知っている関西弁。 ですが、関西といっても地域によって話すことばやイントネーションがまったく異なるんです。 たとえば、大阪のネイティブが発する「なんでやねん!」ということば一つとっても、お隣である兵庫県や京都府では、ちがう言い方をするんです。 で、さらにもっと分けると大阪でも北部と南部の方々が話すことばもまったく異なるんです。 この記事では、このような関西弁のちがいについて解説いたします。 しかし、すべてを解説するとハンパないボリュームになってしまいます。 だから、関西といえばここでしょ!と、誰もが知っている三都、大阪、京都、神戸の人たちが話すことばのちがいについて詳しく解説いたします。 といっても、幼少期から関西地区内を転々と9回ほど引っ越した経験(大阪市、尼崎市、西宮市、伊丹市)のある、ぼく自身がじっさいに住んでマスターし話すことができる大阪弁と神戸弁、そして、京都在住の友人知人が話す京都弁をもとに解説します。 ですので、生粋の関西人ではあるけど、あくまでもぼくの主観でのお話である。 ということをご理解ねがいます。 では、さっそくはじめましょう。 まずは、どのような話し方が大阪弁、京都弁、神戸弁なのか?を具体的にイメージしてもらうために、それぞれの方言をつかう芸能人を数人ピックアップしてみました。 関西弁を話す芸能人 関西弁を話す芸能人はたくさんおられますが、大阪、京都、神戸とできるだけ地域別にネイティブな方言を話している芸能人を探しました。 大阪弁を話す芸能人 aikoさん、久本雅美さん、和田アキ子さん、このお三方はわっかりやすいバリバリの大阪弁を話されます。 その他にも、吉本興業の芸人さんなども大阪弁を話す方がたくさんおられます。 が、居住地を都内にうつしたり、大阪弁以外を話すたくさんの方々と関わりを持っておられます。 だから、そういった影響でネイティブとは呼べない東京弁?のまじった変則的な大阪弁を話しておられます。 ですので、除外させてもらいました。 笑 京都弁を話す芸能人 安田美沙子さん、横山由依さん(AKB48)、中村玉緒さん、このお三方の話しことばやイントネーションが京都弁のわかりやすいたとえとなります。 また、舞妓さんや格式ある料亭の女将さん、年配の方などはテレビドラマにでてくるような昔ながらの美しい京都弁を話されます。 が、現代の京都のネイティブさんたちは、やんわりとほっこりさせてくれる京都弁独特の雰囲気あることばを話されます。 しかしガチガチの京都弁は話されません。 神戸弁を話す芸能人 北川景子さん、戸田恵梨香さん、藤原紀香さん、この美女お三方が神戸弁を話されます。 藤原紀香さんは西宮市出身ですが、西宮の人は神戸弁よりの関西弁を使うのでエントリーさせてもらいました。 「えっ、ちょっと待って下さい。 お三方とも知ってますが、神戸弁を話している姿がまったくイメージできないんですけど?」とお思いになられましたか。 まことに申し訳ありません。 がんばってリサーチしたのですが、神戸弁を話しているわかりやすい芸能人を見つけることができませんでした。 しかし、お三方ともプライベートではペラペラと流ちょうな神戸弁を話しておられるらしい、との情報をキャッチしたのでエントリーさせてもらいました。 ちなみに、現在、尼崎市在住のぼくの話しことばも神戸弁です。 土地勘のない人は西宮や尼崎と言われても、どこにあるのか?すら分からないと思います。 しかし、地理の話をすると本題とそれるのでここでは割愛させてもらいます。 じっさいに住んでぼくが感じている感覚は、西宮の人は、おもに神戸弁を話す。 で、尼崎の人は、大阪弁と神戸弁をミックスさせたようなことばを話す。 という印象がつよいです。 大阪弁、京都弁、神戸弁のちがいを一瞬で判断できるコツ 大阪弁、京都弁、神戸弁の決定的なちがいはことばの語尾にあります。 しかも、パターン化されているので聞き分けやすいです。 ですので、3つそれぞれのちがいを知るだけで、どの方言をつかっているのか?を理解することができるようになります。 大阪弁の語尾 語尾が「~ねん」という風になります。 この「~ねん」は大阪弁の代表格といっても過言ではありません。 ですから、うまいねん。 そーやねん。 なんでやねん。 京都弁の語尾 語尾が「~してはる」「~やし」という風になります。 あと、京都在住の友人から貴重な情報をゲットしました。 京都の人は同じことばを2回くり返す方が多いらしいです。 リサーチしている時に偶然みつけたサイトにも まったく同じことが書かれていたので信ぴょう性が高い情報です。 神戸弁の語尾 語尾が「~しとぉ」「~しとん」という風になります。 全国的に大阪弁、京都弁はメジャーですが、神戸弁ってなんじゃ?そして、この記事ではじめて神戸弁の存在を知った方もおられることでしょう。 しかし、大阪のお隣の県である兵庫県民のおおくは、大阪弁ではなく神戸弁を 使います。 じゃぁ具体的にどのようにちがうのか?は以下の例を見ることでご理解いただけます。 大阪弁、京都弁、神戸弁のちがいがわかる4つの具体例 ここでは標準語を大阪弁、京都弁、神戸弁で話すとどうなるのか? という具体例を解説いたします。 具体例その1 「無理です」 大阪弁だと「あかんねん」 京都弁だと「あかんし」 神戸弁だと「あかんで」 具体例その2「何しているのですか?」 大阪弁だと「何してんねん」 京都弁だと「何してはる(はります)の」 神戸弁だと「何しとん」 具体例その3「来ない」 大阪弁だと「けーへん」 京都弁だと「きーひん」 神戸弁だと「こーへん」 具体例その4「すごく」 大阪弁だと「めっちゃ」 京都弁だと「えろぉ」 神戸弁だと「バリ」「ごっつい」 じっさいに使っていることばを文字にするとこんな感じなのですが、いかがでしょうか? 関西に住んだことがある方でしたら、これらのことばを頻繁に耳にします。 だから、イントネーションや発音の微妙なちがいを理解することができるでしょう。 しかし、それら以外の方はおそらく、ヨクワカラナイ状態?なのではないでしょうか。 大阪弁、京都弁、神戸弁のちがい動画 そして、個人的に文字で伝えるには限界があるな、と感じたので 3分ほどの動画をとりました。 動画は文字や画像だけの場合にくらべて5000倍の情報量がある。 とされていますので関西弁に詳しくなりたいあなたは、ぜひ以下の動画をご覧ください。 ご視聴ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか? 文字で読むだけではなく、じっさいの話し方を聞くことで、確実に理解度がふかまったことと思います。 まとめ 全国的には、関西弁=大阪弁という認識をされている方がほとんどです。 ですが、おなじ関西在住者であるものの、大阪人、京都人、神戸人、それぞれ話しことばもちがえば、気質も異なるのでひとくくりにしないで、というのが本音です。 そんな細かいことどーでもいいやんか!と感じるかもしれませんが、いやいやどっこい。 大阪の人は小学生の低学年の頃から、バナナや茄子でエアー電話をかけることができるほど高度なノリツッコミのスキルを標準装備しています。 また、オマケがあたりまえの文化でもあります。 京都の人は、おしとやかだし本音と建前をイヤミなくうまく使い分けることができます。 そして、大阪人はすぐに値切るしことばも下品だから一緒にして欲しくない、と思ってます。 神戸の人は海があって山がある美しい港町神戸を愛しています。 ライバルは大阪でもなく京都でもなく横浜。 そして、大阪のアニマル柄が大好きなおばさんとちがって、神戸マダムはとにかくオシャレな方が多いです。 このように、おなじ関西でも住んでる場所がかわれば人のカラーもガラッと変わるのです。 環境によって受ける影響力ってほんとすごいですよね。 関西在住の方、そして、今度プライベートや仕事で関西に行くよ!というあなたもこの記事でえた視点で大阪、京都、神戸の人々を人間ウォッチングすることで、新しくて楽しい発見をたくさんすることができるでしょう。 最後まで読んでくれてありがとうございました。

次の

他にもある「○○こい」の方言

しら こい 関西 弁

YouTubeで身につく関西弁講座「」 あ | | | | あーず: 小豆。 例)あーず買ってきてや。 ああし: あのようにしときなさい。 例)あん人のようにああしとき。 あい: 中間。 ちょっとの間。 例)あいのおやつにドーナツ食べたわ。 あいさ: 間。 例)床のあいさに物落ちたわ。 あいさに: 時折。 例)あいさに来てくれはるんやわ。 あいそ: 愛想。 例)アイツ、あいそ悪すぎやろ。 あいのもん: おやつ。 例)あいのもん何か買ってきてや。 あいま: 隙間。 例)あいまに物落ちてもーたわ。 あいやこ: 共有。 例)あいやこしょーか。 あおた: 見世物をタダでのぞき見る。 例)オマエ、あおたしとったんか。 あおち: うちわ。 例)あおちであおいだってや。 あおのけ: 仰向け。 例)ちょっとあおのけになってや。 あが: 自分。 自分の。 例)あがことばかり考えなや。 あかい: 明るい。 例)夏は空があかいな~。 あがい: あのように。 例)あがいにするんやで。 あがええ: 自分の家。 我が家。 例)あがええに来うへんか。 あかしまへん: いけません。 例)そればかりはあかしまへん。 あかせん: 開かない。 例)ドアがあかせんのやが。 あがっと: 玄関口。 例)あがっとにスリッパもっていきや。 あがっといで: 上がっておいで。 例)はようあがっどいでや。 あがっとくなはれ: 上がってください。 例)遠慮せずあがっとくなはれ。 あがっとくれやす: おあがりください。 例)どうぞあがっとくれやす。 あがっとくれんか: 上がってくれませんか。 例)立ち話もなんやからあがっとくれんか。 あかなんだ: ダメだった。 例)テストあかなんだわ。 あかへん: ダメだ。 例)そんなことしたらあかへん。 あかる: (雨などが)やむ。 例)雨があかる。 あがる: 召し上がる。 例)つまらんもんですけどあがっとくれやす。 あかん: ダメだ。 例)もうあかんわ。 あかんたれ: いくじなし。 例)このあかんたれしっかりし。 あかんねやね: いけないのだねえ。 例)そないなことしたらあかんねやね。 あかんやろ: ダメだろう。 例)それはさすがにあかんやろ。 あかんわ: ダメだ。 例)そらあかんわ。 あきごがつ: (農業などの)繁忙期。 例)あきごがつはめっちゃ忙しいわ。 あきだな: 空き家。 例)あきだなばっかりになったな。 あぎと: あご。 例)魚のあぎと取ってくれてんか。 あきません: ダメです。 例)そんなことしたらあきません。 あきまへん: ダメです。 例)そんなことしたらあきまへん。 あきゃせん: ダメです。 例)そんなことしたらあきゃせん。 あく: 飽きる。 例)さすがにあいてきたわ。 あくしょうな: ずいぶんな。 例)あくしょうな言いようやなほんま。 あけすけに: 露骨に。 例)あけすけに見せつけよってに。 あげとくれやす: 差し上げてください。 例)皆さんにあげとくれやす。 あけなんこに: ありのままに。 例)あけなんこに話してくれや。 あこ: あそこ。 例)あこにスーパーがあるやろ。 あご: トビウオ。 例)あご出汁がうまいやろ。 あこうなる: 赤くなる。 例)照れるとあこうなりよって。 あこうなる: 明るくなる。 例)電気をつけてたらあこうなったわ。 あこか: ダメである。 例)それはあこか。 あしがはやい: 食べ物が腐りやすい。 例)鯖はほんまあしがはやいな。 あじこい: 美しい。 例)あの子はあじこいな。 あすこ: あそこ。 例)あすこに置いたはずなんやけどな。 あすばへん: 遊ばない。 例)もうあの子とはあすばへん。 あすび: 遊び。 例)今日はどこにあすびに行くん。 あずる: もがく。 例)なにあずいとんねん。 あせくさする: 落ち着きがない。 例)なんでそないにあせくさしとんねん。 あせぼ: あせも(汗疹)。 例)背中にあせぼできてもたわ。 あたりまい: あたりまえ。 例)あたりまいの結果やな。 あたんする: 仕返しする。 例)あいつ、あたんしてきよるわ。 あちゃら: 外人。 例)あちゃらさんやろ。 あつあつ: 出来立て。 例)あつあつの豚まんやで。 あっかい: いけない。 例)そないなことしたらあっかい。 あったかい: 暖かい。 例)あったかい飲み物なんかくれや。 あったって: あっても。 例)嫌なことがあったって気にせんときや。 あったのやろけど: あったのだろうけど。 例)なんか事情があったのやろけど知らんがな。 あったら: 惜しいことに。 例)あったら潰れてしもたか。 あっちべら: あちらの方。 例)あっちべら探してみるわ。 あっちゃこっちゃ: あべこべ。 例)この配線、あっちゃこっちゃやんけ。 あっちんする: 座る(幼児語)。 例)あっちんしなさい。 あて: つまみ。 例)酒のあて買ってきてや。 あてこすり: 皮肉。 例)あてこすりばっかり言う奴やな。 あてずっぽ: いい加減。 例)あてずっぽで答えよったな。 あてる: (座布団などを)敷く。 例)座布団あてとってや。 あない: あんな。 例)あないなひどいこと言うなんて。 あなこぼ: 水たまり。 例)雨上がりであなこぼだらけやんけ。 あのな: あのね。 例)あのな、ちょっと相談あるんやけど。 あばきがとれぬ: どうにもならぬ。 例)こらもうあばきがとれぬ。 あぶつく: あわてる。 例)緊張してめっちゃあぶついたわ。 あぶらむし: ゴキブリ。 例)台所にあぶらむしでた。 あぶれ: 余った人。 例)あぶれおるか? あぶれる: 仕事がない。 例)仕事にあぶれてもたわ。 あべこべ: 反対。 例)ここの配線、あべこべになっとるぞ。 あほ: 阿呆。 例)おまえあほか。 あほくさ: 馬鹿らしい。 例)あほくさ、やっとれんわ。 あほだら: 馬鹿者。 例)なにしとんねんあほだら。 あほのこっちょ: 大馬鹿者。 例)犯罪するなんてあほのこっちょや。 あほほど: たくさん。 例)あほほど予習してきたから大丈夫やろ。 あほんだら: 馬鹿やろう。 例)なにしとんねんあほんだら。 あまっちょろい: 甘い。 例)そんなあまっちょろい考えでどないすんねん。 あめちゃん: 飴。 例)あめちゃん食べるか? あやこで: 共同で。 例)あいつとあやこで使ってるわ。 あらしまへん: ありません。 例)そんなことあらしまへん。 あらへなんだ: ありはしなかった。 例)残ってるか思うたらあらへなんだ。 あらへん: ない。 例)そないなことあらへんやろ。 ありがとさん: ありがとうございます。 例)昨日はありがとさん。 ありまへん: ありません。 例)そんなことはありまへん。 ありもせんこと: 事実無根のこと。 例)ありもせんこと言うなや。 あんさん: あなた。 例)あんさん、商売上手やな。 あんじょう: 上手に。 例)あんじょう処理したってや。 あんた: あなた。 例)あんた何してたんや。 あんだけ: あれほど。 例)あんだけ言うたのにわからんのか。 あんだら: まぬけ。 例)おまえほんまにあんだらやな。 あんのうなる: まずくなる。 例)はよ食べなあんのうなるぞ。 あんばい: ちゃんと。 うまく。 例)おっちゃんにはあんばい言うとってや。 あんばいやと: この調子だと。 例)このあんばいやと間に合わんやろ。 あんぽんたん: 阿呆。 例)このあんぽんたん、なんでわからんねん。 あんまりなこと: ひどいこと。 例)あんまりなこと言わんといてや。 あんまりやで: ひどすぎるぞ。 例)さすがにそらあんまりやで。 | い | | | いいあんばい: 良い天気。 例)今日はいいあんばいやな。 いいたいこといい: 自分勝手な意見をズケズケ言う人。 例)アイツ、ほんまいいたいこといいやな。 いいないな: 言いなさるな。 例)そないなこといいないな。 いいはった: 言われた。 例)あの人がいいはったこと覚えてるか? いいはる: おっしゃる。 例)あの人がいいはるんやから間違いないやろ。 いいひん: いない。 例)あの部屋には誰もいいひんで。 いいよった: 言っていた。 例)もうええていいよったからな~。 いうてんか: 言ってください。 例)あなたの意見をいうてんか。 いかしまへんやろ: いかないでしょう。 例)そないにうまくいかしまへんやろ。 いかなんだら: いかなかったら。 例)うまくいかなんだらどないしよか。 いかる: 起こる。 例)おとん、めっちゃいかっとったぞ。 いかれる: 取られる。 例)スリに財布いかれてもうたわ。 いきしな: 行く途中。 例)いきしなにあそこ寄ってくわ。 いきり: 調子にのる人。 例)あいつホンマにいきりやな。 いきる: 気負う。 威張る。 例)あいつちょっといきっとったぞ。 いく: はいる。 例)お椀にヒビいっとったわ。 いくいく: 将来。 例)いくいくは出ていかんとあかん。 いくらいうても: どれほど言い聞かせても。 例)いくらいうても無駄やと思うで。 いけず: 意地悪。 例)あいついけずやからな。 いける: 酒が飲める。 例)おまえいける口やな。 いごかす: 動かす。 例)ちょっとそれいごかしてくれへんか。 いじいじする: もじもじする。 例)失敗してもいじいじすんなや。 いじくる: もてあそぶ。 例)あんまりいじくるんやないで。 いじけ: 弱虫。 元気がないさま。 例)あんまりいじけてんちゃうぞ。 いじましい: けちくさい。 例)いじましい男やな。 いじる: せびる。 例)お小遣いをいじる。 いじる: さわる。 例)大事なもんやからいじったらあかんで。 いちびる: 調理にのってはしゃぐ。 例)いじびってんちゃうぞ。 いってて: 行っていてほしい。 例)ちょっと先にいっててくれへん。 いっぺん: 一度。 例)もういっぺんやってくれへん。 いなはった: 帰られた。 例)あの人はもういなはったで。 いのまいか: 帰ろうじゃないか。 例)ええ時間やし、そろそろいのまいか。 いび: 指。 例)いび、切ってもたわ。 いびきり: 指切り。 例)いびきりげんまんやで。 いびる: いじめてせびる。 例)あいつ、後輩いびっとるみたいやぞ。 いらち: 短気な人。 例)大阪人はいらち多いからな~。 いらつく: せかせかする。 例)時間ないのにいらつくわ。 いわしてしもた: 痛めてしまった。 例)事故で足をいわしてしもたんや。 いわす: やっつける。 例)調子乗ってるといわすぞこら。 いんだ: 帰った。 例)もうみんないんだわ。 | | う | | うじうじ: ぐずぐず。 例)うじうじせんとシャキっとし。 うそをだます: 嘘をつく。 例)あいつまたうそをだましよったな。 うちとこ: 私の家。 例)うちとこ遊びにくるか? うちのひと: 夫(配偶者)。 例)うちのひとはまだ帰ってへんわ。 うつぶく: うつむく。 例)ちょっとうつぶいてくれへんか。 うてかえす: ひっくりかえす。 例)お盆をうてかえしたんは誰や。 うでる: ゆでる。 例)生卵をうでてくるわ。 | | | え | ええあんばいに: いい状態に。 例)ええあんばいに天気がようなってきたな。 ええかいもん: 良い買い物。 例)ええかいもんさせてもろたわ。 ええかげんな: 無責任な。 例)ええかげんなこというてんちゃうぞ。 ええかっこする: 良く見せたがる。 見栄をはる。 例)あいつ、ええかっこしいやからな。 ええきになる: 得意になる。 例)勝ってもええきになるなよ。 ええこ: 良い子。 例)ええこにしとくんやで。 ええさかい: よいから。 例)もうそれはええさかい、こっち手伝ってくれや。 ええとこ: 良いところ。 例)あいつ、ちょっとええとこの出やからな。 えぐい: 意地の悪い人。 腹黒い人。 例)あいつちょっとえぐいな。 えぐい: 半端ない。 想定以上のもの。 例)あれ相当えぐいで。 えげつない: 冷酷な。 例)えげつないこといいまんな。 えずく: 吐き気をもよおす。 例)さっきまでえずいとったわ。 えらい: 疲れた。 例)さすがにがんばりすぎてえらかった。 えらい: 大変な。 例)これはもうえらいこっちゃ。 えらいさん: (組織の)偉い人。 例)今日はえらいさんがくるわ。 えろう: たいそう。 非常に。 例)えろうすんまへん。 えんこする: 故障する。 例)使いすぎてえんこしよったわ。 えんばんと: あいにく。 例)今日はえんばんと、都合が悪いんやわ。 えんぺつ: 鉛筆。 例)えんぺつもってくるの忘れた。 | | | | お おあがりやす: お召し上がりください。 例)よろしゅうおあがりやす。 おあげ: 油揚げ。 例)おあげさん買ってきてや。 おあず: 小豆。 例)おあず切らしてもたわ。 おいえさん: 奥さん。 例)今日はおいえさんいてはりますか? おいさん: 奥さん。 例)おいさん、きれいですね。 おいでやす: いらっしゃいませ。 例)ようこそおいでやす。 おいど: 尻。 例)角でおいどうってもたんか。 おいといない: 家計が豊かな。 例)あんたのとこはおいといないやろ。 おいとくれ: やめてくれ。 例)そこらへんでおいとくれんか。 おいない: おいでなさい。 例)ちょっとこっちへおいない。 おいやす: いらっしゃる。 例)あの人、おいやすか? おうたら: 出会ったら。 例)先生におうたらよろしゅう伝えたってや。 おうてみ: 背負ってみて。 例)このリュック、ちょっとおうてみ。 おえらさん: (組織の)偉い人。 例)今日はおえらさんやってくるで。 おおきに: ありがとう。 例)まいどおおきに。 おおきにはばかりさん: たいへんお邪魔しました。 例)おおきにはばかりさん、ほなそろそろ行きますわ。 おおさな: 大雑把な。 例)おおさな考えやなほんま。 おおちんする: 腰をおろして座る(幼児語)。 例)ほなここにおおちんして。 おおよばれ: (食事を)ごちそうになること。 例)今日はおおよばれになりましてありがとさん。 おかあはん: お母さん。 例)おかあはんどこいってたん? おかいさん: かゆ(粥)。 例)風邪やからおかいさん作ったげるわ。 おかいのあねさん: すごく柔らかいご飯。 例)水入れ過ぎておかいのあねさんみたいになってもた。 おかえりやす: おかえりなさい。 例)おかえりやす、お早いお帰りで。 おかがみさん: 鏡餅。 例)正月のおかがみさんもうこうたか? おかき: かき餅。 例)おかき買ってくるわ。 おかけやしとくれ: お掛け下さい。 例)遠慮せずおかけやしとくれ。 おかしい: 笑えるような。 例)おかしい話やなほんま。 おかしてたまらん: 笑うのを我慢できないほどおもしろい。 例)あの人の話はいつもおかしてたまらん。 おかちゃん: お母さん(幼児語)。 例)おかちゃん大好き。 おかって: 台所。 例)おかっての火、ちゃんと消したか? おかぼ: かぼちゃ。 例)おかぼ安かったから買ってきたわ。 おがる: 怒鳴る。 例)誰かおがっとるぞ。 おかん: お母さん。 例)おかんどっか行ったんか? おきばりやす: 仕事に精が出てますね(挨拶)。 例)おきばりやす、元気ですな。 おきんさい: おやめなさい。 例)今日はその辺でおきんさい、明日にし。 おく: (店を)閉める。 例)そろそろあの店おくやろ。 おくなはらんか: 下さらんか。 例)ちょっとお願いを聞いておくなはらんか。 おくりむかい: 送り迎え。 例)おくりむかい行ってくるわ。 おくれやす: 下さいませ。 例)ちょっと待っておくれやす。 おくんない: 下さい。 例)ちょっと聞いておくんない。 おくんはなれ: 下さい。 例)袋に入れ取っておくんはなれ。 おこしやす: ようこそいらっしゃいませ。 例)おこしやす、見ていってください。 おこた: こたつ。 例)寒くなってきたらおこた用意せんとな。 おこっとる: 怒っている。 例)おとんなんかおこっとるで。 おこまいか: やめようか。 例)今日はこの辺でおこまいか。 おこりむし: よく怒る人。 例)あの人はおこりむしやからな。 おこりんぼ: よく怒る人。 例)ほんまおこりんぼさんやな。 おごろもち: モグラ。 例)おごろもちの穴ちゃうか? おした: ありました。 例)たしかあの辺におしたと思います。 おしぴん: 画鋲。 例)ちょっとおしぴんで留めといてや。 おしまいやす: 夕方の挨拶言葉。 例)おしまいやす、もう寒うなりましたな。 おじや: 雑炊。 例)最後はおじやにして食べよか。 おしろ: 後ろ。 例)ちょっとおしろの方にいたと思うで。 おすかいな: ありますか。 例)これ、店におすかいな。 おせおせごんぼ: おしくらまんじゅう。 例)満員電車でおせおせごんぼ状態やったで。 おせてんか: 教えてください。 例)ちょっとわからんからおせてんか。 おせん: ありません。 例)ちょっとうちの家にはおせん。 おぞい: 性格が悪い。 例)おぞい人やなほんま。 おだい: 大根。 例)今日はおだいが安かったで。 おちゃのこさいさい: たやすい。 例)先週の試験はおちゃのこさいさいやったで。 おちょか: ひょうきんもの。 例)あいつほんまおちゃかやな。 おちょくる: 馬鹿にする。 例)人をおちょくるのもたいがいにせえや。 おちょぶる: からかう。 例)おちょぶっとんちゃうぞこら。 おつかれさん: おつかれさま(挨拶)。 例)ほな、おつかれさん。 おつくり: 刺身。 例)今日はおつくりがお得やったわ。 おつゆ: 味噌汁。 例)今日のおつゆなんなん? おでき: 腫れ物。 例)脚におできできてもたわ。 おとう: お父さん。 例)おとうにも聞いたんやで。 おとご: 末っ子。 例)おとごはわがままに育つんか。 おとと: 弟。 例)自分おととおったっけ? おとましい: もったいない。 例)捨てるのはおとましいやろ。 おとろしい: 恐ろしい。 例)ほんまおとろしい事件やったね。 おとんぼ: 末っ子。 例)あの子、おとんぼやったね。 おなり: 炊事や食器洗いなどの家事。 例)おなりは誰がやってはるんや。 おばはん: おばさん。 例)あのおばはん誰やねん。 おはようおかえり: 無事に早く帰ってきてくださいね(挨拶)。 例)きいつけてな、おはようおかえり。 おばんざい: 普段食べているおかず。 例)おばんざい研究会に入ってきたわ。 おひや: 冷えた水。 例)飲み物はおひやでええですわ。 おぶう: お茶。 例)ささ、はようおぶう出しといて。 おへそのやどがえ: 大笑い。 例)あまりに変やったから、おへそのやどがえやったわ。 おへん: ありません。 例)そんなことおへん。 おべんちゃら: おべっか。 例)おべんちゃらいうたらあきまへん。 おぼこい: 子供っぽい。 初心な。 例)あんた、ほんとおぼこいな。 おぼたい: 重たい。 例)これほんまおぼたいんやけど。 おます: ある。 例)これおますやろか? おまっとうさん: お待ちどうさま。 例)はい、おまっとうさん。 おまはん: あなた。 例)おまはんはどない思うんや? おまはんとこ: あなたの家。 例)おまはんとこは津波大丈夫やったんか? おまへん: ありません。 例)そんなことはおまへん。 おまわり: 警察官。 例)おまわりやってきたで。 おまん: おまえ。 例)おまん、どう思うや? おめだるい: もどかしい。 例)おめだるいやろうけど頼んだで。 おめでとさん: おめでとうございます。 例)ほんまおめでとさん。 おめる: 恐れる。 例)祟りをおめる人が多いんやって。 おやすみやす: おやすみなさい(挨拶)。 例)おやすみやす、また明日。 おらへん: いない。 例)誰もおらへんかったで。 おる: いる。 例)あの水族館にイルカおったっけ? か | | | | かいい: かゆい(痒い)。 例)蚊にさされてかいいんや。 がいがいにする: 乱雑にする。 例)めんどいから部屋をがいがいにしとる。 かいこと: 交換。 例)俺のとかいことしよや。 かいてんか: 掻いてくれないか。 例)ちょっと背中かいてんか。 かいてんか: 書いてくれないか。 例)ここに署名かいてんか。 がいな: 丈夫な。 例)がいなクルマやな。 かいらしい: かわいらしい。 例)かいらしい犬やな。 かえすがえす: どう考えても。 例)かえすがえすありえんな。 かえへん: 買えない。 例)そんな高いもんかえへん。 かかあ: 妻。 例)かかあに許可とらんといけへんわ。 かがす: におわせる。 例)この香水ちょっとかがしたいな。 かがと: かかと(踵) 例)かがとで靴ふんだらあかん。 かかへん: 書かない。 例)めんどいからかかへんで。 かかり: 手始め。 例)仕事はかかりが大事やで。 かきよる: 書いている。 例)全部うまくかきよったで。 かざ: 匂い。 例)この香水、ええかざするな~。 がさ: がさつな人間。 例)こいつほんまがさやからな。 かじかまる: 寒すぎて動かない。 例)寒くて手がかじかまってもた。 かじかむ: 寒すぎて動けない。 例)冷えすぎて手がかじかんどる。 かしこ: 賢い。 例)あいつはかしこや。 かしてんか: 貸してくれないか。 例)ちょっとそれかしてんか。 かしよらん: 貸してくれない。 例)不景気には銀行は金かしよらん。 かしわ: 鶏肉。 例)今日はかしわの唐揚げやで。 がしんたれ: 甲斐性なし。 例)あいつは貧乏のがしんたれやったわ。 かす: 米をとぐ。 例)ちょっとお米3合分かしといて。 かすかす: 水分がなくなってシワシワ。 例)このミカン、もうかすかすやわ。 かた: 担保。 例)時計は借金のかたにしたわ。 かた: 結末。 終わり。 例)ちょっとかたつけよやないか。 かた: 運。 例)今日はかた悪すぎるわ。 かたいだる: 傾いている。 例)その棒ちょっとかたいだるやろ。 かたちんば: 大きさなどが不揃いなこと。 例)その靴かたちんばになっとるやろ。 かたわ: 身体障害者。 例)あの事故でかたわになってもた。 かたんま: 肩車。 例)この子かたんましたってや。 かちあう: ぶつかる。 例)角であいつとかちあってもた。 かつかつ: かろうじて。 例)ほんまかつかつ間に合った。 かつかつ: 金欠。 お金がないさま。 例)今月ほんまかつかつやねん。 がったんこ: シーソーで遊ぶこと。 例)小さい子にがったんこは危ないやろ。 がっつりこん: 頭と頭がぶつかること。 例)前見てないからがっつりこんすんねん。 かというて: そうはいっても。 例)かというて何もできんかったやろ。 かとうて: 固くて。 例)カチコチやからかとうて食えんで。 かどっこ: 角。 例)あそこのかどっこにタバコ屋があってん。 かどわかす: 誘拐する。 例)知らん人についてったらかどわかされんぞ。 かなるい: 簡単な。 例)そんな問題かなるいやろ。 かなわん: 嫌。 例)そんなこと言われたらかなわん。 かなん: はずかしい。 例)そんなかっこで行くなんてかなんわ。 かなん: いやだ。 例)今日の残業はかなん。 かましまへん: それで結構です。 それで大丈夫です。 例)その条件でかましまへん。 かます: 脅す。 例)ちょっとかましてきたれや。 かまへん: それでよい。 例)かまへんかまへん気にすんな。 かまわんとき: 干渉しないでおきなさい。 例)あいつへんこやからかまわんとき。 かめしまへん: さしつかえありません。 例)それでかめしまへん。 かめへん: 噛めない。 例)歯にしみてもてかめへんわ。 かめへんで: 問題ないですよ。 例)その配分でかめへんで。 からけつ: 無一文。 例)パチンコ負けてからけつや。 かわん: 買わない。 例)そんな高いもんかわんわ。 かんからかん: 馬鹿正直な人。 例)あいつはかんからかんやからな。 かんからかん: (畑が干上がって)固い状態。 例)雨降らんから田んぼかんからかんやで。 がんぜない: (年齢が若くて)礼儀やわきまえがない。 例)がんぜない子供やから許したってや。 かんにん: ごめんなさい。 例)ほんまかんにん。 かんにんえ: ごめんなさい。 例)その件はほんまにかんにんえ。 かんにんしとくれ: かんにんしてください。 例)疑ってもて、かんにんしとくれやす。 | き | | | きい: 来い。 例)あんたちょっとこっちきい。 ぎいすちょん: キリギリス。 例)庭でぎいすちょん見たで。 きいたろか: 聞いてあげようか。 例)先生に内緒できいたろか。 きいてき: 聞いてきなさい。 例)いけるかどうかきいてき。 きいてへん: 聞いていない。 例)そんな話きいてへんで。 きいてやならん: 聞くに堪えない。 例)もうきいてやならんわ。 きいひん: 来ない。 例)あいつはきいひんやろ。 きいひんか: 来ないか。 例)明日一緒にきいひんか。 きいや: 来いや。 例)とやかくいわんととりあえずきいや。 きかなんだ: 聞かなかった。 例)きかなんだことにしとったるから帰れ。 きかんき: 勝ち気。 例)あの子はきかんきが強いからな。 きかんふり: 聞かないふり。 例)あいつきかんふりしてるだけやで。 ききつんぼ: 聞こえていないふりをすること。 例)嫌なことがあったらききつんぼしとるわ。 ききとうない: 聞きたくない。 例)そんな話はききとうない。 ききはつる: 聞きかじる。 例)ちょっとききはつったんやけどほんまなんか? ぎくぎくする: グラグラしている。 例)ちょっとあの柱ぎくぎくしてるんちゃう? きける: 疲れる。 例)歳のせいかすぐきけてまう。 きしな: 来る途中。 例)きしなにちょって寄ってくれてんか。 きしょい: 気持ち悪い。 感じが悪い。 例)ほんまおまえきしょいな。 きちきち: きちんと。 しっかりと。 例)あいつはきちきち仕事をやるやつや。 きちきち: モノがいっぱい入っている状態。 例)もう無理、きちきちで入らんって。 きつい: 気が強い。 例)あのおばはんほんまきついわ。 きつい: 窮屈になる。 例)この服ちょっときついんやけど。 きつい: けわしい。 例)こっちの道はきついけど大丈夫か? ぎっこんばったん: シーソー。 例)公園のぎっこんばったんで遊んだもんや。 ぎっちょ: 左利き。 例)おまえぎっちょなんか? きてくれやはりますやろ: 来てくれなさるでしょう。 例)あの人はきっときてくれやはりますやろ。 きてくれやはる: 来てくれなさる。 例)きっときてくれやはるやろ。 きにしー: いろいろと気にする人。 例)あいつほんまきにしーやな。 きばえ: 気立て。 例)あの娘はきばえがええわ。 きはった: きなさった。 例)先方さんがきはったみたいやで。 きびす: かかと。 例)工事できびすケガしてもたわ。 きむつかしい: 気難しい。 例)あいつちょっときむつかしいやろ。 きや: 来なさい。 例)まあ遠慮せんとちょっときや。 きやす: いらっしゃい。 例)ゆっくりしてきやす。 きやはらへん: 来られない。 例)今日は彼は体調不良できやはらへん。 きやはる: 来なさる。 例)はるばる遠くからきやはるなんて。 きやへん: 来ない。 例)冷たいもんや、誰もきやへん。 ぎょうさん: たくさん。 例)今日は人がぎょうさんおるな。 ぎょうさんあらへん: たくさんではありません。 例)心配すな、そないにぎょうさんあらへん。 きょうび: 最近。 例)そないな言いかた、きょうびせえへんで。 きょときょとする: 落ち着きなくあたりを見わたす。 例)キョロ充とはきょときょとしとる奴のことや。 きよらへん: 来ない。 例)あいつまだきよらへんのか。 きよらん: 来ない。 例)電車まだきよらんのか。 きよる: 来る。 例)あいつ、ようやくきよったわ。 きらくとんぼ: のんきな人。 例)あいつはほんまおきらくとんぼやな。 ぎりぎりけっちゃく: 結局。 例)ぎりぎりけっちゃく、バレてしまいや。 きりちゃちゃくる: ハサミで切り刻む。 例)あの布はきりちゃちゃくってもたわ。 きれもん: 刃物。 例)子供にきれもんわたしたらあかんやろ。 きれもん: 頭のきれる人。 例)あいつはマジもんのきれもんや。 きんとと: 金魚(幼児語)。 例)きんとと飼いたいんやけどあかん? きんの: 昨日。 例)きんのどこいってたん? ぎんばる: 顔が真っ赤になるくらい力む。 例)あいつ、力入れ過ぎてぎんばっとるわ。 | | く | | くいさし: 食べている途中の食べもの。 食べ残し。 例)くいさしにせんと全部食べなさい。 ぐいち: 食い違い。 例)ちょっと意見のぐいちがあったみたいや。 くいもん: 食べ物。 例)なんかくいもんあるか? くいよらん: 食べない。 例)あいつ何もくいよらんのやわ。 くうとる: 食べている。 例)あいつ何かくうとるやろ。 ぐさぐさ: くくった紐がゆるんでいる状態。 例)本の紐ぐさぐさやんか、持てへんわ。 くさす: 悪口をいう。 例)友達をくさすんはよくないで。 ぐさつく: ゆるんでくる。 例)くくった紐がぐさついとるわ。 くしくし: くよくよ。 例)くしくししてんと前むけや。 ぐじぐじ: ぐずぐず。 例)ぐじぐじしてるんやったら帰ってまえ。 くす: もらう。 例)こんなんくしよったんやけど。 くすむ: 陰気な雰囲気を出す。 例)くすんだ顔したやつやな。 くすんともいわん: 何もいわない。 例)くすんともいわんのやったらわからんやろ。 くだい: ください。 例)許したってくだい。 くだはった: くださった。 例)そんな高価なもんくだはったなんて。 くたばる: すごく疲れる。 例)今日はくたばって寝てもたわ。 くたぶれる: 服が古くなってボロになる。 例)服がくたぶれてきたわ。 くっとっきょる: 食べてしまっている。 例)あれか、ちゃんとくっとっきょるで。 くてちょん: 生活するだけで精一杯な金欠状態のこと。 例)こんな安月給やとくてちょんや。 くてへん: 食べていない。 例)昨日から何もくてへん。 ぐてんぐてん: 深く酔っぱらった状態。 例)飲みすぎてぐてんぐてんやで。 ぐでんぐでん: 深く酔っぱらった状態。 例)今日はもうぐでんぐでんやわ。 くものう: 苦も無く。 例)あいつはくものう答えとったで。 くらわす: なぐる。 例)一発くらわしてまえや。 ぐりぐり: くるぶし。 例 脚のぐりぐりケガしてもたわ。 くりや: 台所。 例)くりやで走りまわったらあかん。 ぐるり: 周囲。 例)家のぐるりの掃除せんとあかんねん。 くれはる: くださる。 例)ちょっと教えてくれはらんか? くれへんか: くれないか。 例)ちょっと手伝ってくれへんか。 くれへんなら: くえれないのだったら。 例)教えてくれへんなら別にええわ。 くれよった: してくれた。 例)あいつが手伝ってくれよったわ。 くれよらへん: くれない。 例)全然手伝ってくれよらへん。 くれよらん: くれない。 例)あいつはちっとも手伝ってくれよらん。 くれんか: くれないか。 例)ちょっと手伝ってくれんか。 くれんぽ: でんぐり返し。 例)マットでくれんぽする。 くろくわさん: 土木作業員。 例)たくさんのくろくわさんによって建てられたビルや。 くろとさん: 玄人さん。 例)さすが動物のくろとさんやね。 ぐわい: 具合。 例)ちょっと腹のぐわいが悪い。 | | | け | げーあげる: 嘔吐する。 例)食いすぎて夜にげーあげたわ。 げーはく: 嘔吐する。 例)飲みすぎてトイレでげーはいた。 けえへん: 来ない。 例)あいつ結局けえへんのか? けえへん: 消えない。 例)ロウソクなかなかけえへんな。 けだし: 塩気を抜くこと。 例)鮭のけだしやっといて。 けちがつく: 不吉なことがおこる前兆がある。 例)けちがついてるからあかんねん。 けちけちする: 費用を惜しむ。 例)けちけちせんとドバッといけや。 けちつける: 言いがかりをつける。 例)またあいつ店員にけちつけとるで。 けつかる: 居る。 例)何してけつかるんや。 けっこうもん: お人好しな人。 例)あの人はなかなかのけっこうもんやて。 けっしる: 便秘になる。 例)もう先週からけっしてるんやで。 けったい: 変な。 おかしい。 例)けったいな人やなほんま。 けったい: おもしろい。 例)ほんまけったいな奴やな。 けったくそがわるい: 胸糞悪い。 不愉快である。 例)変な言いがかりうけてけったくそわるいわ。 けっぱなずく: つまずく。 例)最後の最後でけっぱなずいてもたわ。 けつまくる: 証拠をつきつける。 例)けつまくったら白状するやろ。 けつわる: 破産する。 例)けつわって夜逃げしたそうや。 けつをまくる: 途中で投げ出す。 例)こんなとこでけつまくりたくはないんや。 げなげなばなし: うわさ話。 例)なんか変なげなげな話が出回っとるな。 けぶたい: 煙が充満しているさま。 例)ちょっと換気せんとけぶたいんやが。 けぶたい: 敬遠したい(嫌な)人。 例)あいつちょっとけぶたい奴やろ。 けぶり: 煙。 例)なんかけぶりあがっとったな。 けぶり: 気配。 例)そんなけぶりなかったけどな。 げろだし: 丸出し。 例)服小さいんちゃうか、ヘソげろだしになっとるで。 げんかいな: テキパキした。 例)ほんまげんかいなお人や。 げんくそがわるい: しゃくにさわる。 例)あんな言いかたされたらげんくそがわるいわな。 けんけん: 石を蹴って遊ぶ。 例)公園でけんけんして遊んだものや。 けんずい: おやつ。 例)ちょっとけんずいでも食べて休憩や。 けんたい: 公然と。 例)けんたいと犯罪をおかすヤバイ奴。 けんど: けれども。 例)けんど、ちょっと賛成しかねますわ。 げんなおし: 景気なおし。 例)げんなおしにパーッとやろや。 | | | | こ ごあさって: 明々後日の翌日(4日後)。 例)ごあさってに集まるんやな。 こいさ: おいでや。 例)遊びにこいさ。 こいやい: きなさい。 例)ぐずぐずせんとはよこいやい。 ごうがわく: 腹がたつ。 例)さすがのワイでもごうがわく。 こうせえ: こうしろ。 例)こうせえいうたやろ。 こうた: 買った。 例)コレこうたんやけど見てや。 こうたった: 買ってあげた。 例)子供におもちゃこうたったわ。 こうて: 買って。 例)ちょっとたこ焼きこうてや。 こうてきてや: 買ってきてください。 例)なんか食いもんこうてきてや。 こうてもうた: 買ってしまった。 例)つまらんもんこうてもうたわ。 こうとな: 地味な。 例)こうとな洋服やね。 こうへんだ: 来なかった。 例)招集かけたのに誰もこうへんだ。 こうやで: これだから。 例)こうやで焼肉のビールはやめれんねん。 こうやで: このとおりですよ。 例)そのやり方はこうやで、わかったか? こがいな: このような。 例)こがいな虫、今までみたことないわ。 こかす: 倒す。 例)その棒こかしとってや。 ごく: 競争。 例)走りごくで勝負や。 ごくたれ: ヤクザ。 道楽者。 例)あのごくたれにはかかりよらんな。 こぐちから: 片っ端から。 例)こぐちから調べていくさかいな。 こぐる: くぐる。 例)お寺の門をくぐってからお辞儀するんや。 ごくろうさん: ごくろうさま。 例)ほんまごくろうさん、大変やったやろ。 こけのこっちょう: 本当にバカな人。 例)そんなへまするなんて、こけのこっちょうやな。 こける: 倒れる。 例)銅像がいたずらでこけとったぞ。 ここいら: このへん。 このあたり。 例)今日はここいらで終わっとこか。 ここかしこ: あちらこちら。 例)ここかしこいたんできたな。 こさす: 来させる。 例)ちょっとアイツここまでこさしてや。 こじける: こじれる。 例)風邪がこじけて地獄みたわ。 こじだす: 難癖をつける。 言いがかりをつける。 例)なんにでもこじだす奴やなほんま。 こずく: たたく。 例)あの子こずいたんはワイやない。 こずむ: 詰まっている。 例)箱にはミカンがこずんどるわ。 こせこせ: ネチネチ。 例)しょーもないことこせこせいう人やな。 こせつく: 口やかましくいう。 例)こせついとんちゃうぞ自分。 こそぐる: くすぐる。 例)ふざけてこそぐるのやめい。 こそげる: けずり落とす。 例)鍋のうら、こそげてみるか。 ごそごそ: 大きすぎる。 例)その服ごそごそで無理やったわ。 こそばい: くすぐったい。 例)こちょこちょしたらくすぐったいやんけ。 こっきり: 全部。 例)こっきりどっかいってもたわ。 こっちゃから: こちらから。 例)明日はこっちゃから挨拶に行かせてもらいます。 ごっつ: とても。 例)ごっついらついてんけど。 ごっつい: 大きい。 例)部屋にごっつい人がおったで。 ごっつおさん: ごちそうさま。 例)ごっつおさん、うまかったわ。 こっつりこん: 鉢合せでぶつかる。 例)角でこっつりこんした。 こつまなんきん: 商品を誇張して売りつける人。 例)家にくるセールスなんてほとんどこつまなんきんやで。 ごてつく: もめごとやトラブルが起きる。 例)最近ごてついてばっかやわ。 ごてる: 文句をいう。 例)ごててんと建設的な意見せえや。 こない: このように。 例)こない言われて何も反論せんのか? こないだ: このあいだ。 例)こないだスーパーに買いもんに行った。 こないに: こんなに。 例)こないにようさんもろて悪いな。 こなれて: 熟練してうまい。 慣れている。 例)徐々にこなれてきたやんけ。 ごねどく: 文句をいって得をすること。 例)結局ごねどくやんけむかつくわ。

次の

【No.96】「しらこい」を知っていますか?

しら こい 関西 弁

「しらこいって、意味知ってる?」 金曜日の夜、突然、夫から聞かれました。 「ん~、白子とか関係ある? おいしいとか??」 「俺もそう思った!」 と、関西の方からすれば、トンチンカンな会話をしていたわが家。 わが家のような関西弁マスターではない方々、 【しらこい】とは、 「しらじらしいということ」 なのだそうです。 夫の会社で、「しらこい」の意味を知らないって言ったら びっくりされたのだとか。 (彼の部署は、ほぼ関西出身者) 大阪に住み始めて、もうすぐ6年。 まだまだのようです(笑) 関西弁独特のイントネーションは、すぐに慣れました。 単語の意味がわからないのは、久しぶりです。 意味がわからなかったといえば、 「おっちん」。 まだヨチヨチ歩きだった息子に、 保育士の先生か、どなたかが、言いました。 「はい、おっちんして」 「おっちん?」 母である私も、意味がわからず、息子ももちろんできず。 (まぁ、息子の場合は、日本語全般に意味があやしい時代ですけど) 「おっちん=おすわり」 関西弁の幼児語です。 かわいい響きなのですが、なかなか慣れず…。 言われるたびに、いちいち頭のなかで、 「あぁ、おすわりね」 と変換していました。 方言といえば、 自分は標準語だと思ってしゃべっていた言葉が、 実は住んでいたところ特有の言葉と知るときの、驚きといったら(笑) 岐阜弁なら、 しゃびしゃび=液体状のもので、うすいこと。 どかどかする=すごく蒸し暑いこと。 わが家は、熱が高い時も使っていました。 つる=持ち上げて、移動させること(例:机をつる) ケッタ(ケッタマシン)=自転車 他にもありますが、キリがないのでこれくらいに。 昔は、方言というと、 ダサい、かっこ悪いという風潮が強かった気がします。 しばらく前からは、 ぬくもりを感じるし、個性があっていいという感じになっていますね。 住んでいる場所の言葉を知ると、 もっとその土地に近づいたような気持ちになって、 うれしくなります。 「しらこい」のおかげで、 また少し関西人になれた(近づいた)気がします。 で、今日のオチは? そんなもん、あらへんて~。 (岐阜弁です。 笑) まぁ、日曜日ということで…。 お許しください。

次の