漂白 剤 で 消毒 液 の 作り方。 消毒用エタノールがない時に代用できる除菌液の作り方!新型コロナウイルスにも

台所用洗剤でコロナウイルス消毒液の作り方!漂白剤コロナ除菌作り方

漂白 剤 で 消毒 液 の 作り方

物は漂白剤で除菌できる(手には使えない) 誰もがアルコールベースの消毒液を買いだめすることに気を取られすぎて、同じような効果があるのに、価格ははるかに安い漂白剤の存在を完全に忘れています。 元飲食業界の人間としては、何かの表面を消毒するのに、比較的濃度が低くても効果がある漂白剤を使っていました。 漂白剤は、濃度がとても高いので、消毒をするくらいであればボトル1本も必要ありません。 家にある漂白剤がボトルに半分しか残っていなくても十分です。 除菌前にしっかりと掃除を 家を漂白剤で拭きまくる前に知っておいて欲しい、大事なことが1つあります。 漂白剤は、食べかすや髪の毛のようなということです。 これ自体はそこまで大きな問題ではありません。 漂白剤で消毒をする前に、カウンターなど拭きたい場所を掃除すればいいということです。 最初に普通に掃除をして、すべてを拭き上げ、パンくずやコーヒーの粉などが残っていないかきちんと確認をしてから、漂白剤で消毒をすれば完璧です。 漂白剤を使った消毒液の作り方・使い方 米疾病対策センターが推奨する、家の中のあらゆる表面を消毒する汎用性のある消毒液にするは、。 (ここまでたくさんの量が必要ない場合は、小さじ4杯と1リットルの水を混ぜてください。 ) ゴム手袋を装着し、家の中の浸透しにくい表面を漂白剤を薄めてつくった消毒剤で スプレーするか 拭き上げ、 自然乾燥させます。 それだけです。 大理石、磁器、陶器、塗装していない木材などは、漂白剤を長期間使うと傷む可能性があります。 家の中にそのような材質のものがある場合は気をつけてください。 できるだけ少量の漂白剤を使い、余ったものはすぐに吹き上げるか、石けんとお湯だけで手入れするようにしましょう。 いろんなものに使える便利な消毒液 ウィルスが集まるのは家の中の表面だけではありません。 家の外に持って行くあらゆるものにも、この消毒剤は使えます。 子どもがどこにでも おもちゃを持って行きたいと言うものや、子どもが口に入れる可能性があるものにも、この消毒剤を使うのをおすすめします。 子どものおもちゃ(プラスチックで電気を使わないもの)は、漂白剤の消毒剤に約30分浸しましょう。 残念ながら、漂白剤は刺激が強すぎるので、ですが、画面を拭くのにはおすすめしません。 それ以外では、あなた自身の手も漂白剤では消毒できませんが、それは石けんと水でしっかりと洗ってください。 あわせて読みたい.

次の

あさチャン/消毒液の作り方・使い方まとめ☆品薄に負けない家庭で作れる消毒液2種!

漂白 剤 で 消毒 液 の 作り方

「無水エタノール:200㎖」をスプレーボトルに入れます 2. スプレーボトルに「精製水(水道水)50㎖」を注ぎ足します 3. スプレーボトルを軽く振り、混ぜ合わせたら完成です たった3工程で「消毒液」が簡単に、自分で作ることができますよ。 今回は、「無水エタノール:200㎖」に対し、「精製水:50㎖」で調合しましたが、「4:1」の比率であればOKです。 必要に応じて、量を調整してみましょう。 関連記事: 消毒液は「精製水と水道水」どちらがいいの? 手作り消毒液の材料に使う「精製水」もしくは「水道水」どちらを使うべきか迷ってしまいますね。 そもそもこの2つは、どう違うのでしょうか? ・精製水と水道水の比較 水 特徴 消毒液のもち 精製水 不純物を取り除いた純度の高い水 水道水と比べると長もち 水道水 飲料用に消毒など不純物あり 精製水と比べるともちが短い 精製水は、ろ過・蒸留・イオン交換などを行い、「水の不純物を取り除いた純度の高い水」です。 そのため、衛生的で手作り消毒液の持ちがよくなります。 水道水は、飲料用に消毒などを行うため不純物が配合されています。 そのため、精製水で作ったものと比べると、もちが短くなってしまいます。 消毒液のもちを考えると、精製水を使った方が理想的ですが、品切れや品薄の場合は、無理に使う必要はありませんよ。 特に、精製水は「人工呼吸器を必要とする」人たちの必須アイテムだといいます。 品薄になり購入できないのは「命に関わる」そうです。 そういった場合は、精製水の購入は控え、消毒液を作る際は「水道水」を使いましょう。 エタノールに適したボトルは? スプレーボトルに使用されるプラスチックには様々な種類がありますが、どれを使ってもよいのでしょうか? いいえ、アルコールに適さない素材もあります。 アルコールに使用できるのは原則「硬質のみ」となります。 上記のプラスチックでできたスプレーボトルに、アルコールを入れることが可能ですが、まれに「アルコール使用不可」となっている場合があります。 使う前に、必ず確認するようにしましょう。 まれに、「アルコール使用可能」となっているものもありますが、それ以外の「PETと記入」されたスプレーボトルは、アルコールには使用しないようにしましょう。 消毒液の携帯には香水アトマイザーが便利 消毒液がどこにでも用意されていればいいのですが、お店によっては用意されていないところがありますよね。 そういったときのために、消毒液を持ち歩くと便利です。 「でも、荷物がかさばるのはちょっと困るなぁ」 なんて思いますよね。 そんなときに便利なのが「香水アトマイザー」です。 香水アトマイザーとは、香水を持ち歩くための、ガラス製の小さなスプレーボトルです。 プラスチックには、アルコールが使用できない素材もありますが、ガラス製はアルコールが使用できますよ。 香水アトマイザーなら、小型なので消毒液を携帯しても、荷物がかさばることがないので便利です。 無水エタノールとは? 手作り消毒液の材料に使う「無水エタノール」をはじめて聞いた方も多いかもしれませんね。 無水エタノールも消毒用と同じエタノールですが、両者の違いは「エタノールの度数」になります。 ・エタノール違い 種類 濃度 消毒使用 無水エタノール 99. 5%以上 消毒不可 消毒用エタノール 76. 9〜81. 4% 消毒可能 無水エタノールは、エタノール濃度が「99. 5%以上と高く」ほぼ水分を含みません。 そのため名前に、「無水」と付くんですね。 濃度が高い分、揮発性も高いので、「消毒をする前に乾いて」しまいます。 そのため、精製水(水道水)で希釈し、消毒液として使えるようにする必要があります。 消毒用エタノールは、「消毒に最適な濃度に希釈」したエタノールです。 エタノールの濃度は、40%あたりから消毒の効果が現れ、「80%前後が一番最適な濃度」になります。 消毒用エタノールは、消毒に最適な「76. 9〜81. 4%」なので、「消毒用」と名前がついているんですね。 アルコール除菌スプレー・消毒液を作る際の注意点! 消毒液は、「無水エタノールと精製水を混ぜるだけ」で簡単に作ることができます。 ですが、材料の一つ、「無水エタノールを扱う」際は、少し注意が必要です。 その分、消毒用よりも「引火の危険性」が増します。 消毒液を自分で作る際は、必ず「火の気のない」場所で行いましょう。 また、無水エタノールは刺激も強めです。 粘膜(口や目のまわり)や素手で触れたりしないように気をつけてください。 もう一つの注意点は、「直射日光にはあてない」ことです。 直射日光にあてると、引火を引き起こす危険性があります。 キャップをしっかりと閉じ、「冷暗所」で保存しましょう。 燃料用アルコールは使わない! アルコールが不足のとき、唯一見つけた「燃料用アルコール」 「これって、消毒液の代わりにならないかしら?」 といった疑問が頭をよぎるかもしれませんね。 残念ながら、燃料用アルコールは「消毒液の代わりにはなりません」。 それどころか「大変危険」です。 実はアルコールには、「エチルアルコール」と「メチルアルコール」の2種類あり、同じアルコールでも用途が違ってきます。 ・アルコールの違い 種類 用途 毒性 エチルアルコール (エタノール) 消毒 掃除 など 低い メチルアルコール (メタノール) ランプなど 燃料用 非常に高い 普段、わたしたちが消毒用に使っているのが「エチルアルコール」です。 燃料用アルコールは「メチルアルコール」といい、同じアルコールでも種類が違い、毒性が非常に強いのが特徴です。 「目散るアルコール」と呼ばれることがありますが、理由は間違えて体内に入れてしまうと、「失明する危険性」があるからだそうです。 決して、「燃料用アルコール」は「消毒液の代わりにしない」でください。 関連記事: 正しい消毒法とタイミングは? あなたは正しい手指の消毒方法とタイミングご存知ですか? せっかく自分で作った消毒液も、使い方やタイミングを間違えると効果を最大限に活かすことができませんよ。 また、食事に菌が混入すると、当たり前ですが体内に菌が入ってしまいます。 病気にかかると自分も苦しいだけでなく、大切な家族も感染し苦しめることになります。 「帰宅後・トイレ後・調理前・食事前」は、必ず消毒を行ってくださいね。 正しい消毒手順をご紹介! 次に、除菌効果を高める「正しい消毒方法」を写真付きでご紹介します。 普段、消毒液を手指に吹きかけていただけの方は、一度確認してみましょう。 手のひらに「水たまりが」できるくらいたっぷりと消毒液を出します 2. 手のひらを合わせ、しっかりとなじませていきます 3. 手の甲と指の間になじませます(両手) 4. 手のひらと指の間になじませます 5. 手のひらをかくように、爪の中にもなじませます(両手) 6. 反対の手で親指を握り、ねじるように擦ります(両手) 7. 反対の手で手首を握り、ねじるように擦ります(両手) 8. また、揮発性の高さから、手の水分を蒸発させてしまいます。 そのため、むやみに消毒を行うと、手荒れの原因になるので、適したタイミングで消毒を行うことが大切です。 消毒をした後は、手荒れ防止のためハンドクリームなどで保湿をすると安心です。 漂白剤でも消毒液は作れる! 消毒に効果的なのは、アルコールだけではありません。 手指には使えませんが、物や家具などの消毒には殺菌力が強い「塩素系漂白剤」がおすすめです。 塩素系漂白剤も簡単に消毒液を作ることができます。 チャレンジしてみましょう。 よく洗ったペットボトル(500㎖)に「半分ほど水」を入れます 2. ペットボトルのキャップで「2杯」塩素系漂白剤を入れます 3. 再度、「500㎖程度」になるまでペットボトルに水を入れ、よく混ざったら完成です ペットボトル消毒液の使い方 塩素系漂白剤で作った消毒液は、手指に使用することはできませんが、殺菌効果はとても高いので、電気のスイッチや調理器具など、「物の消毒」に最適です。 ペットボトルに作った「消毒液」をキッチンペーパーなどに染み込ませます 2. 消毒液を含ませたキッチンペーパーで拭いていきます 3. 消毒液が残らないよう、しっかりと水拭きすれば消毒完了です 消毒液などが不足している場合は、「手指の消毒はアルコール」「物の消毒には塩素系漂白剤」と、うまく使い分けるといいですね。 ですが塩素系漂白剤は殺菌効果が高い分、注意が必要なこともあります。 仕上げには必ず「水拭き」と、使用中は「手荒れ防止にゴム手袋」を着用しましょう。 また、「漂白剤」と名前がついているように、物を脱色する力がとても強いです。 色落ちが気になる物には注意してください。 塩素系漂白剤は、酸性製品と混ぜると「有毒ガス」を発生させます。 「命を落とす危険性」もあるので、酸性洗浄液などとは「ぜったいに混ぜない」よう気をつけましょう。 まとめ:消毒液は自分で作ろう! 普段の生活に欠かせない消毒液ですが、事前に作り方をマスターしておけば、不測の事態が起きても、すぐに対応できますよ。

次の

消毒液の作り方、ドアノブなどの消毒は「アルコールより熱水や塩素系漂白剤」厚労省【新型コロナウイルス】

漂白 剤 で 消毒 液 の 作り方

ハイターで作った消毒液は、新型コロナ、ノロウィルスの他に、「インフルエンザや食中毒対策」にも使えます。 次亜塩素酸ナトリウム液が作れる「ハイター」はどれ? ハイターといっても色々種類があります。 どれもが消毒液になるのではなく、「塩素系漂白剤」であることが条件です。 花王のサイトでは、「キッチンハイター」と「ハイター(衣料用)」で消毒液が作れると記載しています。 ちなみに、「ワイドハイター」は酸素系漂白剤。 次亜塩素酸ナトリウム液にはなりません。 【消毒液が作れるハイター】 ハイターで次亜塩素酸ナトリウム液をどうやって作るの? ハイターを使った「次亜塩素酸ナトリウム液の作り方」はとてもシンプルです。 作りたい濃度になるよう「水」で薄めるだけ。 液の濃さは「用途」に合わせて調整します。 【用途に合わせた濃度】• ドアノブなら0. 02〜0. 05%。 体液で汚れたものやトイレなら0. ちなみに、厚生労働省が「コロナ対策」として推奨しているのは、 0. 05%、0. 1%です。 ハイターの分量・500ml作る場合の早見表! ささっと作れるように、早見表を作成しました。 家での保管状況により、液の濃さを変えて作ります。 5ml 15ml 購入から3年以内 5ml 12. ですので、液の状態が不安に感じる場合は、「 購入から3年以内」の濃い目に設定すると安心です。 ハイターについて詳しく知りたいときは相談してみよう 詳しく知りたいことがある場合は、花王に問い合わせてみましょう。 電話、メール、ファクシミリなど色々ありますが、個人的には、「電話」がおすすめです。 文字だと伝わりにくいし、当然ですが質問したことしか解答がありません。 でも電話なら、話しを聞きながら「さらに分からないこと」を質問できる。 そして、返事を待つときのソワソワ感がなく即決できるので、気持ち的にスッキリします。 とても親切に教えてくださいます。 分からないことがあるきは、悩まず相談してみるといいですよ。 花王: 「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」ハイターでの作り方 それではさっそく作っていきましょう。 新しいハイターを使った、濃度「0. 05%」と「0. 1%」の作り方をご紹介します。 消毒液の「材料」 材料はこちら。 【8つの消毒ポイント】• リモコン• 電話機• イスの背もたれ・テーブル• 電気のスイッチ• 手すり• ドアノブや取っ手• トイレ ハイター消毒液の使い方 では、ハイターで作った消毒液の使い方を「8つのポイント」にそって解説します! 液を含ませる 液を布にしっかり含ませ、軽く絞ります。 消毒したい箇所に「 塗るような感じ」で拭いていきます。 TVなどのリモコン リモコンは、表面だけでなく、横側も要チェック! 電話機 受話器の持ち手や、プッシュボタンのところ。 イスの背もたれ・ひじ掛け イスの背もたれや、ひじ掛け、座面の横。 テーブルも、上の面だけでなく、裏側(手が触れそうな場所)も除菌。 電気のスイッチ 指で触れる部分。 照明、お風呂やトイレのスイッチパネルetc. 手すり 階段や廊下の手すり。 ドアノブや棚の取っ手 部屋のドアノブや、棚。 お風呂入口の取っ手。 玄関外のドアノブは盲点になりやすい場所。 忘れずに押さえておこう! 蛇口 蛇口のレバーも丁寧に除菌。 手を洗う前の状態で触る箇所。 汚染されている可能性があるので、しっかり除菌しておこう。 トイレ トイレは大きな感染源! もし家庭内に感染者がでた場合は、使うたびに消毒するのがベター。 手袋をつける。 酸性の洗剤と混ぜない。 換気する。 布物に付けない。 水拭きする。 金属製品は腐食の恐れがあるので「よく水拭きする」。 必要な分だけ作るetc. 手指には使わない!吸い込まない! ハイターなどで作った消毒液は、「 手指には使えません」。 また、吸い込むと「呼吸器に異常をきたすこと」があるそうです。 <参考:> 金属製品は消毒後に「よく水拭きをする」 ドアノブなどの金属製品は腐食しやすいです。 消毒後は「 よく水拭き」をしておくこと。 また、メーカーに聞いたところ「その他の部分についても、水拭きをした方がいい」といわれました。 (ちなみに、ニュアンス的には「仮に拭き忘れても大きな問題はない」ように感じ取れました) 注意すべき点は、他にもあります。 「取り扱い方法」をよく読んでご使用くださいね。 <Kao製品情報、> 「次亜塩素酸水」ではないのでご注意を ちなみに「 次亜塩素酸水」という名前がよく似た商品がありますが、次亜塩素酸ナトリウム(ハイターで作った消毒液)とは異なる物質です。 ハイター消毒液は有害。 人体には使えません。 お間違えのないようご注意ください。

次の