ツチノコ 正体。 「ツチノコ」日本一有名な未確認生物(UMA)その正体は何なのか?

未確認生物UMA!ツチノコの正体に迫る

ツチノコ 正体

大きいものでは全長70cmほど、種類によりますが小さいもので全長20cmほどの大きさ。 種類によって太さは異なりますが、体形が太めで胴体に比べて手足が短くしっぽが長い種類が多いのが特徴です。 名前の通り青い舌を持っています。 (稀にピンク色の舌を持つ個体もいます。 ) オーストラリアやインドネシアに生息していて、森林や草原・砂漠といった様々な環境でも生きていくことができる雑食性のトカゲです。 1970年ごろから日本でもペットとして海外から輸入されるようになり、おっとりとした性格から人気があります。 ツチノコとは? 目撃情報によれば体長30〜80cmくらいで、体が太くて平べったい形をしています。 背中には斑点や横線の模様があり、小さい尻尾があるのが特徴です。 2〜3mはジャンプするとか、猛毒があるとか、 頭を持ち上げる姿勢をとるという情報があります。 ツチノコの正体はチュウオウアオジタトカゲ? 最もツチノコに似ているとされる『チュウオウアオジタトカゲ』をご存知ですか? ヘビの頭・ふっくらとした丸い胴体・シマシマ模様、足が見えなければ完全にツチノコですよね。 しかし、アオジタトカゲが日本に入ってきたのは歴史から見ると1970年代となっています。 ですが、ツチノコの最も古い目撃情報はなんと1834年で、挿し絵が入った書かれた本もあるんです!時代があっていませんよね・・。 また、 アオジタトカゲは2~3mもジャンプしませんし、頭を持ち上げる姿勢をとったりもしません。 1970年ごろから、ツチノコの目撃情報が増えていて、でもその結果はツチノコではなくアオジタトカゲだったということがあったようなので、この説が急浮上しただけなのでしょうか?・・ それとも、実は昔の時代にもこっそり輸入されたアオジタトカゲがいたのでしょうか?・・ >> 見た目を画像や動画で解説 キタアオジタトカゲ 最も多く流通しているのがこのキタアオジタトカゲです。 オーストラリア北部に生息しています。 性格もおっとりしていて、比較的値段もお手頃価格なので初心者にはちょうどよい種類かと思います。 ニシアオジタトカゲ 縞模様が太くラインが少ないのが特徴です。 オーストラリア西部に生息しています。 日本への流通は極めてまれなので、価格も高価になります。 ヒガシアオジタトカゲ 分布が広い為、個体や地域によって変異が多い種類です。 オーストラリア東部に生息しています。 ほとんど流通しておらず価格はかなり高価になります。 チュウオウアオジタトカゲ ホソオビアオジタトカゲといいます。 別名がチュウオウアオジタトカゲです。 オーストラリアに生息しています。 体形は非常に太くて短く、頭部が大きいのが特徴です。 最もツチノコに似ているとされる種類です。 マダラアオジタトカゲ アオジタトカゲの中でも最も耐寒力のある種類です。 通年屋外飼育も可能です。 アンボンアオジタトカゲ 細長い体形で、手足が黒いのが特徴です。 インドネシアに生息しています。 ケイアオジタトカゲ 最も細長い体形をしています。 四肢や尻尾が長いのも特徴です。 まだまだ種類はありますが、種類によって色合いや模様が微妙に異なりますよね。 ツチノコの正体はヤマカガシ? ヤマカガシとは、全長60~120cmの毒をもつヘビです。 カガシとは日本の古語で「ヘビ」を意味するため、ヤマカガシは「山のヘビ」という意味を持っています。 しかし実際には平地や山地でも標高の低い場所に生息し、特に水辺や水田地帯・湿地周辺などに多く生息しています。 ヤマカガシはエサを丸呑みするので、小動物(ネズミなど)を呑み込んでお腹が丸くなったヤマカガシをツチノコと見間違えたというのが有力な説となっています。 なによりヤマカガシは、捕食する時ジャンプする・毒をもっている・威嚇する時頭を持ち上げるという性質があり、ツチノコ情報にピッタリはまるところがあるんです。 ツチノコの正体はマムシ? マムシとは、全長45~60cmの毒をもつヘビです。 中には1m近くになるものもいます。 全長に対して胴が太く、体形は太短いのが特徴です。 ヤマカガシと同じくエサを丸呑みするので丸くなった体形がツチノコに見間違えられたんだと思います。 ただ、 マムシは飛び跳ねたり頭を持ち上げたりしないので、ツチノコ説とはかけ離れるところがありますね。 ツチノコの正体はツチノコ? ツチノコはその他の何者でもなく、ツチノコなのではないでしょうか? はるか昔、約180年前から目撃されているツチノコ。 もしかしたら、もともと数が少ない絶滅危惧種に入っていたのかもしれないですよね。 現代はその当時の自然豊かな時代とは異なってしまったので、ツチノコも人前に姿を現していないだけではないでしょうか? 捕獲されない限り想像はどこまでも続きそうです。

次の

ツチノコの正体が発覚!?

ツチノコ 正体

未確認生物 ツチノコの正体! 似ている トカゲ説 なんと正体はこの人では? と思われる動物かいました! その名も アオジタトカゲ! ウィキペディアコモンズより引用 確かに似てるんです! といってももちろん私はツチノコなど見たことありませんが… このトカゲは元々オーストラリアやインドネシア出身で1970年代くらいに日本で輸入されて広まったトカゲらしいんですよ。 そのトカゲは逃げ出したか何かで見つかり、 「ツチノコだ!」 となり広まったらしいです。 ツチノコがどれくらいの時期から知られているのかを調べたところ、 縄文時代…… 土器などにツチノコっぽい模様があったみたいなんです。 でもこれは偶然かもしれません。 他に無いのかと調べたところ、 江戸時代… さらに 日本書紀… 古事記… トカゲが日本に来たのは 1970年 日本書紀は 720年 古事記は 712年 おかしくない? もしかしたら1970年よりも前にこのトカゲが日本にいたかもしれませんが、 私はツチノコの正体はコイツでは無い! と思っています。 ただのヘビ説 卵を身ごもっているヘビや、食後でお腹パンパンのヘビ。 要するにただのヘビです。 ツチノコを思って捕獲したヘビが、普通の ヤマカガシだった。 ということもあったそうなので、やっぱり間違える人も続出だったのでしょう。 アフリカにいる 「ガボンアダー」というヘビはツチノコそっくりの姿をしています。 でもアフリカなのでコイツの可能性はないでしょう。 どんな生き物? ここで今更 ツチノコの説明! ツチノコという名前は京都などの地方の方言らしいです。 他にも ノヅチ、ツチンボ、ツチヘビ、と 40種類ほど呼び方があるそうです。 目撃情報は北海道以外の日本全国であり、珍しいのかありふれているのか謎な生物です。 見た目は胴体が太くなっているヘビです、体長は80cm前後とそんなに大きくありません。 すきっぱらしいです… いびきをかくらしいです… 日本酒が好きらしいです… 鳴き声があるらしいです… 結構詳しい事が分かってますよね?本当に珍しい動物? いびきを聞いた人はなんでツチノコを捕まえなかったのでしょう? 移動の仕方が特殊で シャクトリムシみたいにヘコヘコ動き、 時には自分の尻尾をくわえて丸くなり、 転がって移動していたという記録もあります。 どんな生物なんでしょう? 何気にジャンプすることが出来て 2m以上も飛ぶみたいです。 一応ヘビらしく猛毒を持っています!ジャンプ能力を駆使して飛びついてくるらしいです。 もし見つけても捕獲する時は気を付けましょう! 地方によっては懸賞金を出している場所もあります! 今はありませんが2億円というアホな値段の地域もありました! 何で有名に? 私はツチノコがこんなに有名になった理由が分かりません! なんでこんな日本酒好きでいびきをかくデブヘビをこんなに必死になって探すのか謎です。 調べてみると ツチノコを探していた作家さん 「山本素石」さんという方がいて、 その方をモデルに 田辺聖子さんが書いた小説 「すべってころんで」 でツチノコが登場して名前が全国に広がったみたい、ややこしいですが田辺聖子さんの小説です! それが1970年代あたりということです、私は生まれてませんのでよくわかりません! そこから 「釣りキチ三平」、 「ドラえもん」、などに見事出演、 この頃はテレビで「幻の生物ツチノコを追え!」的な番組があったようなので、 知名度もグワーっと広まったことでしょう、懸賞金もありますし。 ツチノコについてでした! なんとなく正体が特定されちゃって見事に去ったツチノコです。 というかUMA全般がどっかに行っちゃった気がします、人面犬やら、人面魚やら、ちょっと寂しいですね… 私はこの時代にツチノコを楽しんでいたわけではないのですが、なんとなく世間がにぎわっていた気がします。 やはりこういう世間が賑わうような話題があると楽しいと思います。

次の

アオジタトカゲがツチノコの正体だった?見た目を画像や動画で解説

ツチノコ 正体

ツチノコ ツチノコとは ツチノコは日本で古くから言い伝えられているヘビのような姿をしたUMAです。 ツチノコという名前は「槌の子」から来ており、非常に太い胴体をしています。 また、日本のほとんどの土地で目撃情報があることから、非常に広い生息域を持っていることがわかります。 そして何故か外国ではほとんど目撃されていません。 また、伝承の内容から妖怪に分類されることもあるようです。 画像: ツチノコの特徴 言い伝えられているツチノコにはいくつかの共通する特徴があげられます。 ここではツチノコの特徴として有名なものをまとめてみます。 顔付きはヘビやトカゲにそっくりですが、首が急激にくびれたあと胴体は一気に太くなります。 まるで筒状の何かを丸飲みしたヘビのようですね。 これは他のUMAと比べるならば比較的小型の部類に入ります。 言い伝えによれば、ツチノコは数メートルから十数メートルはジャンプするといいます。 ヘビの仲間でも跳躍力がある種が存在しますが、飛べて数十cmほどです。 一気にUMA感が出てきましたね。 ツチノコは非常に高速で移動するため人間には捕獲することが難しいといわれています。 言い伝えによるとその速さはヘビやトカゲのそれとは比べ物にならないそうです。 ツチノコの毒で死んだという話は聞いたことがありませんが、この毒は非常に強い猛毒とされています。 ヘビにも毒があることから広まった説なのかも知れません。 ツチノコの目撃例 ツチノコは捕獲こそされないものの古くから目撃報告がされてきました。 2008年、千葉県の白井市にある田んぼでツチノコのような姿をした生物が目撃されました。 目撃者によるとツチノコは3メートル近く垂直に飛び上がったといいます。 このツチノコらしき生物は捕獲されておらず、ジャンプしたあとは姿を消しました。 岐阜県美濃市の畑近くで目撃されたツチノコは非常に巨大なものでした。 目撃者によるとその生物は言い伝えに聞くツチノコのような姿をしていましたが、体長は2メートルほどもあったのだといいます。 2メートルのヘビ状の生物とはツチノコでなくとも恐ろしいですね。 また、兵庫県多紀郡では直径10cm、体長50cmほどのツチノコのような生物が目撃されたそうです。 目撃者によるとその生物はサンショウウオに似ていたそうですが、それよりもツチノコに似ていたそうです。 ツチノコにかけられた賞金 ツチノコはUMAの中でも珍しく、現在でも懸賞金がかけられています。 新潟県糸魚川市ではツチノコの写真を提供できれば10万~100万円、生け捕りに成功すれば何と1億円の懸賞金が出るんだそうです。 画像引用: 他にもツチノコの捕獲に懸賞金をかけている地方自治体は複数存在します。 町おこしの側面もあるのかも知れませんが、UMA文化が浸透していない日本にしては珍しいことだと思います。 UMA的にも金銭的にもロマンのある話ですね。 ツチノコの正体 ツチノコの正体とは一体何なのでしょうか?ここではツチノコの正体として特に有名な説をご紹介します。 太い胴体で手足も小さいことから草むらなどでは手足を確認することが難しく、ツチノコに誤認する可能性があります。 実際、その姿はツチノコに酷似しており、逃げ出したり飼えなくなって捨てられたアオジタトカゲを見間違えたとしても不思議ではありません。 また、アオジタトカゲは成長すると70cmを超えるため、目撃されるツチノコのサイズとも一致します。 しかし、これらのトカゲが何メートルもジャンプすることはあり得ませんし、ペットとして日本に輸入される以前からツチノコは目撃されています。 また、ネズミなどの小動物を丸飲みにしたばかりのヘビは胴体が太くなりツチノコにそっくりです。 また、産卵前のヘビも腹部が大きくなりツチノコに見えないこともありません。 このことからこれらのヘビが誤認された可能性も高いです。 現状確認されているヘビやトカゲの中には垂直に数メートルもジャンプできる種は存在しません。 しかし、ジャンプしたりこんなに特徴的な姿をした生物が先進国の日本で発見されてこなかったということには違和感が残ります。 ツチノコがUMAだったとしてもすでに絶滅寸前までに個体数が減っていることが考えられます。 画像: いかがでしたか?今後ツチノコを捕獲して懸賞金を手に入れる人は現れるのでしょうか?今回は日本の愛すべきUMAツチノコをご紹介しました。

次の