正しい ファスティング。 ファスティングには嬉しい効果がたくさん!正しいやり方は?

ファスティングで死亡した人に見る、危険性と注意点

正しい ファスティング

ファスティングのやり方 ファスティングには 正しいやり方があります。 本来のファスティングは、元気を取り戻すためのものです。 酵素によるファスティングと、水だけの断食を比較してみましょう。 酵素は必要! 酵素によるファスティングが良いと思って私はファスティングしているわけですが、どんな酵素でも良いわけではありません。 市販の酵素はよくわからない添加物や糖類によって甘さを追加しているものばかりなので、ファスティングには 無添加の酵素を買うようにしています。 ファスティングでは体内がリセットされるので、できるだけ添加物は排除したいという考えです。 私のおすすめはこちらの酵素です。 準備期間• 断食期間• 回復期間 断食期間は酵素のみですごしますが、ファスティング1日というのはこの断食期間が1日ということです。 準備期間 ファスティングの効果を高めるやり方には、準備期間が必要です。 準備食というのは「まごわやさしい」品目で考えた献立にすると簡単です。 まめ(大豆、豆腐など)• ごま(ナッツなども)• わかめ(ひじきなどの海藻)• やさい(緑黄色野菜• しいたけ(きのこ類)• いも(低GIのサツマイモがおすすめ) 糖質制限とか糖質オフダイエットのメニューもこんな感じで組みますね。 こんな食事してたら勝手に痩せていきますが、ファスティングの準備食はこんな感じの食材で健康的な食事をします。 個人的にはいも類は少な目にするのがより痩せて良いかなと思います。 断食期間 ファスティングのメインイベント、断食期間です。 酵素ドリンクを2~3時間おきに飲みます。 1回20mlを水や炭酸水で5倍ぐらいに薄めて飲みます。 酵素ドリンクをこまめに飲むおかげで、 空腹感はほぼありませんでした。 あとは、テレビを見ないのもおすすめ。 テレビをつけると美味しそうな食べ物特集とかやってたりするので、断食期間にテレビを見ると高確率でイライラするか 失敗します。 (by体験談) 回復期間 ファスティングのやり方は、酵素を飲んで終わりではありません。 ファスティングがリバウンドしにくいと言われているのは、 回復期間によってリバウンドを抑えるからです。 回復期間でとる回復食で気を付けることは主に5つ。 回復食は糖質オフ食• 絶対グルテンフリー• カフェインとらない• よく噛んで食べる• 腹八分目 断食期間は酵素を飲んでいるので糖質やビタミンは体内にあります。 体重を落としたい場合はおかゆや芋などは回復食では食べないようにします。 それからグルテンフリーの食事にするのも大切です。 グルテン(小麦粉の成分)には、 食欲を増進させる作用があり、ファスティングの回復食には 絶対的に不向きです。 カフェインはファスティングでリセットされた体にとっては刺激が強すぎます。 下痢をしたり、胃痛が起こることもあるので 要注意です。 たった1日でも、酵素だけで過ごした断食期間を無駄にしないためにも、回復食には細心の注意を払いましょう。 よく噛んで、食べ過ぎないこともファスティングを成功させるコツです。 食事は毎日の楽しみでもあるし、美味しく食事を頂きたいので、たまには胃腸を休めることで 体内から元気になれる気がしています。 ファスティングのやり方は、3つの順番を守ることで 誰でも簡単にできます。

次の

酵素ファスティングとは? 知っておくべき正しい始め方&ルール|コラム|表参道・青山・原宿・銀座にある美容室FORTE(フォルテ)

正しい ファスティング

ファスティング期間について ファスティング期間は、 食事を抜いて酵素ドリンクやお水を飲んで栄養を補給することで、体内の老廃物や毒素を徹底的にデトックスする大切な時期ですよね。 普段する食事が一切とれないので、慣れていない人にとっては、一番空腹感などつらくなりやすい期間です。 ファスティング期間はどれぐらいがオススメなの? 本来、ファスティング期間(断食日数)の設定に決まりはありません。 しかし、やったことがない 慣れない初心者の方は、1日~など短期間から行い、目標によって徐々に期間を延ばすのがオススメです。 「ファスティング期間は長ければ長いほど、健康になるわけではありません」ので、自身のペースを守り適度なファスティング期間を設定して、定期的に行うようにしましょう。 ファスティング期間中は何を飲めばいいの? 一般的にファスティングは、完全断食ではなく食事を抜く分、水分で栄養を補給できます。 補給する水分で多く使われているのは、 酵素ドリンク・お水です。 ファスティング期間中の水分はどのくらい摂ればいいの? 1日の水分摂取量の目安は、 酵素ドリンクやお水含め2~2. 年齢や体重身長などでも多少は変わりますが、それぐらいを目安に飲んでいただいて実践している方が多いです。 どんな酵素ドリンクを飲めばいいの? 出来れば、 完全無添加でカロリーオフのものを使用するのがオススメです。 理由としては、 ファスティングは体内に溜まっている不純物(毒素や老廃物など)をデトックスすることが目的だからです。 そのため、添加物が入っているものや糖分などのカロリーが高いような品質の悪い酵素ドリンクは、体にとって返って悪いですよね。 必然と効果も半減してしまいます。 市販で売っているような酵素ドリンクは、添加物入りやカロリーが高いものも多いので購入する際は気を付けましょう。 なるべくネット通販で購入できる、品質が良い人気な商品を選びましょう。 ファスティング期間中、やってはいけないことは? ファスティング期間中は、食事による栄養が摂れないので、体は飢えている状態で腸内の吸収率も高まっていて、エネルギーの消費も過敏です。 デトックス中のファスティングにとっては効果を半減させてしまいます。 必要摂取量以上に飲みすぎれば太ってしまうこともあります。 脱水の原因で危険にもなりますので水分もしっかり摂取しましょう。 ファスティング期間中の好転反応の対処法は ファスティング期間中に起こりやすい好転反応ですが、 症状や状態によって、様子を見ることや中断することへの判断も大切です。 好転反応でもよくある頭痛や吐き気、体の重だるさについては、様子を見ることも大切ですが、少しの塩分摂取や酵素ドリンクやお水をしっかり摂取することで、緩和することもありますので対処してみてください。 好転反応がつらすぎて限界な場合は、 ファスティングを中止し回復食期間へ移行し胃にやさしい食事を取りましょう。 それでも 好転反応が回復しない場合は、無理せずかかりつけの病院や管理栄養士などの専門家に相談しましょうね。 好転反応は、ファスティングに入る前に行う準備食期間をしっかり行っているかで、予防や症状の緩和など随分と変わります。 まとめ【ファスティング期間は気を付けることが多い大切な時期】 ファスティング中は、食べ物の栄養が摂れないので、空腹感や体調面など色々な問題が起きやすい時期でもあります。 そのため、自身が安全に行うためには、期間をどのくらいやるのか設定するのも大事ですし、少しでも体調面を崩さないように禁止事項を守れるか。 ファスティング期間だけでなく、その前に行う準備食期間をきちんとやるのかも大切です! ファスティングの流れをしっかり把握し、イメージを付けることが何より大事になります。

次の

ファスティング入門

正しい ファスティング

スポンサーリンク ファスティングをやって見られる効果 食事は玄米菜食がほとんどで食べることが大好き、 栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。 私は2018年の夏から肉と乳製品を、 そして2019年からは魚や卵やはちみつなどの 動物性のものをまったく食べないヴィーガンになりました。 そして「食」だけではなく「行い」と「想い」をも、 「不自然」なことから「自然」なことへと正していくことができたら、 本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、 人や動物や住んでいるこの地球にも優しくなっていけると思うのです。 具体的に言うと、 食事を摂ると消化・吸収・排泄までの流れを 消化器官が担ってくれますが、 この 消化器官は文字通り休むことなく、 常に働いています。 私たちと同じで内臓たちも常に働いていれば 疲れ果てて動きが鈍くなるので、 時々内臓を休めて、 本来の働きを取り戻すことが大切なのです。 この消化器官を休めるということをしていくと、 結果的には体に良い影響を与えるのですが、 その前に 好転反応というものが 見られるようになってきます。 これは一見、 具合が悪くなったかのようにも見えるのですが、 身体に溜まっていた老廃物や悪いものたちが 外に出ようとしている排毒の反応なのです。 正しいやり方と期間とは? 好転反応として見られる反応は 人によってまったく変わってくるのですが、 湿疹や肌荒れが出る、頭痛や吐き気がする、 臭いのきついおりものが出る、 涙が出るなど様々あります。 また精神面でもイライラしたり、 悲しくなったりやたら周りの人と比べてしまったり、 思考がクリアになったり、 活動的になったりなどという反応が出る人もいます。 ファスティングの経験が浅かったりすると、 こういった反応が出てくると やり方が間違っているのではないか、 良くないことをしているのではと、 不安に感じることとも思いますが、 ちゃんと身体は 毒を出し切ろうとしていて、 良い方向へ向かっているのでむしろ喜んでいいのです。 スポンサーリンク そしてファスティングを行うのに、 正しいやり方というものは ないんじゃないかなと私は思っています。 ただ、単純に食事を抜くなどではなく、 ちゃんとした知識を持って臨まないと 体調を崩してしまう危険があったり、 せっかくの意味もなくなってきてしまいます。 ファスティングの目的は 「固形物などの食事を摂らない」とありますが、 人間が生きていくためには水と酵素が必要なので、 例えば野菜を煮た汁やうらごしたもの、 味噌汁の上澄みや甘酒などでもいいと思います。 ちなみによく聞く デトックスは ファスティングとまたちょっと違ってきて、 体内や体外の毒素を分解して除去すること =排出することを目的としていて、 体の土台を整えて代謝をよくするために行います。 自分が「自分」に還るために、 体内や体外の毒素と言うと、 大気汚染などの 有害物質や 目には見えない 金属類だけでなく、 野菜に含まれる農薬や添加物などもそれらに含まれます。 またデジタルデトックスといって、 日常で使っている携帯電話やパソコン、 電気を放っている電化製品などが持つ 身体への影響を取り除くというものもあります。 そして覚えておきたいのは、 ファスティングもデトックスも どちらも 痩せるために食事を一時的にやめる、 ということではありません。 (結果的に痩せることはあります) 私自身ファスティングは まだ数えられるほどしかやったことがないのですが、 やる度にいろいろな 気づきや学びがあって、 だんだんツラく感じることも軽減されていくし、 何より「やりたい」と思えるのです。 私たちは常に食べ過ぎていて、 消化不良を起こしている人たちがほとんどで、 本来摂らなければいけない量よりも、 遥かに摂りすぎているのです。 (朝起きれなかったりするのも便秘などもそのせい) 内臓の働きを整えて代謝を良くすることや そういった毒素を出してクリアにすることは、 自分が「自分」に還るためにも、 欠かせないことと私は感じています。 まとめ ファスティングの目的は、 一定の期間だけ固形物などの 食事を摂らずに 消化器官を休めて、 腸内環境を整えることです。 正しい決まったやり方や 期間というものはありませんが、 単純に食事を抜くなどではなく、 人間が生きていくために必要な水と酵素は きちんと摂取していくことが大切です。 ちなみに私は最低でも、 3日以上が効果が一番出ると感じました。 そして効果が分かる前に、 どんなかたちでも 好転反応というものが現れます。 人によって反応は様々ですが、 身体が良くなるための反応で、 毒を出している状態です。 私は今回のファスティングでは、 肌のくすみが気にならなくなったのと、 何よりも感謝の気持ちが湧きました。

次の