コロナ ウイルス スピリチュアル。 コロナウイルスに隠された宇宙からのスピリチュアルメッセージとは?

コロナウイルスとスピリチュアル【コロナは王様?】宇宙からのメッセージと意味を思考する

コロナ ウイルス スピリチュアル

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の

新型コロナのスピリチュアル的な意味とは?人類滅亡の危機か

コロナ ウイルス スピリチュアル

スポンサーリンク 新型コロナウイルスにも意識があると考えられたことはありますか。 新型コロナウイルスに話しかけてあげることで沈静化するって本当だと思われますか。 「コロナウィルスの意識に話しかけることで、活性化が終息する」とはどういうことなのか。 スピリチュアルカウンセラー並木良和さんから学ばせていただきましょう。 人間が敵視すればするほど、新型コロナウイルスが不安になってしまうのかも・・・ コロナウィルスの意識に話しかけることで、活性化が終息する コロナウイルスだって意識があるわけですから。 上がおもしろいことを云って来ています。 書くべきかどうかわからないんですけど、とにかく、お伝えしますね。 コロナウイルスも意識を持っている。 故にこのコロナウイルス意識とコミュニケーションを取る事で、活動を、沈静化させることもできると云うんですね。 僕たちが今、腸内細菌が我々に及ぼす影響っていう話をしてますけど、ウイルスの方にも僕たちの意識が影響するんですって。 不安や恐れがウイルスを増幅させ、強化させてしまうことになるって話をしましたが、言い方を換えると、このウイルス自体が不安と恐怖に満ちているんですって。 だから、僕たちがウイルスに話かけてあげること、例えば、「不安にならなくていいよ」「怖がらなくていいよ」って、僕たちが平和な気持ちで話しかけてあげることが大切なのです。 不安な気持ちにかられながら「落ち着きなさい、大丈夫よ」って言っても、その不安は共振して増幅していくだけです。 安定した安らかな気持ちで、「落ち着いて、大丈夫だから」って本当に多くの人が話かけることができるようになったら、この事態はすばやく沈静化するって云うんですよね。 ただ、この考え方ややり方を受け入れる人がどれだけいるか、っていう話ですけど。 引用元:並木良和. 新型コロナウイルスへの霊性と統合. 青林堂, 2020, 120P ニュースを見ていると、毎日のように新型コロナウイルスに感染した人数だったり、お亡くなりになられた方々の人数だったり・・・。 新型コロナウイルスは強敵みたいな感じの風潮になっています。 スポンサーリンク そんな中、スピリチュアルカウンセラー並木良和さんは「不安や恐れがウイルスを増幅させ、強化させてしまうことになるって話をしましたが、言い方を換えると、このウイルス自体が不安と恐怖に満ちているんですって。 だから、僕たちがウイルスに話かけてあげること、例えば、「不安にならなくていいよ」「怖がらなくていいよ」って、僕たちが平和な気持ちで話しかけてあげることが大切なのです。 」と書かれています。 新型コロナウイルスも人間に強敵視されてしまって、落ち着かない状態になっているということなのでしょうか。 たしかに、ニュースなどで、新型コロナウイルスに話しかけてあげて、落ち着いてもらいましょう。 そうすると、事態は沈静化しますなんて言われる方は、聞いたことがありません。 みんな、新型コロナウイルスが憎い・・・。 とか、恨む・・・。 とか、新型コロナウイルスに憎しみを込めている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 スピリチュアルカウンセラー並木良和さんは「安定した安らかな気持ちで、「落ち着いて、大丈夫だから」って本当に多くの人が話かけることができるようになったら、この事態はすばやく沈静化するって云うんですよね。 」と書かれています。 一人でも多くの方が、新型コロナウイルスの被害の沈静化に向けて、新型コロナウイルスさんに安らかな気持ちになったうえで、大丈夫、落ち着いてね。 と、スピリチュアルカウンセラー並木良和さんの書籍を読ませていただいて、語りかける努力をすることで、沈静化が早まるような気がしました。 相手も生き物。 人間の目には見えない存在ですが、生き物ですから、ひょっとしたら、感情や考えを持っているかもしれません。 そんな中、空気中に浮遊されているであろう、新型コロナウイルスに、落ち着いて、大丈夫って語りかけてあげること。 それを信じ切って、行動することで、一日も早い事態の沈静化につながるなら、新型コロナウイルスとのコミュニケーションをとり続けてみようと思います。 人間が敵視すればするほど、新型コロナウイルスが不安になってしまうのかもしれません。 それを食い止めるには、新型コロナウイルスの気持ちにもなってあげることが大切なのかもしれないとスピリチュアルカウンセラー並木良和さんの書籍を読んで感じさせられました。

次の

スピリチュアルな観点から見たバシャールによる新型コロナウイルスの意味まとめ!

コロナ ウイルス スピリチュアル

コロナウイルスとスピリチュアル【コロナは王様?】宇宙からのメッセージと意味を思考する どうも、こんにちは!声楽家&ブロガー&ボイストレーナーのとらよし()です。 今回は新型肺炎の原因物質である新型コロナウイルスが何かということについて哲学的に考えていきたいと思います。 新型コロナウイルスは2020年3月26日現在で世界の感染者数が40万人、死者数も2万人を超えたと報道がありました。 しかもこれがまだ感染拡大の初期段階の可能性もあるため、ここからどのように推移するか本当に注視しなければいけないような状況だと思います。 都内ではロックダウン(都市封鎖)なども示唆されたことにより、スーパーで買い占めや買いだめが起こっているようですね。 一説では世界の人口の60~70%が感染すると言われているので、全く他人事ではないのが今回のコロナウイルスです。 さて、今回はそんなコロナウイルスについて医学的・化学的な観点というよりも、 哲学的な視点や宇宙的な視点、スピリチュアル的な観点から意味を考えたり考察してみたいと思います。 コロナウイルスは王様? 新型コロナウイルスは実は 王様なのかもしれません。 なぜこんな話をしているかというと、それにはコロナウイルスの語源が関係しています。 新型コロナウイルス(2019-nCov)は「コロナウイルス」に属するグループに分類されるウイルスです。 コロナウイルスの遺伝物質はエンベロープと呼ばれる被膜に覆われています。 その被膜(つまり肌みたいなところ)には感染する細胞をとらえるための突起(スパイク)があり、この突起が 王冠(ギリシャ語でコロナ)に似ていることがこのウイルスの名前の由来なんですね!つまり、 コロナウイルス=王冠ウイルスという意味なわけです。 王冠を持っているのは王様 今回はウイルスですが、人間の場合だと 王冠を持っているのは王様と相場は決まっています。 現在この世界はコロナウイルス(あるいはコロナウイルスの感染者)を中心にして回っているので、コロナウイルスが王様というのはもしかしたら一理あるのかもしれません。 心理学者のアドラーは劣等性も優位性を持つということを述べています。 例えば赤ちゃんは、1人で生きていけないからこそ、周りの人を支配しており最強ということです。 今回のコロナウイルスもある意味でそういった力がありますね。 世界を支配するコロナウイルス もう少し付け加えると、これはある意味で全人類を一つにまとめ上げていると言えます。 人類が同じ概念を共有しているというのは本当に珍しいことです。 これが 「平和」とか 「愛」とか 「親切心」とかだといいんですけど現実は中々そうはいかないんですね。 どちらにしても、どうやら現在、 世界の王様はコロナウイルスなのかもしれません。 コロナウイルスも生物である コロナウイルスはウイルスなわけですが、 ウイルスも微生物に分類されるため、一応 生命であると言えるでしょう。 私は定期的にこういった疫病が流行ったり、ウイルスが流行るというのは自然の法則に合致していると思っています。 これについて考えれば、感染拡大というのはコロナウイルスの視点からみれば望むところなわけです。 人間という媒介 人間は現在世界の人口が約75億人です。 全世界の人口は毎年億単位で増加しています。 それであれば、 人間を媒介として増えようとする生物がいてもおかしくはありません。 しかも人間は世界中に移動するわけですから、 ウイルスにとって都合が良いのですね。 その昔、服についた種や虫が原因で他国に外来植物や昆虫が増えたの同じように、ウイルスも殆ど同じ仕組みだと思います。 そしてやはり皮肉なのですが、人間は生態系の頂点と言われているにも関わらず、それを倒すのはもっとも小さい微生物なんですね。 大富豪でジョーカーを3で倒せるのと同じ原理です。 なんかすごい。 宇宙や世界を通してコロナウイルスを考えてみる 宇宙や世界、それに自分自身も含めて1つとして考えるのは、ほとんど哲学的な発想です。 スピリチュアル的な思想と言ってもよいかもしれません。 ワンネスとも言います。 自分がそこに含まれていると考えるわけですね。 例えば 地球を1つの生命体として考えるのであれば、私たちは細胞みたいなものです。 そう考えれば、例えば私たちの身体は60兆個の細胞で作られていると言われますが、その細胞は 毎日3000億個が死んではまた新しい細胞に生まれ変わっています。 輪廻転生と循環 そんな視点から考えても、そもそもコロナウイルスに限らず、生命が死んで、また新しい生命が誕生してという循環のサイクルは自然や宇宙の法則であるように思います。 少しこれと関連したことで、宇宙と絡めたゼロポイントフィールドやアカシックレコードの話もあります。 この件についてはもし興味のある方は下のまとめた記事から読んでみてください! コロナウイルスは宇宙からのメッセージ? コロナウイルスが宇宙からのメッセージであるという話や、スピリチュアル的な意味をもたらすという記事もチラホラ見かけますが、実際に何かが宇宙からのメッセージであるかどうかはその人個人の解釈に委ねられています。 例えば、この文章を読んだことが宇宙からのメッセージの一環として考えることも出来ますが、それは人によって異なります。 何をそこから感じ・学ぶのかはその人のセンスとも言うことができます。 スピリチュアル的メッセージはあなたの心が鍵 そのため、コロナウイルスを宇宙からのスピリチュアル的なメッセージと捉えるのは個人のセンスや霊験的な感覚が必要といえるでしょう。 ただし、それを感じ取ったとしても、他人とシェアできるかというとそれは少し難しいのかもしれません。 なぜなら、 人は感じる力があれば何でもスピリチュアル的なメッセージになるからです。 しかし、このコロナウイルスによっては多くの人々はスピリチュアル的な、霊感的な、新しいアイディアと価値観を発見しているでしょう。 コロナウイルスで時代が変わるか? 半月ほど前に コロナウイルスによってパラダイムシフト 転換 が起こるのではないかという記事を書きました。 この記事はオーガニック検索 グーグルやヤフーなどの検索窓からワードを検索して記事にたどり着くこと で想像以上に毎日読まれています。 おそらくこの未曾有の事態に対して、多くの人が既存の価値観の崩壊や、今後世界がどうなっていくのだろうということについて考えているのだと思います。 もしコロナウイルスに意味があって、時代が変わるなら素敵な方向に変わっていって欲しいですね! コロナウイルスで価値観が変化していくのは避けられないと思いますが、問題は どのように、あるいは どこに向かって変化していくのかという点ではないかと思います。 私はそれが 「愛」に向かって行って欲しいと考えています。 コロナウイルスはスピリチュアル的な浄化なのか? コロナウイルスによって、人間の経済活動が抑制され、その結果として南極のオゾン層が回復したという話があります。 あるいは経済活動による産業廃棄物や、二酸化炭素も出ないわけですから、地球はどんどん綺麗になりますね。 これは地球が自分を綺麗に浄化しようとしているようにも思えます。 地球の意志やスピリチュアルがコロナウイルスを使って自分自身を浄化しているのかもしれません。 また人間以外の動物や植物も逆に元気になっています。 人間の考えも浄化されている? さきほども述べたように、私たちはコロナウイルスの感染拡大によって価値観の変化を余儀なくされています。 しかしそれは、もしかすると私たち人間もコロナウイルスによって浄化されているのかもしれません。 緊急事態宣言によるステイホームによって、家の掃除をする人が増えているのは、頭の中が整理されて浄化されている現象の副作用とも思えます。 このコロナウイルス騒動をどう捉えるのかはあなた次第です!是非、新しい心と体を浄化して、新しい価値観への移行期間にしてみてください! コロナウイルスは地球とあなたの思考を浄化しているのかもしれない コロナウイルスの感染予防は草の根活動 コロナ関連の記事を書いているときはいつも感染拡大予防について触れています。 昨日の小池都知事の会見によると 3つの密を避けること、つまり人混みとか、あるいは2メートル以内で接触しないこと、可能な限りマスクをすること、とくに咳が出る人は咳エチケット、手洗いとうがい、免疫力を高めるために栄養のある食事と十分な睡眠などが挙げられます。 また不要不急の外出を控えたりすることも本当に効果があります。 1人だけでは効果がないように思いますが、結局社会は個人の集合体でしかないので、 みんなでやれば感染拡大を防止することが可能です。 幸い私は佐賀県に住んでいて、まだ感染者の確認も1人だけです。 マスクはあまりないですが、スーパーにはトイレットペーパーも食材もあります。 都内などの首都圏は本当に大変かと思いますが、1人1人の意識を高めて過ごしましょう!それでは今日もあなたの一日が素敵な日になりますように!.

次の