膵臓 が ん 症状。 膵臓がん 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

膵臓(膵炎)が心配な方へ(1) ~初期症状編~ 【急性症状が出る前】

膵臓 が ん 症状

膵臓がんのステージはI(1)からIV(4)に大きく分類されます。 膵臓がんは進行の早く、そのため 悪性度も高いとされます。 膵臓がんで完治を可能にする確立された方法は手術です。 早期に膵臓がんを見つけることができれば がんは大きく広がってはおらず膵臓にとどまっていることも多いです。 つまり、早期の方が膵臓の周りの臓器に入り込んでおらず、手術でがんを取り切れる可能性が高くなります。 膵臓がんはステージIで発見した場合でも5年生存率は高くはなく、早期に発見しても必ずしも完治するとは言えません。 しかしながら、早期に発見できた方が生存率は高いのも事実なので、膵臓がんはできるだけ小さく早期の状態で発見するのが生存につながると考えられます。 膵臓がんは早期発見できるのか? 病気を早期に発見する方法に スクリーニング検査があります。 スクリーニング検査の目的は、症状などがない人に対しても一律に検査をして病気をみつけようとすることです。 がんの スクリーニングでは、の便潜血検査やの マンモグラフィ検査などがあり早期発見に役立っています。 膵臓がんにもスクリーニングはあるのでしょうか。 残念ながら、膵臓がんに対して効果的なスクリーニング検査はないのが現状です。 では、膵臓がんを早期に発見のためにできることはないのでしょうか。 膵臓がんを発生する危険性が高い人は膵臓がんの検査を定期的に行うことが「」で勧められています。 膵臓がんを発生する危険性が高いと考えられる人は以下の条件を持つ人です。 血縁者に膵臓がんになった人がいる• 膵臓がんを発生しやすい遺伝性の病気の持病がある• がある• がある• 膵管内乳頭粘液 腫瘍がある• 膵 嚢胞がある• である• 喫煙歴がある• 大量飲酒の習慣がある これらの条件の中で複数にあてはまるものがある場合は、膵臓がんを発生する危険性が通常より高いと考えられるので定期的に 超音波検査などを用いた検査をすることが勧められています。 定期的な検査が必要かどうかは自分では判断がつきにくいものです。 膵臓がんが心配だと思う理由があるのであればまず医師に相談してみてください。 そして定期的な検査の必要性についても相談してみるとよいでしょう。 膵臓がんのステージ 膵がんのステージの決め方を説明します。 膵がんのステージは以下の3つの要素で定められます。 膵臓でのがんの進行度• 領域 リンパ節への 転移の有無• 膵臓から離れた場所への転移の有無 3つの要素をもとにステージを分類する基準として、UICC(国際対がん連合)や、学会が作った取扱い規約の分類を使います。 がんの特徴のひとつが転移を起こすことです。 転移とは、がんが元あった場所とは違うところにも移動して増殖することです。 元あった場所のがんを 原発巣(げんぱつそう)または原発腫瘍と言います。 転移によってできたがんを転移巣(てんいそう)と言います。 例えば、膵臓がんが肺に転移した場合に、肺のがんはではなく、膵臓がんの転移といいいます。 がんの進行度を判定するには、原発巣と転移巣の両方を考えに入れる必要があります。 TNM分類は、原発巣の状態(T分類)、 リンパ節転移(N分類)、 遠隔転移(M分類)の3点の組み合わせによってがんの状態を分類する方法です。 TNM分類を元にしてステージを決定します。 以下では膵臓がん学会で作成されたTNM分類について解説します。 専門用語を使った表現ですが、「数字が大きいほうが進行している」といった程度の理解でも続きを読むには十分です。 参照:取扱規約 第7版 N分類とは? N分類ではリンパ節転移を評価します。 Nはリンパ節(lymph node)を示す、Nodeの頭文字です。 がんは時間とともに大きくなり、リンパ管や血管などの壁を破壊し侵入していき、全身へ広がっていきます。 リンパ管は全身のいたるところに存在します。 リンパ管の途中にリンパ節という関所があり、がんを一時的にせき止める働きをしています。 がん細胞がリンパ節に定着して増殖している状態がリンパ節転移です。 リンパ節転移があるとリンパ節は硬く大きくなります。 がんがリンパ節へ転移すると1cmを超え、硬くなるなどの特徴があります。 膵臓がんの細胞が最初の段階でたどり着くリンパ節を領域リンパ節と呼びます。 領域リンパ節のみの転移であれば、膵臓がんと同時に領域リンパ節を切除することで、がんを体からなくす可能性があります。 領域リンパ節以外のリンパ節に転移がある場合は、手術で取り切れる可能性は少なく、全身 化学療法( 抗がん剤)が検討されます。 治療前にリンパ節転移を評価するには CT検査や MRI検査が使われます。 ステージごとの生存率はどれくらいか 膵臓がんのステージごとに生存率の統計が取られています。 ステージごとの生存率を表に示します。 1 II(2) 15. 9 III(3) 5. 4 IV(4) 1. 4 参照:「がんの統計 '18」 ステージは大きく4つに別れ、数字が大きくなるほど進行していることを示しています。 進行したステージほど生存率が低下しています。 膵臓がんは最も早期のステージI(1)でも、5年生存率は高いとは言えないので早期の膵臓がんと診断されても決して楽観はできません。 しかしながら余命はあくまでも確率の問題です。 統計上の数字が厳しいものであることは否定できませんが、数字が小さいからといって希望がないとは言えません。 今、ご自身が置かれた状況をしっかりと捉え、できることは何かを主治医と一緒に考えることが重要です。 転移があると言われたら余命はどれくらいか 膵臓から離れた場所に転移がある状態は、ステージIVにあたります。 ステージIVの膵臓がんに対しては根治(がんを体からなくすこと)を目的にした手術を行うことはありません。 抗がん剤による治療と症状を緩和する治療を組み合わせて行うことになります。 ステージIVの生存率を再掲します。 4 参照:「がんの統計 '18」 ステージIVの人の5年生存率は、1. ただし、これは2008年から2010年に診断された人の集計です。 膵臓がんの治療は近年抗がん剤などが進歩を遂げています。 新しい治療によって、生存率は以前の数値を上回ることも可能だと考えられます。 生存率はあくまで数字にすぎません。 実際に生きられる期間はそれぞれの患者さんで異なります。 統計上の数値は気にしすぎず治療について前向きに取り組んで行くことが重要です。 同じステージIVでも患者さんそれぞれで実際に生き延びる期間は違います。 ステージIVと呼ばれる中にもいろいろな細かい段階があります。 また、一人一人で体力も違います。 このため、ステージをもとに余命を予測しても厳密なものではありません。 例として次の2人はどちらもステージIVにあたります。 膵臓がんの大きさは3cmで周りに浸潤していない• 領域リンパ節の転移がある• 肝臓にも1つ転移がある• 膵臓がんは大血管の周りまで浸潤している• 領域リンパ節以外のリンパ節にも転移がある• 肝臓には複数の転移があり、肺にも転移がある やや極端な例を提示しました。 同じステージIVでも例1と例2で状態が大きく異なることは想像がつくのではないでしょうか。 膵臓がんが発見されて、ステージを告げられると不安になるかもしれませんし、インターネットなどで調べると厳しい数字を目にすることもあると思います。 しかし余命はあくまで目安です。 個人個人で体もがんの状態も異なるため、正確な予測は誰にもできません。 膵臓がんと診断されたら、事実を受け止めることに苦労するかもしれません。 時間をかけてもしっかりと向き合い治療に望むことが重要です。 転移がある場合の治療 膵臓から離れた場所に転移がある場合はがんを切除する手術は行うことはなく、抗がん剤による治療が主体になります。 その理由は、1か所に転移が見つかっているときは、他の場所にもまだ確認はできないレベルで小さな転移が存在していることが予想されるからです。 このために全身をカバーできる抗がん剤治療のほうが最善の治療と考えられます。 膵臓がんによって出てくる症状に対してはその都度、対処していきます。 膵臓がんは腹部痛や背部痛を伴うことが多いので、痛み止めとして医療用麻薬の使用や 神経ブロックという方法を行うこともあります。 また膵臓がんが大きくなり腸が詰まって食べ物の流れを妨げる場合には、手術や腸を内側から広げる ステント療法を行うこともあります。 ステージIVと言われただけで「末期がん」と思い込んでしまうのはまだ早いかもしれません。 今の自分がどのような状態なのか主治医の説明をよく聞いて、治療として使える選択肢の中から一番希望に合うものはどれかを考えていくことが大切です。 本当に「末期」の状態になっても、治療によって得られるものはあります。 ここで言う「末期」は抗がん剤による治療も行えない場合、もしくは抗がん剤などの治療が効果を失っている状態で、日常生活をベッド上で過ごすような状況を指すことにします。 膵臓がんの末期には、がんが肝臓、肺、骨などに転移して体に影響を及ぼします。 このような状況では、以下のような症状が目立つ悪液質(カヘキシア)と呼ばれる状態が引き起こされます。 常に 倦怠感につきまとわれる• 食欲がなくなり、食べたとしても体重が減っていく• 身体の むくみがひどくなる• 意識がうとうとする 悪液質は身体の栄養ががんに奪われ、点滴で栄養を補給しても身体がうまく利用できない状態です。 気持ちの面でも、思うようにならない身体に対して不安が強くなり、苦痛が増します。 末期の症状は抗がん剤などでなくすことができません。 緩和ケアで症状を和らげることが重要です。 また不安を少しでも取り除くために、できるだけ過ごしやすい雰囲気を作ることも大事です。 緩和ケアはがんと診断されたときから考えるべきことです。 がんが転移したときや末期に近付いたときには、緩和ケアがいっそう重要になります。 腹水とは? 膵臓がんが進行したときに出る症状に腹水があります。 腹水の原因はいくつかに別れます。 膵臓がんが進行するとがんがお腹の中に飛び散る(播種 はしゅ する)ことがあります。 お腹の中にがんが飛び散ると、がんが 炎症を起こし腹水という水を出すようになります。 膵臓がんが進行すると食欲もなくなり栄養状態が悪化していきます。 栄養状態が悪化すると体の中からアルブミンが減っていきます。 アルブミンには血管内に水分を保つ働きがあるので、減少すると血管内から水分が出ていきます。 血管内から出ていった水分の行く先はお腹の中の腹腔(ふくくう)というスペースです。 腹腔は大きなスペースなので、ここに水が溜まっていきます。 腹水を治すための有力な治療法はほとんどありません。 症状が強くなれば腹水を抜くことも考慮されますが、症状が緩和されるのは一時的です。 腹水によるお腹の張りなどは麻薬性鎮痛剤などを用いても症状を和らげることができます。 腹水が出たら余命は? 腹水が発生する原因は2つあります。 一つはアルブミンが減少すること。 もうひとつは、膵臓がんが、お腹の中に飛び散ってしまいその結果、がん細胞により炎症などが引き起こされることです。 腹水が出るのは初期の症状ではありません。 腹水が出ていたら、かなり深刻な状態になっている可能性があります。 正確には全身の健康状態やその他の臓器への進行具合などがひとりひとり異なるために一概には言えません。 確実に言えることとして、その日その日をより大事にすることをお勧めします。 腹水がたまる状況は体力もかなり落ちている状況です。 食欲もかなり落ち込み動くこともままならない人もいます。 少しでも 有意義に過ごせるようにご家族、医療者ともに力を合わせて取り組んでみてください。 何も特別なことをする必要はありません。 少しだけでもよいので今まで話せなかったことやできなかったことなどをしてみることを提案します。 黄疸とは? 膵臓がんで 黄疸(おうだん)が出ることもあります。 黄疸があるだけでは余命は推定できません。 黄疸とは皮膚や眼球 結膜(白眼の部分)が黄色く染まる状態のことです。 ビリルビンという物質が血液内で多くなると黄色く見えます。 見た目で黄疸と診断されるのはある程度ビリルビンが上昇してからになります。 軽度の黄疸は見た目では気付きにくいですが、尿の色が濃くなったりすることがあります。 黄疸は他にも症状を伴います。 皮膚や眼球粘膜が黄色くなる• 体がだるく感じる(全身倦怠感、疲労感)• 皮膚がかゆくなる• のような症状• 尿の色が黄色くなる 黄疸の原因はやや複雑なので後述します。 黄疸の原因は? 黄疸を起こすビリルビンについてまず説明します。 黄疸はビリルビンが血液中で多くなることで現れます。 ビリルビンは常に体内で生成されています。 古くなり役目を終えた 赤血球を破壊するときにビリルビンが発生します。 ビリルビンは肝臓で処理されます。 肝臓でビリルビンがグルクロン酸という物質とくっつく(抱合する)ことによって、体の外に排泄できる状態になります。 ビリルビンがグルクロン酸と抱合した後は、胆汁として流れていきます。 胆汁は 胆管という通り道を経て小腸に流れ出します。 以上のように、健康な体ではビリルビンがうまく処理されるので、黄疸にはなりません。 ビリルビンの処理がどこかでうまくいかないと、ビリルビンがたまり、黄疸になります。 医学的には黄疸を原因によって分類します。 赤血球が異常に多く破壊されることによる黄疸:溶血性黄疸• グルクロン酸抱合ができないことによる黄疸:肝細胞性黄疸• 胆汁の流れが悪いことによる黄疸:閉塞性黄疸 ある種の病気では溶血(ようけつ)という現象が起こり、古くなっていない赤血球が破壊されてしまいます。 赤血球の破壊が多いと、ビリルビンが多く発生します。 発生量が肝臓で処理できる範囲を超えてしまうと、ビリルビンは血液の中にたまり、溶血性黄疸を起こします。 また、肝臓の機能が低下している場合に、ビリルビンの処理が行なえず、血液中にビリルビンがたまってしまうことがあります。 これは肝細胞性黄疸です。 ほかに、腫瘍によって胆管が塞がるなどして、胆汁の流れが滞ることがあります。 胆汁が出て行けないのでビリルビンは血液の中にたまり、黄疸を生じます。 これは閉塞性黄疸と言います。 膵臓は沈黙の臓器とも言われます。 がんが大きくなり、胆汁の流れを妨げると黄疸が出現します。 つまり、がんが閉塞性黄疸を起こします。 閉塞性黄疸は膵臓がんがほかの臓器に転移していなくても起こります。 黄疸をきっかけに膵臓がんが見つかることもあります。 黄疸があっても転移がなければ、膵臓がんの手術により黄疸を解消するとともに膵臓がんの治療効果が望める場合も想定されます。 余命は手術によってがんを取りきれるかどうかにかかってきます。 手術後の余命を推測することは困難です。 転移がない場合は、ステージIAからステージIIIです。 どのステージでも黄疸で発見されることはあります。 1 II(2) 15. 9 III(3) 5. 4 IV(4) 1. 4 参照:「がんの統計 '18」 膵臓がんのステージにかかわらず、閉塞性黄疸自体が緊急の対処を必要とします。 黄疸で膵臓がんが発見されると、落ち着いて考える暇もなく黄疸に対する処置が行われたりして、状況を正確に把握するのが難しい所があると思います。 しかしながら、黄疸は必ずしも手術できない状態を意味するわけではありません。 まずご自身の状況を落ち着いてしっかりと把握することが大事です。 転移がある場合は、ステージIVになります。 黄疸は肝臓の機能が低下すると出現することがあります。 膵臓がんが肝臓に転移して肝臓の機能が大幅に失われ黄疸が出現した場合は、ステージIVのなかでも特に深刻な状態と考えられます。 余命は予測しにくいものですが、楽観はできません。 肝臓の機能が低下していると抗がん剤による治療は制限されます。 治療の目的は症状を少しでも軽くすることに重点が置かれます。 膵臓がんにより肝臓の機能が低下しているときは、全身の状態がかなり落ち込んでいる可能性があります。 生活時間のほとんどをベッド上で過ごしているような状態なら、看病している方から見ても憔悴しているかもしれません。。 黄疸によってかゆみなどの症状も強く出ているかもしれません。 しかし、適切な緩和ケア(かんわケア)によって症状を和らげることができます。 緩和ケアは重要です。 高齢者が膵臓がんになったら余命はどれくらいか 高齢者が膵臓がんになっても、高齢者ではない人と対応は変わりません。 まず膵臓がんの確定診断のためにいくつかの検査を行い、その後手術ができる状態と確認されれば手術を行う方法が標準的です。 手術が適していない場合には全身化学療法を行います。 現在の高齢者の定義は年齢が65歳を超えた人です。 高齢者といっても体は非常に若々しい人が大勢います。 たしかに一般的には高齢者の方が身体的な問題を抱えている確率は高いとは言えます。 次のような問題に当てはまる人は膵臓がんの治療中にも気を付けることが増えます。 身体的な衰え• などの精神疾患がある• 他にも病気を抱えている• 他の病気の治療で複数の薬を飲んでいる しかし、身体的な問題がなく元気な人は、たとえ高齢であっても、膵臓がんの治療を積極的に勧められます。 ほかのがんでは年齢によって治療方針を変える場合もあります。 たとえばが75歳以上の人にはじめて見つかった場合、根治目的の手術はしないという選択肢があります。 は進行が遅く、年齢を考えたときに手術を行う利益が少ないと予想できるためです。 しかし、膵臓がんはがんのなかでも悪性度が高いがんです。 膵臓がんが見つかった人の多くは、膵臓がんによって余命が決まります。 このため年齢に関わらずしっかりとした治療を行うことが重要です。 たしかに、高齢者ががんの治療するのは大変なことが多いです。 医療者の立場からみても、手術にしても抗がん剤にしても注意する点が多くあります。 高齢だからという理由で治療に消極的になる人もいらっしゃいます。 しかし、年齢という数字だけの問題で治療に対して消極的になることはもったいないという考え方もできます。 高齢者でも根治を目指す治療を行うことは可能ですし、緩和治療も受けられます。 主治医から必要な情報を十分聞いたうえで、よく相談して治療方針を決めてください。 膵臓がんが再発したら余命はどのくらいか 膵臓がんが再発した時点での状態は人によって大きく異なるので、再発してからどれくらい余命があるのかを推定するのは困難です。 膵臓がんは手術後にも再発が多いことが知られています。 再発とは一度肉眼的にがんが見えない状態まで治療を行った後にがんが再び肉眼的に確認できる状態で現れることです。 再発の状態は一人ひとりで異なります。 肝臓だけに再発することもあれば、全身にいくつもの再発箇所を認めることもあります。 再発してからの余命については再発した場所や再発までの期間などが参考になるとい考えもありますがそれも推測にしかなりません。 医師から再発したと告げられると余命が気になる心境は理解できます。 ただ再発=治らないということでは無いこともあります。 少ない例ですが、局所再発(小さな再発)で全身状態がよく、手術によって再発したがんを摘出できる可能性が高い場合は手術が検討されることもあります。 再発したと告げられたときにはまず気持ちを落ち着けて自らの状態を把握することと治療について落ち着いて聞いて理解することが大切です。 膵臓がんで余命を告知されたら 膵臓がんが見つかったとき、手術によって効果を期待できる状況であれば、余命をはっきりと伝えられることは多くないと思われます。 手術がうまくいくかどうかによってその後の見通し( 予後)は大きく変わり、手術をやってみなければその先はわからないからです。 余命を告知されるのは、手術が行えない場合、手術後に再発した場合の2通りが考えられます。 まず始めに、余命の告知は必ずしも正確ではないことに気を付けてください。 特にステージを元にした余命予測の多くは正確ではありません。 なぜならば、一人ひとりで顔が異なるように、がんになっても状況が全く同じことなどはありえないからです。 余命を告知される場合は、診断時に転移のあるステージIVもしくは手術後に再発した場合と考えられます。 ステージIVといっても肝臓に転移が一つある場合と複数ある場合で状況は全く異なります。 月並みな言い方になりますが、余命を告知されたときに考えてほしいことは、1日1日を大事に生きることです。 まずはご自分の病気の状態をよく知ることが大事です。 確かに簡単にできることではありません。 臨床医としての経験からも、膵臓がんを冷静に受け止めることの難しさは実感します。 少しずつでもいいので、病気について知り、どのように過ごせばいいのか、どのような治療が残されているか主治医に質問してください。 同じことを繰り返し尋ねることになっても遠慮する必要はありません。 あらかじめ質問を紙に書いておくと答えやすいかもしれません。 ほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたいときも、まず主治医に希望を伝えてください。 がんを患うとつらい状況に陥ります。 それは皆同じです。 がんに対して魔法のような治療はないのです。 がんと向き合うことは簡単ではありませんが、前向きにできることは何かを考えていくことが重要なことです。 痛みなどの症状を軽くする緩和ケアも、抗がん剤などと同時に考えるべき大切な治療です。 自分で情報を調べるとどんどん怖い情報が出てくると思います。 怖い情報の中には、がんとは戦うなという意見もあります。 確かに、全身の消耗が激しいときに強力な抗がん剤治療を無理に行うことなどは勧められません。 しかし、治療の選択肢が残っているうちからあまりに早く消極的になるのはもったいないと感じます。 まずは主治医からご自分の状況についてしっかりと話を聞き、家族と情報を共有し気持ちをしっかりと整えることをお勧めします。 一人で闘う訳ではありません。 家族、医療者とあなたを支えてくれる人は大勢います。 怖がらずにまず知ることから始めてみるのがいいと思います。 余命1年と言われたらどうする? 余命1年と言われたらどうするべきかに唯一の答えはありません。 そもそも余命を告知されても、ほとんどの場合は正確ではありません。 これには理由があります。 余命が告知される状況として考えられるのは、膵臓がんを診断された時点ですでに膵臓から離れた場所に転移があり手術が行えない場合、もしくは、手術を行ったものの再発した場合です。 手術可能な状態であれば、余命は手術結果によって変わるため、余命を告げられることはほとんどないと思います。 手術後に再発した場合は、余命は1年以内、場合によってはもっと短いと言われるかも知れません。 かなり厳しい数字です。 ステージIVだと診断されても、状態は一人ひとりで異なります。 わずかに肝臓に転移がある場合でも全身に転移がある状態でもステージIVとされます。 余命はあくまで目安に過ぎません。 残された時間が限られていると思うと時間を大事に過ごせるという考えもありますが、余命に考えがとらわれてしまうのはもったいないことです。 一番大事なことは、自分の状態をしっかりと受け止め、目の前の治療や日々の生活を大事にすることです。 参考:.

次の

肝臓・胆のう・すい臓の病気の初期症状 [肝臓・すい臓・胆のうの病気] All About

膵臓 が ん 症状

すい臓の基礎知識 〜役割と病気〜 すい臓はその役割などがあまり知られていない臓器ですが、私たちにとって非常に大切な働きをしています。 まずはすい臓の役割について知ってみましょう。 膵臓癌とはどんな癌? 〜原因と生存率〜 膵臓癌は死亡率が高く非常に恐ろしい癌の1つです。 リスクを減らすためにも、膵臓癌の原因やステージ分類、生存率について知っておきましょう。 膵臓癌の症状 〜初期症状から末期まで〜 膵臓癌は特有の症状がほとんどないことが、発見を遅らせる原因になっています。 思い当たる自覚症状がある場合は速やかに診察を受けましょう。 膵臓癌の検査 〜早期発見するには〜 膵臓癌は早期発見できなければ生存率は著しく低下するため、初期の段階で見つけられる適切な検査を受ける必要があります。 膵臓癌の検査方法について知っておきましょう。 膵臓癌の治療 〜外科手術・放射線・抗がん剤〜 膵臓癌の治療法は進行度と患者さんの状態によって判断され、根治が期待できる外科手術のほか、放射線や抗がん剤などによって治療が進められます。 納得して癌治療を受けるには 〜治療前に確認すべきこと〜 よりよいがん治療を受けるためには、信頼できる主治医を見つけるのはもちろんの事、しっかりと説明を受け、十分に納得した上で治療を受ける事が大切です。 癌患者が抱える痛みと症状 〜癌性疼痛とそれ以外の症状〜 癌が進行すると、多くの場合で持続する強い痛みを感じるようになります。 また、食欲減退や不眠といった身体的苦痛、不安や恐怖による精神的苦痛を伴う事もあります。 すい臓の病気 急性膵炎 急性膵炎は膵臓が分泌した消化液によって膵臓自体を消化してしまう病気です。 発症すると、飲食の数時間後に突然激しい腹痛や背中の痛み、嘔吐、発熱などが起こります。 なぜ急性膵炎が起こるのか知っておきましょう。 すい臓の病気 慢性膵炎 慢性膵炎は長年の飲酒などによって膵臓が徐々に破壊されていく病気です。 破壊された細胞は繊維化し、すい臓の機能が回復することはありません。 また、慢性膵炎患者は高い確率で膵臓癌を発症する事がわかっています。

次の

【医師監修】慢性膵炎ってどんな病気?症状や原因をチェックしてみよう!

膵臓 が ん 症状

いったいどのあたりにあるのか見当もつかないという人のほうが多いかもしれません。 膵臓は、胃の後ろ側(背中側)に位置しています。 あまり知られてはいないものの、膵臓は身体のなかでなくてはならない役割を果たしてくれているとても重要な臓器です。 どんな働きをしているのかというと、次に挙げる ような二つの役割を担っています。 【膵臓の役割】 1)飲食物の消化を助ける役割 消化能力の高い膵液(すいえき)を分泌する機能。 2)血糖値を調節するという役割 インスリンなどのホルモンを分泌する機能。 また、膵臓は20cmほどの長さがあり、その構造は三つのパートに分けて考えられています。 そして頭部から尾部までを、膵管という管が貫いています。 【膵臓の構造】 1)膵頭部(頭部) 2)体部 3)膵尾部(尾部) この膵臓に生じた悪性腫瘍のことを「膵臓がん」と呼んでいるのですが、そのほとんどは、上述した膵管部分に発生します。 場所は、膵頭部にできることが多いです。 膵臓がんというときは、膵管がんであると考えてさしつかえありません。 他には、神経内分泌腫瘍や膵管内乳頭粘液性腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍、腺房細胞癌があります。 そのため、もしもがん細胞が発生したとしても、自覚できるような症状がほとんどありません。 そんななか、自分でも気がつくことができる貴重な初期症状についてご紹介します。 みぞおちの不快感 胸の真ん中あたりで肋骨が合わさっています。 そのすぐ下位置の、骨がないやわらかい部分をみぞおちと呼んでいます。 心窩部(しんかぶ)とも言われており、胃炎や胃潰瘍などを起こしたときにも痛みのある場所としてよく知られています。 このみぞおちに、はっきりとした痛みではなくても、なんとなく不快感を感じるようになると注意が必要です。 背中や腰が重い 背中から腰にかけてのあたりが重苦しい感じがして、長時間座ったり立ったりしたままでいられないということが続くなら、膵臓がんの初期症状かもしれません。 激痛などのはっきりとした症状ではないことが多いので、自分自身で注意しておかないと気がつくのは困難です。 ずっとお腹の調子が悪い 傷んだものを食したなどの特別な理由がないにもかかわらず、お腹をこわしている状態が長く続いている場合。 またそれに伴い、食欲が減退し、体重も減少しているなどのときは要注意です。 黄疸 比較的症状が進んでからのことではありますが、黄疸症状が出てきます。 白目や肌が黄色くなってきたり、尿の色が黄色くなったりするので、こうなってくると自分でも気がつきやすい症状です。 また、白便になるのも膵臓がんの代表的な症状の一つです。 どんな人が膵臓がんにかかりやすいのか、列挙しておきますので参考にしてください。 そこで、膵臓がんにかかっている可能性がどれほどなのか、セルフチェックを行ってみましょう。 ハイリスクの方は、ぜひ病院に受診してしっかり診て貰った方が良いでしょう。 基本的には、膵臓に負担を強いるようなことが膵臓がんの原因になります。 ここでは、膵臓がんにかかったときと同じような症状になり間違われやすい病気を取り上げます。 ・慢性膵炎 ときおり激しい痛みに襲われますが、時間がたてば治まるというのを繰り返すのが一般的な症状です。 たまに鈍痛が続くという人もいるようです。 こうした症状が慢性的に続くことで、膵臓が少しずつダメージを増していき、消化機能・吸収機能が正常に働かなくなってしまう病気です。 ・胃潰瘍や慢性胃炎 膵臓は、胃の後ろ側に位置しているので、胃になんらかのトラブルがあった場合に膵臓がんと類似した症状が出ることになります。 例えば、みぞおち付近に痛みを生じるケースは胃潰瘍や慢性胃炎でも起こりますが、これは膵臓がんの症状の一つでもあります。 ・心筋梗塞(しんきんこうそく) 心臓で血液がきちんと流れなくなる疾患で、背中部分に痛みが生じます。 膵臓がんでも背中に痛みを感じる場合がありますが、症状が類似していても全く違う病気ですので注意が必要です。 ・肝硬変 肝臓が正常に機能しなくなることにより、黄疸が出てきます。 また、尿の色が黄色くなり食欲不振に。 肝硬変になると、肝臓がんになりやすいので定期的に検査する必要があります。 でも、ある程度、原因がはっきりしているものについては対策をしていくことでリスクを大幅に軽減できるでしょう。 まず有効であるのは、喫煙や過度な飲酒、コーヒーの飲み過ぎに注意すること。 そして、糖尿病にかからないように注意することが挙げられます。 糖尿病は生活習慣や食生活を改善することで、発症リスクを軽減できるので、これが同時に膵臓がんに対する予防策として捉えられるものです。 食事に関していえば、脂質を減らして、毎日メニューの違うものを食べるようにします。 適度な運動も大切です。 運動することでストレスが発散されると、膵臓がん予防に有効です。 しかし、日光に当たり過ぎないように注意しましょう。 そのためには初期の段階で発見することが何よりも大切です。 しかし、初期症状としてはほとんど何も自覚できず、国が定めたガイドラインというのもないという実情を踏まえると、自分自身でしっかりと積極的に気をつけていかないといけません。 何か痛みなどが出た時にはすでにステージが進行している可能性が大きいのです。 もし、病院に行っている時間などの余裕がないという場合は、自宅で膵臓がんチェックができる「まも〜るくん」がおすすめです。 忙しい人にとってはこれ以上ない便利なチェック機能、きちんと検査して、安心して生活できるように努めましょう。

次の