くし 前髪。 美容師がおすすめするロールブラシ4選:基本的な使い方を解説|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

髪を綺麗にするブラシとくしの使い分け方

くし 前髪

前髪の種類をまずは押さえましょう。 ・ ぱっつん前髪…前髪を水平にカット。 どんな雰囲気も作りやすいのが魅力。 ・ シースルーバング…前髪を薄くし、束感を作る。 オルチャン風スタイルが好きな方におすすめ。 ・ アシメ前髪…左右非対称に前髪をカット。 個性派を狙いたい方や流れるような前髪を作りたい方に人気。 ・ オン眉…眉よりも上のラインでカット。 顔立ちをはっきり見せたい方にぴったり! ・ センターパート…両サイドに流れるようにカット。 流れるような前髪は丸顔さんにおすすめ。 ・ かきあげ前髪…分け目の根本から髪を立ち上げたスタイル。 大人かっこいい雰囲気が好きな方は真似してみて。 などたくさんの種類があります。 前髪は長さや形によって雰囲気が変わります。 自分に合った前髪を探してみてください。 ヘアスタイルの記事ランキング 昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事• 2020最新【ブルベ夏のヘアカラー】サマータイプに似合う髪色特集 MK33• 【最新版】セルフカラー徹底解説!おすすめ商品はランキングでご紹介 jun• 【セルフカットボブ特集】自分で切るのも怖くない!HOWTO講座 930mg•

次の

前髪のくせ毛の直し方は?くせ毛とうねりを直して憧れのツヤサラヘアを手に入れよう

くし 前髪

自分で簡単にできる前髪のうねりを直す方法 前髪は可愛くきめたいけど、朝は忙しくて、そんなに時間をかけているわけにも行かないですよね。 できるだけパパッと、簡単に直したいものです。 まずは、自分で簡単にできる前髪の直し方をご紹介していきます。 前髪くせ毛の直し方 基本の方法 まずは、基本の伸ばし方です。 この基本をやった後で、あなたにあった方法をプラスしていきます。 (後述) 必要なもの• ドライヤー• 水、または目的別スプレーなど• まずは、前髪全体を水で濡らします。 (根元や両わきもしっかり濡らすようにしましょう。 ドライヤーを上からあて、 前髪を引っ張り気味にして乾かしていきます。 次に、左右からもドライヤーをあてて、同様に引張気味にして乾かしましょう。 これで普通に乾かすよりも、すでに少しクセが伸びているはずです。 慣れている人は、乾かす時にロールブラシなどを使うと、さらにクセを伸ばすことができます。 基本は水を使うのでOKですが、あなたの前髪に合わせて、ストレート用やカール用などのヘアケア製品を使うのもいいですね。 前髪くせ毛の直し方 さらにクセを伸ばす方法をプラスする 基本の方法で、ドライヤーだけでできるだけ前髪のクセを伸ばした後、あなたの好み・髪型に合わせて、さらにクセを伸ばす方法をプラスしていきます。 ストレートヘアアイロンで伸ばす ストレートアイロンは、しっかりと前髪を伸ばすことができます。 やり方• 基本の方法で前髪を伸ばしておきます。 前髪の表面半分をすくって、ダッカールで上にとめておきます。 残った内側の前髪を、ストレートアイロンで根元から伸ばします。 (髪型にあわせ、まっすぐに伸ばしたり、丸みをつけたりしてください)• 両サイドや、いつもクセの強く出る所はしっかりアイロンします。 ダッカールでとめておいた前髪をおろし、アイロンします。 全部の前髪をまたアイロンで伸ばして、全体を整えます。 ストレートアイロンがめんどうに思えるかもしれませんが、慣れてしまえば、朝でも短時間でラクラクできますよ〜。 また、ストレートアイロンは、ぱっつん前髪のように、ただ真っ直ぐにするのにもいいですが、くるっと回せば、ふんわりと丸みを帯びた感じに伸ばすこともできます。 あなたの髪型に合わせて使ってくださいね。 カール用ヘアアイロンで巻く 前髪をもっと丸くふんわりさせたい場合は、 カール用のヘアアイロンを使うのがおすすめです。 あなたが髪の裾をアイロンで巻いているのであれば、同時にできて楽ちんですね。 やり方• 基本の方法で前髪を伸ばしておきます。 前髪をカール用のヘアアイロンで根元からまるく巻きます。 ストレートヘアアイロンでも、前髪を丸くできますが、カール用のアイロンの方が、大きいカールが上手にできて、コントロールしやすいです。 巻き髪用のヘア製品をつけてからアイロンをすると持ちがよくなります。 コーム(くし)にケープをスプレーして梳かす アイロンを使うのは、面倒というあなたは、スプレーを使う方法を試してみてください。 やり方• 基本の方法で前髪を伸ばしておきます。 コームにケープなどのスプレーをつけます。 このくしで前髪を梳かします。 簡単ですが、これだけでセットの持ちがアップしますよ。 スプレーをつけすぎると、前髪が細く別れてしまう場合がありますので、練習してみてくださいね。 ホットカーラーで巻く 前髪をホットカーラーで巻いて、クセをとりふんわりとした前髪にする方法もあります。 やり方• ホットカーラーを保温するようセットます。 基本の方法で前髪を伸ばします。 前髪にホットカーラーを巻きます。 巻いている間にメークなどをしましょう。 カーラーを取り外して整えます。 ホットカーラーは、髪のすそを巻くのは簡単ですが、前髪を巻くのはなかなか難しいです。 でも、一度コツを掴んでしまえば、バッチリですので、あなたに合った巻き方や巻いておく時間などを、研究してみてください。 最後にスプレーで固める 前髪のクセやうねりがうまく伸びて、思い通りの髪型になったら、最後にくずれないようにスプレーをしておきましょう。 前髪セットのケープは、緑のケープが、固まりすぎず、自然な仕上がりでおすすめです。 くせをそのまま活かした、前髪アレンジの方法 気になる前髪のくせ、いっそのこと、アレンジして活かしてみませんか? 昔、超ストレートヘアの友達に「ちょっとくせのある髪の毛が可愛いね」と言われたことがあります。 クセを真っ直ぐに直すのではなく、見方をちょっと変えて、クセを利用して前髪ヘアスタイルを可愛くしちゃいましょう! ここからは、くせを活かした前髪アレンジの方法を、ご紹介していきます。 ねじってピン・バレッタで留める 前髪をふんわり束ねて、 ねじって、可愛いピンやバレッタでとめるだけで、クセがきにならなくなります。 くせ毛のフンワリ感をのこしつ つねじるのがポイントです。 前髪全部をヨコに流して一つでとめたり、真ん中で分けて両側でとめるなど、あなたの前髪と相談してしっくりいく形を見つけてくださいね。 可愛いピンやバレッタをいくつか用意しておくといいですね。 梅雨の時期なら傘のピンなど、季節に合ったモチーフのものを利用するのもおすすめです。 ポンパドール風にする 前髪を ポンパドールにすると似合いますよ。 ポンパドールは、ふわふわとした前髪だと可愛いですよね。 クセのある前髪だととっても可愛く決まります。 前髪を小さな輪ゴムでとめて、頭の上でバレッタでとめるだけなので、とっても簡単です。 バレッタを、ちょっと目立つ可愛いものにすると、前髪よりもそちらに目が行くので、よけい気にならなくなりますよ〜。 普段は前髪をおろしているなら、デコ出しスタイルも、雰囲気が変わっておすすめです。 編み込みにする ある程度の長さがあるのであれば、 編み込みにすると、グンとオシャレ女子に見えます。 癖を生かしてふんわり編むのもいいですし、クセが気になる場合は、きっちり編んでいくのもいいですね。 慣れてしまえば、短時間でできるようになります。 くせ毛があると、編み込みはとてもやりやすいですよ〜。 前髪全体にワックスをもみこみます。 ヘアクリップでサイドの邪魔になる髪の毛を留めておきましょう。 真ん中からサイドに向かって、前髪を編み込みにしていきます。 毛先まで編めたら、ヘアゴムで束ねて、耳の後ろでヘアピンで固定します。 最後にゆるく崩すと可愛いです。

次の

前髪寝癖でお困りの方へ♡忙しい朝でも、簡単時短寝癖直し方法

くし 前髪

「めんどくさ~い」「大変そう・・・」とならないように、 誰でも簡単に前髪をバッチリ決めて可愛くなれる方法をご紹介! 今回のスタイリングテーマは、前髪がパカッと割れている時の直し方。 「前髪が二つに割れてしまう」「勝手に分かれちゃう」 お客様の前髪のお悩みでダントツに多いのがこれです。 一度割れてしまった前髪。 分け目の根元の生えクセの強い方だと この前髪を直すのに苦労するかと思います。 ではまず、どうして前髪がわかれてしまうのか原因を知っておきましょう。 前髪が割れちゃう原因とは? 前髪がパカっと2つに割れてしまう原因は、 お風呂に入った後濡れている髪をドライヤーで乾かさず、 そのまま放置してしまうことにあります。 また、ちょっとの時間だからいいかーと思って、 しばらくしてからドライヤーで乾かすのも良くありません。 これらの原因により、髪のクセが出やすくなってしまいます。 「お風呂から出たら、真っ先にドライヤーで髪を乾かしブローする!」 これが前髪割れ防止に繋がるのです。 これで原因と対策はわかりましたね。 でも、もう既に前髪が分かれて困っているかたもいらっしゃるはず。 なので次は実際に前髪が2つにわかれてしまった時の対処法です。 前髪が割れてしまったのを一瞬にして直す方法! 前髪の割れを直す時に大事なのは、毛先よりもとにかく「根本(毛根)」です! 毛根の向きを変えてしまいましょう。 パックリと割れた前髪は乾いた状態では直りません。 水で濡らすのがポイントです。 1、 朝起きた時に前髪がわかれていたら、 まず割れている部分の根本(毛根)を濡らしましょう。 水スプレーがベストですが、持ってない場合は 直接手に水をすくって前髪を大胆に濡らしてください。 前髪が分かれてしまう部分をこすって水分をなじませましょう! とにかく「しっかり根元を濡らす事」が重要なポイントです。 2、 前髪が割れている方向とは逆に引っ張りながら クセを伸ばすように根元付近に熱を当てます。 (痛くない、熱くない程度で大丈夫!優しく、しっかり引っ張ります) 髪の生え方の向きがわからない方は、 いつもスタイリングしている前髪の方向と逆に乾かしてください。 髪の毛は、生えている方向におさまります。 いつも同じ位置で前髪が分かれる方は、その方向が髪の毛の根元の向きです! 前髪を流さずに、まっすぐ下ろしている方は、まっすぐ前髪の方は割れている位置に注目! 右よりに割れている?左よりに割れている? 「どちらとも言えない、どっちかわからない・・・」 という方はスタートは右・左どちらからでも大丈夫です。 左右交互に引っ張ってください。 この時に根本だけでなく髪の中間部分にも、引っ張りながら少し熱を与えてあげると 毛先にある多少の癖が伸びツヤが出てきます。 3、8割くらい乾いたら今度は逆方向から引っ張りながら根本を乾かします。 4、全体的に乾いてきたら、上からドライヤーを当て 指で軽くほぐし、最後にくしを通して面を整えるだけ! 面を整えることによって艶やかに見える最終仕上げ! これだけで素敵な前髪の完成です! 梅雨時期、クセが戻りやすい方は仕上げにハードスプレーを軽く吹き付ければ完璧。 「訪問美容の帰りはいいけど自分ではなかなかできない!」 そんなお客様のお悩みを解消できる手助けができれば幸いです。 訪問美容リベルタでは、目指せモテ度2割増し!を目標にサロンワークからご自宅での再現性の高いアドバイスを意識しております。 内側から、外側から。

次の