新任 挨拶 メール。 担当変更のお知らせメールの文例20選|後任の挨拶のビジネスメールも

初めての相手に送るビジネスメール!件名や挨拶の書き方と例文

新任 挨拶 メール

Your new contact from XYZ Co. , Ltd. 件名:XYZ社の新任のご挨拶• Dear Mr. (Ms. ) 〇〇 〇〇様• I hope all is well with you. お世話になっております。 I am Eiko Yamada from XYZ Co. , Ltd. and I will be your new contact. 新しく担当を務めさせていただく、XYZ社の山田えい子と申します。 I look forward to seeing you in the near future. 近いうちにお会いできますと幸いです。 Best regards,• Eiko Yamada Ms. 署名(以下略) 新任の挨拶はシンプルで全く問題ない。 上のひな形を基本にして、オリジナルの文章を1,2文加えてみてもいい。 顧客を人から仕事を引き継ぐことも多いだろう。 そこで 引継ぎのあいさつの英語メールも合わせて紹介しよう。 といっても上の文とほぼ一緒だ。 変わる点としては、引継ぎしているということを書くくらいだね。 たとえば、次のような文で自己紹介するといい。 引継ぎのあいさつの英語メール Mr. (Ms. )〇〇 left us last week, and I will be your new contact. 〇〇は先週退職しまして、私が新しく担当させていただきます。 I would like to let you know you that I will be Mr. 〇〇's successor. 〇〇の後任を務めさせていただきます。 I just wanted to send you a brief notice to inform you that I will be your contact at XYZ Co. , Ltd. XYZ社の担当を務めさせていただく旨ご連絡させていただきます。 〇〇の代わりに本プロジェクトを継続します。 東京本社へ異動となりました。 I will be reassigned to Osaka office , effective July 21. 7月21日付で大阪オフィスへ配属となります。 I will be transferred to Nagoya branch as a sales depertment manager as of August 1. 8月1日付で名古屋支社の営業部マネージャーとして転勤になります。 I will be on loan from AAA company to XYZ Co. , Ltd. as sales manager as of March 1. 3月1日付でAAA社からXYZ社へ営業マネージャーとして出向となります。 I have transferred to the Marketing department as of September 1. 9月1日付でマーケティング部へ 転勤となりました。 I am replacing Mr. 〇〇, who left the company last month. 先月退職した〇〇の後任です。 後任への引継・紹介をするときのフレーズ Mr. 〇〇, my co-worker, will take over my position. 同僚の〇〇へ仕事を引き継ぎします。 〇〇 will be taking over for my responsibilities from this month. 今月から〇〇が私の仕事を引き継ぎします。 〇〇 is going to take over for my responsibilities next week. 今週は〇〇が私の仕事を引き継ぎします。 〇〇 is going to take over the position of Mr. Takeda as a new assistant for you. 新しいアシスタントとして〇〇が武田のポジションを引き継ぎいたします。 第三者から取引先の相手を紹介されたときのフレーズ 例えば、別のクライアントさんから新しいクライアントさんを紹介してもらったケースは、次のようなフレーズがあるよ。 Hello, my name is Eiko Yamada from XYZ and I was referred to you by Mr. 〇〇 from XXX company. 山田えい子と申します。 XXX社の〇〇様からご紹介を受けました。 はじめまして。 ジョー プレストンと申します。 はじめまして。 自己紹介させていただきます。 実は英語には「 はじめまして」という日本語に相当する言葉はないと思った方がいい。 「はじめまして」に一番近いのは、「Hello,」から初めて自己紹介することだね。 意味としては、文字通り「こんにちは」だよ。 他にも• Good morning• Good afternoon• Good evening これらのフレーズを使うことも可能だ。 ただし、相手の時刻に合わせないといけない。 相手がいつメールを見るのかわからないので、これらのフレーズよりかは、 どの時間でもおかしくない「Hello」がおススメだよ。 「自己紹介させてください」と言いたいときのフレーズ Please allow me to introduce myself. どうぞ自己紹介させてください。 気の利いたちょい足しフレーズ これらの文があると、気の利いたスマートなメールになるから、積極的に追加するといいよ。 I look forward to doing business with you. よろしくお願いいたします。 (お仕事させて頂くことを楽しみにしております) I have heard so much about you from 〇〇. 〇〇からあなたのことをよく伺っております。 あなたと一緒に働くことを楽しみにしていることをお伝えしたいと思います。 Please do not hesitate to contact me should you have any questions. 何かご質問があれば遠慮なくご連絡ください。 I have received all the information I need to know from my predecessor. Please do not worried. 前任者から全ての情報を引き継いでいますので、ご心配なさらないでください。 まとめ 自己紹介は新任の挨拶であれ、引継ぎのあいさつであれ、簡潔に済ませよう。 自己紹介が長すぎるのはあまりおススメできない。 過去の経験など頑張って長く書きたい気持ちもあるだろうけど、相手は忙しいビジネスパーソンだということを覚えておこう。 会ったこともない人の自己紹介にはあまり長い時間を割くことはできない。 だから長い挨拶は求められていない場合が多いと考えた方がいい。 というわけで 自己紹介は簡潔に済ませるのがおススメだよ。 相手との関係構築は急がば回れだ。 ゆっくりと時間をかけて信頼を積んでいこう。

次の

新任挨拶のスピーチの例文は?お世話になる赴任先へのメールの例文も

新任 挨拶 メール

また、着任の挨拶は、第一印象を決定する可能性もある為、なるべく親しみやすい雰囲気や話し方、内容で挨拶をすることも大切です。 受け入れる側に立つ人々も、「どんな人だろう?」と、新しく着任する人に対して、興味津々です。 そのような状態で、素っ気ない挨拶をされると、「話し掛けづらそう」「自分たちとは仲良くなろうと思っていないのかも」などと思われてしまう可能性があります。 反対に、着任先の職場の人々が、「仲良くなろう」「早く職場に馴染めるように、協力しよう」と思えるような内容や雰囲気の挨拶をすると、第一印象はぐっと良くなるはずです。 その為には、自分から、新しい職場に馴染みたいという気持ちを表現したり、新しい職場の人々と仲良くなりたいという姿勢を見せたりすることが大切なのです。 着任の挨拶のポイント【3】:簡潔に挨拶する 着任の挨拶の方法は、スピーチであったりメールであったりと、職場やその時の状況によって異なりますが、いずれにしても、簡潔に挨拶することを心掛けましょう。 勿論、上記でもご紹介したように、「宜しくお願いします」の一言だけのような、あまりにも簡潔過ぎる挨拶はNGです。 しかし、やる気をアピールしようとし過ぎて、あまりにも長い挨拶をしてしまうのも、考え物です。 熱意ややる気は伝わるかもしれませんが、それ以上に「面倒な人」というイメージを周囲に与えてしまう可能性があります。 例えば、朝礼でスピーチをして挨拶をする場合、聞き手である社員たちは、立ったまま話を聞いていることが多いと思います。 そのような状態で、何分も挨拶をされても、「疲れた」「早く終わってほしい」と思われてしまう可能性があるでしょう。 また、メールの場合も、ズラッと長文の挨拶メールだった場合、業務中などはしっかり読んでいる暇がない可能性があります。 このような観点から、あまりに短すぎる挨拶は問題ではあるものの、あまりに長い挨拶も、悪い印象を与える可能性があると言えるでしょう。 その為、着任の挨拶は、程よい簡潔さを保つことが大切だと言われています。 この度、初めてご連絡を差し上げます。 〇〇株式会社 〇〇部 〇〇と申します。 先日、担当の〇〇よりご連絡致しました通り、本日より〇〇の業務の件は、私〇〇が引き継ぐことになりました。 僭越ながら、自己紹介をさせて頂きます。 新卒で入社後、現在〇年目となりますが、〇〇部にて〇〇業務に携わって参りました。 周囲の協力もあり、〇〇の分野では、〇〇の実績を残すことができました。 〇〇に関しては、不慣れな点もございますが、少しでもお役に立てるよう、そして早く慣れることができるよう、努めて参ります。 今後、〇〇様とお仕事ができますことを、大変楽しみにしております。 メールにて大変失礼ではありますが、まずはご挨拶を申し上げます。 〇〇株式会社 〇〇部 〇〇 メールアドレス:〇〇〇 電話:〇〇〇-〇〇〇 異動に関する用語で、特に間違いやすいのが、「就任なのか、着任なのか」という点です。 そこで最後に、就任と着任の違いについてご紹介していきたいと思います。 「着任」に関しては、上記で言葉の意味をご紹介しました。 では、着任と混同されがちな、「就任」とは、どのような意味なのでしょうか? 「コトバンク」によると、「就任」とは、「ある地位や役職につくこと。 つまり、「就任」の場合は、職場などの異動の有無に関わらず、役職などに就いた場合を指すということになります。 一方で、「着任」は、新たな任地に到着した状態を意味する言葉です。 着任という状態には、職場や勤務地などの場所が関係する場合が多く、その点が「就任」との大きな違いと言えるでしょう。 いかがでしょうか?今回は、「着任」に注目して、着任した際の挨拶のポイントやマナー、また着任の挨拶の例文を、シチュエーション別にご紹介しました。 着任とは、新しい場所で働くことです。 人間関係なども、新たに築くことになります。 だからこそ、着任の挨拶は重要なものなのです。 場合によっては、着任の挨拶で、第一印象などが決定してしまう可能性があります。 着任の挨拶の内容は、その職場での人間関係の構築に、大きな影響を与える場合もあるのです。 しかし、好印象を与えるような着任の挨拶ができれば、人間関係の構築もスムーズにできる可能性があります。 また、上手く挨拶をすることで、頼もしい助っ人になってもらえたり、これから仕事をするにあたって心強い友人ができるかもしれません。 着任の挨拶次第で、新しい職場での生活がぐっと楽しく充実したものになる可能性は大いにあるので、ぜひ好印象を与えるような挨拶を考えてみて下さいね!.

次の

好感度を上げる「新任挨拶」のマナーとメール例文・返信例文

新任 挨拶 メール

初めての相手に送るビジネスメールの書き方のポイント 「差出人」に社名と氏名が表示されるよう設定しておく ビジネスメールでは、相手のメールに表示される送信者が「会社名+氏名」となるように設定しておくことが大切です。 送信者の表示がメールアドレスやローマ字表記の名前だと、不信なメールだと思われる可能性があります。 メーラーの設定をしっかり行っておきましょう。 「件名」は用件と会社名などの固有名詞を書く 初めての相手にメールを送る時は「件名」の書き方が大切です。 一目で何のメールかわからないと、不要メールだと思われて開封してもらえないこともあります。 用件とともに、自分が何者であるのかがわかるような固有名詞を簡潔に記します。 <件名の例>• ご挨拶のお願い【〇〇様よりご紹介いただきました】• 株式会社〇〇より【〇〇の問い合わせ】• 担当者名がわからない場合は氏名にかえて「ご担当者様」と書きます。 次に自己紹介と相手を知った経緯を記して安心感を与えます。 自己紹介は会社名、部署名、氏名を省略せずに書き、あわせて自分の会社の業務に関してよく知られている事柄などを完結に紹介します。 会社を知った経緯は、「ホームページで貴社の製品〇〇を拝見し」「〇〇様のご紹介をいただき」などと具体的に記します。 一般的な「書き出しの挨拶の言葉」と「結びの言葉」 書き出しの挨拶の言葉は次のようなフレーズが一般的です。 挨拶の言葉のあとに自己紹介を書きます。 初めてご連絡いたします。 突然メールを差し上げる失礼をお許しください。 はじめまして。 一般的な結びの言葉は「よろしくお願いいたします。 」ですが、初めてのメールで何かを依頼した場合は恐縮の気持ちを表す言葉を一言加えると丁寧な印象になります。 勝手を申し上げますが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。 お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 初めての相手に送る状況別のビジネスメール例文 状況別のメール例文を紹介します。 見積もり依頼 初めての会社に送る見積もり依頼の例文を紹介します。 件名には見積依頼であることと会社名を書き、メールの目的を一目で判断してもらえるようにします。 本文には、1回のメールで全てがわかるよう、見積もりの数量、納期、支払方法などの取引条件を明記します。 加えて、いつまでに返事が欲しいということを、丁寧な表現に気をつけながら明記します。 当社は… の業務を20年前より行っております。 当社の… は大変好評を得ております。 さて、誠に突然で恐縮ですが、弊社ではこのたび、貴社の製品「〇〇」の購入を検討しております。 つきましては、下記条件によるお見積をお願いしたいと存じます。 何かご不明点がございましたら、下記連絡先までご連絡いただければ幸いです。 以上、お見積りのお願いを申し上げます。 (メール署名) アポイントの依頼 初めての相手にアポイントを取る時のビジネスメールの例文です。 ここでは資料請求があった人に対する例文ですが、紹介によりメールを送る場合は「突然のメールを失礼いたします。 」などと書きだします。 訪問や面談の日程のお伺いは、直近で可能な日時を3点ほど挙げ、返事をいただくようお願いするのがスムーズです。 お問い合わせいただきました〇〇につきまして、よろしければご挨拶も兼ねて直接ご説明できればと存じます。 つきましては日程のご都合をお伺いしたいのですが、いかがでしょうか? 下記日程で訪問させていただくことが可能です。 ・〇月〇日(月)〇時~ ・〇月〇日(火)〇時~ ・〇月〇日(木)〇時~ 上記の日程以外でも、調整は可能でございます。 お時間は30分程度をいただければと存じます。 お忙しいところ大変恐縮でございますが、ご都合につきましてご連絡をいただけますよう、よろしくお願いいたします。 (メール署名) 新任の挨拶 取引先の担当者に担当が変わった事を知らせる挨拶の例文です。 今後ご指導をいただくこともあるかと存じますが、いち早く貴社のお役に立てるよう努める所存です。 改めまして、ご挨拶の訪問のお願いをさせていただく予定でございます。 これからも、変わらぬお引き立てのほどよろしくお願いいたします。 まずは取り急ぎメールにてご挨拶申し上げます。 (メール署名) 初めてのメールで使えるフレーズ集 初めての相手に送るメールでは、こちらの都合で相手に依頼事を受けてもらう用件が多いため、恐縮する気持ちであくまでもお願いする態度が大切です。 初めてのメールで使えるフレーズを紹介します。 依頼の言葉 依頼する時は、お願いの言葉にすることにより、表現を柔らかくすることができます。 ~をお願いできませんでしょうか。 ~をしていただけませんでしょうか。 ご依頼できますでしょうか。 ~していただけると幸いです。 ~よう、お願い申し上げます。 次のようなクッション言葉を添えることで、さらに丁寧な表現になります。 誠に恐縮ですが• 大変お手数ですが• お忙しいところ申し訳ございませんが• 恐れ入りますが <クッション言葉を入れた例>• お忙しいところ恐縮ですが、〇月〇日までにお返事をいただけますと幸いです。 大変お手数ですが、見積もりをいただきたく、お願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、一度お時間を設けていただけるようお願いしたく存じます。 検討を促す言葉 検討を促す言葉もお願いの表現にしたり、断定的でない表現にしたりします。 ご検討をいただけますようお願いいたします。 唐突なお願いで失礼ではございますが、ご検討をよろしくお願いいたします。 ご一考いただければ幸いです。 急なお願いで恐れ入りますが、ご一考くださいますようお願いいたします。 まとめ 初めての相手に送るメールでは、件名に会社名や紹介者の名前を入れて、ビジネスメールであることが一目で判断できるようにします。 自己紹介では自分の会社の紹介や、相手を知った経緯を簡潔に記し、安心感を持っていただけることを心がけます。 また、初めてのメールで依頼するにあたり、一方的になったり、断定的な口調になったりしないよう、お願いする丁寧な言葉を用いることが大切です。

次の