返送 封筒 書き方。 返信用封筒の作成マニュアル!作成するための準備物や宛名の正しい書き方、送る際の折り方までまとめました!

返信用封筒の正しい書き方マナー。切手料金や注意すべき点

返送 封筒 書き方

返信用封筒の表書きの書き方 「行」「宛」に取消線を引いて「御中」または「様」を書く 返信用封筒にはすでに宛名として住所、会社名、氏名などが印刷され、その末尾にはかならず「 行」(ゆき)か「 宛」(あて)の文字が印字されています。 これを 取消線で消して、その横または下に「 御中」か「 様」を書きます。 「御中」「様」の書き方 「御中」は、宛名が 会社名や 部署名のときに書きます。 宛名の会社名・部署名に 個人名(担当者名)が添えられているときと会社名・部署名の横に 担当者の押印がしてあるときは、三文判の認印の場合でも「様」と書きます。 このとき、会社名などに「御中」は付けないでください。 「御中」や「様」の記入位置は、文字の流れに合わせて、 縦書きなら取消線の左または下、 横書きなら下または右です。 ただし、担当者の押印があるときは、取消線から離れた位置でも構いませんので、印影の下(縦書きのとき)または右(横書きのとき)に「様」を付けてください。 取消線の書き方 取消線は、 一本線よりも 二本線が一般的です。 線の向きは、表書きの美しさを大切にして、宛名が横書きのときは 横向きに、縦書きのときは 縦向きに引くのが常識的な書き方です。 なお、「行」・「宛」のような一文字を取り消すときは 二重斜線を引き、二文字以上のときは 二重平行線を引くことが守るべきルールであるかのように主張する向きもあります。 しかし、婚礼・葬儀のはがきはいざ知らず、 ビジネス上の郵便物における取消線の引き方はルールではなくてガイドラインに過ぎません。 どちらの書き方をしてもけっして失礼には当たりません。 スポンサードリンク 縦書き・横書きを表書きと揃える 返信用封筒は、一般に縦長でフラップが上にある 和封筒タイプが使われていますが、中には 洋封筒タイプやその 変形タイプなどさまざまなものがあります。 しかし、 どのようなタイプの封筒であっても、裏書きの住所と差出人名(会社名、部署名、担当者名)は表書きの印刷方向と同じ向きで書きます。 つまり、表書きが縦書きなら裏書きも縦書きで、表が横書きなら裏も横書きで書きます。 縦書きの住所では、数字は一から九までの漢数字と〇(ゼロ)で書きます。 ただし、ビル名などの固有名詞に含まれる英数字(渋谷109など)は例外です。 裏書きの位置 裏書きする位置は、 縦書きなら左下に、 洋封筒タイプで横書きなら右下に書きます。 また、封筒の裏に 差出人欄が印刷されている場合は、その中に書きます。 封〆(封締め)の仕方 封〆(ふうじめ)とは、封筒のフラップを貼り付けて閉じた後、フラップの端の中央部分に割印を押すように「 〆」(しめ)の字を書くことです。 封〆した部分のことを、「 封じ目」とも言います。 「〆」以外にも、「 封」、「 緘」(かん)の字を書いても構いません。 また、「〆」、「封」、「緘」のスタンプを押しても結構です。 ただし、宛名が 個人名の場合は、封〆をすると宛名人自身が開封することを求める 親展の封書になりますので注意してください。 本人不在のために何日も開封されずに放置される危険性がないとは言えません。 従って、 宛名に担当者の押印があるものも含めて、個人宛の返信用封筒で封〆は無用です。 また、封〆は和封筒での習慣ですので、洋封筒タイプの返信用封筒では封〆は必要ありません。 スポンサードリンク.

次の

返信用封筒の差出人の書き方・書かない|縦・横書き別/箇所別

返送 封筒 書き方

郵便物の受取拒否のやり方 郵便物の表に 『受取拒絶』と書き、押印か署名を記載してください。 直接郵便物に書くのではなく、メモか付箋に書き貼り付けておくのが好ましいです。 郵便物等に下記事項を記載したメモ、付せんを貼り付け、配達担当者にお渡しいただくか、郵便窓口にお持ちいただくか、郵便ポストに投函していただければ差出人さまへ返還します。 ・「受取拒絶」の文字 ・受け取りを拒絶した方の印を押印又は署名を記載 引用:ゆうびん. jp 封筒を開封してしまった場合、受け取りを拒絶することはできません。 また、郵便局が配達したものでなければ拒絶はできないので、その場合は配送物を持ってきた運送会社に問い合わせてください。 前の住人宛 Q:引越してきたのですが、前にこの家に住んでいた住人が転居届を出していないようで、前の住人あての郵便物等が届けられます。 A:お手数ですが、最寄りの事業所へその旨ご連絡くださいますようよろしくお願いいたします。 事業所の社員が訪問を行う等して、居住確認をさせていただきます。 引用:ゆうびん。 jp 近くの郵便局へ連絡をする必要があります。 DMなど一見いらなさそうだと思っても、勝手に捨ててしまうと法律違反に抵触する恐れがありますので、まずは最寄りの事業所に連絡してくださいね。 直接郵便局に、前の住人宛の郵便物を持っていくのもありです。 特に書類を提出する必要もなく、今住んでいる人の名前を伝えるだけで大丈夫です。 会社宛 会社には、退職をした人宛の郵便物が届くこともありますよね。 基本的に、会社に届く郵便物なので社内で処理しても問題ありません。 しかし、そうもいかない場合もありますよね。 そういった場合は、上記で説明した『受取拒絶』の付箋を貼って郵便局へ出してください。

次の

「返信用封筒」のマナーとは?宛名の書き方から行・宛の直し方も

返送 封筒 書き方

そもそも、返信用封筒というのは、誰かに書類等を送った後、さらに送り返してもらうために同封するものです。 例)AさんとBさんが契約を結びたい場合 Aさんが契約書を作って、署名、捺印をしました。 この書類にBさんが署名、捺印することで、契約が完了します。 実際に会って手続きができればいいのですが、距離が遠い、タイミングが合わないなどの問題で難しいときは、契約書を郵送でBさんに送ることになります。 このとき、AさんはBさんが署名、捺印した契約書を送り返すための「返信用封筒」を同封するのが一般的です。 返信用封筒を同封することで、Bさんが書類を送り返すために必要な手間を省くことができるからです。 クレジットカードなどの申し込みをしたとき、手書きで記入しなければいけない契約書類一式が送られてくることがあります。 このようなときは、返送用の封筒が同封されていることが多いでしょう。 これが「返信用封筒」なのです。 相手から送られてきた返信用封筒を使って書類を送り返す場合の封筒の書き方についてご説明します。 【宛て名面】 相手の住所や氏名についてはすでに書いてあるはずですから、自分で書く必要はありません。 住所が合っているかどうか確かめる必要も普通はないでしょう。 ただし、通常は宛て名の後に「様」や「御中」がついていないか、「行」などと書いてあるので、敬称を書き足す必要があります。 その上で、隣に「様」を書き足します。 裏には、普通に郵便を送るときと同じように、自分の郵便番号、住所と氏名を書きましょう。 返信用封筒の中には、あらかじめ自分の住所と氏名を書く欄が作られていることもあるので、その場合は指示に従って枠内に書くようにしてください。 そうでない場合は、縦書きなら封筒の左側(もしくは中央の右側に住所と郵便番号、左側に氏名)、横置き横書きなら下部3分の1あたりに郵便番号、住所、氏名を書きます。 書類などを送るとき、返信用封筒を同封することを求められることがあります。 この場合は、封筒を作らなければいけません。 作り方を3ステップで解説します。 封筒の大きさを決める 返信用封筒は、A4サイズを3つ折りにして入れることができる長形3号というサイズの封筒を使用する場合が多くなっています。 一般的な書類の返送用であれば、これで問題ないでしょう。 ただし、製本テープで製本されている契約書など、折りにくい書類を返送してもらう場合や、折らずに返送してほしい場合は、送り返してほしい書類が入るサイズの封筒を用意する必要があります。 先方から返信用封筒のサイズ指定がない場合は、書類の内容や希望に応じて選択しましょう。 宛て名を書く 宛て名は、自分が郵便を送る場合と同じように書けば大丈夫です。 ただし、自分の氏名の後に「様」はつけず、「行」と書いてください。 切手を貼る 返送してもらう書類を送るのに必要な額の切手を返信用封筒に貼ります。 「切手を貼るように」と書いていなくても、貼るようにしてください。 返信用封筒を同封するときは、自分が送る分の送料と、返信用の送料の両方が必要です。 切手の料金については、次の段落でご説明します。 返信用封筒の切手代は、返送してもらう予定の書類と返信用封筒の合計の重量と、返信用封筒のサイズで決まります。 長3サイズで25g以内なら84円、50g以内なら94円です。 一般的なA4サイズが入る封筒の場合は、下記の通りです。 50gまで……120円 100gまで……140円 150gまで……210円 250gまで……250円 500gまで……390円 なお、自分が返信用封筒を作る場合だけでなく、相手から送られてきた返信用封筒を使うときも、切手代は自分持ちのことがあるので注意してください。 返信用封筒の表面左上に、「切手を貼ってください」と書かれていたり、何も印字されておらず空欄になっていたりする場合は、切手を貼る必要があります。 また、郵便局ではキャッシュレス決済で切手や封筒を購入することができます。 ではポイントを貯めることができ、様々な場面で利用できます。 詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の