市販 ミート ボール アレンジ。 業務スーパーの大盛ミートソースで作る簡単アレンジレシピ

ミートソースのレシピ10選|トマト缶やケチャップで!なすを合わせて!基本もアレンジも押えた簡単レシピ集

市販 ミート ボール アレンジ

「グラタン」「ドリア」「ラザニア」へアレンジ 回答数が多かったのは、みんなが大好きな「グラタン」「ドリア」「ラザニア」へのアレンジ。 チーズを乗せてオーブンに入れるだけで簡単に作れるのが嬉しいですよね。 グラタン 「野菜をたくさん入れてミートグラタンにすると子どもが喜んで食べてくれます」( 34歳/主婦) 「ミートソースとペンネをあえて、耐熱皿によそい、チーズをたっぷりかけてオーブンで焼いたグラタン」( 28歳/主婦) ドリア 「ミートドリア。 ご飯の上にミートソースとチーズをのせてオーブントースターへ。 簡単なのに美味しいです」( 34歳/主婦) 「チキンライスをつくり、ホワイトソースをかけミートソース、チーズを乗せトースターで焼く。 ファミレスのドリアのようで美味しい」( 28歳/主婦) 「ご飯にかけてチーズと生卵を乗せてオーブンで焼いてドリアにする」( 32歳/主婦) ラザニア 「餃子の皮と交互にミルフィーユ風にして、とろけるチーズをかけてラザニアにしました」( 52歳/主婦) 「ホワイトソース、ミートソースを層に重ねてオーブンで焼くだけなので簡単だし、味付けも失敗がない。 夫にも好評でした」( 28歳/公務員) パンとあわせて「ピザ」風 パン生地とあわせれば、お肉の旨味が効いた「ピザ風」に。 ピザなんて焼けないよ~という方も、食パンに乗せてチーズをかけて焼けば、簡単にピザ風にできちゃいます。 朝ごはんにもいいですね。 「ピザソースを代わりに使う」( 51歳/主婦) 「ミートソースをパンに乗せてその上にチーズを乗せトースターでこんがり焼きます」( 52歳/主婦) 「ミートソースとチーズをトーストに乗せ、贅沢ピザトーストに」( 44歳/主婦) 「オムレツ」「オムライス」にかけて入れて 「オムレツ」や「オムライス」とあわせれば、リッチな卵料理に変身。 卵を常備している家庭は多いと思うので、手軽にアレンジできそうですね。 卵とミートソースの組み合わせは絶対美味しい! 「生クリームと混ぜてオムレツにかける」( 44歳/主婦) 「オムレツの中身に混ぜる」( 41歳/その他) 「ご飯と炒めてチーズを混ぜてオムライスにする」( 47歳/主婦) 「野菜」とあわせても子どもがパクつく! 野菜にたっぷりミートソースをかけて、アレンジしている方も。 中でも「じゃがいも」と「なす」にかけるのが美味しい!という声がたくさん。 オーブンなどでチンするだけという手軽さも人気の理由です。 じゃがいものアレンジ 「じゃがいもを茹でてマッシュしたものに、ミートソースとチーズをかけて焼く」( 37歳/総務・人事・事務) 「薄切りポテトにかけチーズをのせてオーブントースターで焼くグラタン風。 トルティーヤにアボカドレタスチーズなどと一緒に巻いてメキシカン風にして食べる」( 54歳/主婦) 「輪切りにしたじゃがいもと玉ねぎを炒めたものの上にミートソースをかけ、とろけるチーズをのせて、オーブントースターで焼く」( 54歳/主婦) なすのアレンジ 「炒めたなすの上にミートソースをかけて、チーズをのせて、オーブンで焼きます。 子どもが唯一食べれられるなす料理」( 44歳/主婦) 「なすとポテトのミートソース焼き。 ナス、じゃがいも、玉ねぎ、ミートソース、チーズがあれば出来ます」( 34歳/主婦) 「豆腐」にあわせてヘルシーに 意外にも、豆腐とミートソースは相性抜群! 味がしっかりしていて食べ応え抜群なのにヘルシーだからついついたくさん食べてしまいます。 「ミートソースで豆腐をいためて麻婆豆腐風」(49歳/その他) 「表面をカリッと焼いた厚揚げにミートソースをかけて、チーズを乗せて焼く」( 45歳/主婦) 「豆腐にミートソースをかけて上にチーズをのせてオーブンで焼き上げます」( 38歳/営業・販売) 「肉」onミートソースならボリューム満点! ミートソースとお肉と合わせる斬新な技も! 焼いたり煮たりした肉の上にミートソースをかけて、旨味たっぷりのソースとして。 さらに、ミートソースにひき肉を加えて、肉団子に変身させている方もいましたよ。 「ひき肉を多めに入れて肉団子にする」( 52歳/主婦) 「鶏肉を焼いてかけて食べる」( 53歳/主婦) 「鶏もも肉を煮て、チーズをのせてオーブンで焼く」( 56歳/主婦) 「ハンバーグソースとしてかけると子どもが喜ぶ」( 41歳/主婦) まだまだあります「ミートソース」アレンジ 最後はちょっとひねりの効いたアレンジをまとめてご紹介。 ラーメンやそうめんにかけたり、チャーハンに入れたり、春巻きに入れたり……入れても混ぜてもかけてもアレンジできてしまうミートソースってすごい! 「辛さと豆やピーマンを足してチリコンカン風」( 35歳/主婦) 「そうめんにかける」( 51歳/総務・人事・事務) 「餃子にかけてチーズ」( 39歳/その他) 「春巻きでチーズと一緒に包む」( 46歳/主婦) 「ミートソースをラーメンにかける」( 59歳/総務・人事・事務) 「チャーハン。 チキントマト風」( 49歳/総務・人事・事務) いかがでしたか? 実はアレンジ豊富な「ミートソース」。 多めに作り置きしておけば、アレンジ次第で翌日からのごはんの支度がラクになりそう! いつもパスタにしか使わないという方も、ぜひ試してみてください。

次の

たくさん作っても安心!パスタ以外も絶品「ミートソース」主婦の凄腕アレンジ集

市販 ミート ボール アレンジ

幼児誌『ベビーブック』『めばえ』 小学館)に掲載された中から、ミートソースのレシピを11品ピックアップしまとめました。 トマト缶で簡単に作る基本のミートソースから、ドリアやグラタンなどのアレンジメニュー、相性の良いなすと合わせた一品など、子どもが喜ぶ人気レシピばかりです。 子どもが喜ぶミートソースのレシピ 【1】簡単ミートソース トマトだけじゃなく、玉ねぎやにんじんをたっぷり使ったミートソースは栄養満点。 にんじんのイルカを飾ってかわいらしく。 にんじんはすりおろす。 【2】フライパンにオリーブ油を中火で熱し、玉ねぎを炒める。 色がついたらトマト、にんじん、ひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったら【A】で調味し、汁けがなくなるまで煮詰める。 器に盛り、【2】をかける。 *ゆでて型抜きしたにんじんや、いんげんなどを添えても。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん シンプルでおいしい実用的なレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『ベビーブック』2013年7月号 【2】ミートボールナポリタン ボリューム満点、ミートボールが主役のナポリタン。 オリーブ油を加えてふんわり肉団子に。 【2】ピーマンは細切り、にんじんは8mmの輪切り、トマトは粗みじん切り、マッシュルームは3mmの輪切りにする。 玉ねぎとにんにくは薄切りにする。 【3】フライパンにオリーブ油とにんにく、玉ねぎを入れて熱し、しんなりするまで炒め、【1】、トマト、【B】を入れてふたをし、5分煮る。 ピーマン、マッシュルーム、【C】を加えて煮る。 【4】スパゲティとにんじんを一緒にゆでて、【3】に加えて和える。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 トマト缶を使ったミートソースのレシピ 【1】ミートソース ちょっと多めに作って他のおかずへのアレンジにも。 【2】鍋にオリーブ油を熱し、【1】を弱火でじっくりと炒める。 玉ねぎが透き通っ てきたらひき肉を加え、ほぐすように炒める。 【3】 肉の色が変わったら赤ワインを注ぎ、アルコール分が飛んだら【B】を加え、ヘラでトマトをつぶしながら中弱火で30分煮る。 最後に【C】で味を調える。 【4】スパゲッティをゆでて器に盛り、【3】をかける。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 【2】トマトとかぼちゃのうどんミートソース 柔らかく煮込んだかぼちゃが甘くて食べやすい!トマト、チーズとの相性も良く食欲をそそります。 うどんミートソースはもちもちと食べ応え十分。 【2】フライパンでにんにく、オリーブオイルを中火で炒め、白菜を加えてさらに炒める。 白菜がしんなりしたら肉を加えてよく炒め、ポロポロになったら塩をふる。 ホールトマトと水、コンソメを加えて味を調える。 【3】【2】が半量に煮詰まったらかぼちゃとケチャップを加え、煮汁が少なくなるまでさらに煮込む。 【4】湯通ししたうどんを【2】に絡めて器に盛り、好みで粉チーズ(分量外)をふる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん いざわゆみこ/料理家。 調理師、国際中医薬膳師、中医師の免許をもち、健やかな体作りをサポートする食レシピを多数考案。 旬の食材の効能と素材の味を生かした料理に定評があり、発酵食と身近な薬膳を組み合わせた独自のメソッドが人気。 テレビの料理番組、雑誌、書籍、カタログなど幅広く活躍。 『めばえ』2017年3月号 【3】ナゲットトマトスパゲッティ おかずで作るナゲットをパスタにも!ナゲットのうまみで煮込む手間なし。 【2】耐熱容器に玉ねぎ、にんにく、トマト、塩を入れて混ぜ、ふんわりラップをかけ、電子レンジ(600Wの場合)で4分加熱する。 ナゲットを加えて混ぜ、さらに4分加熱。 オリーブ油を混ぜる。 【3】スパゲッティをゆで、【2】に加えてからめる。 チーズは5mm角に、玉ねぎはみじん切りにする。 【2】ボウルに【1】とひき肉を入れてよく混ぜ、ひと口大に丸める。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 女の子のママ。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」が毎月200万アクセスを誇る。 『ベビーブック』2013年10月号 なすと合わせたレシピ 【1】パプリカ、なすのミートチーズペンネ 味付けはケチャップと塩だけ。 あとはチーズや素材のうま味を合わせると、シンプルながら奥深いミートソースペンネに変身。 【2】 フライパンにバターを入れて中火で熱し、合いびき肉と【1】を加え、へらでほぐしながら、3~4分炒める。 【3】【B】を加え、ときどき混ぜ、焦げないように注意しながら10~12分炒め煮にして、火を止める。 【4】パスタは、塩を多めに加えて表示時間どおりにゆで、ざるにとって水気をきる。 【5】【3】に【4】を加えて中火で熱し、ひと煮立ちさせる。 器に盛り、チーズをふって余熱で溶かす。 教えてくれたのは 村田裕子さん 管理栄養士・料理研究家。 イタリア他、ヨー ロッパ各地で家庭料理を学ぶ。 管理栄養士の資格を生かした健康指導も行う。 ヘルシーで、簡単で、センスのいいレシピが人気。 『ベビーブック』2017年8月号 【2】なすのミートグラタン たくさん作ったミートソースをストックしておいて、ピザ用チーズをなすに載せるだけ。 あと一品欲しいときに子供がうれしいミートグラタンは心強い見方です。 電子レンジ(600W)で3分加熱する。 【2】【1】を1cm幅の輪切りにしてグラタン皿に並べ、ミートソースをかけ、チーズを散らす。 トー スター(1000W)で焼き色がつくまで焼く。 大人は大きめに切っても。 リメイクするのに便利!ミートソースの作り方。 【2】鍋にオリーブ油を熱し、【1】を弱火でじっくりと炒める。 玉ねぎが透き通っ てきたらひき肉を加え、ほぐすように炒める。 【3】 肉の色が変わったら赤ワインを注ぎ、アルコール分が飛んだら【B】を加え、ヘラでトマトをつぶしながら中弱火で30分煮る。 最後に【C】で味を調える。 【4】スパゲッティをゆでて器に盛り、【3】をかける。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 グラタンやドリアなどミートソースのアレンジレシピ 【1】焼きカレードリア かぼちゃの甘みを加えたカレーが新しい。 チーズを載せて焼くだけでカレーがドリアになって、いつもと違う味わいに。 【2】フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎとにんじんを炒め、玉ねぎに色がついたら、ひき肉を加えて炒める。 肉の色が変わ ったら【A】を加えて炒め、香りが立 ったらかぼちゃと水を加え、【B】で調味し、汁けがなくなるまで煮詰める。 【3】耐熱容器にご飯を敷き、【2】のカレーをかけて、チーズを散らす。 温めておいたオーブント ースターで10分ほど焼く。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『めばえ』2014年4月号 【2】冬野菜のカレーミートグラタン 冷蔵庫の残り物で作るのに、ボリューム満点でおもてなし料理にも使えそう!根菜類は大きく切って下茹でするといろいろな食感が楽しめる。 ともに熱湯で柔らかくゆでて水気を切る。 ほうれん草は塩少々(分量外)を加えた熱湯でさっとゆでて水に取って絞り、3~4cm長さに切る。 トマトは1cm角に切る。 【2】フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で玉ねぎを炒める。 しんなりしたらひき肉を加えてほぐしながら炒める。 色が変わったらカレー粉を加えて炒め、トマトを加えて潰しながら炒める。 ケチャップを混ぜて塩で味を調える。 【3】耐熱皿に【1】と【2】を盛り、チーズを散らしてオーブントースターで7~8分、表面がこんがりするまで焼く。 教えてくれたのは コウ ケンテツさん 料理研究家。 旬の素材を生かした簡単&ヘルシー&おいしいメニューが評判で、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍。 1男1女のパパとして、食育や食を通してのコミュニケーション活動にも力を入れている。 『めばえ』2017年2月号 ストックor市販のミートソースを使ったアレンジレシピ 【1】ミートマーボー丼 ミートソースがマーボー豆腐に。 市販のソースを利用してちょこっとアレンジでご飯にピッタリな味に。 【2】フライパンでミートソースを温め、【1】を加えてさらに温め、オイスターソースを加え混ぜる。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせ、チーズを散らす。 *大人は豆板醤を加えても。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 三児の母であり、個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『ベビーブック』2011年6月号.

次の

簡単で美味しい!市販ミートボールの人気アレンジレシピ5選

市販 ミート ボール アレンジ

ミートソースのアレンジレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』 小学館)に掲載された中から6品ピックアップしました。 定番人気のパスタ&ドリアから、お弁当におすすめのアレンジレシピまで。 便利で簡単なレシピを幅広くご紹介します。 ミートソースの作り方 ちょっと多めに作って冷凍も可能。 パスタはもちろん、他のおかずにリメイクするのにもぴったりです。 【2】鍋にオリーブ油を熱し、【1】を弱火でじっくりと炒める。 玉ねぎが透き通っ てきたらひき肉を加え、ほぐすように炒める。 【3】 肉の色が変わったら赤ワインを注ぎ、アルコール分が飛んだら【B】を加え、ヘラでトマトをつぶしながら中弱火で30分煮る。 最後に【C】で味を調える。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 ミートソースの人気アレンジレシピ【パスタ】 【1】パプリカ、なすのミートチーズペンネ 味付けはケチャップと塩だけ。 あとはチーズや素材のうま味を合わせると、シンプルながら奥深いミートソースペンネに変身。 【2】 フライパンにバターを入れて中火で熱し、合いびき肉と【1】を加え、へらでほぐしながら、3~4分炒める。 【3】【B】を加え、ときどき混ぜ、焦げないように注意しながら10~12分炒め煮にして、火を止める。 【4】パスタは、塩を多めに加えて表示時間どおりにゆで、ざるにとって水気をきる。 【5】【3】に【4】を加えて中火で熱し、ひと煮立ちさせる。 器に盛り、チーズをふって余熱で溶かす。 教えてくれたのは 村田裕子さん 管理栄養士・料理研究家。 イタリア他、ヨー ロッパ各地で家庭料理を学ぶ。 管理栄養士の資格を生かした健康指導も行う。 ヘルシーで、簡単で、センスのいいレシピが人気。 『ベビーブック』2017年8月号 ミートソースの人気アレンジレシピ【ドリア】 【1】緑黄色野菜ドリア ごはんの上に野菜やチーズをトッピングした簡単ドリア。 免疫力アップに主食もとれるバランスのいい一品を。 トマトは1cm角に切る。 【2】【A】は混ぜ合わせて、塩、こしょうで軽く味をつける。 【3】耐熱容器にオリーブ油を薄く塗り、ご飯を敷き詰める。 上にミートソース、【1】、【2】、チーズの順にのせ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 お弁当にもおすすめ!ミートソースのアレンジレシピ 【1】辛くない麻婆豆腐 作り置きしておくと便利なミートソース。 そのミートソースをリメイクして、なんと、豆腐と薬味で中華にも早変わり!大人はお好みでラー油を足すとさらに美味しいです。 【2】【B】はみじん切りにする。 【3】フライパンにごま油を熱して【2】を炒め、香りが出たら【1】と【A】を加え、豆腐が温まったら火を止める。 *万能ねぎの小口切りを散らしても。 大人はお好みでラー油をたらす。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 ミートソースの人気アレンジレシピ【その他】 【1】トマトとかぼちゃのうどんミートソース 柔らかく煮込んだかぼちゃが甘くて食べやすい!トマト、チーズとの相性も良く食欲をそそります。 うどんミートソースはもちもちと食べ応え十分。 【2】フライパンでにんにく、オリーブオイルを中火で炒め、白菜を加えてさらに炒める。 白菜がしんなりしたら肉を加えてよく炒め、ポロポロになったら塩をふる。 ホールトマトと水、コンソメを加えて味を調える。 【3】【2】が半量に煮詰まったらかぼちゃとケチャップを加え、煮汁が少なくなるまでさらに煮込む。 【4】湯通ししたうどんを【2】に絡めて器に盛り、好みで粉チーズ(分量外)をふる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん いざわゆみこ/料理家。 調理師、国際中医薬膳師、中医師の免許をもち、健やかな体作りをサポートする食レシピを多数考案。 旬の食材の効能と素材の味を生かした料理に定評があり、発酵食と身近な薬膳を組み合わせた独自のメソッドが人気。 テレビの料理番組、雑誌、書籍、カタログなど幅広く活躍。 『めばえ』2017年3月号 【2】ミートマーボー丼 ミートソースがマーボー豆腐に。 市販のソースをを利用してちょこっとアレンジでご飯にピッタリな味に。 【2】フライパンでミートソースを温め、【1】を加えてさらに温め、オイスターソースを加え混ぜる。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせ、チーズを散らす。 *大人は豆板醤を加えても。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 三児の母であり、個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『ベビーブック』2011年6月号 【3】なすのミートグラタン たくさん作ったミートソースをストックしておいて、ピザ用チーズをなすに載せるだけ。 あと一品欲しいときに子供がうれしいミートグラタンは心強い見方です。 電子レンジ(600W)で3分加熱する。 【2】【1】を1cm幅の輪切りにしてグラタン皿に並べ、ミートソースをかけ、チーズを散らす。 トー スター(1000W)で焼き色がつくまで焼く。 大人は大きめに切っても。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号.

次の