カープ 鈴木 誠也 ブログ。 広島カープ・鈴木誠也と元新体操日本代表・畠山愛理が交際・フライデーに激写される!!

カープ鈴木誠也&畠山愛理「新宿タワマンで熱い夜」→四番として活躍してくれれば何しててもいい

カープ 鈴木 誠也 ブログ

「あいつに回したくないと思わせた時点で、4番の役割を果たしているかなと思います」(広島・鈴木誠也) 一度だけ、鈴木のロングインタビューに成功したことがある。 彼が初めてWBC日本代表に選ばれた2017年のことで、チームで4番を務めるようになったのもこの年からだ。 だが、鈴木は終盤に右足首骨折の大怪我を負い、インタビューはそのリハビリ中に実現した。 そこで彼は「楽しいですよ、4番は」と言い切った。 「いろんな投手と対戦できるので、去年よりも自分が絶対に成長できていると思える瞬間です。 今まではいい投手に数多く立てていなかったのが、今年は去年よりも対戦が増えた。 4番を打つことで自分が成長できた自負はあります」 4番になると、いろんなことが変化するという。 例えば、投手の攻め方。 鈴木によれば、「当ててもいい」というくらい気持ちがこもった厳しいインコース攻めは、4番でしか体験できないものだという。 また、相手投手の起用法にも変化が見られた。 「4番を打つ前だと、チャンスの時に僕のところまでは同じ投手が来て、その後で投手が替わるということが多かった。 それが4番になると、僕を迎えたところで投手が代わるんです。 自分の想定としては、それまで投げていた投手をイメージしているので、そこで急に代わるのはキツかったですね。 それもまた、相性が良くない投手だったりすることもあって『うわあ』って思うんです」 こうした体験を通じて、鈴木は「投手は4番に対して、1打席1打席を本気で抑えにくる。 そこにハイレベルな戦いがある」ことを痛感した。 普通ならこれを「4番の重責」と捉えるところだが、鈴木は「成長の糧」と捉えた。 まるで向上心の塊のような男。 それが鈴木である。 彼の話を聞いていると、いかにして自分が大きくなれるかばかりが口をついて出てくる。 同じ1994年生まれの怪物・大谷翔平(エンジェルス)について話が及んだ時も、こんなことを口にしている。 「一緒にいればいいことあるかなと思って、侍ジャパンで一緒になった時は部屋で話したりしましたけど、(大谷は)自分のやるべきことを欠かさないです。 トレーニングや食事とか。 すべて計算してやっています。 やるべきことをちゃんとやっているから、あれだけの選手になるよな、と。 あの体であの取り組み方なら、僕がどれだけやっても追いつけない。 意識の高さが違いますね」。 侍ジャパンでは、大谷以外にも「こういうところに来る選手はすごい考え方を持っているな」と感心することも多いのだという。 プロとして実績を積み重ねても、他の選手から刺激を受けて、さらに自身の能力を高めようとしているのだ。 昨シーズン、鈴木は初タイトルとなる首位打者を獲得しただけでなく、OPSでも両リーグトップを記録。 シーズン終了後に参加したプレミア12ではMVPに輝いた。 あのインタビューから3年。 今や世界に恐れられるほどの打者となった鈴木が、さらなる高みへ足を運んだ姿を見てみたいと思うのは、筆者だけではないはずだ。

次の

【広島カープ】監督緒方からみたら鈴木誠也の成長の過程|プロ野球アンテナ

カープ 鈴木 誠也 ブログ

ともに1994年の東京生まれで、誕生日はわずか2日違い。 さらに五輪という、これ以上ない共通の話題があった。 畠山愛理は新体操団体で12年ロンドン、16年リオ五輪に出場。 15年の世界選手権では団体種目別リボンで日本勢として40年ぶりの銅メダルも獲得し、世界での戦いを知る。 一方の鈴木誠也は今季開幕前、1年後に迫った東京五輪に向けて「みんなに認めてもらって4番を打たせてもらいたい」と発言。 主砲への意欲を明確に示したところだった。 愛くるしい笑顔と物腰の柔らかさで「美しすぎる新体操選手」と人気を集めた畠山愛理だが、これまで交際のうわさは皆無。 一方で15年にミス日本特別賞を受賞するなど、その容姿を生かしたモデル業などにも活動の幅を広げてきた。 リオ五輪後に現役を退いた後は、スポーツキャスターとしてNHKのスポーツニュースのリポーターに就任。 アスリートの取材にかかわる中で、鈴木誠也とも意気投合したとみられる。 は試合前のフリー打撃終了後、「隠すつもりはありません。 いいお付き合いをさせてもらっています」と真剣な表情で話した。 今後について「シーズン中ですし、先のことは…。 相手のお仕事もあることなので…」と話すにとどめたが、交際は順調な様子。 畠山愛理の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」とした。 現在は広島と東京の遠距離恋愛だが、ゆっくり大きく、愛を育んでいく決意は固そうだ。 7月28日ヤクルト戦の後に… 7月28日、神宮でのヤクルト戦で9連勝を成し遂げたその夜のこと。 試合終了後、鈴木は一人、タクシーを飛ばして赤坂の飲み屋街へ向かった。 タクシーを降りると、雑居ビルの階段を静かに上っていく。 メガネをかけていたのも一応、変装のつもりらしい。 しかも、彼が入っていったのは日曜が定休日のはずの和食屋だ。 が疲れた身体にムチ打ち、変装までして会いに行ったのは誰なのか? 約2時間半後、店から出てきた鈴木を見て納得した。 彼の傍らには「フェアリージャパン」こと新体操団体の元日本代表、畠山愛理(はたけやま・あいり、24)がいたのである。 鈴木は店内で合流した畠山&彼女の知人を連れて、再びタクシーに乗り込んだ。 走ること30分。 新宿にある高級タワーマンション前で鈴木と畠山は下車。 助手席に座る知人に別れを告げた。 「ありがとう。 また行こうね」 顔をクシャクシャにして挨拶する鈴木。 そしてその隣で一所懸命、手を振る畠山。 その後、二人は距離を縮めながらタワマンの中に消えていった。

次の

【広島カープ】監督緒方からみたら鈴木誠也の成長の過程|プロ野球アンテナ

カープ 鈴木 誠也 ブログ

さすがはカープの、いや侍ジャパンの主砲と言うべきか。 たとえば7月28日、神宮でのヤクルト戦で9連勝を成し遂げたその夜のこと。 試合終了後、鈴木は一人、タクシーを飛ばして赤坂の飲み屋街へ向かった。 タクシーを降りると、雑居ビルの階段を静かに上っていく。 メガネをかけていたのも一応、変装(顔とマッチョボディに特徴がありすぎてバレバレなのだが……)のつもりらしい。 しかも、彼が入っていったのは日曜が定休日のはずの和食屋だ。 鈴木が疲れた身体にムチ打ち、変装までして会いに行ったのは誰なのか? 約2時間半後、店から出てきた鈴木を見て納得した。 彼の傍らには「フェアリージャパン」こと新体操団体の元日本代表、畠山愛理(はたけやま・あいり、24)がいたのである。 鈴木は店内で合流した畠山&彼女の知人を連れて、再びタクシーに乗り込んだ。 走ること30分。 新宿にある高級タワーマンション前で鈴木と畠山は下車。 助手席に座る知人に別れを告げた。 「ありがとう。 また行こうね」 顔をクシャクシャにして挨拶する鈴木。 そしてその隣で一所懸命、手を振る畠山。 その後、二人は距離を縮めながらタワマンの中に消えていった。 yahoo.

次の