お 体 お 大事 に なさっ て ください。 「お大事に」は敬語? 正しい意味と使い方を知ろう【定型文つき】

「お大事に」は敬語? 正しい意味と使い方を知ろう【定型文つき】

お 体 お 大事 に なさっ て ください

「お体に気を付けて」という言葉を誰かに言ったり、掛けたりされたことありますか?この言葉には、相手の体調を心配して気遣う気持ちが込められていますね。 誰かの健康を思いやる優しさにあふれた言葉です。 誰かにこの言葉を使うのは少し気恥しいかもしれませんが、自分がこの言葉をかけられるとうれしいですよね。 でも上司、先生などの目上の方に対して「お体に気をつけて!」というのは本当に正しい日本語なのでしょうか?相手を気遣ってかけた言葉なのに、「年下のくせに生意気な言葉づかいだ」と思われてしまっては大変。 口語だけでなく文面に表したときにどのように使うのが正解なのか、気をつけて覚えておきましょう。 「お体に気をつけて」なのか「お身体に気をつけて」なのか…。 この差っていったいなんなんでしょう? 使い分けのポイントは、『常用漢字かどうか』。 さらに細かく言うなら、漢字が意味する範囲にも違いがあります。 少し複雑な表記分けですが、文字に起こす際は「お体に気をつけて」としてくださいね!返答は以下の記事を参考にどうぞ。 毎年欠かせない年賀状でも「お体に気をつけて」の文言はよく使いますね。 季節ごとの手紙などでも、そのシーズンごとの挨拶に合わせて「寒い日が続きますので、どうぞお体に気をつけて…」というように締めくくりの一文としてよく用いられます。 ここでも「ご自愛ください」は大活躍。 年上・年下・男性・女性問わずオールラウンドに使える敬語なので、押さえておくとよいでしょう。 ただ、病気療養中や入院中の方には不適切な言葉ですので、くれぐれも気をつけておきましょう。 またシンプルに「健康に気をつけて良いお年をお迎えください!」のような言葉もいいですね。 口頭・メール・年賀状・手紙などでの使い方や文例• いつも親切にしていただき、ありがとうございます。 お体に気をつけてますますお元気でいてください。 久しぶりに会えるのを楽しみにしております。 健康に留意し、良い毎日をお過ごしくださいね。 ご無沙汰しております。 寒くなりましたので、お風邪など召されぬよう気をつけてくださいませ。 夏の疲れが出る時期ですので、どうぞご自愛くださいますようお願いいたします。 昨年は大変お世話になりました。 皆さまのますますのご発展とご健康をお祈りしています。 【手紙】暑中お見舞い申し上げます。 暑さ厳しい折、くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 【手紙】末筆ながら、何卒お気を付けて年末をお過ごし下さいませ。 「お大事になさってください」と逆のパターンが「お体を大切に」の言葉。 こちらは主語ではなく術語を略しており、詳しく言うなら「お体を大切にして元気でいてくださいね」です。 目上の人に対しては最初から最後まできちんと文章にして伝えるのが良いですが、わかりやすく、簡潔に伝えるならこの言葉を使っても大丈夫です。 後輩や部下に対しても別れのシーンなどでは「体を大切にして、元気で過ごしてください」というように丁寧にあいさつするとき、とてもわかりやすくていいですね。 二人きりで話すときも、たくさんの人の前で話すときもどちらでも使える万能フレーズのひとつです。 「お体に気を付けて」と同じ意味の違った言い方• お大事になさってくださいね。 お体を大切になさってください。 くれぐれもお体にはご留意ください。 くれぐれもお体を一番にお過ごしくださいませ。 ご健康にお気をつけください。 お風邪など召されないよう、お気をつけください。 体調などお気をつけください。 「お体に気をつけて」という言葉は、相手を気遣うフレーズであるということがよくわかりましたが、英語でも言葉に込められている想いは同じです。 また、英語には日本語のような敬語や謙譲語などの使い分けがあまりないので、幅広くひとつの言葉を使うことができますよ。 もちろん状況や相手により使う言葉は変わってきます。 例えばくしゃみをした時。 日本ではくしゃみをした人に「大丈夫?風邪ですか?」なんて声をかけますよね。 英語でも同じ。 くしゃみした人には「Bless you!」と言葉を使うのが通常です。 もしもそう言ってもらったときには「Thank you」と返しましょう。 他にも病人に対しては労りの言葉として「Get well. 」これは「良くなってね」という表現です。 別れのシーンでは「Mind yourself. 」「体に気をつけて」というように使います。 英語でも多くの表現の仕方があるので、その時に合わせて使えるフレーズをいくつか覚えておきましょう。 英語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その1……「Take care of yourself. 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その2……「Look after yourself. 手紙やメールで使える「お体に気をつけて」……「May you keep in good health. 親しい友人に使えるフラットな「お体に気をつけて」……「Take care. 風邪の人に使える「お体に気をつけて」……「Take care of that cold. 病人を励ます時に使える「お体に気をつけて」……「We'll get through this together. くしゃみをした人に使う「お大事に」……「Bless you! 」「Gesundheit! 」 韓国語でも日本語とおなじように気遣いの言葉として使われている! 韓国語での意味も日本とあまり変わらず労りや心遣いの言葉として口にされている「お体に気をつけて」というフレーズ。 韓国語には「健康でいてね!」という意味合いが含まれています。 また「ご飯をきちんと食べてね~」の言葉も、韓国では「お体に気をつけてね」といいう意味として広く使われています。 韓国では挨拶がわりに「ごはん食べた?」と聞かれる方も多くいるので、もし「まだなんだ」なんていうと「だから元気ないんだよ~」という感じでおいしいごはんを食べたら健康になるよ!という想いが込められているようです。 韓国語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 「健康でいてね」という意味で使える…「건강 하세요. 」読み方は コンガン ハセヨ. 「お元気でね」という意味で使える…「잘 계세요. 」読み方は チャル ケセヨ. 「お体に気をつけて」という意味で使える「몸에 조심하세요. 」読み方は モメ チョシマセヨ. 「ごはん食べました?」という意味で使える「식사 했어요?」読み方はシクサ ヘッソヨ?• 「風邪に気をつけてください」という意味で使える「감기 조심하세요. 」読み方は カムギ チョシマセヨ.

次の

体調を気遣う言葉「お体に気をつけて」の使い方と類語

お 体 お 大事 に なさっ て ください

「ご自愛」の意味と使い方 自愛とは、「自(おの)ずから愛(いつく)しむ」という漢語です。 品行を慎む「自重」や自分の利益を図る「利己」などの意味もありますが、現在では「 自分を大切にする」・「 自分の体に気をつける」の意味で用いられるケースがほとんどです。 ご自愛という敬語の形では、「お体を大切にしてください」の意味で「 ご自愛ください」が書簡・メールなどの 結びの定型句になっており、その他、同じ意味の変化形でも 結びの言葉としてよく使われます。 相手の尊厳や生活・仕事・社会的評価などを損なわないように思い遣る「ご自分を大切になさってください」の意味で用いられることはまずありません。 なお、相手の健康を気遣う文言は、ビジネスレターにふさわしくないと感じられるかもしれません。 しかし、少なくとも相手が親しい人物である場合には、私的なレターの場合と同様によく書かれる結びの言葉です。 また、 季節に関係なく使える「時節柄」や時候に関することなど、健康を気遣う理由となる文言をかならず前に付けてください。 そうしないと、病人への見舞いの言葉になってしまいます。 スポンサードリンク ご自愛 の例文 炎暑の折、 ご自愛くださいませ。 ) 木枯らしの季節となりました。 お風邪など召されませんよう、くれぐれも ご自愛ください。 時節柄、なにとぞ ご自愛専一にお願い申し上げます。 インフルエンザが流行っておりますので、 ご自愛のほどお願い申し上げます。 遠方にてお伺いすることは叶いませんが、 ご自愛のほどお祈り申し上げます。 美味しい秋本番です。 カロリーのとり過ぎにお気をつけて、どうぞ ご自愛なさってください。 ご自愛の類語 の例文 ご多忙の由、くれぐれも 御身お大事に。 ご多忙とは存じますが、どうぞ お体をお大事に。 時節柄、 お体をお大事になさってください。 諸事繁多の折、 ご健勝をお祈り申し上げます。 スポンサードリンク.

次の

「お大事に」と相手をいたわる労いの中国語表現11選

お 体 お 大事 に なさっ て ください

「お大事になさってください」とは? 「お大事に」の意味 「お大事になさってください」は「お大事に」を丁寧にした表現です。 「お大事に」には「早く良くなりますように」「病が悪化しませんように」「お体を大切に」などの意味があります。 風邪などの病やケガを負っている相手の体の状態を気遣って、回復を願っていることを伝える言葉です。 「お大事に」だけであれば、体を癒すことをのぞむ言葉ですが、「大事」には「大変なこと」「重大な事柄」「おおごと」などの意味もあります。 つまり、「お大事に」には、より病気などの状態が悪くなる「おおごと」になりませんようにという願いが込められているのです。 「お大事になさってください」はベストな言い回し 「お大事に」は相手の体をいたわる言葉ですので、言われて悪い気分になる人は基本的にはいません。 しかし立場やシチュエーションによっては、違和感を覚える人もいるかもしれません。 なぜかというと「お大事に」が文章として完結しておらず、略した表現であるためです。 口で伝える場合にベストな言い回しが「お大事になさってください」です。 お大事になさってください」は、尊敬語である「なさる」と丁寧語の「ください」から成り立っている敬語ですので目上の人にも使用することが可能です。 例文を確認しておいてください。 どうかお大事になさってください ・友人家族が体調不良の場合 お大事になさってください。 あなたも体調を崩されませんように 「お大事に」の他の敬語表現 「お大事にしてください」は失礼にあたる場合も 「お大事になさってください」と似た表現に「お大事にしてください」があります。 これは動詞の「する」と丁寧語の「ください」から成り立った表現です。 目上の人に使用するには、少し要求の意味を強く感じられる表現であるため相手によっては失礼に思われてしまうこともあります。 社内で上司に使用する場合や、親しい目上の人に対してなら問題ありませんが取引先などに対しては、やはり「お大事になさってください」が適切な表現です。 「ご自愛ください」はメールや文書にベスト(例文つき) 「お大事になさってください」は口頭で伝える場合のベストな敬語表現でした。 相手の体調不良を知ったうえでメールや文書などをやり取りする場合、「ご自愛ください」と言い換えることがベストです。 「自愛」は自らの身や健康状態に気を付けることで、「ご自愛ください」は「あまり無理しないでください」「身体を大事にしてください」といったニュアンスで使用されます。 尊敬の接頭語「ご」と丁寧語の「ください」が組み合わせられています。 間違って使ってしまいそうな表現に「お体をご自愛ください」があります。 「自愛」には体も含めた自分を愛するという意味があり、体が既に含まれているためです。

次の