エンター ザガン ジョン 攻略。 初心者はまずチュートリアルからプレイ!

Enter the Gungeon 日本語版Wiki Wiki*

エンター ザガン ジョン 攻略

Steamで販売されている弾幕系アクションシューティングゲームです。 どうやらPS4でも販売されているらしい。 簡単な操作に加えてローグライク風となっておりプレイするたびにダンジョンの地形、敵、ボスなどが変化して何度も楽しむことができるゲーム性になっています。 ドット絵で可愛らしいキャラなので激しくてもどこか和めるゲームです。 また豊富な武器が用意されておりプレイするたびに宝箱から出現する武器にも違いがあります。 汎用性の高い武器からぶっ壊れ性能の武器まで取得する武器によって難易度が変わるのも面白い要素の一つです。 弾幕系アクションシューティングと言われてもパッとイメージが湧かない人も多いかと思います。 プレイした映像を何枚かスクリーンショットしたのでぜひゲームイメージとして想像してみてください。 エントランスと呼ばれる部屋があり4人のキャラクターから1人を選んでプレイ開始となります。 チュートリアルも準備されており操作方法や敵の倒し方などをレクチャーしてくれます。 またこのゲームは日本語に公式対応されているため内容も理解もできて助かります。 ゲームプレイ中のスクリーンショットですがこのように敵が銃弾を多く放ってきます。 それを避けながら自分も照準を合わせて各フロアの敵を一掃するといったゲームになります。 これは序盤なので敵も少なく放たれる銃弾も優しいですがダンジョン奥深くまで進行するとどうやって避けんの…といった感じの弾丸が浴びせられてきます。 筆者はPCゲームでもFPSジャンルが好きで頻繁にプレイしていますがFPSゲームよりも多くの情報を瞬時に処理する能力があり難しいと感じました。 しかし、テンポがよく倒されても幾度も挑戦したくなるゲーム。 こういった弾幕STGは初めてのプレイでしたがファミコン、スーパーファミコンをプレイしていた子供の時期のような感覚になり熱くなるシチュエーションがありました。 評価として1500円程度で数十時間は飽きずに遊べる印象で決して高くない満足度の高いゲームです。 ただアクションが苦手な方は弾幕をキーボード操作で避けながらマウスで照準を相手に合わせて撃つといった動作は難しく感じる部分が多いかもしれません。 定価でも十分に満足できる内容ですがアクション系が苦手な方で興味がある方はセールなどを待って購入した方が良いのかもしれません。 私の中では100点満点で85〜90点を与えることができる素晴らしいゲームの一つです。 Enter The Gungeon(エンターザガンジョン)の基本情報 タイトル名 Enter The Gungeon(エンターザガンジョン) 日本語対応 有り ゲームジャンル アクション、アドベンチャー、シューティング 販売元 Devolver Digital リリース日 2016年4月5日 Steam評価 非常に好評 価格 1480円 本ゲーム以外にDLCも3つ準備されています。 サウンドパック、デジタルコミック、ガンコレクション等なのであまりメインゲームに関係するDLCではないため好みで購入検討をすれば良いと思います。 またEnter The Gungeonは公式で日本語対応されています。 NPCの吹き出し説明などしっかりと日本語訳されており翻訳レベルも変な部分はなく快適に読み進めることができます。 Enter The Gungeonをプレイするなら大画面ディスプレイに加えてグラフィックボード搭載PCでプレイしましょう。 特に要求スペックが高いわけではありませんが他のゲームだってプレイしたくなるはず。 だから選びたいPCをはで紹介されているようなBTOパソコンを手に入れてゲームをやると幸せになることができますよ! Enter The Gungeonの次におすすめしたいPCゲーム「Battlerite」 エンターザガンジョンをクリアして飽きたよ〜なんて方に次のゲームとしておすすめしたいのがBattleriteです。 を書きましたがエンターザガンジョンに似た操作性です。 そして対人戦メインの格闘あり、シューティング要素ありの見下ろし視点ゲーム。 アクション性が高く対人メインなので飽きることがありません。 筆者もかなりハマってしまいエンターザガンジョンのプレイ時間を超えてしまいました(笑).

次の

Enter The Gungeon(エンターザガンジョン)の操作方法

エンター ザガン ジョン 攻略

ソルジャーは筆者がプレイした中で最も使い勝手の良いキャラクターと感じました。 またヘルメットを被った状態で攻撃を受けてもヘルメットが身代わりとなりライフ値が減りません。 その後ヘルメットは外れた状態になりますが1体力分はお得となるため初心者も生存率が上がります。 ソルジャーの初期武器は連射率の良い弾無制限のピストルです。 装弾数も多いため使い勝手良し。 アクティブスキルは弾薬要請スキルです。 初期武器で使っても意味がないので手に入れた武器に使うようにしましょう。 パッシプスキルは銃の扱いが上達するといった効果を持っています。 パイロットは便利なアクティブ、パッシブスキルを初期状態で搭載しているキャラクターになります。 特に通貨にシビアなゲームなだけにショップのアイテム価格が下がるパッシブスキルは何かと重宝します。 パイロットも初心者向きといえます。 パイロットも初期武器は弾無制限のピストルです。 これも使い勝手良し。 アクティブスキルは失敗もありますがマスターキーを持っていなくても鍵を開けることができるスキルになります。 パッシブスキルはショップのアイテム価格が下がる、アクティブスキルスロットの増加、弾薬の上限数増加といった効果を持っています。 初期武器は2つもっていますがどちらも癖があります。 弾無制限のピストルも装弾数が少ないため連射率が悪いです。 またショットガンも扇状に弾薬が広がるので少数の敵に対しては扱いが難しいといった印象を受けました。 初心者が使うにはちょっと難しい立ち位置のキャラクターです。 プリゾナーは初期装備で銃を2つもっています。 一つは弾無制限のピストル。 もう一つはショットガンです。 前方向に3発の弾薬を放ち広がっていきます。 ショットガンに関しては弾薬上限があるため無駄遣いは禁物。 またアクティブスキルは火炎瓶を持っており一定の範囲を燃やしてダメージを与えることができます。 パッシブスキルはよく意味がわからないのですが宿敵の写真といったものを装備。 プリゾナーはダメージを受けると怒り、スピードや攻撃力が上昇するようです。 ハンターは相棒のペットを従えてダンジョンを移動できます。 フロアを占拠するとペットが自動でアイテム収集をしてくれるので非常に便利で助かります。 ハンターも使い勝手の良いキャラクターの1人です。 ハンターもプリゾナーと同じく初期装備として2つの銃を装備。 一つは弾無制限のピストル。 もうひとつがクロスボウです。 アクティブスキルを搭載しておらず、パッシブは自動収集効果といった形になります。 敵を全滅後のフロア探索が面倒方向け。

次の

Enter the Gungeonとは (エンターザガンジョンとは) [単語記事]

エンター ザガン ジョン 攻略

「俺の実力はこの程度なのか…」 何度繰り返しても超えられない壁を前に、ついつい心がくじけてコントローラーを離す。 自分には難しいと言い聞かせ、それとなくゲームを諦めてませんか? 最初に言っときます。 エンターザガンジョンは難しいです 笑 あなただけが直ぐにゲームオーバーになるのではなくて、誰しもが悩んでますので顔を上げてください。 僕なんか未だにクリアできませんからね 笑 だからコントローラーを握りなおして、もう一回プレイしてみませんか? 人間って不思議なもので、遊ぶたびに学習して上達するように出来てるんですよ。 弾が全然命中しない• 敵の弾幕を避けられない• 立ち回りが分からない 色々と悩みはあると思いますが、必ず突破口は存在する。 このことを念頭に置いて、攻略記事を書きたいと思います。 これを真似すればクリアできるなんて甘いモノではありませんが、きっとあなたの中で気づきや発見があるはず。 初心に帰ったつもりでご覧ください 笑 ガンジョン攻略テクニック! 自分の思ったところに撃ててるか確認 まずはここから始めたいと思います。 当たればヒットするし、外れれば相手にダメージは通りません。 自分の中で弾丸の軌道をイメージして撃てなければ、とうぜん敵には当たりません。 ぶっつけ本番で鍛えても良いですが、実戦で弾が当たらないとストレス感じますよね。 そこで。 一見単調に思える練習ですが、かなり理に叶ってます。 狙った場所に撃つ練習• 自分が動くので、相手をとらえ続ける練習にもなる• オブジェクトは動かず数も少ないので、比較的カンタンに達成感を味わえる ゲームでもなんでもそうですが、小さな成功体験を積むことが上達への近道です。 「俺って上手くね? 笑 」 っという自己効力感を大切にして、向上心を持って遊んでると自然と上手くなります。 これガチです 笑 止まらずに撃ちまくれ バカっぽい見出しですが、かなり重要なことを言ってます。 信ぴょう性が無さすぎるので、敵がどのようにこちらを攻撃してるか説明しましょう 笑 そもそも敵の攻撃パターンは大きく2つに分けれており、そこを認識することが重要になるんです。 動かないと当たる弾(多くの敵が撃ってくるパターン)• つまり。 動かないと当たるんです 笑 「当たり前だろっ!! 笑 」 っと思うかもしれませんが、実際に遊んでると攻撃に夢中になりすぎて、足が止まるケースも少なくないはず。 まずは足を止めないで、敵の弾から遠ざかるように立ち回ることです。 相手と距離を詰めるように移動しても、大して意味がありません 笑 平行移動するようなイメージで、横方向に逃げて避けるスペースを確保してください。 場所さえキープできれば、無限に避け続けることが出来ます。 よくある勘違いなんですが、ドッヂ(前転しながら回避するやつ)は基本的に緊急時のみ使った方がいいです。 使うとどうしてもスキが生まれるので、追い込まれてジリ貧になるケースが多く、頼りすぎるのはNG。 基本的には上手く動いて、すり抜けるように立ち回る方が安定します。 一見カッコいい動きですが、使ったぶんだけ確実に足が止まるので、いざと言う時以外は控えましょう。 弾が避けやすい距離を見つける エンターザガンジョンには多くの弾幕パターンが存在しており、多種多様な避け方が存在します。 敵の弾のちらばり具合や、種類に応じて戦う距離を微調整することが重要。 360度に全方向の弾を飛ばしてくる敵なら、ある程度距離を置いて戦った方が、弾が散らばって避けやすくなる。 マシンガンのように弾を飛ばしてくる敵なら、中距離で動きながら戦えば避けれるので、近い方が倒しやすくなります。 敵に応じてこちらが距離を変えることで、圧倒的に立ち回りが安定します。 銃を使ってるから遠距離で戦うなんて言わず、アグレッシブに接近戦をすることで生存率が上がることも。 色々と試してしっくりくる距離感をキープしましょう。 ガンジョンで生き残るために心がけること 止まらずにとにかく撃つ! 笑 シンプルに言えばこうなります 笑 弾切れにビビって引き金を躊躇すれば、一生上達するなんてことはありません。 enter the gungeonだけではなく、ローグライク系のゲーム全てに通じる部分ですが、あなた自身のスキルはどれだけゲームオーバーになっても引き継げます。 遊んだ分だけ確実に成長します。 だからこそ気負わずにガンガン遊んで、コツを掴んでクリアまで遊び倒してほしい。 死んであたりまえなんです。 僕も100回以上死んでます 笑 だからこそ見えてくるものもあるし、上手くいったときの達成感は格別。 薄っぺらい攻略情報なんかで満足しないで、あなただけの攻略テクニックを磨けば、ゲームは絶対面白くなると思うんです 笑 一緒に頑張りましょう 笑.

次の