うなぎ パイ 工場 見学。 うなぎパイの歴史とまわる工場見学 :食べる|ハマラボ[ハママツ研究所]

うなぎパイファクトリー|店舗のご案内|浜松のお菓子処 春華堂

うなぎ パイ 工場 見学

めくるめく、うなぎパイワールド。 浜松名物『うなぎパイ』の 1日の生産本数は、 なんと約200,000本! 工場には洒落、タレにはにんにくがきいてます 天下に誇る浜松名物『うなぎパイ』の1日の生産本数はなんと約20万本。 その生産をしているのが、一般人が見学できるように05年に設立された『うなぎパイファクトリ-』である。 この工場、ただの工場と思ったら大間違い。 洒落た趣向で訪れる人を楽しませる、アミュ-ズメントパ-クなのだ。 パイが焼ける幸せな匂いに包まれたロビ-は、まるで美術館の雰囲気。 最初の観賞物、大理石の壁にディスプレイされたオブジェ風な銀のプレ-トには、うなぎパイの製造工程が刻まれている。 プレ-トは開閉式になっていて、開けると、なんと職人さんの壁画が登場する。 ほとんどの工程を機械ではなく、一人前になるまで10年かかるという職人さんの手で作られているうなぎパイ。 ここに描かれている生地をこねる工程に、1本あたり約9,000層にも折り重ねられたうなぎパイのおいしさの核心に迫る企業秘密があるため絵で見せているそうだ。 次に目に飛び込むのは、壁の一部をくりぬいた小さなガラス窓。 そこからオーブンの中でうなぎパイが焼き上がる様子や、隠し味ににんにくをきかせているという秘伝のタレを塗る様子を見ることができる。 感心したり笑ったり。 楽しさ満載の新名所 手すりにうなぎをあしらった階段を登った先のロビ-からは、階下の自動包装の様子が一望できる。 2階の目玉コ-ナ-は、「うなぎパイシアター」。 そして、シアタ-を出ると、順路は、「うなぎの寝床」というトンネル展示へと続く。 このトンネルの壁には、うなぎパイにまつわるさまざまな展示がある。 トンネルを抜けると、大きなうなぎパイとうなぎパイナッツ入り、うなぎパイV. のオブジェが。 この間で記念撮影ができるのもサ-ビスポイントだ。 この巨大うなぎパイ、個包装の文字まで本物と同じというのも笑いを誘う。 見学コ-スはここで終るが、お楽しみは終らない。 2階のうなぎパイカフェのオリジナルスイーツとお茶は絶品。 1階売店では、直営店限定のお徳用袋や、うなぎパイストラップなどユニークなグッズが手に入る。 お菓子としての完成度はパ-フェクトなうなぎパイ。 その真摯なこだわりと、笑いどころ満載の演出が引き立てあって、関心したり笑ったり。 それがこのうなぎパイファクトリーの楽しさだ。

次の

【静岡】うなぎパイ食べ放題も!?見学無料でお土産GET【うなぎパイファクトリー】

うなぎ パイ 工場 見学

基本情報は下部にもあります。 予約なしでも17時までに行けば入れますよ! うなぎパイファクトリーのアクセス 工場へのアクセスは、車でないときびしい場所にあります。 カーナビで「うなぎパイファクトリー」が検索されない場合「浜松市(西区)大久保町1347-5 浜松技術工業団地」をご指定下さいとのことです。 駐車場は無料です。 車をとめると最初に目に入る真っ赤なトラック。 「うなくん号」メニューは、「かき氷」「うなぎパイジェラート」「うなくんアイスもなか」など。 テラス席があるのでお子さんのいる方も利用しやすいです。 内観 工場の様子。 うなぎパイがじゃんじゃん流れていきます。 写真スポット 大人より大きな 「うなぎパイ」といっしょに写真が撮れます(日付も入るよ)。 うなぎパイカフェ UNAGI PIE CAFE 照明にも 「うなぎパイ」がずらり。 今回、時間の都合でカフェは入らなかったのです。 「ざる豆腐チーズケーキ」これ食べてみたかったなー。 の紅茶パフェ」950円と 「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」750円。 うなぎパイとバニラアイス、イチゴとカスタードソースがサンドされています。 うなぎパイのざくざくとアイスを一緒に食べるとおいしい!これ自宅でもできますね。 あちらこちらに隠れミッキーならぬ隠れうなぎやうなぎパイが見つかります。 工場売店ではお徳用袋がお買い得! ひと通り見学を終えて、一階の入り口にある売店でお買い物。 試食もたくさんあります! 「高級うなぎパイV. 」まで食べられます! 自宅用なら断然、うなぎパイミニのお徳用袋 「うなぎパイ徳用」400円(税別)がお得です。 家に帰ってあけたら、あっという間に食べちゃいました。 おとなりのうなぎパイとサブレなど少しづついろいろ入った袋はおみやげに喜ばれそうです。 iPhoneケースやエコバッグなどグッズコーナーも充実。

次の

うなぎパイファクトリー|店舗のご案内|浜松のお菓子処 春華堂

うなぎ パイ 工場 見学

浜松へ来たらお土産と言えばやっぱり「うなぎパイ」。 県内外でも人気のお菓子うなぎパイ。 そんなうなぎパイの工場見学ができる「うなぎパイファクトリー」へ行って来たぞ。 場所は浜松市西区大久保町にあり、浜松観光の方のみならず、浜松市近辺の方は家族やデートで一度は訪れるであろう人気スポットだ。 入場料や駐車場が無料なのも気軽に行けるポイント。 そんな人気スポットの「うなぎパイファクトリー」の楽しみ方をご紹介しよう。 こんなメンバーで行くと楽しめる!• 浜松観光の人たち• 家族連れ• 子連れ• カップル• 男女混合の友達グループ• シニアグループ• 女子グループ• 男子グループ ほぼどんなメンバーで行っても楽しむことができるので、安心して出かけよう! 人はデカいモノが好き! 人は巨大なモノを見るとテンションが上がる。 工場にも大きく「浜名湖名産・夜のお菓子 うなぎパイ」、そしてうなぎパイを製造販売している「春華堂」と書かれている。 さらに駐車場から入口へ向かう途中にはトラックに乗った巨大うなぎパイがお出迎えしてくれる。 撮影スポットの一つだ。 とにかく巨大うなぎパイを見てテンション上がること間違いなしだろう。 マスコットキャラクターは「うなくん」 マスコットキャラクターは「うなくん」というねじり鉢巻をした少年?だ。 以外に知られていないかもしれない……。 が、笑顔満載で出迎えてくれるので一緒に写真を撮ってあげよう! そしてうなくん後方に見えているのが、「移動カフェ うなくん号」。 これも初めて知ったが移動販売できるらしい。 ジェラートやドリンクが販売されるようだ。 テラスもあり工場見学するにはちょっとおしゃれな感が強い。 館内へGO! うなぎパイファクトリーの館内へ。 無料で入れるのだが、見学受付用紙があるので記入しよう。 工場見学はとてもシンプル! 実は工場見学と言っても、工場の中までは入れないのでガラス越しに製造過程を覗き見るスタイル。 流れて行くうなぎパイ。 徐々に形になって行くうなぎパイ。 検査する。 超シンプルだ。 2階からは完成したうなぎパイが流れて行き包装される現場も見ることができる。 「うなぎパイシアター」でさらに詳しく! 実は工場見学はこのくらい。 サラッと回って所要時間10分程度だろうか。 さらに詳しくうなぎパイについて知りたい人は「うなぎパイシアター」で『うなぎパイができるまで』を見るといいだろう。 上映時間も約10分で繰り返し上映しているので、タイミングをみて視聴してみよう。 これであなたもうなぎパイ博士だ! 写真撮っておきたい場所! 大きいうなぎパイと記念撮影。 大きさは約2mくらいあるのでテンション上がり、つい写真を撮りたくなることだろう。 うなぎパイのスイーツ? 工場見学の後は、うなぎパイカフェでうなぎパイスイーツを堪能して行くのもおすすめ。 店内は落ち着いた雰囲気。 ここもチェック!照明にうなぎパイが!! メニューはスイーツがメイン! うなぎお月見丼とうなぎを食べることもできる。 店内からは、厨房が見られる。 注文されたメニューを作る厨房が見ることもできるので、待っている時間も楽しめる。 今回注文したのは「季節のフルーツパフェ」 1,000円。 そしてうなぎパイが乗った季節限定メニューの「うなぎパイのミルフィーユ仕立て〜モンブラン〜」750円。 せっかくなのでうなぎパイが味わえるスイーツをチョイスするのをおすすめ。 お土産屋もあるよ! 最後はお土産を買って帰ろう!ここではうなぎパイ各種はもちろん、うなぎパイのスマホケースなども販売しているぞ! ちなみに工場見学記念として、うなぎパイミニ3枚入りは無料でもらえる。 ここがdeepポイント! 男性諸君へ朗報。 受付からカフェ店員さんなど美人が多いぞ!(個人の感想です) うなぎパイファクトリー 工場見学 詳細 住所:静岡県浜松市西区大久保町748-51 【】 TEL:053-482-1765 開館時間: 9:30 ~ 17:30(7・8月は 18:00まで) 入場料:無料 駐車場:無料 休館日は公式サイトにて確認.

次の