万引き。 万引き依存症:【万引き依存症】「やめたくてもやめられない」という病

「万引き」イコール「窃盗犯」 [防犯] All About

万引き

万引き家族 Shoplifters 監督 脚本 是枝裕和 原案 是枝裕和 製作 出演者 音楽 撮影 編集 是枝裕和 制作会社 製作会社 AOI Pro. 配給 ギャガ 公開 2018年 2018年 2018年 2018年 2018年 2018年 2018年 上映時間 120分 製作国 言語 興行収入 45. 5億円(2019年1月時点) 9700万元(約15. 6億円) 『 万引き家族』(まんびきかぞく、英題: Shoplifters)は、公開の日本映画。 実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件をもとに、構想10年近くをかけて作った。 日本国内での公開に当たっては、のレイティング指定がなされている。 において、最高賞であるを獲得した。 日本人監督作品としては、1997年の監督『』以来21年ぶり。 脚本段階では子どもに「お父さん」「お母さん」と呼んでほしいと願う主人公の想いが重点的に描かれており、撮影中につけられていた映画のタイトルは『万引き家族』ではなく『声に出して呼んで』だった。 あらすじ [ ] 東京の下町に暮らす柴田治とその妻信代は、息子の祥太、信代の妹の亜紀、そして治の母の初枝と同居していた。 家族は治と信代の給料に加え、初枝のと、治と祥太が親子で手がけるで生計を立てていた。 しかし初枝は表向きはということになっており、同居人の存在自体が秘密だった。 5人は社会の底辺で暮らしながらも、いつも笑顔が絶えなかった。 ある冬の日、治は近所の団地の1階にあるバルコニー状の外廊下で、ひとりの幼い女の子が震えているのを見つけ、見かねて連れて帰る。 夕食後、「ゆり」と名乗るその少女を家へ帰しに行った治と信代は、家の中から子どもをめぐる諍(いさか)いの声を聞く。 結局「ゆり」は再度柴田家に戻された。 体中の傷跡など「ゆり」にの疑いがあることを見つけた信代は彼女と同居を続けることを決め、「ではないか」という亜紀 に対して「脅迫も身代金の要求もしていないからこれは誘拐ではなく保護だ」と主張、「ゆり」は柴田家の6人目の家族となった。 その矢先、治は職場で負傷して仕事ができなくなる。 あてにしたは下りなかった。 連れ帰ってから2か月経っても「ゆり」に捜索願が出た形跡はなかったが、やがてテレビで失踪事件として報じられるところとなって、柴田家の一同は彼女の本当の名前が「北条じゅり」であることを知る。 一家は発覚を遅らせるべく「ゆり」の髪を切って「りん」という呼び名を与え、祥太の妹ということにした。 回復した治は仕事に戻ることなく、祥太との万引きを「りん」に手伝わせる。 柴田家の面々は表向きは普通の家族として暮らしながら、治と祥太の万引き以外にも、初枝はパチンコ店で他の客のを大胆にネコババし、祥太は「りん」を連れて近所の駄菓子屋で万引きを働き、信代はクリーニング店で衣服のポケットから見つけたアクセサリーなどをこっそり持ち帰るなど、亜紀を除く全員がなんらかの不正や犯罪に手を染めていた。 一方、「りん」と柴田家の絆は次第に深まっていった。 夏を迎える頃、祥太はいつもの駄菓子屋で「りん」に万引きをさせたところ、年老いた店主からお菓子を与えられ「妹にはさせるなよ」という言葉をかけられた。 そんな折、信代は勤め先から自分と同僚のどちらかの退職を迫られ、同僚との話し合いで「行方不明になっている女児(「りん」のこと)を連れているのを見た」と脅されて退職を余儀なくされる。 一方初枝は前夫(作中では故人)が後妻との間にもうけた息子夫婦が住む家を訪れ、前夫のの供養ついでに金銭を受け取っており、それが年金以外の収入「慰謝料」の正体であることがうかがわれた。 そして初枝が義理の娘として同居している亜紀は実はこの息子夫婦の娘であることが明らかになる。 夫婦は亜紀は海外留学中ということにしており、初枝と同居していることは「知らない」こととしていた。 また亜紀には妹がいて、その名前は亜紀の源氏名と同じ「さやか」であることが明らかになる。 その頃、「さやか」として性風俗店で勤務していた亜紀は常連客である「4番さん」とひそかに心を通わせていた。 夏になり、一家は海水浴に出かけ団欒を満喫する。 「家族」の姿を楽しそうに眺める初枝であったが、その言動にはどこかおかしいところがあり病気からくるを思わせた。 ほどなくして初枝は自宅で死去する。 治と信代は自宅敷地内に初枝の遺体を埋め、「最初からいなかった」ことにした。 信代は死亡した初枝の年金を不正に引き出す。 家の中から初枝のを見つけだして大喜びする治と信代を、祥太は無言で見つめていた。 祥太は治から「店の商品は、誰のものでもない(から取っても構わない)」と教えられていた。 だが、治のパチンコ店でのに同行した際に、「これは誰かのものではないの」と尋ね、積極的に手伝おうとしなかった。 少しのち、祥太は「りん」と駄菓子屋に行ったが、「」の紙が貼られ、閉店していた。 その次に入った別のスーパーマーケットにおいて、「りん」が自らの意思で万引きを働こうとしたところ、それを見た祥太は「りん」から注意を逸らすためにわざと目立つようにミカンを万引きして逃走。 店員の追跡をかわそうとするも高所から飛び降りた際に足を負傷、入院する。 一部始終を見届けた「りん」は治たちのもとに急ぐが、柴田家4人は祥太を捨て置き逃げようとしたところを警察に捕まり、これをきっかけにして家族は解体されてしまう。 「りん」は本来の親のもとに戻され、それ以外の3人は取り調べを受けた。 入院中の祥太も警察官に事情を聴取され、その際に他の家族が逃げようとしたことを伝えられる。 取り調べの中で、治と信代は過去に殺人を犯していた こと、治は初枝の実際の息子ではなく前述の事情を抱えた彼を同居人として息子同然に迎え入れていたこと、祥太は治や信代に連れてこられたこと、治・信代・祥太らの名前は本名ではない ことなどが明らかになる(つまり、"柴田家"は全員がにない疑似家族であった)。 信代は一家が抱えた犯罪はすべて自分の犯行として刑に服し、祥太は施設に入り、治は一人暮らしとなった。 かつての自宅を訪れた亜紀は、もぬけの殻となった屋内をしばし眺めていた。 治は信代の依頼で祥太を連れて刑務所に面会に行く。 面会の場で信代は祥太に、治が松戸市にあるパチンコ店の駐車場で車上荒らしをしようとした際に、密閉された車内に置き去りにされてぐったりしていた幼い祥太を助けて連れてきたことをその自動車の情報を交えて伝え、情報を手掛かりに「その気になれば本当の両親に会える」と話す。 その夜、祥太は治の家に泊まり、自分を置いて逃げようとしたことの真偽を治に問うと、治はそれを認めて「おじさんに戻る」と答えた。 翌朝、祥太はバス停での別れ際に「自分はわざと捕まった」と治に話す。 バスを追いかける治を車内から見つめる祥太は、治に向かって何かを呟いた。 一方、本当の両親のもとへ戻された「じゅり」は、再び虐待の被害者になっていた。 ある日、治に発見されたときと同じ外廊下で独り遊びをしていたところ、ふと何かに気付いたように塀から身を乗り出しつつ見入る「じゅり」もまた、何かを呟こうとしていた。 キャスト [ ] 柴田治 演 - 本作の主人公である東京の下町に暮らす日雇い労働者。 柴田信代 演 - 治の年若い妻。 クリーニング店工場のパート従業員。 柴田亜紀 演 - 信代の妹。 JK見学店に勤務し「さやか」という源氏名を使用している。 柴田祥太 演 - 治の息子。 学校には通っておらず治とタッグを組んで万引きをしている。 愛読書は国語の教科書に掲載されている「スイミー」。 ゆり(りん、北条じゅり) 演 - 治が柴田家に連れて帰ってきた少女。 両親からはなどの児童虐待を受けている。 柴田初枝 演 - 治の母。 年金受給者であり、夫とはすでに離婚している。 4番さん 演 - 亜紀が勤務する性風俗店の常連客。 があり亜紀には筆談で意思を伝える。 柴田譲 演 - 亜紀の本当の父親。 初枝の元夫と後妻との間の子。 柴田葉子 演 - 亜紀の本当の母親。 柴田さやか 演 - 亜紀の本当の妹。 高校2年生。 北条保 演 - ゆりの父。 希とゆりに対しを働いている。 北条希 演 - ゆりの母。 保からDVを受ける一方でゆりに対しネグレクトをしている。 JK見学店 店長 演 - 亜紀が勤務する性風俗店の店長。 根岸三都江 演 - 信代が勤務するクリーニング店の同僚。 クリーニング店 店主 演 - 信代が勤務するクリーニング店の店主。 山戸頼次 演 - 柴田家の近隣にある駄菓子屋の店主。 米山 演 -。 日雇い派遣の管理者 演 - 治の日雇い労働の管理者。 正社員。 前園巧 演 - 警察官。 宮部希衣 演 - 警察官。 ニュースキャスター 演 - ニュースキャスター 演 - スタッフ [ ]• 監督・脚本・編集 -• 製作 - 、、• プロデューサー - 松崎薫、代情明彦、• アソシエイトプロデューサー - 大澤恵、小竹里美• 撮影 -• 照明 - 藤井勇• 録音 -• 美術 - 三ツ松けいこ• 装飾 - 松葉明子• 衣装 -• ヘアメイク - 酒井夢月• 音響効果 -• 音楽 -• 助監督 - 森本晶一• キャスティング - 田端利江• 制作担当 - 後藤一郎• ラインプロデューサー - 熊谷悠• 製作 - 、、• 製作プロダクション - AOI Pro. 配給 - ギャガ ロケ地 [ ] 主な舞台はである。 ジョイフル三ノ輪商店街も登場している。 リリー・フランキーによると、柴田家として使用された民家はセットではなく、実在する廃屋である。 海水浴の場面はので撮影された。 受賞 [ ] 国内 [ ]• 第10回• 最優秀作品賞• 最優秀女優賞「 」「 」• 第42回• 山路ふみ子女優賞「安藤サクラ」• 第13回• アクター・オブ・ザ・イヤー賞「」• フィルム・ディレクター・オブ・ザ・イヤー賞「」• 第4回 シネマアワード• エル シネマ大賞• 第43回• 助演女優賞「 」• 第36回• 優秀銀賞• 第40回• 主演女優賞「安藤サクラ」• 助演女優賞「松岡茉優 」• 第31回• 作品賞• 主演女優賞「安藤サクラ」• 助演女優賞「樹木希林 」• 最優秀作品賞• 最優秀監督賞「是枝裕和」• 最優秀脚本賞「是枝裕和」• 最優秀主演女優賞「安藤サクラ」• 最優秀助演女優賞「樹木希林 」• 最優秀音楽賞「」• 最優秀撮影賞「」• 最優秀照明賞「」• 優秀主演男優賞「リリー・フランキー」• 優秀助演女優賞「松岡茉優」• 優秀美術賞「」• 優秀録音賞「」• 優秀編集賞「是枝裕和」• 第61回• 助演女優賞「松岡茉優 」• 第43回• 特別賞「万引き家族」製作チーム• 第73回• 日本映画大賞• 女優主演賞「安藤サクラ」• 女優助演賞「樹木希林」• 第28回• 作品賞• 主演男優賞「リリー・フランキー」• 主演女優賞「安藤サクラ」• 助演女優賞「松岡茉優」• 第14回• 日本映画 作品賞ベストテン 第2位• 第92回• 日本映画ベスト・テン 第1位• 主演女優賞「安藤サクラ」• 読者選出 日本映画監督賞「是枝裕和」• 読者選出 日本映画ベスト・テン 第1位• 第23回• 日本映画作品賞 第2位• 日本映画監督賞「是枝裕和」• 日本映画助演女優賞「樹木希林 」• 日本映画ベストインパクト賞「樹木希林 」• 2018年度 全国映連賞• 日本映画作品賞• 監督賞「是枝裕和」• 女優賞「安藤サクラ」• 2018年度• 映画部門「」• 2018年 日本映画ペンクラブ賞• 2018年度ベスト映画 日本映画部門 第1位• 第38回• 藤本賞「是枝裕和」 国外 [ ] 受賞とノミネートの一覧 年 賞 部門 候補者 結果 参照 2018年 受賞 ミュンヘン国際映画祭 アリ・オスラム賞(外国語映画賞) 是枝裕和 受賞 アンタルヤ国際映画祭 監督賞 是枝裕和 受賞 バンクーバー国際映画祭 外国長編映画観客賞 是枝裕和 受賞 最優秀長編映画賞 松崎薫、代情明彦、田口聖 受賞 監督賞 是枝裕和 ノミネート 脚本賞 ノミネート 外国インディペンデント映画賞 是枝裕和 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 受賞 ニューメキシコ映画批評家協会賞 助演女優賞 安藤サクラ 受賞 『万引き家族』 受賞 『万引き家族』 ノミネート 作品賞 『万引き家族』 次点 『万引き家族』 受賞 主演女優賞 安藤サクラ 次点 アンサンブル・キャスト賞 受賞 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 第3位 作品賞 『万引き家族』 第8位 監督賞 是枝裕和 第7位 外国語映画賞 『万引き家族』 受賞 監督賞 是枝裕和 ノミネート 助演女優賞 安藤サクラ 受賞 2019年 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 作品賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 ノミネート FIPRESCI賞 『万引き家族』 受賞 『万引き家族』 第3位 外国語映画賞 『万引き家族』 受賞 () 作品賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 主演女優賞 安藤サクラ 受賞 助演女優賞 樹木希林 ノミネート オリジナル脚本賞 是枝裕和 ノミネート アンサンブル賞 受賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 ノミネート 外国語映画賞 『万引き家族』 受賞 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 『万引き家族』 ノミネート 作品賞 『万引き家族』 受賞 音楽賞 受賞 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 23:30 150分 12. 本編ノーカット放送。 番組の冒頭と最後に監督のコメント映像が入り、最新作「真実」が紹介され、メイキング映像が本編終了後に放送された。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 亜紀だけは初枝により収入を家に入れなくてもよいことになっていた。 後の警察の取り調べでは、治も亜紀と同じ主張をしたと供述している。 もともと治と信代はホステスとその常連客という関係であり、信代は前夫からを受けていたため治と共謀し正当防衛の名のもとにこの前夫を殺害、治は信代をかばって罪を背負い執行猶予つきの実刑判決を受けていた。 警察官は治の本名を「えのきしょうた」、信代の本名を「たなべゆうこ」と述べている。 地上波放送の際の字幕では「榎木祥太」及び「田辺由布子」と表記されている。 亜紀が両親の元に戻ったかどうかは明示されていない。 『』と合わせての受賞。 『』『 結び』『』と合わせての受賞。 『ちはやふる 結び』『blank13』と合わせての受賞。 『ちはやふる 結び』と合わせての受賞。 出典 [ ]• - 2019年2月11日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年1月29日. 2020年3月14日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年1月5日. 2018年2月14日閲覧。 ヒタナカ 2018年6月8日. 2018年8月4日閲覧。 シネマトゥデイ 2018年5月20日. 2018年5月20日閲覧。 Movie Walker 2018年6月7日. 2019年2月11日閲覧。 - とれたてフジテレビ(2018年6月3日・10日)• - The Fashion Post(2018年5月29日)• まんたんウェブ. 2018年10月4日. 2018年10月4日閲覧。 com. 2018年10月23日. 2018年10月23日閲覧。 GQ JAPAN 2018年11月21日. 2019年6月15日閲覧。 ELLE. 2018年11月26日. 2018年11月27日閲覧。 スポーツ報知. 2018年11月28日. 2018年11月28日閲覧。 com. 2018年12月1日. 2018年12月1日閲覧。 ヨコハマ映画祭. 2018年12月1日. 2018年12月1日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年12月4日. 2018年12月4日閲覧。 公式サイト. 日本アカデミー賞協会. 2019年3月2日閲覧。 スポーツ報知. 2019年1月21日. 2019年1月21日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年1月21日. 2019年1月21日閲覧。 映画ナタリー. 2019年1月23日. 2019年1月23日閲覧。 映画ナタリー. 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 2019年3月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年2月1日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月4日. 2019年2月4日閲覧。 日本インターネット映画大賞ブログ 2019年2月6日. 2019年2月7日閲覧。 日本インターネット映画大賞ブログ 2019年2月5日. 2019年2月7日閲覧。 全国映連. 映画鑑賞団体全国連絡会議 2019年2月18日. 2019年2月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年1月10日. 2019年3月11日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年4月26日. 2019年4月28日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年7月8日. 2018年7月8日閲覧。 映画ナタリー. 2018年10月6日. 2018年10月6日閲覧。 バンクーバー経済新聞. 2018年10月16日. 2018年11月8日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 Brown, Mark 2018年10月31日. 2010年1月19日閲覧。 2018年12月3日. 2020年1月19日閲覧。 2018年12月7日. 2020年1月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年12月10日. 2018年12月10日閲覧。 2018年12月7日. 2020年1月19日閲覧。 IMDb. 2020年1月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年12月7日. 2018年12月7日閲覧。 共同通信. 2019年1月13日. 2019年1月13日閲覧。 International Cinephile Society. 2020年1月19日閲覧。 com. 2019年1月11日. 2019年2月12日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年2月24日. 2019年2月24日閲覧。 com. 2019年1月22日. 2019年1月22日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2019年2月25日. 2019年2月25日閲覧。 Avisen. 2020年1月19日閲覧。 フジテレビ. 2019年7月7日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

万引きで逮捕されたらどうなるの?逮捕される確率や逮捕後の流れを解説|刑事事件弁護士ナビ

万引き

天井にはカメラが設置されている 意地悪な記者は、カメラが誤認識しないか試してみた。 やや小さめのお菓子を手に取り、カメラの死角になりそうな店舗の隅でコソッとカバンに商品を忍ばせた。 そのまま手に2つの商品を持ち、カバンに1つの商品を入れた状態でゲートに向かい、端末にICカードをかざす。 すると、ディスプレイに表示された点数は「3点」。 万引きは防がれてしまった。 棚から商品を手に取った時点で人物とひも付けているため、不正は難しかったようだ。 ただし、サインポストの波川敏也部長代理は「新しい万引きの方法が出てしまう可能性はある」とし、「(そうした手法を発見する)チャレンジできる環境でもある」と話す。 実証実験では、万一購入する商品が間違って表示された場合に備え、客が修正できる機能を用意する。 店内カメラを通じ、外部からスタッフが確認できる仕組みも整える。 小売店舗の再生につながるか JR東日本とサインポストは2017年11月にも、大宮駅(さいたま市)で無人決済システムを取り入れた店舗の実証実験を行っていた。 前回はイベントスペースでの実験だったが、今回は駅のホーム。 より実用化を視野に入れた取り組みだ。 JR東日本スタートアップの柴田裕社長は「小型の小売店舗は、新聞や雑誌、たばこなどの売り上げ減少や、市中のコンビニとの競合激化で、店舗として採算が取れなくなる場合もある。 赤羽駅に限らず、無人店舗が成り立てば、小型店舗を再生させるモデルになる」と説明する。 関連記事• JR東日本が、無人決済システムを導入した店舗の実証実験を赤羽駅で行う。 店内のカメラが客の動きを追跡し、手に取った商品を認識、購入額の計算から決済まで行う。 ローソンがスマホアプリを使ったセルフ決済サービスを本格展開。 海外では商品スキャンの必要すらない「Amazon Go」などが登場しているが、より実用性の高いサービスを数年後に実現できると担当者は意気込む。 ロボットが接客するホテル「変なホテル ハウステンボス」内に、無人コンビニがオープン。 関連リンク•

次の

【詳説】万引き逮捕その後の流れ|逮捕されない?後日逮捕や実刑の実例は?

万引き

語源 [ ] から使われている語であり、語源の由来としては、• 商品を間引いて盗む「間引き」が変化して、万引き(万は当て字)になったとする説• 「間」に「運」の意味もあるためそれぞれを結合し、運を狙って引き抜くという意味で「まんびき」になったとする説• タイミング(間)を見計らって盗むことから• 一度やると癖になり万回繰り返すから といった説があるが、1の説が有力であるとしている。 被害の現状 [ ] 、、、、、、、を含む国際的な調査 によると、概ねどの国でも似たようなものが万引きされる傾向にあり、同じようなブランドの商品が盗まれるという。 しかし、それらの国々の一般的な消費習慣および嗜好等を反映した相違も存在する。 北米 [ ] (アメリカ、カナダ)では客による被害が非常に深刻であり店内の隅々まで監視できるよう監視設備が導入されていることが多い。 ほとんどの小売店は万引き行為に対する警告として警察を必ず呼んで法的措置をとることを店内に告示している。 日本 [ ] 例えば日本全国の書店の2007年度の「万引きによる損害額」は約192億円分であると推計されている。 罪状 [ ] 日本の235条のの構成要件に該当する行為であり、「万引き」という世俗的通称のせいで安易に多発しているとする声がある。 「でないとできない」といわれているが、それは 間違いである。 に記録されていたり、証拠がある場合は現行犯でなくとも逮捕される。 また万引き犯が、窃盗した物品を取り返されることや、摘発から逃亡するためなどの目的で店員やに対して暴行・脅迫を加えた場合、「」が成立する。 さらに、窃盗の際の暴行によって、人間が怪我やさせたりした場合は『』が成立し、窃盗罪より重度な刑罰が科される。 様々な対策 [ ] 今日のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでは、客の求めに応じて店員がカウンターの向こうから商品を出してくる対面販売方式でなく、商品が裸のまま陳列された棚の間を客が自由に回遊して購入したい商品を選んでいくセルフサービス方式が主流である。 セルフサービス方式で広く行われる裸陳列は、商品をいかに万引きや汚損から守るかよりも、「多く見せるほど、多く売れる」の格言に沿っていかに多くの商品を客に見せるかを優先して発達したものである。 対面販売においては店員が売り込みを行うが、セルフサービスにおいては売り込みを行わないので店員の人件費の節約になる。 セルフサービス方式の一般化により、商品の包装にはほとんどの場合、自分自身を売り込むようなデザインがされ、同種の他製品と比較検討できるラベルが貼られるようになったので、店員が売り込みを行わなくても客が自分自身で商品を選択できるし、そうさせたほうが客の購買心を誘い出すことができる。 また、売り込みを行うと、後になって店員が奨めるから買ったのにと不平を言われることがあるが、売り込みを行わず客自身に商品の選択を行なわせれば、このような不平を言えるものではない。 裸陳列には、もともと買うつもりがなかったものも目に入るためにいわゆる衝動買いを引き起こす効果もある。 セルフサービス方式の売り場は人類に残る狩猟採集時代の感覚を刺激することで売り上げを伸ばしている。 広い店内、豊富な品物、少ない店員により、ごく一般的な人でさえふと狩猟採集の感覚に戻り、そのまま商品を持って帰ってしまえるような錯覚にとらわれる。 子供たちが万引きをするのは、野山で昆虫採集や釣りなどをして狩猟採集を体験することができなくなったため、その代わりに小売店の店頭で狩猟採集のを味わいたくなるのだという分析もある。 しかし、もちろん、小売店の店頭で狩猟採集をするのは重大な犯罪である。 今日の激しい販売競争に勝ち抜くためには店はより客の狩猟採集本能を刺激する売り場作りをしなければならない。 つまり、店は万引きを誘発しやすい状態でなければ、売れ行きが伸びない。 店は万引きを作り出して万引きに悩んでいるのである。 セルフサービス方式が万引きを誘引しているとの批判もある。 その批判が当たっているかはともかく、上記のようにセルフサービス方式は経費の増加を抑えながら売り上げを増進できる方式である。 仮にセルフサービス方式により万引きが増えるとしても、その被害額を補って余りある売り上げ増が見込めれば、万引きのリスクを甘受するだけの価値がある。 店員の手を通じなければ絶対に商品に触れないような販売方式であれば万引きは起こらないが、セルフサービス方式では客をして自由に商品に触れさせている以上、万引きが絶対に避けられないことは明白な事実である。 万引きには二つの原因がある。 すなわち「誘惑」と「機会」である。 前者は客の内心の現象で、小売店側からではこれを左右できないが、後者には小売店側で対策を講じることができる。 万引きの機会を減らすため次のような対策が採られている。 買い物かごや手押し車の使用 [ ] これらを利用させることで、客が店外から持ち込んだものと店内で購入しようとしているものとの区別がはっきりする。 これらを利用していない客がいたら、利用するように働きかけるべきである。 客自身のかばんを使わせない [ ] 有効な方法ではあるものの、実際に店の入り口で客のかばんを預かり、出口で返却するとなると、保管・管理の手間が発生してしまう上に、紛失・破損した場合の責任問題も生じるのが難しいところである。 万引き対策に有効な方法ではあるが、現実的な実用には至っていないのが現状である。 売り場レイアウト [ ] 客が買い物しやすいレイアウトにすることはもちろんだが、同時に店員から客の行動を監視しやすいようにも配慮すべきである。 陳列棚が高すぎたり通路が狭すぎたりすると監視の目が届きにくくなり、好ましくない。 死角があれば、それを補う鏡を設置すべきである。 レジは、店内を見渡せるように配置される必要がある。 照明 [ ] 明るい照明は店内を華やかにするばかりでなく、万引きを抑止する心理的効果もある。 陳列 [ ] 万引きの被害に遭いやすいのは、小さくて高価な商品である。 そのような商品は店員の目の届きやすい場所に陳列すべきである。 あるいは万引きされやすい商品に限ってガラスケースに納めて陳列したり、カウンター越しの対面販売を採用したりしてもよい。 従業員の教育 [ ] 防犯の重要性を認識し、客の不審な行動に気づくことができるよう従業員を教育すべきである。 不審な行動として、ラルフ・G・トウジイ『セルフサービス経営入門』では以下を挙げている。 買い物かごや手押し車を使いたがらない• 一箇所をぶらつく• 季節にそぐわない厚着をしている• 店員とよく喋る• 特定の場所に何度も戻ってくる• レジの誤りに、繰り返してブツブツ不平を言っている• よその店で買ったものを持ち込む• 大きな買い物袋をぶらさげている• あたりをチラチラと見回す その他、次のような行動も不審である。 手持ち鞄のファスナーや口が開いており、かつ、手で隠す行動をしている• 店に入る時の動きが速い• 防犯カメラよりも人気がないところを探したがる• 商品を無造作に持つ、または手の中に隠すように持つ• 「買いたい物」として吟味する様子がない 万引き防止の最上の方法は、不審な客に自分が疑われていることを知らせることである。 不審な客がいたら近くへ寄って「お買い物のお手伝い」をすることで、あなたを疑って監視していることを分からせることができる。 掲示 [ ] 万引き対策の実施を知らせる簡単な掲示を行うことで万引きを抑制する。 アメリカなどでは強く率直な警告を行う店もあるが、そのような警告は大多数の正直な客に対して無礼すぎると思われる。 防止システム [ ] 電波式の万引き感知ラベル 電子機器やなど高額商品の場合、(磁気式、EM) や(電波式、) を利用した商品タグや小型のブザーを商品に貼付もしくは装着し、店舗出入口に設置された検知器で検出すると言うが、一般に採用されている。 この方式では、コストはかかるものの、個別に防犯対策を施せることから、各種量販店やレンタルビデオ店などでも普及している。 しかし、検知を無効化したり、防犯装置自体を破壊したりして窃盗する者も出現しており、犯行はより巧妙化している。 家電量販店では、上の感知ラベルに加え、売り場に本体・ソフトウェア・インクカートリッジなど、商品を置かず、商品のカードや見本の空箱、若しくは本体やソフトを抜いた空箱を、レジに持って行くことで、製品と交換して購入を出来るようにしている。 については、でを有効にしないと、各種サービスが全く受けられない仕組みになっており、例えそのまま盗んでも全く意味が無い様になっている。 このシステムの場合は検知ゲートは必要ない。 また、衣類に関しては、洗浄の出来無い顔料系インクを加圧封入した特殊なタグを商品に装着し、所定の治具以外で取り外すと「商品にマーキングされる」という方法で、商品窃盗を抑止している。 一部のには、などにより不審者を自動で検知する動作検知機能を伴ったものがあり、不審者を検知した後、アラームや携帯電話にを送るなどの方法で、店員に警告するシステムがある。 また、のディスカウントスーパーでは、7月から、万引の商品金額に関係なく請求を導入し、抑止効果を上げた。 このため、内の一部やのが損害賠償を導入しており、成果が上がりつつある。 万引き対策の副作用 [ ] 一方で、万引き対策には副作用もある。 先に店は客の万引きを誘発しやすい状況でなければ売れ行きも伸びにくいと述べたが、逆にいえば、万引きしにくい状況では売り上げも落ちやすいのである。 書店、文具店、レコード店の店主には、万引き対策に非常に力を入れる者がいる。 これらの店では古くからセルフサービス方式が採られている上に、扱う品物が子供たちの興味を引きやすいため万引きの格好の標的になるからである。 そのため、これらの店では「万引きお断り」「防犯カメラ設置」といった掲示を貼ったり、客が入ってくると見張っているぞとばかりに「いらっしゃいませ」と言ったり、客の後をつけたりする。 このように露骨な万引き対策をすればさすがに万引きは減るが、万引きをするつもりのない正直な買い物客にも不快感を与え、客足が遠のいてしまう。 競争の少ない環境では、このような店でも客は仕方なく買い物をするが、買い物をしやすい競合店が進出すると万引き犯のみならず正直な買い物客までそちらへ流れてしまう。 このように万引き対策には大きなジレンマがある。 万引き対策をすれば確かに万引きは減るが、同時に客足まで遠のいてしまうのである。 また、店主や店長はともかく、一般の店員は、万引きに気づいたときの対処法についてマニュアルなどで教育を受けていたとしても、いざ万引きの現場を発見したときは見て見ぬふりをしてしまいがちである。 店員にとっては、万引きをされても直接に自分が損するわけでもなく、せいぜい店主や店長に小言を言われるだけである。 万引き犯を警察に引き渡したりするのはそれより煩わしいし、万引き犯に逆上でもされれば身に危険さえ及び兼ねないので、悪事を見逃す後ろめたさはあっても、万引きに気づきたくない心理が働くのである。 万引き犯の柄が悪かったり身体が大きかったりすればなおさらである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• アニメハック. 2018年9月29日閲覧。 語源由来辞典. ルックバイス. 2015年5月19日閲覧。 Bamfield, Joshua A. Centre for Retail Research 2012. Shopping and crime Crime Prevention and Security Management. Houndmills, Basingstoke, Hampshire: Palgrave Macmillan. J-CASTトレンド. 2009年7月3日. 2015年3月11日閲覧。 マイナビウーマン. 2013年6月25日. 太宰府市 2012年5月8日. 2015年3月11日閲覧。 ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 60-62• 馬渕哲、南條恵 1995. 良い店悪い店の法則. 日本経済新聞社. 192-193• 馬渕哲、南條恵 1995. 良い店悪い店の法則. 日本経済新聞社. 193• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 78-79• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 79-83• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 79-80• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 80-81• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 81-82• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 82-83• ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. ラルフ・G・トウジイ 昭和43年. セルフサービス経営入門. 株式会社商業界. 82-83• 2008年9月1日. 2015年3月11日閲覧。 2009年4月19日. 2015年3月11日閲覧。 株式会社コージン 2011年10月13日. 2015年3月11日閲覧。 株式会社キャトルプラン 2011年10月13日. 2015年3月11日閲覧。 J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2009年10月2日. 馬渕哲、南條恵 1995. 良い店悪い店の法則. 日本経済新聞社. 194• 馬渕哲、南條恵 1995. 良い店悪い店の法則. 日本経済新聞社. 195-196 関連項目 [ ]• - 店の従業員が商品を盗む行為。 - 犯行の方法が類似している。

次の