ご返信いただければ幸いです。。 「ご返信いただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

面接日程や調整メールの正しい返信方法!件名や署名はビジネスメールの基本

ご返信いただければ幸いです。

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の

「ご連絡いただければ幸いです」の意味と使い方・例文・返信方法

ご返信いただければ幸いです。

I hope to hear from you. I am looking forward to hearing from you. (丁寧だけど、割と早めに返事をもらいたいニュアンス) ・I look forward to hearing from you soon. ・I am looking forward to hearing from you soon. I appreciate your quick response. (緊急時:丁寧な言い方) Your prompt response is highly appreciated. (緊急だけど品のある丁寧な言い方) ・Your prompt response will be highly appreciated. ・Your prompt reply will be highly appreciated. ・Your prompt reply would be appreciated. (緊急だけど、さらに品のある丁寧な言い方) Your prompt reply would be highly appreciated. あなたからのお返事を楽しみにしています。 I am looking forward to hearing from you soon. 迅速なお返事をお待ちしております。 I am awaiting for your quick reply. (急ぎで回答が欲しい場合に使う英語例文) Please reply to me as soon as possible. This is urgent. This is urgent so please reply me asap. よろしくお願いします。 This is urgent. Thanks! I am awaiting for your IMMEDIATE reply!!!! I am looking forward to receiving your quotation.

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と社内上司への使い方、返信、言い換え、英語

ご返信いただければ幸いです。

好印象で仕事上手! ビジネスパーソン メール術(10) 神垣あゆみ かみがきあゆみ/ライター メールをあいまいに終わらせてしまうと、返信が延々と続いていく…という事態になりかねません。 返信がいるのか、いらないのか。 いつまでに返信が必要なのか。 きちんと締めくくるための定番フレーズを押さえましょう。 相手から返信がほしい時は、その旨をきちんと伝えることが必要です。 確実に返信を求めるためのポイントをご紹介します。 返信が必要であることが相手にも分かります。 依頼やお願い事で相手からの承諾を得たい時は、「良い返事を待っています」という期待を込めた一文にしてもよいでしょう。 逆に、相手に遠慮して「お手すきの時に」「お暇なときに」と返信を求めるメールを見かけますが、後回しにされ、やがて返信することを忘れさられる確率も高くなるので注意しましょう。 相手から確実に返信がほしい時は「締切」を設け、早めに連絡することを心掛けましょう。 相手に気を回して「いつでもよいので」と期日をあいまいにしてしまうと、相手も「急がなくていい」「そのうちに」と捉え、返信がどんどん延びていくことに。 「いつでも」ではなく「いつまでに」と事前に伝えることが肝要です。 相手からの返信を急かす場合も「急いで」「できるだけ早く」より「本日13時までに」と、具体的に期日を指定しましょう。 収まりのよい無難な表現ですが、このフレーズだけで片付けてしまわず、「何について」よろしくお願いしたいのかを述べると、相手にもこちらが求めていることが具体的に伝わります。 資料を確認してほしい、企画書を検討してほしい、出欠を知らせてほしい…など、相手に求める対応を明らかにしたうえで、「よろしくお願いいたします」と結ぶことです。 <ワンポイント>「お体、ご自愛ください」? 相手の健康を気遣う結びのフレーズ「ご自愛ください」。 「自愛」という言葉には「自分自身を大切にする」という意味があるため、「お体、ご自愛ください」は意味が重複してしまいNG。 「お体」を添える必要はなく「くれぐれもご自愛ください」のように使います。 ~編集部よりお知らせ~ 神垣あゆみさんの「好印象で仕事上手!ビジネスパーソン メール術」は、今回が第1シーズン最終回となりますが、秋口に第2シーズンが始動します。 もっと具体的に、もっと身近に、メール術の極意をお伝えしていきます。 どうぞお楽しみに! 神垣あゆみ(かみがきあゆみ)Profile ライター 広島を拠点に官公庁冊子や企業の記念誌、社内報、PR誌の編集・制作に携わる傍ら、メールマガジン「仕事美人のメール作法」を配信。 『メールは1分で返しなさい!』(フォレスト出版)など、メールマナー関連の著書多数。

次の