ヤフー 評判。 Yahoo! BBの口コミ・評判 | みん評

ヤフーに転職するには?【評判・年収・難易度・採用情報を解説】

ヤフー 評判

ヤフーショッピングのアクセス数について 楽天市場とヤフーショッピングのアクセス数について、 その違いを「Similerweb」というウェブ上の解析ツールで調べてみました。 参考までに楽天市場のアクセス数も調査してみました。 ヤフーショッピングと楽天市場のアクセス数の差は、4倍以上の差があるようですね。 集客力という意味では、楽天市場の方が強いということがわかりました。 ヤフーショッピングでは、出店案内のページでは 以下のような掲載があります。 これは、 ヤフーショッピングではなく、「ヤフー」の集客力についてです。 ヤフーショッピングの集客力は、上記のとおりですので、 やはり、楽天市場の方が、集客力は高いと言わざるを得ません。 (1)出店料やロイヤリティが無料なので固定費用が安い これについては、店舗出店者としては、本当にありがたい出店メリットです。 ヤフーショッピングでは、2013年より、出店料を無料化しています。 出店料を無料にした理由としては、公式ページに以下のように記載があります。 ネットショップの開業で最も障壁となるのが、イニシャルコスト、初期費用が高額である点です。 自社ECサイトを制作会社などに構築依頼すれば、仕様にもよりますが、 少なくとも、40万円~80万円程度の見積もり金額になります。 これは、あくまでも「構築」にかかる費用であり、 ネットショップの「運営」や「集客」の面ではさらに費用がかかることになります。 ポイント原資などで、販売時の手数料が、8%程度必要とはいえ、 これは、「成果報酬」的な扱いですから、商品が売れなければ、 実質8%もかかりませんので、無料でネットショップを運営し続けられることになります。 月額固定費がかからないだけでも楽天市場よりも出店メリットは高いと言えます。 (2)人気のある「Tポイント」がモールの流通ポイントである ネットショッピングの際に、獲得できるポイントとしては、 楽天市場では「楽天スーパーポイント」が獲得できます。 Amazonの場合、「Amazonポイント」が獲得できますが、 楽天スーパーポイントと比較すると、利用シーンがAmazon内に限られるため あまり魅力があるとは言い難いです。 ヤフーショッピングでは、流通ポイントはもともとは、 TSUTAYAが発行していた 「Tポイント」が獲得できます。 Tポイントは、楽天スーパーポイントと並び、利用できる店舗が多い ポイントですので、人気も高いです。 ちなみに、ポンパレモールでは、「ポンタポイント」が獲得できます。 こちらは、GEOやローソンでも利用できるので、Tポイントに次いで人気があります。 ポイントの面では、楽天スーパーポイントと同等か少し劣る程度で Tポイントの魅力も十分に高いと言えます。 (3)ソフトバンクユーザーとヤフープレミアム会員の集客力の強さはNo. 1 ソフトバンクもヤフーグループ企業ですから、当然ながら ヤフーショッピング内での優遇度は高いです。 Wowma!というショッピングモールは、運営会社がKDDIコマースフォワードという KDDI系列企業ですから、「AUユーザー」への優遇施策があります。 携帯キャリアで言えば、ドコモだけは、大手ショッピングモールとの提携はなく、 ドコモのdポイントを利用できる「dショッピング」というECサイトがあります。 ECサイトとしては、dショッピングは自由な出店者を募っているサイトではなく 大手特定企業から商品を募っているため、商品力は乏しいサイトです。 ソフトバンクユーザーとヤフープレミアム会員の囲い込みとしては 高ポイント還元イベントを頻繁に行ってくれるモールですので 上記の会員に対しては絶大な集客効果を持っていると言えます。 (4)専任のECコンサルタントが付き、ショップ運営をサポートしてくれる ヤフーショッピングでも、プロフェッショナル出店での出店であれば 専任のECコンサルタントがついて店舗運営のアドバイスをくれます。 楽天市場のECコンサルタントと比較して、ヤフーショッピングの ECコンサルタントは 「広告提案が多い」気がします。 これは筆者の担当コンサルタントが何人か付いた経験からですが、 約4人くらいの担当が入れ替わりましたが、その多くは電話による 広告依頼が多かったです。 もちろんメルマガの配信やセール時のバナー掲載依頼や お得な露出提案なども行ってはくれますが、 いかんせん、広告、PRオプション設定依頼などが多いように感じます。 まぁ当然といえば、当然の職務なので仕方ないところですが。 ECコンサルタントのレベルとしては、これは、「人次第」ですから、 楽天市場でもヤフーショッピングでも、良い人に担当になってもらえれば ネットショップの売上は向上していきますし、よくない担当がつけば 売上はあまり変わらないでしょう。 (5)顧客のメールアドレスが正規アドレスのまま獲得できる これが、もしかしたら、ヤフーショッピングならではの 最大のメリットかもしれません。 ショッピングモールへの出店の場合、楽天市場もAmazonも Wowmaでも、顧客のメールアドレスは「マスク化」といって「暗号化」されます。 そのため、顧客、注文者の正式なメールアドレスを知ることができません。 楽天市場で獲得した顧客は、あくまでも「楽天市場内」でのメルマガ、 メール配信によってしか、追客施策を行えないという仕組みです。 ヤフーショッピングは、顧客のメールアドレスをそのまま獲得することが できるため、自社のメール配信システムなどからのメール送付も可能です。 自社システムを利用しなくても、そもそもヤフーショッピングは メルマガ配信が無料で何度でも行えるというメリットがあります。 ちなみにポンパレモールも、顧客のメールアドレスは「暗号化」されていません。 ただ、ポンパレモールはあまり集客力が強くないので、 メルマガを配信しても反応率は悪いという点があります。 (1)ポイント原資や決済手数料などを含めると8%前後の手数料は必要である これは、ヤフーショッピングが2013年に無料化された際に、 「販売手数料、ロイヤリティも無料」というふうにアピールしたことが 出店検討者に誤解を与える結果となりました。 以前は、ユーザーへのポイント原資も1%からだったものが、 2017年からは2. 5%に改定されました。 結果として、販売時には約8%~の手数料が必要となりましたが、 月額固定費用は無料に変わりありません。 クレジットカード決済を導入すれば、どんなECサイトでも4%程度の カード決済手数料が必要となりますので、ヤフーショッピングの8%の 手数料は、集客力がある点と、モールのイベント性の高さを考えれば 十分に元がとれる手数料とも言えます。 (2)楽天の10倍以上の出店店舗数のため、商品露出の競争が激しい ここが、ヤフーショッピングの最大のデメリットでもあります。 現役店長として、店舗運営時に最も感じるのが、楽天市場よりも ヤフーショッピングの方が、商品が上位に表示されにくいという点です。 これは、出店店舗数が51万店舗、楽天市場の10倍以上あるため、 商品数も非常に多い状態になっているためです。 2016年度のヤフー公表では、ヤフーショッピング内の商品点数は 2. 7億商品が登録されていると発表がありました。 ヤフーショッピングでネット販売する商品をページ上位に表示させるのは 楽天市場以上に至難の業ということがお分かり頂けるかと思います。 (3)PRオプションなどの広告利用を実施しないと商品露出がされにくい 先の商品登録数が、2. 7億商品という点からもお分かりになると思いますが、 ユーザーに対して、自分のネットショップで販売している商品をいかに露出させるか という点は非常に難しいポイントです。 ヤフーショッピングでは、商品露出の為の施策として、 「PRオプション」という広告を用意しています。 これは、バックヤードシステムのストアクリエイターProで設定できます。 広告料率を設定することで、商品検索時の順位の優遇が受けられるというものです。 PRオプションには、ある 「しきい値」があるのをご存じでしょうか? ECコンサルタントがPRオプションを提案してくる時、 2017年9月の時点では、料率を「7%」に設定すると、 ソフトバンクユーザーとヤフープレミアム会員への露出が強化される 設定となっているようです。 PRオプションは広告ですから、「7%」設定すれば、 ユーザーに「7%」ポイントを還元できるわけではありません。 場合によっては、PRオプションを使わず、店舗の還元ポイントを7%プラスして、 基本ポイント2. 5%と合わせて 「店舗還元ポイント10倍」 という高ポイント還元率を提示したほうが 転換率の向上につながる可能性もあります。 この場合は、商品露出には影響はありませんが、 ポイント10倍というキーワードを商品名かキャッチコピーに 入れ込むことで、ポイント10倍商品を検索するユーザーには 商品を露出させることが可能となります。 (4)商品数が多い店舗は、管理画面であるストアクリエイタープロは使いにくい 当店では、約3000点の商品を登録していますが、さすがに3000点の商品を 入替する場合に、商品1点ずつ対応という時間のかかる対応はできません。 店舗担当者も一人だけですから、商品メンテナンスを行う際には、 必然的に 「CSV一括登録機能」を利用することになります。 ヤフーショッピングと楽天市場のCSVの仕様の最大の違いは ヤフーショッピングには「商品画像URL」の指定項目がない という点です。 楽天市場の場合は、商品画像と商品データを紐づけるための項目が用意されているため、 商品画像は、「FTPソフト」を利用して、一括でアップロードしたうえで、 商品データCSVに、アップロードした画像のURLを記載することで、 商品画像と商品データCSVを別々にアップロードした後で合体させることができます。 ヤフーショッピングでは、この方法が使えません。 ヤフーショッピングでも画像ファイルを一括でアップロードはできますが、 商品データCSVと画像の紐づけは「商品ID」と同じ画像ファイル名を付ける事が必要です。 例えば、商品IDが「shouhin001」というIDだった場合、 ヤフーショッピングでは、画像ファイル名は以下のルールでつける必要があります。 jpg(商品ID+「アンダーバー」+「2」) 商品画像は商品IDと自動的に紐づけられる仕組みであるため、 ヤフーショッピングでは、商品画像名を上記ルールでつけなくてはならないデメリットがあります。 ただし、多店舗運営をしていて、外部の商品連携サービスを利用している場合は、 楽天市場の商品データを自動変換して、商品画像を付け替えてくれるサービスもありますので CSV登録が難しいという店舗さんは、商品連携サービスの利用を検討される方がよいでしょう。 (5)集客力が「ソフトバンクユーザー」メインとなるため、楽天市場ほどの集客力はない これは、今後に期待するポイントでもありますが、楽天市場と比較した場合、 ヤフーショッピングは、ヤフープレミアム会員とソフトバンクユーザーという ふたつの「ロイヤルカスタマー」への集客力への影響が強く、それ以外の 一般的ユーザーの取り込みという意味ではまだまだ楽天には及ばないと思います。 楽天市場は、その方針からもわかるとおり、「店舗ありき」という運営スタイルです。 店舗の独自性を尊重し、楽天市場ならではの賑わいや特別感のある 魅力的な商品が多い印象です。 ヤフーショッピングの場合、楽天市場に出店している店舗が 多店舗展開として、出店している場合を除けば、楽天市場を退店して ヤフーショッピングに出店した店舗や、月額固定費が無料という点を 重視して、ヤフーショッピングに出店している店舗が多いです。 また、ヤフーショッピングは楽天市場と比較して、 季節需要・ギフト需要に弱い という印象があります。 筆者は、約1年以上ほとんど毎日楽天市場のデイリーランキングと ヤフーショッピングのデイリーランキングトップ20位までを見続けてきています。 その上で、ヤフーショッピングのランキング商品は、 母の日でも花は少なく、楽天市場でトップ20位のうち、70%が母の日ギフト商品になるのに対して、 ヤフーショッピングは、5%程度のランクイン率でした。 父の日も同様。 楽天市場はギフト需要にも強いモールであるという印象です。 ヤフーショッピングに実際に出店して4年間の現役店長の感想 現役店長として、ヤフーショッピングへの出店が無料化される以前から 出店している感想を書いてみようと思います。 ヤフーショッピングでの当店の売上推移データをまとめてみましたので まずは以下の売上状況を見ていただければと思います。 約3年前の当店ヤフーショッピングでは 月商50万円前後のネットショップでした。 それが、2016年には 平均月商が144万円に成長。 2017年8月までの平均月商は 231万円と月商200万円以上に成長しています。 直近の7月の月商は、420万円を記録していますが、 これは、猛暑傾向にあったため飲料製品が売れたことが原因です。 2015年に出店している頃は、ヤフーショッピングには 正直たいした「期待」もしていませんでした。 2016年頃から、ヤフーショッピングが ヤフーカードとプレミアム会員優遇しだしてから 売上が伸び始めました。 その後、2017年にはソフトバンクユーザーの優遇施策を強化し 毎月「ウルトラセール」を開催し、高ポイント還元セールを 実現しだしてからは、売上の波がさらにアップした印象です。 当店としては、正直なところ、楽天市場と比較して ヤフーショッピングはほぼ「自動販売機」的な運用をしていました。 商品は並べていますが、メルマガ発行も不定期。 ポイント施策などはほとんど実施していませんでした。 ヤフーショッピングで行った店舗運営施策としては、 「PRオプション」を3%で運用していた程度です。 ただ、今年の夏は、このPRオプション料率を「7%」まで引き上げ 露出強化をはかりました。 その結果が、7月の売上増、月商420万円達成にも 繋がっていると感じています。 ヤフーショッピングとBASEの違い ヤフーショッピングの出店料が無料となってから、 無料ネットショップ構築サービスの と比較されることが増えました。 BASEは、ネットショップの構築が非常に手軽に行える 「インスタントEC」と呼ばれるサービスです。 BASEも基本的に月額固定費は無料でネットショップを開設できますが、 販売成立時に、決済手数料が約4%程度必要となります。 BASEはあくまでも自社ECサイトの部類となりますので、 ショッピングモールタイプのECサイトとは集客面が全く異なります。 集客は自分で行う必要がある分、BASEよりもヤフーショッピングの方が 売上を作りやすいネットショップだと思います。 ヤフーショッピングへの出店の前にやっておくべき大切なこと ヤフーショッピングへの出店には当然ながら 審査があります。 ライトプランであれば、個人の出店も可能ですが、 プロフェッショナルプランであれば、最低でも個人事業主以上、法人で なければ審査に通ることはありませんので注意しましょう。 また、ネットショップ開業の際に必要となる、特定商取引法に関する表記の 内容を準備しておくことをおすすめします。 ヤフーショッピングの手数料の支払い方法は「クレジットカード」が必須条件ですので クレジットカードを用意しておく必要があります。 あと、これはヤフーショッピング以外のネットショップにも言えることですが、 ネットショップを本気で開業、運営するつもりであるならば、 店舗責任者、店舗担当者を必ず一人は「常住させること」を心がけてください。 ネットショップで失敗するパターンとして、ネットショップを自動販売機に してしまうということがあります。 当店も、月商50万円程度でうろうろしていたころはまさに「自動販売機」にしていました。 月商が100万円以上で安定したのは、店舗担当者を付けたことにあります。 これは、人件費という固定費がかかることになりますが、 必ず、一人は日中パソコン前にいる店舗担当者を配置するようにしてください。 ヤフーショッピングへの出店についてのまとめ ヤフーショッピングの運営を4年間行ってきた現役店長の目線で ヤフーショッピング出店を検討されている方の参考になればと思い、 様々な角度からヤフーショッピングを考察してきました。 ヤフーショッピングは、無料化されてから、出店店舗の数は51万店舗を超え、 出店商品数も2. 7億商品を超えて、現在ではおそらく3億商品近くまで増えていると思います。 出店店舗が多ければそれだけ「競争」は激しくなります。 競争が激しいとはいえ、ヤフーがヤフーショッピングへ対して行う 販促費用は、年々増加傾向にあり、2016年中は、 約500億円を販促の予算として 投下してくれています。 多くは利用者へのポイント還元の原資として資本投下されていますが、 こうした、ショッピングモール側で集客強化とユーザー還元強化を 実施してくれる面では、楽天市場よりもヤフーショッピングの方が太っ腹と言えます。 これからもヤフーショッピングの成長は続いていくことは間違いないと思いますので ネットショップの出店を検討されている方には、ヤフーショッピングの出店は非常におすすめです。 ただし、競争は激しく、商品露出は楽天以上に難しいこと。 PRオプションなどの広告利用は 必須対応のひとつであることを踏まえて、店舗運営の戦略を立てる必要があります。 売れるネットショップの作り方とは、 売場を見極め、売れる商品を、売れる位置に表示させること これを継続して、リピーターを増やし続けることに他なりません。 参考になれば幸いです。 売れるネットショップの教科書に固定バナーを掲載して新規顧客を獲得しませんか? 現在の広告費は高騰傾向にあり、また広告費に対する効果、成約率は低い傾向にあると思っています。 広告運用の難易度上昇の現状において、自社のサービスを潜在顧客に届けたいという企業さんは少なくないと思います。 今回、特にEC支援システムなどを提供されている企業さん向けに新しい試みを用意させていただきました。 この売れるネットショップの教科書へサービスページへ誘導する為の「バナー掲載枠」をご用意いたしました。 この売れるネットショップの教科書は、最高月間PV数10万PVで、現在の平均PV数は月間6~7万PVで推移しています。 具体的なアクセスユーザーの傾向としては以下のような傾向がアナリティクスから判明しています。 人気エントリーTOP20• - 236,465 views• - 161,402 views• - 81,235 views• - 76,400 views• - 68,484 views• - 64,778 views• - 64,622 views• - 64,452 views• - 60,771 views• - 60,698 views• - 60,627 views• - 60,518 views• - 60,329 views• - 60,181 views• - 60,118 views• - 59,896 views• - 59,896 views• - 59,623 views• - 59,463 views• - 59,457 views.

次の

ヤフー(Yahoo)の評判/求人/転職難易度は?中途採用を成功させる秘訣!

ヤフー 評判

勤務時間・休日休暇: 残業は部署によって異なっておりました。 極端に残業が多い部署もあれば少ない部署も。 ただ、基本的に残業は推奨していないため、個人の裁量で勤務時間は調整できました。 残業しない、させないように一定の時間を超えるとオフィスの空調をオフにするなどされていました。 休日休暇はカレンダー通りです。 土曜日に祝日が重なると金曜日が休みになる独自制度がありました。 多様な働き方支援: 副業は申請したら可能です。 契約社員は利用できなかったが社員であればフレックスも利用可能でした。 リモートワークについても元々正社員のみ利用可能でしたが、コロナ禍の影響で全社員が利用できるようになっています。 (ただし、これからどうなるのか明確な指針は確定していないみたいです。 )基本的に多様な働き方に対応していると思います。 口コミ投稿日:2020年07月 2日 女性の活躍・女性管理職:正社員の人は部長などの役職の方は男性の方が人数的には多かったですが、女性の部長も少なからずいらっしゃいました。 部長の下にリーダーがいますがリーダーは比較的に女性が多くいらっしゃる感じで、リーダーの女性陣ですが本当にバリバリ仕事出来ると言う感じで部下の男性社員のフォローなど行ったり、引っ張って行くと言う感じの女性リーダーが多かったです。 派遣は女性が多いのですが女性リーダーが女性ならではの視点で色々気遣っていたりして働きやすい環境を作るために頑張っていらっしゃいました。 また、リーダーから頑張って部長になった方もいて頑張りしだいで女性でもどんどん上に行けると感じました。 口コミ投稿日:2019年11月16日 仕事内容:ヤフーショッピングを利用しているストアに対して広告をひたすら提案していくというのが主な業務です。 売り上げや訪問者数を振り返りながら売り上げアップを目指してコンサルティングを行う、というのが表向きのミッションですが、就業時間中は架電件数や提案件数をカウントされているのでひたすら電話し続けなければならないので、やっていることはテレアポと変わりはない。 担当ストア数も膨大なので、クライアントと密に関係性を築いていくのが得意なタイプの営業の方は仕事の面白みを見出すのは難しいかもしれない。 逆に、淡々と作業的に業務をこなすのが向いている方にとってはいい仕事かもしれない。 口コミ投稿日:2020年04月11日 福利厚生:在宅勤務やフレックスができたり、社食やカフェが用意されていたりと、福利厚生は充実していた。 ホテルの宿泊割引や商品の割引など社員特典も多くあった。 医務室やマッサージ室があったり他社と比べても良い方の福利厚生だと思う。 オフィス環境:自由度の高い綺麗でオシャレなオフィス。 カフェや広い社食があり、軽い打ち合わせ用の芝生スペースや会議室まで、バリエーションに富んだ空間だった。 フリーアドレスとなっており、皆、好きな場所で作業を行なっていた。 ただ、朝のエレベーター混雑は異常でかなり並ばないと行けない上、停止階も限られている為、場合によっては階段も使用しなければならなかった。 階の移動は面倒な面があった。 口コミ投稿日:2020年06月 4日.

次の

ヤフー株式会社の口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (3390)

ヤフー 評判

ヤフージャパンの自動車保険の口コミ・評判は? ヤフージャパンの自動車保険の口コミを調査してみたところ、良い口コミも悪い口コミも見当たりませんでした。 しかし、Yahoo自体が有名なポータルサイトなので、信頼度は高いはずです。 次からは、ヤフージャパンの自動車保険の魅力についてまとめていきたいと思います。 ヤフージャパンの自動車保険が選ばれる5つの理由 ネット上では口コミが見当たらないながらも、最短5分で入力完了や7社で比較など、魅力が多いヤフージャパンの自動車保険。 そこで、 ヤフージャパンの自動車保険が選ばれる5つの理由を調査しましたので、解説します。 最短5分で見積もり結果が出るので、急いでいる時でも一括見積もりできます。 見積もり結果では、比較表にて各保険会社の保険料や保険プランを一覧。 一目で比較結果が分かるから、検討しやすいのが魅力です。 良い保険商品を見つけたら、 隣にある契約ボタンをクリックするだけですぐに手続き完了。 見積もりだけではなく、契約もスムーズだから選ばれているのです。 ソニー損保• アクサダイレクト• SBI損保• セゾン自動車火災• チューリッヒ保険• 三井ダイレクト損保• 損保ジャパン日本興亜 これらの7社で比較をすると、それぞれの保険会社の特徴も表示され、保険料だけではなく特徴からも比較できます。 1社ずつ見積もりを頼むよりも断然早く、かつ正確に比較してくれるので自動車保険検討に大いに役立ちます。 比較表では、契約可能年齢やインターネット割引の有無、保険会社での割引の有無、自動車保険の内容、サポートセンターの連絡先や電話受付時間などが記載されています。 見積もり結果とともに比較表の内容を見ながら、より詳しい比較ができるのも魅力の一つです。 保険が運営する自動車保険の一括見積もりサイト。 Yahoo! 保険では自動車保険をはじめ、生命保険や医療保険、ゴルフ保険などの保険商品を各種取り揃えています。 もちろん、自動車保険以外の保険商品の一括見積もりも可能。 また、 保険選びに役立つコラムや保険マガジンなども充実しているので、一括見積もり以外にも活用できるコンテンツが盛りだくさんです。 年間保険料1万円以上の契約をすると、車でのスマートフォン充電に重宝する充電器をゲットできます。 一括見積もりサイトからの契約で、賢く節約しながら、カーライフを充実してくれるアイテムまで手に入れられるおすすめのキャンペーンです! ヤフージャパンの自動車保険と当サイトNO. 1、NO. 2を比較! 名称 ヤフージャパン 【NO. 1】インズウェブ自動車保険 【NO. 2】価格. com自動車保険 画像 特徴 Yahoo運営見積もりサイト!最短5分・7社で比較で一覧表がわかりやすい 利用者900人突破の20社比較可能で多数ランキングで1位を獲得 価格. 一方、ヤフージャパンの自動車保険が他の2社と比較した時の残念点は、 比較会社の数が少ない点と 法人契約の見積もりができないことでした。 ヤフージャパンの自動車保険のよくあるQ&A 最後に、 ヤフージャパンの自動車保険によく寄せられるお問い合わせをご紹介します。 最短はその日のうちに、長くても1週間以内には届きます。 一括見積もりの結果はすぐに出ますが、保険会社からの情報は、到着までに1週間程度の時間が必要です。 修正できますか? A. 見積もりの申し込みをしてからの修正はできません。 申し訳ありませんが、見積もりを申し込んでからは修正が一切できないので、修正が必要な場合は、各保険会社までご連絡ください。 見積もりは、無料で提供しております。 一括見積もりは全て無料です。 その後、保険商品を契約される時には、保険料が発生します。 満期日の90日前からは、見積もりが可能です。 満期日の90日前までは見積もりができませんので、ご了承ください。 90日前からは見積もりが可能です。 是非ご利用くださいませ。 見積もりを送信してからのキャンセルは、できません。 一度見積もりを送信してからは、キャンセルができません。 お手数ですが、キャンセルしたい場合は、各保険会社にご要望を直接ご連絡ください。 見積もりを出した後の修正は、できません。 どうしても内容を修正したい場合は、お手数ですが、各保険会社にご要望をお伝えください。 ヤフージャパンの自動車保険まとめ 自動車保険を始め生命保険や医療保険などの多数保険を取り扱うヤフー保険が運営するヤフージャパンの自動車保険。 最短5分で見積もり可能で、厳選された7社から比較できます。 信頼おける保険代理店でソニー損保やアクサダイレクトなどの大手保険会社の自動車保険を比較したい人に、特におすすめです。

次の