つま が 口 を きい て くれ ませ ん。 好きな人の前で見せる態度(しぐさ)は?

妻が口をきいてくれなくてもそれでも日々は続く(1年目)

つま が 口 を きい て くれ ませ ん

私たち夫婦もそんな どこにでもある 普通の夫婦でした。 そんな 私たち夫婦にと いうよりも 普通の主婦であったはずの妻が 変貌し始めたのは、我が家にパソコンがやってきた日からでした。 なんにでも凝り性な妻は、私にチャットというものを 教わって以来 毎晩のようにチャットに励んでいました。 そのうち何人かのメル友もでき チャットにメールにと盛んな毎日でした。 そんな ある日メル友の中の一人から 男性自信の写った画像が添付されている メールを 私は見つけてしまいました。 男心として このメールの差出人に 妻は なんと返事をしているのか? また もう会ったりしているのか?など いろんなことを頭の中を駆け巡りました。 このサイトにおられる いろいろ 経験されてる方々から 比べれば ほんと なんでもない 小さなことなのかもしれませんが、 その時の私自信のなんとも言えない 気持ちは、初めて経験しました。 それから しばらくした日に 相変わらず 夜遅くまで チャットに励む妻に 「おやすみ・・」と告げ 一人でベットに入りました。 どれくらい時間がたったのか わかりませんが暑さで寝苦しいのと なんとも切ない妻の押し殺したような かすかな声で、私は、ふと 目を覚ましました。 寝室とパソコンの置いてある部屋とは 別の部屋の為 はっきりとした声は聞こえてきませんが、 確かに妻はSEXの時に発するような あえぎ声をたてています。 私は凄い衝撃に襲われました。 どうにかして 今 妻がどんな 格好でどんな風に あんな声を出してるのかを見たくってしかたなくなりました。 寝室のドアを静かに開け 妻のいる部屋に足音をたてずに こっそりと近づきました。 うまい具合に部屋のドアは、開けっ放しになっています。 おそるおそる 部屋の中を覗いてみると 妻は携帯片手にTELエッチの真っ最中でした。 頭が真っ白になってしまう自分がそこにいました。 と 同時に凄く興奮する自分に気づいたのも 事実でした。 部屋は明るいせいで 妻のいやらしい部分がはっきりと見えています。 電気に照らせれて凄く濡れているのが わかるくらいでした。 私は勿論 妻のオナニーなんて見たことが なかった為 凄い興奮を覚えました。 自分のひとさし指と中指とで クリトリスを凄い勢いでこすったかと 思えば その2本の指を熱くドロドロとした愛液を垂れ流している その部分に出し入れしています。 いつもの私とのSEXでは 発しない凄い喘ぎ声が部屋中を共鳴していました。 そうのうち 妻は 「出して!お願い いっぱい出して 私も いきそうなの」「あぁ〜 ほんとに気持ちいい いっちゃうよ!」といいながら 2本の指を自分の奥深くに挿入し 自分でGスポットを激しく刺激していました。 「ダメ出ちゃう! イクわ いっちゃうの あぁ〜 いくぅ〜!! ほんとに出ちゃうぅ〜〜!!」と叫びながら 妻のその部分から1本の噴出する体液が 床中に飛び散りました。 そうです 妻は潮を噴いてしまったのです。 それと同時に私自信の白い体液も固くなった一物から おびただしく噴射したのです。 そのあと 妻は 「ほんと 凄く感じたよ こんなの初めて」そんな会話をしていました。 私は知らぬふりをして というより 声も掛けられないまま その場を立ち去りました。 その後の会話は私には聞く勇気がありませんでした。 これが 私の愛する妻が知らない男に変えていかれる はじまりでした。 これから どんどん変えられていく 妻を書いていきたいと 思います。 妻がメル友である男とTELエッチをしているところを目撃してから しばらくたった頃 妻から 「明日 出かけてきても いいかなぁ?」と聞かれました。 私は「別にいいよ めったに出かけないんだし ゆっくりしてきていいよ」と返事しました。 妻は「じゃぁ 少し遅くなってもいい?」 「え? 遅くって? そんなに 遅くなるの? まぁ いいよ子供達は適当に見ておくよ」と 答えておきました。 妻が出かける当日 いつもとかわらずにジーンズにTシャツという格好で 出かけていきました。 遅くなるといっていた 妻は意外と早い時間に帰ってきました。 帰ってくると「とっても楽しかった ありがとうね 留守番してくれて」 「で、 どこにいってたの?」と 私が聞くと かなり酔って帰ってきた 妻は「あのねぇ〜 男の人とデートしてきちゃった」 私は一瞬 息がつまりそうになりました。 「その男って いったい誰なんだ!! どこで 何してたんだ!!」と 私は怒鳴りつけました。 すると 妻は「あなたは 知ってるんでしょ? この間も・・・・」 そうです 妻は 自分がTELエッチをしているところを覗いていた私を知っていたのです。 妻は「もちろん 私は あなたを一番愛してる でもどうしてか あなたが覗いてるってわかってから 他の男性とエッチしているの見られたいって思うように なったの あなたに見られてるって 思うと凄く興奮するの・・・・」 妻の突然の言葉に私は 呆然としました。 今までの妻では とても考えられない 言葉でした。 「で 今日会った男とエッチしたの?」と 私が聞くと 妻は「ううん しなかった でも キスされちゃった」 「キスされた だけで ドキドキしちゃった」 「相手は求めてこなかったの?」 「したいみたいだった・・・ でも・・・」 「でも どうしたの?」 「あなたに 見られたいの 私がその人と エッチするところを」 私は興奮を覚えました。 確かになんともいえない 嫉妬と 興奮と また 怒り その感情が入り混じった 不思議な気持ちでした 「で 男とは しないの?」 「いいの? 私が 他の人とエッチしても あなたは 平気なの?」 「平気じゃない・・ でも 興奮するのは事実なんだ」 「じゃぁ しても いい?」 私は 返答に困りました。 でも 見たい気もする けど・・・・ 結局 私は 妻の私を愛してるって言葉を信用して 「しても いいよ したいんだろ?」 「うん したいの それで あなたに見て欲しいの」 「わかった じゃぁ 見てやるよ」 「うん・・・ ごめんね あなた・・・」 妻は そのあと 私の目の前で 彼に携帯から 電話しました。 「今から ドライブでもどう? 迎えに行くから」 そんな 会話をしてシャワーを浴びて 真っ白なTバックと おそろいのブラを見につけ 薄い紫のミニスカートで 出かけてしきました。 私が覗きやすいようにと 思ったのか 一番道路に近い場所に車を止めてありました。 私は車を降りて ゆっくりと 妻の車に近づきました。 うまい具合に 道から 車を見下ろせるくらいの位置に車がありました。 ドキドキしながら そ〜っと 見てみると 二人はシートを倒してキスをしているところでした。 そして 大胆にも 妻が男のズボンの中に手を入れて しごいているのです。 妻は男のものをズボンから 出して 上下に激しくしごいています。 そのうち 男も我慢できなくなったかのように 妻の足を開いて妻の濡れているであろう部分を愛撫しだしました。 男は妻の薄いブラウスを押し上げブラジャーをたくし上げて 乳首をなめ回しています。 もちろん 妻も男のものを 激しくしごいています。 男は妻の真っ白なTバックをひざまで 下げて じっと妻の濡れたその部分を見たかと思うと 舐めはじめました。 妻は凄く感じているようでした。 男が妻のものを舐めるのをやめたと 思うと 今度は妻が男のいきりだったものを口で含みました。 口いっぱいに男のものを含んで出し入れしています。 その間 男は妻の敏感な部分を愛撫しつづけています。 そのうち 妻が男のものから 口をはずしたかと思うと 妻は1回目の絶頂を迎えたようでした。 そのあとは 男のなすがままに 何回も その男の指と口で いかされ続けていたようです。 私は興奮と怒りとの狭間でなんともいえない気持ちでした。 そんな時 別の車のカップルに私が妻の車をのぞいてるのを見つかってしまいました。 そんなため 私はこれからっていうときに その場を去らなければならない状況になってしまったのです。 見てみたいという気持ちを抑えて とにかくその場を後にしました。 家になくなく 帰った私は 妻が帰るのをひたすら待ったのでした。 私がうとうとしながら 妻を待っていると ドアを開ける音がして 妻が帰ってきました。 私が帰った後妻はいったい どんなエッチをしたのか? いろんな思いと想像が頭を駆け巡りました。 その後の私の妻が私以外の男との出来事を私は 妻の口から一部始終聞く事になるのでした・・・・・ 私以外の男と淫らなことをしている妻の帰りを待っている私は、ドアが開く音がして 妻が帰ってきたことを確認しました。 私が帰って来てから、それは かなりの時間がたってからの事でした。 「ただいま・・・」と一言 言うのが精一杯のような妻の姿がそこにありました。 妻はかなり疲れた様子で 「見てたの?」と私に ポツリと聞いてきました。 「うん 少し見てたんだけど のぞきと間違えられちゃって 帰ってきたんだ」 「そうなの・・・ 」 「で、 どうだったの?」と私が聞くと 妻は恥ずかしそうに 「したよ でも 最後まではできなかった・・・」 「そうなの? でも 俺が見てたときから 大分時間たってるじゃない? ほんとは 最後まで したんじゃないの?」 「ううん 彼はしなかったよ 私 凄く興奮しちゃったみたいで・・・」 「興奮しすぎて できなかった? どうしてなの?僕が見てたときもう 彼も凄く大きくなって お前も感じてたじゃないか」 「うん あなたより 太くって 硬くなって大きくなってたよ でも・・・」 「そうなんだ 最後まではしなかったんだね? それより 今も 濡れてるの?」 私は妻の状態が気になりました。 妻はそんな私の問いかけに 恥ずかしそうに 「お願い シャワーを浴びさせて」 私はそんな言葉を無視して 妻の身体を調べました ミニのスカートをめくり上げて 思わず 息を呑みました。 妻の真っ白なTバックだけじゃなく ミニのスカートまでが 染みになっていました。 「そんなに感じたの?」と私が聞くと 妻は 「うん 凄く感じたよ いっぱい いかされちゃった・・」 「彼ね 私が触ってあげると いっぱい 先から ドロドロと汁が垂れてくるの 凄いんだ まるで 射精したかのようにね」 「そんなに いっぱい出てくるんだ 凄いんだね いっぱいいかされたって どんな事されたの?」 「いっぱい キスされて 私キス されただけで 濡れちゃって 彼 キスしながら 私に言うの 凄く濡れてるよ って もう 何がなんだか わからなくなって・・」 「指入れられた だけで いっちゃったの 彼ったら 私の感じるところ 凄い 勢いで 指を動かすの 何回も何回も 感じちゃった」 「指だけで そんなに感じちゃったんだ お前も 彼を感じさせたんだろ?」 「うん お口でいっぱい 感じさせてあげたよ 舐めた感じも あなたのより 太くって 私 凄く入れたくなったの」 「だったら 入れればよかったじゃないか」 「うん お願い入れてって 頼んだんだけど 彼ったら まだまだ これは お預け なんて言うんだもん」 「入れてくれないんだ で ずっと 愛撫されてるだけだったの?」 「ううん しばらくしてね 車でドライブしようって 言われて 彼と運転変ったの・・・」 「それで どうしたの?」 「彼ったら 私を裸にして そのまま 町中走るの」 「え!!! 夜だって トラック大きい車とかだったら 見えるじゃないか?」 「そうなの 助手席で大きく足を開かされて オナニーさせられちゃったの・・」 「誰かに見られたの?」 「うん トラック運転してる 人に信号で止まったときに・・・・・」 「見られたんだね?」 「うん・・・ でも・・・ 見られただけならいいんだけど・・・・」 妻は 真っ赤になって 恥ずかしそうに小さな声で話ました。 「ずっとね そのトラックが着いてきて・・・ そのうち 彼ったら・・」 「ん? 何かさせられたの?」 「うん 次の信号で止まった時 トラックの運転主に なにか話しにいったのね」 「そしたら トラックが少し走って止まったの 彼が じゃぁ 一緒においでって いうもんだから・・」 「一緒に車降りたの?」 「うん・・・」 「で 何かしたの?」 「お願い もう勘弁して 私 どうかしてたの! ゆるして あなた!」 「どうしたんだよ そんなに大きな声ださないでもいいいよ 怒ってなんか ないよ」 妻はか弱い声で 話を続けました。 「トラックの運転席の後ろに 仮眠するところあるでしょ? そこでね 運転手の 舐めさせられたの」 「後ろからは 彼に私の感じるところ 舐められながら・・ 私は運転手のものを 舐めたの」 「私 凄く恥ずかしくって 変な気分になっちゃって・・・・ で 私がいきそうなのって言うと 運転手のあそこが 私の口の中で膨らんだかと 思うと 口いっぱいに白いドロドロしたものが・・・」 「いったんだね?」 「うん そしたら 彼も私のあそこに・・ いっぱい・・大きな奇声を発しながら かけてきたの 二人とも凄くいやらしい声だしながらね」 「私 二人の射精するところ見たら いきなりいっぱい 出ちゃって・・・」 「 また 潮噴いたんだね? いっぱい出たんだ」 「うん 止まらなくなっちゃうほど」 「でね その後始末もさせられないままに また私の車に乗せられちゃって・・」 「また されたの?」 「うん 今度は 彼のものを 舐めさせられたの」 「彼にさっきのこと 思い出してごらん?って言われて 触られたら また 感じちゃって・・」 「彼ったら さっき出したばかりなのに また 大きくなってきて 凄いの さっきいより 大きくなったって感じるくらいに 硬くなて・・」妻は 話ながら かなり興奮しているようでした。 「お前もまた 感じたんだろ?」 「うん・・ とっても明るい道路で彼のものを いっぱい舐めたの 彼ったら ほら ほら みんな見てるぞ!って言うの」 妻は私が見たことのないくらいに 興奮したみたいでした。 「彼が車をコンビニの駐車場にとめて・・ 私のあおこを舐めてきたの そしたら 外を見ると おじさんと目があっちゃって・・」 「また 見られて興奮したんだろ?」 「そうなの 彼にクリトリスいっぱい 舐められてるところ 見られて感じちゃって 我慢できなくなって 彼の顔中に 私の・・・ 巻き散らしちゃったの」 「車のシートも 彼の顔も いっぱい ビショビショになったの」 「そうなんだ だから こんなに 濡れてるんだね」 「うん ごめんなさい あなた・・」 私は妻を凄くいとおしく思えました。 そして 知らない男にされるがままの妻を 何回も 何回も抱きました。 こんな私は おかしいのでしょうか? 嫉妬と怒りそして興奮を覚える私なのですが。 けれども 私の妻が知らない男に変えられていくのは、 まだまだ はじまったばかりでした。

次の

漫画『妻が口をきいてくれません』ネタバレと今後の予想と感想|サレ妻・女のぶんきてん

つま が 口 を きい て くれ ませ ん

「よみタイ」が誇る超人気作、野原広子さんの。 すれ違う夫婦の気持ちと、静かにほころびが広がっていく家庭の様子をリアルに描くコミックエッセイです。 妻と娘と息子の四人家族として、ごく平和に暮らしていると思っていた夫。 しかしいつの日からか、妻が口をきいてくれなくなる。 なにか気に障ることを言ったのだろうか。 嫌がることをしたのだろうか。 なぜ妻は不機嫌なのか。 大喧嘩をしたわけでもなく、これといって思い当たることはない。 現在連載は10話を超え、妻が口をきかなくなって6年目に突入。 徐々にその心の内が明かされていくところです。 気になる結末を大予想していただきました! ラストには、野原さんからのスペシャルメッセージも。 どうぞ最後までお見逃しなく! (構成・文/よみタイ編集部) 結末予想1:離婚しかない(妻の立場から) 「ここまで読んだ限りでは離婚しかない」と予想するのは、クミさん(40代女性)。 自身も12歳と9歳の子どもを育てている経験から、妻の気持ちが「わかりすぎてつらい」と言います。 「毎回待ち遠しくて、(最新話が更新される)2週間の間に、公開済みの回を何度も読み直しています。 でも最近の妻目線の話はリアルすぎて。 『あーーー妻の気持ちわかるーー!』と、涙が出ちゃいます」 最も刺さったのはの「バスの中で子どもがぐずって怒鳴られるシーン」だそう。 「バスではありませんでしたが、子供が小さかった頃、病院で同じような経験をして、その時の辛かった気持ちとかをバーっと思い出しました。 その日の夜、夫に報告したらテレビ見ながら『(病院には)もっと空いてる日に行くようにしたら?』って言われたこととかも。 病院や自分の仕事やいろんな都合からその日しか行けないことは前にも話してあったはずなのに。 「(妻視点で)すごくリアルなのは、一つひとつはたいしたことのない日常のイライラとか不満であること。 不倫とかDVなら被害を訴えて次の行動に移しやすい。 でも、例えばテーブルについたまま『(カレーの)スプーンは?』って言われたり、育児の悩みよりテレビ優先にされたり、そういうことって、大きな声で『夫が悪い』『自分は被害者だ』とは言いにくい。 箇条書きにしてみると、自分でも『これくらいで離婚は大人げないか』と思ってしまうようなことばかりなんだけど、蓄積するとダメージは大きいです。 いっそ不倫でもしてくれた方がわかりやすくて、ラクというか……」 クミさん自身「離婚」の2文字が何度も頭をよぎったと言います。 「(夫に自分の気持ちを)『言えばいい』『話し合えばいい』という人もいるかもしれないけど、私からしたら、そのくらいのことも口にしないとわかりあえない時点で、『この人違う』という気持ち」 実はSNS上などでも、妻が心の内を語り出したあたりから、「つらくなるほど妻の気持ちがわかる」「女が無理と思ったらもう全部無理になる」など、妻の苦しみと怒りに共感する声が続出。 「(結末は)もう離婚しかないのでは?」という声が増えています。 実際にはクミさんは離婚せず、現在も夫婦生活を続けているそうですが、それでも物語の結末は「離婚しかない」と予想します。 その理由とは? 「私の場合、子供のこととか、親のこととかを考えて、今のところ離婚には至っていません。 これでよかったと思うこともあるし、やっぱり離婚すればよかったと思うこともあります。 でも一つ確かなのは、夫に言われて傷ついたりガッカリしたことは一生消えないし、心の底から分かり合うことはないだろうな、と。 もしこれから夫が何かものすごく良いことをしたとしても、それで過去がチャラになるわけじゃない。 妻の気持ちが完全に戻ることはないので、何年も口をききたくないほどこじれた関係なら、選択肢は離婚しかないのでは」 「野原先生、そろそろリアルすぎて辛くなってきたので、緑の紙(離婚届)の登場を待ってます! スッキリしたいです(笑)」と、クミさん。

次の

好きな人の前で見せる態度(しぐさ)は?

つま が 口 を きい て くれ ませ ん

連載途中です。 野原広子さんといえば、「」を以前に読み、とーっても心をエグられたんですよね。 今回のこの も、上手く行ってない夫婦の問題を扱っています。 まだ最終回を迎えていないですが、現時点での感想を書きたいと思います。 「妻が口をきいてくれません」のあらすじ 各話のあらすじをザックリ解説しますね。 夫からの視点 妻が口をきいてくれなくなって3日目、お弁当は作ってくれるけど口をきいてくれない。 2週間目、子どもと一緒に4人で公園に行ってもまだ口を聞いてくれない 1カ月目、ケーキと花を買っても口を聞いてくれない 2カ月目、理由を問いただしたら子どもが泣き出したので、妻が口を聞いてくれなくても我慢することを決意する夫。 3カ月目、自分でローンを払ってるのに家に帰るのが怖くなる夫。 1年目、家族で遊園地に行っても子どもたちにはニコニコするけど夫とは口を聞かない妻。 5年目、すっかり子どもたちは成長したけど、まだ妻は口を聞いてくれない 6年目、とうとう「離婚しよう」と切り出す夫。 妻は「私は好きなのに」と返す…。 (びっくりー!何その展開!) 妻からの視点 ここまでは夫側からの視点、そして9話から妻の視点に移ります。 9話、自分の口から出た言葉に自分で信じられない妻。 しかし、子どもたちのために自分を殺して守り通してきた世界を守らなきゃ、とつぶやく。 10話、11年前の回想。 家を建て、子どもは小さく、これからお互い頑張ろうと思っていた筈なのに、夫に対するイライラがどんどん溜まっていく。 11話、 夫の事をどんどん嫌いになっていく。 だけどまだ少し夫に期待もしていて、だけどまた自分優先な夫に失望する。 ハイ!連載は今のところここまでです。 次回、妻の身に何があったのかわかりそうですね。 気になるー! 「妻が口をきいてくれません」の感想 妻が口をきいてくれなくなってから、夫がしたこと 夫は、妻が口をきいてくれなくなった理由がわからない。 3日経っても、1ヶ月経っても、6年経っても。 9話以降の、妻が夫から心が離れたエピソードを読んだあとにまた1話に戻って読み直すと、 「あいつまた何か怒ってんなー。 理由はわかってないけどとりあえず謝ってみる• 「おはよう」と「ありがとう」を言うようにしてみる(今まで言ってなかったのね…)• 家事を手伝い、子どもたちを公園に連れて行く• ケーキと花を買う かなり妻側に歩み寄っていますが、それでも妻の心は動きません。 よっぽどの怒りなのか、もう遅いのか。 いや、わかるよ。 「妻が怒ってるからやる」 それじゃ駄目なんだよ!私が怒りを大爆発させる前にやってほしかったんだよ! そんな気持ちなんじゃないかなー。 妻が口をきかなくなるまでに、夫がしたこと 一方、妻が口をきかなくなるまでに夫にされたことは、• 「これってレンチン?」「ここ掃除した?」• 育児の悩みを「TV見てるから静かにして」と受け流す• 子どもに合わせて甘口カレーしか作らないことに文句を言う• 疲れてるからママと遊んで子どもに冷たくする など。 1つ1つのエピソードはとても小さく些細なことなんだけど、毎日毎日それが積み重なって、夫のやることなすこと嫌になってしまう、その過程がとてもリアルに伝わりました。 きっと男性がこの漫画を読んでも、 「それぐらいで口きかなくなるなんて」 「不満があるなら言えばいいのに」 って思うんだろうなー。 こればっかりは、一人で家事と育児を背負った人にしかわからないと思う。 男女の違いと言うよりは、経験者と非経験者の違いかな。 私だって独身の頃は、家事育児がこんなに複雑でしんどいものだとは思わなかったもの。 でも例え自分が経験してなくて気持ちを100%理解できなくても、パートナーが忙しく疲れてる様子を見たら、わかりそうなものじゃない? なぜ口をきかなくなったのか? 9話に妻のこんなセリフがあります。 この6年間私が自分を殺して守り続けてきた世界をここで崩されては元も子もない。 全ては悠人と真奈のために。 ここがキーポイントですよね。 「離婚したら?」と思うかもしれないけど、やっぱり子どもがいたらそう簡単じゃないです。 生活を守るため、自分の心を守るために、夫と会話しないことを選択した妻。 果たしてそれは幸せだったのだろうか? うーん、私には耐えられないな! 「妻が口をきいてくれません」の結末予想 今一番気になるのは、結末がどうなるかです。 全く予想がつきません…。 「離婚」、それとも「やり直す」? ここまで引っ張っておいて今さら離婚なないと思うな。 でもやり直したところで、本当なら一番夫に協力して欲しい子どもが小さい頃は過ぎてる。 もう遅い、ってなっちゃう。 うーん、どっちなんだろう? ちなみに、 著書の野原広子さんが以前に書いた「」では、「子どものために離婚せずにやり直すけれど、夫のことは嫌いなまま」という結末でした。 「」は、あることがきっかけで子どもを連れて家を出て、その後戻ります。 「妻が口をきいてくれません」の場合は、そんな家を出るきっかけもなく、夫を無視して6年が過ぎます。 ある意味、翔子が家を出なかったらどうなってた?バージョンとも言えますね。 2作品の主人公に大きな違いがあって、翔子は不満があっても口に出さずため込む性格、「妻が口をきいてくれません」の妻は言いたいことを夫に言っていました(でも伝わってない)。 不満を溜め込もうが、ちゃんと伝えようが、どっちにしろ夫に妻の気持ちは伝わらない、という(笑)。 ところで、著者の野原広子さんは「」を書いた後に離婚されてるんですよね…。 作者の心境が変わって、リアルに離婚を体験したことによって、今回は「離婚する」選択するんじゃないかなぁと思ったり…。 「」が納得いく結末だったので、「離婚」にしろ「やり直す」にしろ、きっとキレイゴトではないリアルな結末になるだろうと確信しています。 次の更新が待ち遠しいです。 こちらもおすすめです。 サスペンス調でゾクゾクします。 sweet-orange.

次の