ある日お姫様になってしまった件について 韓国 最新話。 転生先は、悲運のサブキャラプリンセス!? 韓国の人気作がついに発売!『ある日、お姫様になってしまった件について』第1.

漫画「捨てられた皇妃」最新話57話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 韓国 最新話

ある日お姫様になってしまった件についてという漫画にどハマりしてしまい、最近は韓国で連載されている最新の話の英語版まで読みました。 ネタバレ全然構いませんし、ある姫の情報をとにかく知りたいのです……。 どなたか私にお教えくださる方はいらっしゃいませんか? 私も翻訳が未熟でして,わからない点や間違っている点などもあると思いますがご容赦ください。 ジェニットはそれで更に絶望するのですが,アタナシアからジェニットを託されたイゼキエルと共に,徐々に回復していき,皇族の証の宝石眼を母と同色の緑色に変えて,ジェニット・マグリタとして新しく生きていくことを決心するみたいです。 残念ながらアナスタシウスやアタナシアとは暮らしません。 その後は,外伝でちょこちょこ出てくるぐらいで,本文ではあまり書かれていませんでした。 黒髪黒目で変装しているのは,ジェニットやイゼキエルに自分の正体を悟られないためです。 クロードに復讐するための材料としてジェニットを使うために近づきますが,段々ジェニットに親心が沸いてくるみたいです。 他の方は存じませんが,私の場合は韓国語版小説を購入して翻訳しました。 現在は韓国語以外の小説は発売されて居ないみたいです。 どういう風に戻すかはあまり分かりませんでしたが,それで魔力が安定して,記憶が戻るみたいです。 その後は,兄であるアナスタシウスと対峙したり,ダイアナについてを思い出したり,ジェニットの問題を片付けたりします。 この辺は結構まとめられて書かれていました。 私が知っているのはこれくらいです。 お力になれず本当に申し訳ございません。 他に疑問点ございましたら,知っている範囲で答えさせていただきますので,質問して頂いても大丈夫です。 Google翻訳で原作を読んだ感じなので,どこか翻訳ミスなどがあると思います。 広い目で見ていただければ嬉しいです。 とても嬉しいです。 宜しければもう少し教えて頂いてもよろしいでしょうか? 知っていらっしゃる範囲で大丈夫です。 クロードの、ダイアナとの思い出とはどのようなものでしょうか? アタナシアのデビュタントの時、アタナシアの姿が一瞬ダイアナの姿と重なった描写があったものでとても気になります。 ダイアナとクロードについて、他にもありましたらなんでも良いので教えて頂きたいです。 もう一つお聞きすることをお許し下さい。 小説はネットで読むタイプのものご購入され、読まれましたか?前にある姫の韓国語版コミックの特装版を購入したのですが、韓国で販売されているものより2倍の値段だったので、もし紙のタイプの小説を買った場合もきっと値段がかなりすると思うので……。 質問に答えてくださった上、またお手を煩わせてしまい申し訳ありません。

次の

漫画「捨てられた皇妃」最新話57話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 韓国 最新話

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、いつも通り愛想を振りまくアタナシアに、無反応なクロード。 ふと、彼が飲んでいるお茶が気になり、飲んでみるといい香りがひろがり、口の中でお花が咲くみたいと表現する。 その言葉は亡き母ダイアナが言った言葉と同じだったため、クロードの雰囲気が変わった。 その後、お絵かきに夢中になるアタナシアが、母に会ってみたいなと思わず口にしてしまい、その場にいたリリーとフィリックスが動揺するのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話のネタバレ アタナシアが、母に会いたいと口にして以降、リリーとフィリックスは心配そうにアタナシアの顔色を窺うようになった。 知らないフリをし続けるのも限界があり、毎日が気まずい。 彼女からすれば、本当の母親ではないから気にしてほしくないのだ。 二人は、ダイアナが映っている映像石を探したようだが見つからず、なんだか落ち込んでいるようだ。 映像石とは30秒程の映像が保存できるものだ。 そんなやり取りを物陰で見ていたアタナシアは、フィリックスが何故かダイアナに好意的なこと、クロードの反応についても何があったのか気になる。 そんなことを考えていると、フィリックスがクロードに、記憶を直接伝えられないか聞いてみるといいだした。 鮮明ではなくても、イメージを伝えられる魔法のようだ。 リリーは、陛下が許可するだろうかと心配すると、姫様のためだから私が一度お願いしてみると、フィリックスが言う。 クロードが喜んでするわけない、まずい、と思ったアタナシアは思わず、やめてと叫んだ。 パパにママの話しないで、パパが嫌がるのに、ママに会いたいなんて言ってアーティのことまで嫌いになったらどうするの、と。 自己保身のための言動だが、リリーとフィリックスは違う受け取り方をした。 フィリックスは陛下はダイアナ様もアタナシア様もお嫌いではない、名前をかけて誓うと、彼女の訴えに真摯に向き合った。 アタナシアの良心が痛む。 姫様はまだ子供なのだから我慢しなくて言いと言われたが、もうママに会いたくないとアタナシアは断る。 姫様が言いにくいなら私が言うと粘るフィリックスを、やだと言って突飛ばし、反対に自分が尻餅をつく。 パパに言ったら恨むよと言い残して、アタナシアはその場から逃げたのだった。 翌日、3人は異様な気まずさの中、顔を合わせる。 もじもじするフィリックスに、昨日は言いすぎたと思ったアタナシアは、おんぶをお願いして、関係修復を図る。 リリーはホッとし、和やかな雰囲気に。 しかもなんだか、リリーとフィリックスが新婚夫婦のような雰囲気だ。 今日は謁見室に行くというフィリックス。 先客がおり、中から銀髪金眼の中年男性がでてきた。 フィリックスはその男性を、アルフィアス公爵と呼び、アタナシアをおんぶしたまま挨拶する。 その公爵は、原作ではジェニットを14歳まで育てた人物で、男主人公イゼキエル・アルフィアスの父親である。 アタナシアに気づいた公爵は、ロジャー・アルフィアスだと挨拶した。 ロジャー・アルフィアス、相当な野望を秘め、ジェニットを利用し順風満帆な人生を送る設定の人物。 そんな男がアタナシアをまるで品定めするように見る。 自分の持っている駒・ジェニットと、私を比較しているのかとイラっとしたアタナシア。 五歳児らしく、こんにちはシロおじさん、ワンコのシロと同じだねと言い、ペロペロキャンディを食べるかと差し出した。 しぶしぶ受け取ろうとする公爵だが、シロはこういうの食べちゃだめだよと、拒否するアタナシア。 笑いをこらえるフィリックス。 今回はこれくらいにしておこうかなと、公爵いじりを止めるアタナシアは、パパに会いたいと言い、謁見室の中へ。 公爵は、本当にかわいらしい姫様ですね、お会いできて光栄でしたと、意味深に呟くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」14話の感想 クロードに愛されていないと思って、なんていじらしく可愛そうなアタナシア、と二人に勘違いさせてしまい、なんとか取り繕えた彼女。 でもどっちのアタナシアも、父に愛されないと不運なわけなので、間違いではないですね。 フィリックスはダイアナとクロードの件もあり、なんとかクロードに一歩踏み込んでもらおうと一生懸命ですね。 ダイアナ、クロード、そしてフィリックスの間にどんな出来事があったのか、気になりますね。 新キャラクターのロジャー・アルフィアス公爵が登場しました。 ジェニットを匿った善人ではなく、利用しようと匿っていた強かな人物のようです。 そして、クロードの好みが、天真爛漫な自由な女性だということは知っているのか、子供らしいアタナシアの言動を気にしているようでした。 ジェニットはもともと天真爛漫ではなく、公爵によって敢えてそのように育てられたのではないかと思ってしまいました。 利用するために。 今後、ジェニットとアタナシア、二人の娘が現れたらクロードはどうするのか、楽しみですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

【彼女が公爵邸に行った理由】一番早く読めるのは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日お姫様になってしまった件について 韓国 最新話

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、9歳で初めてクロードに出会い、無視される設定だったのだが、5歳で出会ってしまい、しかも話しかけられた。 足元に盗んだ逃走資金も転がり落ち、彼女は大パニック。 いよいよ殺されると冷や汗ダラダラだ。 しかしクロードは大して気にすることもなく、彼女を抱き上げるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」7話のネタバレ ルビー宮よりもシンプルなこの宮が、皇帝宮だったとは。 9歳のアタナシアが皇帝宮に行ってしまったのも、これほど近かったからなのかと、アタナシアは驚く。 クロードがチラっと、アタナシアが噛み付いた金の天使像を見る。 どう答えていいかわからず、ひたすら無言のアタナシア。 護衛騎士が、おもちゃだと思ったのではと言う。 アタナシアは、皇帝宮に勝手に入ったから殺されるのか、天使像に歯型をつけたから殺されるのかと、脳内大パニック。 クロードは、遊んでいて迷子になったようだなと言い、アタナシアを護衛騎士のフィリックスに渡す。 そして、お茶でもするとしようと提案するのだった。 皇帝宮の一室で、紅茶とケーキが用意される。 向かい合って座る父娘。 彼の視線が怖くて、思わず目をそむけるアタナシアに、言葉が話せないとは聞いていないがと指摘するクロード。 静かすぎてつまらないと言う彼に、アーティ話せるよと、彼女は微笑む。 何故今まで黙っていたのだと聞かれ、答えに困る彼女に、フィリックスが、あの年頃なら誰でも人見知りするのだと助け舟を出す。 恐怖と戦いながら、ひたすら笑顔を維持するアタナシア。 クロードは少し考え、フィリックスに退室するよう指示する。 まさかの一対一の状態に、さらに焦るアタナシア。 フィリックスも心配そうに部屋を出ていく。 アーティは愛称かと言い、アタナシアの名前を呟く。 その意味はわかるかと言われ、純粋なフリをして、首を横に振る彼女。 皇帝でもない女が娘にその名をつけるとは、生きていればその場で八つ裂きにされても足りぬほどだと、帝王の名の重さを話すクロード。 オベリアの皇帝は、永遠と不滅を意味する名前を持つのだが、正式な後継者にだけ与えられるもののため、皇后の実子ではないクロードは、その名前だけは手に入らなかった。 たとえ、皇帝だった兄を殺して自ら皇帝になったとしても、彼には持てなかった名前なのだ。 だからもしかしたら、名前のせいで私は殺されるかもしれないよねと、嫌な予想をしてしまう彼女。 皇位には興味はないと、ひたすら純粋な笑顔で無害さをアピールする。 そんな彼女に、せっかく子供が好きそうな物を用意させたのだから食べろと、普通に話しているだけなのに威圧感があるクロード。 お前が食べないのであれば、持ってきたものを罰するしかないと言われ、震えるアタナシアはケーキを口にする。 こんな状態で食べれば、100%胃もたれするだろう。 だけど、これにはメイドの生死がかかっていると、頑張る彼女。 もう少し長生きしたいから笑わなければ。 彼女はおいちいと言って微笑んだ。 ただその様子を見ているクロード。 彼に話しかけるのも、見つめるのも怖い。 クロードは、マナーは誰から教わったのか言うので、リリーと答える。 リリアン・ヨルクのことかと、彼女のフルネームまで知っている彼。 彼女は5年前、クロードの前まで来てアタナシアの面倒を見たいと願ったそうだ。 リリーにはアタナシアのために、こんな恐ろしい人物の前に立ちふさがった過去があっただなんてと驚く。 ルビー宮の管理を始めたのも、その女だったなと言うクロード。 リリーに感動するアタナシア。 しかし、俺の前に立ちふさがって死ななかったのは、お前の母親とその女だけだ、無礼者めとクロードは言い捨てる。 恐怖のあまり、ケーキを食べる速度が上がるアタナシア。 少し間が空いたあと、俺が誰かわかっているのかと聞かれ、アタナシアはびっくりしてフォークをテーブルに落とす。 思わず彼と目が合ってしまい、そのままそらせなくなる。 何故私をここまで連れてきたのか、変に思っていた。 これは彼の興味を引いた報償で与えられたチャンスで、もう少し生かしておくか、殺すか、その運命を決める試練なのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」7話の感想 自分をいつ殺してもおかしくない人物とお茶をすることになった彼女。 恐ろしくて、常に死が頭をよぎります。 また、クロードの宝石眼がひときわ光って怖いんですよね。 眼光が鋭すぎます。 私はコミック版を買ってみたのですが、コミック版はLINEマンガの内容ですね。 ピッコマには、最後の「これは彼の興味を引いた報償で~」の部分がなく、生かすか殺すかのコマだけでした。 翻訳に差はないようですので、ピッコマ版は少し簡潔にしているのかもしれないですね。 ほんの1,2コマの差なので、載せればいいのにとは思いましたが。 さて、ここで生死が決まる試練がやってきました。 いきなり死にはしないと思いますが、彼女はどう切り抜けるのでしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の