転生したら悠々自適 ネタバレ。 【4話】転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレあらすじを結末まで|クレヨンBlog

【転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?】待たなくても読めるサイトは?

転生したら悠々自適 ネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA氏、 原作 Yuna 氏の韓国漫画です。 そして愛する皇帝には虐げられ最後には反逆罪に問われ処刑される。 もう時間がないと焦る彼女は、かなり無理をした筋力トレーニングを始める。 一方、つい言いすぎてしまったと気になったカルセインは、アリスティアのもとを訪れ、身体を壊すようなことを続けている彼女を慌てて止める。 だが今度はアリスティアが彼を拒絶するのだった。 詳しくはにてまとめてあります 全話一覧は 目次• 漫画「捨てられた皇妃」32話のネタバレ 煩わしいだろうから自分に構わないでと、カルセインを拒絶するアリスティアに、俺に言われたことが気に入らないから反発しているのかと、焦る彼。 助ける気がないのなら、邪魔もしないでというアリスティア。 そのまま彼を無視し、トレーニングに戻ろうとするが、意識が遠のき倒れかかる。 カルセインは咄嗟に彼女を支えると、彼女がひどい発熱をしているのに気づく。 医者を呼ぶよう指示し、彼は彼女を抱き上げ、部屋に運んだ。 アリスティアがゆっくり目を開けると、涙目のリナが目の前におり、彼女を心配していた。 起こしてもらい、水をもらう。 人生をやり直す前のように、結局倒れてしまったと悲しいアリスティア。 今まで身体を鍛え、必死に粘ってきたが、この道まで閉ざされてしまったらどうすればいいのだろうか、もう時間もないのにと。 そこへ、気まずそうなカルセインが現れ、大丈夫かと彼女に声をかける。 アリスティアは、倒れた自分を運んでくれた礼を言う。 別に大したことをしたわけじゃないと、やや恥ずかしそうに返答する彼。 この間は、あれほど冷たく突き放した態度だったくせにと、アリスティアはクスっと笑う。 カルセインは真面目な顔になると、子供が砂袋つけていると関節を痛めかねない、下手すればスプーンも握れなくなるかもと、あんな訓練はすぐやめるよう忠告する。 彼女もそれは理解していた。 父が敢えて彼女の体力の無さを指摘したり、別途訓練をさせないのも、この弱い身体が原因である。 一緒に習い始めたアレンディスの方が、遥かに上達し、差があるのも、それが原因なのだ。 カルセインは、身体が弱いのに、なぜ剣術をしているのかと問う。 アリスティアは、何故あの日突き放したのかを、聞き返す。 彼は、皇太子妃予定であるアリスティアは、結婚すればどうせ剣術を止めてしまうだろう、皇后になれば護衛もつくし、剣を使うこともないだろうと言う。 そして、ただの趣味で剣術をする人間を、教えたくはないのだと答える。 興味半分で始めてすぐやめる奴らを、沢山みてきたからだと。 その答えを聞いたアリスティアは、彼が愛する剣術を、中途半端な気持ちでやる人間が嫌いだったのかと理解する。 とにかくそういうことだから、もう剣術をやめろという彼に、絶対にやめないと彼女は答える。 驚き説明し直そうとするカルセインに、やめないし、やめることなどできないと言うアリスティア。 いくら厳しくても、自分の身体じゃ無理だと言われても、絶対に続けるしやめない、練習中に死んだって悔いはないと言い切る。 カルセインは圧倒され、そこまでして剣術をしたい理由は何かと聞く。 アリスティアは、まっすぐ彼を見つめ、騎士になりたいのです、と答えるのだった。 その日は天候が悪く、雲はゴロゴロと鳴り、今にも雨が降り出しそうだった。 皇宮では、ハレンが書類の山を皇太子のもとへ運ぶ。 ルブリスは、窓の外をぼんやりと眺めており、ハレンに外を見るよう促す。 そこにはリサ王国の使節団が大荷物を持って、皇宮に向かっていた。 このような忙しい時期に、何故使節団が来たのかと言うリブリスに、今年は凶年なので、大陸全体が危機に瀕しているから仕方ないと話すハレン。 リサ王国は寒く乾燥した北国なので、事態が急変しやすく、おそらく支援を求めにきたのではと。 それだけならいいのだがと呟くルブリスは、他に何か目的があるのではないのかと考え込む。 するとポツポツと雨が振り始め、土砂降りへと変わっていった。 一方、アリスティアとカルセイン。 アリスティアの突然の告白に、皇太子妃が騎士になりたいという意味がわからず、どっちもしたいということなのか、そんなこと可能なのかと、カルセインは混乱する。 アリスティアは、皇后にはならない、父の後を継ぐつもりだ、と宣言するのだった。 漫画「捨てられた皇妃」32話の感想 皇后にならず、騎士としてモニーク家の当主になるのが、アリスティアの目標のようです。 皇后の座は、いずれ現れる美優がいるので問題ないですものね。 しかし想像以上に、アリスティアは身体が弱く、かなり厳しい道を進まないといけません。 それでもこの強い意志があれば、カルセインは理解してくれるでしょうね。 彼が大きな助けになってくれるかもしれません。 筋力や体力がないのであれば、技術でカバーするしかないですね。 天才剣士のカルセインであれば、彼女に何かいい方法を教えてあげられるのではと。 今後の二人の関係が楽しみです。 ルブリスの方ですが、リサ王国が大量の荷物を持ってやってきましたね。 おそらく、アリスティアとの破談の可能性がじわじわとまわりに広まり、時期皇太子妃を狙っての訪問なのでしょう。 ルブリスはどう対応するのか、アリスティアに対し気持ちの変化はあるのか、気になるところですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

[B!] 【27話】転生したら悠々自適の皇妃ライフ~ネタバレ最新話のあらすじ・結末までをご紹介~|クレヨンBlog

転生したら悠々自適 ネタバレ

その部屋にいた神官がニコニコしながら、今日の結果を喜ぶ。 するとテリアは 提案をしたいと申し出る。 その内容は、 ミアを帝国全域に巡回させるということ。 それを聞いたミアは寝耳に水といったところ。 かなり驚いていた。 これまで皇室と神殿は良好な関係を維持してきた。 皇室が資金を 神殿は権威を 神殿は、堪えない奉仕と献身で、国民の心の中に根付いた。 しかし、だんだんと宗教に無頓着になってきていたのだ。 「人生が楽になると、神に頼る者が少なるなるのが当然」 そう話すテリア。 ミアは何かを言おうとするが、 テリアに口を封じられてしまう。 話し続けるテリア。 この状況にミアという伝説の神女が再び登場したという知らせが広がれば…。 そしてその神女が各地を訪問したら?? 信者を確保することができるのでは?と話すテリア。 しかし神官は困り顔。 ミアを神殿に渡す気がないことを察した様子。 テリアもハッキリと、 皇室でもミアが必要な存在であることを話す。 その理由として、現在も問題となっている事件が原因だと話すテリア。 ただし、皇室と神殿がより友好的になるわけだからお互いに悪い提案ではない そう話すのでした。 ミアは自分の意見が言えず不満を言うが、無視するテリア。 そして、今神殿側にケビスの件を話すよりも、この提案の方が良い そう確信する。 その間、神官たちはテリアの提案をどうするか話し合っていた。 テリアの言うように、神殿は信者が減っていることが悩みだったと打ち明ける神官。 しかし、私たちの理念は自由と平等であると話し、 ミアの同意がなければ…と言う。 ミアはニンマリ。 「私は絶対に行きません」 それでもテリアは無視し、 皇居に手紙を書くのでした。 そんなテリアに 「私は絶対行きません!」 と腕組みして話すミアなのでした。 とと言い続けるミア。 しかしテリアは、 皇室とあなたのためです と言う。 するとそのとき馬車が大きく揺れ ミアが態勢を崩してしまう。 そんなミアをテリアは支え… 2人の距離がグッと縮まる。 そんな中でも説得を続けるテリア。 自由な事が好きなあなたには あちこち見回すことができる機会だと思いました。 もし正式な神女になれば、多忙な日程が待っている。 そんなテリアをジーっと見つめるミア。 そして巡回を終えたら願い事を1つ叶えてあげると話すテリア それを聞くと態度を一変させるミア。 キラキラした目でテリアを見つめる。 ニコっと笑い 「わかりました。 行きます」 と言うのでした。 そんなミアに うまくやれるはず そう話すテリア。 「ところで何をしたら…」 そう言うと… あちらの片に聞いてくださいと指をさす。 その先には… もうすでにミアと共に全国を巡回する団員らが待機していたのだった。 前もって準備していたことを知り腹を立てるミア。 こんなすぐ送るなんて! とギャーギャー騒ぎ出すミア。 馬車が出発しても、馬車の中から大声で騒ぐミア そんなミアを見ながら、 前もって連絡して準備しておいて良かったとホッとするテリア。 見送りが終わるとすぐに 「さてさてケビスの方の対策を練りましょうか」 と次の行動に移るテリアなのでした。 42話ネタバレ! 翌朝 皇帝は頭を悩ませていた。 それはこれまでレアナのために色々やってきたけれど、反応がいまいちだったため。 何をしたらいいのか悩んでいたのだ。 一枚の紙にスラスラと レアナの好きな物が分かる人物を書き始める。 ・ポール ・シヴァ ・ルマン を思い浮かべるが、急に呼び出してはダメだという理由で却下する皇帝。 するとそこにテリアがやってくる。 ミアについて報告を早速始めるが、皇帝はメモに集中している様子。 テリアも思わず何をしているのかを聞くが、話を聞く前にメモの内容を見て苦笑いするのでした。 莫大な神力を持っていること 全国巡回に送ったこと… 正式な神女として認められたこと…などなど。 これで皇室に対する信頼も回復する と言うテリア。 するとそこで ミアもレアナのことを知っていると言い出す。 その言葉に反応する皇帝。 ミアに負けたくないのか、余の方が良く知っていると言い立ち上がる。 帝国に来てばかりのミアが、自分より知っていると言われたのが気に入らずムキになっていた。 そんな皇帝にテリアは一言。 「…見守ってばかりじゃないですか」 その後、くどくどと厳しいことを突っ込まれてしまう。 「妃殿下を知るためには一緒にいる時間を設けなければなりません。 」 そう言われ、腕を組み考える皇帝だった。 その内容は 夕食を一緒にどうかというものだった。 それを聞いて驚くレアナ。 使用人は、夕食の準備を一生懸命したことを涙ながらに訴える。 そんな使用人を呆れた顔で見るレアナ。 (陛下が夕食を…?) 陛下のそばにいれば大丈夫と考え、 レアナは夕食に行くことに。 なぜ暗いんだろうと思っていると… 急にロウソクに火が付き、 目の前には使用人らが会釈をしてお出迎え。 この先の夕食に不安を覚えるレアナ。 しかしこの質問はなんと 17回目。 これまでの結婚生活でまともに話をしたことが無かった2人。 何を話せばいいか分からないんだろうなと思うレアナ。 しかし、レアナ好みのスイーツや食器を使っていたことからも皇帝の気遣いを感じるレアナ。 ニコリと笑って、 「もしかして私のために準備したのですか?」 と聞く。 それに対して皇帝は、視線を落とし 「それなりに準備したが…」 と言い、楽しい時間になったか分からないと肩を落とす。 「これからはもっと頑張るから…」 レアナを幸せにしたいという気持ちを伝える皇帝。 その言葉を聞いて、 レアナは妙な気持ちになる。 (これまでは皇帝の気持ちを負担に感じていたのに…) そしてレアナは自分が本を読むことが好きだと言うことを明かし、今度陛下の書斎で一緒にお話ししたいです。 と笑顔を見せる。 (一緒にいても居心地は悪くない) そう思うレアナだった。 かなりいい感じになったと思ったのですが・・・それは勘違いでしたw さすがテリア財務官。 冷静沈着!これも作戦のうちだったのかも?と思わせるものでしたね。 そして、皇帝とレアナは少しずつ少しずつ距離が縮まってきましたね!それは良いことなんですけど…皇帝が夢中すぎて逆に心配…。 以上42話までの感想でした!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ41話~42話まで!(韓国版→日本語訳)|漫画Plus!

転生したら悠々自適 ネタバレ

その部屋にいた神官がニコニコしながら、今日の結果を喜ぶ。 するとテリアは 提案をしたいと申し出る。 その内容は、 ミアを帝国全域に巡回させるということ。 それを聞いたミアは寝耳に水といったところ。 かなり驚いていた。 これまで皇室と神殿は良好な関係を維持してきた。 皇室が資金を 神殿は権威を 神殿は、堪えない奉仕と献身で、国民の心の中に根付いた。 しかし、だんだんと宗教に無頓着になってきていたのだ。 「人生が楽になると、神に頼る者が少なるなるのが当然」 そう話すテリア。 ミアは何かを言おうとするが、 テリアに口を封じられてしまう。 話し続けるテリア。 この状況にミアという伝説の神女が再び登場したという知らせが広がれば…。 そしてその神女が各地を訪問したら?? 信者を確保することができるのでは?と話すテリア。 しかし神官は困り顔。 ミアを神殿に渡す気がないことを察した様子。 テリアもハッキリと、 皇室でもミアが必要な存在であることを話す。 その理由として、現在も問題となっている事件が原因だと話すテリア。 ただし、皇室と神殿がより友好的になるわけだからお互いに悪い提案ではない そう話すのでした。 ミアは自分の意見が言えず不満を言うが、無視するテリア。 そして、今神殿側にケビスの件を話すよりも、この提案の方が良い そう確信する。 その間、神官たちはテリアの提案をどうするか話し合っていた。 テリアの言うように、神殿は信者が減っていることが悩みだったと打ち明ける神官。 しかし、私たちの理念は自由と平等であると話し、 ミアの同意がなければ…と言う。 ミアはニンマリ。 「私は絶対に行きません」 それでもテリアは無視し、 皇居に手紙を書くのでした。 そんなテリアに 「私は絶対行きません!」 と腕組みして話すミアなのでした。 とと言い続けるミア。 しかしテリアは、 皇室とあなたのためです と言う。 するとそのとき馬車が大きく揺れ ミアが態勢を崩してしまう。 そんなミアをテリアは支え… 2人の距離がグッと縮まる。 そんな中でも説得を続けるテリア。 自由な事が好きなあなたには あちこち見回すことができる機会だと思いました。 もし正式な神女になれば、多忙な日程が待っている。 そんなテリアをジーっと見つめるミア。 そして巡回を終えたら願い事を1つ叶えてあげると話すテリア それを聞くと態度を一変させるミア。 キラキラした目でテリアを見つめる。 ニコっと笑い 「わかりました。 行きます」 と言うのでした。 そんなミアに うまくやれるはず そう話すテリア。 「ところで何をしたら…」 そう言うと… あちらの片に聞いてくださいと指をさす。 その先には… もうすでにミアと共に全国を巡回する団員らが待機していたのだった。 前もって準備していたことを知り腹を立てるミア。 こんなすぐ送るなんて! とギャーギャー騒ぎ出すミア。 馬車が出発しても、馬車の中から大声で騒ぐミア そんなミアを見ながら、 前もって連絡して準備しておいて良かったとホッとするテリア。 見送りが終わるとすぐに 「さてさてケビスの方の対策を練りましょうか」 と次の行動に移るテリアなのでした。 42話ネタバレ! 翌朝 皇帝は頭を悩ませていた。 それはこれまでレアナのために色々やってきたけれど、反応がいまいちだったため。 何をしたらいいのか悩んでいたのだ。 一枚の紙にスラスラと レアナの好きな物が分かる人物を書き始める。 ・ポール ・シヴァ ・ルマン を思い浮かべるが、急に呼び出してはダメだという理由で却下する皇帝。 するとそこにテリアがやってくる。 ミアについて報告を早速始めるが、皇帝はメモに集中している様子。 テリアも思わず何をしているのかを聞くが、話を聞く前にメモの内容を見て苦笑いするのでした。 莫大な神力を持っていること 全国巡回に送ったこと… 正式な神女として認められたこと…などなど。 これで皇室に対する信頼も回復する と言うテリア。 するとそこで ミアもレアナのことを知っていると言い出す。 その言葉に反応する皇帝。 ミアに負けたくないのか、余の方が良く知っていると言い立ち上がる。 帝国に来てばかりのミアが、自分より知っていると言われたのが気に入らずムキになっていた。 そんな皇帝にテリアは一言。 「…見守ってばかりじゃないですか」 その後、くどくどと厳しいことを突っ込まれてしまう。 「妃殿下を知るためには一緒にいる時間を設けなければなりません。 」 そう言われ、腕を組み考える皇帝だった。 その内容は 夕食を一緒にどうかというものだった。 それを聞いて驚くレアナ。 使用人は、夕食の準備を一生懸命したことを涙ながらに訴える。 そんな使用人を呆れた顔で見るレアナ。 (陛下が夕食を…?) 陛下のそばにいれば大丈夫と考え、 レアナは夕食に行くことに。 なぜ暗いんだろうと思っていると… 急にロウソクに火が付き、 目の前には使用人らが会釈をしてお出迎え。 この先の夕食に不安を覚えるレアナ。 しかしこの質問はなんと 17回目。 これまでの結婚生活でまともに話をしたことが無かった2人。 何を話せばいいか分からないんだろうなと思うレアナ。 しかし、レアナ好みのスイーツや食器を使っていたことからも皇帝の気遣いを感じるレアナ。 ニコリと笑って、 「もしかして私のために準備したのですか?」 と聞く。 それに対して皇帝は、視線を落とし 「それなりに準備したが…」 と言い、楽しい時間になったか分からないと肩を落とす。 「これからはもっと頑張るから…」 レアナを幸せにしたいという気持ちを伝える皇帝。 その言葉を聞いて、 レアナは妙な気持ちになる。 (これまでは皇帝の気持ちを負担に感じていたのに…) そしてレアナは自分が本を読むことが好きだと言うことを明かし、今度陛下の書斎で一緒にお話ししたいです。 と笑顔を見せる。 (一緒にいても居心地は悪くない) そう思うレアナだった。 かなりいい感じになったと思ったのですが・・・それは勘違いでしたw さすがテリア財務官。 冷静沈着!これも作戦のうちだったのかも?と思わせるものでしたね。 そして、皇帝とレアナは少しずつ少しずつ距離が縮まってきましたね!それは良いことなんですけど…皇帝が夢中すぎて逆に心配…。 以上42話までの感想でした!.

次の