インスタ アーカイブ と は。 インスタのアーカイブとは?見方やどこにあるか、戻し方も解説

Instagramの新機能「アーカイブ」で投稿を削除することなく非公開に!使い方を徹底解説

インスタ アーカイブ と は

:アーカイブした投稿がプロフィールから非表示になる• :過去のストーリーが保存されている フィード投稿のアーカイブ:機能とやり方 フィード投稿のアーカイブについて、その機能・やり方を解説します。 フィード投稿をプロフィールから非表示にできる 右上の赤いネイルの投稿をアーカイブした場合 フィード投稿をアーカイブすると、その投稿がフィード(タイムライン)やプロフィールに表示されなくなります。 いわば、 インスタグラムで投稿(公開)した写真や動画などを非表示にする機能です。 アーカイブした投稿は削除されてしまったわけではなく、後から確認したり、非表示から戻すことも自由にできます。 フィード投稿のアーカイブ方法はワンステップでOK アーカイブのやり方はとても簡単。 投稿を表示させ、右上のメニューボタン[ ]から[アーカイブする]をタップすればOKです。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]で[アーカイブ]をタップし、[投稿]を選択すれば、アーカイブ済みの投稿を確認できます。 画面上部にも記載されているように、アーカイブされた投稿は自分以外に表示されません。 appllio. com ストーリーのアーカイブ:機能とやり方 フィードやプロフィールにおけるアーカイブとは別に、ストーリーズのアーカイブ機能もあります。 ストーリーズの大きな特徴は「24時間以内にストーリーが消えてしまう」という点ですが、 ストーリーズアーカイブを設定しておけば、消えてしまう自分のストーリー投稿が自動保存されます。 過去のストーリー投稿が保存されている プロフィール画面のメニューボタン[ ]から[アーカイブ]をタップし、[ストーリーズ]のアーカイブ画面を表示させます。 これまで投稿したストーリーがすべて保存されています。 投稿の左上には、投稿した日付が表示されているので、いつのストーリーかもわかるようになっています。 ストーリーがアーカイブされていない場合は、以下の設定をオンにしてください。 アーカイブ画面右上のメニューボタン[ ]から[設定]をタップし、「アーカイブに保存」を[オン]にします。 これで、オンに設定する前のストーリーもすべてアーカイブに表示されるため一安心です。 アーカイブのストーリーに閲覧者リスト(足跡)は表示されない ストーリーは、投稿後24時間はフィードのストーリーリングに表示されます。 第三者がストーリーを閲覧すると、その履歴としてアカウント名が残る「足跡」のような仕様です。 アーカイブ内の投稿。 アーカイブ内の投稿。 投稿後24時間以上が経過した過去のストーリー 投稿後24時間が経過した過去のストーリーでは、閲覧者リストは表示されません。 そのため、アーカイブ済みのストーリーでも投稿後24時間以上経過した過去のストーリーでは閲覧者リストは非表示です。 ただし、現時点と同月内のストーリー(4月15日に確認した場合は4月中)であれば、閲覧者数が表示されるようになっています。

次の

インスタグラムの「アーカイブ」とは? 機能と使い方を解説(フィード/ストーリー)

インスタ アーカイブ と は

過去の自分の投稿写真を非表示にする機能• 写真が勝手に消えたと感じたらまずは アーカイブを確認しよう• アーカイブから写真が消えたときの対処法 Instagramのアーカイブってどんな機能? Instagramのアーカイブは「 過去の自分の投稿写真を非表示にする」機能です。 操作できるのは、自分の投稿のみ行うことができ、アーカイブにした投稿は他の人は見ることができません。 再度タイムラインやプロフィールに戻すことが可能なので、一旦他の人に見せたくないなーと思う投稿がある場合に有効です。 Instagramで投稿済みの写真が消えた!?まずはアーカイブを確認しよう! 誤って投稿をアーカイブに入れてしまった経験、ありませんか? Instagramの「 アーカイブ機能」を知らないと、消した覚えがないのに写真が消えた!と驚いてしまいますよね。 投稿済みの写真が消えた!と思ったら慌てる前に、まずアーカイブに入っていないか確認しましょう。 アーカイブを確認するには、プロフィールページ右上にある時計アイコンをタップします。 ここに入っていれば投稿は消えていませんのでご安心あれ。 投稿を元に戻すには、投稿右上の・・・を押し「プロフィールに表示」を選択します。 アーカイブのアイコンがない!アーカイブページが消えたときの対処法 プロフィールページなのに、「アーカイブの時計アイコンがない」「インスタアーカイブページにいけない」というときの対処法です。 原因としてもっとも多いのが、 他のユーザーのページから自分のページを開いていること。 例えば・・・• 友達のフォロワーの中から自分のページに飛んでいる• 友達の投稿にコメントし、そのコメントから自分のページに飛んでいる このようなときは、アーカイブが表示されません。 Instagramページ右下にあるプロフィールから自分のページに飛ぶようにすればアーカイブが現れます。 プロフィールページから見ているのにアーカイブが表示されない場合は? しっかりとInstagramページ右下にあるプロフィールから自分のページに飛んでいるのに、アーカイブが表示されない場合は、次のことを確認してみてください。 Instagramのアプリが最新のものになっているか・・・アプリがアップデートされていないと、アーカイブが表示されない可能性があります。 App Storeでアップデートの通知がないかどうか確認しましょう。 iPhoneの挙動がおかしくないか・・・iPhoneの不具合でアーカイブが表示されていない可能性もあります。 何かおかしいなと思ったら一度iPhoneを再起動してみましょう。 アーカイブから写真が消えたときの対処法 次にアーカイブに入れたはずの写真が消えたときの対処法です。 原因として考えられるのは• ページの更新(リフレッシュ)をしていない• 誤って投稿を削除してしまった この2つです。 まずはInstagramの画面を指で下に引っ張り、ページの更新(リフレッシュ)をしてみてください。 写真を投稿する前の状態で画面の読み込みが停まっているので、実際は投稿されているパターンですね。

次の

インスタのアーカイブから写真を戻すとタイムラインはどうなる?戻し方や通知の仕組みもまとめて解説|インスタグラム使い方

インスタ アーカイブ と は

Gmailのアーカイブとは? Gmailのブラウザやアプリの画面を操作中に、間違えて「アーカイブ」を押して大事なメールが消えてしまった…と落ち込んだ人もいるかもしれません。 ただ、 Gmailのアーカイブ機能は決して「削除機能」ではないため、そのメールは消えたわけではないので安心してください。 では早速、Gmailの「アーカイブ」機能について確認していきましょう。 アーカイブの意味は何? Gmailの「アーカイブ」とは、「受信BOXには表示しないけれど削除はしない」ための機能のことを言います。 どんなにLINEがコミュニケーションの中心になっても、サービスやサイトを利用する際にメールアドレスを求められることが多いのは今も変わりません。 その結果、ほとんどの人はGmailの受信BOXがお知らせやメルマガで溢れかえっていることでしょう。 そんな人が使うと便利なのがアーカイブ機能。 「削除するほどでもないけど、受信BOXに置いておくほどでもないかな…」というメールは、「アーカイブを移動する」と便利です。 アーカイブしたメールはどこ?削除されたわけではないので安心して 先ほども触れましたが、 「アーカイブに移動」させたメールは、削除されたわけではありません。 間違えてアーカイブしたメールが「ごみ箱」を見ても無くて途方に暮れた…なんて話も聞きますが、単に、そのメールは 基本の受信BOXに表示されないようになっただけです。 消えてしまうと焦ってしまいがち。 まずは一呼吸して、アーカイブしてしまったメールを元に戻す作業に入りましょう。 アーカイブしたメールは「すべてのメール」フォルダから戻す では、アーカイブしたメールはどこにいったのか…というと、 「ごみ箱」ではなく「すべてのメール」にあります。 ブラウザやアプリのメニューら、「すべてのメール」を開いてみましょう。 探しづらい場合は、検索窓にキーワード等を入れて検索してみてください。 求めていたメールを開き、ブラウザなら下図の矢印で示したマークを選択して「受信BOXに戻す」作業をすれば、以前のように受信BOXにメールが戻ります。 アプリの場合は「ほかのメールボックス」を選択し、戻したい先を選択すれば完了です。 引用:Gmail 会社や取引先関係で返信が必要なものだけに付けたり、後で何度か見返しそうなメールにチェックマークを付けておくなど、自分で好きなルールを決めて整理すると、分かりやすくなります。 ぜひ色々と試してみてください。 インスタ Instagram のアーカイブとは? では次に、インスタのアーカイブ機能について見ていきます。 一度投稿した写真を非表示にすることであって、削除とは違う インスタのアーカイブ機能はGmailと似ていて、 一度投稿した写真を非表示 公開しない ことを意味します。 非表示にはなるものの投稿自体が消えるわけではありません。 一方、投稿写真の右上の「…」から「削除」を選択すると、アーカイブとは違って投稿自体が消えてしまいます。 投稿の整理をしたいけれど、友達とのやり取りや自分の思い出を取っておきたい人はアーカイブ機能を使うと良いでしょう。 もちろん、アーカイブした投稿は右上の「…」から「プロフィールに表示」を選択することで、元のように公開することも可能です。 毎日の投稿が日課になっている人は、UPする時間までアーカイブに保存しておくなんて使い方もできます。 24時間で消えたストーリーズはアーカイブに保存しておくことができる 最近では普通の写真投稿よりもストーリーズだけを上げる人も多いですよね。 投稿から24時間が経って消えてしまった ストリーズも、設定から「アーカイブに保存」をONにしておけば、後で見返すことができます。 そうしておけば、 ストーリーズのハイライトを作成することも可能です。 Youtubeのアーカイブとは? では最後に、YouTubeのアーカイブについて確認しておきましょう。 12時間以内のライブ配信の動画がチャンネルに残ること YouTubeのアーカイブとは、12時間以内の生配信を終了した際に、自動的にその動画をチャンネルに残せる機能のことを言います。 一応公式では「生配信終了後、自動的にアーカイブが作成される」としていますが、長時間の動画になると、仕様の関係ですぐに反映されないこともあるようです。 すぐにUPされない場合は、処理が終わるまでしばらく待ってみましょう。 生配信の時間が12時間を超えるとアーカイブ対象にはならない なお、生配信が12時間を超えた場合は、その動画をアーカイブに残すことができません。 ただ、アーカイブのプライバシー設定を変更しておけば、生配信後に動画を非公開にして自分だけ見るといったこともできますので、生配信前にあらかじめよく設定を確認しておきたいですね。 ちなみに、 ライブ中であっても、ハイライト動画を作成することは可能です。 動画を公開したい場合はそちらを使って動画を残すようにしましょう。 参考:YouTube公式「」 アーカイブとは、「削除する」ことではなくどこかに「残す」もの GmailやInstagram、YouTubeのアーカイブ機能について解説してきました。 最近は、「アーカイブ」という言葉がそのまま、あちこちのサービスで使われるようになってきています。 知っているつもりでも「アーカイブに移動する」や「アーカイブに残す」といった選択を迫られると、よく分からなくて身構えてしまうものです。 それぞれのサービスにおいてどのような意味でアーカイブが使われているのか、ちょっと知っておくだけでいざという時でも慌てずに済みますね。 ただ、いちいち覚えていられない…なんて人は、 アーカイブとは「削除」ではなく、どこかに「残す」こと、というポイントだけでも押さえておけば、他のサービスで使われていてもきっと対応できるはず。 アーカイブ機能をフル活用して、メールやSNSの投稿をうまく整理・保存していきましょう。

次の