麒麟がくる 2話 ネタバレ。 「麒麟がくる」2話ネタバレあらすじ!織田VS美濃

【2020年大河ドラマ】麒麟がくる特集「あらすじネタバレ&感想考察まとめ」

麒麟がくる 2話 ネタバレ

nhk. こちらの詳細につきましては、ドラマ放送前のためご紹介することができません。 2話の放送予定は、 2020年1月26日(日)20時からNHK総合にて。 そのためこちらの更新はドラマ放送後にさせていただきます。 2020年1月26日(日)に更新しました。 小田信秀が美濃に進軍開始 1547年、天文16年秋。 織田信秀は美濃の稲葉山城を制圧しようと進軍していた。 京で出会った医者、望月東庵と、その助手を務める駒と一緒に美濃に戻ることになった明智十兵衛光秀。 そんな織田軍の進軍を目の当たりにし、急いで故郷に戻る。 光秀は斎藤道三に旅の報告 斎藤道三の元に戻った光秀。 父の明智光安に状況を聞くことに。 美濃は織田軍を迎え撃つ兵力が足りないとのこと。 その状況を斎藤道三に相談する光安と光秀。 すると道三からある策略があると聞かされる。 戦は兵力だけではないと。 その後、光秀は道三に手に入れた鉄砲を渡し、さらに医者を美濃に連れてきたことも報告した。 スポンサーリンク 道三は光秀に外の世界を見てきた感想を聞く。 すると光秀は、外の世界は平和で豊か。 美濃もそんな国にしたい。 そんなことを話し・・・。 同時に光秀は、道三から侍大将を討つことを命じられる。 帰蝶と再会する明智光秀 道三の部屋を出た光秀。 すると家来のものから待ち人がいると別部屋に案内される。 そして帰蝶(演:川口春奈)と再会する。 帰蝶に武運を祈ると言われ、戦に出向く光秀。 鎧と兜を身にまとい、準備万端な光秀たちは織田軍を迎え撃つ準備ができた。 斎藤軍の戦況悪化 一方その頃、木曽川では。 織田光秀の指示により進軍が開始。 途中の村々を侵略しながら美濃の稲葉山城へと進軍。 すると縄文手前でアクシデントが!! 実は斎藤軍は、大きな落とし穴を掘り、罠を張っていた。 幸先のいいスタートに、斎藤軍の士気はあがり・・・。 同時に光秀の掛け声により優勢な戦の展開となるかと思われた。 しかし、砦は次々突破され、戦況は悪化。 斎藤道三の指示で一旦兵を自陣に戻し、体制を整えることになる。 斎藤道三の策略が的中 一度自陣に戻ることになった光秀たちだが・・・。 この采配に納得いかず、息子の義龍に抗議する光秀。 更に兵士たちには酒や飯が振る舞われ・・・。 この状況を見た織田軍は、「今回はやる気がないのか?」と感じ、斎藤軍を打ち取るのは簡単だと油断をしていた。 スポンサーリンク しかし実は酒瓶の中には観ずしか入っておらず・・・。 織田軍をたぶらかすための芝居だった。 これが斎藤道三の策略。 織田軍を油断させた斎藤道三。 そして引かせた兵を再度進軍させる。 斎藤軍勝利の瞬間 余裕をこいていた織田信秀たち。 そこに斎藤軍が奇襲にかかる。 すると戦況はいっぺんに斎藤軍優勢に。 準備をおろそかにしていた織田軍の兵達は次々と倒されてゆく。 そして戦の中、光秀に衝撃の展開が起ってしまう。 敵軍の侍大将を倒しにかかった光秀。 しかしそんな侍大将の顔が父の光安と瓜二つだった。 動揺を隠し切れない光秀。 結果、光秀は侍大将を討ちとることとなったのだが・・・。 内心は複雑な想い。 すると斎藤軍本陣から「エイエイオー!!」と掛け声があがり・・・。 見事斎藤軍が勝利を収めたのだった。 明智光秀の決意 織田信秀は敗戦し自国へ帰ることに。 その心境はとても悔しそうだった。 稲葉山城では勝利の祝杯があげられ大盛り上がりとなった。 そんな中、光秀は衝撃の光景を目にする。 目の前で討たれたはずの光安が生きていたのだ。 実は討った侍大将は光安にそっくりな別人。 動揺を隠しきれない光秀。 するとそこに東庵が現れ、この事を告白する。 そして、自国の平和のためには戦うしかない。 ためらうことなく進むしかない! そう決意表明をする。 土岐頼純と斎藤道三 斎藤道三は土岐頼純に今回の戦の結果を報告。 土岐頼純(ときよりずみ)は美濃の守護・土岐頼武の息子で、斎藤道三の娘である帰蝶の最初の夫としても知られている。 すると土岐は道三を『美濃のマムシ』呼ばわりし、罵声を飛ばす。 恩を忘れたのか?と。 すると道三は「恩を忘れたのはどちらか?権力を与え、娘まで差し出したのはこの私だ」と言い放ち。 スポンサーリンク さらに戦いのシーンでは。 鎧や兜が色鮮やかでメチャクチャ綺麗だったという印象。 本来の鎧や兜ってもっと、くすんだ色と言うか、地味な色味のものが多いので、カッコよさがより引き立ってた。 そして最後の本木雅弘さんの斎藤道三が土岐頼純に伊右衛門・・・、じゃなかった、抹茶を飲ませるシーン。 あれはもう完全に特茶か伊右衛門にしか見えなかったw。 といった感じで全体的に面白かった回でした。 侍大将の首を叫んで求め続ける主人公も、優雅に歌いながら毒殺する蝮も皆やばい辺り戦国大河っぽいけど、今のところ麒麟がくる要素全くないから笑う 三成誕生まであと13年… 麒麟は!三成は!やってきます — 石田三成 zibumitunari おそらく大河史上、1番カッコいい斎藤道三だと思う — nana nanared22 モックン道三、「これ誰の名言だっけ?」とかとぼけながら、敵(の黒幕の土岐頼純)のことは全部知ってるし唄のリハーサルまでしてるし、この時点で伊右衛門飲ませる気マンマンなんヤバすぎやろ — キヨソネ 或いは KYは静かに眠りたい kysn 斎藤道三様がお茶を「さぁ」 — もなこ monaco1853 2話の視聴率 麒麟がくるドラマ2話の視聴率について。 こちらの詳細につきましては、ドラマ放送前のためご紹介することができません。 2話の放送予定は、 2020年1月26日(日)20時からNHK総合にて。 そのためこちらの更新はドラマ放送後にさせていただきます。 麒麟がくるをお得に視聴する方法 麒麟がくるの録画を忘れて、観れない。 麒麟がくるをお得に視聴する方法ってないの? 実はあるんです。 麒麟がくるだけでなく、過去の大河ドラマ作品も多数見放題視聴できるサービスが存在。 そんなお得な情報について、別記事にて詳しくご紹介しております。 今回の記事の内容を以下にまとめました。 是非ご覧ください。

次の

【麒麟がくる】2話あらすじ(ネタバレ)(1/26)望月東庵と駒が美濃へ

麒麟がくる 2話 ネタバレ

麒麟がくる第15話では、尾張のほとんどを支配下に置いた信長の擁護を受けて道三の次男・孫四郎が家督を継ぐことになるのを恐れた長男の高政が、次男・孫四郎、三男・喜平次を暗殺させました。 二人の息子を亡くした悲しみと高政への憎しみを募らせた道三が稲葉山から出て行ってしまい… 麒麟がくる第16話は、道三が高政を討つため出陣! 十兵衛はどうするのか…!? 「冷徹な人間にも予定不調和は降りかかる、、親子の情の歯車は完全にズレてしまった、、そこで出来ることの最大限を探る道三、、、つくづく戦国時代の過酷さを体現する父子。。。 まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はで視聴できるのでチェックしてみてください。 麒麟がくる16話のネタバレ(あらすじ) 高政が孫四郎と喜平次を殺害させた事件の後、高政への憎悪を募らせる道三は稲葉山城を出て行ってしまった。 道三は、稲葉山から離れた、美濃の北にある 大桑城に向かった。 一方、十兵衛は明智城で、叔父の 光安にこの件について相談していた。 十兵衛は、 帰蝶が道三に高政と戦うようにけしかけることを心配していたため、帰蝶を説得するため尾張に行かせて欲しい、と光安に頼み、尾張へと向かった。 十兵衛は帰蝶と会うが、帰蝶は孫四郎や喜平次を殺した高政に対して 「もはや兄とも思わぬ」と、怒りを顕にする。 これに対し十兵衛は、孫四郎が家督を継ぐように画策し、 孫四郎を焚き付けた帰蝶にも非があるのではないか、と言い、今度は 道三が高政に戦を仕掛けるよう焚き付けないで欲しい、と頼み込む。 しかし、帰蝶は拒否した。 高政が信長と関係を絶ち、今川と繋がり信長を倒そうすれば、それは 美濃だけの問題ではない、と訴える帰蝶。 十兵衛は、高政が信長と手を切ろうとすれば自分が止めるから、とにかく 美濃のことに首を突っ込まないように、と帰蝶に懇願した。 しかし、帰蝶が孫四郎を明智家に向かわせた時、十兵衛が「高政が守護代に退いてもらうために光安と共に国衆に働きかけてほしい。 」という孫四郎の願いを聞き入れず、冷たく追い返したことがあった。 それから帰蝶は、 十兵衛への不信感を募らせていたのである。 そのため帰蝶は、これ以上話しても無駄だと考え、十兵衛に帰るよう命じた。 十兵衛が帰った後、隣の部屋で話を聞いていた信長は、 十兵衛の考えに理解を示した。 そして、信長の間者が調べたところによると、道三の兵は集めても 二千程で、高政は美濃の国衆の支持を得ており、兵の数は 一万を超えるため、 道三は戦うべきではない、と言った。 さらに、自分が加勢して 清洲城の背後を織田信賢達に突かれるかもしれない、と続け、帰蝶は怒って部屋から出て行った。 その頃、駿河でも大きな出来事が起きた。 今川義元の右腕・ 太原雪斎が病死したのである。 太原雪斎の治療をしてきた東庵と駒は、 雪斎の死を隠すため、何日も臨済寺に幽閉された。 臨済寺では、竹千代から 元服した松平元信が、書物を大声で音読していた。 雪斎から学問を教わっていて、雪斎の死を隠すためにいつも通り音読をしていたのである。 竹千代は昆布を煮て鍋を作る東庵と駒に話しかけて来た。 気が利く、と聞いていた 駒が気になっている様子だ。 そこに、薬屋で働く菊丸が、元信に薬草を届けに現れた。 駒と菊丸に面識があることを知って驚く元信に、駒は美濃にいた頃一緒に薬草を採った、と話した。 美濃にいたことを知られたくない菊丸は慌てて話をそらし、美濃の近況を話した。 美濃が二分されており、今にも戦が始まりそうだ、と言う。 これを聞いた駒は、明智家の人々を心配し、抜け道を知る菊丸に、 自分たちを連れ出し、美濃が無理でも尾張に行かせて欲しい、と願った。 その頃、稲葉山城では高政や稲葉良通が宴を開いていた。 光安は、 明智家の領地のために家督を継ぐ高政の機嫌を取ろうと、必死に笑顔で踊った。 高政に奥の部屋へと呼び出された十兵衛は、帰蝶に 美濃のことに口出ししないように伝えた、と言い、 高政にも戦をしないよう頼んだ。 高政も、「信長が動かなければ父は動かないだろう」、と 自分から戦いを仕掛けるつもりは無さそうだった。 また、十兵衛は高政の実父が土岐頼芸だという噂について問いただすと、高政は自分が流した噂だと答える。 成り上がりの者の家柄ではなく、 土岐源氏の家柄だと言えば美濃の人々が安心し、いずれ守護になれる、と考えていたためだった。 十兵衛は皮肉まじりに「賢いやり方ですね」と答えた。 続いて高政は、美濃の国内での 領地の見直しを考えている、と言った。 明智家の今後については、 光安が隠居し、 十兵衛が家督を継ぐことを勧め、 明智荘より広い領地を与えることを約束した。 しかし、 明智荘は先祖代々受け継いだものなので、牧がどう思うか十兵衛は気がかりでならず、複雑な心境だった。 その後、十兵衛が明智荘に戻り食事をしていると、 道三が高政との戦を始めることを決め、大桑城に兵を集めていることを聞かされる。 高政が宴の最中、十兵衛に言った自身の隠居と明智家が代々継いできた領地が替わるという話を聞いていた光安は、 高政に反感の思いを持ち、 道三側に付くため大桑城に行くことを十兵衛に告げた。 しかし、兵の数で 道三に勝ち目はなく、明智家存亡の危機となってしまう、と考えた十兵衛は、光安にあと二日だけ待って欲しい、と光安を止めようとする。 そして、十兵衛は 出陣しようとする道三を止めるため、大桑城へ馬を走らせた。 十兵衛が出陣を止めるよう説得しようとしても、道三は聞く耳を持たず、 「自分に勝ち目がないと思っている帰蝶に頼まれた 伊呂波太夫が越前に逃げ延びる手配をしている」と話し、 「高政は土岐源氏の家柄だと人を欺いて国を治めようとしているが、それで国が穏やかになる訳がない。 家督を譲る相手を間違えた。 」 と言って、戦の準備を押し進めた。 自分には作れなかった、 誰にも手出しできない「大きな国」を作れる、と期待を込めて言われた十兵衛。 十兵衛は鉄砲を準備しながら、道三との出来事を思い出し、 道三の方について戦う決意をした。 麒麟がくる16話の感想 第16話。 高政提案の領地替えで明智荘を手放すことになりそうな明智家。 光安の踊りの甲斐も虚しくメジロを放った背中が切なかった。 高政と戦う覚悟を決めた道三。 強くもなければ弱くもない中堅武家・明智家の板挟み。 光秀のひねり出した答え『敵は、高政様!』で高まった回でした! — KEI-CO keico これは誰が正しいとかいうことではなく、己の信念に従ってどう生きるかという物語なのだな 道三にも、光安にも、高政にも、光秀にも、信念がある 正解は分からない そういう物語なのだな — たこら(麒麟待ち) tacora1003 『今までずっと暗闇や霧の中を人に言われるがままに進んでいた光秀 道三の言葉で十兵衛に光が差す』 見事な演出です 叔父光安が鳥を野に放つのも又、見事な伏線 いよいよ光秀が独り立ちする時 — YASUDA Yasuda9432 斎藤道三から今を生きる我々への強烈なメッセージ。 国、都道府県、市町村、会社、家庭、いろんなレベルに当てはまる、人間の在り方。 心が震える。 — Kenzy KenzyPowell こんなに…! こんなにかっこいいマムシの殿がこれまで描かれたことがあっただろうか…。 — 天地百八 TenkouTisatu108 叔父上、高政の前で踊ったのは屈辱的だったんだろうなぁ 楽しげに踊ってた裏にそんな気持ちがあったかと思うと悲しい — ロランベリー nattou893 元康さん、大きくなられましたね。 還暦を過ぎていますが、監督から『いくつになっても生気みなぎる道三でいてほしい』と言われました。 たとえ息子でも、隙あらば襲いかかっていく父親。 当時の女性は男性の後ろに控えているというイメージがあると思いますが、熙子は横で支える女性。 まとめ 今回は、 麒麟がくる第16話「大きな国」のネタバレ(あらすじ)と感想についてご紹介しました。 十兵衛は帰蝶に、 道三が高政と戦うようにけしかけないように釘を刺したり、高政にも道三と戦うのを避けるように告げ、 信長も十兵衛の考えに賛同したものの、結局道三は高政との戦いを決断してしまいました。 次回はついに道三と高政親子が戦う、 長良川の戦いです! 道三の味方に付いた十兵衛の運命は…!? 次回も楽しみにしたいと思います。

次の

麒麟がくる第2話あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

麒麟がくる 2話 ネタバレ

『麒麟がくる』12話のあらすじネタバレ 1551(天文20)年。 京から戻った明智光秀/十兵衛(長谷川博己)は、将軍・足利義輝(向井理)が零した言葉を思い出し、物思いに耽っていました。 母・牧(石川さゆり)と叔父の明智光安(西村まさ彦)は、心ここにあらずといった様子の光秀を心配します。 そして、こんなとき光秀に寄り添ってくれる嫁でもいれば…と思い至る二人。 光安は、息子の明智秀満/左馬助(さまのすけ・間宮祥太朗)に、光秀を鷹狩に誘って、ついでに煕子(ひろこ・木村文乃)がいる妻木まで足を延ばすよう頼みました。 左馬助に誘われるがままに鷹狩へきた光秀。 気持ち良く馬を走らせていたら、皆とはぐれてしまいます。 そこで煕子と再会。 煕子と何気ない会話をいくつか交わした光秀は、幼き頃の約束を思い出し、「この十兵衛の嫁になりませぬか」とプロポーズ。 そして後日、二人は祝言を挙げ、ようやく身を固めた光秀に、光安や牧は安心し、大変喜んだのでした。 尾張と三河の国境で戦っていた織田信秀(高橋克典)と今川義元(片岡愛之助)は、足利義輝の仲立ちもあり、和議を結びました。 その結果、今川方は、劣勢だった織田信秀から尾張に接した重要な拠点を手に入れました。 末盛城にて。 自分の命がもう短いことを悟った信秀は、信長(染谷将太)や信勝(木村了)らを集めて織田家のこれからについて語りました。 その内容は、信秀が居城にしている末盛城を信勝に委ね、信長には引き続き那古野城を任せる、というもの。 しかも有力家臣・佐久間盛重(室山和廣)も信勝につけるという。 この信秀の言葉に失望し、怒り狂う信長。 「納得できない」と言い放ち、その場を後にしました。 そして帰蝶(川口春奈)のもとへ戻った信長は「大事なものはすべて信勝のものじゃ。 これはすべて母上の企みに違いない。 いずれ家督も信勝に継がせようという魂胆だろう。 父上は母上の言いなりなのだ」と涙ながらに零しました。 しかし、信秀ともあろう人が妻・土田御前(どたごぜん・檀れい)の言いなりになるものだろうか、としっくりこない帰蝶。 真意を確かめるべく、信秀のもとへ。 信秀は、固く口を閉ざします。 そこで、望月東庵(もちづきとうあん・堺正章)とまた双六がしたいという信秀の願望を知っていた帰蝶は「今すぐ京から東庵先生を呼び寄せますから」と取引を持ち掛けました。 すると、信秀は真意を語ってくれました。 「信長は、わしの若い頃に瓜二つ。 まるで己を見ているようじゃ。 よいところも悪いところも…それゆえ、かわいい」と。 そして最後に「尾張を任せる。 強くなれ」と、信長への伝言を託した信秀。 その言葉を帰蝶から聞いた信長は、父の想いを知り元気を取り戻したのでした。 その頃、京の東庵の屋敷は、戦に巻き込まれて怪我をした町民で溢れかえっていました。 東庵は、貧しい町人から治療代は貰えないと、借金がかさむばかり。 しかもそれを補填しようと賭け事に手を出して、さらに借金が増えるという悪循環。 明日までに40貫(約600万円)用意しないと、家を丸ごと形(かた)に取られてしまうという窮地に陥ります。 そんな折、帰蝶から、信秀の双六相手をしてほしいという依頼の手紙がきました。 文中の「謝礼は望みのまま」の言葉に飛びつく東庵。 すると傍にいた伊呂波太夫(いろはだゆう・尾野真千子)からも、「尾張に行かれるのなら、ついでに駿河の国まで行って、友野二郎兵衛(とものじろべえ)という国一番の豪商を訪ね、病弱な子を診てやって欲しい」と頼まれます。 報酬は100貫(約1500万円)出すという。 これに二つ返事で了承した東庵は、同行したいと申し出た駒(門脇麦)と共に尾張へ旅立ったのでした。 斎藤道三/利政(本木雅弘)のもとに、土岐頼芸(ときのりより・尾美としのり)から自慢の鷹が贈られました。 とても立派な鷹に喜ぶ道三。 しかし突然、鷹が道三めがけて襲い掛かってきました。 寸でのところで、家臣が間に入って助かりましたが、鷹に襲われた家臣は絶命。 鷹の爪に毒が塗られていたのです。 激怒した道三は、のろしをあげ国衆たちを稲葉山城に呼び寄せました。 道三は、頼芸が暗殺を企てたとして、頼芸と一戦を交えることも辞さない、との覚悟をみせました。 そして国衆たちに「土岐様を敵とみなすことに異論のある者は、今すぐこの場から立ち去れ!以後、鷺山(さぎやま。 土岐頼芸の屋敷がある場所)に近づく者は裏切り者として成敗いたす」とけん制。 斎藤高政/義龍(さいとうたかまさ/よしたつ・伊藤英明)と稲葉良通(いなばよしみち・村田雄浩)は目配せするも、物申すことなくその場をやり過ごしました。 そして道三が去った後、光秀に「わしは土岐様を守り、父上と戦う。 一緒にやろう」と声をかけた高政。 返答に窮する光秀でした。 一方その頃。 尾張の那古野城に東庵たちが到着。 帰蝶と駒は、再会を喜び合います。 駒は、この後、小さい頃に火事から助け出してくれた恩人が明智家のどなたかを確かめるため、美濃へ寄るという。 そして帰蝶から、光秀が嫁を娶ったと聞いた駒は、複雑な感情を浮かべつつ、光秀の結婚を祝福したのでした。 信秀の双六の相手をすべく、謁見の間へ向かった東庵。 病床の身であった信秀は、待ちに待った東庵がくるとあって、床から出て迎えようとしたものの、東庵が参上した直前に、静かに息を引き取ってしまいます。 1552(天文21)年3月のことでした。 スポンサーリンク 『麒麟がくる』12話のネタバレ感想 不貞腐れた信長のために、義父の真意を聞きにいった帰蝶。 なんてカッコイイできた嫁なんでしょう。 信長に伝えた言葉は、ネット上では、帰蝶が信長を奮い立たせるために創った言葉ではないかと囁かれてますが、帰蝶が耳を寄せているときにちゃんと信秀が唇を動かして語っているように見え(声なしだったのは敢えての演出じゃないかと)、帰蝶が涙を流していたので、あの言葉はやっぱり信秀の本当の言葉だったんじゃないでしょうか。 多少、帰蝶の機転で盛られているかもしれませんが…。 どちらにせよ、帰蝶の優しさと行動力がとても良く伝わる素敵なエピソードでした。 病床のお義父さんに「話してくれたら東庵先生呼びます」と、ちゃっかり交渉するしたたかさもいいですね。 信秀演じる高橋克典さんが見られなくなってしまうのは、ちょっぴりさみしい。 信長の父として、とても説得力ありました。 とくに目ヂカラの威圧感がものすごかったです! モテ男の光秀が、とうとう身を固めました。 帰蝶や駒にも想いを寄せられていた光秀が、満を持して身を固める決意をしたのに、突然のプロポーズにあっというまの祝言(しかも回想的シーン)。 ちょっと物足りなかったかな? 次回はいよいよ、のちの秀吉となる藤吉郎(佐々木蔵之介)が登場するそうで。 どんな猿っぷりが見られるのか楽しみです! 十兵衛と煕子があっさり結婚!逸話は?早すぎという声殺到 「光秀さんとの祝言のシーンでは、立て膝がつらかったですね。 当時はまだ板の間なので、女性は正座ではなく立て膝なんです。 当時のプロポーズというものはあのようなものだったのでしょうかね。 場当たり的な感じでしたが、それが逆に運命的でロマンティックなのかな? そして、結婚までの展開が「早い早すぎる!」。 あまりのあっさりすぎる展開に驚かされました。 ここまで十兵衛の影薄すぎるから、せめて結婚回ぐらいは主役にしてあげて欲しかったかな…。 完全に織田夫婦の方が目立ってましたよね。 また、十兵衛と煕子の結婚逸話の回収を期待していた視聴者からは、嘆きの声もあがりました。 光秀主人公の大河ということで期待していた分、ガッカリも大きかったようですね。 『麒麟がくる』13話のあらすじ 公式サイトが発表している『麒麟がくる』13話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)を攻めると息巻く道三(本木雅弘)。 高政(伊藤英明)は、戦になったときには実の父と慕う頼芸側につくと明言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。 道三を訪ね、この戦は身内同士が殺し合う、国をほろぼす戦になると訴える光秀。 すると道三は、本当は戦をするつもりはなく、頼芸は追い出すが、あくまでもこれは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状する。 その一方、頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まる高政らの目前で、頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。 nhk. html スポンサーリンク.

次の