田辺っ子。 『田辺のお土産ならやっぱり「田辺っ子」』by あきは : 七福堂

INSIDE TANABE

田辺っ子

パスドゥーロ 田辺 創設:1996年 大阪市東住吉区田辺の町の地元民が集まり代表川元剛により 「田辺っ子」という名で創設。 2015年より川元が手がけるフットボール総合事業「pazduro」 (フットボールのスクール・ショップ)と強く手を結び「パスドゥーロ 田辺」と改名。 Super Sports XEBIO関西2部リーグにて関西1部リーグ昇格を目指す。 活動場所: マグフットサルスタジアム・HOS花園スタジアム・その他大阪近郊のフットサル施設 練習時間: 火曜,22時〜24時@マグ ・木曜,22時〜24時@HOS花園 部費: 基本的には毎月8000円。 ただしチームの役割につくことで減額制度あり。 トレーニング パスドゥーロ田辺では成長するために必要なPDCAのサイクルを 高速で回すことに力を入れて取り組んでいます。 check 評価 ,action 改善 などノートを見ることで個人でも行えます。 練習に参加できなかった選手も今チームが何に取り組んでいるのか 容易に理解することができます。 (左上:ノートの一例) 共通認識 「寄せる」とはどれだけ距離を詰めることなのか 「スペースを埋める」とはどういったことなのか チームとしてあらゆる言葉を再定義し明確にし共通意識の元戦います。 例:2nd post ファー詰め はファーサイドのポストを手で触れる位置まで詰めること と定義しました。 1mでも届いていないとそれは認めない。 数的不利のDFの仕方やボールを奪われた後まず何をするべきなのか 明確にしよく理解して戦います。 テーマ 「緻密にダイナミックに」をテーマに戦います。 また、今シーズンのからの新たなテーマは「あらゆることのテンプレ化」。 できるようになったプレーなどあらゆることをテンプレ化してしまい 同じことは考えなくてもできるようにします。 こうして脳に空きスペースを作ることで自由な発想や型破りなプレーを 体現できるように取り組みます。 パスドゥーロ田辺では共に戦ってくれるメンバーをしています。 お気軽にお問合せ下さい。

次の

Pazduro Football Crew パスドゥーロ フットボール クルー

田辺っ子

こんなにノビノビと、女の子が仕事をしている町はない。 その点でも、神戸はユニークな風土で私が東京や大阪で自慢している点である。 「まあ、こんなに女の子が活躍できる、というのは、男がえらいさかいやろ」とカモカのおっちゃんは、いっている。 「男は了簡せまく、気が小そうて、古いアタマやったら、女の子が出ようとすると、モグラ叩きみたいにコツン、とやるやろ。 しかし神戸の男はよーしよし、やりなはれ、とあと押しする。 男がえらいのや」ということである。 私もちょっぴり、そのあとについて神戸の男の讃美をするとすれば、それは、男が、自分に自信があるからである。 自信がなかったら、女の活躍をそねんだり、足を引っぱったりするであろう。 そういって神戸の男性の一人にホメたら 「いや、そんな。 自信なんて。 ただもう、女の人の活躍がまぶしいばかりで」 と怖ろしそうにいっていた。 しかしこの点に関しては「マカン・ブッサール」の会員の一人、Hさんも 「たしかに、男の人がやさしいようで、女も仕事しやすいんです」と証言していたから、まちがいなかろう。 そうだ、編集部にたのまれていたのは、神戸の女性をホメることだった。 しかし私の持論では、女をよくするのは男、男をよくするのは女、だから、双方、切っても切れぬつながりがある。 ところで、この「マカン・ブッサール」だが、べつにこの会員だけが神戸の女性というわけではないが、たいそう象徴的な存在だから、例に引かせてもらうと、美しきハイ・ミスの仕事もちが集まって、文字通り「おいしいもんをたべる会」を作っている。 それが機縁になって、互いの仕事をたすけ合って、充実した成果をあげるようになっている。 舞踊家もおればエディター、演出家、ディザイナー、女性実業家、などととりどりである。 さまざまな仕事にいそしみながら、チームワークがとれていて、たとえば、モダンダンスのIさんがリサイタルを開くと、演出家のOさんが構成を考えるとか、ディザイナーのHさんが衣装を担当すれば、エディーターのKさんが企画宣伝を引きうける、といった具合、これがHさんのファッションショーでも、同じようにみんなで応援するという仕組み、その彼女らの応援を、私も及ばずながら、またうしろから応援している、というところである。 日舞のYさんだとか、古典バレーのMさんだとか、会員にはすばらしい女流がいるのだが、会員外にも、タレントのN子さん、シャンソンのI子さん、それに書道のMさん、…とこうかぞえてくると、(まだまだすばらしい女流は神戸にいっぱい)女が住みやすい、仕事しやすいところが神戸にはあるのかしら。 そういう点でススンだ街に、ぜひ、してほしいと思う。 それこそ二十一世紀の未来の街の条件なのだから。 「マカン・ブッサール」はハイ・ミスのあつまりなので、「マカン・ブッサール」の応援団長をもって任じているカモカのおっちゃんは、気になってならないようである。 祀っとくもんで、くどくもんちゃう」 などといって、結局、みなダメで、カモカのおっちゃんも邪心をおこさず、女性の地位向上のためにひたすら応援する、ということにおちついたようである。 しかし、それぞれの分野で仕事の幅を少しずつひろげ、人生と青春を充実させつつある神戸の女性たちは、神戸が誇りにしてもいいものの一つだと思う。 友情とチームワークに支えられて、みな、その場その場で、けんめいに仕事にうちこんでいる。 「男の人がやさしいから、仕事できるんです」という彼女らのけなげさ、まあ、幸せな世の中というのは、全くもう、男と女が応援し合うほかにはないのでしてね。 それと、女の子がコツコツと、仕事の業績を通して、自分の存在を主張することに尽きるのだ。 しかしそれにしても、みんな、よく食べはるなあ。 彼女ら女流の食欲もまた、いずれおとらず、ノビノビとさかんなものであって、それも男性方には、まぶしいばかりであろう。 1979年3月号掲載.

次の

『田辺のお土産ならやっぱり「田辺っ子」』by あきは : 七福堂

田辺っ子

パスドゥーロ 田辺 創設:1996年 大阪市東住吉区田辺の町の地元民が集まり代表川元剛により 「田辺っ子」という名で創設。 2015年より川元が手がけるフットボール総合事業「pazduro」 (フットボールのスクール・ショップ)と強く手を結び「パスドゥーロ 田辺」と改名。 Super Sports XEBIO関西2部リーグにて関西1部リーグ昇格を目指す。 活動場所: マグフットサルスタジアム・HOS花園スタジアム・その他大阪近郊のフットサル施設 練習時間: 火曜,22時〜24時@マグ ・木曜,22時〜24時@HOS花園 部費: 基本的には毎月8000円。 ただしチームの役割につくことで減額制度あり。 トレーニング パスドゥーロ田辺では成長するために必要なPDCAのサイクルを 高速で回すことに力を入れて取り組んでいます。 check 評価 ,action 改善 などノートを見ることで個人でも行えます。 練習に参加できなかった選手も今チームが何に取り組んでいるのか 容易に理解することができます。 (左上:ノートの一例) 共通認識 「寄せる」とはどれだけ距離を詰めることなのか 「スペースを埋める」とはどういったことなのか チームとしてあらゆる言葉を再定義し明確にし共通意識の元戦います。 例:2nd post ファー詰め はファーサイドのポストを手で触れる位置まで詰めること と定義しました。 1mでも届いていないとそれは認めない。 数的不利のDFの仕方やボールを奪われた後まず何をするべきなのか 明確にしよく理解して戦います。 テーマ 「緻密にダイナミックに」をテーマに戦います。 また、今シーズンのからの新たなテーマは「あらゆることのテンプレ化」。 できるようになったプレーなどあらゆることをテンプレ化してしまい 同じことは考えなくてもできるようにします。 こうして脳に空きスペースを作ることで自由な発想や型破りなプレーを 体現できるように取り組みます。 パスドゥーロ田辺では共に戦ってくれるメンバーをしています。 お気軽にお問合せ下さい。

次の