お宮参り 産着 女の子。 京都つじべんの高級宮参り着物(祝着・初着・産着)厳選百選

お宮参りレンタル着物|産着・初着・祝い着ならきものレンタリエ 全国宅配

お宮参り 産着 女の子

産着の柄に込められた意味は? 産着には男女共に様々な柄が使われていますが、ひとつひとつの柄には意味があり、「赤ちゃんが健やかに成長しますように」という願いが込められています。 このページでは男の子・女の子・男女共通で使われている柄について説明していきます。 ぜひ産着を選ぶ際の参考にしてみてください。 男の子の産着の柄 鷹 男の子の産着に使われるメインの柄の中で、最も多く見られる柄です。 鷹は大空を高く舞い上がり、遠くを見渡し、地上にいる小動物を鋭い爪で捕えます。 はるか遠い先まで見渡せる「眼」は「先を見通す力・本質を見抜く力」という意味を、獲物をがっちりと捕らえる鋭い爪は「幸運をしっかり掴んで離さない力」という意味をそれぞれ表し、それらの力が備わった子に育ちますようにという願いが込められています。 また、鷹は利口な鳥で、昔は「鷹狩り」という身分の高い人たちの間で行われていた狩猟にも使われていました。 「鷹狩り」は権威の象徴でもあったことから、男の子の出世や大成を願う気持ちが込められています。 兜 兜もメインの柄で多く使われている柄です。 兜は戦において、武士が頭部を守るために着用していました。 男の子の大切な頭を守る兜には、邪気や災厄から守り、健やかな成長を願うお守りの意味があります。 また、豪華な飾りのある兜は権威と高い地位の象徴であり、武将の中でも身分の高い人だけが着用を許されていたことから、男の子の出世や、一家の長として立派に育ってほしいという願いも込められています。 龍 龍は伝説や神話に数多く登場する想像上の生き物です。 麒麟、鳳凰、亀とともに四霊の一つとして尊ばれ、中国では縁起のいい動物とされてきました。 水中か地中に棲むとされることが多いそうですが、天に高く昇って自由に飛翔する「昇り龍」の姿や、中国では皇帝のシンボルとされていることから、男の子の出世や飛躍を願う意味が込められています。 そして干支にも登場する龍は、辰年生まれの男の子に縁起が良い柄として選ばれることも多いようです。 打出の小槌 打出の小槌(うちでのこづち)は「宝尽くし」と呼ばれる柄の一つでもあり、お めでたい柄です。 七福神の大黒様がもっていることでも有名で、欲しい物や願い事を唱えながら振ると様々なものが出てくることから「将来願いが叶い、赤ちゃんが一生モノやお金に困りませんように」という願いが込められています。 また、一寸法師が打出の小槌によって大きくなり立派な青年になったことから、赤ちゃんがすくすくと成長することを願う意味もあります。 軍配 軍配(ぐんぱい)と言えば相撲の行司さんが持っている道具を連想されるかと思いますが、あの道具は「軍配団扇 うちわ 」というのが正式名で、かつて戦国時代の武将が戦で自軍を指揮するのに用いていました。 そして「軍配」の本来の意味は、戦の際に方角や日時を見極め、軍陣を適切に配置することを言います。 軍配を持って軍を適切に動かすリーダーのように、知力・決断力・行動力を持ち、先頭に立って人をまとめ動かせるような人に成長してほしい。 また、「勝負の采配を決定づける」という意味からも、自分の力で采配を振るい、道を誤ることなく進んでいってほしいという願いが、この模様には込められています。 宝船 宝船は七福神が乗る帆掛け船で、米俵や金銀、宝石などの宝物を積んだとてもおめでたい船です。 帆には様々な縁起の良い一文字がかかれています。 宝船は新しい旅立ち、門出を表し、赤ちゃんのこれからの人生の希望の門出を祝う意味が込められています。 また、沢山の米俵や宝物が積んであることから、赤ちゃんが一生モノに困りませんようにという願いも込められています。 鯉 鯉が滝を登る姿は立身出世の象徴。 「登竜門」という語源にもなった「黄河の上流に竜門という激流があり、その竜門を登りきった鯉は竜になる」という中国の伝説が由来です。 鯉の滝登りのように、赤ちゃんが人生の苦難や試練を乗り越えて、たくましく成長しますようにという願いが込められています。 女の子の産着の柄 御所車(ごしょぐるま)・花車 御所車は、平安時代に京都御所の周辺で使われた貴族の乗り物である牛車の別称で、「玉の輿に乗れますように」との願いが込められています。 この御所車にたくさん花を飾ったのが花車で、牡丹や菊、桜など四季折々の花々は、多くの人々の祝意を表しています。 気品あふれる御所車とあでやかな花車は、女の子の美しい成長と人々からの祝福を願う意味が込められています。 吉祥文様の一つでもあり、その見た目から、富や華やかさを表す柄として用いられてきました。 また初着に限らず、着物を代表する柄として礼装の着物や帯にも使われてきました。 毬(まり) 平安時代に流行した蹴鞠(けまり)は貴族の遊びだったことから、高貴さと気品を表しています。 丸い毬には、「何事も丸く収まりますように」「丸々と健やかに成長しますように」という願いが込められており、子供のすこやかな成長や幸せな人生を表す柄です。 毬は子どものおもちゃであることから子どもが寂しくないようにお守り代わりの意味もあり、子どもの頃だけでなく、成人したとき、結婚したときなど、女性の人生を生涯にわたって守ってくれる魔除けの意味も込められています。 また、長い糸が使われていることから、良縁が来るようにといった願いを込めることもあります。 円満な家庭を築けるようにとの願いを込め、手毬柄の着物をお守りとして嫁入り道具にするという習慣もあるそうです。 鈴 昔から「音」には獣や魔物などを追い払い、神や縁起のよいものを引き寄せる力があると信じられてきました。 祈祷や神楽などでも巫女さんや演者が鈴を手にしているのを見ることができますね。 神社の拝殿で大きな鈴を鳴らすのは、音を鳴らして神様を呼び、「この子をよろしくお願いします」と、神様にお願いするためです。 お宮参り 産着 柄の説明 男の子 女の子宮参りの産着の柄に鈴が描かれているのは、神様に呼びかけて祈りや願いを届けることを意味します。 鼓の柄にも鈴と同じ意味合いが感じられます。 牡丹、芍薬 牡丹(ボタン)と芍薬(シャクヤク)の柄には、美しさや気品、慎ましさのある女性に育つようにという願いが込められています。 日本では昔から、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」という言葉があり、花弁が大きく多いため、高貴さや富貴さ、女性の美しさを表現する花といわれてきました。 牡丹はまさに豪華絢爛、百花の王とも言われ、小さな丸いつぼみから大輪の美しい花を咲かせるのが由来の理由です。 芍薬は牡丹よりやや小ぶりですらりと真っすぐ伸びるので、端麗なその姿は和服美人を連想させます。 花車に載せられたり、背の鞠や鈴、鼓といったメイン柄と寄り添うデザインで多用されています。 桜 古くから日本人に愛されてきた日本の国花である桜は、五穀豊穣の神が宿っている木で、さくらの「さ」は稲、「くら」は神が宿る座を意味しています。 年度初めの春に咲くことから、入進学、入社など、物事の始まりにふさわしい縁起の良い柄だとされており、季節を問わず身につけることができます。 赤ちゃんの誕生は新しい人生の始まりで、ご家族にとっても新たな1ページの始まりです。 そのため、お宮参りに欠かせない柄として多く好まれています。 また、いっせいに咲き誇る姿から「繁栄」「豊かさ」という意味も持っています。 椿 椿(ツバキ)は日本が原産の木です。 梅が中国から渡来するまでは、最高の吉祥木とされていました。 平安時代には、油や化粧品、そして不老長寿の薬として大切にされていました。 また、最も高貴な色とされていた紫を染める媒染剤として椿の灰汁を使用していたこともあり、貴族の間では高貴な花、神聖な花として扱われていました。 古来、椿は吉祥木、また邪気を寄せ付けない厄除けの呪木(じゅぼく)とされており、吉祥文様の一種として着物の柄にも取り入れられるようになったのです。 椿は季節としては春を表す花ですが、吉祥文様、厄除け文様として、一年中身に着ける事の出来る文様だといえます。 菊 菊(キク)は長寿の象徴であるほか、不老不死、無病息災、心身の安定、浄化、厄除けなど、様々な意味を持つ吉祥文様、邪気を払う縁起物として日本人に親しみ、尊ばれてきました。 その美しい形とかぐわしい香りから、「気高さ」を表す柄でもあります。 菊の放射線状に整った花弁が太陽を思わせることから、花柄の中で最も位の高い、とても高貴な花として用いられ、皇室の御紋にも使われています。 菊は秋の花とされていますが、季節を問わず用いることができます。 兎 昔から、兎(うさぎ)は月の使いで「ツキを呼ぶ」と信じられてきた縁起の良い動物です。 飛び跳ねる姿は跳躍・飛躍を表し、前脚が短く後脚が長いので坂を上るのが速い事から、物事がトントン拍子に進むという意味があります。 また、うさぎの長い耳は福を集めると言われています。 干支にもなっている動物なので、うさぎ年の赤ちゃんにも人気がある柄のようです。 鶴 「鶴(つる)は千年、亀は万年」という言葉があるように、鶴は「長寿」「生命の豊かさ」を意味する縁起の良い鳥です。 また、鶴は一度夫婦になると一生離れることなく連れ添うという特徴から、結婚式で着用する打掛、白無垢、留袖などにも使用されることが多い柄です。 これらの事から鶴の柄が使用された産着には、赤ちゃんが長生きしますように、将来良縁に恵まれますように、という願いが込められています。 蝶 蝶は芋虫からさなぎ、そして美しく空を舞う成虫の蝶へと成長していきます。 このように姿を変えながら華やかに成長していく様から、女の子が美しく健やかに成長しますようにという願いが込められています。 また、古くから蝶には「立身出世」や「不死の象徴」という意味があり、戦場での加護や家系がが長く続くように、と武士が好んで使用していた柄でもあります。 男女共通で使用される柄 束ね熨斗 熨斗(のし)は「伸し鮑(のしあわび)」の略称で、伸ばして平らにする「伸し」という言葉に由来しています。 古来から鮑は不老長寿の象徴であり、朝廷に献上されるほど貴重な高級食材として重宝されてきました。 そのことから、のし鮑はおめでたいものとして進物(しんもつ)や引き出物に添えられていました。 そして、のし鮑を細長く帯のようにした模様が「熨斗模様」となり、その熨斗を束ねたものが「束ね熨斗」です。 たくさんの熨斗を束ねた柄は、多くの人々から祝福を受けるよう、そしてその幸せを周りの人と分かち合うようにという意味が込められています。 吉祥模様の代表的な束ね熨斗は、慶事の着物柄としても幅広く使われており、長寿の象徴であることから男の子、女の子のどちらにも使われています。 松竹梅 松竹梅は、慶事・吉祥のシンボルとして松・竹・梅の3つの植物を合わせたもののことで、日本でも古くから祝い事に欠かせないものとして使われてきました。 もともとは中国の「歳寒三友」が日本に伝わったもので、「清廉潔白・節操」を表し、逆境にあっても節操を守る例えとされ尊ばれています。 また、忍耐力や生命の誕生を意味するともいわれており、結婚や出産に適した柄であるといえます。 「松」・・・砂地や岩だらけの厳しい環境でも育ち、真冬の厳しい寒さの中でもしっかりとした深緑の葉を付けます。 「竹」・・・成長が早く、寒さにも負けずまっすぐと天に向かって伸び、1年を通じてみずみずしい青い葉を付けます。 「梅」・・・厳しい冬を耐え忍び、冬の終わりにどの花よりも早くつぼみを開いて花を咲かせます。 「忍耐力」や「美」を表す、美しく力強い花です。

次の

お宮参りレンタル着物|産着・初着・祝い着ならきものレンタリエ 全国宅配

お宮参り 産着 女の子

お宮参りの日取りは、地方によって多少異なりますが、だいたい男の子で生後31日目、 女の子は32日目に行うのが一般的のようです。 お嫁に行きおくれないように男女が逆になる地域や百日や百十日でお参りする地域もありますので、 御家の伝統、しきたり、地域の風習・慣習などのマナーに従い初着(産着)をもって臨まれるのがよいかと思います。 しかし、赤ちゃんの健やかな成長を願ってお参りするのですから、その前後のお天気のよい日、 家族の都合のよい日、日柄のよい日を選んでお参りすると良いでしょう。 赤ちゃんの祝着(一般に一つ身とか熨斗目、初着、産着と呼ばれています)は、母方の実家からひと揃え贈られるのが通常でした。 お参り先は、近くの氏神様、天神様、稲荷、不動尊、観音様など、いわゆる守護神であれば どこでもかまいません。 誰でも予約を申し込めばお祓いをし祝詞をあげ祈祷をしてくれます。 神社へのお礼は、祝儀袋に包み、表には「御祈祷料」「御玉串料」「御初穂料」「神饌料」などと上書きします。 1 赤ちゃんを抱っこします。 涎掛けや帽子などがあれば利用します。 初着(産着)の下は普段着でも構わないと思います。 2 初着(産着)に紐が付いていますので、抱く人の肩と脇から背中に回して掛けて頂きます。 3 紐がずれないように、抱く人の背中でしっかりと蝶結びにします。 4 扇子(末広)、犬張子、お守りなどをひもにくくりつけて御使用して頂きます。 初着(産着)の裾の身頃や裾部分のしつけ糸を取って頂きます。 その際、着物の衿から出ている付け紐の根本部分の化粧糸を外さないよう様にします。 赤ちゃんを抱くのは父方か母方の祖母になっている事が多いです。 もちろんお母さんでも構いません。 神社では、お宮参り着物を用いて、男の子は鳥居の左から入り、右に出ます。 女の子は右から入り、左に出ます。 いずれにせよコチラの説明もすべて一般的なという視点から述べたものですので、その地域、御家の伝統を重視されるのが一番よいと思います。 お宮参りの御着物が届いた際に 「外してよい仕付け糸」と「外してはいけない仕付け糸」 があります。 「外してはいけない仕付け糸」 着物の本体と紐を縫い付けてある根元の部分は外さないでお宮参りに使用して下さい。 下記に図解で説明させて頂きますので御参考にして頂ければよいかと思います。 御着物によって多少異なる事が御座いますが基本的には紐の根元部分と認識してください。 「外してよい糸」 お宮参りの御着物を掛けて使用する際の紐が仕付け糸で束ねてありますのでこの仕付け糸は外して戴き紐を伸ばして使用します。 紐を伸ばしてお母様やおばあちゃまが赤ちゃんを抱っこして紐を結んで使用する形になります。 「外してよい糸」 着物裾部分や袖口部分に入った糸は外して使用して下さい。 写真でいう所の白い糸部分です。 「外さない糸」 御着物と紐の根元部分は仕付けを外さずに使用します。 着物の本体の上前と下前の両方に紐が縫い付けてありますので根元部分は両方ともそのままで大丈夫です。 写真でいう所の「緑の糸部分」になります。 通常夏場はお宮参りの着物なども「絽」や「紗」の着物といって透け感のある御着物を御使用頂くのですが、 当店では長襦袢を外していただき通常の初着を御使用頂く事をオススメしております。 通常の初着をオススメする理由• 夏場専用の御着物になりますので七五三の御着物として使用できない。 兄弟や姉妹、御親戚などに差し上げたり使用したりするのに時期が外れると使用できない。 透け感がある為、写真撮影などであまり写真映えしない(これは個人的な見解です)。 などが主な理由になります。 もちろん夏用のお宮参り着物も販売はしてますので「季節感」や「清涼感」、「通気性」を重視する場合は「絽生地」の御着物をおススメ致します。 通常の初着を使用される場合は上記に記載しました様に長襦袢を外して使用して頂き、 赤ちゃんの格好も下着にベビードレスと着物になると赤ちゃんの負担が大きい為なるべく負担の少ないように下着のみにして通気性を保ったほうがよいかと思います。 マナーやしきたりも、もちろん大事ですが 最終的には赤ちゃんに負担がかからないようなスタイルがベストです。 男の子はやはり鷹、兜の柄が圧倒的に多く変わり柄でいえば龍や虎、鯉をメインに持ってくる御着物もあります。 御着物の色目としては黒、紺、白が一般的ですね。 基本的には男の子はたくましてく、元気で健康であるという想いが込められたものです。 女の子は近年はバラエティー豊かになり、桜、芍薬、牡丹、菊などの花々や御所車、鼓、まり、熨斗などの柄まで様々です。 柄と同様に色目も豊富になりオーソドックスな赤、ピンクを中心に白、緑、黄色、紫、水色、橙など古典的な色彩から現代調の色合いまで多種多様になりましたので写真撮影も楽しみのひとつです。 女の子も基本的な考えは一緒で元気でやさしく、美しく育って欲しいという願いが込められている様です。 家紋は基本的には男児が入れるのが一般的で女児は地域や御家の伝統がある場所を除くと入れない事のほうが多いです。 女の子が入れられる場合は背中に「一つ紋」で入れる事をお勧め致します。 男の家紋に関しては、• 「五つ紋」 … 背中に一箇所、両後袖に一箇所ずつ、両胸に一箇所ずつ• 「三つ紋」 … 背中に一箇所と両後袖か両胸に入る• 「一つ紋」 … 背中に一箇所 など【紋の数】や紋に【丸が付くか付かないか】など人や地域、家族、一族などで変化致しますので、お墓や仏壇などでも確認されると良いでしょう。 現在は男児の初着でも石持(白い丸)で抜いていませんので紋入れしなくても御使用できる様になっています。 今は入れない方も多いですがやはりせっかくの御着物なので紋入れして御使用して頂くのをオススメ致します。 当店では御着物一点ずつ丁寧に入れさせて頂く摺り紋になりますので安心して御依頼ください。 送料、手数料はお客様負担とさせていただきます (送料無料の商品でも送料該当分は引かせて頂きますので悪しからずご了承ください。 御請求先とお届け先が異なる場合は 明細書及び御礼状類はお入れしていませんので御了承下さいませ。 All rights reserved.

次の

お宮参りレンタル着物|産着・初着・祝い着ならきものレンタリエ 全国宅配

お宮参り 産着 女の子

赤地にまりの柄 桜の花柄、花びら柄 赤地に、摺り疋田、笛、友禅布 刺繍松尽くしに、金銀の流水 黒地 打ち出の小槌に老松・宝尽くしの柄 黒地に犬張子柄.鞠に太鼓、独楽の柄などの、昔懐かしの子供柄 ゴールド枠とシルバー枠のお宮参り初着の違いについて ゴールド枠の商品は、お宮参り初着の表地・裏地と、下着、 袖のフリに至るまですべて正絹の特別なお宮参り初着です。 シルバー枠は、お宮参り初着の表地が正絹。 初着の裏地、下着・袖のフリはポリエステルのお宮参り初着です。 宮参り着物の下着と袖のフリについて 宮参り着物は、赤ちゃんが初めて着る礼服です。 女児は、着物と下着と2枚重ねを着せます。 男児は、黒羽二重の5つ紋付の着物と下着の2枚重ねが正式です。 本来は、2枚重ねの着物の下には、長襦袢を着せますが、現在は、長襦袢の身頃の部分を省略して「袖」だけを着物に付ける仕立て方になっております。 当社では、その「袖」の部分を「袖のフリ」と称しており、すべて正絹の宮参り着物の場合は、着物の色柄に似合う下着や袖のフリをコーディネイトして、仕立てております。 七五三の三つ参りの時は、この袖のフリを着物から外して、身揚げをして着せます。 シルバー枠の お宮参り女の子着物下着 シルバー枠お宮参り女の子着物の下着は、薄ピンク地の合繊の生地です。 袖には、袖のフリ(赤地)の生地(合繊)が着物についています。 この袖のフリは、身頃を省略した長襦袢の名残で付いています。 七五三の三つ参りの時は、この袖のフリを着物から外して、身揚げをして着せます。 シルバー枠の お宮参り男の子着物下着 シルバー枠のお宮参り男の子着物の下着は、白地のポリエステルの生地です。 袖には、袖のフリ(薄ブルー)の生地(合繊)が着物についています。 この袖のフリは、身頃を省略した長襦袢の名残で付いています。 七五三の三つ参りの時は、この袖のフリを着物から外して、身揚げをして着せます。 赤地 毬に桜・宝尽くしの柄 (金駒刺繍入り) 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地に鈴と花輪柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に、摺り疋田、笛、友禅布の柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に牡丹、椿、杜若、など花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地 花輪に吉祥文様 (金駒刺繍入り) 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地に赤の桶出し絞り。 鞠に鈴と花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 紺紫地、霞に花輪 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 白地に鞠打ち出の小槌犬張子 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) クリーム地に赤ボカシ 毬と花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 亀甲、青海波、七宝、文様の中に宝尽くし 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 犬張子と玩具 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 薄いピンク地、井形の中に花尽くし 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地にまりの柄 桜の花柄、花びら柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に花篭の柄 桜にイチョウの柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) ピンク地の地色に、花笠の柄 桜、梅、菊、かえでの柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地 毬とわらべ柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 赤地に花輪、貝合わせに宝袋の柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 白地にピンクの桶絞り鼓に花柄 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 薄いピンク地に鞠、鼓に花尽くし 手描き友禅 着物(表地・裏地・長襦袢)全て正絹 お宮参り女の子祝着 (初着・産着) 濃いピンク地に赤桶出し絞り鞠柄。 黒地にクリーム色の深緑 の色ぼかし かぶとの柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にクリーム色の深緑 の色ぼかし 鷹の柄に かぶとの柄、熨斗柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に翼を広げた鷹の柄、 松竹に吉祥文様 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄、 鞍、矢、鎧の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に色ぼかし、 かぶとに宝船柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に色ぼかし鷹に束熨斗 、軍配、打出の小槌 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄にかぶとの柄 片輪車によろいの柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄に 桜の花柄、打ち出の小槌 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄、束ね熨斗 打ち出の小槌、巻物柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地 刺繍の鷹の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にぼかし、かぶとの柄 巻物、打ち出の小槌 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄、巻物 打ち出の小槌、軍配の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄 束ね熨斗の柄、片輪車の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄 束熨斗の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地にかぶとの柄に 軍配に矢羽、太鼓の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) グレー地にかぶとの柄 几帳の柄に打ち出の小槌柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に鷹の柄 束熨斗の柄に、松の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に刺繍のかぶとの柄 軍配、宝袋 重ね雪輪の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 黒地に絞り、束熨斗柄 刺繍のかぶとの柄、打ち出の小槌正絹 お宮参り男の子着物(祝着・初着・産着) 黒地に、熨斗柄の絞り加工 刺繍の鷹の柄 正絹 お宮参り男の子着物(祝着・初着・産着) 刺繍の鷹の柄、絞り加工 金駒刺繍の松の柄に、矢の柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着) 刺繍の鷹の柄 扇面に鼓の柄、家紋柄 正絹 お宮参り男の子着物 (祝着・初着・産着).

次の