細菌 性 胃腸 炎 うつる。 感染性胃腸炎はうつる?出席停止はいつまで?

細菌性急性胃腸炎の体験談 Doctors Me(ドクターズミー)

細菌 性 胃腸 炎 うつる

感染者への接触や、同じハンカチを使ったりしてうつることがあります。 細菌性のほうは、人から人へというよりも、 同じ食べ物を食べれば感染しますね。 ストレスによる急性胃腸炎は大人だけでなく、なんと子供にも起こります。 子供の症状は大人と違って腹痛は感じますが実際は消化器系に異常はなく 「機能性胃腸症」と呼ばれます。 食事・食材・調理方法の管理が大切ですね。 「ノロウイルス」は生カキからの感染がメインで、潜伏期間は1~2日です。 「ロタウイルス」は飲食物から感染がメインで、乳幼児の感染が多く潜伏は1~3日です。 「アデノウイルス」は乳幼児に多いですが、症状は軽く、潜伏期間は1週間くらいです。 「ノロウイルス」「ロタウイルス」は毎年冬場に流行することで有名ですね。 他に「サルモレラ菌」「カンピロパクター」「腸炎ビブリオ」などがあります。 ウイルス性が冬に流行するのに対して 細菌性は食中毒が原因なので夏場に注意です。 食べ物から感染しますが、 海外旅行先での食べ物や飲水から感染することもあるので 旅行の際は注意が必要ですね。 ペットから感染する場合もあります。 下痢がひどい場合は、内容物がほとんど出ないで 水分しか出ない水溶便になることがあります。 風邪を引いた時にも胃腸の具合が悪くなることがありますが、 急性胃腸炎のそれは風邪を大きく上回ります。 免疫力が低下していると、症状が長期化してしまい さらに体全身に広がっていって 肝炎・脳炎・腎炎・心筋炎などを起こす場合もあります。 [スポンサードリンク] 3.急性胃腸炎の治しかた 急性胃腸炎の治しかたは、実にシンプルで、 「水分」と「食事制限」、「体を温めること」です。 飲むものは、OS-1という経口補水液(電解質液)がおすすめです。 薬局・ドラッグストア、ネットならアマゾンで買えます。 なんとなく見かけたことがある人はいるとも思いますよ。 「経口補水液(電解質液)」は実は自宅で作ることもできます。 100%ジュースと水の分量は、味の好みで調整して、合計1リットルになればOKです。 飲み方は、ゆっくり時間をかけて、こまめに水分補給するのが良いです。 「経口補水液(電解質液)」が面倒なら、ポカリスエットでも一応は大丈夫です。 下痢・嘔吐が治ったら、おかゆなど消化の良い食べものを食べると良いです。 食べ過ぎは胃腸を刺激して、腹痛や下痢をひどくすることもあるので 控えましょう。 腹巻きをしたり、カイロや湯たんぽを使ったしてお腹と下半身を温めることが大切です。 細菌が原因の場合は、抗生物質を投与する場合があります。 それでは急性胃腸炎での体内毒素を処理することにならないからです。 「ロタウイルス」は子供に多いですがワクチンで予防できます。 「アデノウイルス」は手洗いと、感染者に接触しないことです。 タオルやハンカチなどの間接接触も避けたほうがいいです。 肉に関して特に注意です。 食肉に触れたあと他の食品に触るまえに手洗いをする、 充分加熱する、肉を調理した調理器具は必ず洗い殺菌する。 といったことが必要です。 公衆トイレの使用はできるだけ避けた方が安全です。 毎日お風呂で浴槽に入り体を温める、 睡眠を充分に取る、 バランスの取れた食事、 運動不足にならない程度の適度な運動、 規則正しい生活、 これらを完璧にこなすのは難しいですが、できるだけ実践することで 病気にかかりにくい体つくりをしていきましょうね。

次の

急性胃腸炎はうつる?潜伏期間と治し方はコレ!

細菌 性 胃腸 炎 うつる

感染性胃腸炎、人にうつるのはいつまで? 感染性胃腸炎の発症期間は 1日から3日ほどで、 とても短いです。 発症中はかなりしんどいですが、その期間が短いのはまだ救いですね… しかし! 体が回復したからといって「感染力」がなくなったわけではないのです。 発症から1週間は感染力を持っていて、長い場合だとなんと1ヶ月は感染力が残っているのです。 これが感染拡大する原因の1つでもあります。 感染性胃腸炎の潜伏期間 感染性胃腸炎の潜伏期間は 1日から2日ほどで、かなりのスピード型です。 我が家では、次女の発症から1日も経ってないうちに長女が発症(厳密にいうと、22時間後)してしまいました。 感染力が本気を出すのは発症してからですが、潜伏期間中の感染力も 0ではありません。 「潜伏期間中なんて、感染していることもわからないのに防ぎようがないよ」と思いますが、だからこそ普段からの予防が大事になるのです。 手洗い・うがいを徹底して、冬は出歩くときにマスクを着用する! これだけで感染性胃腸炎だけでなく、他の感染症からも身を守ることができます。 感染性胃腸炎、子どもはいつから登園・登校していい? インフルエンザや水ぼうそうは「出席停止感染性」に定められていて、一定の条件を満たすまでは登園や登校することは禁じられています。 登園や登校するときには、医師の「完治証明書」が必要になります。 しかし、感染性胃腸炎の場合は 特にそういった決まりはなく、回復次第、登園や登校をすることができます。 インフルエンザとちがって、ハッキリとした基準がないのでなんだか不安になってしまいますよね… 「嘔吐や下痢、発熱などの症状がおさまっていること」を大前提として、お子さんが元気そうにしていれば登園や登校は可能だと思っていいでしょう。 ただし、無理は禁物なので病み上がりからしばらくは体育を見学したり、しんどさを感じたら自宅で安静にさせたりと、いたわってあげましょう。 ちなみに我が家は、長女の症状が完全におさまってから、かかりつけの病院を再度受診して、幼稚園に登園していいかをお医者さまに確認しました。 大人はいつから出勤していい? 大人は仕事があるので、いつまでも休んではいられません。 しかし、症状が出ているうちに出勤するのは言語道断です! 健康な大人であれば、 3日あればかなり症状はマシになります。 回復したらといって自己判断で出勤するのではなく、まずは会社の総務課などに現状を伝えて出勤していいか相談してみましょう。 通勤で電車やバスを利用する場合は、イヤでも人混みの中に入ることになるので、感染を防ぐためにも 必ずマスクを着用しましょう。 感染性胃腸炎とは?我が家の体験談もご紹介 感染性胃腸炎とは名前のとおり、 「 感染する胃腸炎」 のことで、ウイルスや細菌などが原因で発症します。 ある日の夕食後、2歳になる次女が 突然嘔吐しました。 前ぶれは一切なく、吐いたあともケロッとしていたので「夕食を食べ過ぎたのかな?」と軽く見ていました。 吐しゃ物をキッチンペーパーで片付けていると、 再び次女が嘔吐しました。 ここからみるみる機嫌が悪くなっていき、はじめの嘔吐から30分もしないうちに5回吐いて、「お腹が痛い」と泣きながら胃液を吐いていました。 このときに熱をはかると37. 「今夜は様子を見ようかな?」と一瞬思いましたが、水分を満足に飲めていなかったので、救急病院に行くことを決意しました。 救急病院に向かうタクシーの中ではなんとか吐かずに済みましたが、ツラいのかずっと泣いていました。 そして救急病院での診断は 「感染性胃腸炎」でした。 この感染性胃腸炎、私の暮らす地域では大流行中だったのです。 特に検査などはなく、「感染性胃腸炎の症状」と「流行している」という事実で診断されました。 薬は処方されず、「朝になったらかかりつけの病院に連れていってあげてね」と言われて帰宅。 夜のあいだもかなりの頻度で吐いて、次女はグッタリしていました。 翌朝、指示どおりかかりつけの病院に連れていくとこちらでもやはり 「感染性胃腸炎」と診断されました。 次女は、昨晩からほとんど水分が取れていなかったので大事をみて点滴をすることに… あまり楽になった様子も見られなかったですが、 「今はピークだから。 2日もすれば元気になる」と、この日は帰宅しました。 これで終わればよかったのですが、その日の夕方、 次は5歳の長女が「お腹が痛い」とトイレから出てきません。 1時間以上トイレにこもり、ひたすらお腹を下して、最後には嘔吐をしてトイレから出てきました。 この時点での長女の体温は37. 「次女の胃腸炎がうつった」と確信があったので、まだ診療時間内だった病院を受診して長女も「感染性胃腸炎」と診断されました。 その後、長女は3日ほどで下痢や吐き気がおさまって元気になりましたが、次女は4日間吐き続け、回復するのに1週間かかりました。 このように、感染性胃腸炎になると• 吐しゃ物などに接触するときは、必ずエプロンと手袋、マスクを着用する! 手袋は使い捨てのものを使い、片付けが終わったら捨てる。 吐しゃ物は、外側から内側に寄せながらペーパーで拭き取る。 吐しゃ物を片付けたら、その場所は必ず消毒する。 実際に吐しゃ物のあった場所よりも広範囲でやる。 ハイターなどの 塩素系漂白剤でしっかり消毒する。 片付けが終わったら、石けんでキレイに手洗いをする。 これらをすべてスルーしてしまっていた私… キッチンペーパーで水ぶき、床用お掃除洗剤でふき上げをして、キレイに片付けたつもりでいました。 後処理のやり方が0点だったのに、「よく私と夫は感染しなかったもんだな」と今になって思います… おそらく、次女の吐しゃ物の片付けが不十分だったことが原因で感染してしまったのであろう長女にはかわいそうなことをしました。 やはり抵抗力の低い子どもから感染していくものなのですね。 ノロウイルス用の「次亜塩素酸水」消毒スプレーもありますので、こういったものを使ってくださいね! 感染性胃腸炎、キスでうつる? 感染性胃腸炎は飛沫や接触によって感染するのは、先ほどお話ししたおとりです。 「だったら、キスは?」 というと、 ズバリ感染の可能性は高いです。 唾液にもウイルスはたくさんひそんでいる上に、嘔吐がある場合、口内はまさにウイルスの宝庫です。 こんな状況でのキスはハードルが高すぎです… 大好きな恋人にうつさないためにも、感染性胃腸炎中や、回復から日がたたないうちは、自宅でおとなしくしていましょう。 また、感染中のママが、子ども可愛さにほっぺたに軽く「チュッ」とするのも控えてください。 子どもは抵抗力が低いので、感染すしやすいのです。 そして、子どもが感染している場合も同じです。 感染中は、感染拡大を防ぐためにも、 必要以上に人と接触しないことを心がけてくださいね。 感染性胃腸炎がうつる期間のまとめ いかがだったでしょうか? 感染性胃腸炎、できればかかりたくない病気ですよね。 最後に今回の内容をまとめておきます。 小さい子どもがいるママです。 主婦目線で気になったことを いろいろまとめていきます!• カテゴリー• 259• 135• 1 最新の記事.

次の

細菌性急性胃腸炎の体験談 Doctors Me(ドクターズミー)

細菌 性 胃腸 炎 うつる

急に出現する下痢・嘔吐・腹痛などを起こす病気• ほとんどの急性胃腸炎は病院に行かなくても自然に治る• 主な原因は 細菌と ウイルスの2種類• 細菌が原因の急性胃腸炎のことを細菌性胃腸炎、ウイルスが原因の急性胃腸炎のことをウイルス性胃腸炎と呼ぶ• 乳幼児の急性胃腸炎はほとんどがウイルス性胃腸炎• 年長児では細菌性胃腸炎の割合が増える• ウイルス性胃腸炎の特徴• 数日間で自然に治ることが多い• 人から人へうつる場合と食べ物から感染する場合とがある• 人から人へうつる場合は吐物や糞便を介してうつる• 吐物や糞便処理後の手洗いが不十分であったり、乾燥して成分の一部が空気中に漂ったものを吸い込むことで感染する• 感染力が非常に強く、家庭内や保育園・学校生活で容易に感染する• 子どもや高齢者は嘔吐や下痢で容易に脱水になるため注意が必要(次の症状がある場合には医療機関にかかる必要がある)• 意識がもうろうとする• 脈が速い• 口が乾いて仕方がない• 汗が全く出ない• 尿がほとんど出ない• 急性胃腸炎の原因になるウイルスにはたくさんの種類がある• ノロウイルス(牡蠣などから感染)、ロタウイルス、 アデノウイルスなど• 原因ウイルスの種類によらず、 抗生物質は効かない• ウイルスの種類名はあまり重要ではない• 治療は水分補給などの 対症療法しかない• 感染対策として手洗いと生活環境から汚物の隔離を行う• 細菌性胃腸炎の特徴• ウイルス性胃腸炎よりも重症化しやすい• ウイルス性胃腸炎と比べると頻度は低い• 病原性 大腸菌などは細菌性胃腸炎に含まれる• 急性胃腸炎の原因になる細菌の例• カンピロバクター• 大腸菌(普通の大腸菌は病気を起こさないが、などはを起こす)• 黄色ブドウ球菌• サルモネラ菌• セレウス菌• ウェルシュ菌• 赤痢菌• 、黄色ブドウ球菌、セレウス菌、ウェルシュ菌によるは細菌が作る毒素が原因• 潜伏期間は短い(数時間から1日程度)• 抗生物質で細菌を殺しても毒素がなくならないので症状は治まらない• カンピロバクター、サルモネラ菌、赤痢菌は潜伏期間が数日程度 重症の場合には抗生物質を使うこともあるが、必要性については意見が分かれる 急性胃腸炎の症状• 問診(病気になる前の生活の状況を詳しく聞く)• 何を食べたか• 数週間以内に海外旅行をしていないか• 周りに同じような症状の人がいないか• ウイルス性胃腸炎の可能性が高いと考えられた場合• 症状の問診と体の状態の診察から診断される• 流行状況を知る目的や感染管理をする目的で便中のウイルス検査をすることもある• 基本的に血液検査は必要ない 脱水が疑われる場合や、 細菌性が疑われ症状が強い場合などは行う(細菌が血液の中に混じることがあるため)• 便に大量の血液が混じる場合もしくは海外から帰国後数週間以内に下痢が出現した場合• 細菌検査:便の中に急性胃腸炎の原因となる細菌がいるかなどを調べる 急性胃腸炎の治療法• ウイルス性・ 細菌性どちらの場合も最も重要なことは脱水を避けること• こどもは大人と比べて脱水になりやすい• ウイルス性胃腸炎の治療• 根本的な治療薬はない• 症状を和らげる治療薬を使うことがある• 整腸剤• 吐き気止め• 解熱薬• 下痢止めが処方されることは少ない• 一般的には「腸の中にいるウイルスを体の外へ出し切ってしまうべき」と考えて、下痢はあえて止めない方が良いと考えることが多い• 吐き気止めの例:ドンペリドン(商品名ナウゼリンなど)• 「1歳以下の乳児には用量に注意し、3歳以下の乳幼児には7日以上の連用を避ける」と決められている• 副作用でまれに 意識障害、けいれん、錐体外路症状(筋肉が震えたり動きにくくなったりするような異常)などが起こるため注意が必要• 解熱薬の例:アセトアミノフェン(商品名カロナールなど)• アセトアミノフェンは解熱薬の中でも比較的副作用が少なく子供にも使える• 市販薬にも小児用バファリンCIIなどアセトアミノフェンを主成分とする薬は多い• 細菌が原因の場合• 原因となる細菌の種類や症状の程度によって 抗菌薬が推奨される場合とされない場合がある• 細菌の種類によって効く抗菌薬も異なる• 脱水を避けるため、少量ずつでも水分をとりつづけることが大切• 特に小児では経口補水療法が推奨されている• 水分、塩分、糖分の配合バランスを調整した飲料(経口補水液)を口から飲ませることで、脱水状態からの回復や予防を図る• 最初から大量に飲むと吐いてしまうので、最初は欲しがっても少量のみ飲料を与える(ペットボトルのキャップ1杯程度)• 数分間隔をあけて嘔吐がないことを確認したら、また少量水分を与える• 症状が落ち着くまで根気強く繰り返し与える• 水分をとって数時間症状が落ち着いていれば、固形物を少しずつ摂取してもよい• その際はからいもの・すっぱいもの・味の濃いものなどは避ける• 普段よりも柔らかくする必要はない 離乳食であればいつも通りのかたさ、大人と同じ食事ができる年齢であれば普通の食事でよい• 柑橘系の果物・果汁や乳製品は症状が落ち着くまで可能な限り避ける 母乳や普段飲んでいる粉ミルクは続けてよい• 普段より食欲が落ちていることが多いので、食べやすいものだけでもよい• 水分がある程度とれていればよい• ごく少量の水分でも嘔吐・下痢がみられる場合や、脱水が進んでいる場合には入院が必要となることもある• ロタウイルスの感染はワクチンで予防できる(生後6週以降で2回または3回の任意接種)• 胃腸炎をきっかけに腸管同士が重なるという病気を起こすことがある• 胃腸炎の経過中に、イチゴゼリーの様な便がみられた場合や突然泣いたり泣き止んだりを繰り返す場合にはも考える 急性胃腸炎に関連する治療薬 いわゆる「お腹の」の一つとして、腹痛があって水のような下痢が止まらず、嘔吐や熱が出たりするのがです。 有名なものではノロウイルスやロタウイルスによる感染症もの一種です。 上記のような症状に該当してご心配な方は内科、消化器内科、小児科のクリニックでの受診をお勧めします。 ただし、の大半には特効薬がないため、医療機関を受診しても熱冷ましや整腸剤など、ドラッグストアで購入できる市販薬と同じような薬を処方することしかできません。 軽症であれば自宅で安静にして、脱水にならないよう水分摂取をこころがけるというのも対処法の一つです。 という言葉は二通りの使われ方をしています。 胃腸に炎症があることを、重症の特殊な感染症から軽症のものまですべて含めて「」と呼ぶ場合と、いわゆる「おなかの」のような、発熱、嘔吐、下痢、腹痛のような症状を来たした状態を「」と呼ぶ場合です。 ここでは後者について解説していますが、この場合のについては特に専門的な医療機関での診療を必要としません。 は、問診と診察で診断をする病気です。 採血やレントゲンは、他の病気ではないことを確かめるために使うことができるかもしれませんが、それ以外の意味では診断の参考には残念ながらなりません。 急性胃腸炎でお困りの方 の多くには抗生物質(抗菌薬)が効かず、薬で治すことができません。 対症療法として熱冷ましや整腸剤を処方されることが目的であれば、医療機関を受診するよりもスーパーやコンビニエンスストアで購入できる市販の医薬品で様子を見る(セルフメディケーション)方が負担が少ないこともあるでしょう。 病院で処方される薬と市販の薬では、に限って言えば効果にあまり差がありません。 病院で処方される医薬品の成分は、発熱や関節痛に対するものであればアセトアミノフェンやロキソプロフェン、整腸剤であればビフィズス菌配合錠といったものがあります。 市販薬でもこれらの成分を含むものが多くありますので、選ぶ際の参考にされてみてください。 ここに挙げたのはあくまでも一部の例であり、これ以外の成分であってももちろん効果があります。 子どもの胃腸の場合は以下のことに注意して下さい。 ・尿が半日以上でない ・オムツからはみ出るくらいの多量の下痢便が、1時間に1回以上のペースか、1日10回以上のペースで出る ・経口補水療法をしても、吐いたりぐったりして全く水分がとれない これに該当するものがあれば病院を受診すると良いでしょう。

次の