オーロンゲ。 【ポケカ】キョダイドリルで相手を貫け!《オーロンゲ》VMAXデッキを紹介。

【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

オーロンゲ

目次(Contents)• 【オーロンゲVMAX】のキーカード 《オーロンゲVMAX》 今回のデッキのメインアタッカーです。 ワザ『キョダイドリル』は悪エネルギーが付けば付くほど威力が上がり、最大で「270」ダメージになります。 最大火力を出すためには悪エネルギーが5個必要なので、エネルギー加速カードとHP回復カードを上手く活用して育てていく必要があります。 3エネルギーでも「170」ダメージを出すことが出来るので、「ポケモンVMAX」を2回で倒せる点も見逃せません。 《サザンドラ》 「スターターセットVMAX オーロンゲ」に収録されるポケモンです。 特性『ダークスコール』は手札の悪エネルギーを好きなだけ自分のポケモンに付けることが可能な強力な特性です。 《ジバコイル》の特性『マグネサーキット』の悪タイプ版といった感じです。 《オーロンゲVMAX》に一気にエネルギーを付けて攻撃をしていきましょう。 《トキワの森》《トレーニングコート》 《サザンドラ》で利用するためのエネルギーカードを手札に持ってくる役割を持つカード群です。 悪タイプにはエネルギーカードを持ってくる専用カードが無いため、必然的に汎用カードに頼ることになります。 他のカードの候補としては、《エネルギースピナー》《エネルギー転送》《ソニア》があります。 【オーロンゲVMAX】のデッキレシピ サンプルレシピ 今回はエネルギー加速用ポケモンとして《サザンドラ》を採用しました。 《サザンドラ》は2進化ポケモンなので、《ふしぎなアメ》からの進化を狙っていきます。 では、構築をする上でのポイントを紹介していきます。 【オーロンゲVMAX】を構築する上でのポイント 進化ポケモンが主体となる メインアタッカーの《オーロンゲVMAX》、エネルギー加速役の《サザンドラ》《マニューラGX》ともに進化ポケモンである為、事故率がなるべく低くなるようにデッキを組んでいきましょう。 進化ポケモンを簡単にサーチできる《しんかのおこう》、《ポケモン通信》は入れておきたい所です。 また、《博士の研究》や《デデンネGX》で手札をトラッシュすることも多いため、《ヤレユータン》を採用して取っておきたいカードをキープすることも重要になります。 エネルギー加速手段を入れる 《オーロンゲVMAX》は悪エネルギーを付けるほど強力になる為、エネルギーの加速手段は欲しいです。 現時点では《サザンドラ》か《マニューラGX》が候補となるでしょう。 今後の商品展開に期待したい所です。 相手のバトルポケモンが「TAGTEAM」や「ポケモンVMAX」なら、最大火力の『キョダイドリル』を狙っていきましょう。 「TAGTEAM」なら《レシラム&リザードンGX》や《ミュウツー&ミュウGX》を一撃で倒すことが出来ますし、「ポケモンVMAX」なら回復されても2回の攻撃で倒すことが出来るようになります。 相手のポケモンに合わせて悪エネルギーの数を調節できるといいですね。 また、《オーロンゲVMAX》はHPが「330」と非常に高いため、《マオ&スイレン》を使用して回復をしながらエネルギーを増やしていくという耐久戦も可能です。 【オーロンゲVMAX】の強い点・弱い点 強い点:ワザ『キョダイドリル』の扱いやすさが抜群 悪エネルギー3つで「170」ダメージ、4つで「220」ダメージ、5つで「270」ダメージと非常に優れた打点を持っています。 ・「170」ダメージなら「ポケモンVMAX」を2回で倒せる ・「220」ダメージなら主要な「ポケモンV」を倒せる ・「270」ダメージなら「TAGTEAM」の大半を倒せる ので、相手に合わせた打点調整もすることが出来ます。 無駄が少なく、綺麗にまとまったポケモンと言えるでしょう。 弱い点:進化ポケモンが主体となる為、手札妨害に弱い.

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

オーロンゲ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 麻痺ミミッキュ抜きのS12振り Sに12振ることで、麻痺状態のミミッキュの先手を取れるようになる。 残りの努力値は耐久力を上げるためHBに振ろう。 いたずらごころでサポートに特化 特性「いたずらごころ」は、変化技を先制で出せる効果を持つ。 自身で戦うことは考えず、 先発で出して補助技を使い後続に繋げよう。 壁のターンを無駄にしないためにも、壁貼りは後回しにするのが基本。 ソウルクラッシュがあくタイプに有効 「いたずらごころ」で出した技は、あくタイプに使うと失敗する 電磁波や怖い顔など相手に影響を与える場合のみ。 ソウルクラッシュがあればあくタイプとの有利な撃ち合いが可能になる。 あくタイプであれば「いたずらごころ」を無効化でき、ちょうはつ持ちなら変化技を封じて機能停止させられる。 防御の高い鋼タイプで戦う 鋼タイプは、タイプ相性で有利に立てる。 加えて防御の高いナットレイなどであれば、被ダメージを最低限にしつつ鋼技で返り討ちが可能。 ただし、ほのおのパンチは警戒しよう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の

オーロンゲ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

オーロンゲ

コインなども付属する。 収録内容(枚数) オーロンゲVMAX オーロンゲV MAX HP330 悪タイプ オーロンゲVからV進化 悪悪悪 キョダイドリル 170 余分に悪エネがついてると1つにつき50ダメージ追加。 エネルギーはやや重いが、で補うことができる。 0点 悪エネルギーを手札からつける、今回のデッキの要である。 しかし2進化ポケモンであり、ふしぎなアメを使うとアメ+エネ加速用の基本悪エネルギーと手札消費があまりにも激しい。 悪エネルギーのエネ加速手段として、が使われている。 マニューラGXは1進化であり、デッキから進化することができる。 オーロンゲVMAXをエネ加速するならそちらをおすすめしたい。 もっとも、今後SMシリーズのカードが使えなくなるなどの状況になれば唯一の悪エネ加速手段となる可能性もある。 似たようなカードにが存在する。 モスノウと違いサザンドラは2進化であるかわりに、バトル場にもエネルギーをつけることができる点で優れる。 ただしモスノウ擁する水タイプと違いたっぷりバケツが存在しないため、サザンドラはなどでエネルギーを持ってくる必要がある。 ジヘッド・モノズ クスネ ルギア クイックボール スマホロトム カード評価 7. 0点 山札の上から5枚まで見て、必要なカードをデッキトップに置くグッズ。 手札に加えるわけではないため主にさるぢえヤレユータンとのコンボで使用される。 しんかのおこう ポケモンいれかえ ふしぎなアメ ポケギア3. 0 リセットスタンプ ポケモンキャッチャー シロナ 博士の研究 ポケモンごっこ ヤロー ホップ スターターセット VMAX オーロンゲデッキを予約.

次の